しゃべくり007 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ 殴り合いガチ喧嘩(秘)話&秘蔵写真公開!


出典:『しゃべくり007 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ大喧嘩』の番組情報(EPGから引用)


2018/09/17(月) 
しゃべくり007[字] 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ大喧嘩
芸能界のドン・和田アキ子に今夜限り超無礼講SP!嫌いなタレント…MAXギャラ全部聞いた!▼売れっ子芸人・ガンバレルーヤ殴り合いガチ喧嘩(秘)話&秘蔵写真公開!
詳細情報
出演者
【MC】ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアル
【ゲスト】和田アキ子、ガンバレルーヤ
番組内容
しゃべくり007▼芸能界のドン・和田アキ子が初登場!伝説の企画「ギリギリ007」今宵復活!NGタレント…MAXギャラ…NGなし全部回答!▼芸能生活50年…アッコ伝説を徹底検証!女子トイレ秘話…驚愕の真実告白!▼今夜限り!?アッコに超無礼講SP!超大物にまさかの雑扱い…番組アシスタントに挑戦!▼超売れっ子芸人・ガンバレルーヤ!まひるVSよしこガチ喧嘩勃発!風呂場での(秘)エピソードとは!?
監督・演出
【演出】藤森真実【プロデューサー】吉無田剛【チーフプロデューサー】伊東修 


『しゃべくり007 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ大喧嘩』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

しゃべくり007 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ
  1. 有田
  2. 笑い
  3. 福田
  4. 原田
  5. 堀内
  6. アッコ
  7. 徳井
  8. 何か
  9. 拍手
  10. お願い



『しゃべくり007 初登場!和田アキ子に禁断ギリギリ007&ガンバレルーヤ大喧嘩』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。



(上田)
…とか そういうことではなく?

(笑い)

<さらに…>

<今夜…>

(有田)
アシスタント 何やってんだ。

(福田)
こっちばっかり見せられても…。

(一同) 怖い 怖い…。

<ここだけしか聞けない
何が起こるか分からない>

<爆弾発言 当たり前!
60分間しゃべりっ放しの

トークバラエティー!>

<7人のお笑い芸人が放つ
言葉の銃弾>

<レディース&ジェントルメン
ボーイズ&ガールズ>

(名倉) 『しゃべくり007』
ゴールデンフィンガー!

(観客) イエ~イ!
(福田) よいしょ~‼

声も大きめだし。
ありがとうございます。

さぁ そして…。

この10月で…。

(拍手)
(徳井) うわ~ マジか。

えっ もう そんな たつ?

(徳井) ついに10年。

皆さん ノリで…。

思ってた 思ってた。

言ってたもんね。
(有田) こんな番組が

10年なんて すごいね。

…なのにね 今どき。
ホントに何にもないよ。

堀内さんが二重になって…。

…ぐらいじゃないですか?
(原田) あれ 長いね。

確かにロングランだね。

まぁまぁ じゃあ 丸10年。

ホントにね これからも
よろしくお願いします。

じゃあ ゲストの方
お招きいたしましょうかね。

(堀内) カッコいいね。

いいね。

はい どなたなんでしょうか?
それでは お招きいたしましょう。

♪~

♪~     (歓声と拍手)

♪~     (歓声と拍手)

本日のゲスト
和田アキ子さんです。

(和田) どうも こんばんは。

(一同) えぇ~!

(原田) ここに?
(福田) 何で?

いや 違う 違う その前に…。

おい!

(有田) アッコさん…。

うれしい。
すごい。

いや でも…。

どういう?
アッコさんだけは準備いるよな。

どういうふうに?
多少…。

…っていうのを。
言い残したこととかも。

いや そう いや…。
(笑い)

やっぱ ビシっとなりますよ。
ホント?


(堀内) 今日 ブルブル ブルブル。

おかしいやろ 何で震えてんねん。
あっ そう?

いやいや でも…。

(原田) そうだ。
聞いてましたよ。

ありがとうございます。
いや でも 恥ずかしい。

あれは…。

(福田) すごい。
33年ですよ。

恥ずかしい。

スーツ 着て。
男が え~っと

1・2・3・4・5・6・7

8人。

(堀内) 大丈夫か!?

あらためまして 本日のゲスト
和田アキ子さんです。

よろしくお願いします。
(歓声と拍手)

(福田) アッコさん!

いや すごいですよ
書いてありますけど アッコさん。

はい。
(福田) おめでとうございます。

ありがとうございます。
(拍手)

50年 いろいろ 紆余曲折
おありだったと思うんですけど

「あれ ちょっと 私…」。

…とか。
辞めたいっていうのは…。

(有田) あったんですか。
辞めたいは…。

(笑い)
あぁ そうですか。

給料 安いと思った時と…。

(福田) えっ。
(観客) えぇ~。

デビューした時は
結構 そういうの あったよ。

…されたりとかね。
そうですか。

(原田)
バスケットシューズに落書き?

(福田) そこ?
そうだね 確かに…。

…んだろうね。
結構 大っきかったやろうな。

アッコさんにも そんな時代が。
はい ありましたよ。

…んだけどさ。
(笑い)

ごめんなさいね 失礼ですけど
われわれ 生まれて…。

…的な。
もう ドンやった。

私…。

ホント 不良だった だけど…。

…っていうネーミングができた。
映画とかで 番長。

…っていうの やった。

でね…。

あそこら辺 全部…。

そことかを…。

(笑い)

プライベートかなって
一瞬 思った。

(徳井) マジで 今
プライベート かと思いました ホンマに。

(有田) でも…。

(有田) ケンカしてたんですね。
してた。

(観客) えぇ~。

ですよね
川にブン投げてたんでしょ?


ごめんなさい どうですか?

最近…。

それがヤバいと思って
あんまり…。

あぁ いや 僕も 前 1回…。

みたいになって
「すいません ちょっと 僕…」。

「ワシ」は言わない。
「ワシ」とは言わないか。

「ワシ」は言わない。
「ワシ」とは言わないけど…。

でも…。

でも アッコさん 呼び出してる
どうしようと思って。

俺 アッコさんの…。

アッコさんのマネージャーさんに
電話して 「すいません…」。

「ごめんね 上田君 大丈夫だよ
分かった 分かった」。

そしたら…。

(笑い)

(原田) 何があったんだ。
(福田) そんな反省する?

「何か…」。

(笑い)

(有田) そうなんですよ!

そうなのよ~。

お世話になったとか。
番組では お世話になったこと

何回かあるんですけど
プライベートはなくて。

(笑い)

(徳井) …っていう伝説
聞いたことある。

いやいや ここに…。

(有田) 伝説ね。
(堀内) 聞きたいね。

ちょっと 本当かウソか
お伺いしたいんですけれども。

(福田) 「アッコさんも」?
違うのよ。

どういうことでしょう?

行くと…。

で 何か…。

…という情報で?
何か 誰か言ったんじゃない?

で 私が 「あれ?」。

おじちゃん…。

…って言うのよ
「私じゃないんですか?」。

「いや 何か…」。

(笑い)

よく そんな自覚が持てましたね。

それでスタッフに 「どうも 私…」。

女子トイレに…。

いや でも シャレで。
(原田) すげぇ!

背が 大っきいからね。

このへんも 意外に細いんです
手は大っきいけど。

だから 意外に…。

…のかも分からない。
(福田) 少年?

(原田) 気を付けろ お前!
(堀内) おい!

気を付けろよ。
(堀内) 少年だよ!

ただ アッコさんが…。

それを…。

(原田) おぉ 何だ?

(福田) 確かに見たことない。
(有田) 見たことないな 確かに。

(有田) やっぱ…。

そうなの?
結構…。

まぁ そうですね。

(徳井) 若手の席ではありますし。

別に 全然 何とも思ってない。
徳井と 場所 替わっていただいて。

じゃあ…。

…っていう形にしましょうか。
はいはい。

だから 徳井がゲストで…。

ゲスト 徳井さんね。

徳井さん なかなか…。

まぁ なかなかね。

いない? いるの? そういうの
実は もう そういう…。

いないです ホンマ。

(笑い)

(有田) 仮の話だから。
(徳井) 仮ですね?


仮ですよね?
今 ポイントは…。

…になるかな?だから。

こういうのは こっちから…。

もちろんです もちろんです。
徳井さん 何か…。

(笑い)

ねぇ。
(有田) あの方と結婚する…?

いや そういうことじゃないです。

…とか 何か出てましたよ。

「お泊まり」とは出てないです。
アッコさん ごめんなさい。

(徳井) こんな…。

でも…。

(笑い)

それに関しては答えろ ちゃんと。
美容院で見たんだって。

(笑い)

何だかね 普通は…。

…とか言って。

(堀内) カムフラージュじゃないですか。
猫と小沢です 僕は。

一緒に いやがって。
(笑い)

ちょっと
いくらでもええんですけど…。

(笑い)
いや そうだな。

ここだろうが 一番後ろだろうが。

あと…。

そりゃ ないでしょうね。
ないのよ。

タララランっつって
何か 持って来るじゃん。

あっ ここ。
(原田) ボンドガール?

この番組でやってるじゃない
タタララランって

ゲストに ゆかりのあんの
ああいうの やってみたい。

えっ? あれ 殺すも殺さないも…。

いやいや 持ってりゃいいんでしょ
っていうか…。

「これなんですけどね」とか
言っちゃダメなんですよ。

黙って行って 笑顔で入って来て
笑顔で帰って行く。

みんなが…。

やってみます? じゃ アッコさん
ぜひ あのカーテンの向こう側に。

(拍手)

(堀内) どうだ? あの あれだな。

(堀内) 見たことない映像だよ。

っていうか
アッコさん 向こう行って…。

(有田) 何かを持って来んのね。
あんのかな?

はい じゃあ
入れていただきましょう どうぞ。

♪~

♪~        (笑い)

さぁ ねぇ ということで
持って来ていただきました。

それでは 見てみましょう
オープン。

(有田) 見づらい。
見づらいな。

(有田) アシスタント
こっち向けないと。

こっちばっかり見せられても…。

(一同) 怖い 怖い…。

もっと 耐えてください。
(堀内) 怖い。

(原田) よかった。
無理ですね。

アシスタント 向かない。

はい ということで さぁ じゃあ
企画のほう まいりましょうか。

しかも…。

題して…。

♪~
(有田) ウソだ!

えぇ~!

…だよね この企画ね。

(徳井) 5年以上?

5年ぐらい やってない?

ということで
これから 皆さんに

アッコさんが
 これなら ギリギリ
答えてくれるだろうという

質問を
そこに書いていただきます。

それをアッコさんに
「これは ギリギリOK。

いや これは
さすがに ギリギリNGだ」と

振り分けてい
ただいて
 OK 出た
質問に 後でお答えいただこう

という企画でございますが。

じゃあ 早速 まいりましょう。

(有田) 難しいよ。
(福田) いっぱい あるんやけどな。

(堀内) はい。

(笑い)

それが一番怖い。
まぁ いいや。

(福田) いきなり 行くんですか?
行け 行け 行け 行け!

行くぞ 俺は!
(観客) おぉ~!

何だ?

来い。

どうだ!

(福田) うわ 懐かしい 懐かしい。

(歓声と拍手)
(徳井) そこまでね。

すいませんね ごめんなさい。

あっ そうなの?
すいません すいません。

じゃあ もう…。

ギリギリね OKでしょ これは。

「NGなタレントさん」。

NGなしやって
おっしゃってるけども。

(一同) えぇ~!

じゃあ それ 後で 後で。

じゃあ アッコさん
これをね OKなら。

(笑い)

では 伺いますね
それでは この質問

ギリギリOK ギリギリNG
どっち?

♪~

これね まぁ これですね。

(観客) おぉ~。
(拍手)

はいはい。
(原田) まぁまぁ。

まぁ…。

…と思いますが。

「な~んで人気があるのか

ワシ ぜ~んぜん
わからへん」。

「な~んで人気があるのか ワシ
ぜ~んぜん わからへん番組」は?

番組。

出たやつでもいいです。

じゃあ この質問
答えていただけるんでしょうか?

ギリギリOK ギリギリNG
どっち?

♪~  (福田) お願い お願い。

♪~

これは…。

だって…。

(笑い)
お願いします。

(有田) OKのほう お願いします。
OKのほうで。

(福田) よし!
(原田) すげぇ。

ありがとうございます!

じゃあ 他。

僕は…。

聞きたいのは これです。

こちら。

1か月のギャラのマックス。
あぁ。

(観客) おぉ~。
なるほど。


良かった月?
それでは この質問

ギリギリOK ギリギリNG
どっち?

♪~      良かった月。

♪~    思い出しました。

はい よし。

あれ?

これやな。
(福田) うわ やった!

よし ありがとうございます。

じゃあ 他。

はい これ…。

(徳井) 仮にアッコさんが…
行きます こちら。

仮にアッコさんが
『アッコにおまかせ!』を…。

いろんなんを考えた上で…。

あぁ 気になるね。
えぇ~。

それでは この質問 ギリギリOK
ギリギリNG どっち?

♪~  これは難しいな これは。

これ 結構 芸能人
♪~  気になると思うんですよね。

でも これ 私が…。

これは。
(笑い)

…っていう なった場合です。

そうそうそう。
でも 『おまかせ』っていう…。

「…に変えたいんです」と。

(笑い)
(徳井)めっちゃ気になるんですよ。

(原田) 頑張って!
頑張って アッコさん!

マジで… 後で相談しましょう
これ ギリギリや もう。

(原田) あぁ そこですね。
(福田) ありがとうございます。

はい じゃあ…。

これ 「最近 殴った芸能人」。

(笑い)

いない?

(笑い)

今 ホントに ない。

さぁ じゃあ ギリギリOK
ギリギリNG どっち?

そんなの はい。

まだ 音楽も鳴ってねえのに。
あっ そっか そっか。

いいですけど
いいですよ いいですよ。

はい ごめんなさい。

(原田)
すごいな やっぱ アッコさん。

もう 最近はない。

(原田) ミスター 出て来るかな?
久しぶりに。

ミスター ギリギリ007が。

うわ ミスター! ミスター!

どこにも かぶってないですね
こちら 行きましょう はい。

「ワシ 知っとるわ アイツとアイツ
できてるらしいわ!」。

(観客) おぉ~!
(堀内) うまい うまい うまい。

(有田) 絶対 アッコさんの耳に。

(有田) ここんとこの うわさは
入ってないですか? あんまり。

誰と誰が 何か…。
うん。

(有田) それで お願いします。
(笑い)

そっちで ごめんなさい。

「ワシ 知っとるわ アイツとアイツ
別れるらしいわ!」。

これで行きます。

(原田)
うわ 聞きたい すごい聞きたい。

アイツとアイツが別れる
っていうの…。

私ね ホント…。

順番でいいんじゃない?
NGなタレント?

(有田) 2人ぐらい いらっしゃる
って おっしゃいました。

2人っていうか まぁ いうても…。

大した人じゃ ない?

(一同) えぇ~。
あっ そうなんですか。

だって…。

(笑い)
まぁまぁ… 確かに。

職業は…。
いやいや だから…。

(一同) あぁ~。

何で その…。

もう言うてるようなもんですよね。

だから NGっていうか…。

…とか そういうことではなく?

(笑い)

(有田)
えぇ~ そんな嫌いですか。

嫌いなんですね。

もう1人ね まぁ もう…。

分かんないけど 私が さっき…。

(笑い)

あと…。

(一同) えっ!

…って 今だったらね。

(笑い)

悪くないです ちゃんと 私ね…。

(笑い)
あっ そんなに?

(笑い)

じゃあ 1か月のギャラ マックス。

ギャラ マックスってね
私 ずっと 今でも…。

ホントに
これ みんな 信用しないけど。

だから その…。

がヒットして…。

その時に…。

…って言われてから。
あの当時の。

そう それで もう…。

だから マックスっていうと
それしか知らない。

もらってるんです。
あっ そうなんですか へぇ~。

でも…。

同じなんですか?

(有田) 別に。
別にね。

そうです そうです 給料とは別に。

使われるんですか?
月に でも…。

それは あれですけど…。

頂いてます。

旦那からね… 何で?

やってるってことですか?
(笑い)

(福田) 足りない。
(原田) 言えない。

すいません アイツとアイツが
別れるっていう話を

聞いたっていうのは これ 先に…。

(原田) そうだね。

(有田) もちろん うわさです。

(一同) えぇ!?

(原田) えぇ~!
(堀内) すげぇ!

(原田) え~ そうなんですか。
あと…。

(悲鳴)

俺 抱えきれないよ!

(堀内) うわさですもんね。
あくまでね。

(有田) 事情通みたいな。


アッコさんが考える。
でも 私…。

だから まぁ…。

えっ 高い?

4割は
結構 高いんじゃないですか。

だって 言われたら…。

(堀内) 傾向として…。

って アピールしてる人に…。

…とかいうのって感じません?
アッコさん。

(堀内) えっ?
(有田) 例えば…。

あっ! あっ!

アピールは すごかったよね。

そうだよね。

みたいに…。

…とかって やってたもんね。

もう げっそり来ちゃって
見てて かわいそう。

俺も 1回…。

そしたらね…。

急に 「何とか 何とか…」って
腕 組んでんですよ。

「何とか 何とか…」って…。

船越さんは ず~っと…。

いやいや それは…。

ホント ホント!

じゃあ 最後ね
30年以上 続けてらっしゃる

『アッコにおまかせ!』を まぁまぁ
もしもっていうことですよね。

あれね でもね もう…。

考えたことも。

それは ちょっと…。

分かんないけど。
例えば…。

あの人 何か
できるんじゃないかなとか…。

…ぐらいの人って?
そしたら もう

同じ事務所だから
っていう意味じゃないけど…。

あぁ 山瀬さんね。

(原田) 面白い。

アッコさん
結構 聞けたから面白かった。

はい 答えていただきました
ありがとうございました。

(拍手)

そんな最後に…。

はい すいません。

10月の17日 18日
日本武道館で

「WADA FES」を開催いたします。

MCが なんと 出川哲朗。
(原田) えっ すげぇ!

そして さまぁ~ず。
(原田) えっ!

で 竹内涼真君と一緒に
コラボして 何か歌います。

いろんな意味でお祭りにしたい
と思っております。

ぜひ 皆さん
遊びに来てください。

ありがとうございます。
(拍手)

(拍手)

さぁ 本日のゲスト。

(観客) えぇ~。

ほぉ~ 誰でしょうかね。

はい それでは
お招きいたしましょう。

♪~

♪~     (歓声と拍手)

♪~     (歓声と拍手)

はい 本日のゲスト
ガンバレルーヤのお2人です。

(よしこ) お願いします。
(まひる) お願いします。

お願いします お願いします。

なるほど そうか。

ありがたいことに。

…も出たんだ。
そうなんです。

(有田) あっ そうだね。
すいません。

(有田) 小雪だったの?
小雪でした。

ほうぼうから
怒られていただいてね。

あっ。

(笑い)

最上もがです。

いや でも 去年は たぶん…。

テレビの。
そうなんです だから…。

(有田) えぇ!
そうか。

ありがたいことに。
(堀内) 今年に入って。

もうちょっと あるやろ。

住所変更とか?

年金事務所に行って
手続きに行ったりとか

そういう…。

(徳井) 地固めね。

(まひる) 私も…。

あっ 一緒に行ったのか。

(堀内) あぁ~ そうなんだ。
タイミングも 全部 一緒で。

そうか そうか まぁまぁ 今日は
忙しい中 来てくれたからね

もう…。

はい じゃあね
よろしくお願いします。

お願いします。
お願いします。

さぁ じゃあ
初登場ということなんでね

簡単にプロフィルを
ご紹介させていただきましょう。

今…。

お願いします。
お願いします。

(拍手)
そうか そうか もう じゃあ…。

いや…。
あぁ…。

ホントに 全く…。

よく 「ちょっと…」。

…ってなったな。
そうですね だから その…。

…みたいな。
…って言われるわな。

よしこ。
え~っと まぁ あの…。

家があるから。

家は決めてたので 来る時に

その まぁ あっ…。

(笑い)

(福田) 落ち着け 落ち着け。

(徳井) ぐっと もんでな。
(福田) ひともみしとくか?

(有田) 初めてだからね。
止まり木みたいな。

何で お前まで
今 1回 確認したんだ。

あるよ。
よかった よかった。

取りあえず…。

はい そうです。
でも よかったな。

そうですね。
だいぶ あの…。

その分 その…。

(有田) 皮膚科?
そうなんですよ。

お肌に…。

あっ そうなのか。

ストレス?

そしたら。

そうなんですよ。

今日も また もう…。

たぶん ここらへんかな。

大っきいの できちゃうか。
大っきいの できちゃいそうで。

通ってる最中なんですよ
でも やっぱ…。

…も やらせてもらったんですよ
1本。

…をやらせてもらったんですけど。

(有田) ふざけんなよ。

ちゃんと… 失礼な。
あんま 喜ばしくはないけど。

あの… 役的に 大野拓朗さんと
速水もこみちさんが 私を…。

ラブコメディーなんですよ
ラブストーリーで。

結構…。

あるの? うん
ラブシーンって…。

私の ほっぺを…。

…みたいなシーンが
あったんですよ。

それで あの 私…。

うわ~って できてたんで。

だから じゃあ…。

…って言ってくださったんですよ。

それ 優しさなのかな?
優しさです。

(有田) プロだね。
プロなんですよ。

「持ちますね」って言って
私の顔を

こうやって持って来たんですよ。

もう ホント ここらへんが
いっぱいあったから

こうやって 持って来て それで…。

「はい カット」って言って。
あぁ~。

そこから 皮膚科に。

そうですね やっぱり イケメンが
そういう感じで来たので

やっぱ じゃあ 行こうかなって
思いましたね。

そうか えっ…。

私は やっぱ…。

そんなに お酒 好きなのか。
そうなんです。

やっぱ…。

何ていうんですか その…。
高架下に売ってる?

高架下に売ってる その…。

何ていうんですか。

(有田) タンクみたいなやつね。
(まひる) タンクみたいな。

でも 最近は…。

買って…。

あっ そうなのか 何か 今…。

それこそ もう ほら…。

あぁ~。

あっ そうなのか 何か…。

まぁ その…。

してないとか そういう話
そういうのばっかりなんです。

そういうののケンカばっかり
そういうので もめる。

(堀内) あっ 一緒に入ってるの?
一緒に そうですよ。

その時に まーちゃんが…。

色水。
(福田) でもさ…。

何で? 「おしっこ した?」。

「してないよ」 「してんじゃん」
ってなるじゃんか。

私が やっぱ…。

(福田) お前から 行くの。
「何してんねん」って殴ってんのや。

それで…。

まひるは…。

私も もう…。

(有田)
野球やってたから強いんだね。

(福田)
何で謝らへんのよ? まひる。

おう えぇ 何か お2人の
秘蔵写真があるということですね。

じゃあ 入れてください。

(有田) いいの?
♪~           出しちゃって。

♪~

さぁ じゃあ 見てみましょう
オープン。

(有田) いや もう…。

さぁ じゃあ 見てみましょう
オープン。

(有田) いや もう…。

(福田) 宝物の写真やな これ。
おい ちょっと。

おい これ すげぇな これ…。

これは…。

これ 何だ? 全然…。

違うんです これは 私…。

やっぱ…。

私を見て 「あっ」。

…ってなって。
これ…。

初めての笑顔?
これ 笑顔?

(有田) 笑顔が すてきだよね。
いや ウソ あっ じゃあ…。

そうなんです。
(有田) ちょっと待って。

これ… これ お前か?

マジで?

(有田) どっちかっていったら…。

そうなんです 私も…。

…に入ってまして。
(観客) えぇ~。

…っていうギャルサーを。
(徳井) Dear Doll.

それで やっぱ…。

(福田) あぁ そうか。
何で…。

えっ あっ もう 全部
さらけ出して生きて行けと。

(有田)
コンプレックス なさそうだけど。

なぁ そこじゃねえよ。

ちょっと 指毛が濃くて。

(まひる) あっ これは 私が…。

…をしてた時の。
川掃除のアルバイト。

(まひる) あの…。

バイト。

そうです 一緒に。
そうなんですよ。

よく…。

…と3人で。
(笑い)

2年も! はぁ~。

修行とかしてんのかね。

(徳井) 大阪やからな いるよね。

そこで…。

そのローラーは…。

(まひる) でも ある日 その…。

言ったんです。

と思って ぱって見たら…。

(まひる) 上がって来たんですよ。
うん うん うん。

それで?

(有田) 優しい人だね。

何で
よっちゃんに まず 食べろって。

えっ ちなみに…。

男性の好みは。

私は…。

そうなのか。
外国人が めちゃくちゃ好きです。

何か あの…。

あの…。

バーとかを。

何か あの その人…。

イタリアの人だったんですけど。

フレンチキス
チュチュチュっていって。

その列に…。

(笑い)

ラッキーな。

外国人が。
あっ そうなのか。

さぁ じゃあ 企画 えぇ…。

実は…。

…ということで こちらの
企画だそうです 題して

「ガンバレルーヤの
まさかの顔面ミステリー007」。

♪~     (歓声と拍手)

(堀内) 何?
♪~     顔面ミステリーって。

さぁ こちらに
ガンバレルーヤに起こった…。

メンバーには
その顔面写真を見て

どんな瞬間の顔なのかを
予想してもらいながら

そのエピソードを
伺って行こうではないかという

まぁ ある意味 ミステリークイズ
企画ということで

お考えいただきたいと思います
まずは こちら 顔面ミステリー①。

<さらに…>

こう来たから こう来た時に…。

(笑い)

今から 写真が出て来て
何の時の場面なのか

皆さんに ちょっと
お考えいただきたいと思います。

まずは こちら 顔面ミステリー①。

(有田) もっと 何か
えっ!みたいな顔してるのかと。

これ どういう表情かってこと?

そうです。

…といいますか。
(有田)だから 何か 感じ的には…。

…みたいな感じだよね。
なるほど なるほど。

さぁ 他。
(徳井) あっ あれかな。

(笑い)
いや ごめんなさい。

それならば…。

もうちょっと ちゃんとした…。

ある事件です ある事件。
(堀内) ミステリーなのね。

あっ あのね…。

もうちょっと…。

トッピングすれば行けるよ。

(有田) だから 「あっ…」。

(有田) 誰かに。
あぁ~!

(原田) えっ それが誰か?
声 掛けてるのが?

(福田) だから…。

「小雪じゃありません」。
まぁまぁ いいでしょう。

(有田) えっ えっ…。

えぇ~!
(観客) えぇ~!

そうなんです。

「小雪だと間違えられた瞬間」。
ウソやろ!

違うんです その…。

ちょっと先ぐらいに…。

私 その時…。

って思って…。

で 逃げたら…。

こうやってやって…。

メークさんとかも…。

言われたんちゃうやん。
(有田) 想像?

(福田) 「…かしら?」
「…かしら?」っていうこと?

いやいや まぁまぁ 一応…。

1枚目は… さぁ じゃあ 2枚目。

すげぇ よう出たな。

あぁ 今度は まひるか。

(福田)
めちゃめちゃ怒ってるやん。

(笑い)

あぁ~ 残念 違う。

あっ あっ!

(原田) それだ!
だから 酒に酔って…。

…になる!
あぁ~!

(笑い)
(福田) 分かるか!

(徳井) 犬になる?

(有田) じゃなくて…。

その時 まーちゃん…。

ウエ~ってなって…。

まーちゃんがゴロンって…。

もう 早く帰るよって バッて…。

そのまま…。

ウゥ~!

(笑い)
(堀内) かわいいな。

アウ~って。

…で ウゥ~ ウゥ~!

ウア~!

(有田) それが正解か。

よく そんなヤツ 連れて帰れたな。

結構…。

結構 悪いんです。

普通にロケがあって…。

やっぱ その時も
結構 飲んじゃって…。

で そのまま
お家に帰って まーちゃんは…。

私と お母さん しゃべってて…。

と思って お姉ちゃんの部屋に
見に行ったら…。

(笑い)
(原田) マジかよ!

マジかよ!

(徳井) よっちゃん。
(堀内) まーちゃんとしては…。

バラされたくなかったのに
お前…。

(原田) すごいな まーちゃん。

(堀内) 覚えてないのか。
それも よっちゃん ホントに…。

あっ 言わなかったのか。
そうなんです でも さすがに

ちょっと それ…。

まーちゃんが。

だから この間…。

(笑い)

「お前 実はな」と。
「お前 実は」。

「ちょっと!」って
バッて殴るじゃないですか。

すぐ 手 出るんです だから
まーちゃんが こう来たんで

私も こうやって こう来たから
こう来た時に…。

(笑い)

(笑い)

じゃ 3枚目 ぜひ ちょっと
当ててくださいね。

(徳井) また。

(堀内) アッハハハ!

(笑い)

(福田) 分かるか!

まず。
(堀内) だから…。

あの…。

こんなに…。

おう 確かに いや…。

っていう話なんだけど。

(原田) それ…。

(有田) そうだぞ。
当てるんやからさ。

(有田) 自分は…。

(有田) …って言われてさ。
じゃあ いいよ もう。

あれ ストレートに…。

(原田) その顔から。

今回は。

まひるに対して。
≪あぁ!≫

いや ならば もう…。

でも まぁ その 何だろうね。

みたいなのでいうと…。

(徳井) あっ えぇ~。

えぇ~ 3…。

(福田) 行くから。
やっぱ ほら…。

そら まぁ…。

そうですね はい。

(徳井) はい。
はい。

あっ まぁ いいでしょう!

はい。

(福田) なるほど。
すご~い。

(原田) よく当たった すげぇ。

…で アハハ!

(堀内) あの顔する?
(原田) すっげぇ難しいよ。

ブチ切れてます。
何? これ。

何か…。

その時 よっちゃんが…。

ちょっと もう…。

ギリギリだわ。

すごい焦ってたから 「じゃあ…」。

って提案したら…。

うん それで?

(笑い)

(福田)
この顔? 「天狗になってる?」。

「天狗になってる?」の顔なんや。
(原田) やってみて。

ちょっと再現してみよう。
(有田) 間に合わないからね。

(福田) 乗り遅れた。
あっ…。

えっ じゃあ もう…。

(笑い)

(堀内) 違う。
全然 違うじゃねえか。

お前…。

(笑い)


<さらに 俳優…>


関連記事