土曜スタジオパーク ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆 …NHKと日本テレビがタッグを組んだコラボデー!


出典:『土曜スタジオパーク ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆』の番組情報(EPGから引用)


2018/09/22(土)
土曜スタジオパーク▽ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆[字]
ゲストは日本テレビの桝太一アナと水卜麻美アナ、NHKの武田真一アナと桑子真帆アナ。テレビの舞台裏を語っていただきます。さらに、知られざる4人の素顔にも迫ります!
詳細情報
番組内容
22日は「テレビ放送65年」「ラグビーW杯1年前」を記念してNHKと日本テレビがタッグを組んだコラボデー!土スタのゲストは日本テレビの桝太一アナと水卜麻美アナ、NHKの武田真一アナと桑子真帆アナ。スポーツの力を感じた出来事やテレビの舞台裏を語っていただきます。さらに、知られざる4人の素顔にも迫ります!どんな学生時代だったのか?アナを志した理由とは?新人時代の印象的なエピソード!意外な特技も披露!?
出演者
【出演】桝太一,水卜麻美,武田真一,桑子真帆,【司会】足立梨花,原口雅臣  


『土曜スタジオパーク ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

土曜スタジオパーク ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆
  1. 武田
  2. 水卜
  3. 足立
  4. 原口
  5. 桑子
  6. アナウンサー
  7. NHK
  8. 実況
  9. テレビ
  10. 感じ



『土曜スタジオパーク ゲスト 桝太一 水卜麻美 武田真一 桑子真帆』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。



足立≫「土曜スタジオパーク」
始まりました。

原口≫始まりました。

足立≫雰囲気が違いますけど
大丈夫ですか。

原口≫頑張らないといけないと
思って。

足立≫渡辺直美さんがお休みと
いうことで

原口アナと2人でお伝えします。

原口≫いつも以上に頑張り
ますから。

足立≫それが危ない。
原口≫きょうは実はスペシャル

なんです。朝からご覧になってる
と思いますが

NHKと日テレのコラボデーで
テレビ放送65年

ラグビーワールドカップまで
1年を記念して朝からさまざまな

番組でコラボを実施しています。
ということで

この土スタもコラボです。
ゲストは、この方々です。

桝≫こんにちは。

よろしくお願いします。

原口≫始まりましたよ。

足立≫早速ですがカメラ目線で
1人ずつ自己紹介をお願いします。

桝≫カメラ目線で?

改めましてNHKをご覧の皆さん
こんにちは。

日本テレビで朝の情報番組

「ZIP!」を担当している
桝と申します。

桑子≫NHKアナウンサー…
というのもおかしいですけれども

ふだんは「ニュースウオッチ9」

担当しております。

水卜≫こんにちは。
日本テレビアナウンサーの

水卜麻美です。
「スッキリ」を担当してい

ますよろしくお願いします。

武田≫そして

「クローズアップ現代+」を担当
している

武田真一です。

よろしくお願いします。
クロ現ポーズというのもあります。

土地≫桝さん、水卜さん

NHKでのご出演どうですか?

水卜≫ちゃんとしないと
いけない感があります

背筋をピンと伸ばしてます。
桝≫正しい日本語を第一に

考えております。

原口≫桝さんはぶっこむという
ことがありますけれども。

桝≫そんな下品なことば
使っています?

武田先生が日本テレビで
だいぶぶっこまれましたので

こちらも頑張ろうと思います。

足立≫武田さんと桑子さんは
日本テレビのアナウンサーさんと

一緒に共演されることは

今までないと思うんですが
いかがですか。

桑子≫ないですよね
初めてですよね。

武田≫ずいぶん前から
同僚のような。

桑子≫慣れましたね。
でも今の今までは、ずっと

アウェーで頑張っていたので
ようやくホームに戻ってこられて

ほっとしてます。

足立≫雰囲気が違いますか?

武田≫違いますね。
局のコンビニで

お弁当を買ったんですけれども
すごくほっとしました。


これが食べたかったんだと。
桑子≫日常に戻った感があります。

武田≫めちゃくちゃありますね。
原口≫このあと4人の

アナウンサーの素顔に迫ります。

原口≫いすがいっぱいあって

座りにくいと思いますけれども
よろしくお願いします。

改めて桝さんと水卜さん…
武田さん、大丈夫ですか。

いきなりお茶を飲まれましたが。

武田≫声が裏返ってます。

足立≫桝さんと水卜さんは
朝の情報番組をされていますが

朝の番組というのは何時ごろに
起きられるんですか。

桝≫僕が午前2時起きです。

足立≫朝っていうんですか?

桝≫僕の中では朝です。
曜日が変わって

朝になったという感じです。

夜は8時9時には寝ています。

平日は食事会は行けないという
生活です。

武田≫8時9時に寝るのは

「ニュースウオッチ9」や

「クローズアップ現代+」を
見られないですか。

桝≫録画をしています。
水卜アナウンサーは

もう少し遅いです。
水卜≫私は5時くらいです。

ずっとお昼の番組を
担当していました。

足立さんも一緒でしたが
1年たっていないですが

こんなに暗いうちに起きるのかと
いうのは衝撃的でした。

お昼のときは8時とか
9時ぐらいに起きて

間に合っていたので早いですね。
足立≫朝の3時間は

だいぶ変わりますね。
水卜≫暗いとへこみますね。

原口≫体はきつくないですか。

桝≫体は慣れててしまいました。
8年間やっていますので。

平日の昼間があくので
いろいろなところに

すいてるうちに行けます。

12時半には9時間労働が
終わっているので。

桑子≫私は1時過ぎてからの

出勤なので

午前2時に
起きるということです

か?
私は寝ていない日があります。

桝≫「ZIP!」は?

桑子≫録画をして。
足立≫武田さんは

何時ぐらいに起きられるんですか。

武田≫桑子さんと同じくらいです。
夜の12時過ぎくらいに

帰ってクールダウンして。

足立≫真逆の生活ですね。

武田≫テンションが上がって
2時か3時に寝ています。


原口≫番組が終わってすぐに
寝られませんよね。

桑子≫寝られませんね。

原口≫頭がぐるぐるまわっている

家に帰ってクールダウンしないと
寝られませんものね。

足立≫生放送は疲れませんか。

桑子≫みんな生ですね。
足立≫気にしないといけないこと

がたくさんありますよね。
時間とか。

桑子≫まずは時間ですね。

桝≫遅刻しないことも
ありますよね。

弊社の先輩は下半分パジャマで

出たことがあります。
間に合ってよかったんです

けれども、そういうことがあった
ので気をつけています。

武田≫仕事の始まりが、いきなり
ピークが来るんですよね。

僕らは一日働いた最後に
ピークが来るんです。

結構疲れます。
桑子≫でも起きてすぐピークに

持っていくの大変じゃないですか。
水卜≫私は

そちらのほうがいいです。
どーんとずっといけるので。

原口≫水卜さんは
寝起きがよさそうですね。

水卜≫いいですね。
桑子≫どうやったら、すっきり

起きられるんですか。
水卜≫朝起きたときに何を

食べようと考えると元気が出ます。
足立≫ごはんのことを

常に考えているんですね。
水卜≫私の元気の源

NHKで話していいんでしょうか。
武田≫NHKで見学したいところ

はないですか?というと

食堂を見てみたいということで
NHK、見に行きました。

足立≫NHKの食堂
おいしいと有名です。

桝≫どのタレントさんに聞いても
そう言います。

水卜≫時間がなくて食べられま
せんでしたが、全部のメニューを

確認しました。
武田≫興奮していました。

こんなにある、と言って。

桝≫ラーメンの横で記念写真を
撮っていました。

武田≫今度ぜひごちそうしますの

いらしてください。

足立≫アナウンサーさんって
番組に出るときの洋服とかって

どういうふうに
決めているんですか?

特に女性陣は。
桑子≫スタイリストさんが

いらして、毎週1週間分

試着をしてサイズとかを調整して
来週これで行こうかという感じで

決めています。

足立≫1週間全部決めるんですか。

桑子≫そうですね。
ニュースの内容によっては

ちょっと変えたほうがいいねと
いうことで臨時で変えることも

ありますが
大体1週間くらい

イメージを作っています。
武田≫衣装というのは

スタジオのセットと同じで
われわれにとっては


美術と一緒なんです。
ということで

一応用意をしてもらっています。
水卜≫最初から最後まで

全部一緒です。

足立≫局を飛び越えて
そうなんですね。

水卜≫臨時で何かを変えるという
ところまで一緒です。

桝≫隠していることはないですか。

この色は避けるとか
このしまの模様は避けるとか。

水卜≫膨張したくないので

完全に細く見えたので

基本的に
紺、黒、縦ストライプを着ます。

桑子≫女子はそうですよ。

いかに痩せて見えるか。

水卜≫きょう私は黒を着ました。
すいません。

<笑い声>
桑子≫大丈夫です。

足立≫そもそもアナウンサーを
目指したきっかけというのが

知り
たいんですけれども

桝さん、志すきっかけは?

桝≫ここに出ているから
言うわけではないんですが

NHKさんのことを
ずっと見て育ったので

アナウンサーを
選択肢に入れま

した。

NHKさんを
子どものころから見て

就活のときにテレビで
人を動かせるんじゃないかと

思って、アナウンサーを
大学生のときに志しました。

原口≫もともとディレクターを
視野に入れていたとか。

桝≫第一志望は
NHKのディレクターでした。

エントリーシートも

作っていたんですけれども

先に声をいただいたので

今こういう身です。

きっかけをくださったのは
NHKさんです。

桑子≫先輩や同僚だったかもしれ
ないですね。

桝≫あまり言いすぎると日テレの
関係者がいるかもしれませんので。

原口≫きょうは大目に
見ていただきまして。

足立≫土スタなので許して
ください。武田さんは?

武田≫僕も最初
ディレクター志望で受けて

内定をもらうときにアナウンサー
で採用しますということでした。

足立≫そういうことって
あるんですか?

武田≫当時は多かったんです。
ちょうどそのときに東京近郊の

大型テーマパークに
遊びに行っていて

当時、携帯電話がなかったので
家の留守番電話に入っていました。

覚えていました。
アナウンサーで採用しますと

入っていました。
足立≫言われたとき

どう思われましたか。
武田≫いいのかな?と思いました。

足立≫アナウンサーとして
やってみようと思ったんですか。

武田≫そうですね。
ことばで何かを表現するという

ことに興味があったので、最初
広告代理店のコピーライターを

目指していました。
それで同じような仕事かなと

勘違いして入ってしまいました。

足立≫結構違いますよね。
武田≫全然違いますね。

足立≫思い描いたのとは

違っていたかもしれませんね。


桑子さんは?

桑子≫

NHKの「クローズアップ現代」
でキャスターをされていた

国谷さんが
小学生低学年のときに

かっこいいなと思って、そこから

志したんですがそう簡単に
なれるものじゃないということば

年を重ねるごとに
分かってきました。

就職活動は
全然違う畑を選んでやっていて

百貨店と化粧品を受けていて

ずっと国谷さんの存在が
頭にあって

NHKだけは挑戦してみようと

いってたら、ご縁があって

今ここにこうしている。
異色なんです。

足立≫結構アナウンサーさんは
いろいろな局を受けてという

イメージなんですけれども。
桑子≫むしろ私はNHKしか

受けていません。

変わったパターンかもしれません。

水卜≫私は小学校のときに
朝の情報番組を見てから

登校するテレビっ子だったんです

そこに
出ていた女性アナウンサーが

笑顔とりんとした格好で
そうなりたいなと思って。

<笑い声>

桝≫弊社の情報番組では

ありませんからね。
目が覚めそうな番組です。

水卜≫ぼかしたのに
なぜ言ったのかな?

ただどっちかでもなかったという。

原口≫4人のアナウンサー
駆け出しのころの蔵出し映像です。

武田≫私は今ですね、九州本土と
天草を隔てる三角ノ瀬戸の上空に

来ています。
きょうは、周りはちょっと

もやがかかっていまして
あまり見通しはよくありません。

武田≫ここは5人が歩いた道です。

文学遊歩道として
天草などを見下ろす小高い丘に

続いています。
この道から見る夕焼け。

波の音が一層
静けさを感じさせます。

遠い海から来た文化に
憧れた彼らの目に、この夕焼けは

どう映ったんでしょうね?

桝≫今、日本武道館に

姿を現しました。
まず入場してきたのは、石森太二。

第9代GHCジュニア
ヘビー級王者。さらには金丸義信。

さらに、抱えていく。
ボディースラム!

そして、おっと、ここは。

自爆してしまった!

おっと!

おっと!金丸と石森が…。

ここでタッグが
意味をなしていません。

ブレーンバスター!

青木が持ちこたえている。

スリーカウント!

≫そして香りまで貪欲に吸引して。

水ト≫いただきます。

う~ん!

う~ん!

ドックン≫NHKで
一生頑張っていく気持ちを

浜崎あゆみ風で
言ってみてください。

桑子≫(浜崎あゆみのものまね)
えっと…NHKでずっと頑張る。

ドックン≫ばかにしすぎだよ!
とりあえず謝っとけ。

桑子≫チョリーッス!

ハヤブッチャオー≫気持ち悪いで
あーる。

メタホン≫無理してる感が
すごいであります。

ドックン≫格好が若返ることで
逆に、きつさが増したよな。

♪「なんでだろう
  なんでだろう」

♪「なんでだ
  なんでだろう」


♪「なんでだろう
  なんでだろう」

♪「なんでだ
  なんでだろう」

<拍手>

桝≫意外。

足立≫桑子さんが意外すぎて。

桑子≫あんな時代もありました。

足立≫NHKでもあんなこと
させられるんですね。

桑子≫私から始まった番組で

あとに続いたアナウンサーは

私のあとにいなかったんです。
桝≫2代目がいなかったと。

武田≫子ども番組ですね。
原口≫「ワラッチャオ!」は

すごかったですよね。
吹っ切れたんじゃないですか。

桑子≫すべて脱いだという感じ
です。

足立≫浜崎あゆみさんのものまね。

武田≫もう1回聞きたい。
桑子≫やめたほうがいいと思い

ます。
足立≫進化しているはずです。

桑子≫<浜崎あゆみのものまね>
きょう…

下手になっている…

<浜崎あゆみのものまね>
きょう楽しい…すごく

下手になっている。
もう少し上手になっているかと

思ったら。

足立≫すみません
振ってしまったもので。

原口≫ミトさんも…
水卜ちゃんですね。

食べっぷり
いつ見てもいいですね。

あのVTRは
デパートの催事場に行って

片っ端から食べまくるという
リポートだったんですよね。

おすしは食べる
焼き肉、ラーメン、食べる。

どんな胃をしているんだろうと
思いました。

水卜≫一日
7食8食食べていました。

桑子≫仕事で必要としてでは
なくて自分からですか。

水卜≫そうやって催事場を
回っていたこともあるんです

けれども、おいしくて
なかなか止まらなくて

担当のディレクターさんが
そろそろやめたほうがいいと

思うよということで
止めてくれたという感じです。

原口≫残さず食べていたんですね。
水卜≫食べ切りたくなる

おいしさでした。
足立≫どのタイミングで食べる

キャラに変わっていったんですか

水卜≫私もアナウンサーになって
食べると思わなくって

きちんと座っているかなと
思ったんですけれども

たまたま行っていたロケで
ディレクターさんとか

周りに出ていた出演者さんが
ミトちゃんも食べたそうだから

食べてみればと言ってくれた
ところから

せっかくだから
リポートしてみれば

というところから始まって
じゃあもっとやってみなよという

ことで気付いたらこうなっていて
本当に皆さんに感謝です。

桑子≫ミトちゃんが食べているの
を見たいですもん。

足立≫幸せな気持ちになる。
水卜≫ありがとうございます。

原口≫NHKでは
プロレスはないですけれども

日テレのアナウンサーの登竜門は
プロレスだったんですね。

桝≫そうなんです。

おっとっと、
これはしか言えなくて

直前までアサリの研究をしていた
男が

ブレーンバスター
までいくので勉強が大変でした。

原口≫断れないんですか。
桝≫配属されたら

興味を持つことということで
技のリストも作りました。

棒人形を描きました。

下に下ろすと垂直落下式というの
で勉強しました。

原口≫初実況をご紹介しました。

3年ぐらいかかったんですか?
デビューまで。

桝≫人様にお見せするまでは

3年は短いかもしれません。

サッカーだともうちょっと
かかったかもしれませんし

今となっては
いい経験だったと思います。

足立≫何が起こるか分からない
から難しいですよね、実況って。

桝≫昔、実況席の目の前を

たたき割られたということが
あって

プロレスがいちばん怖いです。

原口≫武田さんは半ズボンですが。

武田≫ホットパンツです。
あんな時代があったんですね。

武田≫そうですね。
結構きれいな脚をしてましたね。

桝≫ご自身で構成も考えられた
んですか?

武田≫どうだったかな?
同期のディレクターと一緒に

熊本県の天草というところ
なんですけれども

そこで5日間、中継をやるという
番組だったんです。

その中で何か小ネタを探して
2、3分のVTRを作って

間に入れるというコーナーで。

桝≫右横からたそがれている映像
というのは

なかなかアナウンサーでね。
武田≫あのシーンは

覚えていません。
足立≫PVのようでしたよ。

武田≫あまり覚えてないです
はるか昔の話なので。

原口≫このあと聞いていきます。
皆さんのプロフィールを

ご紹介しますので
移動しようと思います。

原口≫きょうのゲスト4人の
アナウンサーのプロフィールを

ご紹介します。
まず日テレの桝アナウンサーです。

1981年千葉県のご出身で

現在37歳、子どものころから
虫が好きで

中学、高校と生物部ということで

写真をお借りしました。
中学1年生。

桑子≫かわいい。
生物部。

桝≫アウトドア中心の
生物部だったので

3000m級の山に登って

昆虫観察をして。

武田≫そんなところに、昆虫が
いるんですか。

桝≫珍しい昆虫がいたんです。
筋トレを毎週やっていて

できない人が脱落していく感じ
です。

足立≫合宿は何をするんですか。

桝≫10日間自炊で

山の上で暮らすんです。
原口≫生物を?

桝≫採集したり、観察するんです。

魚をなんとか高山の花とか
昆虫とか分かれていたんですよ。

足立≫私のイメージしている
生物部と違います。

桝≫カエルを…という感じですね。

全然違います。

原口≫桝さんの得意なのは
昆虫網をさばくということで。

桝≫運動神経は
あまりないんですが

網さばきは相当なレベルに
達していると思います。

原口≫こちらでいい感じですか?
桝≫いいですね、長さが

ちょうどいいです。

長いほうがいいんですよ

網の部分が。

よく皆さん上から
いきがちなんですけれども

ごめんなさい

それは素人さんです。
解説してください。

桝≫僕は

チョウが専門
だったんですけれども

チョウが飛んでいますね、前。
武田さんお願いします。

取ったらひっくり返すんです。

ゆっくりスローモーションすると
横からチョウを捕まえたら

返すんですよ。


穴の部分を下にする。

穴の中の下の部分に

チョウを入れると

それが傷つかない
ということなんです。

捕った、捕ったということで

そっと優しくつかんであげて

捕ったと。
これが正しい昆虫採集です。

横からですね。
足立≫上だとだめなんですか。

桝≫地面にばんっとなって
昆虫が傷つくんです。

昆虫採集は昆虫へのリスペクトが
大事なんです。

勘違いしないでください。
足立≫スイッチが入っちゃった。

武田≫そのあと
ピンで挿しますよね。

桝≫
キャッチアンドリリースというの

があります。

必要最低限のものしか捕らないと
いうものがあるんですよ。

今、撤収する勢いじゃなかった?
短いなという感じで。

原口≫桝さんといえば
学業優秀ということで

東京大学に進学されます。
大学院まで行ってるんです。

農学生命科学研究科です。
足立≫本当に

生物が好きなんですね。
桑子≫何を研究されたんですか。

桝≫大学ではアナゴで

大学院では
アサリを研究していました。

原口≫アサリを研究しているころ
の写真です。

武田≫なんか地味な。

桝≫武田さん、なんかちょっと

一生懸命研究してるんですよ。

足立≫夏の潮干狩り
みたいな感じで。

桝≫一定の面積の中に
アサリがどれくらいいるかという

ことで

米粒みたいな
1ミリ2ミリのアサリを集めて

1匹ずつ調べるということです。
足立≫何を調べていたんですか?

桝≫殻を見ると誕生日とか
成長の具合が分かるんです。

全部アサリの殻に
記録されているんです。

誕生日も分かるんですよ。

何月何日生まれ

バームクーヘンのように

日輪といった
エネルギーみたいなものですね。

そういうのが分かるんですよ。

水卜≫それは長くなりませんか。
桝≫20分いただければ。

原口≫ありがとうございます。
続いて武田アナウンサーに

いきますね。
1967年、熊本県の出身

この中で最年長の51歳。
5人兄弟の長男でした。

このころから
半ズボンをはいている。

男の子ばかり。
武田≫昔はみんな

こうだったんだよ。
足立≫5人全員男の子ですか?

武田≫そうですよ。
水卜≫けんかとかは?

武田≫しなかったです。

これだけいると、けんかしたら

わけの分からないことに

なってしまうと

本能的に分かったんですね。
原口≫武田アナウンサー

筑波大学で演劇サークル

筑波小劇場に入ります。
これは何の演目ですか。

武田≫つかこうへいさんの

「飛龍伝」というに有名な戯曲が
あります。

それを演じているところです。
なんで演劇だったんですか?

武田≫偶然なんですけれども
このあとお見せするんですが

最初はバンドのサークルに
入っていたんです。

友達で演劇をやっている
やつがいて

音響効果を手伝ってほしいと
言われたんです。

それで音楽をつける
お手伝いをしていたら

出てみないかということで
ほんのちょっとなんですけれども

何回か出たことがあるんです。

足立≫演劇には
はまらなかったんですか?

そのあと。
武田≫音楽のほうが

いいと思ったんですかね。
でもすごく楽しかったです。

好きです、はい。
表現するということが

好きでしたね。
原口≫舞台で表現しましたよ。

ギターです。
水卜≫かっこいい。

足立≫これはモテますね。
原口≫当時から人前に出るのが

好きだったんですか。
武田≫そうですね

好きだったんですかね。
<笑い声>

足立≫ちなみにどういう曲を
弾いていたというか。

武田≫このときはオリジナルの
曲を弾いたり。

桑子≫作ってたんですか。
水卜≫ラブソングですか。

武田≫ラブソングじゃない。

桝≫タイトルだけでも。
武田≫タイトル

覚えていないですね。
原口≫だいぶ

前の話ですけれどもね。
水卜≫失礼。

原口≫きょうはせっかくなので
1曲

ギターを持ってきてもらいました。
<拍手>

桝≫プライベートギター。

武田≫学生以来
弾いていなかったんです。

20年、30年ぐらい。

でも最近になって
セカンドライフというんですか

定年後
何をして遊ぼうかということで

ちょっとやり始めて

一生懸命練習して。

なんでこんな
前でやらないといけないですか。

桑子≫ぜひ
用意されていますので。

武田≫皆さんすみません。
原口≫皆さん、あまり

見られない映像ですよ。
武田≫水卜さんがビートルズの

大ファンということで。

原口≫聞いております。
武田≫デュエットで。

「ブラックバード」というもので。

水卜≫聞いてないですよ。
武田≫しない?

原口≫コラボを見てみたい気がし
ます。

武田≫止まるかもしれません。
止まったら笑ってください。

水卜≫止まったら
私が出ていきます。

♪~<「ブラックバード」>

<笑い声>

水卜≫先輩、最高でしたよ。

「ブラックバード」大好きです。

武田≫歌って。

♪~<「ブラックバード」>

♪~

足立≫2人ともぐだぐだ。

<拍手>

武田≫英語の発音がよすぎて。
<笑い声>

桝≫すごい。
こんな貴重な光景が。

水卜≫貴重な武田さんのギターで
ありがとうございます。

桑子≫すてきな
ツーショットでした。

コラボでしたね。
水卜≫一生忘れません。

武田≫コラボ完成ですね。

原口≫水卜さんの
プロフィールです。

1987年、千葉県の出身で

お年は言わないほうがいいですね。
水卜≫言わないほうがいいですね

ありがとうございます。
原口≫ミルクの飲みすぎで太った

とは、どういうことですか。

水卜≫生まれたときは
早く生まれてしまって

低出生体重児で生まれました。

母が心配してミルクを飲めるだけ
飲ませたんです。


そしたら次の健診で
お母さん太りすぎだと

言われてしまって
頑張りすぎたんです

この子小さいからと思って。

そうすると今の原点
みたいになって。

原口≫面影があるかどうか
分かりませんが

3歳ころの写真です。
桑子≫かわいい。

水卜≫かわいいと言われたくて
母がいちばん好きな写真を持って

きました。
正直に言います。

足立≫めっちゃかわいい。
水卜≫ありがとうございます。

原口≫横に並んでみて。全然
変わらない。

水卜≫かわいいと言われている。

桝≫かき氷かラーメンかの違い
ですね。

水卜≫口に入れていますね。

このころからよく食べていました。

原口≫中学生では

バレーボールに熱中していました。
水卜≫高校時代です。

水卜≫強豪とかではなくて

年間1勝くらいできれば
いいかなという感じで

終わったんですが自分たちなりに

頑張ってやっていました。

トスを上げたり

帰りに道端のお店のチキンカツを
食べるというのがいちばん

うれしかったです。
足立≫食べるのは

やめられないんですね。
原口≫先ほども歌っていただきま

したがビートルズの大ファンで
ことし5月に

ビートルズゆかりの地を
訪ねました。

そのときの写真です。
水卜≫ありがとうございます。

「アビイ・ロード」です。

アルバムのジャケットに
なっています。

知らない外国の方に

必死でレクチャーを
プリーズと言って

写真を撮ってくださいと
英語で言ってお願いしました。

これ目的で来ていらっしゃる方が
たくさんいらっしゃるので

みんなで協力して
撮ってくださいました。

イギリスに行くのが

本当に夢でロンドンとリバプール
が生まれの地なんですが

そこに行くという夢が
かないました。

1週間以上行っていたので

初めて1人での海外だったんです
けれどとても楽しかったです。

原口≫マジカルミステリーツアー。

水卜≫皆さんが生まれた古い家
とか

「ペニー・レイン」とか
ゆかりの地域を

1人だったんですけれども

優しい外国の方が
前で写真を撮ってあげるわよと

写真を撮ってくれました。
人の優しさに触れました。

足立≫そもそもビートルズに
どうはまったんですか?

水卜≫父が好きで
車の中でずっと

聴いていたというのもあって
大学くらいから本格的にはまって

大学時代はほぼビートルズしか
聴いていない感じでした。

武田≫バンドを
やっているんでしょう?

水卜≫やめてください。

武田≫ミートルズ。

原口≫どういうメンバーですか?
水卜≫アナウンス部の

青木源太、森圭介、徳島えりか

杉野真実とか有志で

ギターを買って
私がやりたいばかりに

ミートルズという名前を付けて

くれました。

原口≫ビートルズ好きが高じて

グッズも
たくさん持っているんですよね。

水卜≫グッズ集めが好きです。
イギリスで買い足しました。

Tシャツから飾りものから
見つけるとすぐ買ってしまうので。

足立≫サインがあるのは?
水卜≫本物ではなく印刷です。

イギリスでもほぼお土産は

全部、自分用には
ビートルズでした。

勝負のときには、ビートルズの
Tシャツを着て行きます。

足立≫どんな勝負ですか?
水卜≫分からないけど。

<笑い声>

足立≫グッズは飾っているんです
か?大切に保管するんですか?

水卜≫ものによります。
Tシャツは

傷んでしまうので
何枚か買っています。

着るようと保存用です。

武田≫パジャマにしたりは

絶対しないんですか。
水卜≫パジャマには絶対しません。

原口≫続いてはNHKの
桑子真帆アナウンサーです。

水卜アナウンサーと同い年
1987年、神奈川県で

生まれています。
大学では

チェコ語を専攻しています。

桑子≫東京外国語大学というのは

入学するとそれぞれの専門の語学

言語で劇を披露するんです。
学園祭のときに大きなホールで

劇をするんですけれども
そのあとに撮った写真です。

原口≫ちなみに
なんと書いてあるんですか。

桑子≫音楽という意味です。言語
を学びたくて

東京外国語大学に行きたいなと
思って

英語はレベルが高いのでどう
しようかなと思ったときに

哲学とか興味があって

ドイツ語の原書で
哲学書を読もうと思ったんですが

試験を受けるときに

国語でひどい点数を
取ってしまって

ドイツ語も難しいなと思って
ドイツと関係のある国で

外国語大学に入るために

先生にアドバイスをいただいたの
がチェコ語だったんです。

もともと好きでということでは
なかったんですけれども。

外国語大学に入れたので
よかったです。

足立≫今でも話せるんですか?
桑子≫留学もしてないので

ひどいんですけれども
あいさつで言いますと。

<チェコ語>

桑子≫こんにちは。桑子真帆です。

日本人です。

少しだけチェコ語が話せますと
言いました。

思い出しました必死で。
足立≫なかなかチェコ語を話す

機会がないから。
原口≫チェコ語を学んでいるのに

なぜか
サンバに熱中。

何ですか。
桑子≫そうなんです。

原口≫ブラジル研究会。
足立≫なんでなんで?

桑子≫髪も明るくしたりして
もともと吹奏楽をやっていて

大学で吹奏楽をやりたいと思った
んですがサークルがなくて

音楽をやりたいと思ったときに

ブラジル研究会というのがあって
すごく楽しくて

楽しそうだなと思って
やってみたら

すごくいいですよ
ブラジルの音楽は。

足立≫そこからサンバですか。
桑子≫サンバをやったり

ボサノバとかブラジルは
地域ごとに音楽の種類が

違っていて
みんなでバンドを組んで

アマゾンの地方の
バンドをやろうとか

いろんな音楽をやっていました。
足立≫皆さんそれぞれ

バンドを組まれているんですね。
<笑い声>

原口≫桝さんは違いますけれどね。
桝≫除外しないでください。

足立≫サンバというのは
どういう感じですか?

桑子≫皆さん羽を付けて
踊るイメージですが

私は違います。
踊らせるほうです。

踊らせるためには、太鼓のリズム
が必要じゃないですか。

私はずっと太鼓をたたいて
踊らせていました。

ごめんなさい。きっと皆さん
披露してくれると

思ったと思うんですが。

原口≫サンバくらいは

と思ったんですけれど。
じゃあパーカッションを。

桑子≫相当久しぶりです。

これはブラジルのカイシャという

スネアのように後ろに
金属がついています。

踊らせるためのリズムを…。

うるさいです。
踊りたくなったら

皆さん踊ってください。
原口≫踊りましょう。

武田≫水卜さんも
踊りたくなるんじゃないですか。

水卜≫分からないですよ。

♪~

<拍手>

桑子≫大丈夫ですか?

桝≫公共放送でこんな不適切な
ダンスを

われわれいいんですか。
原口≫いいんですよ。

足立≫皆さんいいんですが
原口さんだけがすごく変でした。

原口≫一生懸命

頑張ったんですけれども。

♪~

<拍手>

武田≫すばらしい!

原口≫この番組
むちゃ振りが多くて。

汗をかきましたね、きょうも。

桑子≫サンバの新しい世界が見え
ました、今。

<笑い声>

足立≫ありがとうございました。

原口≫武田先輩の目が怖いんです
けれども。

武田≫尊敬のまなざしです。

原口≫家族旅行が楽しみという
ことで。

桑子≫イタリアに行きました。

姉が1人いるんですけれども

4人で、行けるときは

できれば毎年行くようにしてい

ます。この年は姉が無理だったの
で3人で行きました。

海外、ヨーロッパが特にみんな
好きでイタリア

フランス、ドイツ、ポルトガル
などに行っています。

この西は海しかないという

大きなユーラシア大陸の
最西端に行っています。

原口≫旅行の費用は
誰が出してるんですか?

桑子≫お父さん
ありがとうございます。

原口≫次回は
ちゃんと出してあげなさい。

桑子≫はい。もちろん。

足立≫上から行きますね。

原口≫先輩ですからね。

きょうはコラボをテーマに
お伝えしていますが

「スポーツのチカラ」について
聞いていきます。

4人のアナウンサーが
印象に残った場面です。

実況≫85回、記念の箱根駅伝
スタートしました。

実況≫スーパールーキー柏原
今、スタート!

柏原が今、箱根の山へと
挑んでいきました。

実況≫小田原中継所では
9位でした。

ついに3位に上がりまして
6人抜き。

実況≫10秒の差があったんです。
今、並んだ、並んだ。

16km過ぎ。東洋大学逆転!

実況≫柏原は、今、横に出る。
歩道寄りに出る。

並ぶことはするか。
そして三輪は着いていく。

柏原が若干、前に出た。
抜き去った。

実況≫いやあ、ついに山で大逆転。
4分58秒差。

実況≫山の神を超える、山の神童。
その名は柏原竜二。

東洋大学、栄光の初タイトル。

往路初優勝!

東洋大学、往路を制しました。

実況≫ショートプログラムで
出遅れてしまいましたが

このフリーの大きなテーマは
6種類の3回転ジャンプを

すべて決めることと話しました。

実況≫こだわってきた
トリプルアクセル。

解説≫トリプルアクセル。

実況≫そして、バンクーバーで
跳べなかった3回転、3回転です。

解説≫トリプルループ
トリプルループ。

実況≫次が8つ目の
トリプルジャンプ。

解説≫トリプルループ。
実況≫すべて跳んだ!

(拍手と歓声)

足立≫武田さんと桑子さんは

ソチオリンピックの
浅田真央選手の

フリーの演技が印象に残っている
ということでした。

武田≫ね。

桑子≫何度見ても
最初のジャンプの成功で

ぐっと込み上げてくるものが
ありますよね。

ショートのあの成績からの
圧巻の演技でしたからね。

武田≫ちょうど
うちの息子が、受験で

センター試験があまり
うまくいかなかったんですね。

でも真央ちゃんを見ろと。

2次で挽回するんだと

雑誌の切り抜きを持たせました。
足立≫結果どうでした?

武田≫だめでした。
足立≫すいません

聞いてしまいました。

武田≫でも一浪で。

足立≫お二人はオリンピックの
開会式の中継も担当されたりとか。

武田≫僕はバンクーバーと
ロンドンの開会式を担当しました。

実はその後、浅田真央さんに
インタビューする機会もあって

すごいうれしくて

幸せなひとときを過ごしたんです
けれども

最後に、これからの夢は
何ですか?と聞いたら

浅田さんが、山に入って

うさぎや熊をとって
暮らしたいです

とおっしゃって、感動しました。

桝≫感動しました、僕も。

武田≫心が動きました。
桑子≫私はピョンチャン

この間のオリンピックで
1週間前から開会式のために現地

に入りますが
日を重ねるごとに

メディアも増えますし
選手も集まってきて

熱気が高まってくるのを
肌で感じて

いちばん最初のピークを
迎えるのが開会式じゃないですか。

そこに自分がいるという
何て言うんですか

あの感動は忘れられないですね。

最後に、開会式の最後なのに
自分の中で

終わると
よぎってしまったんでしょうね。

閉会式というふうに
言い間違いをしてしまって。

足立≫話題になっていましたね。
武田≫この場を借りて。

桑子≫皆さん申し訳ございません。

武田≫開会式の閉会式ですよね。

桑子≫
でも、そう、だめです。

足立≫ミトちゃんは箱根駅伝と。

水卜≫入社以来
箱根駅伝中継に。

実況アナウンサーの横に座って
資料などを出す

サブのアナウンサーとか
リポートで携わって。

大逆転も多いですし
特別な感じで

車に乗っていても

座るのも大変な中
必死につかまっていないと

大変なんです。
原口≫箱根は

カーブが大変ですよね。

水卜≫そういう選手を
見てるだけで涙が出てきますし

山の神というと、今井さんも

柏原選手の
坂を感じさせない

ぐんぐんという走りが
印象的でした。

原口≫桝さんは
スポーツの力はブラジルで。

桝≫南米サッカーが

大好きなので
ブラジルに1人で旅に行って

聖地マラカナンという
スタジアムで

実際に試合も見てきたんです
けれども絶叫しながら

負けたら頭を抱えて。

これはマラカナンの席なんです
けれども

このときどしゃ降りて

雷が鳴っている中

声をからして応援していて

スポーツは人生の一部になって
いる国があるんだなというのは

ブラジルでの大きな経験です。
翌日、珍しいチョウチョウを

見つけたんです。

その話を今…
珍しいチョウチョウの話。

原口≫してもいいですよ。
足立≫いやちょっと時間が。

ななみ≫♪「サクラ吹雪の
      サライの空へ」

♪「いつか帰る その時まで」
♪「夢はすてない」

水卜≫エンドロールみたい。

ななみ≫ありがとうございました。

皆様の愛で成り立っております。

足立≫ななみちゃん
ぶっ込みなさいますね。

ななみ≫来年の出場を目指して
トライアスロンの練習

してみようかな、やってみたい。
日テレさん

来年よろしくお願いします。

桝さん、水卜さん
武田さん、桑子さん、こんにちは。

こんにちは。
桝さん、水卜さん

突然だけど、NHKで
よく見る番組って何かな?

桝≫「ダーウィンが来た!」。

それと「地球ドラマチック」と

「ピタゴラスイッチ」
と「ムジカピッコリーノ」です。

ななみ≫NHKに入りたかった
だけのことはありますね。

水卜さんは何か見るものある?
水卜≫朝ドラを…

楽しみにしております。

1秒でいいので出たいです。

あと「紅白歌合戦」。

ななみ≫いつか出ましょう。
ななみも出たいと言っている。

水卜≫出たいと言ったら

フリーになるなんてことになる

かもしれないけど
そんなことない。

ラグビーワールドカップまであと
1年ということでそれにまつわる

ドラマだよ。

ななみは「イッテQ!」に出たい。

原口≫土曜ドラマ
「不惑のスクラム」。

宇多津≫一緒に
ラグビーしませんか?

丸川≫私は、生きていては
いけない人間なんです。

生きる望みをなくし
絶望のふちにいた丸川良平。

そのとき偶然出会ったのが…。

宇多津≫ナイスキャッチ。
少し遊んでいきませんか?

元商社マンの宇多津貞夫。

宇多津が創設したヤンチャーズ。

メンバーは、40歳以上の
個性あふれる中年ラガーマンたち。

金田≫そんななりして
当たりは、こんなもんか!

陣野≫ごめん、キャプテン
痛いのNGやねん。

緒方≫僕はおもしろいと思うよ。

宇多津≫一度でいい。
見に来ませんか?

丸川≫ラグビーなんて…
私にそんな資格はありませんから。

丸川≫犯罪者の娘のままに
しておけない。

由理≫形だけよね。

宇多津≫丸さん、また
死のうとするんじゃないかい?

金田≫お前生きてるか?

宇多津≫誰1人として
不要な人はいないんですよ。

また一緒に
グラウンドで会いましょう。

丸川は
生きる希望を取り戻せるのか。

金田≫本気で当たらんかい!

中年ラガーマンたちの再生物語。

宇多津≫ラガーマンは
どんな試合でも

途中で放り投げたりはしない。
あなたもそういう1人です。

ななみ≫中年ラガーマンたちの
物語おもしろそう。

ねえねえ、ラグビーの思い出って
何かあるかな?

桝さんは?

桝≫以前ラグビー日本代表の
代表戦を実況したことがあります。

そのための勉強が
大変だった思い出があります。

解説、そのときは

清宮幸太郎選手の
お父様の清美さんが解説してくれ

ました、いい思い出です。
ラグビーはルールが難しそうだね。

桝≫勉強すればすぐ分かるので
ルールが難しいから見てない方は

今こそこの1年で
やってほしいと思います。

ラグビーは
ほかに見たことあるのかな。

武田≫見たこと
ありますけれどもね。

でも、やっぱりルールも
僕にとって分からないところが

あるんですが
最近はルールを細かく

画面で解説したりということを
やっていますので

僕と同じように
分からない方もテレビで

勉強してください。
原口≫来年の

ラグビーワールドカップに向けて。
ななみ≫みんなで

ラグビーを見ようね。
きょうはコラボデーだから

コラボする番組を2つ紹介するよ。
木原さん、そらジロー!

水卜≫すごい!
三津谷≫今回の「LIFE!」は

日本テレビとのコラボなんです。
私の耳には

そのニュース、ZEROでした。

原口≫日本テレビ
「嵐にしやがれ」と

前代未聞の出演者相互乗り入れ。

コント「スーパースター」で…

さらに、朝ドラ
「半分、青い。」から

永野芽郁さんと
佐藤健さんが初出演。

田中≫秋風先生に会いたいな。

内村≫つまり、半分トヨエツです。

有田哲平さんが
プロデューサーとなって

一流有名人を笑いで、もてなす。

「有田P おもてなす」
今夜は特別編。

ゲストは

日本テレビのアナウンサー
豊田順子さんと徳島えりかさん。

アンガールズとよゐこが
有田プロデュースのネタを披露。

日本テレビを笑いでもてなします。

山根≫田中が新作で
全部、一から作ったんです。

ななみ≫ざわざわする映像が
映っていたね。茶色かった。

足立≫ななみちゃんも

ざわざわしている感じだよ。
コラボということで楽しそうだね。

桑子≫分かる、なんか
あのキャラクターですよね。

ななみ≫それはそれとして
こんな機会

ないから聞きたいんだけど
皆さんが

アナウンサーをやっていて
いちばんうれしかったことって

何かな?桑子さんは?
桑子≫いちばんうれしいかな

たくさんありますけど
自分が失敗したなと思った仕事に

対して
おはがきをいただいて

とてもよかったよと

いただいたときは

生まれてよかったなと

簡単に言うと
高校野球の実況なんですけど

全然ルールも分からない状態で

ローカル長野局にいたときに
挑戦してみたいと思って

やったんですけれども
自分の中でもうまくできなかった

んですけど一生懸命
描写している様子が伝わったと

いうはがきをいただいてうれし
かったです。

ななみ≫水卜さんは
いっぱい食べられること?

水卜≫先に言われた。
ななみ≫ごめん、本当は何?

水卜≫お便りつながりでいうと

ご自分のお子さんが
あまり食べるのが好きじゃなくて

どうやってしようかなって
気にしていたときに

テレビで私が食べているのを見て
お子さんが食べることに

興味を持ってくれたと。

私、食べてばかりでいいのかなと

ちょっと悩んだ時期も
あったんですけれども

そんなふうに思ってくださる方が
いるなら

食べ物の魅力を伝えられたという
意味ではアナウンサーの仕事の

1つとしてよかったなと思って
元気が出ました。

桑子≫めちゃくちゃいい話。
水卜≫ありがとう。

ななみ≫がんがん食べてきた
かいがあったね。

水卜≫ちょっと毒が…。

足立≫ななみちゃん毒があるのよ。

番組も残り僅かですけれども

初めてNHKに来てみて
いかがでしたか。

桝≫思ったより自由気ままに
やらせていただいて

昆虫のネタだけは
早めに切られちゃうんだなと

思ったんですけれども
すてきな時間でした。

憧れの局で
ありがとうございます。

水卜≫緊張していましたが
やっぱりテレビが好き

作るのが好きというのは
どの局も変わらないと思いました。

皆さん優しくてとにかく
楽しかったので

すぐまたやりたいです。

武田≫本当に楽しかったですね。

テレビって、どうしても

ほかのメディアも活発になって
きている中で

曲がり角なのかなと思っていた中

まだまだ伝えられると思いました。

桑子≫垣根を越えられるという
可能性を感じました。

いろんな素顔を感じました
特に武田先輩。

すごくよかったです。

原口≫バラエティー
やりたかったんでしょう?

武田≫そうですね。

原口≫夜までNHKと日テレの
コラボは続きます。


関連記事