チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」 伊藤鉄英、出田奈々、八嶋智人、大和田美帆…


出典:『チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」』の番組情報(EPGから引用)


2018/09/22(土)
チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」[解][字]
すい炎は、すい臓が作る消化液が、すい臓自体を溶かしてしまう病気。激しい腹痛が起こり、重症化すると命に関わる。すい炎の予防と治療のチョイスをまとめて紹介する。
詳細情報
番組内容
急性すい炎は、すい臓が作っている消化液が、すい臓自体を溶かしてしまう病気。突然激しい腹痛が起こり、重症化すると命に危険が及ぶことも。最も多い原因は、お酒の飲み過ぎ。また、女性の場合は、胆石によって、すい臓の出口がふさがれて起こることも多い。急性すい炎が繰り返し起こると慢性すい炎に移行することもあり、そのまま放置すると、すい臓がんになる危険もある。すい炎の予防と治療のチョイスをまとめて紹介する。
出演者
【司会】八嶋智人,大和田美帆,【講師】福岡山王病院すい臓内科センター長…伊藤鉄英,【リポーター】出田奈々,【語り】佐藤真由美,江越彬紀 


『チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」
  1. 急性
  2. 慢性
  3. お酒
  4. 場合
  5. 飲む
  6. 原因
  7. 胆石
  8. 治療
  9. 炎症
  10. 活性化



『チョイス@病気になったとき「すい臓が溶ける!?放っておけないすい炎」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。



<今日のテーマは…>

<ある日突然 激しい腹痛が>

<「すい炎」は すい臓が
炎症を起こすだけでなく

すい臓自体が溶けてしまう
恐ろしい病気なのです>

<しかも 放置すると 最悪の場合
「がん」につながることも。

このすい炎 主な原因は…>

<恐ろしいことに…>

<でも 大丈夫!
チョイスはあります!>

<今日は 早期発見や治療

更には 予防のチョイスまで

一挙ご紹介!

特に お酒好きの方
必見です!>

健康への道のりはチョイスの連続。

さあ 今日のチョイスは こちら

「すい炎」ということですけれど
どんな印象ありますか?

私 周りで なった人も
いないですし

自分も ちょっと
なったことがないので

あまりイメージがつかない
病気ですね。 どうですか?

診断されてないけど
「20万人近くいる」なんて聞くと

「あれ?
自分もそうかもな」とかね

もしかしたら お思いになる方も
いらっしゃるのかな

というふうに思いますので。
確かに。

今日は ちょっと そこら辺をね
詳しく知りたい。       はい。

おっ 出てきました。
はい こちらですよ。
チョイス君!

すい臓の炎症
すい炎というわけですけれども

まずは 体の中のどこが
すい臓だか 分かりますか?

それがね よく分からない。

奥まった所に 何か こう

ちょこっといるみたいな
そういう印象です。

あのね みぞおちの少し下の

これ 胃なんですが
この胃の裏側にあります。  裏側。

これが胃で 肝臓 ちょっと
両方 取り除いてみますね。

はい。
ありがとうございます。

ここの裏側にある こちらが…。
これ?

はい。 すい臓です。
これ 全部ですか?

そうです。 ここまでですね。
すい臓で 15センチぐらい

たらこぐらいの大きさと
いわれているんですよね。

これ すい臓 とっても大切な
働きをしているんですね。

どんな働きか? 2つあります。

1つ目は炭水化物 たんぱく質
脂質を分解する消化液

「すい液」を作って 分泌して
食べ物を消化する働き。

このすい液を 1回の食事で

800ミリリットルから
1リットルほども分泌するんです。

ええ~!
もう一つの大切な働きが

血糖値を下げるインスリンなどの
ホルモンを分泌することなんです。

まずは そのすい炎とは
どんな病気なのか

こちらをご覧ください。

<14年前
41歳のときのことでした。

ある朝 突然の激しい腹痛で
目を覚ましたといいます>

<一旦 痛みが治まったため
近所の病院へ駆け込みました。

まず受けたのが血液検査です。

検査の結果
「アミラーゼ」という値が

高いことが分かりました。

正常範囲は40から130ですが

野口さんは
2, 400以上にもなっていました。


でも このアミラーゼって 何?>

<食べた物が
胃から十二指腸へ
送られると

すい臓から
すい液が分泌されて

消化されます。

アミラーゼは
この すい液の中に含まれる

消化酵素の一つです>

<野口さんの場合
このアミラーゼが

大量に検出されたため
疑われたのが…>

<そこで CTで
すい臓を調べたところ

野口さんのすい臓は ぼやけて
はっきり見えませんでした。

一体 どうして?>

野口さんの場合は…

<すい臓が溶けてくるって
どういうこと?>

<すい液には
「トリプシン」という

たんぱく質分解酵素が
含まれています。

このトリプシンは
十二指腸に出されると

そこで活性化し
食べ物を消化します。

しかし 何らかの原因で
すい液が大量に分泌され

トリプシンが
すい臓の中で活性化すると

すい臓自体を
溶かしてしまうことがあります。

これが急性すい炎です。

野口さんは 治療のため

1週間
緊急入院することになりました。

野口さんが受けた治療は…>

<そして
野口さんに課されたのは…>

<物を食べると
更に すい液が分泌され

症状が悪化してしまうからです>

<野口さんが…>

<アルコールが
大量に体の中に入ると

「すい管」の中の
圧力が上がり

トリプシンが
すい臓の中で活性化して

すい炎を引き起こすと
考えられています>

<しかし 野口さん自身は

お酒を飲み過ぎている自覚は
ありませんでした>

(取材者)ウイスキー
どれぐらい飲む…?

<おやおや 野口さん
かなり飲んでいるじゃないですか>

<痛みに懲りた野口さん
禁酒とまではいかないまでも…>

家計も助かってます。

偉い!
偉いですね。

何か すい炎とかいうより
お酒を あんな 週にビールね

缶ビール1本にしたんだ
っていう

そこに もう
話が引っ張られ過ぎちゃって。

すい炎ですから。
すい炎の仕組み
全く分からなくなっちゃいました。

戻しましょう。
はい 学んでいきましょう。

すい炎について
専門家 お越しいただいています。

福岡山王病院 膵臓内科の
伊藤鉄英さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いいたします。

「すい臓 溶ける」っていう言葉がね
VTRでありましたけど。

響きが怖いんですけど
それ 溶けたら

もう1回 再生するとか
そういうことはあるんですか?

肝臓の場合 炎症とか…
溶けることを「炎症」と考えると

肝臓の場合は 多くの場合は

元に戻ることが
多いんですけれども…

え~!
ですから 早めに診断して

早く治療するということで
先ほどの野口さんも

溶けてたんですけども
軽くて済んだんで


また飲めるようになったんじゃ
ないかなっていう。  そうですか。

野口さんの場合 とっても
痛そうだったんですけども

やっぱり 症状としては痛みが
まず出てくるんですか?
そうですね。

先ほど すい臓の場所を
チェックされてましたけども

すい臓は背中側にあります。

だけど 前と後ろと
両方 出しますから

みぞおちから ちょうど
へその辺りまでの痛みと

あとは 背中の痛みっていうのが
あるという特徴ですね。

それとですね 胃腸の場合が
悪いときの吐き気は

吐いてしまうと
楽になるんですが

すい臓の場合は
吐いても楽にならない。   え~!

そういう特徴があります。
先ほどの痛みに関して言うと

もう 痛みで… ショックで
倒れる方もいらっしゃるんで

やはり 痛みを止めるということが
すい炎の治療の

まず第一歩になります。
そうか そうか。

前側が胃の裏にありましたけど
そうすると

胃が痛いんじゃないかって
勘違いすることもありますか?
そうなんです。

ですけど…
それで病院にかかって

胃が悪いんじゃないかと思って
胃の薬をもらうと

ちょっと すい炎のほうも
良くなるので

それで治まってしまって
延び延び 診断がつかないことも。

誤解が解けないまま時間が…
過ごしちゃうことが

あるということですね。
はい そうです。

背中なんですよね。
どの辺なんですか?

ちょうどですね
左側の後ろの方が多いですね。

左。
…が激痛。

激痛… 急性すい炎のときは
激痛ですけども

軽いすい炎のときは
ちょっと たたくと

「うわ~ 痛いな」とか
そういう感じですね。

だから 皆さんも すい臓
悪いかどうかチェックするのに

よく 背中 たたかせるんですけど
このくらい。

たたくと痛いんですか?
たたくと「うっ!」ときますよね。

大丈夫だ。
僕は こないんで大丈夫です。

うん 僕も大丈夫です。
私も大丈夫です。

ありがとうございます。 そういう
チェックの方法があるんですね。

更に重症化した場合ですね

先ほどの すい液が
溶かしていくんですよ すい臓を。

それが おなかの外まで出てきて

血管とか ほかの臓器にも
影響を与えます。

「サイトカイン」っていう
物質を出して

心臓や肺や腎臓など
そういう所に影響を与えて

「多臓器不全」で
亡くなってしまいます。

一旦 重症化すると
10%以下の方が

死亡するというような
データが出てます。 う~ん…!

怖いですね。
その すい臓自体に

食べ物を消化する
すい液っていうものが出て

それを作ってるわけですよね。
はい。

でも その 消化するすい液が
すい臓を

溶かしたりはしないんですか?
ですよね。

ちょっと こちらで
その辺が
説明をお願いします。
不思議で。

消化の仕組みが…。
はい。

食事をすると
先ほど言っていましたように

すい液が作られます。
はい。

そうしますと すい液中には

先ほど出たトリプシンとか
アミラーゼとか

そういうような消化酵素が
いっぱい入ってるわけです。

これが まず 活性化してない…。

つまり 言い方が悪いですけど
これが消化する部位とすると

キャップしてあるんですよ。


キャップしてあるんで
発揮できない 威力を。

威力を発揮してないまま
こちらの所に 出口に行って

胃酸と食べ物に出会うと
これが キャップが外れて

消化できる力を持つように
なります。      う~ん!

ですので すい臓の中では
全然溶かさないっていう。

ああ… ただですね 今回

たぶん 私だけじゃなくて
お隣の お美しい女性も

どうやら
お酒がお好きということなんで。
そうなんですよね。

「どちらかといえば」ですけどね。
気になっちゃうんですよ。

気になってますね。
なぜ お酒の飲み過ぎが

良くないのかっていう。
お酒飲む人が みんな

すい炎になるわけじゃないです。
そしたら ほとんどの方が

そうなっちゃうということで…。
なっちゃいますもんね。

大量にお酒を飲む人のうちの

やっぱり 3%から
5%ぐらいなんです。  なるほど。

だから
そういうのを続けていくと

すい炎になりやすい
ということなんですが。

お酒を飲むとですね…
まず すい液 作られますよね。

先ほどと一緒なんですが

この… 水道水みたいに
サラサラなんです 本当は。

それが アルコールを飲むと
この すい管内の…

すい液中の水が飛んで
たんみたいに

ドロドロになってくるんです。
そうすると 流れが悪くなる。

更に ここを
開け閉めしてるんですよね。

もともと十二指腸液が
流れてこないように

キュッと閉まっているのが
アルコール飲むと

緩んでしまって 開け閉めが
下手くそになるんで…。

ちょっと太くなるんですね。
流れが悪くなるというか

すい臓の内圧が上がってくる。

圧が上がります。
そうすると

キャップが勝手に
外れちゃうんです。
アルコール。

…というような
状況もありますし。

アルコール自体も
すい臓の細胞を

ダメージを起こしてしまう
ということなんです。

だから ダメージを受けながら
活性化も起こりやすい状況を

アルコールは作っていく
っていうことなんですね。

これは 誰もがなるものですか?
水がサラサラだったのが

例えば たんのようになってしまう
っていうのは

ある程度の人は 皆さん
お酒を飲むと そうなる…?

なりやすくなってます。 だから
活性化しやすいだけであって

活性化してないから
これで済んでるんですが

お酒を大量に飲むと
こういうような状況が

起こりやすくて
活性化しやすい状況に

我々はあるんだということから
始めていきましょう。  なるほど。

じゃあ そうなるための

お酒の量っていうんですかね。
はい。

どのぐらいの量とか
どのぐらいの頻度で飲んだら

ちょっと すい炎に
なりそうだなっていう…。

<しかし この量でも
毎日 飲んでいる人は

全く飲まない人の 1.7倍

急性すい炎になりやすいのです>

これは 個人差あると
思うんですけども

ある報告では 40g以上
アルコール量 40g以上飲むと

すい炎の発症が 約3倍程度
上がるんじゃないかと。

更に もっと大量に飲むと

その発症率が高くなる
というようなのが報告されてます。

え~! 量じゃなくて
飲み方みたいなのもあるんですか。

そうなんですよ 量も関係あります
量も関係あります。

まずは 一日に大量に飲む
っていうことなんですが

そうすると 先ほど言ったように

すい臓自体を
ちょっと いじめながら

更に すい臓のすい液が
活性化しやすいような飲み方を

毎日してると いつか ポンッと

ばねが はじけたように
なるんですけど。

ですから 会食とかで飲むときは

やはり ゆっくり 楽しく
飲んでいくと。

時間をかけて。
時間をかけると。

それと あとは
「休肝日」という言葉が

あると思うんですけども
できれば「休膵日」っていうのを

水曜日以外 もう週2日ぐらい
とってほしいっていうことですね。

それから これは すい臓の
刺激の状態なんですけども

やはり つまみを
食べながらということになります。

なるほど。
お酒だけを飲むんじゃなくて…。

つまみがあったほうがいい。
いいですね。

しかしながら 脂ものをとると
また すい臓を刺激しますんで

なるべく そういうようなものは
避けていくってことになります。

脂もの多いですね でもね。
じゃあ もずくみたいな…。

スティックサラダとか
そういうような感じでしょうね。
はあ~!

じゃあ 駄目な飲み方
というのはあるんですか?
はい。

先ほど言いましたように

お酒を飲む人みんな
すい炎にならないんです。  はい。

もう一つ 因子が
加わらないといけない。    ほう。

それが よくいわれているのが
ストレスなんです。     う~ん!

ストレスをかけながら飲むと

すい臓の血流量が
非常に悪くなります。

それで 大量のアルコールが
入ってくると

すぐ すい炎になっちゃうと。
へえ~!

だから つらい酒 悲しい酒

「この野郎!」と思うような酒は
飲まない。            なるほど。

楽しく ゆっくり飲む。
それはね 間違いないです。

そりゃそうですよ。
私… 私たちは たぶん。

楽しいお酒しか飲まないですね。
ハハハハ…!

だから 我々は大丈夫なんですね。
今のところね。

先生も?
はい。
先生は どういう…

本当に プロなわけじゃないですか
すい臓の。 すい臓のプロは

どういうお酒の飲み方を
されてるんですか?
はい。

時間をかけて 楽しく
人と話しながら飲むと。

そして
ある程度 時間がたったら

少し濃度を薄めるために
ウーロン茶とか

そういうようなものに
ちょっと 最後は切り替えて

帰るということなんです。
帰り際に そうされるんですね。

そうです。
それ 体質にもよるんですか?

それこそ 遺伝というか
お酒 強い弱いもありますもんね。

はい。 遺伝というのは あって。
先ほど言った消化酵素が

活性化しやすい家系の方が
いらっしゃるんですよ。

そういう方が
アルコールを飲むと

すぐ起こっちゃう
ということですね。


急性すい炎になると
やっぱり VTRの方みたいに

激痛で 発覚するわけですか?

急性すい炎の場合は
激痛が多いんですよね。  うん…。

だけどですね
先ほど言ったように

大量に お酒を飲んだとか
脂ものを食べた その日に

すぐ起きるわけじゃないんですよ。

1日 2日たってとか
まあ 半日後とか

気付かないうちに
すい臓が少しずつ溶けてきて

すい臓が…
すい炎が ひどくなったときに

「ああ 痛っ…」っていうふうな形で
発症することが多いです。

そっか そっか。
痛み以外の

何か症状はないんですか?

それは さっき言った
背中の痛みとか 吐き気とか。

重症化すると
感染症を起こしてくるので

発熱とか
そういうものがあります。

重症化する急性すい炎
っていうことに限れば

どうですか? 重症化しやすい人
しにくい人

というのは あるんですか?
はい。

重症化しやすいのは
やっぱり 肥満の方です。

肥満の方が すい炎を起こすと
なかなか治りにくい。

死亡率も高いですね。
それは どうして?

ちょっと そこまでは
分かってないんですが

アメリカも 日本のデータも
そうなんです。

データとしては そういうこと。
はい。

それと あとは お年寄りですよね。
高齢者が発症すればするほど

死亡率が高いっていうような
状況になります。    ふ~ん…。

でも 何となく
僕のイメージだとね

肝臓もそうですけど すい臓も
結構 寡黙な臓器っていうかね

すごい耐える人だっていうふうな
イメージがあるんですけど。

そういうのは どうなんですか?
そうなんです。

だから ちょっと起こしても
耐えてしまってて

数日で 勝手に治って
症状も あまり出ないで

治まってしまっている方も
いらっしゃいます。

1回 すごい「うう…!」って
すい臓さんは なってるけど

「何となく 治ってきたから
ご主人に言わなくてもいいか」

みたいな感じに
なってるときがある。  そうです。

気付けないですね
でも そうなると。
そうなんですよね。

病院に行こうとまで
思えなさそうですよね

そういう… 治ってしまうとね。
う~ん…。

じゃあ その
急性すい炎になったときの

治療法は
どんなのがあるんですか?

こちらに まとめています。

主な治療法 「絶飲食」。

これ 「飲まない」 「食べない」。
飲まないのも大切なんですね。

お水も?
お水もですか!

「大量輸液」「薬物治療」
というのがありますが

先生 一つずつ お願いします。

絶飲食なんですが
食事は 皆さん 分かるように

食べると すい臓を刺激される
という話なんで 駄目ですよね。

すい炎になると 胃腸の動き
止まってしまうんですよ。

ですから 吐き気とか
出てくるんですけども。

そこに
水分が大量に入ってくると

胃が広がって それだけで
すい臓を刺激します。

ですので 僕たち
のどを潤す程度は 少し

患者さんには かわいそうなので
あげてるんですけども

ゴクゴクゴクと飲むようなことは
させずに

逆に この輸液 点滴から
水分を補うという。

そうか そうか…。
すい臓が炎症を起こすとですね

血管からですね 水分が

「サードスペース」というんですが
難しいですけども。

体の血管の外の組織に
逃げてしまうんです。

へえ~!
すごく脱水になります。

「脱水」イコール「虚血」ですよね
血の流れが。

ですから 心臓 腎臓
つまり「循環不全」

それから 「腎不全」が
起きてきます。

すい臓だけの問題じゃ
なくなるんです。

それを補うために
大量の輸液をします。

この2つが まず基本です。

その前に 痛みを止める
っていうのがありましたよね。

それが3つ。 そして やっと
薬物治療ってことになります。

絶飲食の期間っていうのは
どれぐらいなんですか?

重症だとですね
2週間から1か月ぐらい。

個人差あるんですが。

軽症だったら 2~3日とか。
それでも2~3日。

どうなんですか? 食欲というのは
あるんですか? そういうとき…。

いや 痛くて食べられませんよ。
あっ そうですか。

だったら ちょっと逆にね…。

次に大事なのは
この「たんぱく分解酵素阻害剤」。

これは先ほど
消化酵素を裏返しましたよね。

活性化した消化酵素に
キャップをして

覆ってくれて
力を発揮しなくなって

すい臓を
溶かさないようにするお薬です。

これが大事な薬で これも
ずっと点滴でやっていきます。

点滴なんですね。
はい。 最後には

「抗菌剤」。 昔でいう
抗生物質なんですけども

重症化すると
免疫力も落ちてきます。   うん。

腸から 「透過性」っていって

普通は おなかの中に
菌 入っていかないんですが

大腸菌とかが おなかの中
すい臓の所の炎症の部位に

集まってきて
そこで感染を起こすと

死亡してしまうということが
あるので そういう方には

抗菌剤を使うということに
なります。        分かりました。

ほとんどの方が この治療をすれば
完治するんですか?

いえいえ 重症化の方は
10%亡くなってるんですね。

急性すい炎の方の20%が
重症急性すい炎で

そのうちの10%が
亡くなってます。

でも 医学 進歩して
10年以上前は

30%亡くなってたんです。
うん…!

ですから 医学は非常に
進歩していると思います。
なるほど。

じゃあ 治った方の中で
「全部治りました」。 そのあとに

気をつけなきゃいけないこと
ってのはありますか?
はい。

約2割の方が すい臓に
ダメージを受けてしまってます。

相当ひどいダメージなので
その方は 絶対

病院に行かないと
いけないですよね。 通ってます。

残りの方なんですけども
お酒が原因であるならば

まあ 「禁酒」。
僕たちは どっちかっていうと

「断酒」って言ってるんですよね。
うん!

前と同様に飲み続けた場合には
半分の方以上ですね

50%以上の方が
再発をしていきます。   う~ん!


禁酒をすれば 2割以下に

発症率が低下するという報告も
ありますので

とにかく
再発に気をつけるということで。

やっぱり 定期的に
ドクターのインタビューとか

または検査を受けるというのが
大切じゃないかなと思います。
なるほど。

ここまでは お酒が原因だと
みてきたんですけれども

すい炎の原因
お酒だけではないんです。  あら。

さあ 続いては
お酒を飲まないのに なぜか

急性すい炎になってしまった
という方のケースです。

<詩吟が趣味の…>

<4年前
詩吟の会に参加するため

着物を着たとき おなかの辺りに
違和感があったといいます>

帯を締めるようなときに ちょっと
いつもと違うんですよね。

<それからも おなかの違和感は
ひとつきほど続きましたが

入院している母の看病もあり

検査を受けようとは
思いませんでした。

しかし 母が退院する前日に

激しい痛みに襲われたのです>

それで もう 主人に頼んで…

<すぐに救急車で病院へ運ばれ

「急性すい炎」と診断されました>

<やはり 松藤さんも
お酒を飲むんでしょうか?>

主人が 全然 飲まないので…

<お酒でないとすると…>

<「胆石」は すい臓の近くにある
胆のうの中で

「胆汁」が固まってできます。

この胆石が 胆管の出口で
詰まってしまうと

すい管の中の圧力も
高まります。

すると すい液の中の
トリプシンが活性化し

すい臓に炎症を引き起こすのです>

<そこで 松藤さんは
胆石を取り除く治療を受けました>

チョイス!

<それは「内視鏡治療」。

丸で囲った部分に
胆石があります。

内視鏡を使って 胆管の
十二指腸への出口を切開し

胆石を除去する治療です。

治療は 30分ほどで終わりました>

<現在は 胆石が
再び できないように

コレステロールの少ない食事を
心がけているという松藤さん>

なるほど。
何となくね この番組で

胆石のことも勉強しましたけど。
はい。

結構 そうやって連動する
ということもあるってことですね。
はい。

胆石が原因というのは
女性に多いんですか?

急性すい炎の原因 これ
男性と女性別に見ていきましょう。

先生 お願いします。
女性の場合は

見ていただくとおり 約4割の方が
胆石性すい炎なんですね。

アルコール性は 男性の方が半分で
胆石 少ないんですね。

女性の方が胆石が多いのは

更年期を境に
女性ホルモンが低下することで

脂肪分解を 女性ホルモンって
すごくやっていくんですけどね

それが うまくいかずになって

胆汁中のコレステロールが
上がると。

そのために
コレステロール性の胆石が

増えてるんじゃないか
というふうにいわれています。

なるほど。
ふ~ん…。

胆石自体を できにくくするには
どうしたらいいんですか?

まず 胆石が多い人は どんな人か
っていうのを考えると

やっぱり 肥満の方ですよね。

それと コレステロールが
高い方ですよね。

運動不足の方 それから
食事が不規則な方なんです。

ですから そこから逆算していけば
肥満は防止をしましょう。

コレステロールの高い方は
ちゃんと医師の指導を受けて

食事療法をするか
薬で治療しましょうよと。

3番目は運動不足ですね。

運動不足も 肥満も
やっぱり「脂肪肝」を作らせる。

脂肪肝になってきますと

胆汁中のコレステロールが
増えていきますから

それも悪いんで
そこら辺は運動すると。

4番目 食事が不規則。
例えば1日1回しか食べないとか。

そんなになってくると
ごはん食べないと

胆のうの中に濃い胆汁が ずっと
たまったままになりますから

これが
たまりやすいんですね。

これは「ビリルビン結石」
というんですけど。

やっぱり これも
胆石できやすいっていうことで。

そういうようなことに気をつける
ということだと思います。

規則正しい食事をとる
っていうことですね。

どっちのためにも
連動してるから

規則正しくしなきゃいけないな
っていうのは

あるのかもしれないですね。
あと VTRの松藤さんね

定期的に お着物を
着られるっていうことで。

いつもの着方と
ちょっと違うっていうことで

違和感を感じたっていうふうに
おっしゃってましたけど。

何か 前触れっていうかね
そういうのって…。

一つは 胆石があると
もう一つの疾患

「胆のう炎」というのが
あったかもしれません。

ですから 「慢性胆のう炎」で
胆のうが少し腫れてて

それが気になってたのか。

もう一つは 胆石が
今 VTRにもあったように

出口が すい管と一緒なので
その出口に詰まって

すい液が逆流して

それで すい炎を
起こしかけてたという

そういう状況が
ずっと… 少しあって

それが1か月くらい続いて

バンッと発症したのかも
しれないですね。       う~ん!

じゃあ 前触れというよりは
もう ちょっと 症状が

始まってたっていうことですかね。
可能性ありますよね。

ですから あそこの時点で
診てもらってて 診断を受ければ

重症すい炎には
なってなかったかもしれません。
ああ…。

お酒の飲み過ぎと 胆石以外にも
原因っていうのはあるんですか?

はい。

ここで見てみますと
「特発性」っていうのがあって。

きてますね。
両方にありますね 「特発性」。

何でしょうか?
原因が
分からないやつなんですね。

だから 先ほどの
ストレスなのかもしれないし

食事に
関与したものかもしれないし。

まだ 原因が
分かってないのもあります。

「その他」の中には 先ほどね
ちょっと話題に出ました

「遺伝性」っていうか 「家族性」の

すい炎になりやすい
家系があるというのが一つ。

それから「自己免疫性すい炎」
っていって

「リウマチ」みたいに自分で自分を
すい臓を痛めつけて

すい炎を発症するような方も
いらっしゃいます。 ふ~ん…。

続いてはですね

急性すい炎 ここまで
ご紹介したんですけれども

「急性」というからには

「慢性すい炎」というものも
あるんです。        そうか!

どんな病気なんでしょうか?

<江副さんも 急性すい炎に
なってしまった原因は…>

<営業マンだった江副さん。

仕事柄 お酒のつきあいも
多かったといいます>

少し 多いのかな?

展示会だとか そういう営業で
回ったりとかね。

<医師から お酒をやめるように
言われましたが

顧客から誘われると なかなか
断ることができませんでした。

その3年後 江副さんを
激しい腹痛が襲います。

病院に行ったところ
「慢性すい炎」と診断されました>

<こちらが…>

<現在 江副さんは
完全に お酒をやめて

炎症を抑える薬をのんでいます。

更に 月に一度の定期検査も
欠かしません。

心配なことがあるからです>

<実は 慢性すい炎の原因は

お酒の飲み過ぎだけでは
ありません>

<中川さんが
慢性すい炎と分かったのは

12年前のこと>

<そのまま緊急入院し

「慢性すい炎」と診断されました。

精密検査を受けたところ

意外な原因が分かったのです>

<これは
中川さんのすい臓のMRI画像。

正常な人と比べると すい管が
曲がっているのが分かります。

これが 慢性すい炎の原因でした>

子どもの部活の応援とか
仕事とか そんなので…

<中川さんの
すい臓が

悲鳴を上げたのです>

<すい管の形を直す方法は
今のところないため

毎食後 消化を助ける薬と
炎症を抑える薬をのんでいます>

う~ん…。 でも あれですね
不思議なのは

慢性のすい炎だっていうのに

ガーンって
雷に打たれたような痛みは

ちょっと
急性のような感じがしますけど。

先生 その「急性」と「慢性」の
違いっていうのは?

両方とも
すい炎なんで 基本的には

通常
すい臓で働かない消化酵素が

すい臓の中を溶かしていく
ってことなんですが

急性すい炎の場合は すい臓全体を
一気に消化してしまって

大量のすい液が 消化したものが
体中に悪さをすると。

これは だから死に及ぶんですね。
そうか。

慢性の場合は ちっちゃな炎症

ちっちゃな
すい臓を溶かすことが

チョッ チョッ チョッ チョッと。

何回も 何回も
繰り返していって

少しずつ 少しずつ
進行していって。

先ほどVTRで
私も言ってたように

肝臓と一緒のように だんだん
その炎症が続いていくと

硬くなって
「線維化」を起こしてきて

機能が落ちてくるようなのを
慢性すい炎といって。

何となく それで
ドン! ってなって

ドロンって溶けていく
っていうんじゃなくて

ちょっとずつ
溶けては治ったりとか

いろいろしているうちに むしろ
硬くなっていっちゃうんですね。

硬くなっていくわけですね。
だから 非常に…

症状がない方も いらっしゃるんで
自覚しにくいんですね。

慢性のほうは。
はい。

ただ すい液の量自体も
違うっていうことですよね。

すい液の量は
初めは一緒なんですが

慢性化してきて
正常な細胞が壊れますので

だんだん
すい液が出なくなってくる。

消化ができなくなります。
う~ん!

ですから
それを補ってあげるお薬とかも

投与しないといけなくなる。
期間が どんどん

長くなってるのが
慢性のほうということですよね。
そうですね。

それでも やっぱり
黙ってるんですね

ご主人様にはね。
そうですね。
沈黙の臓器。

それは すぐ良くなるからです。

一旦 ちょっとは痛くて 良くなり
「まあ 大丈夫かな」とかいって。

報告してくれれば
いいんですけどね。  本当ですね。

気付かずに放置する方が多いんで。

放置してしまうと
どうなってしまうんですか?

先ほどのVTRみたいに 急に…
急性すい炎のときのように

慢性すい炎の「急性増悪」
というんですが

一気にバン! と炎症がきて

治療がいる方も
いらっしゃいますし。

気付かないうちに
どんどん すい炎が進行して

「消化不良症候群」
すい液が出なくなる。

あとは「糖尿病」が出てきたりとか。

更にはですね 一番怖いのが

先ほど
VTRでも言ってましたが

「すい臓がん」なんですよね。

慢性すい炎の方
というのは 進行するとですね

大体12倍ぐらいですね
すいがんになる

危険率が高いっていわれてます。
う~ん…。

先生 じゃあ その
慢性すい炎の治療っていうのは

どういうのがあるんですか?
慢性すい炎の治療というのは

まず 生活習慣を
良くするということで

私たちには耳が痛いんですが…

「禁酒」 「禁煙」です。
あら!

でも これ
禁酒じゃないんです 実を言うと。

急性すい炎の場合は
先ほど飲めてたのは ある程度

すい臓が 元に戻ってるから
飲めてたんですが

慢性すい炎は
進行してしまってるんで

そこに すい臓の
アルコールの刺激が入ると

非常に悪化の原因になります。

ですので 我々は

「断酒」というような言葉を
使ってます。      断つんですね。

そうです。 それから たばこも

すい炎の進行のリスクになる
ということであります。

それから やっぱり 食事ですね。
うん。

食事は 脂ものをとり過ぎない。
辛いものをとり過ぎない。

辛いものっていうのは
とうがらし系ですね。

「カプサイシン」系ですね。
カプサイシン。

刺激の強いものは避けると。
よくかんで ゆっくり食べる。

それから ストレスをかけない。
うん。

…っていうような
いろいろあるんですが

そういうような生活習慣が
大事なんですね。        うん…。

次に 生活習慣っていうか
薬物治療になります。    うん。

薬物治療は
やっぱり 急性すい炎と似てて

消化酵素が
活性化してるときには

それを キャップを ふたをして
進行を抑えると。

それから すい液というのは
アルカリ性なんですよ。

アルカリ性のすい液が
出なくなってくるんで

十二指腸で
胃酸と交わるときに

ちょっと
バランスが悪くなるんで

胃酸を少し抑制しとかないと
いけないので

胃薬をのんでいただくと。
なるほど。

最終的に一番大事なのは

すい液の出が悪くなると
消化ができなくなります。

ですから 消化剤

「すい消化酵素薬」
というのを補充すると。

この3つが原則の
治療になります。

でも やっぱり 早期発見
早期治療っていうのが

大切ってことですね やっぱり。
そうなんですよ。

そのためには どうしたらいいのか
ということなんですが。
そうですね。

だから 例えば 健診で
血液検査 超音波検査 CT

それから MRIっていうところが
あると思うんですけども…。

それは もう 進行したすい炎しか
見つからないんですね。

どちらかというと
すいがんをターゲットにした

健診なんで。
そうか そうか。

ですから 早期に
慢性すい炎を見つけるには

それなりの別の検査が必要と
なってくるってことなんです。

そのすい臓の状態を
詳しく知る検査というのは

こういうものです。
はい。

<すい臓を 詳しく
調べることができる検査とは…>

<使うのは 先から超音波を出す
細い管です。

この管を 口から
胃や十二指腸まで入れ

すぐ近くから
超音波を当てて

すい臓に
異常がないかを
調べる検査です>

<慢性すい炎によって
すい臓が線維化していると

蜂の巣状に
見えます>

<また すい臓がんの場合

このように はっきりと

黒い塊のように映ります>

<眠ったままの状態で行うため
楽に受けられる検査です>

こういう検査は どういう人が
受けたらいいとかいうのは

あるんですか?
これは 健診で

引っ掛かった方が
多いんですけども。

先ほど 血中の
アミラーゼ 出てましたよね。

それから 僕たちは 血中の
「リパーゼ」をお勧めしてます。

アミラーゼは唾液腺からもすい臓からも
出てくるんで どちらから

出てくるか分からないときがある
ってことですね。

リパーゼは ほぼ すい臓からしか
出てこないってことで

それが引っ掛かった人。
それから やっぱり

超音波で
何か異常があった人なんですが

それよりも
原因不明の おなかの痛みとか

背中の痛みなんですね。

特に お酒を飲むと痛いとか

脂ものを食べると痛いとか

そういうようなときに

すい臓の炎症があるんではないか
ということで

早期発見のために
この検査をすることが多いですね。

それから 急性すい炎をですね
経験した方が

生活習慣が悪くて
また再び起こして ずっと

慢性化になってきてることが
あると思うんで

そういう方も
受けたほうがいいと思います。

痛みがないときに…
例えば 今 健康ですけど

もしかしたらと思って 行っても

症状…
出てはこないということですか?

ちょっと痛みがあるときに
受けるといいんですか?

いえ 超音波内視鏡っていうのが
ものすごい波長の超音波で

胃の中から
すい臓を見れますので

今 どうもなくても
すでに線維化があるとか

すい炎が… どの程度
やられてるのかは分かります。

ちょっと気になったり
節目があったら…。

何となく
過去にそういうことがあったら

その症状も分かる
分かります。
っていうことですね。

そのときに どの程度 すい臓が
やられたかが分かります。

なるほど。
今度 どうかっていうのも…。

どう指導すればいいか
っていうのも

私どもは説明できます。
分かりました。

受けられる…
検査を受けられるのは

病院… どの病院でも
受けられるんですか?

どの病院でもっていう
わけじゃないです。 やっぱり

すい臓の専門科の所ではないと
検査を受けられないと思います。
なるほど。

じゃあ ちゃんと詳しく聞いてから
行かないといけませんね 病院に。

はい。
分かりました。

では最後に 今日 お伝えした
内容を踏まえまして

すい炎のベストチョイスのための
アドバイスをお願いいたします。

すい炎は 慢性すい炎も
急性すい炎も

進行したり 非常に重症化すれば

非常に そのあと
生活の質を落とします。

ですので すい炎っていうのは

早期に診断して
早期に治療すれば

普通の生活ができるまで
元に戻ります。

ですので 自分から
何か症状があったり

健診があって
異常があったときには

「すい臓を調べてください」と
志願するのがいいと思います。
分かりました。

ありがとうございました。
ありがとうございました。

さあ ということで
今日は「すい炎」でしたけれども

いかがでしたか?
私 今日初めて

すい臓の場所を知ったので。
ハハハハ…!

この胃の奥と ちょっと
背中の辺りが痛かったり

違和感があったら
まず 早期発見のためにも

病院に行こうと思いました。
そうですね。

すい炎というものを
今日 勉強することで

何となく 自分の生活を
もう1回 見直すとか。    はい。

あとは ちゃんと申告したほうが
よく診てもらえる

ということみたいなので。
そうですね 病院でね。

できれば ちょっと
違和感があったりすると

「今は大丈夫」と思わずに
ちょっと すい臓の検診

検査もしていただけないかな
というふうに

提案するというね 先生も
おっしゃってましたけど。
大事ですね。

大事なのかなというふうに
思いました。              はい。

次回も 皆さんにお届けします。
健康への ベスト…。

(2人)チョイス!


関連記事