グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」 久しぶりにチーズケーキを焼いて当時の思い出を語る有森さん。ヘンゼルは…



出典:『グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」』の番組情報(EPGから引用)


グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」[字]


オリンピック女子マラソンで、日本人初のメダルを獲得した有森裕子さん。陸上競技を志した学生時代から、栄光の瞬間まで、ともに走り続けたチーズケーキの魅力に迫ります。


詳細情報

番組内容

92年のアトランタ、続くバルセロナと2大会連続でメダル獲得の有森裕子さん。なかなか実績が出なかった学生時代。オリンピックを前に、前例のない厳しい高地トレーニングに挑んだアメリカ合宿…さまざまな場面で心身ともに有森さんを支えたのがチーズケーキでした。久しぶりにチーズケーキを焼いて当時の思い出を語る有森さん。ヘンゼルは、アスリートにささげる黒砂糖のチーズケーキに挑戦!偉業を支えたスイーツの力とは?

出演者

【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子




『グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」
  1. チーズケーキ
  2. 有森
  3. 自分
  4. 本当
  5. 何か
  6. 頑張
  7. 黒砂糖
  8. OK
  9. コンポート
  10. スイーツ


『グレーテルのかまど「有森裕子のチーズケーキ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

初めて…

(実況)有森 2大会連続のメダル!
見事なフィニッシュ!

マラソン競技で
日本女子初のメダルを獲得した

有森裕子さん。

現役時代
過酷な練習に打ち込む有森さんを

支えたスイーツがありました。

それは…

頑張ってる…
本当に いろんな意味で頑張ってる時に

そばにいた
パワーフードみたいな感じですかね。

トップランナーを目指し
走り続けた競技生活の傍らに

そっと寄り添っていたスイーツ。

チーズケーキに迫ります。

光る石を たどれば行き着く
不思議な家に

あのお菓子の家のヘンゼルとグレーテルの
末裔が暮らしています。

彼らが振る舞う
おいしいお菓子の物語を

ご賞味あれ。

よし! 今日は 何 作ろっか…。

あれ~!?
うう… ちょっと 重いんだけど。

また 姉ちゃんだな?
片づけもしないで。

片づけようよ もう~。
ねえ。 全く もう!

何で? これ。             いや 何かね
今 スポーツの秋とかっていってね

筋トレに はまってるらしいんだよね。
また 今度は スポーツですか?

うん。
あらまあ。      そう。 しかもね かまど

こんなメッセージも残しちゃってます。
何? 何?

♬「くるしくったって…」
くるしくたって 頑張れる。

あれだね!             何だ?
あれ あれ!

本 開いてみましょうか。
かまど 分かったよ。

あっ
ということで 今宵 ひもとくのは

有森裕子のチーズケーキ。

オリンピックメダリスト 有森裕子さん。

今 次の世代のランナーの育成に
力を注いでいます。

やっぱり スポーツであれば
勝たなきゃいけないし。

どんな時代においても
結局 やらなきゃいけないこと

なすべき形っていうのは
これは変わらないので。

(実況)銀メダル!
有森が 銀メダルを獲得!

そして…

有森さんは 日本の女子選手として

初めて 2大会連続で
メダルを獲得しました。

快挙の陰には 当時 例のない
厳しいトレーニングがありました。

標高2, 000メートルを超える
山岳地帯での高地トレーニング。

空気の薄い環境で走り込むことで
心肺機能を高めるのです。

その苦しさは 想像を絶するものでした。

当時の日記に つらい日々が
生々しく つづられています。

更に 体重コントロールのため
厳しい食事制限も ついて回りました。

心身ともに限界まで自分を追い込む
過酷なトレーニング。

有森さんを支えたのが

しっかりと焼かれた
濃厚なチーズケーキでした。

トップアスリートをも支える高い栄養価。

でも スイーツには
もう一つ 大切な力がありました。

チーズケーキとアスリート。

この2つ 古くから
深い結び付きがありました。

今から2, 800年前の
古代オリンピックでも

選手への栄養補給として
配られていたのが…。

チーズにハチミツ
ドライフルーツなどを加えた

チーズケーキだったのです。

もともとは 神様へのお供え物で

王とオリンピック選手だけが
食べることを許された

特別なもの。

チーズケーキは 長い歴史の中で

アスリートたちに
力を与え続けていたんですね。

有森さんは チーズケーキで
厳しいトレーニングを

頑張っていたんだね。
いや~ 本当。

いや 過酷だよ…。
それに ちょっとびっくりした。

あのチーズケーキのルーツ。
まあ そうだね。

古代オリンピック。
古代オリンピックだもんね。

アスリートを
ずっと支え続けてきたというね。

俺たちもさ 姉ちゃんのために
チーズケーキ作りましょうか。

作りましょうか。 これを食べれば
苦しさを乗り越えられる

そんなチーズケーキを
作っていこうじゃありませんか!

OKです!

よ~し!
まず 何からやろうか? かまど。

ちょっとね見てほしいんですけれども

チーズケーキ作る時は ふだんは
あまり使わないんですけれども

今日はね そいつをね ドドドン…。

あれ? これ 黒砂糖じゃん!

そうなの! 味わいのキメテ どうぞ!
はい。

おいしくて 体にも優しいチーズケーキを
作ります。

黒砂糖ね サトウキビの搾り汁を
煮詰めて作っていて

精製していない お砂糖なのね。
だから ミネラルが すごい多いんですよ。

なるほど。
疲れた時には 癒やされます。

あ~ いいね。
これを使いましょうよ。

底にも チーズ生地にも
両方に使いたいと。

そうなの?
そう たくさん使いますよ。

だから まず 黒砂糖を
ざるでこすというのを始めますか。

分かりました。

指で ジョリジョリジョリ
チョッチョッチョッと…。

よし!
そうしたらば

型の底に敷き詰める生地を作ります。
グラハムクラッカー。

グラハムクラッカー ありますよ。
それを 袋に入れて下さい。

そして それを砕いていきましょう。
どのくらい細かくするの?

テキツーですよ。
お好みってこと?  ふふふ… うん。

ザックザックと。 はい 大丈夫ですよ。
いいんじゃないかな? かまど。

そしたら 袋の中に
その中にね 黒砂糖を…。

入れちゃいますか?
2杯 2杯ね。

2杯 入れて~…。
…の!

オキテ!
はい!

えっ どういうこと? かまど。
「食感UP! パワーもUP!」です。

ここに またまた
くるみを入れちゃいます。 くるみ!?

ミネラル ビタミンが豊富です。
そして

糖質とかコレステロールは低いんですよ。
もう くるみったら!

なるほど。
なかなかのね いいやつよ。

そして 香ばしさも アップします。
そうだね。

そしたら 溶かしバター 次。
溶かしバター。

それを 全体に行き渡るように入れて
混ぜて…。

もう これ 袋で全部できちゃうの
いいでしょ?

いや これね いいよ。
だって 手も汚れないしさ。

これで?
それで?

モミモミ モミモミ…。

いいんじゃないですか?
じゃあ 紙を敷いた型…。

ありますよ。
ありますね。 そこに 入れて下さい。

そして 平らになるようにして下さいね。
分かりました。

いい声だね。
ありがとうございます。

いい声だね 本当に。
ありがとうございます。

よし。 これを敷き詰める?

そうですね。 スプーンの背で ならします。
わあ~!

これが 底に チーズケーキの底に
あるわけでございますから。

これは 最高ですよ かまど!
あ~ 早く食べたいわ~。

いいんじゃないですか? よし!

じゃあ チーズ生地の方を作りますよ。
OK!

チーズは 常温にしてありますから
ここに 黒砂糖を入れて下さい。

そして 泡立て器で混ぜましょうと。

はい そこに メープルシロップ。
メープルシロップ。

入れるでしょ?
あ~ もう おいしいのよね これ!

これがね 黒砂糖のえぐみみたいなのが
あるんだけど

これを 少し まろやかにしてくれるから
メープルシロップさんを入れましたと。

はいはい 混ざりましたよ。
そして 次に 溶き卵を入れましょう。

混ぜますでしょ。

もういいですね。 薄力粉を入れるでしょ。

はい。

いや チーズ大好き!
あっ 本当? 私も~。 あっ 本当?

液体も入れて下さ~い。
一つは 生クリームです。

そして 一つは りんごジュース!
りんごジュース?

普通は 全部
生クリームにするとこなんだけれども

今日は ちょっと りんごジュースも。
何で?

生クリームよりも カロリーが低いです。
あっ そうなの?

何か こう 合うでしょ? チーズに。

何か 合いそう。
うん。 合うと思う すごく。

はい もういいよ。
りんごジュース入れて。

もう簡単! どうさ?
本当よね。

はい。
じゃあ これを型に流しましょう。

これを型に流していきますか。

おお~ すげ~。

これが チーズケーキになるんだね。
こんな液体なんだっていうか。

なるんだよぉ。

何 急に?
何か うれしくなっちゃって。

180℃のオーブンで 1時間!
OK!

これ 焼き上がったら
型に入れたまま 粗熱をとって

半日から1日 冷蔵庫で休ませます。

冷蔵庫で休ませる!?
はい。 何よ?

すぐ食べられないの!?
駄目。 だって こう休ませると

味がなじんで 更においしくなりますから。
分かりました。

我慢して おいしいもの食べましょうよ!
我慢しますよ。          お願いしますよ。

おいしくなってくれよ~!

有森さんが陸上を志したのは
中学1年生の時。

運動会が きっかけでした。

800メートル走に出場し
1位になった有森さん。

勝つ喜びを覚えたのです。

中学校の時の運動会の
800メートル走っていうね

誰も選ばなかったものを
たまたま選んだら できたというのが

きっかけではあるんですけれども。

走ること イコール 自分を信じれる
自分の自信がつけれるっていう

そういう流れを作ったものでしたね。

こうして 高校 大学と

中距離ランナーとして
陸上に取り組みます。

しかし 結果が出ない日々が続きました。

そんな時 たまたま チーズケーキを
食べたあとに臨んだ試合で

初めて上位に食い込みます。

調子よかったよっていうことで 多分
そこからもう 自分 験担ぎですよね。

ちょっと 自分の不安な気持ちの傍に
チーズケーキとか…

お守り的な感じですよね。 はい。

以来 レースの前に
チーズケーキを食べるようになりました。

実業団に入り 長距離へ転向。

(実況)有森裕子 頑張りました!

人生2回目のマラソンレースとなる
大阪国際女子マラソンで

日本最高記録をマーク。

トップランナーの地位をつかんだのです。

このころには チーズケーキの食べ歩きが
ささやかな楽しみだったと言います。

大体 チーズケーキは
全部のお店にあるんですよ。

どこどこのが おいしかったよって
聞いたら

そのお店を探してました。

行くようになったのもありますね 数軒。

なかなか芽が出なかった学生時代から
トップランナーになるまで

チーズケーキが
その成長を支えていたんですね。

う~ん。 チーズケーキは
験担ぎだったんだね。  ね~ 本当にね。

初めて食べた時に勝ったんですもんね。

そうそう そうそう。
いや でも それ そうやって思うよね。

「あれ食べたからかな?」とか
思っちゃうもんね。

思う 思う。 すっごい思う。

そういうのある?
何かね 食べ物ではないけど

何かに挑戦する時
「お前は強い 怖くない怖くない」って

ずっと 言い聞かせてる。
あっ そうなの?  うん。

かまどは 何かあるんですか?
人に会ったりする時に

髪 バサバサにしていくと
気持ちがオープンマインドに…。

えっ 自分のってこと?  そう。 ごめん。
よし じゃあ 続きを作りましょうか!

もうね 出来上がって
冷蔵庫で冷ましてるよ。

だから 終わらないの それだけでは。
それが かまど!

さすが かまど。 じゃあ 作りますか!
準備して!

よし かまど。 何 作るの?
はい じゃあ チーズケーキに添える

りんごのコンポートを作ろうと思います。
チーズケーキに合いそうだね。

はい 鍋に水
グラニュー糖。

はい そして?
そして レモン汁を…。

かまど フツフツしてきましたね。

じゃあねえ
そこに カットしたりんごが…。

りんご1個分ぐらいかな?
そうですね それを煮ます。

煮ていくんだ。
うん 5分から10分ぐらい。

かまど いい感じなんじゃないかな
香りも すごい いいですよ。

グツグツしてますよ OKですね。
よしっ。

じゃあ それ冷ましておきましょうか。
分かりました。

う~ん いい匂い。

ちょっと一息 Tea Break!

今回は 有森さん思い出のスイーツを
紹介しちゃうわよ。

まずは モンブラン。
どんな思い出があるのかしら?

父が すごくモンブランをね
大好きだったので

何か 誕生日っていうと
誕生日ケーキって 昔はね

ワンホール買ってたんですけど
亡くなってからもね

何か やっぱり 父の誕生日の日には
まあ 自分にですけどね

勝手にモンブラン買って
食べたりするような時間を

あの 時々ね 持ったりしますね
やっぱり。

続いては…

高地トレーニングの合宿中

オーガニックマーケットで
見つけたんですって。

食べたら まあ 
めちゃくちゃ おいしくて

どうしても これ作りたいって言って

そこのスーパーのおばちゃんに
レシピちょうだいって言ったら

えらい快く
「OK!」みたいな感じで

ものすごく うまくできて。

だから まあ 人のレシピで
初めて自分でうまく作れたやつでしたね。

タルトタタンも作ったそうよ。

なかなかの
こだわりがあるみたい。 ウフッ。

うまくできたと言うべきか
食べれたと言うべきか…。

アハハ。 まあ タルトタタンはね あれは
本当に納得のいく あのやわらかさと

あの色に染まらないかぎりは
成功したと思わないので

それに出会ったことは
今のところありません。

自分の作ったもので。

有森さんの大切な思い出と こだわり。

スイーツは 人生のいろ~んな場面を
彩っているんですね。

そろそろ いいんじゃないかな?

おお~ いよっと。 う~ん かまど~。

どうなのよ~。
すごいね いい感じですよ。 ほら。

あ~ 本当。 すてき。

じゃあ 早速 取り出してっと…。
ちょ ちょ ちょい待って ちょい待って。

何?   そこに かたく絞った熱い布巾を
置いてありますから。

これ~?  型をそのまま のせて下さい。
温めて。

温める~?
型から きれいに出せますから。

へえ~
温まってます 確かに。

あっ きたきた きたきた。
きてる きてる。   わ~ ほら ほら。

ほい!
ほい~ きた~。

はい~っ!

粉砂糖 ふってみますか?

チーズケーキらしさも見えたいから
ちょっと まばらに。

うん。
はい で?

1人分を…。  カットしていきますか?
はい カットして下さい。

これはね おいしいですよ 絶対に。
わ~ もう 断面 見て!

うわ~。             いい感じ。
色も いい感じに できましたね。

盛り方は ちょっと
いろいろ考えてほしいですけど。

これにコンポートをね。
コンポートいくでしょう。

ほら かまど!
かなりのセンス? アーティスティックな。

でしょう?  そこに 何か ハンバーグでも
置きたくなるんだけど。

余白の使い方っていうのがね。
キャベツの千切りとか

置きたくなるんだけど。
いや 駄目駄目駄目。    ウッフフフフ。

定食みたいになっちゃうから。

これ 姉ちゃんもね 喜んでくれると…。

(チャイム)
あっ! 姉ちゃん 帰ってきた。

姉ちゃん お帰り!
お帰りなさ~い! できたよ~ん。

チーズケーキ作ったよ。
これ食べて頑張って。

黒砂糖のコクと
りんごジュースの爽やかさが

絶妙なバランスのチーズケーキ。

りんごのコンポートと一緒に食べれば

優しい甘みが
口いっぱいに広がります。

生地に忍ばせた くるみが
食感のアクセント。

何だか 力が湧いてきそう。

黒砂糖のチーズケーキ 召し上がれ。

今日は 久しぶりにチーズケーキを
焼いてくれるという有森さん。

こちらは 有森さんと
30年のつきあいになる 大塚由美子さん。

選手時代は 練習のパートナーとして

また 食生活の面からも
有森さんを支えてきました。

今も マネージャーとして
なくてはならない存在です。

手 洗いました?
洗った。 洗ってない!

あ~ ちょっと 粒が大きい感じ?
まあ いいか。

これで OK。
で 冷蔵庫で冷やして。       はい。

ケーキだから
砂糖は たっぷり入れますよね。

すげ~。

有森さん 分量どおり入れるのには
ちょっと抵抗が…。

だいぶ 減らすとか…。
これ 恐ろしくて 普通に。

選手時代は 砂糖を控えていたので
戸惑ってしまうんですね。

さあ いよいよ オーブンへ。

有森さんは 焼き上がるのを
じっくり眺めるのが楽しみとか。

(有森)じ~っとのぞいて
様子が分かるぐらいに じ~っと見て

一歩も動かない感じ…。

でも 焦がしたりは
あんまりしたことないですね。

アスリート仲間の誕生日に
ケーキを焼いたこともありました。

それは もちろん チーズケーキ。

苦しい練習の合間に ホッとする時間を
お裾分けしたかったのだそう。

さて 久々に作ったチーズケーキ
お味は どうでしょう?

頂きま~す。
頂きま~す。

おいしい。
おいしい。

ちょっと かたさが違う。

まあ あの もうちょっと冷やせばね。

その 無表情で言うの やめてよ。
アハハハハ。

現役の頃も 練習の合間に
やっぱり カフェに行って…。  そうだね。

何か いろいろ甘いもの食べたり
コーヒー飲んだりとかしてたから。

その時やっぱり チーズケーキあればね
コーヒーと一緒に。

まあ ストレス…。
気分転換。           そう 気分転換かな。

つらく厳しいトレーニングの日々。

そして つかんだ栄光。

チーズケーキは
有森さんの競技生活の

まさに 伴走者だったんですね。

今日の「グレーテルのかまど」
いかがでしたか?

トップランナーとして
走り続けてきた有森さん。

チーズケーキを前に見せる笑顔が
とても印象的でした。

スイーツをちょこっと楽しむ時間
大切ですよね。

それでは また このキッチンで
お目にかかりましょう。

では ちょっと失礼して…。

よし 頂きま~す。
どうぞ~。

いや~ もう これ楽しみだね かまど!
本当よ~。

じゃあ まず チーズケーキだけで
いってみようかな。  上手にできたね。

あ~ すごく こう
甘みもあるし酸味もあるしね

りんごの風味もします。
ほう~ いい感じでしょう?

あと 食感ね。 ちょっと
コンポートと一緒に食べてみるわ。

こだわりましたから 食感。

うんうん うんうん コンポート
めちゃくちゃ合いますね これ。

合いますよ。      うん。
おいしそう!

有森さんにとってさ
チーズケーキだったようにさ

これがあると頑張れるっていうもの

かまど ある?
チョコレート。 ヘンゼルはどうですか?

僕は これがあると頑張れるというか

自分のためだけに
あんまり頑張れないからね

だから 今回も姉ちゃんのためにとかさ。

もう一人 もう一つ。
もう一まどっていうの?

あっ! フクロウさんだ。
フクロウさんのため!

いや かまどのためでしょ!
えっ?   ちゃんちゃん。

何事も
前向きに取り組む少女…


関連記事