偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」 関根勤、カンニング竹山、森泉、大竹直子、植田美津恵…



出典:『偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」[字]


関ヶ原での敗戦で「島流し」となった戦国武将・宇喜多秀家。厳しい環境の八丈島で驚異の84歳という長寿をまっとうすることができたワケとは?秀家の健康の秘密を探る。


詳細情報

番組内容

戦国の貴公子と言われる宇喜多秀家。秀吉のちょう愛を一身に受け、出世街道をひた走った秀家だったが、関ヶ原の戦いでの敗戦で一転、八丈島へ島流しに!そこで84歳という当時としては驚異的長寿をまっとうした。秀家の健康と長生きの秘密を現代医学の目で探ると、「コスプレ」と「笑い」というキーワードが浮かび上がってきた。波乱万丈の前半生と厳しい環境での長すぎる老後。「人生を2度生きた男」の健康長寿の秘密に迫る。

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,森泉,大竹直子,植田美津恵,【司会】渡邊あゆみ





『偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」
  1. 秀家
  2. 秀吉
  3. 関根
  4. ストレス
  5. 八丈島
  6. 環境
  7. 変化
  8. コスプレ
  9. 長寿
  10. 島民


『偉人たちの健康診断「戦国武将・宇喜多秀家 長寿の秘密は島流し!?」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

全国の有力武将が 東西に分かれ激突した
天下分け目の…

東軍を率いた徳川家康の勝利で
幕を閉じた この戦いですが

その後の武将たちの人生を見てみると…。

戦いの2年後には 小早川秀秋が死去。

その8年後には 本多忠勝。

更に天下を取った家康も この世を去り…。

その後も 黒田長政 毛利輝元など
名だたる武将たちが次々と亡くなる中

最後まで生き残ったのが

今回の主人公 宇喜多秀家です。

秀吉の寵愛を受け
出世街道をひた走る

エリート武将だった秀家。

しかし 関ヶ原の敗戦で一転…

「鳥も通わぬ島」と
言われた

絶海の孤島 八丈島。

厳しい環境での第二の人生。

秀家は なぜ この島で…

その秘密を探るため 今も島に伝わる
秀家の暮らしぶりを徹底調査。

「禿あたま」と書いてあるでしょ。
ふざけた句ですよね。

そして
若き秀家が はまったのが…

ストレス解消は
もちろん…

なんと「長寿」にも効果が期待できるという
コスプレ健康法とは一体?

♬~

健康のヒントは歴史にあり!

♬~

皆様 こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

今日ご一緒して頂くのは こちらの方々。
どうぞよろしくお願いいたします。

(一同)よろしくお願いします。

さあ 森 泉さん 初めての
ご参加ですけれども。    はい そうです。

もう出産もされて 今 夜泣きとかで
寝不足なんじゃないですか?

それがね すっごい よく寝るの。
しかも早く寝る。 もう10時には寝てる。

(大竹)いいことだ いいことだ。
健康的ですね。

さて 歴史面から解説して頂くのは

漫画家の大竹直子さんです。

史料をもとに かなり詳細な宇喜多家の
漫画を描いてらっしゃる方で

何でも お聞きになって下さい。

そして 医学・健康面からは
植田美津恵さんです。

どうぞよろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

さあ 本日 健康診断いたしますのは
こちらの方です。

(関根)あらら ハンサム。

なかなか ちょっとイケメンな
宇喜多秀家ですね。

皆さん どんなイメージを
持ってらっしゃいます?

今日 初めて知りました。
ですよね。

そういう方も いらっしゃいますよ
当然ね。

何だろう 昔の人っていう感じですね。
タイプとしては どうですか?

でも何か センスはありそう。
真っ黒い着物で。

竹山さんは?

秀吉の下で 何ていうかな ず~っと
幼少の頃から かわいがられてというか

ず~っと こう 私立の中学校行って
高校行ってみたいな。

ぬくぬくと育ったのかな。
そういう 勝手なイメージがあります。

大竹さん どんな人なんでしょうか。

宇喜多秀家は 岡山 備前領主の宇喜多直家
という人の嫡男に生まれまして

父 直家が
10歳の時に亡くなってしまいまして

そのあと 秀吉のところに
養子に行きまして

そのまま 順調な運命をたどっていくかと
思いきや

関ヶ原の時に家康に負けてしまって
八丈島に島流しになってしまうという

ちょっと かわいそうな人ではあります。
はあ~。

劇的な人生ですよね。
(関根)ねえ。

ところが この人ですね
実は 84歳という

当時としての
大変な長寿を全うされた方で。

当時ね 人生50年って
いわれてましたからね。
そうですよ。

早速 健康診断していきましょう。

お目々ぱっちりの その容姿。

「戦国の貴公子」とも呼ばれる武将
宇喜多秀家の人生は

数々の幸運と トントン拍子の出世に
恵まれた まさにラッキーボーイ。

現在の岡山県
備前国に生まれた秀家。

僅か10歳で 父 直家が死去。

幼くして 57万石といわれる大国を
治めることになった秀家。

不安で いっぱいだったことでしょう。

そんな秀家に…

後の天下人
秀吉との出会いです。

父の代から 宇喜多家とは
友好関係にあった秀吉にとって

宇喜多の備前の領地は
中国地方を平定するために重要な場所。

秀家を 自分の手の内に
収めておきたいという思いが

強くありました。

そのため 秀家の後見役を
引き受けることにした秀吉。

子宝にも恵まれなかった秀吉は 秀家を
我が子のように かわいがりました。

元服の年には
自分の名前から一字とり

「秀」の字を与えるほどの
寵愛ぶり。

更に 自らの養女 豪姫を
秀家の正室として嫁がせ

秀吉と秀家は…

そんな秀吉との関係を象徴するのが
岡山城の瓦です。

そこに彫り込まれた 「金の紋章」。

これ 宇喜多家のものではありません。

秀吉の家紋として有名な 「桐の紋」です。

秀家を溺愛した秀吉は
豊臣家の家紋を使うことまで許し

秀家も その関係を誇示するかのように
桐の紋をずらりと並べたのです。

秀吉という強力な後ろ盾を得た
秀家を待っていたのは

信じられないほどの出世街道でした。

1587年 秀家16歳の時には…。

秀家に 貴族の位を!

秀吉の後押しにより 従三位という
上級貴族並みの位を与えられた秀家。

1592年 朝鮮に攻め込んだ文禄の役では…。

大将は 秀家にやらせい!

21歳にして
総大将を任されることに。

更に高齢になった秀吉は 自分を支え
政務を統括する役職 五大老にも…。

秀家に やらせればよかろう!

…と 27歳の秀家を
メンバーに選びます。

彼自身としても 望んで
五大老のような地位に

就いたのかといわれると
多分 違うんですね。

ちょうど 1590年代に入る頃から…

秀吉は実の子 鶴丸や
陰で政務を支えてきた弟 秀長など

近い親族が亡くなったことで頼れる身内が
娘婿の秀家だけになっていたのです。

はたから見れば
トントン拍子に出世を果たす幸運な秀家。

しかし 当の秀家にとっては

この幸運な人生も 決して
良いことばかりではなかったようです。

大将を務めた文禄の役では…

中でも 勇猛果敢で
知られた加藤清正と

犬猿の仲の小西行長は

武功を争い
けんかまでする始末。

一番乗りは わしじゃ!

いいや わしの方が先じゃ!

お お おやめ下され ご両人…。

秀家にとって 頭の痛い日々が続きました。

そして五大老も 他のメンバーたちは
虎視眈々と秀吉の跡目を狙い

一触即発の緊張状態。

更に 前田利家が61歳

最も若い上杉景勝は
44歳と

皆 経験豊かな重鎮たち。

例えるならば
40代から60代の重役の中に

社長の娘婿が 20代にして

一人 入れられるようなもの。

秀家自身が五大老 つまり政権の
幹部として いくら努力をしたとしても

やはり 経験不足の面があり…

ラッキーな出世人生も 裏返してみると…

日々 プレッシャーに
さらされていたと考えられます。

そんな重圧から逃れるように 秀家は
「趣味の世界」に のめり込んでいきます。

和歌やお茶 鷹狩りなどなど
当時の武将たちが たしなんだ趣味。

中でも 秀家が特に
のめり込んでいったのが「能」です。

その入れ込みぶりは 時に
常軌を逸していると言ってもいいほど。

慶長4年には
4月に3回

5月に4回
7月に2回と

かなりの頻度で
自宅で能の会を開催。

更には 4日にわたる 巨大能イベントまで
主催することもありました。

確かに 趣味に打ち込むことは
ストレス解消には いいことですよね。

特に 秀家の場合

ストレス軽減に 極めて効果的だと
考えられることをしていました。

先ほどの演目帳を見ると
秀家は 自ら能舞台に立ち

さまざまな役を演じていたことが
分かります。

秀家が演じたのは 老婆に遊女 幽霊と

バラエティーに富んだ
さまざまなキャラクター。

更には 唐の玄宗皇帝の妃で

絶世の美女と言われる楊貴妃や

「源氏物語」のはかない美女 夕顔を
演じていたとも言われています。

美しい衣装に身を包み
物語のキャラクターになりきる。

そう これ
現代で言えば まさにコスプレ!

そして このコスプレこそが
秀家のストレス軽減に

大いに役立っていたのではないかと
専門家は言います。

コスプレというのは
理想のキャラクターというものがあって

それになることによって
今の自分ではない自分になると。

今の自分とは 別のキャラクターに
なりきることができる コスプレ。

そこには 心理学の世界で言われる

「ペルソナ」が大きく関わっています。

「仮面」を意味する ペルソナとは

人が持つ さまざまなキャラクターのこと。

例えば…

このように 人は その場に合わせ
仮面 ペルソナを使い分けることで

社会に適応しています。

しかし この…

会社では やる気のあるキャラクターで
いなければならない

学校では いい子のキャラクターを
演じなければならないなど…

このように 「人から期待された
キャラクターを演じる」ことは

「キャラ付け」などと呼ばれ

近年 コミュニケーション上の
大きな問題として注目されています。

筑波大学で こんな調査が行われました。

大学生を対象に…

尋ねたところ…。

…などの理由で 学生の…

そこで コスプレなどで ふだんの自分が
期待されているキャラクターとは違う

さまざまなペルソナを
意識的に演じることで

ペルソナの固定化が解消され ストレスを
軽減することにつながるのです。

「秀吉に守られた娘婿」というペルソナに
固定化されていた秀家。

しかし 楊貴妃や 「源氏物語」の夕顔など
今の自分とは 全く別の人格に

まさに 「ペルソナ」である能面をかぶって
なりきることが

ストレス解消に役立っていた可能性が
あります。

更に このコスプレ効果
ストレス解消だけでなく

なんと 長寿にもつながるといいます。

健康寿命の平均値 全国2位という
長寿の県 静岡。

その県内でも 男性2位 女性3位と
長寿を誇るのが この…

町の高齢者を訪ねてみると…。

な なんだか 皆さん ノリノリですが…

これ バブル時代のディスコの
コスプレなんだそうです。

ここ川根本町では 10年前から
町の高齢者福祉課主催の

コスプレイベントが
定期的に行われています。

そして このコスプレが持つ「ある効果」が
長寿に関係しているようなのです。

コスプレなどで
皆で同じ衣装を着ることが

連帯感や一体感を高め

孤立を防ぐことができるというものです。

近年 「高齢者の孤立」が

医学的にも 深刻な影響を与えることが
明らかになってきています。

シカゴ大学の研究によると
社会的に孤立した高齢者は

通常に比べ 免疫力を下げる「CTRA」という
遺伝子群が

活発化することが分かりました。

つまり…

ユニフォーム効果により
連帯感を高めることができる…

自ら能舞台に立ち さまざまな役柄を
演じる場を持つことができた秀家。

こうして秀家は 秀吉の大きすぎる期待に
応え続けながら

出世街道をひた走っていったのです。

(関根)はあ~…。
いかがでした?

本人は つらかったと思いますよ。
あんな早くね。

出世しすぎ。
(関根)ええ。

で 自分の実力と
追いつかないじゃないですか 地位が。

だから 能に逃げたっていうのはね
アイデアマンですよね。

でも 分かる気がする。 今日も ちょっと
こう テンション上がんない?

ああ この服で?
そう。

あっ なるほど コスプレ。

(森)何か みんなで これ着ると
仲良くなれそうな気がする。

(大竹)ああ ユニフォーム効果。

でも 秀吉という
最大のバックアップがあって

押し上げられてきて やっぱり
プレッシャーだったんでしょうかね。

秀家は
秀吉が一番 かわいがっていた

前田利家の四女の豪姫をめとるんですが
豪姫には 「三国一の婿をあげる」と

秀吉が約束して それで白羽の矢が
立ったのが 秀家だったんですよね。

(一同)へえ~。

それほど 秀家は将来を嘱望されていた
というところなんですけれども

それにしたって 27歳で ああいう重鎮の
おじさまたちに囲まれて

プレッシャーは相当なものだったと
思います。           (関根)そうですよ。

例えば この秀家の場合だと
そうしたペルソナ

つまり仮面という そのキャラクターが
固定したものが来て 困ったと。

竹山さんの場合には
その キレキャラっていうのが一つの。

ご本人はね とてもいい方じゃないですか。
(関根)はいはい。

そんな すぐ怒ったり
不条理になるような方じゃないんだけど。

あんまり言わないでほしいですけどね。
ペラペラとね。

キレキャラ 要求されること…。
今でこそ だいぶ なくなりましたけど

テレビ出してもらった当初とかは
もう毎日毎日 それですから。

ただただ キレるっていう。

ひどい時 1日9本ぐらい
テレビ番組あるんですよ。
(関根)ああ。

途中で乱入するんですよね。
「何で 俺 出さないんだよ!」っていう。

それで 帰れ 帰れって言われて
帰るだけの仕事とか。

それが やっぱりストレスじゃないけど
やりようがなくて困りましたよね。

この秀家の場合だと 能を演じると
能衣装を着たりすることだけでも

あえて言うなら コスプレとも
言えますよね。     (植田)そうですよね。

これって 医学的
あるいは健康面での効果って?

分かりやすく言えば 非日常に身を置く
ということなんですよね。

日常から ちょっと離れる一つの方法で。
はい。

しかも ああいった 実際のアニメとか
キャラクターになるというのは

外見だけじゃなくって
その人物にも なりえる。

その背景にある物語の中の自分
ということになるので

とってもストレスの解消になると
思います。               (一同)ああ~。

僕 昔「ダーティーハリー」っていう
映画をね

クリント・イーストウッドが
鬼刑事をやってる。 もう抜群に好きで。

劇中で着ている ジャケットと
パンツを購入しまして。

(笑い)

そうするとね いつも暗い道でね 角から
何か出てくるんじゃないかなっていう

いつも不安で帰ってたのが
「出てこい」って感じなの。

俺は今 ハリーだから 来いよ。

同じ効果かもしれないですね
そういうのってね。
そう!

(大竹)同じような効果ってことですか。
それも もちろん そうですよね。

しかも秀家の場合 能ですから
みんなに見てもらう。         あ~。

(植田)コスプレの場合は 写真撮ったり
インスタにのせたりということで

余計に精神的な安定とか 脳内ホルモンが
活発化するってことにつながるんですね。

なるほどね。
(森)あの ハロウィーンとかも。

ハロウィーン そうだ。
ハロウィーンが。

だから あんなに渋谷が
盛り上がるんじゃないですか 毎年。

そうですよね。
近代社会は ストレスだから。

でも 全部ね 全身 着替えるって
なかなか できないんですけれども

ちょっとこう 似たようなコスプレ効果を
得る方法ってないでしょうか?

女性の場合だったら メークを変えるとか
ウイッグをかぶってみるとか。

あと男性だと どうしても似たような
感じの背広とか服になっちゃうので

とりあえず ネクタイだけは
他の人に選んでもらうというのは

すごい効果があると思います。
(関根)なるほどね。

ちょっとした装いの変化が 心理面に
良い影響を及ぼすことをあらわす

こんな実験があります。

すると マニキュアをする前に比べ

マニキュア使用後は 不安や落ち込み

疲労などの度合いが下がったのです。

手軽に実感できる コスプレ効果。

皆さんも 試してみては いかがですか?

さあ この秀家なんですけれども
その後ですね

義父である秀吉が亡くなったことによって
人生 大きく変わってしまいます。

秀吉の庇護のもと
異例の出世を遂げていった宇喜多秀家。

しかし その人生に大きな転機が訪れます。

きっかけとなったのは
秀吉の死でした。

秀家の権力を支え 父親のような
存在でもあった秀吉との死別。

その悲しみも冷めやらぬ 1600年。

秀吉亡きあとの覇権をめぐり 武将たちは
東西に分かれ 戦いを始めます。

かかれ~!

秀家は…

しかし 僅か1日で西軍は敗北。

家康に刃向かった秀家を待っていたのは
過酷な運命でした。

愛する妻 豪姫とも引き離され

二人の息子と共に
島流しとなってしまいます。

江戸から南へ
およそ300キロ。 八丈島。

「鳥も通わぬ島」と
言われた八丈。

黒潮の流れに
遮られ

当時は 本土との交流も
ほとんどなく

まさに絶海の孤島でした。

ここに 秀家は
流されることになったのです。

いまだ手付かずの うっそうとした
亜熱帯のジャングルに覆われた島。

台風の被害も大きく 凶作に陥り

島民たちが飢餓に襲われることも
度々でした。

しかも 秀家が流された その前年には
島にある八丈富士が噴火。

農作物にも大きな被害を与え

そこで生き抜くことすら
難しい状況になっていました。

それまで 秀吉の庇護のもと
権力の中枢で 能や和歌に興じ

華やかな暮らしを送っていた秀家。

それが一転…。

領地も失い 妻とも離れ
何のゆかりもない島へ流される。

あまりにも大きな
環境の変化でした。

こちらは うつ病などの気分障害による

受診数の推移です。

年間で最も多いのが 6月。

実は今 「5月病」ならぬ「6月病」が

大きな問題になっています。

4月に 入社や入学など

劇的な環境の変化を体験したことに加え

梅雨入りで気候も変わることで
環境の変化に順応できなくなり

6月に 気分や体調の不良を訴える人が
多くなるのです。

…など メンタル面の不調。

…などの症状が
引き起こされるといいます。

なぜ環境の変化が このような症状の
原因となるのでしょうか?

新しい環境とか 新しい人間関係とか
新しい職場っていうと

皆さん 緊張しますよね?

交感神経とは 人間が活動する際
無意識に血圧を上げたり

瞳孔を開いたりして
体を活発に動くための状態にする神経。

慣れない環境で緊張や警戒が続くと…

常に 体が活発で
休まらない状態が続くことで

いくら 新天地で頑張ろうという
意欲があっても…

そのことが
さまざまな症状として現れるのです。

こうした急激な環境の変化に対応するには
一体 どうすればいいのでしょうか?

いきなり 立て続けに大きな変化を
ボンボンボンって起こすんじゃなくて

まずは 例えば 引っ越しと就職と
いっぺんにやるんじゃなくて

先に引っ越ししておいて 環境に
慣れてから新しい職場に移るですとか

そういうふうに…

徐々に環境を変えることで
体への負担を減らすことができる。

では 秀家の場合は
どうだったのでしょう?

記録によれば
秀家が下田を出港したのは 4月。

江戸と八丈島の間に位置する島
新島に その手がかりがありました。

島内にある…

納められていたのは 秀家直筆の掛け軸。

島の地役人を務めていた前田さんの先祖が
贈られたものだといいます。

(前田)その間の数か月は 新島の地役人の
前田家で世話になったということで

お礼として 書き残したと
伝えられています。

秀家は
いきなり八丈島に流されたのではなく

途中の新島に立ち寄っていたのです。

航海技術が未発達だった この時代

八丈島へ行くためには
途中の島々に立ち寄り

風向きや 潮の流れなどがよくなるのを
待たなければなりませんでした。

秀家も 八丈島にたどりつくまでに

これらの島々に滞在していました。

そして 4か月にも及ぶ
島々での暮らしにより

過酷な環境に
徐々に慣れていったようなのです。

例えば 島の気候。

現在でも東京と比べ
平均気温が およそ2℃高く

降水量は3倍という八丈島。

しかし そこに いきなり行くのではなく

ちょうど 東京と八丈島の間の気候の

新島に滞在し 徐々に南下したことで

少しずつ
体が適応していったと考えられます。

そして 初めて食べる
島の食べ物。 例えば…

その特徴は 何といっても強烈な匂い!

な なんじゃ この匂いは…。

しかし 好き嫌いを言っている場合では
ありません。

新鮮な魚が取れない時期は 保存食である
くさやしか 食べるものはありません。

しぶしぶながら 食べてるうちに…。

うん なかなか うまいのう。

と慣れていったのかも…。

こうして 気候や食べ物に
徐々に体が慣れていったことで…

新島での滞在中 秀家は
度々 前田さんの先祖の家に顔を出し

食事を共にしたといいます。

ここで風待ちして
地役人とも交流ができて…

…という気持ちがあったと
思いますね。

島流しという過酷な運命を
新たな人生として受け入れた秀家。

こうしたことで 気持ちもポジティブに
変化していったようなのです。

新島の隣 式根島には

秀家について こんな
エピソードが伝わっています。

「物見処という山がある。

宇喜多秀家が
この山で物見をした」。

島民が 潮の流れを見るために
その名が付いた 「物見処の山」。

秀家は この山に わざわざ登り

物見遊山をするほどまでに
心に余裕を取り戻していたようです。

おお 絶景じゃ!

更に この物見処の山
すぐ下は湾になり

天然のビーチが広がっています。

覚悟を決めた秀家には
さぞ美しい風景に見えたことでしょう。

そして 式根島の険しい断崖の先には
思わぬものが待っていました。

火山活動が盛んで
今も温泉の島として知られる式根島。

湧き出る泉質は 硫化鉄泉。

別名「内科の湯」とも
呼ばれる温泉です。

(秀家)はあ~ 気持ちいい…。

流刑の身にもかかわらず
どうやらリラックスしていた様子の秀家。

気持ちが変化したことで
島の美しいところや

良いところにも
気付くようになったのでしょう。

こうして時間をかけ 過酷な環境や
島特有の食事に徐々に慣れ

島流しの運命を
受け入れるまでになった秀家。

秀家は ついに流刑地
八丈島に着きます。

八丈島 大賀郷地区。

ここの松が植わってるところが
住居跡地だというふうに

伝えられております。

秀家が 2人の息子と暮らした
住居の跡地です。

それから ここの石の下に
秀家が 畑に水を引くために

この水路をつくったというふうに
言われてますね。

住居跡は 右側なんですけど
ここは畑ですから。

それまで 武将として出世街道をひた走り
華やかな生活を送っていた秀家が

4か月の島での生活により
自ら畑を耕し 水を引き

作物を作るまでになっていました。

秀家 この時35歳。

はぁ~。

35歳だから。 50年でしょ
八丈の方が長いってことですよ 人生。

う~ん… 難しいな これは。

まだね 30代で これからっていう時に
ねえ?

(関根)でも プレッシャーからは
解放されますよね。
確かにね。

武将としては
区切りつくんじゃないですかね。

しかし その島流しっていう扱いは
どういう… なんでしょうね。

それまでの 西軍の主力の武将とかは

みんな首を斬られたり 斬首したり

切腹という処分を受けてるんですが

秀家も 西軍の主力勢力でしたので

本来だったら
斬首になるはずだったんですが

ところが 秀家の妻の実家が
前田家という 大きいうちの。

加賀の前田家。
加賀の前田家で そこからの嘆願で

命だけは助けてくれっていう嘆願が
行ったんです。

それで江戸時代になりまして
八丈島は 徳川の管轄になりまして

流刑の地になったんですね。

その流刑の地になった時の
島流しという1号の流人が 宇喜多秀家。

あっ 彼の前にはいないんですか?
(大竹)そうなんです。

流人は。
(大竹)そうなんです。

やはり 八丈島っていうのは
絶海の孤島で

今までが セレブな生活をしていたので
厳しい刑だったのかもしれないです。

ああ~ 環境の変化ね。
そうですね。

でも この環境の変化なんですけど
植田先生

これは やっぱりストレスになりますよね。
大きいですよね。

だからこそ 5月病とか
6月病とかっていう方が

非常に増えてると思いますし
何が いけないかっていうと

自分は ストレスたまっていないといって
頑張りすぎちゃうっていうのが

更に よくないんでしょうね。

ストレスの原因となる環境の変化。

ここで どのような変化が
どれだけストレスを与えるのかを

チェックしてみましょう。

用意したのは
「ストレスマグニチュード」という指標。

さまざまな変化に対する
ストレスの度合いを

100点満点で表したもので

数字が大きいほど
ストレスが強いということになります。

例えばですね
宇喜多秀家に限って言うならば

転職 左遷 収入減少っていう
今流に言えば。

(関根)トリプル!
ねえ?

そうするとですね
マックス この83点というのは

例えば 何だと思います?
(関根)これは 離婚でしょ。

(森)あ~!
どうです?

やっぱり恋愛関係。 失恋。
恋愛関係 失恋ね。

(関根)離婚じゃないんじゃない?

(竹山)ああ 「死」ね。
(関根)「配偶者の死」か!

(竹山)秀家 同じようなことですよね
亡くなってはないけど。

電話も何もないわけだから。
そう 離れちゃうわけだから。

一生 会えないってことでしょ?
そうですよね。

それから ここなんですけれども 40点台。

これって 森さんに
ちょっと関係ありますね。

えっ 関係あります? 何だろう?
特に今年は。

結婚!
フフフッ。

入れてみましょうか これをね
見てみますとね。

(森)ああ~ 高いね。
(竹山)結婚 ストレスなの?

もう一つあるんですよ。
(森)何? ああ~。

(竹山)ああ 出産?
(関根)ああ~。

これって 植田先生 どういうことですか?

楽しいんですけれども
プレッシャーは やっぱり ありますよね。

(関根)あります。 確かにあります。
結婚して

生活が がらっと変わるわけですから

他人と暮らさなきゃいけないっていうのは
楽しくて うれしいんだけれども 疲れる。

やっぱり 1人の方が
気が楽だわとかっていう思いもあるし

新しい家族が増えるのも
楽しくて うれしいんだけれども 大変。

森さんは今年 両方経験されて
いかがなものでしょう。

いや 私 全然 気分的には
ストレス感じてる感じはしないんだけど。

さあ それでですね ここでまあ
仕事のこと 出てきましたよね。

ちょうど同じぐらいのところで
これも ちょっと仕事がらみなんですよ。

(関根)仕事がらみ? ん~?

あっ あれだ。 上司・部下。

(森)あ~!
あ~ 上下関係。

これはですね…。

(関根 森 竹山)ああ~!
(竹山)そういうことか。

これ 昇進も昇格も おめでとうございます
って言われることですよね。

責任が すごく大きくなっちゃって
自分にできるんだろうか。

でも 頑張らなきゃいけない。

この はざまの中で
すごい葛藤と緊張が生まれますから

ストレスですね 大きな。
(関根 竹山)そうか~。

確かに こう見ると
私たちの日常生活の中っていうのは

うれしそうなことでも
実は ストレスになってるし。

(関根)ありますね。
(森)ほんとだ。

さあ 八丈島で
いよいよ 秀家の流人生活が始まります。

宇喜多秀家が流された地…

今も 島の至る所に
美しい大自然が広がる八丈島。

古くからの町並みも残り
観光地としても知られています。

しかし 秀家が流された頃は

そこで生きていくには
非常に過酷な場所でした。

当時 島民は およそ1, 000人。

医者もおらず
ひとたび 天然痘などが持ち込まれれば

壊滅的な被害を受けることもありました。

島民たちは お互い助け合い

肩を寄せ合うように
細々と暮らしていました。

結局 そうでなきゃ
生きていけないんですよね。

ほんと 隔絶された社会で
みんなが助け合わないと

外から援助なんて
基本的に来ないわけですから。

ところが 八丈島の様子を記した

江戸時代の史料
「伊豆日記」には

こんな記述が。

なんと 八丈島は
過酷な環境にもかかわらず

80代90代の高齢者は珍しくない

長寿の島だったというのです。

確かに 秀家も この八丈島で

84歳という 当時としては
驚きの長寿を全うしています。

「伊豆日記」には その手がかりとなる
記述が残されていました。

質素ながら 体にいい食材を使った
料理を食べ 穏やかに暮らす。

それが
島の長寿を支えていたというのです。

確かに
島の食事は健康的です。

悪玉コレステロールの
減少や

高血圧の予防などが
期待できる

DHAを含んだ新鮮な魚。

各種のビタミンやカルシウム
鉄分を含み

食物繊維も たっぷり
とることができる海藻。

そして特に 体にいいと言われるのが
島に自生する あしたば。

「長寿草」とも呼ばれる
このセリ科の植物は

カルコンという
ポリフェノールの一種を含んでいます。

また 脂肪燃焼にも優れ
肥満や糖尿病など

生活習慣病の予防にも
効果が期待できると

近年 注目されています。

この 体にいい あしたばは
今も島民たちに愛される食材。

さまざまな形で
一年中 食べられています。

こうした島の食事が 島民や秀家の長寿を
支えた要因の一つと言えそうです。

しかし 秀家の長寿の秘密は
それだけではありませんでした。

島内にある宇喜多家の菩提寺 宗福寺に

その証しとなるものが残されていました。

秀家の詠んだ和歌です。

(源)…と
こう書いてございます。

「禿あたま」と書いてあるでしょう?

はっきり言って ふざけた句ですよね。

座るなり
この歌を詠んだといいますからね。

住職の頭を からかうかのような和歌。

島に来る前は ストレスまみれの
生活をしていた秀家が

ここでは 冗談を言い合い

楽しく笑っていたようなのです。

そして この「人と会話し笑う」ことにも

長寿の秘密があるといいます。

2012年 下方教授は
ある有名な長寿の人物の研究を行い

「笑いのある会話」が
長寿につながることを実証しました。

国民的人気者だった双子
きんさん ぎんさん。

せいぜい 長生きして下さいよ~!

そのぎんさんの4人の娘。

当時 合わせて
372歳という

ご長寿姉妹です!

下方さんは 姉妹が会話をする時の
脳内の血流を測定しました。

はじめまして 城山といいます。

まずは…

朝晩 寒くなりましたけど…。
そうですねえ。

何か 体に気をつけてみえるようなことは
ありますでしょうか?

まあ 風邪をひかんようにと思ってね
気をつけております。

よくある 普通の世間話です。

この時 血流は
ほとんど変化していませんでした。

続いて…

やりなさい 最敬礼を。

(笑い声)

楽しそうに笑いながら 話しています。

すると 血流が大幅に増えたのです。

ぎんさんの娘さんたちが
4人で おしゃべりを始めると

脳の血流が
ものすごく ウワーッと増えるんです。

絶えず 笑いがある。
何か言ったら 何か返してくれる。

それが すっごく面白いことなんですよね。

下方さんが注目したのは…

前頭葉は 人間らしい判断力や理性
意欲などをつかさどる場所。

前頭前野の萎縮を抑えることができる
ということ自体も…

…という可能性があるんです。

島民と笑い合い
前頭葉を衰えさせなかったことが

長寿をもたらした可能性がある秀家。

八丈島の暮らしの中で
秀家は ある決意をします。

それは 以前の華やかな教養人としての
生活から きっぱり離れ

一人の島民として 島に暮らすことでした。

そして そのことが

あの「ハゲあたま」と詠んだ和歌に
現れているといいます。

秀家はですね
この句を詠むことによって…

(源)この句を見て 秀家は

教養人で
才能ある人物だとは

誰も思わないと思いますよ。

普通に生きるというのは
非常に難しいと思いますけれども…

その後の秀家は 島民に文字を教え

そのお礼に 農作物をもらっていた
という話も 島には伝わっています。

きれいに書いてますなあ。
そうですか?

こうして 島暮らしを始めて50年…。

1655年 秀家は 84歳で この世を去ります。

この時 既に 関ヶ原を戦った武将たちは
誰一人 生き残っていませんでした。

戦いには敗れたものの
島で 豊かな第二の人生を過ごした秀家。

人生の勝者は
秀家だったのかもしれません。

すてきな人だなと思いました。

ふざけた和歌を詠んでね
僕はもう こういう感じで生きますよと。

以前のプライドなんか 全部捨てますと。

そういうのは
やっぱり かっこいいですよね。

特にですね 今
リタイアを迎えた男性の方々というのは

ものすごく葛藤があるみたいですね
サラリーマンの方って。

なかなか その環境の変化を
受け入れられなくって

でも 見てたら秀家さんは
そこのとこの割り切りも すばらしいし

今の日本人の男性の方々に
学んでほしいなと思いますね。

なかなか この切り替えが…。 ただ
笑うっていうのは いいみたいですね。

じゃあ 長生きするんじゃない? 2人。
(植田)そうですね。

あ~ そういう意味ではね。
よく笑う方ですよね。

そう。 笑ってる。   多分 生きてる中でね。
そう。

森さんも いつも 何か笑顔ですよね。
お仕事上も。

そう。 だから妊娠してる時も
いつも笑ってたの。

(関根)胎教にいいと思う。
だから うん ねっ そういう意味でも

すごい 何か
ハッピーな子になるかなと思って。

こういう 秀家みたいな人が
すごい人 来ちゃって

島の人にとっては
どうだったんでしょうね。

外から来る人っていうのは
非常に 島の人にとっては貴重で

歓迎されたと思います。

特に秀家は 教養人でもあって

それで やはり外見も
肖像画にもありますように

美男子だったんで
島の娘たちが 100人 見に来たっていう。

急に アイドルがね 島に来ちゃった。

降り立っちゃったんですね。
(関根)そうか。

そういう言い伝えがあるほど
人気がありまして。

島民の人から愛されて
仲良く暮らしていて

晩年に 秀家が亡くなる直前も 秀家が
お友達のとこに会いに行く途中で

亡くなったっていう話なんです。
(関根)そうなんですか。

今日は 宇喜多秀家という人の人生を

健康診断してまいりましたんですけれども
いかがでしたでしょうか。

35まで 激動の武将じゃないですか。

で 穏やかな島民として約50年
第2ステージ。

理想的ですね。
なかなか 両方できないからね。

何か ピンチを
チャンスに変えちゃうっていう人ほど

人生を うまく生きられるんだなって
今日 思って

それを ちょっと心掛けて 私も
これから生活しようって思いましたね。

やっぱ 今 現代人にとって
一番 必要な生き方だと思うんだけど

なのに こんなに 何で
メジャーじゃないって言ったら失礼だけど

この生き方を もうちょっと
学ばなきゃいけないなと思いますよね。

ここから 自分も考えた時

「おい 今から まだ島あるな」っていう
チャンスが ちょっと。

島暮らし あるかもしんねえなっていう。
まず八丈島に。

…って ちょっと思いましたね。
はい 今日はありがとうございました。

どうも ありがとうございました。

♬~

この海岸で 秀家は
よく魚釣りをしていたといいます。

一人の島民として 畑を耕し 魚を釣り
人々と笑い合って暮らした秀家。

そんな秀家の 島への思いを表す
エピソードが伝わっています。

島に流れ着いて数年後
幕府より 本土への帰還と

お家の再興を認めてもよいとの知らせが
届いたというのです。

しかし 秀家は…。

そういう腹を決めたんではないかと
思われます。

要するに
死に方を決めるということですよ。

仏門でいうところの悟りですか。

そういう気持ちに だんだんと
なっていったんではないかと思いますね。

共に島に流された2人の息子も
島民と結婚。

秀家の死後も その子孫は
代々 八丈島に暮らし続けました。

秀家は 島で暮らした住居跡の近くに
今も眠っています。

島を愛し 島民たちからも愛された秀家。

その墓石には 今も島の人により
美しい花が供えられています。

♬~

日本一の温泉郷 大分県…


関連記事