SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」 ミュージシャン…矢野顕子、JAXA宇宙飛行士…油井亀美也


出典:『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」』の番組情報(EPGから引用)


SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」[字]


ミュージシャン・矢野顕子が宇宙に夢中!? 宇宙に行きたいと熱望しているという矢野が、JAXA宇宙飛行士の油井亀美也と感激の対面。音楽と宇宙を結ぶカギとは。


詳細情報

番組内容

3年前国際宇宙ステーションに向かい、日本の実験棟「きぼう」に滞在した油井。「無重力空間で人はより自由になれる」と自らの体験を語った。さらに近い将来、宇宙は多くの人が行ける場所となるので、さまざまな分野のプロフェショナルに宇宙体験をして欲しいと矢野にリクエストした。そんな油井に矢野は「誰でもできる」という作曲法を伝授。「ゆいきみや」という名前から即興で曲を作っていく。果たしてどのような曲に?

出演者

【出演】ミュージシャン…矢野顕子,JAXA宇宙飛行士…油井亀美也,【語り】吉田羊,六角精児




『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」
  1. 宇宙
  2. 油井
  3. 矢野
  4. 本当
  5. 油井亀美也
  6. 何か
  7. ISS
  8. 音楽
  9. 宇宙飛行士
  10. 地球


『SWITCHインタビュー 達人達(たち)「矢野顕子×油井亀美也」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

ニューヨーク ダウンタウン。

この街に 独自の音楽世界を作り続ける
ミュージシャンが住んでいる。

(取材者)おはようございます。
おはようございま~す。

買い物日和です。

チョコレートも切らしてるんで
チョコレート買って

牛乳も切らしてるんで 牛乳買って…。

♬~

デビューから42年

世界の一流ミュージシャンと
渡り合ってきた矢野。

♬「ほら 春咲小紅」

大ヒットとなった「春咲小紅」のような
ポップスにとどまらず

矢野の音楽は
ジャンルを自由に越えていく。

ジャズ 歌謡曲
クラシックから民謡まで

全てを 矢野色に染める。

♬~

そんな矢野が 近年
愛してやまないものがある。

それは…。

果てしなく広がる宇宙。

特に 地上からも見える

国際宇宙ステーション ISSに
入れ込んでいる。

そうすると…

だからこそ 矢野が
どうしても会いたいのは 宇宙飛行士!

そんな 矢野のラブコールに
ISSに 半年間滞在した

油井亀美也が応えた。

「パッ」みたいなね こうやって
着地も うまくいってみたいな。

JAXA宇宙飛行士としては 10人目。

日本人宇宙飛行士で 最高齢の45歳で
宇宙へ行った。

当時 「中年の星」と
大きな話題にもなった。

表面張力で フォークにくっつくので

これで フォークで…。

スープが 飲めるわけです。

ISS滞在中 油井は

高度な技を必要とする
補給機のドッキングにも成功。

世界中が沸いた!

(拍手)

油井が宇宙から発信していたツイッターを
矢野は 熱心にフォローし

地上から エールを送っていた。

油井の7月30日のツイート。

それに対して 矢野。

日本の宇宙開発の中心地…

(鼻歌)

筑波…。

矢野がやって来たのは 油井が
待ち合わせ場所に指定した展示館。

こっちで よろしいですかね?

へえ~。

(鼻歌)

油井さん いない…。
帰っちゃったのかな?

あっ いらっしゃるかも…。

わ~い! フフフ…。
どうも こんにちは。 矢野さん。

初めまして~。
本当 初めまして。

本当に わざわざ お忙しいのに
遠くまで おいで頂いて

本当に ありがとうございます。
ありがとうございます。

ついに お会いできまして
本当に ありがとうございます。

実は 宇宙にいる時から お会いしたいなと
思ってたんですけれども。

ツイッターでの つながりがあったので

実は 今日も 初めてっていう感じは
しないんですけれども。

いや でも 実現してよかったです。
本当に ありがとうございます。

よろしくお願いします。
今日は よろしくお願いします。 はい。

森羅万象に音楽を見いだす矢野と
宇宙で人間の未知の力を知った油井。

常識を覆す 2人の話の行方は?

何か月か たったあとに
その大きな物 運んでる時には…

もう1人の宇宙飛行士は
足を上にして 歩いて持っていって。

それは 地上の訓練では
絶対 できないですし

そういう発想自体も
なかったんですけど

これは 多分 3次元を認識する部分が
脳のどこかにあって

そこが 活性化してるんじゃないかなって
私は 思ったんですよね。

♬「油井亀美也」

これだけで もう…。
はい。 油井亀美也の歌に…。

油井亀美也の歌… そうです そうです。

♬「油井亀美也」

♬~

♬「油井亀美也」

♬~

♬~

JAXA 筑波宇宙センターの展示館に
置かれた

実験棟「きぼう」の実物大模型。

ISS最大の実験棟である きぼうは

日本の宇宙飛行士の
活動拠点。

最先端の実験や観測を
行う場所だ。

中は 一体 どうなっているのか。

油井が案内する。

この中では やっぱり
いろんな実験をやるのがメインなので

本当に いろんな装置がありまして
記録するためのものであるとか。

特徴的なのは 向こう側にある
ちょっと 顔…

ワンちゃんの顔みたいになって
かわいいですけど フフフッ。

あれはですね きぼうの窓ですよね。

私 星の写真を撮るのが好きだったので

まあ 本当に 絶景が
ここに広がっていたと。     そうですか。

私自身…

もう 何か これが見られたら…
こんなこと言ったら なんですけど

もう 何が起こっても いいやぐらいな
勢いで。

そこで その写真を撮りたいっていうのが
ものすごい夢です。

もう 是非 見て頂きたいですし。 はい。

本当に あの… 絶景です。

なるほど。
ハハハハハ…。

はい。 是非 宇宙に来て下さい。
はい。

きぼう 待ってますので。
いいな~!

2015年7月 油井は宇宙へ旅立った。

油井さん!
油井さん 行ってらっしゃい。

行き先は 上空400キロに浮かぶ
国際宇宙ステーション ISS。

打ち上げ9分後 無重力状態に突入。

(英語)

宇宙空間に半年間滞在する
ミッションが始まった。

アーティストである矢野にこそ
油井が 是非 伝えたかった体験。

ぐるぐるぐる~っと。 どうですか?

面白いでしょ?

それが 人間のあらゆる感覚を
根底から変える

無重力空間での体験だった。

こうやってね 浮かべさせながら
食べることもできますよ。

こうね…。

大きすぎたかな…。

あの… ISSの中に入って
「うわっ 来た」っていう

そういうようなことって…?
ああ そうですね。

すごく不快感があるんですけど。

お顔が ぷく~んとしてきますよね。
そうなんですよね はいはい。

あと 体に異変のようなものって
あるんですか?

いろんな変化が 実はありまして
重力がないので…

あとは 頭が ちょっと膨れたのと同じで
今度は 足の方に…

へえ~。
あと…

あっ そうか!
だから よくですね

半分冗談で半分本気なんですけど…

宇宙に行くっていうのもいいんじゃ
ないですかみたいな話をすることが…。

帰ってきさえしなければね。
そうなんですよね。

帰ってくると
残念ながら 元に戻ってしまいますが。

あ~ そうですか。
でも その 地球のとは違う

重力もないしみたいなところで
ものの考え方とか。

やっぱり
いろんな考え方は変わりまして…

もう 何か あの
1か月2か月たっていくと…

それは
数値的に分かるものなんでしょうか?

それとも 気分的ですか?
私が それを一番感じたのは

ある時 その え~っと
上の方にある所をのぞき込んで

仕事をするっていうことがあって
こう 扉を開けて

その上から のぞき込まなきゃ
いけないっていう時に

わざわざ やっぱり
地上で訓練したのと同じように

足を下の方にして
のぞき込んでたんですよ。

「何か やりづれえな」とかって
思ってたんですけど…

パッと気が付いて。 要は自由に動いて…

あとは 大きな物をですね あるほかの
飛行士と一緒に運んでるんですね。

ハッチ ギリギリなんで 上と下の所が
ぶつからないように見ながら

運ばないといけなくて…

そうすると…

そういうふうにすると ぶつからずに
ス~ッと 物を運ぶことができる。

それは…

宇宙に行って 慣れてくると
簡単に それができるようになると。

これは 多分…

そう?

ほう~。 それは…。

宇宙にいる間 油井は

宇宙から見える景色を
たくさんの写真に収めた。

その光景に何を感じたのだろうか。

しばらく こう 生活して

あっ 絶対 やっぱり こういうの

来てみないと分かんなかったなみたいな
そういうようなことって…?

そうですね やっぱり
いろんな考え方は変わりまして…

空気って これしかないんだから…

あと あまりにも きれいなので

私自身
あまり 宗教がかったことっていうのは

あまり 信心深いとか ないんですけど…

なるほどね。

1970年 油井は長野県に生まれた。

幼い頃から 天体望遠鏡で
毎晩のように星を眺めていたという。

家業は レタス農家。

両親と兄弟3人
みんなで協力して農作業をしていた。

宇宙飛行士に パイロット出身が多いと
知った油井は

自衛隊のパイロットになる。

厳しい訓練に耐え
チームリーダーとして高い評価を得た。

こうした経験が油井の宇宙飛行士としての
資質を磨いていったのだ。

あらゆる職業の中でも
最も能力を求められる

そして そこに達するまでの訓練を
積まなければ できないもの。

私は 自分自身が
一番よく分かってるんですけど

もう 子どもの頃から
食事も 給食もですね

2時間も3時間もかけて食べてたりとか

もう かけっこで
いつも ビリだったりとか…

やっぱり伝えたいと思いますね。

そういう人たちが しかも…

子どもの頃から やっぱり…

農作業のですか?
はい 農作業の。

そういうことを教え込まれて 一生懸命…。

手伝ってるのに 怒られたりしながら
やってきたんですけど…

私の実感で。

やっぱり 一番大切なのは ある意味
プロ意識も大事かなとは思ってます。

やっぱり…

やっぱり…

仲よくなって…

やっぱり しっかり プロ意識を持って
仕事をするっていうのは

すごく大事な要素だと思ってます。

もし 気になることがあれば
なるべく 早い時期に

あまり ストレスにならない時期に
気軽に言うっていうのは

結構 大事…。           話し合う?
はい でしたね。         やっぱりなあ。

そうですよね 本当…

国際問題のような…

そうですね。
話さなきゃ分かんないですね。

実は…

6人の中だけじゃなくて…

なるほど。
あまり…

ああ そうですか。

そうですね。 夫婦でも一緒ですし
友達も一緒だし…。           なるほど。

「ラーメンたべたい」など
食べ物にまつわる曲が多い矢野。

宇宙のグルメ事情にも興味津々。

実は 油井は 食においても
偉業を成し遂げた男。

宇宙で収穫された 宇宙産レタスを食べた
史上初の人間の一人なのだ。

その貴重な味わいは?

宇宙で育てたレタスを…。

すごく歴史的な瞬間ですから
食べて 乾杯とか言って

おいしいとか言って
中継されたんですけど…

だから ちょっと
うそついちゃったんですよね。

それは 父親にも見抜かれていて…

電話した時に言われて そのとおりって。

(笑い声)
ああ そうですか。

でも 実際の味は
どうなんですかね? レタスは。

レタスは…

苦い?
はい 私が見た感じ。     ああ そう。

実は…

宇宙ステーションって
とっても環境がいいんですね。

重力がなくて 二酸化炭素の濃度も
地上よりも10倍ぐらい高くて

レタスにとって…

ああ そう。 形はね きれいだけどね

そうですよね 嵐が来るわけじゃないしね。

多少 だから 虫がついてたりとか
寒暖の差があったりとか

人間もそうですけど 苦労した方が
味がある人間になるし…。

なるよ なるよ。
やっぱり レタスも

ちょっと苦労した方が
おいしいレタスになると思ってます。

油井さんが一番好きだった食べ物は
何ですか?

私は やっぱり
いろんな宇宙食があるんですけれども

日本の宇宙食が やっぱり大好きで

やっぱり…

一番。 それは私に限らず

ロシア人も アメリカ人も
とても好きだったので

宇宙ステーションでは
実は お金は全然役に立たないんですね。

お金も持ってかないですし
私が使ってたのは…

ありがとうって言って。 そしたら
「おっ いいのか?」なんて言って

また次も 手伝ってくれますし…。
あっ そう。

半年間にわたるISSの滞在中

油井が大きな役割を果たした
出来事がある。

油井がやって来た頃 ISSは
ある危機にさらされていた。

地上からの物資補給の失敗が続き

生活用品も尽きかねない
状況だったのだ。

日本の補給機「こうのとり」を
ISSにドッキングさせる

重要な使命が 油井に下った。

失敗すれば
ISSにいる全員の活動にも関わる。

油井に
大きなプレッシャーがのしかかった。

8月19日 補給物資を積んだ
こうのとりが

ISSに接近してきた。

こうのとりは
秒速8キロで動くISSと

同じ速度で ぴったり並走する。

油井は 巨大なロボットアームを
数センチ単位で操作し

こうのとりを
正確にドッキングさせようとする。

ドッキング成功。

(拍手)

油井は ISSの危機を救ったのだ。

筑波宇宙センターには
こうのとりの実物大模型がある。

高さ およそ10メートルの
巨大なものだ。

棒みたいなのが出てますけど

この手前側の方ですね。
えっ どこ? あっ あのちっちゃいの?

え~っ!?

あれで 15トンか
だから 物が積んであったら

そのぐらいのものを
支えることができて…

それが分かんないの。

…で こちらも動いていて。
全然分かんないの 私。

お互いのね スピードが…

それ 地上で合わせてるの?
地上で合わせてるんですよ。

私だったら 絶対「あっ ごめん」とか
バキッて折れちゃったりとかする…。

大丈夫です 大丈夫です。
すごく訓練するので。

でも これを作るためには…

どうもありがとうございます。 本当に…

もう本当に それ以外にもですね…

働いてるんですね。
私も 本当に…

本当に大切に扱わなきゃいけないなって
思いますし

本当に もう何か
赤ちゃんをね 扱うみたいに

大事に扱ってました。

油井は現在
宇宙飛行士グループ長となって

訓練中の宇宙飛行士を
サポートしている。

更に 宇宙での活動を広げるための
製品開発。

子どもたちに向けた
宇宙を知ってもらうための講演会も

積極的に行っている。

宇宙に行くためには
どんな資質っていうか

何があったら 何が絶対必要でしょうか?

私自身は これから…

アメリカの民間会社も
いろんな会社がですね

宇宙船を作っていて それによって
宇宙旅行を実現しようとしてますので

やっぱり これは その流れで
どんどん たくさんの人たちが

簡単に行けるようになるというふうに
思ってます。

私が やっぱり リクエストしたいのは…

ですから 矢野さんみたいな
歌を作ったりとか

芸術で 絵を描くのがうまい方は
それこそ 宇宙に行って

その様子を
絵にしてほしいと思いますので

やっぱり これからは
今の宇宙飛行士を見てですね

自分は こういうことをしなきゃ
いけないって決めるのではなく

ちょっと 将来を見てですね
今 自分が好きなことは何かと

自分の才能は
何なのかっていうことを考えて…

更に 宇宙開発の未来について
驚きのアイデアが。

宇宙に病院?

実は 宇宙に行ってる時って ずっと…

何もしてなければ
本当に絶対安静なので…

普通に仕事してても。
ああ そうか そうか。

本当に…

例えば…

「じゃあ ちょっと リハビリ」って
「宇宙 行ってきます」みたいなね。

そうですね。 それが それこそ
エレベーターみたいなもので

宇宙エレベーターで行けます
みたいな話になれば

また別の世界が待ってるでしょうし

本当に…

やっぱり その邪魔をしてるのは
実は 心の中で…

展示館には 憧れの宇宙服を着た気分を
味わえるコーナーも。

ご機嫌な矢野に対して 油井は
ちょっと てれくさそう。

ここで 前半の収録は終了。

ところで 矢野には気になることが。

これだと 目立ち過ぎてしまいますし
もしかしたら…

でも 宇宙飛行士としての時は
これが 大体…。

これで 講演をしたり…
これでないと 私も ただのおじさんで

「誰が来たの?」みたいになっちゃうんで。
ハハハ… なるほど。

宇宙飛行士のトレードマークとして
これを着ております。   分かりました。

じゃあ また 明日楽しみにしてます。
明日 よろしくお願いします。

どうも ありがとうございます。
今日は わざわざ 遠くまで…。

後半は 舞台をスイッチ。

気になる 油井の服は?

こちらだ。

控えめながら ブルーは 貫いた。

これが 油井のふだん着ファッション。

こちらですよね? はい。

油井が訪ねたのは 矢野が 長年
利用しているレコーディングスタジオ。

こんにちは。 お邪魔します。 失礼します。

あっ…。
あら~。    こんにちは どうも。

どうも いらっしゃいませ。
昨日は どうもありがとうございました。

こちらこそ~。
すばらしいスタジオですね。

いやいや…。

私 こういうとこ来るの 初めてだったんで
ちょっと 緊張しましたけど。

全く 昨日とは違う雰囲気ですね。
違いますよね 本当ね。

よく こちらで
レコーディングなんかは…?

昔はね もう
ほぼ… 毎日のように来ておりました。

ここにですか?       うん。
はい。

うち 子どもが2人いるんですけれども

あの~ 大体 その辺で寝てたり
こっちに…。

そうだったんですね。
ぶち込んどいたりとか…。

お母さんをしながら ここで じゃあ
仕事をしていた?

はい。 してました。
すごいですね。 はい。

私は もう 全く逆で
理系人間なものですから

そういう作業が全然ないんですね。

地球を見て あと 星々を見て。

今日は もし
2回目のフライトがあるんであれば…

今日は よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

ニューヨークを拠点に活動する
ミュージシャン 矢野顕子。

♬「欲しいものは たくさんあるの
きらめく星くずの指輪」

♬「寄せる波で
組み立てた椅子」

♬「世界中の花 集め つくる
オーデコロン」

誰にも まねできないオリジナリティー。

自由な感性で音楽を紡ぐ矢野。

身近な言葉を歌にする詞の世界も 魅力だ。

♬「ひらく 鍵」

♬~

今日 矢野さんが どういうふうに

曲を作ってるのかなとかいうことも
聞いてみたいんですけど

どういうふうにして 歌詞っていうのは
作るものなんですかね?

私の場合は 割と

言葉は 後から来ることが
比率的には高いと思うんですね。

ほとんどの作曲っていうのは
大体 ピアノの前に座って…

それから それに乗っけて 何か…

じゃあ まず その音階であるとか
リズムみたいなのがあって…。

音ありきですね。      それは どっかから
降ってくるものなのか…。

そう。  あっ 降ってくるものなんですね。
感性でね。

うん。 でもね…

別に… まるで…

私の場合は 小さい時から
クラシックのピアノを習っていたとかね

どこかで聴いた ビートルズの曲が

あれは いい曲だったなとか…

全く何もないとこから 「うわっ 来た!」
みたいなのではないんですね。

若い… これからプロになりたいって
思ってるような人たちから

「どうしたらいいですか?」って
言われた時には…

そして 自分は…
例えば 「歌謡曲が大好きです」って。

でも 歌謡曲だけじゃなくて
クラシックもジャズも

ここは ちゃんと努力して聴いてみてって
プロになりたいんだったら。

そしたら 本当に音楽って…

それが つまり そこで土壌っていうか
受け皿も出来るわけですね。

そしたら
そこから出てくるものっていうのは

やっぱり 土壌が痩せてたら

一発ぐらいは
出来るかもしれないですよね。

はい。 偶然ですよね。
一個はね そうそう。

…だけれども 全部が こうね
おいしいレタスになるためには

やっぱり よい音楽をたくさん聴いて…

はあ~。 分かりました。
だって ほら…

よい模範を見ないと 私たちってね
やっぱり こう… 分からないですよね。

ここで 油井のために
矢野が 誰でもできる作曲法を伝授。

例えばね 油井さんのお名前は
ご自分で… 何ていいますか?

亀美也ですね。
亀美… 上から。

油井亀美也。
油井亀美也… 油井亀美也…。

♬~

♬「油井亀美也」

♬「油井亀美也」
う~ん。

これが…。

(イントネーションを変えて)
♬「油井亀美也」

なったら ちょっと…。

雰囲気変わりますけどね。
そうですね。

なるほど。

♬「油井亀美也」
だとすると これに…

♬~

♬「油井亀美也」

♬~

♬「油井亀美也」

♬~

♬「油井亀美也…」

♬~

これだけで もう…。
すごい。 はい 油井亀美也の歌に…。

油井亀美也の歌… そうです そうです。
すごいですね。

そしたら…。
♬~

これ ちょっと…
もうちょっと高くした方が…。

♬~

♬「油井亀美也は
プルートが好き」

♬~

♬「油井亀美… 亀美也は…」

ごめんね 呼び捨てにして。

いやいや いいです。
ありがとうございます。

♬「プルートと遊ぶ 遊ぶ」

♬~

何か こんな… 詞にも何にもなってない
ただ 作文のようなものですけども

でも これだけでも

油井さんが プルートと遊ぶのが好き
みたいな気持ちは言える。

なりましたね。
ですよね。

もう 私の中では プルートが
大好きなおもちゃで遊んでる姿が

ここに こう 浮かんでましたので。
ねっ!  はいはい。

だから やっぱり…

…ではないかなと思うんですね。

例えば もし 私が ISSに行って
それで まあ見下ろして

そして 地球が 「うわ~ 本当だ

ここに地球だ」っていうふうに
思った時に

どんなふうに その気持ちが…。

そしたら もう どうするだろうね。

♬~

♬「地球 本当に青い」

♬「地球 本当に」
きれいとか何かさ そういう…。

いや~ でも それをパッと聴いただけでも
何か私と矢野さんが

窓の外に並んで地球を見てるような
そんな気持ちになってきましたけども。

やっぱり でも 私には
まだ土壌がないので

魔法のようにしか
思えないんですけれども。

でも…

何か 地球は青いとか。

そういうので 地球は青い。

♬「地球は青い」でも。

何か そういうふうにしていくと…。

自分が…

そのリズムと音階と言葉を。

そして それが
何か 気持ちいいぞと思ったら

それを 録音するとか

それから 人によっては自分ちに電話して
そして 留守電に入れとくっていう人も。

全然 油井さんの今までの生活や…

その気持ちを大切にしながら
ちょっと やってみたい。

それが一番ですよね。
はい。 と思います。

楽しいことなら 私たち やるもん。

矢野は 1955年生まれ。

幼少期は青森県で過ごした。

3歳の時にピアノを習い始めた矢野。

当時から譜面にない音を自由に弾き

周囲を驚かせた。

高校入学時に上京。

在学中にジャズクラブでも
演奏を始め

それが うわさを呼び
プロの道に進んだ。

そもそも 矢野さんが

音楽をどうして好きになったのかなとか

どういうふうな
子どもの頃から育ってきて

こういう環境に身を置くように
なったのかなっていうところが

私 実は すごく気になっていて。

3歳の時から ピアノを弾き始めて。
はい。 3歳ですか 早いですね。

ですから 今年で大体
ウン十年になるんですけどね。

でも その間…

じゃあ 楽しいと思いながら
弾いてることが多い?

私の場合 それ多分練習。

指の練習とか すごく難しいフレーズを
弾けるようになるまで練習するとか。

指を動くようにしておくっていうのは

バレリーナとか運動選手が
やっぱり 基礎の練習とか。

ベースになるものですよね。

音楽をする 音楽を作る体勢に
なってる感じですね。

私は
才能がないからかもしれないですけど

やっぱり 想像を超えるような

もう人間業とは思えないようなふうに
思えてしまうんですが…。

そんな大したことは
してないつもりなんですけど

でも 音楽っていうのは

私は プロフェッショナルとしても
やってますが

多分やっぱり 基本的に…

♬~(歌声)

天才的と称されることが多い 矢野の音楽。

しかし その創作現場を見ると

決して妥協を許さない
執念の表情がある。

こうやってね…

大体 音はあるんだけど
実際は弾けない。

♬~(歌声)

そうか 一つ ずらそう。

♬~(歌声)

この日は あるカバー曲の制作。

リズムや旋律を丹念に探る。

♬~(歌声)

違ったな。

少しずつ音と言葉を積み重ねていく
地道な作業だ。

矢野さんは 夜眠ってる時

夢の中に音楽が出てきたりすることは
あるのかなと

ちょっと ふと思ったんですけど。

何か すごく すごい曲を思いついて
夢の中で。

それで 朝起きて書き出すとか
そういうようなことは めったにない。

記憶にないくらい。
全くないとは言いませんけれども。

でも もっと 曲自体っていうのは

もっと 地に根ざしたものっていうか

それで 例えば 一つの…

なので もしかしたら それこそ
そういう作業は

数式とか
それから 一つの機械を作り上げる時に

まず ここに電池を置いてとか
何か そういうふうに。

やっぱり あれは ちゃんと…

だから 何か その…
インスピレーションで何かが

「あっ ここに あっ」とか
そういうものは

私 それだけでやってる音楽家ってのは
多分いないと思います。

やっぱり ある程度の計画があって
じゃ ここに これを置いて

この音階を配置して これを
ここで繰り返してみたいなことを

考えながら 全体としてやっていく
っていうことですよね。

最初のデッサンで…

だけれども…

でも そこには いろんな段階があり

だから それに似た 特に録音
レコーディングの作業っていうのは

そういうものが求められますね。
あっ そうですか。

そういうところは
何か ちょっと 今 聞いていて

宇宙開発と共通なところがあって…。
結局そうだと思いますよ。

矢野は これまで
さまざまなジャンルの音楽家と

コラボレーションしてきた。

こちらは 世界的ジャズピアニスト
上原ひろみとの共演。

♬~

人気ロックバンド くるりともセッション。

矢野は 世代の壁も あっさり越える。

♬~

矢野さんって やっぱり 曲を作る時に

いろんな方と共同で作ったりとか
ありますよね。

そういうところは
どうやって 関係を調整しながら

結局 最終的に すばらしい曲に
していくのかなっていうのは

とても興味があるんですけど。

私は 大抵 どなたとでも
できるんですけれども

やはり そこに この2人でやる…
まあ 2人とすればね。 意味のあるもの。

この組み合わせでなければ
できないものっていうのを

やっぱり 最初にイメージがないと

ただ 一緒に歌いました 楽しかったね
さよならで終わっちゃうので。

互い この人の この人と歌いたいとか…

そうですか。
それは 本当に宇宙開発と一緒ですね。

それぞれが得意な分野で活躍して
大きなものを作っていくということで

それは 相手のいいところを敬いながら

引き出しながら
やっていくということですから。

この前 おっしゃってた…

ちょっと こうなんだけど
自分は こうやりたい。

こうやってきた みたいな
自分のやり方があるとして

こちらの方は
全然違うアプローチを持ってたとして

でも これ
共存は できないねって思うならば

「じゃあ どうする?」って
やっぱり そこで。

話しておくのが大事なんですね。

もう 本当に そこの部分っていうのは

宇宙ステーションでのチームワークの
原点みたいなところなので

本当に参考になりますね。

「俺は こうだからさ」みたいな
ああいう…

そういう人ってのは 多分 無理ですよね。
宇宙ではね。

なかなか
チームとして 仕事ができなくて

いくら その個人の能力が高くても
やっぱり トータルで見ると

パフォーマンスが
落ちてしまったりしますので。

なるほどね。
でも ISSで働くってのは

それは やっぱり ミッションがあるので

そこで
脱落させるわけにはいかないですよね。

でも バンドってのは
大抵そうじゃないの…。

ミッション 何もないと

じゃあ 僕 ちょっと
違う方向なんでっていうんで。

数年前 矢野の音楽に影響を与える
大きな出来事があった。

子どもの頃から視力が低かった矢野。

ある時 目の手術を受けたところ
状態が格段によくなった。

そんな矢野の目に映ったのが 満天の星空。

それまでの人生で見たことがなかった
光景に 衝撃を受けた。

「うわっ
こんなんなってたの? 空って」っていう。

そして ムクムクと 星に対する…

それから その星がある宇宙は
どういうところだろうかっていうのが

湧いてきて。

宇宙を知ったことで 矢野の音楽世界は
更に広がり続けている。

♬~

お気に入りの星 木星をモチーフに
作った…

♬~

そして
地球に帰る宇宙飛行士の無事を願う…

♬~

矢野さん
すごく宇宙を好きでいて下さっていて

応援して下さってるっていうのは
分かるんですけれども

矢野さんにとって 宇宙って
どんなものなのかなっていうところが

ちょっと 私 知りたいんですけれども。
そうですね。

ニューヨークのね 私は
下町の方に住んでるんですけれども

木曜日の夜 すごいたくさんの人で

あっちこっちに カップルが
イチャイチャしてるわけですね。

そこを私は もう こうやって

「おっ 木星来た!」とか
こうやって言いながら

こうやって歩いてるわけです。

その時に
ここで こうやって 楽しく会話をし

「世界は 自分たちのために」と
思ってるような君たち。

だから
それに気付いてほしいということを

書いたんですけれどね。

まあ そう言っても
その人たちにとっては

何か 頭おかしい人みたいに
見えるかもしれません。

でも それが 結局のところ
私は 音楽にも 特に…

あ~ すごい。

ですから
油井さんが そこにおられた時に

ニューヨークの上空来た時 私…

手 振って
周りの人たちが 「何してんだろうね」…。

よく聞かれるんですよ。
「何に 手 振ってんの?」って。

「あそこにね ほらほらほら
ISSっていってね」って。

ほとんどの人 知らないので。

「あそこにね 6人いてね
今も仕事してんのよ」って言うと

「へえ~!」って もう。

割とね そういう感じで
ちょっと 啓蒙したりとか。

どうも ありがとうございます。
いえいえいえ。

それで そのことを ピアノ弾いて。
そうやって作った曲もあるんですよ。

そうなんですね。
そうなんです。

本当 楽しみにしてます。

そして それも クルーのみんなと
共有したいと思いますけど。

それが この曲だ。

♬~

それが 実際に
呼吸をするっていうことが

大気圏があるおかげで できている。

水も飲めてるし ものも よく見えるしとか
そういうことに全部

宇宙の存在っていうのが
つながっていると思うんですね。

誰でも楽しむことのできる日常と
宇宙が

実は 全く
つながっているんだよっていうことを

私は これからも 何らかの形で

それを曲に表したいと。

是非 肉眼で宇宙を体験して
そして もう本当に

みんなが感動するような曲を
作って頂けたらなと思いますけれども。

頑張ります。 頑張ります。

♬~


関連記事