プロフェッショナル 仕事の流儀 少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也 オカダ・カズチカ、橋本さとし、貫地谷しほり…


出典:『プロフェッショナル 仕事の流儀▽少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也』の番組情報(EPGから引用)


プロフェッショナル 仕事の流儀▽少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也[解][字]


プロレスブームをけん引する超人気レスラー・内藤哲也(36)に初の密着取材が許された!反則、挑発…大暴れする「制御不能のカリスマ」の素顔とは?オカダ・カズチカも!


詳細情報

番組内容

プロレス人気が止まらない。数年前まで空席が目立った会場はどこも満席。棚橋弘至、オカダ・カズチカなど、V字回復の原動力となった看板選手に歓声が沸く。だが、いまファンから最も熱烈に支持されるのは、内藤哲也(36)。反則、挑発…何でもありの「制御不能のカリスマ」だ。初の密着取材で見えてきたのは意外な素顔。2か月に及ぶ長期取材で、激闘の裏側に迫る。オカダ・カズチカの必殺技・ドロップキックの秘密も必見!

出演者

【出演】プロレスラー…内藤哲也,オカダ・カズチカ,【語り】橋本さとし,貫地谷しほり



『プロフェッショナル 仕事の流儀▽少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

プロフェッショナル 仕事の流儀 少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也
  1. 内藤
  2. 試合
  3. プロレス
  4. ファン
  5. レスラー
  6. 実況
  7. リング
  8. オカダ
  9. ブーイング
  10. 鈴木


『プロフェッショナル 仕事の流儀▽少年の夢、リングの上へ~プロレスラー内藤哲也』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

プロレスが 復活した。

(客席)内藤! 内藤!

閑古鳥が鳴いていた客席は埋め尽くされ
売り上げは 過去最高を記録。

チケットが手に入らないほどの
活況が続いている。

V字回復の原動力となったのは
エース 棚橋弘至を筆頭とする

個性豊かなプロレスラーの登場。

だが そんな彼らを のみ込むほどの
人気レスラーが いる。

記者が選ぶ…

ファン投票による プロレス総選挙
2連覇。

グッズ売り上げ ダントツ1位。

その男は 誰よりも早く 試合会場に入る。

誰もいないリングを眺めるのが
ひそかな楽しみ。

そのまなざしは プロレス少年そのもの。

プロレス愛が ほとばしる。

鋼の肉体を作り上げ
年間150試合を戦い抜く。

時に 命を危険にさらしかねない戦いに
男を駆り立てるものは 何か。

2か月にわたる 密着の記録。

♬~(主題歌)

(アナウンス)内藤哲也~!

抜群の身体能力を生かした
ダイナミックな技。

反則も辞さない 熱いファイト。

自らは否定するが
その存在は まさに 悪役そのもの。

だが内藤には 人の心を打つ 何かがある。

ヒーローになれない自分。

容赦ないヤジに 自らを見失った。

数々の栄光を手にしてなお
いまだ かなわぬ 夢があった。

初めて明かされる プロレスラーの素顔。

知られざる戦い。

取材を始めたのは
夏の終わりのことだった。

密着取材は これが初めて。

言葉を選び 慎重に話す姿は

リング上のイメージから かけ離れていた。

印象的だったのは
ファンを「お客様」と呼んだこと。

この日は 格闘技の聖地
東京 後楽園ホールでの試合。

内藤は 年間150以上
3日に1度というペースで試合を行う。

会場入りは 試合開始5時間前。

プロレスラーとしては
ベテランの域にさしかかる 36歳。

膝に古傷を抱えるため
入念にウォーミングアップを行う。

この日は 平日にもかかわらず
チケットは完売。

およそ1, 700人のファンが詰めかけた。

ブームを後押しするのは

従来は あまり見かけなかった
女性や家族連れのファンだ。

試合は 若手レスラーの前座に始まり
徐々に人気レスラーが登場。

メインイベントへと進んでいく。

内藤は 人気・実力を兼ね備えた
レスラーだけがなれる メインイベンター。

(手拍子)

テーマ曲と同時に
内藤コールが沸き上がる。

(客席)内藤! 内藤! 内藤!

登場と共に
これだけの歓声があがる男は

長いプロレスの歴史においても
数えるほどしかいない。

おはこは 流れるような連続技。

だが 支持されているのは そこではない。

マスクを引っ張る 反則技。

目潰し。

執ような挑発。

その動きは 予測不能。

(実況)更に追撃! いやいや いやいや!

時には チャンピオンベルトまで
投げ捨てる。

(実況)投げ飛ばしましたよ。

看板レスラーも 遠慮なく こき下ろす。

(実況)蝶野選手を見つめます。
蝶野さんを見つめた!

目指すのは ドラマを超えた熱狂。

貫く 流儀がある。

アディオス!

その日の深夜2時。

内藤が 姿を現した。

(取材者)お疲れさまでした。

やって来たのは 都内のトレーニングジム。

試合を終えたばかりだというのに
体を いじめ始めた。

走りながら 何かを見始めた。

先ほどの試合だ。

試合を振り返る時 意識するものがある。

内藤は 5歳の時
父と見に行って以来のプロレスファン。

学生時代は アルバイト代を全てつぎ込み
全国の試合会場へと通った。

内藤は考える。

あの時の自分を 今 満たせているか。

内藤が注目したのは
凶暴で知られる 鈴木みのる。

頭に血が上ると
手がつけられなくなる

「プロレス界の王様」。

そうですね。

16時間後の試合。

ワン ツー スリー!

内藤が仕掛けたのは
試合が終わったあとだった。

決着がついたにもかかわらず
なおも 鈴木を攻めたてる。

王様に 火がついた。

鈴木は 暴走。

内藤は この顔。

熱く語る ファンたち。
これこそが 内藤が望むプロレスの姿。

日本のプロレス その始まりは 力道山。

必殺技の空手チョップに
国民は歓声を送った。

今も必殺技は プロレスの 華。

(実況)
内藤が飛びついての デスティーノ!

内藤は 逆上がりをヒントに生み出した…

古典的な技を 芸術の域に昇華させた
レスラーもいる。

(アナウンス)オカダ・カズチカ~!

看板レスラー オカダ・カズチカの
ドロップキック。

それは 会場をどよめかせる。

打点は 高さ2メートルに到達する。

このドロップキックには
オカダならではの工夫がある。

ヒットさせた直後
体をそらせた分 迫力が増す。

受け身が難しく
けがのリスクは高まるが 果敢に挑む。

それだけではない。

観客を熱狂させるためとなれば
相手の攻撃を受けにいく。

こい おら~!

プロレスラーたちに受け継がれてきた
流儀。

あえて 受ける。

それが レスラーの 矜持。

だが その代償は少なくない。

酷使してきた内藤の体は ボロボロ。

特に膝は深刻で 1か月に1度
水を抜かなければならない。

♬~

何ですかね…

♬~

そういう感じで。

この日 内藤が実家に案内してくれた。

部屋には 少年時代から通った
プロレスのチケット。

当時 内藤が憧れたのが
正統派レスラー 棚橋弘至。

その背中を追って 高校3年の時
一歩を踏み出す。

元プロレスラー
アニマル浜口のジムに入り

プロレスの基礎を徹底的に学んだ。

そして 23歳の時 日本最大の
プロレス団体の入門テストに合格した。

並外れた運動神経に 甘いマスク。

棚橋のあとを担う逸材として
期待を一身に集めた。

だがそこに 一人の天才が立ちはだかった。

(アナウンス)オカダ・カズチカ~!

5歳年下の オカダ・カズチカ。

190センチの長身から繰り出される
ドロップキックは 圧巻。

何よりも自分にはない スター性があった。

みんな なっちゃったんで…

内藤は焦りを募らせ
試合中に じん帯を断裂。

リハビリに 黙々と励んだ。

だが 8か月後。

リングに復帰した内藤は
残酷な現実を思い知らされる。

31歳 後がない内藤は
思い切った行動に出た。

チャンピオンのオカダに
挑戦状をたたきつけたのだ。

(実況)内藤哲也 リングに向かいます。

しかし沸き上がったのは ブーイング。

(ブーイング)

ファンは もはや
内藤を求めてはいなかった。

この日以来 内藤は「とんだ勘違い野郎」と
ファンから そっぽを向かれた。

試合の度 ブーイングが
耳にこだまするようになった。

だが こびるほど ファンは離れていった。

あれだけ好きだったプロレスが
嫌いになった。

内藤は逃げる思いで 日本を飛び出した。

プロレスの聖地 メキシコで 出直す。

だが そのプロレスは衝撃的だった。

ファンの反応 おかまいなし。

ブーイングにも どこ吹く風。

日本では考えられないほど
むちゃくちゃだった。

だが ひとつきが過ぎた頃
思ってもみない感情が湧いてきた。

内藤の中で 何かがはじけた。

「どう見られるかを気にするのは
もうやめにしよう」。

(アナウンス)内藤哲也~!

32歳 内藤は日本に戻った。

ブーイングを浴びようとも
存分に暴れてみせる。

反則 挑発。
なりふりかまわず 何でもやった。

そして迎えた あの因縁の相手との試合。

(実況)デスティーノ~!

ブーイングは 大歓声に変わっていた。

(実況)完全に両国の空気を制圧しました。

あっ もう…

♬~

♬~

9月中旬。
内藤は 地方巡業の ただなかにあった。

三重県を皮切りに
2週間で10試合 西日本を転戦する。

途中 ある場所に立ち寄った。

今年7月の豪雨で被災した小学校の慰問。

少しでも勇気づけたいと考えた。

(一同)デ・ハポン!

だが もう一つ
内藤には かなえたいものがあった。

翌日の 広島での試合。

多くの子どもたちが
内藤のTシャツを身につけ 駆けつけた。

相手はあの 鈴木みのる。

しかし試合は 内藤にとって
痛恨のものとなった。

早々に リングから引きずり下ろされ

観客の視界から消えたまま
試合が終わったのだ。

はい。

翌朝。

内藤は ホテルの一室で
試合の映像を見返していた。

(映像音声)

試合をしては移動し 再び試合。

年間150試合を戦う内藤にとって
どれも数あるうちの1試合。

だが 客にとっては
一度きりの機会だったかもしれない。

落ち込んでました? 俺。
落ち込んでましたよ。

翌日は 苦い思い出が残る会場での試合が
控えていた。

ハハッ!

だが 忘れてはいなかった。

去年の別府会場。

ベルト防衛という
ビッグマッチにもかかわらず

観客を盛り上げきれなかったという。

翌日 内藤は誰よりも早く会場に入った。

8, 000人を収容できる
巨大な多目的ホール。

座席の間隔が広く
会場全体に熱が伝わりづらい。

でかいっすね。

外には 既に客が押し寄せていた。

たった一人で観戦する中学生がいた。

内藤は ここ一番で着る
白いスーツを身にまとった。

リングへ上がれば その身一つ。

胸をたたき 自らを鼓舞する。

スター性がなかった自分が 今 こうして
大歓声を浴びているということ。

(アナウンス)内藤~!

この試合を見に来たファンに
何を届けられるか。

相手はまたも 鈴木みのる。

場外乱闘となった。

会場の熱は 低い。

(実況)あ~ やばい。 危ない!

うわ~!

内藤は リングの上で
鈴木の技を ひたすら受け続ける。

頑張れ~!
内藤~!

徐々に 声援が上がり始めた。

脳裏にあったのは ファンだった頃
心打たれた あの光景。

耐え続け 30分。 ロープにエスケープ。

内藤 立って~!

内藤! 内藤! 内藤! 内藤!
内藤! 内藤! 内藤! 内藤!

内藤コールの 大合唱。

内藤! 内藤! 内藤!

勝負に出る。

あの日の内藤少年に 見せたい プロレス。

(実況)
ここでいくのか デスティーノ~!

ワン ツー スリー!

(ゴング)

内藤は しばらく立ち上がれなかった。

あの中学生を 見つけた。

少年には 夢があるという。

(取材者)名レスラーになって下さい。
ありがとうございます。

(取材者)ありがとうございます。

♬~(主題歌)

♬~

しかし本人は 知る由もない。

あの夢が 動きだしていることを。

自分自身が夢を追いかけなきゃ

人に夢を与えることって
できないと思うんで

プロフェッショナルとは

夢を追いかけ続けることだと
俺は思います。

♬~

プロレスファンにとって
一番 ぜいたくな時間だよ。


関連記事