あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」 アグネス・チャン、平野浩彦、賀来千香子、高市佳明…



出典:『あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」』の番組情報(EPGから引用)


あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」[解][字]


最近、歯科を中心とした医療現場で、口まわりのささいなトラブルが全身の衰えを招くという考えが注目されている。噛む力を養う料理や予防に役立つ口の体操などを紹介する。


詳細情報

番組内容

最近、歯科を中心とした医療現場で、口まわりのささいなトラブルが全身の衰えを招くという考えが注目されている。加齢などで口の機能が衰え、かみにくいと感じてやわらかい食べ物ばかりを選ぶと栄養が偏りがちに。ここで対策をとらないと、食欲や筋力が低下し低栄養になり、ひいては要介護状態につながるというのだ。その過程を分かりやすく説明し、噛む力を養う調理法や口の機能の衰えの改善や予防に役立つ体操などを紹介する。

出演者

【ゲスト】アグネス・チャン,【講師】東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科…平野浩彦,【司会】賀来千香子,高市佳明,【語り】北大輔




『あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」
  1. 日向
  2. 衰え
  3. 食材
  4. 本当
  5. 筋肉
  6. 全身
  7. 機能
  8. 自分
  9. 唾液
  10. 検査


『あしたも晴れ!人生レシピ・選「かむ力 鍛えて健康!」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

突然ですが シニアの皆さん

お口についてのお悩み
何か ありませんか?

60歳以上を対象にした
NHKネットクラブアンケートでも

およそ8割の人が何らかの
口の悩みを抱えていました。

こちらの60代の女性は最近

硬いものが かみづらくなったと
いいます。

大好物の豚の角煮も
かみ切れないからと

作るのを やめてしまいました。

そこで中高年の口腔ケアに詳しい
医師のもとを訪れ

さまざまな角度から口まわりの
機能を検査してもらいました。

タタタタ…。

滑舌から飲み込む力
かむ力まで徹底チェック!

中高年の多くの人が抱える
口のトラブル 実は最近の研究で

死亡リスクを2倍に高める
という事が分かってきたのです。

その背景には一体
何があるのでしょうか。

そこで今回は 口の衰えを
予防する方法をお伝えします。

かむ力を鍛えるには
毎日の食事が肝心。

食材の切り方から かみ応えのある
意外な食材まで ご紹介。

実は非常に よくかむ食材
なんですね。

「年だから」と放っておくと
危ない。

かむ力を鍛えて 口の衰えを防ぎ
健康長寿を目指しましょう。

♬~

「あしたも晴れ!人生レシピ」。

今回のテーマは「かむ力
鍛えて健康!」です。

飲み込みづらいですとか むせる
かみづらいといった

口の衰えについて見ていきます。

私も自分が疲れてると
食事をしてて

かんでないなと思っちゃう時が
あるんです。

かまないで飲み込んじゃう?
はい。 そういう時があって。

あっと思って。 だから疲労の
バロメーターじゃないですけど。

それで自分を気付くわけですね。
はい。

今日はそれについて見ていきます。
ゲストは アグネス・チャンさんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

アグネスさんは そういった
お口の衰え問題については

何か 心当たりありますか?

さっき皆さんが言ってたの
全部あるような気がする。

全部? そうですか。

やっぱり唾液の量は減ったなとも
思うし。

実は何年か前 私 唾液腺腫瘍
というのをやってまして。

唾液腺腫瘍?              はい。
それで ちょっと手術したら

右側の顔が まひしまして
リハビリのために 口の運動とか

かむ力をつけようとか
いろいろ言われて

その時は一生懸命やったんですよ。

でも また最近 忘れたのかな。
やってないかなと。

じゃあ今日 気持ち新たにね

引き締めて
やっていきましょうかね。

まずは お口のトラブルに
悩まされている

ある女性を取材しました。

は~い こんにちは。

千葉県に住む…

夫と夫の母との3人暮らし。

昼食は いつも手軽な麺類という
日向さん。

1年前から ある口のトラブルに
悩まされているといいます。

日向さんは夫婦ともに好物で
得意料理だった豚の角煮を

最近
作らなくなってしまいました。

日向さんが訪ねたのは 口腔機能に
詳しい歯科医の平野浩彦さん。

今少し お口の中
悩みが おありになる?

ブカブカする
というんでしょうかね。

分かりました。 そうしましたら
ちょっと かみ合わせとか

かむというね この食べる機能
という事に関して

チェックができますので ちょっと
それ やってみましょうかね。

よろしくお願い致します。

まずは舌や唇の動きを調べる
滑舌の検査です。

ちょっと変な検査なんですけども
今から…

全部同じ音のような感じですけど。

なので今から まず「タ」から
いこうと。

せ~の どうぞ。

タタタタ…。

はい いいでしょう。

今ね 31回。

5秒間に 30回以上が合格です。

3つの音全て
問題ありませんでした。

続いては機械を使って
口のうるおい具合を測定します。

次は舌圧 舌の力を診る検査です。

ここを少し
ちょっと かんで頂いて。

この検査では風船部分を
舌で押し潰す力を測定。

飲み込む力を調べる事ができると
いいます。

もう1回やってみましょうか。
ググググ…。

もうちょっと…。
はい 結構です。 楽にして下さい。

日向さんの結果は 39.6。

平均値が 30なので
舌圧も問題ありません。

続いても同じく
飲み込む力を診る検査。

喉仏の辺りに指を当て
30秒間に何回

唾液を飲み込む事ができるかを
調べます。

じゃあ合格は合格で?
もう合格です。

そして最後は 特殊なガムを使って
かむ力を調べます。

このガム 最初は緑色ですが

しっかりかむと濃いピンクに
色が変わります。

かみにくさを訴えていた日向さん。

ガムの色は
何色に変わるでしょうか。

かみ続ける事 60回。

はい 60回かめました。
はい 出して頂いて。

いいですね。 お見せしますね。

ここの この色から どんどん
こっちの色に変わるんですよ。

ところどころに 緑色の部分が
残ってしまっていました。

ところが平野さんが
気になったのは

かむ力ではなく
日向さんの舌でした。

こういったとこに
アカがつくように。

平野さんによると 舌には
かみ砕いた食べ物を塊にして

喉に送り込むという働きが
あるといいます。

日向さんは この動きを

十分に働かせていない可能性が
あるようです。

検査後 日向さんに
食生活についても尋ねました。

日向さんね ふだんのお食事の
様子を少し教えて頂けますか。

例えば朝とか どんなものを
召し上がってらっしゃいますか?

お昼ごはんなんか どうですか?

それをローテーションして?
はい ローテーションで。

こちらは日向さんの
ある1日の食事。

朝はパンを主食に
ベーコンエッグや かぶのみそ汁。

昼食は パスタに焼きいも。

夕食は肉シューマイとサラダ
という献立でした。

ちょっと気になるところが
あるんですけれども

実は こんなような表が
あるんですね。

肉 魚 卵 あとは野菜 あとは いも
あとは果物 菓子

というふうに あるんですけども

それをこのように
並べてみたんですけども

どのように並べたかというと
硬いものから やわらかいものに

並べてみたんですね。 そうすると
日向さんのお食事は

どうも こっちの方に
固まっている。
そうですね。

日向さんの食事は全体的に

やわらかい食品が
多く含まれていました。

口の衰えには こういった
やわらかいものに偏った

食生活に大きな原因があると
平野さんは考えています。

…なんて怖い事
書いてありますけれども。

かめない事から全身の機能が
低下まで いっちゃうんですね。

そうなんですね。

かみにくさを感じると やわらかい
ものを選びがちになり

さらに かむ力が低下するという
負の連鎖が起こるといいます。

このように食事が偏る事で
食欲が減退 栄養状態も低下し

最後には全身の機能が
衰えてしまう可能性が

高まるというのです。

やはり食のバラエティーさですね。

あとは ひいては先ほど
お話ししたようにですね

栄養のバランス
なんていうところも

とっても よくなっていくんじゃ
ないかなというふうに。

気付かないんですね。
自分の食べているものが

硬いのか やわらかいのか。
意識しない?        しないです。

確かに栄養あるのか カロリーが
高いのかどうかとか 塩分とか。

栄養面でね。
そう 気になるんですけど。

ごはん作る時に
硬いものを作ろうとか

たぶん今まで思った事ないですね。

そこが実は重要だったと。
そうですね。

見た事のない検査が
いろいろありました。

いや~ あんなに いろんな検査が
あるなんて。

今 VTRと一緒に タタタタタとか
やってましたけど。

スタジオやってました みんなね。
やってました。

お口の機能の状態を診るための
検査で 実は この4月から

口腔機能低下症を診断するための
7つの検査項目が

保険適用になったんだそうです。
すばらしい。

じゃあ 行った方がいいですね。

町の歯科医院などで
受けられるという事ですよ。

では ここからは
VTRにも登場されていた

東京都健康長寿医療センターの
平野浩彦さんと

ご一緒頂きます。
よろしくお願いします。

よろしくお願い致します。
VTRの日向さんもね

角煮 ご主人の好物の角煮
だったんだけれども

ちょっと おっくうだから
作らなくなってしまった。

作らない方に 取り込まない方に
というふうに なりがちですかね。

ならないようにしないと
いけないわけですね。

食べやすいもの
お年を重ねていくと

消化にも いいんじゃないか
という事で

やわらかいものに
行きがちなんですけれども

安易に そういうふうに
行ってしまうと

やはり やわらかいもの
やわらかいものに行くと

当たり前ですけども機能は
どんどん落ちていく。

もちろんバランスも
大事なんですけどもね。

そういう硬さというのも
ちょっと意識して頂くと

随分違うかなとは思いますけども。

かめなくなるという事が

要介護とか死亡率のリスクが
2倍になるって

ちょっと恐ろしいんですけれども。

あれは かなり衝撃的なデータだと
思いますけれども

口の機能が落ちるから直接
亡くなるって事ではないんですね。

あのデータは 千葉県の柏の
比較的お元気な方

約2, 000人を対象に調査をして
口の中のチェックもし

さまざまな検査も
したんですけども ささいな衰え

口の衰えが重なり合う事によって
あのような4年たつと

亡くなる方が
2倍になっていたって事は

ちょっと恐ろしいデータでは
あるんですが

口の衰えが進んでいくと
だんだん衰えていくのかな

あらがい力が落ちるのかな なんて
気がしてます。

かむ力が弱くなると どうして

全身の衰弱に
つながっていくんでしょう?

かむ力と全身の機能の低下って

すごい離れてるように
見えますけれども

まず気持ちなんですね。

もう年だから やわらかいもので
いいんだというところが

ちょっと悪いスパイラルの第一歩
なんですけれども

そうなってくると ご自分では
しっかり食べられるのに

どうしても やわらかいものに
手を出して

そうすると
かむ力は落ちていくと。

かむ力が落ちれば 今度は本当に
食べられなくなってしまうと。

そこで ちょっとした お病気で
それが どんどんどんどん

加速していく事もありますし
栄養状態も悪くなる。

栄養状態が悪くなると
今度はですね

お体を作ってる筋肉自体も
どんどん悪くなっていく。

かまないと かむ力が弱くなって

弱くなったら またかまなくなって
また筋肉も悪くなってという。

そうですね。 歩く機能
さまざまな機能も落ちていって

死亡率も2倍になったという
結果になったんだと思いますね。

ここで皆さん 自分の口が
どれだけ衰えているのか

チェックしてみませんか?

こちらが そのチェック項目です。

3つ以上 当てはまると要注意。

特に奥歯で しっかり かめている
事が大切だといいます。

お口を動かしてるのは
当たり前ですけども

筋肉なんですね。

本当に たくさんの筋肉が
あるんですけども

その中で代表的な筋肉が
ここのほっぺたにある咬筋

咬む筋って書きますけど 咬筋と
ここの側頭筋って

手のひらサイズぐらいある筋肉が
あるんですけども

このように こめかみの横の
ここら辺ですね

当てて頂くのと 親指で頬骨の
このちょっと下辺り

お食事をしてると 動くところ
ですけども そこをしっかり

グッグッと奥歯でかんだ時に
たぶん 皆さん方はですね

しっかり両方とも
動いてらっしゃると

思うんですけども これがですね
お年を重ねていくと

特に こちらの側頭筋
なんていうのが本当に

動かなくなる方が
増えてくるんですね。

それは奥歯ですね。

奥歯がすり減ると この側頭筋
全然 動かなくなるんですよ。

奥歯で かんでるのを前歯で
少し イーッてやるように。

前歯でだけ かんで頂くと
どうですか?

奥歯でかむと 側頭筋は結構
動くのが 前歯でやると…。

全く動かないです。

前歯で もぐもぐって
かんでしまうと

かめてないって
分からないんですね。

でも ここのこんな大きな筋肉が
使わなくても食べられる。

使えてない。

…ってなると当たり前ですけども
使わない筋肉は当然 衰えちゃう。

そういう事が知らず知らずに
起こるという事が

やはり今 怖いなと思ってる。

その口の衰えを防ぐには
どうしたらよいかについて

これから見ていきます。

お料理 調理
それから食材の使い方でも

防ぐ工夫ができるという事で
見て参りましょう。

千葉市にある歯科医院の院長
田沼敦子さん。

治療するだけでなく
料理研究家として

かみ応えのあるレシピを
研究してきました。

そんな田沼さんから よくかむ
料理のポイントを教わります。

まずは ここに ちょっと
きゅうりなんですけれども。

まず用意したのは
同じ大きさですが

切り方の異なる2つのきゅうり。

一つは酢の物に よく使われる

細かく切れ目を入れた
蛇腹切りのきゅうり。

もう一つは シンプルに
乱切りしたもの。

頂きます。
はい どうぞ。

日向さんに この2つを
食べ比べてもらいました。

つまり切り方を変えて
片方は大きく。

日向さんが飲み込むまでに
かんだ回数を数えてみると…。

大きめに切った乱切りの方が
およそ2倍多くかんでいました。

こちらは同じ量でも
具材の数が違う2つのおひたし。

一つは 小松菜のみのおひたし。

もう一つは 小松菜にキャベツと
ごまを加えた おひたし。

こちらも食べ比べてもらいました。

日向さんは具材の多かった
おひたしを

12回多くかんでいました。

これが2つ目の…

続いては よくかむレシピを二品
ご紹介します。

一品目の材料は こちら。

しらたきの他 油揚げや枝豆
かにかまぼこと

食感の異なる複数の食材を
組み合わせます。

薄くて やわらかいイメージの
油揚げ。

実は かみ切りづらく
飲み込むまでに時間のかかる

かむかむ食材だといいます。

焼いたものが
こんな感じなんですけど

本当に パリパリ カリカリって
こんな感じですね。

食感が楽しい油揚げと 彩り豊かな
具材が入った しらたきのサラダ。

かみ応えは いかがでしょうか?

頂きます。

おいしいですか。
それはよかった。

よくかむレシピ 二品目は
乾物を使った肉料理。

今回のポイントは かむかむ食材で
ある切り干し大根。

かみ応えのある厚めの牛肉に

たけのこを使った炒め物を
作ります。

歯応えのあるザーサイも加え
オイスターソースで味付けします。

まずは「材料を大きく切る」という
かむかむポイントにのっとり

大きめに切った肉と たけのこを

肉の色が変わるまで
軽く炒めておきます。

乾物は かむ回数が
増えるだけでなく

うまみが凝縮されているため

かめばかむほど おいしくなる
食材だといいます。

一丁前になってきましたね。
はい すごくおいしそうですね。

青みが入ると何となく
食欲が出てきますよね。

目が喜びますよね。

ごろっとした牛肉と
食べ応えのある たけのこ

切り干し大根の食感が
食欲をそそる一品です。

私が作る料理って皆さん
シーンとしちゃうんですよ。

どうしてかというと それだけ
よくかんで下さるからなの。

おいしいです とても。
よかった。

今日 先生に 具材は大きくして
提供した方がいいという

お話を聞いたもんですから
早速 大きくして

かみ応えがある食事を意識して
作っていって。

いや~ 乾物がいいというね。
切り干し大根。

切り干し大根おいしそうですよね。
おいしそうです。

味もよくなる。 かみ応えがある。
栄養も増える。

早速作ってみたいと思います。

中国料理に切り干し大根。

油揚げも そうでしたね。
それも驚きました。

それは かみ応えある食材だと
全く思いませんでした。

かむかむポイント
いくつか ありましたけれども…

そして最後に おっしゃっていた
お茶などで流し込まないで

自分の唾液で飲み込むようにする
という。

これ つい やってしまいがち。
くっというのは よくないと。

しっかりかんで 唾液でという。

料理は 実は主婦として 自分で
コントロールできる事なんですよ。

毎日 自分で決められるもの
なんですから

今の何べし 何べし 何べしを
ちゃんと守れば

かなり変わってくると思う。
家族も全員。

本当ですね。

その事を踏まえたうえで
じゃあ我々 一体

どんな食材 ふだん食べてるかしら
というのをね 確認しようと思う。

それをまとめたチェックの表が
あるので

ちょっと
お出し頂けますでしょうか。

先ほどのVTRにも
ちょっと出ましたけれども

やわらかいものから硬いものに
だんだん並んでますね。

これ ちょっと
見て頂きたいんですけども

皆様方も どのぐらいのものを
召し上がってるかな?というと

大体この下のところで
収まってるんじゃないか

という感じがするんですけども。

かめる方と かめない方を
比べてみますと

かめない方のほうが
一番右の下にあるですね

菓子とか果物のほうが
多くなるんですね。

皆さん 当たり前のように
硬い物を召し上がっていた方が

徐々に徐々に やはり
かめなくなっていくと

右下の方に行くという事に
なって

これは栄養のバランスを
考えているんだけれども

かめなくなると そのバランスが
やはり崩れがちになってくる

というような事だと思うんですね。

先ほどのVTRに出たように
音が出るような

ああいうようなお食事
一品でもいいから ちょっと

お口にするという意識を
持って頂くと

知らず知らずのうちに
このバランスも

よくなっていくのかなという気は
しますけどね。

じゃあ例えば肉だんごを
作ってしまったら 今度は大根

あるいは たくあんを入れるという
感じですね。

きゅうりを大きく切ってみたいな。

かむ事で唾液も いっぱい
出ますしね きっとね。

唾液というのは本当に重要な

キーな 口の中のキーワード
なんですけれども。

しっかりかむという事は
食べ物が飲みやすくなる

食べやすくなるという事の他に
消化の一部なんで

お口の中に アミラーゼなんていう
ものもありまして

それと しっかりと混ざり込む

もう口の中から消化作用が
始まってる

なんて事の意味では
とっても大事です。

なので唾液と しっかり
お食事を混ぜ込むという事も

重要なポイントかなと
思いますけどね。

さあ 続いてはですね
お口の衰え 改善予防に効く

口の体操というのがある
という事で ご紹介しましょう。

顔全体を中心に寄せるイメージで
行います。

終わったら顔を元に戻します。

今度は テレビの前の皆さんも
一緒にやってみて下さい。

これを1セットとし 毎日3セット
以上やるのが おすすめです。

何か ついてやってみましたけど

何か 知らない筋肉が
動かされてる感じがします。

ちょっと あったかくなるような
気がします。

使ってるなという感じ しました?
はい。

顔の中心に最初のグーの段階で
もう結構 疲れました。

グーとパーという事で
表情筋ですね。

お顔の筋肉 本当に さまざまな
筋肉があるんですけれども

それをしっかり動かす。

目を閉じる
開けるなんていうのは

これはダイナミックに 顔の表情を
作るという事になりますので

とっても効果…
脳の活性化なんて事に関しても

効果があるというふうにも
言われてますね。

今度は ぐるぐるというのは
ベロをぐるぐるですけれども

それは もう滑舌 舌の動きを
よくするという事は

先ほども お話ししてますけれども
飲み込む時の力こぶ

それを鍛えるというのも
ありますし

舌を動かすだけで随分 唾液も
出やすくなるかもしれませんね。

私 ほうれい線対策プラス
滑舌のために

実は ぐるぐるは やってました。
ふだんから? あ~ そうですか。

実際そういう方
いるかもしれないですね。

次の ごっくんですけれども

ごっくんは 今出た唾液を
しっかり飲んでみましょうと。

最後に使ったベロをしっかり
もう1回 前へ出して

ストレッチを もう1回やってみる
なんていう事ですね。

そういった事で
一連の運動としてはですね

非常に戦略的に考えられた運動だ
というふうに思います。

一日3セットだそうですよ。

いかに動かしてないかというのを
感じますね。

ここからなんですが

しっかり かむ力の効果というのは
お口まわりだけでなく

今や全身にも影響があるという
事が分かってきたそうなんです。

ご覧頂きましょう。

かむ事と全身の運動機能の
関係について研究している

武田友孝さん。

かむ事が口まわりだけでなく

全身に影響を及ぼす事が
分かってきたといいます。

バランス能力を測定する
実験には

下に突起がついた このボードを
使い その上に乗って測定します。

ボードに内蔵された装置が
その傾きを計測し

どれだけ ふらついたのかを
数値化します。

すると かんだ状態の方が
ふらつきの大きさを表す数値が

小さく安定していた事が
分かりました。

かむ事と筋力の関係についても
実験しました。

その結果
ガムをかんだ直後の方が

およそ15%
筋力が増加していました。

また握力についても
測定したところ

同じく5分間 ガムをかんだ
直後の方が

かむ前よりも筋力が
上がっている事が分かりました。

なぜ かむだけで

全身のバランス能力や筋力が
高まるのでしょうか。

歯の根元と骨の間には「歯根膜」と
呼ばれる薄い膜があります。

ものをかむと 歯根膜から
神経を通して 脳に刺激が伝わり

脳のさまざまな働きを
活性化させます。

これが記憶などの認知機能や
感情などに影響を与え

さらに全身の運動機能を高めると
考えられています。

いや~ 驚きました。 バランスも
筋肉の力も影響してくるんですね。

全身に。 武田さんによりますと
中高年の方

運動の時にガム
おすすめだそうですよ。

運動機能の向上ですとか あと
エネルギー消費も高まるんだそうです。

エネルギー消費まで。

プロ野球選手が
バッターボックスに入る時に

マウスピースを最近している方が
ありますが

歯の保護というだけでなく
やはりパフォーマンスの向上に。

つながるんですか?
つながっていると。 同じ原理だと。

ガムかんでる方も多いですよね
大リーグの方とか。

それも そうでしょうか?

そういった ちゃんとデータが
あるわけです。

よく最近できるだけ歩く。
散歩 行くんですけど。

その時に いいと思いますよね。

かみながら歩くと
いいかもしれませんね。

お口まわりだけじゃない
という事が言えそうですね。

どうやら平野さん。
そうですね。

直接 間接 いろんな事が
絡み合ってると思います。

口の中というのは 先ほど歯根膜
って話が出ましたけれども

お口の中の感覚って 本当にもう
デリケートで

なおかつ本当に いろんな感覚が
口の中 お顔にあるんですね。

そういったところをしっかり使う。
フルに活用する。

それは食べる事も
そうですけどもね。

そういった事でも本当に
大事なんだろうなというふうに

思ってますけどね。

その結果として
体作りというところにも

つながるんじゃないのかなと
思いますけどね。

口の衰えを防ぐために
皆さんに改めて最後

平野さん メッセージ
頂けますでしょうか?

本当に我々の口の周り
食事を介してですけれども

やわらかい食事が増えてきました。

おいしいお食事も
多いんですけれども

でも やはり その口というのは
残念ながら年を重ねると

徐々に落ちてきます。
その中でですね

一品でもいいので
そういったお食事

かみ応えのあるお食事なんて事を
気をつけてると

自分の口の衰えに
早期に気付いたり

工夫ができたり そんな事も
できるんじゃないかな

なんて思ってますけれども。

何か意外な発見が いろいろ
今日ありましたね。

いかがでしたか? アグネスさん。

私は これから料理作る時

あるいは選ぶ時 栄養とか
カロリー以外に もう一つ

どこまで かめるか。
そうです。

かむ力を高める食材と料理を
選んでいきたいと思います。

大きめに切って そして乾物を

これから たくさん使おうと
思いました。

かむかむ食材。

そして いろんな材料を
混ぜ合わせたり。

いいと思います。

今日はどうも
ありがとうございました。

♬~

「人生の思い出レシピ」の
コーナーです。

今回の思い出レシピは
こちらです。

お~ これは お赤飯のおにぎり。

屋外で。
そうですね。

おめでたい雰囲気もあって
いいですね。

やっぱり赤飯だと
何となく おめでたくなる。

どんなシチュエーション
だったんでしょうか? これは。

大事な時だったのかしら。

視聴者の方から頂いた
ご投稿をもとに

イラストで再現したものです。

茨城県にお住まいの吉田幸子さん
65歳の方からのお便りです。

「私の思い出レシピは
亡き母の赤飯おにぎりです。

今から45年前 故郷である
筑波山を見せたくて

結婚前 主人を実家に
連れて行きました。

その時 母が作ってくれたのが
釜で蒸した赤飯。

これから筑波山に行くと言うと
おにぎりにしてくれました。

母は田舎で ごちそうはないけれど
と恐縮していましたが

その味は絶品でした。

今も主人が『あの時の赤飯の
おにぎりは うまかったな』と

言うほどです。 亡き母の心の
こもった赤飯は 私の宝物です」。

ご結婚前に
まだ彼氏だった頃のね。

今の そのご主人を
ご実家に連れて行く思い出と

あと このね お母様のおにぎり
という何か おめでたい。

ですよね。
2つの事が重なって。

お母様のお赤飯のおにぎりという
思い出でした。

さあ今日は お口の衰え。

とにかく やっぱり硬いもの基準で
食材を選ばなかった自分と

いかに かむ事に そんなに意識を
置いていなかったかという。

置いてなかったですね。
しっかりかむ 大事ですね。

だって全身の事ですね。
そうそう 本当に歯って大事。

あと舌も大事なんですね。
いっぱい おしゃべりしましょう。

それと唾液も出す。
どんどん出していきましょうね。

ぐるぐるやったり
うにゅうにゅって動かしたり。

よくかむという。
よくかむ。 そうです。

アナウンサーは
かんじゃいけないんですけど。

舞台 女優さんも そうですね。
私も そうです。

せりふ かんじゃいけないけど。

食生活では かんでいく。
今かみました。

怖い怖い。 私も せりふが怖い。

意識すると難しい。
そんな感じです。


関連記事