池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!! 石原良純、北斗晶、菊池桃子、ビビる大木…


出典:『池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!!』の番組情報(EPGから引用)


池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!![字]


今だから知っておきたいニュースを生放送で池上彰が徹底解説!…米中で冷戦勃発!?記者死亡事件で話題のサウジアラビアってどんな国?ニュースの疑問をすっきり解説!


詳細情報

◇番組内容

①アメリカVS中国の冷戦が勃発している!?…最近激しく中国を批判しているトランプ政権。一体その狙いは?間に挟まれた日本は一体どうすれば?池上彰が生放送で基礎の基礎から詳しく解説!②記者死亡事件で度々ニュースとなっているサウジアラビア。一体どんな国?生放送でわかりやすく解説!ほか

◇出演者

【ニュース解説】池上彰

【進行】宇賀なつみ(テレビ朝日アナウンサー)

【ゲスト】石原良純・北斗晶・菊池桃子・ビビる大木・向井慧(パンサー)・鈴木ちなみ

◇おしらせ

☆番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/ikegami-news/



『池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!!
  1. 中国
  2. アメリカ
  3. サウジアラビア
  4. 日本
  5. トランプ
  6. 大統領
  7. 色んな
  8. イスラム
  9. トランプ大統領
  10. 関税


『池上彰のニュースそうだったのか!! 今知りたいニュースを生放送で徹底解説SP!!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

≫さあ、始まりました。

今日は生放送で
今話題のニュースについて

時間の許す限り
解説してまいります。

≫世界が注目
更に日本が関係するから

これくらい知っておこうを
テーマに

お送りしていきますが
まずは今週は

色んなことがありましたね。
≫ありましたね。

今週は日産自動車会長の
ゴーンさん逮捕の

ニュースから始まり

きのうは万博が大阪でと。

≫2025年。
≫大阪で万博だっていう

思い、あります?

≫僕は1970年の万博
こんにちは、こんにちはで

世界とつながったイメージが
ありますから

ちょっとドキドキしますね。

≫あのことを知らない方も

ずいぶん
若い方は多いですからね。

≫北斗さんはいかがですか?

≫私はたぶん、3歳とか
それくらいだったので

太陽の塔とかそういうのを
ニュースとかで

すごい見て、それをもじった
映画もありましたから。

ちょっと怖めの。
それで結構覚えていますね。

≫池上さんは
どう受け止めていますか?

≫かつての大阪万博って

東京オリンピックの
あとだったでしょう。

今回も2020年に
東京オリンピックがある。

大体、オリンピックがあると
オリンピックが終わったあと

ちょっと
景気が落ち込むわけですね。

そこで2025年に大阪万博で

また景気が落ち込むのを
防ごうという

政策なんだろうと思うんですけど

さあ、これで
大阪がどうなるのか。

あるいは日本全体に
どんな影響があるのかないのか

注目したいですね。

≫ゴーン容疑者の逮捕については
どうですか?

≫これは日産自動車と
あるいはここのところに来ると

フランスのメディアから
陰謀論が出てきたりして

同じ事件でも国によって
ずいぶん受け止め方が

違うんだなと思うんですが
容疑事実が

次々に
びっくりするような金額が

出てきていますね。

≫お金がすごいですよね。

考えられないぐらいの額を
受け取ってたんですよね。

≫今、出ている
すごい金額って

あくまで2014年までの
話ですからね。

つまり、東京地検特捜部としては

2015年以降については
このあとまた事件にしようとして

待ち構えているわけですね。

まだまだしばらく
続くだろうということですね。

≫大木さんは
ほかに気になるニュースは

ありましたか?

≫やはり
逮捕、万博とありましたが

我が巨人軍に

助っ人外国人が入りまして

ちょっと言いにくくて
あれなんですけど

俺も覚えるのに必死なんですが。
≫それに並ぶニュースではない。

≫若くていいのが入りましたので
1つお願いします。

≫想定どおりの
お答えでございます。

≫嫌だ、想定どおりでしたか。

≫では今日は
時間に限りがありますので

進みましょうか。

それでは、世界が注目
これくらい知っておこう。

≫世界を引っ張る2大大国。
アメリカと中国。

そんな両国が今、新たな冷戦の
始まりかというほどの

にらみ合いに。

アメリカが関税を上乗せすれば
中国もやり返す。

ニュースで聞くけど
なぜ、こんな事態に?

そこで今回は
アメリカVS中国

基礎の基礎から徹底比較。

アメリカの州と中国の省は
何が違う?

国のリーダー
権力はどれくらい差がある?

リーダーのお金事情。

実は、報酬は激安だった?

大国なのに意外と知らない。

色んなことを比べてみれば
もめている訳がよくわかる。

更に
ジャーナリスト殺害事件で

非難殺到のサウジアラビア。

皆さんはサウジアラビアと聞いて
どんな言葉が浮かびますか?

≫まずはこれくらい知っておこう
アメリカVS中国。

新たな冷戦時代へ突入か。

まずはこちらをご覧ください。

≫最近、こんな映像が
物議を醸している。

中国の5つ星ホテルでは

洗面台を拭いたタオルで…。

客も使用するコップを
拭いている。

ショッピングセンターでは…。

子どもたちが迷惑行為。

一方、アメリカでは
こんなやり取りが…。

≫更に追及をやめない記者に…。

≫そして、この両国
最近、関税で大もめ。

≫今、何が起きていて
なぜ、もめているのか。

アメリカVS中国
ラウンド1。

比べてみると
もめる理由が見えてくる。

≫さあ、まずは
アメリカと中国を比べて

もめている理由を
探っていこうということです。

では、基礎の基礎から
見ていきましょうか。

まずはこちらです。

≫向井さん、アメリカの州は
いくつありますか?

≫州?
国旗の左上の星の数が

どうたらみたいなのが…。
50付近だとは聞いてます。

50でいってみましょうか。

≫言い切ってくださいね。
50です。

じゃあ、中国の省は
いくつありますか?

≫広東省とかそういうこと?

≫そういうことです。

≫でも、20付近っていうのは
聞いたことあります。

20いくつみたいなのは
聞いたことがあるんですけど。

20台。
≫北斗さん、どうですか?

≫私も30付近ではないかと
思うんですけどね。

≫じゃあ、菊池さん。
≫私、州はよく

話題になるんですが
省ってなかなか聞くことがなくて

50付近でお願いします。

≫どんどん
上がっていっちゃった。

≫国土は広いですからね。

≫なんと
これはびっくりするんですが

向井さんが一番近かったですね。

23と
20付近ではあるわけですけど

これ、実は
まったく違いますよね。

アメリカの州というのは
ステートなんですが

要するに1つ1つが
国みたいなもんですよね。

それぞれが軍隊を持っていますし
それぞれが憲法もある。

それぞれ
独自の法律もあるというのが

アメリカの州。
ステートを日本では

州って訳していますけど
50の国が

集まってアメリカが
できているようなもの。

それに対してこちら
省というのは

日本では厚生労働省とか

文部科学省って
役所の意味でしょ。

元々、役所の意味から
来ているんだそうですね。

中国でそういった役所が

置かれていた地域ごとに
省と名付けたというわけで

ここはアメリカの州の場合は
州知事は

州の人たちの選挙で選ばれますが

中国はこの人たちが選ぶことは
できないわけですね。

共産党の人事異動で
それぞれ省のトップが

決まっていくという。

そういう
非常に違う2つの国なんですが

この2つの大国が
現在、新しい冷戦状態とも

言われています。
その国のリーダーが

この2人です。

さあ、じゃあここで
そろそろビビるさんに…。

≫そろそろ?

≫ビビるさん、この2人の名前を
知っていますか?

≫トランプさんと習近平さん。

≫馬鹿にするなって
怒り出すかと思ったんですが。

≫びくびくしちゃった、俺。
合ってますよね?

大丈夫ですよね?

≫ビビるさん
人間ができてきましたね。

馬鹿にするなって
怒るんじゃないかと思って。

≫怒りませんよ。
いよいよ出番といわれたんで

俺、オープニングが
カットになっちゃったのかと。

≫流れてます、生なんで
カットとかないです。

≫生放送ですから。

じゃあ、名前がわかったところで
この2人の年齢はいくつですか?

≫習さんは
60いくつじゃなかったですか?

≫なるほど。
大体今、20付近とか…。

≫言い切れない。
≫60付近。

≫じゃあ、トランプさんは?

≫トランプさんは70付近…。

意外とお年が…。
70代かと。

≫じゃあ、答えはこちらですね。

習近平さん65歳

トランプさん72歳
というわけですね。

習近平さんって
学生時代にサッカーを

やっていたこともあって

実は大のサッカー好きなんです。

サッカー選手を養成するための
学校も作ったりしていますね。

一方、トランプさんは
ゴルフとプロレス観戦が趣味と。

過去には
プロレスのマネジャーとして

リングに上がったことも
あります。

≫出てたね。
≫鈴木さん、トランプ大統領って

どんなイメージがありますか?

≫さっき
VTRでもあったんですが

発言が
何を言い出すかわからないような

ちょっとなんなの?っていう感じ
そういうイメージがあります。

≫北斗さんはどうですか?
≫私はトランプタワー

それだけですよ。
たくさんそういうビルを

いっぱい持っていたりとか
大金持ちなイメージですね。

≫良純さんは?
≫政治家というより

実業家みたいな。

新興実業家みたいな感じかな。

≫そうですね。
実業家というと

こんなイメージを持っている方
多いですよね。

こちら、大金持ち
トランプタワーですね。

保有資産およそ3500億円
というわけですね。

アメリカの長者番付
「フォーブス」という

経済雑誌があるんですが

それの
2018年のデータによると

31億ドル、日本円にして

およそ3500億円
というわけですね。

ちなみに習近平国家主席の
資産というのは

公表されていません。

いくら持っているか
わからないというわけです。

≫持ってるでしょうね。

≫トランプ大統領
元々ビジネスマンですね。

アメリカの不動産王と
呼ばれていた。

資産が
大変なものだというわけです。

ただし、ここへ来て
ニューヨーク・タイムズなどが

本人が
これだけ稼いだんじゃなくて

お父さんが大金持ちで
子どもの頃から

お父さんからもらったお金を
運用しているだけという

ニュースが
最近出るようになってますけど

もちろんトランプさんは
そういうものは

フェイクニュースだと
言っていますが。

じゃあ、北斗さん
トランプ大統領って

年収、年俸ですね
どれくらいだと思います?

つまり、アメリカの
大統領というのはいくらぐらい。

≫大統領としてですか?
冒頭でそんなにもらってないって

出てたので、でも国土がやっぱり
アメリカって大きいですから

それを考えると、おまけして
10億ぐらい。

≫そんなに?
≫そんなもらってます?

≫ちなみにヒントですけど
日本の安倍総理大臣は

およそ4000万円です。

≫じゃあ2~3億円
ってところですね。

≫ちなみに
カルロス・ゴーン容疑者は

日本でもらっているだけで
7億3000万円と。

≫日産の
公表されている分ですけどね。

≫あくまでね。
じゃあ2~3億円。

2億と3億じゃ
えらい違いですけど。

≫3億円ってところに
しておきます。

≫それでいいですか?
良純さん、どうですか?

≫そんなにもらってないって
聞いたような。

8000万円ぐらいかな。
倍ぐらい。

なったことないから
わかんない。

≫実はこちらです。
アメリカの大統領ですら

5100万円。

実は大統領の給料が
40万ドルで

それ以外に
税金のかからない経費が

5万ドルというわけで
合わせて45万ドル。

日本円にして
5100万円というのは

大統領としての
報酬ということになるんですが

トランプさんは選挙中
もし自分が大統領になったら

報酬は1ドルしかもらわないと
言っていますので

ですから、それ以外は

寄付をしているのだろうと
みられているということです。

自分は金持ちだから
そんな給料はいらないと

言っているわけです。

≫池上さん、大統領になっても
トランプさんは

自分のタワーの収益って
自分のものとして

使っていいんですか?

≫トランプタワーに関しては
自分の息子たちに

全部、あそこの会社を
譲ったんですね。

だから本人とは
直接関係がないという言い方に

現在は
なっているということです。

≫歴代の大統領たちも

同じぐらいだった
ということですか?年収は。

≫これは数代前までは
もっと安かったんですね。

日本の総理大臣より
だいぶ低かったんですが

ちょっとこれは
低過ぎるんじゃないかといって

ここのところこれくらいの金額に
なったということです。

じゃあ菊池さん
習近平国家主席の年収は

どれくらいだと思いますか?

≫あまりもらい過ぎても
厳しそうな国なので

1000万円。

≫大体皆さん
そんな感じですか?

≫でももっと
もらってるんじゃないかって

思いますけどね。

≫共産国だから。
≫年収はこのぐらいです。

最近発表されました。
300万円。

≫またそれが逆に怖いよね。

≫国家主席として
300万円なんですけど

非常に不思議なのは
習近平国家主席の娘さんが

アメリカのハーバードの
ケネディスクールに

留学していたんですね。

2年間ですから大体、学費は
1000万円ぐらい

かかるんじゃないかと
思うんですが

年収が300万円で、どうして
それを賄えたのだろうという

疑問はあるんですが
ただしこれは

あくまで国家主席としての

給与ということになります。

習近平さんは
中国共産党の総書記ですよね。

あるいは軍事委員会主席

つまり、軍隊のトップという役も
持っていますから

そちらで
いくらもらっているからは

公表されていないんですね。

つまり共産党って
あくまで内部の話だから

これは公表されない。

ただ、国家主席は
政府の役職だから

公表されたというわけで

実際ははっきりしない
というわけですね。

良純さん
さっきトランプ大統領っていうと

ビジネスマンという印象があると
おっしゃっていましたが

じゃあ習近平さんは
何をしてた人でしょう?

≫習さんは役人なんじゃ
ないですか。違いましたっけ?

≫まあ、結局役人のような仕事を
してましたけど

実際は政治家といいますか
中国共産党員として

共産党の中でだんだん上まで
上がってきたというわけです。

実は父親が
かつて迫害されたことがあって

その父親の息子だからといって

実は息子も迫害されて
本当に片田舎に

飛ばされていたこともあった。

そこから
だんだん這い上がってきた

大変な苦労人だということは

事実ですね。

トランプ大統領は
お金持ちの家に育ったわけですが

そういう意味で言うと
習近平さん

最初はいいところに
生まれたんだけど

父親が迫害されたものですから
本人も大変苦労していたと。

1974年、20歳のときに
中国共産党に入って

地道に功績を積み上げて
ついにトップになった。

これが
中国共産党の組織図ですね。

いわゆる一番トップが総書記
1人ですね。

党員は2016年末時点で
8945万人。

≫ここからは1人はすごい。

≫ドイツが
8500万人くらいですから

ドイツの国民の人口よりも
中国共産党の党員のほうが多い。

その中から選び抜かれた
中央委員が204人。

そこから更に選ばれた
政治局委員が25人。

25人のうち7人
政治局常務委員。

その中から更に総書記が1人と。

ここまでずっと這い上がってきた
というわけですよ。

≫このルートじゃなければ
総書記にはなれないんですよね?

≫そうです。それも
それぞれの年齢がありますから

かなり若い段階で
中央委員になっていないと

それぞれに定年のようなものが
あるんですね。

かなり年を取ってから
ここになったところで

そこでおしまいですよ
となるわけです。

≫党員になるのも
大変なんですよね?

15人に1人ぐらいですから。
≫そうですね。

党員になるためには
まずその前に青年共産団という

共産党の
青年組織みたいなところに入り

一定の活動をして
よし、これならいいぞと

判断されたら
党員になれるというわけです。

≫そんなに選ばれてんのに
300万円って

少な過ぎないですか?という
感じにはならないんですか?

≫これは共産党の組織ですから

習近平さんはあれは
国家主席としての報酬ですから

共産党の党員のときに
どれくらいもらっていたか

一切、公表されていない。
≫そこはわからないんですね。

≫こっちはわからないと。

ただし、実際に
現金でもらわなくても

色んなところで
色んな権限がありますから

もちろん住むところも含めて

そんなに家賃など
かからないわけで。

実際には現金以外では
色んなものを

もらっているんじゃないかとは
想像できるんですけど

はっきりしないですね。

そして
その習近平国家主席の権力を

決定付ける出来事が
今年3月にありました。

こちら、今年3月
中国の国会に当たる

全国人民代表会議で
賛成多数で

憲法が改正されました。
それまで、国家主席というのは

任期があったんですが
任期をなくしたんですね。

共産党のトップの総書記って
任期がないんですよ。

ただし、これまでは
国家主席が任期があったので

任期が終わったら
引退していたわけですけど

これも
任期がなくなっちゃったんで

本人がその気になれば
あるいは環境が許せば

ずっとこれからも
トップであり続ける

≫習近平国家主席の任期が
なくなった。

つまりこれからずっと
国家主席であり続けようと思えば

できるような状態になった。

それだけの絶対的な権力を
持つようになった。

それをよく表す写真があります。

こちらご覧ください。

2014年と今年

安倍総理大臣と会ったときの
様子です。

2014年に会ったとき
どうですか?

安倍さんと目を合わせようと
してないでしょう。

後ろに国旗もないでしょう。

今年
ちゃんと目と目を見合わせて

笑顔があって
更に後ろに日の丸

国旗があるというわけです。

つまり、中国のトップとして
日本と仲よくなると

仲よくなり過ぎると
過去には国内で

批判が出たんですね。

だからうっかり日本の総理大臣に

笑顔を見せにくかったんですけど
今や絶対的な力を持っているので

誰も逆らえない。
安心して安倍さんと

笑顔で見つめ合い

また、日の丸を
写すことができる。

これは習近平国家主席が
それだけの権力を持ったことを

表しているんです。

一方、トランプ大統領ですが
権力の握り方は

ほかの大統領とは
だいぶ違うんですね。

こちら、極端な身内主義ですね。

長女・イバンカさんが
大統領補佐官でしょう。

その夫が大統領上級顧問。

更に、長男と次男が
政権移行チーム。

つまり、大統領になるときに
誰をどの長官にするかというのを

選ぶというのも
子どもたちにやらせている。

≫こんなに
ファミリーで固めていて

でも、周りの人には
厳しいですよね。

≫そうですよね。

自分に絶対的な忠誠を
誓わない者には

どんどん追い出すということを
していますね。

あるいは
自分の身の回りにいる人が

例えばファーストネームで

ドナルドっていうと
ムッとするそうですね

ちゃんとプレジデントトランプと
言わないと

怒るといわれていますね。

気に入らない人は次々に
辞めさせられているわけです。

政権1年目の大統領側近の離職率

つまり大統領の政権に
入ったんだけど

1年間で辞める人っていうのは
歴代の大統領で

いつもいるんですね。
大体10%台後半だったんですが

トランプ政権は34%。

なんと1年目で3分の1は
辞めているか

あるいは
辞めさせられているという。

中には在任10日間で
クビになった人もいると。

≫国内で批判とか
出ないんですか?

≫もちろん民主党支持者は
大変批判していますけど

共和党支持者は
まあ、トランプ大統領だからね

色んなことがあるよみたいに
大目に見ていますね。

じゃあ、鈴木さん
習近平さんとトランプさんの

それぞれの奥さん
どんな人かご存じですか?

≫習さんの奥さんは
あまりイメージがないですけど

トランプさんはメラニア夫人って

すごい美人の奥さんが
いらっしゃいますよね。

≫そうですね。
こちら、ちょっとご覧ください。

メラニア夫人は元モデル。

スロベニアからアメリカに
やってきた人ですけどね。

こちら、習近平さんの奥さん
元歌手のホウ・レイエンさん。

実は習近平さんが
ここまで出世する前は

奥さんのほうが
はるかに有名だったんですよ。

だからホウ・レイエンさんの

ご主人、夫という
扱いだったんです。

国民的な大歌手でして

日本で言うと、例えると
美空ひばりと都はるみを

合わせたぐらいというと
なんとなくわかります?

≫ちょっと
わかんないと思うんですけど。

≫いずれにしても
すごい方ですね。

≫さあ、では
これまで2人が進めてきた

政策を比べてみましょうか。

象徴的なのはこれではないか。
舌と壁。

さあ、この壁については
有名ですよね。

トランプ大統領
選挙中からメキシコとの国境に

壁を造ると言っていましたが
それだけじゃないんですね。

トランプ大統領の政策
例えばイスラム教徒の国から

入国を、あるいは移民を
受け入れないようにするとか

あるいは外国からの輸入品に
関税を更に追加してかけるなど

色んなところで
貿易の壁を造っている。

アメリカファースト
とにかくアメリカのためなら

色んな壁を造ることを
やってきた人が

トランプ大統領ですね。

一方、中国の舌というのは
これを意味します。

南シナ海ですね。

これがまるで舌みたいなので
中国の赤い舌と呼ばれています。

こんなに中国の本土から
離れたところも

中国の海だと言って
ここに次々に

岩礁を埋め立てて
島を造ってしまって

軍事施設を
作ってしまったという。

中国はこうやって更に勢力を
拡大しつつあるというわけです。

≫これはさすがに
文句を言われますよね?

色んな国から。

≫これは
例えばベトナムの辺りだと

軍隊の衝突なんていうのも
起きていますよね。

フィリピンの場合は
前の大統領のときに

仲裁裁判所に訴えて
結果、ここは中国の主張に

法的な根拠はないという
判決が出たんですよ。

ところが中国は
そんな判決は単なる

一片の紙切れに過ぎないと

これを徹底的に
無視していたんですが

現在の
ドゥテルテ大統領になったら

この島はフィリピンのものだと

≫今夜は生放送で
お送りしています。

池上さんが解説する
アメリカVS中国。

続いては経済について。

≫アメリカと中国といえば
経済で1位と2位の大国ですね。

それを象徴する
こんなランキングがあります。

こちら、アメリカの
経済誌「フォーブス」が

まとめた売上高や利益
保有資産や

時価総額などをもとに
発表している

2000社ランキングで
1位から10位、見てください。

中国とアメリカしかないです。

それぞれ
5社ずつというわけです。

≫しかもアメリカよりも

中国がワン、ツーを
占めているんですね。

≫こんな状態、本当に経済大国
2国というのがわかりますが

ちなみに北斗さん、10位以内に
日本の企業が入っていません。

日本の企業で
一番上に入っているのは

何位ぐらいだと思いますか?
≫何位だろう。

入っているのはたぶん
車関係じゃないかと思うんですが

その辺りは有名なので。

12~13位には
入っててほしいですね。

15位より上にいてほしい。

≫大木さん、ちなみに
どの企業だと思いますか?

≫トヨタ。トヨタ自動車。

≫何位ぐらいですか?

≫僕はもう11位って
信じてます。

≫ここにいないんだったら
そこがいいですね。

≫さすがですね。
12位です。

≫近かった、北斗さん。

≫ちなみにトップ50に入るのは
37位だと三菱UFJ

39位がソフトバンクですね。

46位がNTT。

そして話題の日産は
97位だそうです。

≫でも低いんだね。

≫そして、更にアメリカと中国は
こんな争いが

問題になっていますね。

争いになってくるんですが
これ、実は中国なんです。

今年1月から3月の
映画の興行収入で

中国がアメリカを抜いて
世界1位になった。

≫世界での鑑賞ではなくて
世界中で?

≫だから例えば
ハリウッド映画とかですね。

中国の国内での
映画の興行収益が

アメリカを抜いて1位なんです。

≫単価は中国のほうが
安いでしょうけど

人が多いっていう…。

≫それなのに
なんで1位になったと思います?

≫中国はネット規制が
厳しいじゃないですか。

だからネットで色んな動画を
見ることができないから

映画館に人が集まる。

≫これまでは、アメリカより
下だったんですよ?

今年の1月から3月になって
急にアメリカを抜いたんです。

≫更に
ネット規制が厳しくなった。

≫こだわりますね。

≫ネット規制じゃなくて
海賊版のDVDの

取り締まりが強化された。

それまで中国は
アメリカで映画が公開されると

すぐに海賊版でDVDが
出回ってしまって

みんな海賊版で
見ていたんですよ。

ところが、そういうことを
やっちゃいけないよというので

規制を厳しくした結果
海賊版のDVDが

見られなくなったので
映画館に足を運ぶようになったと

いわれているわけですね。

とにかく中国というと
今、映画で

興行収入が大きいとなると
アメリカのハリウッドとしても

中国を対象にして

昔は結構
中国を馬鹿にしたような映画って

あったんですけど
今はそんなの出すと

大変ですからね。

≫映画、何げなく見ていても
中国が舞台になってたり

ワンシーンだけ
中国の街が出てきたりすることが

増えましたよね。

≫あるいはヒーローやヒロインが
中国人という設定も

やっぱり中国をマーケットとして

より大事にするように
なったということでしょうね。

≫続いては
報復関税についてです。

大きなニュースとなっていますが
まずはこちらをご覧ください。

≫アメリカVS中国
ラウンド2。

やられたらやり返す?

最近、アメリカと中国の争いで

ニュースになっているのが
輸入品にかけられる関税。

≫このやり取りは一度だけでなく
どんどんエスカレート。

まさにやられたらやり返す状態。

日本への影響も懸念されている

アメリカと中国の報復合戦。

この報復関税は
いつまで続くのか。

そして
どんな結末を迎えるのか。

≫このニュースは今年
よく報道されていますが

鈴木さん、そもそもどうして

こんなことに
なってしまったのか。

≫アメリカが貿易赤字でしたっけ
すごく中国のものを

買い過ぎているから
トランプがけしからんってなって

締めつけを始めたっていう
イメージがあります。

≫そのとおりですよね。

じゃあ、このニュース
また基礎の基礎から

参りましょうか。

向井さん
関税をかけ合っていますが

そもそも関税って
なんのためにあるんでしょう?

≫自分の国を守る…。
理由とかなんでじゃなくて

いるっていうことですよね
絶対に。

自分の国を守るために

いるというのは
間違いないことですよね。

守らなきゃいけないという。

細かいことは1回置いておいて
守るという。

≫細かいことを置いておいてね。

じゃあ私が
その細かいことを説明します。

≫お願いします。

≫こちら、基本は
安い海外製品が入ってくると

国内の産業が打撃を受ける。

だから、外国からの商品
安い商品に

関税をかけて高くしておいて

国内の産業を
守ろうというものですよね。

でも、こんなことをやっていたら
それこそそれぞれの貿易が

発展しない。

なるべく関税を下げて

自由に色んなものが
輸入できるようにしようと

やってきた。

世界的に、みんな関税を
なるべくやめましょうという

話し合いをしてきたんですけど
トランプ大統領は違うんですね。

トランプ大統領は
こういう考え方を持っています。

こちら、貿易収支ランキング
というのがあります。

ざっくり言うと
自分の国から外国への輸出額から

輸入額を引いたもの。

どれだけもうけているか
ということですね。

1位は中国、ドイツ、ロシア

韓国、サウジアラビアと来て

なんと調査している
217の国と地域の中で

アメリカは最下位。

中国は
47兆円ももうけているのに

アメリカは逆に97兆円も
損をしている。

ちなみに日本は16位ですね。

この辺りということに
なるんですが

そして、アメリカが
特に中国を標的にする理由は

内訳を見るとわかります。

こちら、アメリカの貿易赤字
一番多いのは中国。

そしてメキシコ
そして日本が入るんです。

これだけの赤字が出ている。

これをなんとかしなければ
いけないというのが

トランプ大統領の考え方。

とにかく
このためには中国をたたいて

国内の企業を守り、雇用を守れ。

そうすれば2年後の大統領選挙で
自分が当選できると

考えているというわけですね。

そして、関税の上乗せというのを
何回も繰り返しています。

こちら、まず7月には
中国からの製品のうち

340億ドル分に
25%の関税を上乗せしました。

元々関税は
かかっているんですけどね。

更にそこに25%の上乗せ。

8月には160億ドル
そして9月には2000億ドルの

関税をかけたとなりますと

当然、中国も
黙っていませんよね。

中国はこういう対抗措置を
取っています。

まったく同額ですね。

340億ドル。
160億ドル。

ところがここへ来て
600億ドル。

≫急に下がりましたね。

≫これはつまり
アメリカは中国から

大量の物を買ってるんですが
中国は

アメリカから、それほどのものを
買っていないものですから

これ以上

もうかけられなくなってしまった
というわけなんですね。

これ、報復関税というのは

要するになるべく関税を
やめましょうというときに

それこそ
国際ルールにのっとらずに

いきなり関税をかけた場合

それと同額だけ
報復をすることが

国際ルールとして
認められているんですね。

ですから、中国にしてみれば

なんで
こんなことをやるんだというので

国際ルールに基づいて
同額だけ報復をしているんですが

ここに来て、ついに弾切れという
状態になっているわけです。

≫これは関税を上げ合って
大きな影響が

出るわけですよね。

≫今、特に中国が
だいぶこの影響を

受けてきていると
いわれています。

最近、こちらご覧ください。

アメリカって中国からの輸入額が
これだけあるわけですよ。

ここまで関税を
かけたわけですね。

ところが中国は
ここまでしかないわけです。

このあと、アメリカが
これを関税かけるぞと言ったら

残りが、ここしかない。

もう対抗措置がないというわけで

中国はかなり不利に

なってきている
というわけですよね。

≫池上さん、報復関税って
トランプ大統領が

中間選挙に向けて
やっているのかなと

思ったんですが

終わったじゃないですか。

でもまだ
これからも続くんですか?

≫ええ、もう2年後の自分の
大統領選挙を見据えていますから

終わらないです。

≫これ、中国にですが
この手法はどこの国に対しても

取れるってことですよね?

≫そうなんです。
だから、今は中国にですけど

これはあと
もし中国との話し合いが

まとまれば
さあ次はさっきの順番で言うと

次はメキシコであり
その次は日本だと。

≫こういう兵糧攻めをされたら
持たないっていうことですよね。

大国アメリカにはどこも…。

≫そうですね。
だから今、アメリカは日本とも

FTAの交渉を

しようじゃないかという
言い方をしている。

それがまとまらないんであれば
自動車に

高い関税をかけるぞ。
とりあえずFTAの交渉に

応じるのであれば
関税をかけるのを止めるぞという

言い方をしていますね。

日本側は
FTAじゃないんだという

言い方をしていますが

アメリカはFTAを結べという
言い方をしていますよね。

≫これ、中国で産業が
ちょっと疲弊しつつあるとなると

どこかで勘弁してくれって話に
なるわけですか?

≫今、どうも中国が
アメリカに対して

妥協策を
色々まとめ始めています。

つまり、もっとアメリカの製品を
たくさん買いますとか

そういう言い方で

なんとかなだめようとしている。

トランプ大統領としては
もうちょっとだと

かなり強気に
なっているわけですね。

こうやって中国が今、かなり
打撃を受けるようになってきて

その結果、思いもよらないことに
なったといわれています。

それがこちら、今月14日の
中国・北京の街です。

真っ白。
≫何も見えませんね。

≫大気汚染ですね。

ここ、同じ場所をちょっと前に
撮った写真があります。

それがこちら。

≫どういうことですか?

≫突然、これが
先ほどのようになった。

つまり、中国は大気汚染が
非常に問題になっていたので

とにかく大気汚染を
やめなければいけないという

環境の規制がこのところ
厳しくなってたんですよ。

それで、青空が
見えるようになってきたんですが

アメリカとの貿易戦争で
そんな余裕がないと。

とにかく規制よりも
どんどん物を作れとなって

今、規制をやめちゃった結果
大気汚染の状態になったと

≫米中の貿易戦争
関税をかけ合っている。

中国経済にも影響が
出始めたという話をしましたが

アメリカにも
影響が出始めているんです。

これは中国がアメリカに対して
報復として

大豆を買わないと
言い出しているわけですね。

アメリカの大豆農家
実はかなりの大豆を

中国に輸出してきたんですね。

中国がそれに対する報復として
アメリカの大豆を

買わないと言い出したんですね。

というのも、大豆の農家という
この辺りというのは

共和党の地盤なんですね。

つまり、トランプ大統領に
影響が出るように

大豆を買わないぞと
やったわけですね。

≫あえての大豆なんですね。

≫今はだからアメリカとしては
大豆が

中国に売れなくなってしまって

大豆の価格が急落してしまって

アメリカの農家が
困っているといわれています。

ただ、中国としては
こうやるとアメリカの農家が

トランプ大統領けしからんって
言うかと思ったら

意外にそうでもないみたい。
まだね。

だからといってトランプ大統領が
こんなことをやった結果

こうなったからといって

民主党支持に変わるわけにも
いかないよねというわけで

大豆の生産農家に
影響は出ているんですけど

でも、トランプ大統領の支持が
揺らいでいるわけではないと。

≫アメリカがここまでするのには
もう1つ理由があるんですよね。

≫そうなんですね。
それが知的財産というものです。

≫北斗さん、知的財産って
どういうものかご存じですか?

≫知的財産っていうと
権利とか特許関係みたいなことを

イメージしますけど。

≫そうですよね。
形のあるものではない

例えばこんなものですよね。

特許とか商標とか
発明とか著作物。

財産として価値がある情報。

これが知的財産。
あるいは知的財産権ですね。

アメリカが中国によって
この様々な知的財産が

盗まれているんだと
言っています。

とりわけ先端技術が
盗まれていると

言っているんですね。

具体的に、アメリカに言わせると
中国はどのように

盗んでいるかというとこちら。

一番有名なのが
いわゆるパクリですね。

それこそ海賊版のDVDも
これですよね。

だから、アメリカが
そういうものをやめろと言って

海賊版のDVDの
取り締まりを始めた結果

映画館に
お客が増えたということですけど

もう1つはこちら
サイバー攻撃ですね。

インターネットから
不正に侵入して

アメリカの色んな企業とか

軍事関係の研究所の
そういう機密情報を盗んでいく。

これが非常に
深刻な状態になっていると。

あるいはこんなことが
実際にありました。

こちら、アメリカで
中国製のスマホに

2016年の11月
ここに位置情報とか

通話履歴、連絡先などの情報が

中国に自動的に転送されるという
アプリが

インストールされていた。

≫勝手にですか?

買ったときに
もう入っていたってことですね。

≫そうですね。
≫かなりの数ですよね?

≫そうですね。
これを持っている人は

そんなことをまったく知らずに
色んなところに

かけているわけですね。
そのデータが

勝手に中国に送られていたと。
なので、今、アメリカは

政府、あるいは
政府関連企業に対して

中国製のスマホ2社の使用を

禁止しました。

あるいは更に
日本など同盟国に対しても

その会社の製品を

とにかく使わないでくれと
申し入れてきたというわけです。

中国製の携帯電話とか
色んな通信機器類

実にたくさんあって色んな国で
使われているわけです。

そこで実は、その情報が
そのまま中国に

盗まれているかもしれないという
疑惑が

今、高まっているんです。

≫明らかな
諜報活動じゃないですか。

≫そのとおりです。

≫そうすると
販売した中国の会社なんかは

摘発とかされたんですか?

≫当然、これは捜査の対象には
なるということですが。

あるいは
いわゆる産業スパイというので

アメリカはこのところ相次いで
中国の産業スパイを

摘発しています。

例えば大手IT企業の
アップルの先端技術の

情報を持ち出して
中国に向かおうとした

元社員が逮捕されたということも
ありますね。

特に中国から
色んな研究者が

アメリカにやってきて
共同研究したりして

色んな技術を
知ることができるわけですね。

そうすると、その技術を盗んで

中国に持って帰るということが

ずいぶん
行われているのではないか。

あるいは軍による
先ほどのサイバー攻撃に関しては

アメリカのFBIが
それを主導していた中国の

軍幹部を特定しまして
起訴していますね。

ただし、身柄は中国にあるので
アメリカとしては

逮捕はできていないんですが
何人かは特定して

起訴しているという状態に
なっています。

そして、アメリカが特に今
大きく問題にしているのは

中国国内でこんなことが
行われているんですね。

中国に工場を造りたい
色んな製品を作りたいというと

中国がいいよ、いいけど
それはどんな技術なのか

情報を全部開示しなさいと。

オープンにしなさいと。

≫でも、嫌な予感しか
しないですね。

≫つまりそれ、全部中国に
読まれてしまう。

そうすると中国がそれを学んで
そっくりのものを

作ることができる。

これに対して
アメリカが怒っている。

こんなことをすべきではないぞ
というわけですね。

なんとかこういうことを
やめさせたいという思いもあって

今、高い関税を
かけているということなんです。

つまり、単に貿易の
金もうけうんぬんだけではなくて

≫今夜は生放送で
お送りしています。

池上さんが解説する
アメリカVS中国。

報復関税の裏には知的財産の
問題があるということですが。

≫じゃあ、なぜ中国は知的財産の
問題があるのかというと

これからの世界経済を
引っ張っていくのは

中国かアメリカかという
対立があるというわけで

こちら、ご覧ください。

中国の習近平国家主席

これからは
ハイテクだというわけですね。

2025年までに
中国はハイテク分野で

世界のトップになるんだという
言い方をしている。

今、GDP・国内総生産で

中国は2位ですよね。

でも、アメリカに
急激に追いつこうとしています。

でも、アメリカに

まだまだ追いつけないところが
ある。

それはハイテクだと。
IT関係ですよね。

色んな企業があって
まだまだ追いつけない。

ITの分野で追いつくことが
中国にとっての

これからの課題だ
というわけですよね。

そして、とにかく先端技術を
手に入れることによって

中国が更に発展するきっかけを
つかみたい。

そのためだったら
あらゆる手段を

取ろうとしているのではないか
というのが

トランプ大統領の中国に対する
思いだということです。

知的財産権の話でいうと
それこそ中国って

昔は色んなパクリとかずいぶん
色々ありましたでしょう。

あまりに大きな問題になって

最近ずいぶん
それがなくなってきたのかなと

思ったら
いやいや、まだあるんですね。

最近色んなことが
またありました。

≫日本でも騒動になった例が
いくつかあります。

こんなことがありました。

≫ちょっと前の中国では
偽物やパクリ商品が横行。

中にはあまりにも堂々と
パクられた日本のものも。

おととしの12月
上海にオープンしたのは…。

大江戸温泉物語という名の
温泉施設。

日本にある温泉施設と
見た目もそっくりで

名前もそのまま。

上海側はブランドの使用許可は
得ているとしたが

日本側は一切関係がないと発表。

その後
訴訟などにはなっておらず

疑惑のままになっている。

更に驚きの展開を見せたのが
日本でも人気の無印良品。

中国には
無印良品そっくりの店舗があり

商標権の隙をつかれて訴えられ

無印良品と名乗ることを禁止。

更には1000万円の賠償金を
支払えという判決まで

出されていた。

日本側は判決を不服として
裁判を続けている。

≫向井さん、どう思います?

≫言い逃れとかのレベルじゃ
ないですよね。

一緒過ぎてすごい大胆な
やり方だなと思いますけどね。

≫見ていると、どっちが
本家のものかわからないぐらい

似ていましたね。

≫中国は中国共産党の
一党支配なんですから

ひと声かければ
止まるじゃないですか。

そういうことをやる気は
ないんですか?

こういうことで
細かいことでもめて

知的財産権の侵害だなんて

言われるぐらいだったら
差し止めてしまえばいいような。

≫だからようやく少しずつ
始めているところでは

あるわけですね。

海賊版のDVDを
取り締まったりだとか。

いわゆるパクリ商品に関しては
かなり取り締まりが

行われるようになったんですが
こういうところは

要するにそれぞれの企業が勝手に
日本の企業が

出てくる前に作っちゃう
ということをやっていて

騒ぎになると
恥ずかしいことですから

これからはそういうことを
止めていこうとするんでしょうが

まだまだあるというわけです。

そういえば最近、草間彌生展の
偽物というのもありましたね。

≫水玉の…。
≫やってましたね。

あるいは2010年に
アップルがiPadを

国際的に売り出したときに
中国でもやろうとしたら

中国で
もうiPadという名称が

先に商標登録されていた。

だからアップルが中国で
iPadという名前で

販売することが
できなくなっちゃって

結局、中国のiPadという

アップルが
使えるようにするために

和解金48億円を
払ったそうです。

≫取っちゃったもの勝ちみたいに
なってませんか?

≫だから、実に色んなものを
中国では

商標登録していますよね。

日本の色んな地名が、すでに
商標登録されていますから。

≫個人の名前も危ないですよね。

池上彰さんとかは大丈夫ですか?

≫考えたことなかったですけど。

≫中国の池上彰みたいな人が
出てくるかもしれませんよね。

≫池上彰って本が出てきたりとか
しかねない。

≫調べてみたほうが
いいかもしれないですよ。

≫本当にです。すでにかも。

≫今後、心配なのは日本にも
高い関税を

かけてくるのではないか
というところですね。

≫アメリカがですよね。

先ほどのアメリカの
貿易相手国の赤字額というのを

もう一度見てみましょうか。
こうなっていますよね。

だから今、中国に対して
激しい攻撃をしていますが

このところメキシコに対しても
色々圧力をかけています。

そして、これが今度は
日本ということになってきますと

さあ、これから
色々言ってきますよね。

考えてみますと、2016年の
アメリカ大統領選挙のときに

トランプ大統領が選挙演説で
日本からものすごく大きな船で

山のように自動車が
アメリカに運ばれてくるんだ

こんなことでいいのかって
言っていましたから。

トランプ大統領は
大体、大統領選挙中の公約を

きちんと守ろうとする人ですから

これから日本に対して

圧力をかけてくるだろう
ということです。

≫これ、さっき
ちょっと出ましたが

アメリカとの貿易戦争の中で

中国が
折れざるを得なくなってきた。

それが明確になったら
トランプさんに対する

評価は国内でも上がるし
更に全部に対して

強硬になるのは
間違いないですよね。

≫その勢いをかって
今度はメキシコだ、日本だ

ドイツだ、ベトナムだと
やっていこうとするでしょうね。

貿易って2国間で見れば

色んな赤字とか黒字が
ありますけど

全体で考えなきゃ
いけないんですが

トランプさんは
とにかく赤字なのは

嫌だよというわけですね。

だから、逆に
黒字になっているところには

何も文句を言いませんから。

更に今、中国がこうやって
経済に陰りが出てきますと

日本が中国に
ずいぶん色んなものを

輸出していますでしょう。

中国経済に陰りが出ると
日本から中国への輸出にも

影響が出てくる可能性が
あるというわけですね。

だからとりあえず
米中の争いなんだって

ひとごとみたいには
見ていないほうが

いいだろうというわけです。

≫続いては
最近話題のこの国についてです。

サウジアラビア。

トルコで
ジャーナリストが殺害されて

大きな話題になっているのは
向井さん、ご存じですよね。

≫怖い事件ありましたよね。

それはすごい国だなって

あのニュースだけで
ちょっと思ったりも

していましたけど。

≫さあ、ではそもそも
サウジアラビアって

私たちは
どれくらいこの国のことを

知っているんだろうか。

実は意外に知らないことが
多いんじゃないかというわけで

そこで今回は誰もが知っている
7つのキーワードで

サウジアラビアを基礎の基礎から
解説してまいります。

≫皆さんは
サウジアラビアと聞いて

どんな言葉が思い浮かびますか?

≫聞いたことはあるけど
あまりよく知らない

ちょっと不思議な国
サウジアラビア。

先月、トルコの
サウジアラビア総領事館で

発生した
ジャーナリスト殺害事件。

これにより今、世界中が
サウジアラビアに注目。

豊富な資源があり
日本にとっても

大事な貿易相手ですが…。

そもそも、どんな国なのかは
ベールに包まれており

謎が多い国でもある。

今回は
サウジアラビアと聞いて

思い浮かぶ言葉をアンケート。

トップ7にはどんな言葉が
入っていると思いますか?

皆さんも一緒に
考えてみてください。

誰もが知ってる7つの言葉だけで

謎の国サウジアラビアがわかる。

≫さあ、サウジアラビアと聞いて
思い浮かぶ言葉トップ7。

1つ1つ解説していきますが
皆さん、生放送ですから

番組終了までに
全部開けてくださいね。

時間制限がありますから。

いくつか出ているものも
ありました。

鈴木さんからいきましょう。

≫やっぱり
サウジアラビアっていうと

中東っていう

地域ですけど、そういう国の
イメージがあります。

≫中東。
入っているんでしょうか。

こちらです。

6位に入っていました。

大木さん、いかがでしょう?

≫ならば、あれはどうですか。
「アラビアンナイト」とか。

違いますか?

≫「アラビアンナイト」の舞台は
イラクなんですね。

≫嘘だー!

生放送で
やっちゃったんじゃないですか?

言ってるそばから。

≫よく見る景色というか
イメージ。

≫景色っていうと
そこに映っているもので

いいですか?

砂漠?
≫砂漠は3位に入ってました。

≫後ろに映ってますね。

鈴木さん、そもそもなんで
中東っていうんでしたっけ?

≫なんでですかね。
中くらいの東?

ちょうどいい具合の東だから。

≫ちょうどいいかどうかは
ともかく

中くらい東はそのとおり。

こちら、ご覧ください。

大体いつも私たちが見ているのは
日本が真ん中の地図ですよね。

でも、世界を股にかけて

大きな帝国を作ったのが
ありましたね。

どこでしたっけ?
≫イギリスですよね。

≫世界の中心はイギリス
19世紀、大英帝国。

ですからイギリスを中心に
見ますと

中くらい東にある。

≫あながち間違いでは
なかったということですね。

≫間違いじゃないですよ。

日本の辺りのことを
極東と言うでしょう。

つまり、イギリスにとって
インドが

植民地だったわけですね。

そうするとイギリスにとって
東というと

インドの辺りなんですよ。
それよりはるかに東だと

極端に東で極東で

それほど東じゃない
中くらい東だと

中東というわけで

ここの辺りのことを
中東と呼んでいるのは

イギリスの言い方をそのまま
使っているということですね。

では、その中東というのは
日本の外務省の定義だと

16の国と地域
ということなんです。

ちょっと中東の地図を
見ましょうか。

北斗さん、AとかBとかCとか

空欄になっていますね。
サウジアラビアはA、B、Cで

どれでしょうか?
≫サウジアラビアは

その靴下みたいな形に
なっているところなので

Aですね。
≫Aですか。Aですね?

≫生放送ですよね。
Aで…。

≫自信持って!
≫Aで行きます!

≫カットできませんからね。

そのとおり
サウジアラビアですね。

あとももう出ちゃいましたね。

あとはトルコと
イランというわけですよね。

このサウジアラビアの
基本情報について

見てまいりましょう。

サウジアラビアに行った方
いらっしゃいます?

≫行ったことないです。

≫池上さんはあるんですか?

≫2回あります。

基本、これ観光客を
今の時点では

なかなか
受け入れていないんですよね。

サウジアラビアに

ちょっと観光というわけには
いかないという

つまり観光ビザは簡単には
出してくれないというわけです。

身元保証人、向こう側
サウジアラビア側に

スポンサーがいなければ
いけないとか。

あるいはサッカーの観戦
ワールドカップで

もし向こうで試合がある場合は

サッカーの観戦に限ってなら
行くことができる。

≫なんでうるさいんですか?

≫ここは元々、聖地なので
異教徒を

受け入れたくないという。

ただし
これからのことを考えると

もっと観光に
力を入れようじゃないかって

最近、方針が変わってきて
これから観光ツアーなどが

出てくるのではないかとは
いわれていますね。

≫オリンピックやりたいとか
絶対思わないんですか?

そういうのはないんですね。

≫そんな話は全然ないんですね。

≫お金持ちの国でも、ないと。

≫だって
オリンピックをやるっていったら

女子選手が半ズボン…
半ズボンって言い方変ですけど

とんでもないってことです。

≫肌を露出しては
ってことですよね。

≫池上さんが行ったときは

人々は
どんな生活をしていたんですか?

≫これは本当に豊かな人が多い。

お金持ちの人が
多いというわけですね。

実は建国が
そんなに古くないんです。

1932年で
人口は3228万人なんですが

自分の国の国民は73%。

残りは外国人。
外国人労働者が

とにかく多いんですよ。

建設現場で働いている人

あるいは自動車の運転手
みんな外国人。

暑いところでしょ。
暑いところで働くのは

外国人労働者。

サウジアラビアの国民は
冷房ががんがん利いたところで

優雅に暮らしているという。
こういう国というわけですね。

色んな食料品などは
安いんですけど

輸入品は高いというわけです。

≫池上さん
さっき観光には行けないけど

外国人の人がそこに住めるのは
なんでですか?

外国人の人がそこに住める
というか入れるのは…。

≫要するに労働者としては
入れるんですね。

≫ビザが
下りるということですか?

≫労働ビザが下りるんですね。

大体、インドですとか
パキスタンなどの

イスラム教徒ですね。

イスラム教徒の人たちを
外国人労働者として

受け入れる。
そして仕事が終わったら

さあ、お引き取り願いますと
こういう状態だというわけです。

とにかく
石油がいっぱい出ますから

ガソリンも安いというわけで

自動車も
非常に多いというわけですね。

いわゆるバスなど
公共交通機関を利用する人は

首都リヤドでは
2%ぐらいしかない。

≫みんなじゃあ車で?
運転手付きってことですか?

≫そうです。

大体パキスタン人の人たちが
運転手として働いていますね。

ただし、来年ようやく首都に
地下鉄が

通るようになるそうです。

やっとそういう公共交通機関も

出るようになった
ということですね。

≫向こうの皆さんも
日本のことは

あまり知らないんですか?

≫いやいや
それがそうでもないんですよ。

結構日本のことを
知っているというんですね。

例えば日本食は
非常にヘルシーだよってことは

知っていますから
日本食レストランが

ずいぶん増えてきている。

あるいは
日本を紹介するテレビ番組が

2009年に始まって
若い人の間で

日本への関心が高まったと
いわれています。

それがこちら。

これ、「ハワーテル」
改善というんですが。

漢字が書いてあります。

この人がリポーターで

日本の色んなところに行っては
日本はスゴーイ、スゴーイと

日本を賛美する番組なんですね。

2015年に
この番組は終わってるんですが

11シーズン続いたそうです。

≫めちゃめちゃ長寿番組ですね。

≫これ、向こうから日本には
普通に入国できるんですか?

≫これはもちろん
ビザを取らなければいけませんが

もちろん、特に取材ですから
受け入れていますよね。

≫日本が行くのは難しいと。

≫観光はどうなんですか?
サウジアラビアの方が

日本に観光に来るということは
難しいことですか?

≫日本としては
観光ビザを出しますから

来られますよ。
≫日本のどういうところが

スゴーイって
言ってもらえてるんですか?

≫これ、びっくりするんですよ。

例えば小学校に行くでしょ。
そうすると小学生たちが

校舎に行くときに
上履きに履き替えていると。

土足じゃなくて
上履きに履き替える。

下駄箱に
ちゃんと靴をそろえている。

実はサウジアラビアはモスクで
皆さん、お祈りをするときに

靴をみんな
その辺に履き捨てるんですよ。

下駄箱に
入れるということをしない。

日本はすごい、小学生が
下駄箱に入れている。

≫それ褒めてくれるんですね。

≫あるいは公園に行くと
公園にゴミが落ちていない。

子どもたちが
ちゃんとごみを捨てない。

スゴーイと。

≫うれしくなるな。

≫そして3位が
砂漠ということでしたが。

≫実は、砂漠で溺れる人が
毎年出るって知ってます?

≫どうやって溺れるんですか?

≫水で溺れるんですよ。

≫水で?
≫砂漠ってありますでしょう。

でもサウジアラビアの辺りの
砂漠というのは

土漠といわれて
かなり土に近いものなんですね。

いわゆるサラサラという
砂漠というのは

サハラ砂漠、あるいは
サハラより南側がそうなんですが

アラビア半島辺りのは
かなり土に近いんですね。

すぐ下に岩石があるんですね。

大量の雨が降ると
この水が

鉄砲水になって
ドーッと流れていくんですよ。

例えばこういう砂漠が
ありますでしょう。

こういうところは

開いていて
谷みたいになっているでしょ。

だからみんな
谷のようになっているので

ここを歩いているわけですね。

そうすると
それより高いところで

上流で大雨が降ると

突然、谷のところを
洪水の水がやってくるんです。

つまり、定期的に
大洪水が起きているから

ここに谷ができているんですね。

枯れ谷、枯れた谷というんですが

そこを歩いている。
上流で大雨が降っているという

情報が入ってこないものですから
突然、鉄砲水が来て

溺れ死んでしまうということで

2009年には100人以上が
これで溺れ死んでいます。

今年もすでに30人が
これで犠牲になっていると。

良純さん、これは
気象予報士が必要ですね。

≫でもあまりそういう

雨がザーッと降っている
イメージが

ないですもんね。
僕ら湧かないですよね。

≫時々、大雨が降るんですよ。

だから、砂漠で溺れて
亡くなる方がいると。

砂漠を歩くときは
気をつけてほしいですね。

≫気をつけます。

≫それでは残りのキーワード
行きましょうか。

残り5つなんですが
ここで参考までに

少数意見をご紹介しますね。

ラクダ、ターバン、ひげ

白い民族衣装というものが
ありました。

≫さっき乾燥というキーワードも
すごく出ていましたね。

≫さあ、では向井さん。

≫サウジアラビアですよね。
≫スポーツが入っています。

≫スポーツ?

私のつたないボケとか
入れようと思ったんですけど

生放送なんで
答えを言っちゃいますね。

サッカー。

≫サッカー
入っているんでしょうか。

はい、7位に入っていました。

≫今、ボケようとしたんですか?

≫あんまりもう
これ以上はやめてください。

≫一応言っとく?

≫チャレンジしなくていいです
生なので。

ワールドカップなんかだと
よく聞くなというイメージで。

≫サウジアラビアの
国民的スポーツは

サッカーなんですね。

やはり地理的に
ヨーロッパに近いということも

あるんじゃないか
ということですが

とにかくスタジアム
みんな白い民族衣装で来ますから

サッカーのときには観客席が
白一色になるわけですね。

結構、サウジアラビア
意外に強いですよね。

≫それでは残り4つです。
良純さん。

≫じゃあ
さっきも出てましたけど

やっぱりイスラム教は
外せないですよね。

≫入っているんでしょうか?
5位に入っていましたね。

それではこちらをご覧ください。

≫キリスト教、仏教と並び
世界3大宗教の1つといわれる

イスラム教。

7世紀、神のお告げを受けた
預言者ムハンマドによって

広められたとされる。

信者は世界におよそ16億人。

4人に1人がイスラム教徒。

あと数十年でキリスト教を
抜くとも言われている。

中でも厳格にイスラムの教えを
守っているといわれるのが

サウジアラビア。

多くの人が信じる
イスラム教とは

そもそもどんな宗教なのか。

なぜ、サウジアラビアは
厳しいのか。

≫イスラム教徒が多い国の中でも

とりわけサウジアラビアは
戒律が厳しいと

いわれていますね。

大木さん、なぜでしょうか?

≫なぜ厳しいか。

厳しくしないと駄目だよなって

リーダーが言い出した。
ちょっと待ってくださいよ。

≫そのとおりなんですよ。
合ってますよ、それ。

合ってるんですけど
なぜそう言い出したと思います?

≫追い詰められてる。

≫なぜ厳しくしなきゃ
いけなくなったか。

結局、最初の疑問と
同じですよね。

教えを守らない人がいたのかな。
そういうことじゃなくてですか?

≫そう、昔結構
守らない人がいたんですよ。

だから、これではいけない
ということになったんですが

なんで、それではいけないか…。

≫ちょっと!
もう汗ビショビショです。

≫ヒント、イスラム教って
どこで始まりましたっけ?

≫あ、じゃあ
そういう場所があるんですね。

サウジアラビアに。

≫そうなんですよ。
聖地があります。

聖地が2つあります。

それがメッカとメディナ。

メッカって預言者ムハンマド
神様の言葉を聞いたという

ムハンマドがそれを
人々に伝えていくことによって

イスラム教が広がっていった。

その預言者ムハンマドが
生まれた場所がメッカ。

そして実は
メッカで教えを広めようとしたら

そこにいた人たちに迫害を受けて

一時、別の場所に
逃げたんですね。

それがメディナというところで

ここで信者を増やしてから
再びメッカに戻っていって

メッカを制圧した。

だけど最終的に
預言者ムハンマドが

亡くなったのは
メディナなんですよ。

ですから
ムハンマドが生まれた場所

そして亡くなった場所

この2つが
聖地になっているというわけで

実はサウジアラビアの国王の
称号というのは

2つの聖地の守護者という。

2つの聖地を守っているんだぞ
というわけですよね。

そして、これ毎年
イスラム暦の12月

イスラム暦って太陰暦。

ですから、月の動きでなるので
私たちが使っている

太陽暦とは違うので毎年
少しずつずれていくんですね。

ですから
イスラム暦の12月というのは

暑い盛りもあるし
寒いときもあるんですが

こういうときは巡礼月といって

世界各地から200万人もの
巡礼の人たちがやってくる。

この人たちには
巡礼のビザが下りるんですね。

≫巡礼ビザっていう
名前なんですか?

≫あるんですね。

≫これは、僕らこちらの写真は
結構見ますよね。

これは巡礼月の映像ですよね?

≫そうです。
≫普段はいないんですか?

≫普段も巡礼がいます。
ただし、このときはやっぱり

ものすごくいっぱいくるので
大きくなるんですね。

それ以外のときにも
もちろん巡礼する人はいます。

ただ、これは巡礼月ですよね。

ちょっと映像がありますね。
こちらをご覧ください。

これ、真ん中の黒いところ
これがカーバ神殿ですね。

ここがイスラム教徒にとっての
最高の聖地。

世界中の人は
メッカの方角に向かって

お祈りをしている。

つまり、ここに向かって
お祈りしているわけですよね。

巡礼では、このカーバ神殿を
7回回るというわけです。

イスラム教徒にとっては
できれば一生に一度は

ここに巡礼することが望ましい。

巡礼のことを
ハッジというんですが

巡礼を済ますと
ハッジと呼ばれるんですね。

例えばハッジ・ムハンマド。

ムハンマドさんという名前は
いくらでもあるわけですが

ハッジ・ムハンマドさんというと

この人は巡礼を
済ませた人だよといって

周りの人から
尊敬されるというわけですね。

ただし今、信者が
増えていますでしょう。

そうすると巡礼月に
巡礼に行きたいという人が

あまりに多くて
とてもサウジアラビアが

受け入れられなくて

この巡礼ビザがなかなか
下りなくなってきているとも

いわれています。

≫でも、映像を見たら
周りには結構

高層ビルがあって
都会の真ん中なんですね。

≫意外にそうなんですね。

結構、高層ビルが立っています。

≫もっと古代遺跡みたいな
ところなのかなって。

≫今夜は
生放送でお送りしています。

池上さんが解説する
サウジアラビア。

イスラム教について。

≫特に
サウジアラビアがイスラム教で

非常に厳格な教えというのを
さっきビビるさんが

おっしゃったように

要するに厳格じゃなければ
いけないと言う人が

出てきたというのがありますね。

元々聖地が2つもあるのに

いい加減な教えが
広まっているのは

けしからんと
言い出した人がいたんです。

その人がワッハーブ派という派を
作るんですね。

ワッハーブ派という
その教えを広めようとしたのが

サウード家なんですね。

サウード家が
ワッハーブ派の教えを

広めていこうとして
サウジアラビアって国ができた。

つまり国としてはサウード家の
サウジアラビアであり

教えはワッハーブという

この2本の柱で

サウジアラビアという国が
できた。

そしてイスラム教といえば
皆さんご存じですよね。

コーラン。
最近は世界中の教科書などでも

なるべく現地の言い方に
しようというので

教科書はクルアーンと
書いてありますが

私たちは
コーランと言っていますよね。

これはムハンマドが神様の声を

天使を通じて
聞いたとされています。

ムハンマドが
生前、聞いたという言葉を

一生懸命覚えて
つまり、ムハンマドは

読み書きができなかったので

一生懸命覚えて
それを信者に伝えていった。

でもムハンマドが亡くなったあと

これは本にしたほうが
いいよねとなって

本としてまとめられた。
それがコーランというものです。

これ、アラビア語で
書いてありますから

右から左に読むんですね。

ですから
こうなっていますけど。

≫横書きだけど右から左。
≫こう読んでいくわけですね。

こう読んで
次にこう行くという形になって

神様が人間たちに下した
神聖な言葉が

書いてあるよ
というものなんです。

これ、コーラン
クルアーンというのは

声に出して読むべきものという
意味なんですね。

ですから
黙読しちゃいけないんです。

音読しなければいけない
ということになっていまして

この中に例えば
豚肉を食べてはいけないとか

お酒を飲んではいけないとか

そういう
色んな生活の習慣についても

書いてあるというわけですね。

あるいは
賭け事は駄目だよとかいうことが

これに書かれている。

様々な生活の在り方について

これを書いて、神様が
そういうことを人間たちに

命じたのだから私たちは
それを守らなければいけない。

≫礼拝しますよね、日に何度か。

あのときはコーランの一節を
そらんじているんですか?

あれはまた違うんですか?

≫あれはイマームといって
それを指導する人がいて

その人がコーランの一節を
読み上げたり

大体、イマームという人は
コーランを覚えていますから。

≫その人が言ったことを
復唱するみたいなことですか?

≫そうですね。

で、こうやってひたすら
神様の言うことを聞いていれば

死んだあと
この世の終わりが来るまで

ずっと地下で埋葬されて
終わりが来るのを待っている。

そしてこの世の終わりが来たら
一人ひとりが

よみがえって
神様の前に引き出されて

生前の行いがよければ天国に。

悪ければ地獄に落ちると
書かれているわけです。

そして、サウジアラビアの場合は
非常に戒律が厳しい

厳格なわけですね。

そうすると人々が
これを守っているかどうかを

チェックする
宗教警察というのがいます。

治安を維持する警察とは別に

教えを守っているかどうかという
警察があるんですね。

厳密に言いますと
勧善懲悪委員会という名前です。

≫怖い名前ですね。
≫いいことを勧め

悪いことは懲らしめる委員会。

俗に宗教警察というのが
ありまして

ですから例えば1日に5回の
お祈りがあるわけですね。

お昼ごろとか
3時ごろのお祈りのときに

宗教警察が見回りに来て
お祈りをしているかどうか

チェックをする。

例えばお店を開いていると
店を閉じなければいけない。

シャッターをちゃんと下ろして
お祈りに行きなさいということを

宗教警察が見回りに来る
というわけなんですね。

≫池上さん、それって捕まったら
罰金になるんですか?

≫お仕置きを受ける。

大体、足の辺りを
むちを持っていて

たたかれますね。

宗教警察の人は
むちを持って歩いていて

ちゃんと守っていないと

その辺りをむちで
たたかれたりしますけどね。

≫あとはランキング外の
少数意見の中に

女性に厳しいという
キーワードもあったんですけど

これもイスラム教が
関係していますよね。

≫これはイスラム教としては

女性に厳しいのではなく
女性を大事に守りたいという

発想から来ている
というわけです。

例えば、サウジアラビアの
女性たちですよね。

目だけを見せていますでしょう。

ニカブというんですが

これはイスラム教の
コーランの中に

女性たちに対して
美しいところは隠しておけと

書いてあるんですね。

つまり、男たちが
女性たちの美しいところを見ると

邪念を起こすことがある。

女性たちを守るためには
女性たちの美しいところを

男たちから
隠しておきなさいという

そういう教えから
こうなっている。

つまり、私たちから見ると

女性に
こんなことをさせているのかって

受け止めるんですが
イスラム教においては

いやいや、女性を
守っているんだよという

こういう考え方なんですね。

≫自由がないように
見えてしまいますけどね。

女性が自由がないのかななんて
そういうふうに見てましたけど。

≫非常に自由な日本で
生まれ育っていると

そういうふうに見えますけどね。

これは
サウジアラビアに行きますと

サウジアラビアの女性たちって

生まれたときからこうなので
そもそもこういうものだと

思っているんですね。
≫当たり前なんですね。

≫最近
色々変わろうとしていますよね。

≫そうですよね。
これまで実は女性は

自動車の運転ができなかった。

それが、ついにできるように
なったというわけですね。

まずはサッカーの観戦が
できるようになった。

サッカー場にはこれまで男性しか
行くことができなかったんです。

あんなに人気なのに。
≫だからさっき池上さんが

白い服の人たちばっかりって
おっしゃってたのは

そういうことなんですね。

≫全部白一色だったんですけど
そこに黒い服装の女性たちも

入るようになった。

あるいは6月になりますと
女性1人での運転が

認められるようになった。

これまで女性たちは
守らなければいけないから

自分1人で運転して
色んなところに行くと

色んな誘惑にあってしまう。

守るためには
運転は認めないようにしようって

やっていたんですね。

≫西洋のテレビなんかは
自由に見られるんですか?

≫見られないですね。
非常に宗教的な番組が

多いんですね。

1日のお祈りが
5回ありますでしょ。

そうするとお祈りの時間になると
通常の番組が

中断して
お祈りの映像に変わるんです。

≫これ
サッカーにしても運転にしても

今年ですよね。

だから今年って大切な年に
なっているんですよね、きっと。

≫今年、とにかく
女性の社会進出を認めたり

サウジアラビアは
普通の国なんだよ

海外の企業からの投資を
呼び込もうとして

今年
大きく変わろうとしている。

≫サウジアラビアと聞いて
思い浮かぶ言葉。

残り3つとなりましたが
菊池さん。

1位、行きましょう。

≫じゃあメジャーなところで
絶対、石油で。

≫石油、どうでしょう。
1位に入っていました。

≫これは皆さんも
言いたかったですよね。

≫メジャーなところでって
シャレを言いましたね。

≫意図してないんじゃ
ないですか。

≫大手の石油会社のことを
石油メジャーと言うんです。

≫意図せずに。すみません。

≫池上さんの解説がなかったら
わからなかった。

≫では北斗さん、2位は?

≫2位は
インタビューでも出てましたけど

間違いなく
お金持ちとかだと思います。

≫見てみましょう。
こちらです。

大正解。
お金持ちでした。

≫やはりサウジアラビアといえば
石油

そして、お金持ちということに
なりますね。

じゃあ大木さん
日本もサウジアラビアから

石油を輸入してるんですよね。

大体、単純計算で
1日いくらぐらい

サウジアラビアに
日本は払っていると思いますか?

≫1日にですか。
≫そうです、1日に直して。

≫1日、5億円ぐらいですか?

≫そんなに?
≫少ないですか?

≫そんなの多過ぎる…。

≫どのくらいですか?

≫1日でしょ。
でも、100億円くらいかな。

そんなには買えないか。

でも5億ってことは
ないと思うよ。

≫じゃあもっとってことですか?
≫急にお金のことになったら

皆さん目の色を変えてますね。
≫想像つかないな。

≫今話題の
50億ぐらいじゃないですか?

≫今話題の50億円ね。
それでいきますか。

実は平均、毎日82億円
払ってるんです。

≫そんなにですか?

≫日本だけでもですよ。

ほかの国も
色々買っているわけですから。

それだけ世界中から
お金が入ってくる。

それによって
ばく大なオイルマネーで

国が潤っていたんですが

ここ数年、実はちょっと
厳しい状況が続いているんです。

それはこちら、原油価格が
値下がりしているわけですね。

一時はこんなに高くまで

1バレル=140ドルまで
いっていたんですが

今現在は、ここまで
下がってきてしまっている。

ということは収入も半分以下と。

その結果、サウジアラビアの
財政は赤字です。

2017年、6兆円。

これだけ毎年、赤字が
出るようになっていると。

サウジアラビアは
そういうことのために

実はお金をためていたんですね。

ところがその金融資産も
今のままだと

2020年には
破たんしてしまうんじゃないかと

フランスの新聞は報じている。

≫でも池上さん、それって
お金持ちの人たちが今まで

お金を使ってたから
赤字になったとか

そういうことじゃないんですか?
≫そのとおりです。

本当にそのとおりなんですけど

だけど、これまでどおりに
いっぱい使っていたら

石油の値段が下がっちゃったんで
赤字になったわけですよね。

その原因の1つが
なんで石油の値段が

下がったのか、菊池さん。
アメリカで…。

≫シェールオイルとか
シェールガスとか新しい…。

≫アメリカで
シェールオイルという石油が

いっぱいでるようになった結果
世界全体の石油の値段が

下がってきた。

今、世界で一番
石油が出ているのは

サウジアラビアだと
思っている人が

いるかもしれませんが

今は違います。

原油生産量は
今、アメリカがトップ。

サウジアラビアは
2位になっていると。

そしてロシアが実は
3位というわけなんですよね。

ということはこれからアメリカで
どんどん石油が採れるとなると

サウジアラビアとして
これから石油の値段が

少ないままになるのではないか

あるいは将来的に言うと
例えばヨーロッパの国々が

ガソリン車や
ディーゼル車ではなく

電気自動車に
しようじゃないかっていう

動きになれば、ますます石油が

余ってしまって、値段が
上がらないんじゃないかという

危機感があるというわけですね。

そこで、サウジアラビアは
赤字を減らすために

最近、ようやく
あることを始めました。

向井さん、なんだと思います?

日本でごく普通に
行われていることです。

≫節約とかってことですか?

≫財政赤字なんです。
赤字を埋めるためには…。

≫国民から取っていく感じ。

≫何を取ります?
≫お金。

≫それをなんて言います?
≫税金!

≫そう。そうなんですよ。

こちら、付加価値税を

いわゆる日本で言う
消費税のようなものですね。

それを5%
ついに導入しました。

それから例えば
たばことかエナジードリンクは

100%の税金をかけます。
≫倍になる?

≫倍になるわけですね。

それから色んなドリンク
もちろんジュース類ですね。

お酒は飲めませんから

それ以外、お酒の代わりに

皆さん結構ジュースとか
コーラとか飲むんですが

そういうものには50%。

≫今まで
なかったってことですか?

税金が。
何もかかったなかったんですか?

≫かかってなかったんですね。

とにかく石油がいっぱい出るから
ということですね。

あるいは電気代や水道代や
ガソリン代も

値上がりするように
なってきているということです。

≫今やサウジアラビアは
石油に頼らない国づくりを

しようといって
様々な改革を始めています。

こちら、例えば未来都市を作る。

あるいは再生可能エネルギーで

街を作っていこう
石油に頼らないというわけです。

あるいはエンタメ産業の推進。

ついに映画館が解禁になった。

≫今までなかったんですか?
≫なかったんです。

要するに映画のような娯楽は
天国に行ってから

楽しめばいい
ということだったんですが

観光客の受け入れもそうですが

外国から色んな投資を招く

外国から
色んな人が来てもらうためには

映画館がなきゃ
駄目だよねというわけですね。

つまり、こうやって
観光客を受け入れたりして

海外から投資を招き入れて

石油に頼らない国づくりを
しようというわけなんですね。

≫それでは
ランキングに戻りましょう。

残りあと1つになりましたが
大木さん。

≫石油、砂漠、イスラム教
出たんですよね。

何これ、ちょっと待って。

≫時間がないので
当ててください。

≫時間がないのに
だって俺、わかってないって

顔でわかってるでしょ。

ちょっと待って。
食べ物ですか?

≫違います。
≫ヒントは?

≫このお金持ちの方が
最近日本に来られましたよね。

飛行機でタラップじゃなくて

エスカレーターで
降りてきた方がいたでしょう。

≫王子様。王子?
≫違います。

≫王子様のお父さん。
≫国王。

≫いいですか?
≫もういいことにしましょう。

時間がないです。

≫じゃあ開けましょう。
こちら、王様です!

サウジアラビアというと
独裁国家だということは

皆さんご存じだと思うんですが
サウード家による独裁が

続いている。
独裁なんだけど

これまであまり不満がなかった。

どうして
不満がなかったかといえば

それはそもそも
サウジアラビアの人たちは

民主主義という概念を
知らなかったということが

あります。

アラブ諸国は
1970年代まで

識字率が
非常に低かったわけですね。

サウジアラビアが
石油が出るようになって

ようやく教育に力を入れたり
社会福祉をやるようになって

ようやく人々が色んな
世の中のことを知るようになり

あ、独裁国家なんだ
っていうことに対する

不満も出てくるようになった。

でも、そのときにはすでに
独裁国家が

確立をしていたというわけです。

そして、不満が出てくると
潤沢なオイルマネーで

皆さんを豊かにするものですから
別に政治に文句を言わなければ

豊かな生活ができるという状態。

それがサウジアラビアだった
というわけですけどね。

だけど、石油が
高い値段でいっぱい売れるから

みんなに
豊かな生活をできてきたけれど

これからそれができなくなると
当然、国民から

色んな不満も出てくるだろう
というわけですね。

そこで、なんとか改革を
しなければいけないということに

なっています。

その中心人物が今、話題の人。

このサルマン国王の息子

ムハンマド皇太子
というわけですね。

彼が今、様々な改革を
することによって

特にサウジアラビアの
若者たちから

絶大な支持を得ているんですが

しかし、この皇太子が
実は、あの事件の背後に

あるのではないかということが

色々言われている
というわけです。

さあ、その事件が
こちらですね。

ジャマル・カショギ氏という

元々、サウジアラビアの
人なんですけども

アメリカに亡命していまして

アメリカの新聞
ワシントン・ポストに

コラムを持っているんですね。

元々、先祖はトルコなんですね。

そして、サウード家の建国者の
主治医だった。

だから元々、サウジアラビアでは
いいところの人なんですよね。

サウジアラビアのことを
よく知っているわけです。

その人が
今、アメリカに亡命をして

そしてムハンマド皇太子の
やり方に対して

批判的な記事を
書くようになった。

ムハンマド皇太子にしてみれば
カショギ氏というのが

いってみれば
目の上のたんこぶのような

状態だったというわけですね。

なので今回、カショギ氏は
トルコにある

イスタンブールの
サウジアラビアの総領事館に

実は再婚しようとして
婚約者が外にいて

前の奥さんとの
離婚手続きをするために

総領事館に入って
殺害されたというわけです。

≫カショギ氏が
殺害されたことに対して

国際社会はどんな立場を
取っているかということですが

こちら、ご覧ください。

ドイツやイギリスやフランス
ヨーロッパ諸国は

一切正当化できない

徹底的な捜査をすべきだと
要求しています。

一方、犯行現場となった
トルコは

元々、サウジアラビアと
緊張関係にある

仲よくないわけですね。

ですから、様々な揺さぶりを
かけています。

特に総領事館の中で
何があったかという

情報が次々に
トルコのメディアに出るでしょ。

つまり、トルコの政権が
そういう情報をメディアに出して

サウジアラビアに揺さぶりを
かけているというわけです。

こうなりますと
じゃあアメリカはどうなるのか。

トランプ大統領は
内政には干渉しないという

言い方をして、先日皇太子が

この殺害に
関係しているかもしれないし

していないかもしれない。

そりゃどっちかしか
ないでしょうというわけですが

アメリカの議会の中では
これに対して

制裁をすべきだという意見も
あるんですが

トランプ大統領としては
とにかくサウジアラビアは

アメリカの武器を
大量に買ってくれている。

日本円にして12兆円分くらい
買ってくれていますから

そんなお得意先を
逃したくないというので

うやむやにしようとしている。

それに対して
アメリカの国内でも

批判が
出ているということですね。

もし、経済制裁をするというと
サウジアラビアは

こんなことを言っています。
制裁をかけられれば

対抗措置を取るということは
例えばですけど

石油を
売らないっていうことになるのか

石油がないと困る国々があるので
というわけですよね。

≫一時、ムハンマド皇太子の
身柄というか

そこまではいかないんですね。

うやむやで終わるんですかね。
≫実は今、ムハンマド皇太子

周りのアラブの国々に
旅行を始めました。

それぞれ訪問を始めました。


関連記事