秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島 加藤夏希、マギー、福井謙二、次長課長…



出典:『秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島[字][デ]


全国秘密のワンハンドグルメ祭り▽秋田熱愛激うま味噌たんぽ!米と味噌の黄金コンビ▽兵庫熱愛!和洋折衷?謎のかまぼこドッグ▽新感覚!広島名物が揚げスイーツに大変身!


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし[大阪]

【ゲスト】

加藤夏希[秋田]

あき竹城[山形]

柴田理恵[富山]

勝俣州和[静岡]

川西賢志郎(和牛)[大阪]

マギー[兵庫]

三戸なつめ[奈良]

次長課長[岡山]

福井謙二[広島]

水田信二(和牛)[愛媛]

IKKO[福岡]

竹内力[大分]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/




『秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島
  1. 笑い
  2. スタッフ
  3. 味噌
  4. チーズ
  5. ワンハンドグルメ
  6. 勝俣
  7. 揚げ
  8. 一同
  9. 柴田
  10. 続いて


『秘密のケンミンSHOW!全国秘密のワンハンドグルメ祭り!秋田&兵庫&広島』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す!

(久本)
今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございます!

いよ~!
ようこそ!

ありがとうございます~!
(拍手)

さあ 盛り上がって
まいりましょう。

まずは初登場でございます。

和牛は 愛媛県民と大阪府民!

(水田)お願いしま~す!
(川西)よろしくお願いしま~す。

え~ わたくし
ボケ担当の水田はですね…。

(勝俣)あ~可愛い!
(水田)やらしてもらっております。

以前 番組で紹介した…。

(井上)なるほどね。

私は あの後…。

(笑い)

そして相方は?
はい わたくし
ツッコミ担当 川西はですね…。

以前 番組でも
紹介されてましたけど…。

「なんしか」って言う。
何やろう…。

(笑い)
さあ 今宵は!

この季節 最後の
よだれの出るお祭りです。

今夜も出るぞ!

<もうすぐ冬がやって来る>

<急げ!>

<本格的に寒くなる前の

お出かけチャンスに
不可欠なものといえば

散策しながら
片手で気軽に食べられて

安くて おいしい
キュートなあいつ>

<そう!>

<例えば 東京の
レジャースポットだと

ご存じ…>

<寅さんで おなじみ…>

<…などなど 珠玉の
ワンハンドグルメが揃い踏み!>

<この広大な
我が国ニッポンには

その地で暮らす
ケンミンのみぞ知る…>

<…が まだまだ存在するのだ!>

<そこで…>

<気になる品々をピックアップ>

<トップバッターは
秋田県民のワンハンドグルメ>

<日本百景にも選出される…>

<わが国で最も深い湖で
通称…>

<この神秘的な雰囲気漂う
湖のほとりに…>

<そこで…>

(スタッフ)この辺で。

(スタッフ)そうですか。

(スタッフ)中 白いんですか?

<え…?>

<そこで
謎のワンハンドグルメを求め

湖畔に建つ
こちらのお店へお邪魔>

<群がる県民の視線の先に
あったのは…

うん?何だ?

これが噂の
秋田のワンハンドグルメ?>

<そして 傍らの貼り紙には…>

<肝心の囲炉裏に
刺さっている物体は

何やら
アメリカンドッグ的なフォルム>

こちら1本です。
<すると県民達は

この未知なるワンハンドグルメを
次々と片手でお買い上げ>

<味噌たんぽをゲットした…>

(スタッフ)ええ~!?

<お米を固めて お鍋で頂く

秋田名物 きりたんぽ鍋なら
知ってはいるが

その兄弟だという味噌たんぽに

県民達は猛然と かぶりつき

お口についた味噌までペロリ>

<秋田マダムも
ワンハンドで しみじみご堪能>

(スタッフ)おいしいです?

<この ある意味
フォトジェニックな味噌たんぽを

秋田美人のお姉さんも
豪快に満喫している>

<え…?>

(スタッフ)あ そうですか。

(スタッフ)甘いんですか?

(スタッフ)あきたこまちなんですか?

ここに聞かんと いかん。

<実体は同じもの>

<切って鍋に入れれば…>

<甘味噌を塗って囲炉裏で焼き

ワンハンド化したものが…>

<続いて 同じく田沢湖畔に建つ
こちらのお店へ>

<店内では 大きな囲炉裏で

白いたんぽが ズラリと焼かれ中>

<こちらでは 注文のたびに
味噌を塗るスタイルのようだ>

<すると…>

<…といって運ばれて来たのは

山菜そばと味噌たんぽの
いぶし銀なコンビ>

<こんがり焼き色のついた
大きな味噌たんぽの傍らには

出ました!秋田名物…>

<すると 秋田ダンディー
熱々のおそばをすすり

速攻で
味噌たんぽも頬張り ご満悦>

<皆 この ずんぐり巨大な
味噌たんぽを…>

<しみじみと味わっている>

(スタッフ)一番いいっすか。

<では ここで 気になる…>

<すると ちょうど お米が
炊きあがったところ>

<炊き立ての自慢の
あきたこまちを

すり鉢に移すと すりこぎで

粘り気が出るまで潰し
いわゆる…>

<続いて 秋田杉の棒と
ご飯をドッキング>

<しっかり 木と
密着させていく>

<表面をパリッとさせるために
軽く 囲炉裏であぶったら

まずは仕込みが完了>

<続いて 味の要は…>

<これに
結構な量の砂糖を加えて

甘さをしっかりとプラス>

<そして 注文が入るたびに
先ほどのたんぽに塗りたくり

再び 囲炉裏で焼きあげる>

<ばっちり焦げ目がついたら
完成>

<米と味噌の甘さが
グイグイ迫ってくるところが

秋田県民の胃袋を
鷲づかみだという>

<ところで
こちらの看板を見ると

「元祖みそたんぽ」と
書かれているが…?>

<そこんところを
おかみさんに確認>

(スタッフ)そうなんですか?
はい。

<身近な材料で簡単に作れる
味噌たんぽは

この地域では
古くから定番のおやつ>

<囲炉裏が貴重となった
現在では

田沢湖周辺のお店で買うのが
主流になっているという>

<帰りに 東北自動車道の
サービスエリアに寄ってみると…>

<え?なんですって?

現れたのは
チーズまみれの味噌たんぽ>

<糸引くチーズで もはや お米の
存在すら確認できないが

大層 幸せそうに

ワンハンドで かぶりつく
秋田県民だった>

<秋田県民 熱愛の味噌たんぽは

田沢湖に負けず 奥が深かった>

なんかいいですね。
ほっこりしますね。
する する する。

夏希ちゃん やっぱり
みんな 味噌たんぽ大好き?
(加藤)もう~…。

お~ 入った 力。
はい。

でも…。

(勝俣)家で食べるの?

そりゃ…。

家ではフライパンで焼く。

そうだよね。

えっと お米自体は…。

なるほど。それで なんか…。

相当甘い?エーッ!
ハハハ…。

あの…。

知ってます。

やっぱりね。
うちからだと 角館とか行く方に

田沢湖があるので寄って食べて。
はい はい。

はい。
あと みそチーズたんぽって
ありましたけども。

え やってたんだ。
そうなんです。

いや~ もうなんか…。
(笑い)

あきさん どうですか?
隣県と致しましては。

(あき竹城)いや…。

はいはい やっぱり。

いい。きりたんぽは
お食べになったこと…。

大好き 私も。

え~っ。
(IKKO)私ね あの…。

もうちょっと こう…。

≪甘いんですか?≫

おいしかったです。
(竹内)これ…。

味噌。

え?どういうことですか?

(笑い)

味噌?なに?ちょっと…。

(笑い)

(柴田)あの…。

あたし的には…。

感じがするなぁと思って
食べてみたいですね。

(柴田)かわいい。
もし…。

(笑い)

(竹内)食い終わったら この…。

(笑いと拍手)

福井さん どうですか?

(福井)もう…。

≪おっ!≫
お~ 来た。担保されてる。

(勝俣)さすが!

あ~ 来た!福井さん。
(井上)素晴らしい。

(笑い)
(河本)福井先生 素晴らしい。

(西川)僕も…。

最初 見たときは…。
味噌たんぽですか?

味噌たんぽを。
ちょうど 出来合いがええのと

裏ひっくり返したら
こないなってるでしょ?
そうですよね。

なんで その…。

(笑い)

<秋田県民熱愛の…>

<今回は「たつこ茶屋」さんの
味噌たんぽをいただきます>

(笑い)
ヘヘヘ…。

いいな~。
≪いいね~!≫

いただきます。

(柴田)あら でっか…。
うわ いくね~。どう どう?

熱い。
熱い。焼きたて。

お味は どうですか?

甘じょっぱい。

あ~!うまい?

うまい!うまいか。
やった!ありがとうございます。

夏希ちゃん どう?懐かしい?
いや~もう 懐かしいです。まず…。

あ~。
おばあちゃんが作ってくれた。
(加藤)でも…。

この秋田杉ね しゃぶりたくなる。

えっ!?
エーッ!?

食感も やっぱり違いますか?
ご飯とは。

表面の やっぱ…。

表面はカリカリしてんだ。
そうなんです。

めっちゃうめぇ。
おいしそう。じゃあ
うちらも いただきましょうか?

いただきま~す。
(一同)いただきま~す。

いや これは。
うまい。

重たい やっぱり。
(柴田)重たいよね。

これは うまい。

(あき)うまい!

おいしい!
全然…。

甘いね。
甘くて おいしい。

おいしい。
なんか日本人で
良かったな~って思うわ。

うめぇ~。
めっちゃうめぇ!

(柴田)あきたこまちが うまい。
うん!

(三戸)う~ん!おいひ~!
もちもち~。

ばあちゃんが5本いけるって
言ってたけど 5本いけるかも。

(笑い)
本当に うまいもん。

うわっ。

水田。

バカ。
ええやない。
(笑い)

ものすごく おいしい。
すごく うまい。

この…。

もうね…。

(笑い)
笑うしかない。

さあ IKKOさん 完食!

(拍手)
≪完食~!≫

(笑いと拍手)

なつめちゃん
いかがだったですか?

ほんと…。

剥いて。剥いてくれた。
(勝俣)剥いた。剥いた~!

(笑い)

(勝俣)いぶりがっこ。

いぶりがっこ。

そう。
(勝俣)奈良漬け いいね。

(笑い)

これ。
ご飯やで。ご飯やで。

白飯と?
これに まだご飯いくの?

これと 白ご飯でいけると思う。
わかる…。

はい。味が濃いんでね。

(笑い)

さあ きよし師匠 いかがですか?

だから…。
味噌たんぽ。

前…。

また違うんですか?
うまいね~。

進化していってる?

(笑い)

<続いては 兵庫県民の
ワンハンドグルメ!>

<兵庫県を代表する…>

<ご存じ
白く輝く美しきキャッスル

白鷺城こと…>

<その姫路城のお膝元
神戸に次ぐ 県第2の都市

県西部 姫路市に…>

(スタッフ)ああ そうですか。

(スタッフ)な 何が…?

(スタッフ)意外性に?

(スタッフ)フワットロッすか。

(スタッフ)ヤマサ蒲鉾?

<え!?>

<そこで 噂の
ワンハンドグルメを求め

姫路城から歩いてすぐ
創業102年の老舗蒲鉾メーカー…>

<実は こちら…>

<早速 店内に入ってみると

おおっ!
代々続く お店の貫禄が漂う…>

<売り場には 食欲をかきたてる

バリエーション豊富な
練り物がズラリ>

<しかし 肝心の…>

<…と お客さんが
むきだしで手渡されたのは

うん!?何だ?>

<これは誰がどう見ても

アメリカンドッグ
そのものじゃないか?>

<その後も 県民たちは
蒲鉾売場には 一切目もくれず

続々と謎のワンハンドグルメを
購入している>

<そこで我々も…>

<中から ソーセージが出てきたら
どうしよう…

と 思った…>

<現れたのは…>

<中から ソーセージが出てきたら
どうしよう…

と 思った…>

<現れたのは…>

<うん?何だ これは?>

<何やら 白い物体に
トロリとしたものが 見え隠れ>

<何!?>

(スタッフ)チーズ蒲鉾?

(スタッフ)良いレベル?

<なぜか アメリカンドッグに
してしまった この…>

<県民たちは そんな
ちぃかまどっぐを買って

すぐ店頭でかぶりつき
世界遺産に見守られながら

皆 おいしそうに
頬張っている>

<しかし アメリカンドッグには
マストのはずの

ケチャップや マスタードなどは
一切 使っていない様子>

<ここで…>

<一般的な チーズ蒲鉾より
やや…>

<どうやら 形もサイズ感も
少し違う>

<そこで 姫路市内にある

ヤマサ蒲鉾の本社へ伺い
気になる…>

<まずは チーズ蒲鉾作り>

<ムニュっと現れたのは

おおっ!スケソウダラなど
3種類を使った

ちぃかまどっぐ専用のすり身>

<続いて まろやかさが増す
ホイップクリーム>

<さらに チェダーチーズと
プロセスチーズを

大量投下し ミックス開始>

<そして 成形すると

これだけでも十分おいしそうな
チーズ蒲鉾が 串に刺さって完成>

<ここからは店舗へ移動し…>

<それを 溶き卵と
ドッキングすれば

生地のスタンバイ完了>

<続いて チーズ蒲鉾を甘い生地で
フルコーティングすると

これまた専用だという
フライヤーへ>

<揚げあがりを待つこと
およそ 5分。

こんがり綺麗な
キツネ色に揚がったら

姫路市に住む兵庫県民熱愛
その名も

ちぃかまどっぐが 完成するのだ>

<続いて こちらの
ご家庭に伺うと

テイクアウトしたという
ちぃかまどっぐが

日曜日のティータイムに 降臨>

<すると ご家族の皆さん
一斉に手をのばし

仲良く パクリ>

<そして 相性抜群だという
コーヒーも 堪能>

<この…>

<老舗が作る…>

<おや? バスを待ちながら

アメリカンドッグらしきものを
食べている お姉さんを発見>

(スタッフ)
ちぃかまどっぐ 食べてました?

<そして ペロッと…>

<兵庫県民熱愛の
ちぃかまどっぐは

姫路城なみに 輝いていた>

(拍手)
いいですねぇ。
いいねぇ。

新しい食べ物というか
ビックリしました。
ビックリした。

これ マギーちゃん やっぱ
知ってました?ちぃかまどっぐ。

(マギー)僕 もう上京してるので。
そうだな。

(マギー)
僕はちょっと食べたこと
ないんですけど…。

噂は 聞いてます。
(笑い)

じゃあ ヤマサ蒲鉾自体は
知ってるんですね?

CMソングがあるんだ。
CMソングあるんだね~。

どんな味 想像する?

あっ なるほどな。
…ものを 今 想像してますけど。

ちょっと…。

アレが出てこなかったんですね。

アレが出てこない…これ…。

生地がね。
(笑い)

2007年に発売されたって
言ってましたけど…。

あ そうだったんや。

(笑い)
ホンマか!?

これやったんや~。
(笑い)

これ ほんと…。

良いですよね。
(竹内)必要ないんで。

そういう意味で言うと
ほんと 海外の方なんかも

ワンハンドドッグ やりやすい…。

わかる。
(柴田)合うかも~!

合うな~。うん。

(拍手)

(平松)姫路市に住む兵庫県民が
熱愛する

この ちぃかまどっぐですが

実は ちぃかまどっぐは…。

こちら…。

<お待たせしました
兵庫県民熱愛の…>

初めての経験。

うわ~ どう…どうですか?

これ 僕も初めてですけど…。

へぇ~。

え~!
あまりにも新感覚すぎると?

全く…。

あ~…チーズは?
チーズも感じんの?

(マギー)もちろん感じます。

でもお菓子って感じですね。
お菓子?

これ やっぱりあれですか
ケチャップとかマスタードは

いらないですか?いらない。
いらないね。

このままで いいね。
このままでいいですね。
これだけで十分?

(一同)へぇ~。

これ慣れると やみつきになるね。
おいしい?

うまいね これ。
え どんな味なんだろう?

うちら…食べましょうかね。
いただきま~す!

(一同)いただきます。

いただきます。
≪何か見た目は
ちょっと やっぱり

さすがにケチャップとマスタードが
ないと さびしい感じ…≫
うん ちょっとね。

うまいね これ。
あ!

≪おいしい!≫

これは うまいよ。うまい!
おいしい。

生地も おいしいし。
≪おいしい!≫

≪何 このフワフワ感≫
(勝俣)うまっ。
これ やみつきになる。

≪おいしい≫
≪ヤバいじゃないですかこれ≫
≪うまい!≫

≪うまい!≫
≪世界に売れるわ これ≫

おいしい。
ほら…。

いつも後ろやったから
前 出てきたで。

う…。
カメラが向いてるで。

(笑い)

これマジで これ…。

海外持っていける?へぇ~。
絶対持っていける。

ちょっと…。

(あき)また この…。

(IKKO)それで…。

力さんと あきさんと
IKKOさん この…。

甘くて…。

いけるな?これマジで…。

≪いけますよ これ≫

ねえ。
何ですか?カッちゃん。

今…。

だれ…でも。

あ~…。

(笑い)

次課長 どうですか?
ありがとうございます 前で。

(笑い)

ここが 場所がうまい。

一番上…。

(笑い)

ええ。
(一同)お~!

持ってた?

これ やっぱり…。

まず この…。

わかる~。

ほんとに…。

(笑い)
もっとありますから 色々。

色々ありますからね。

中野!?ハハハ…。

<ラストを飾るのは

広島県民のワンハンドグルメ>

<今年 カープ球団史上初の

リーグ3連覇に沸いた…>

<世界にも類を見ない…>

<…を有する そう>

<日本を代表する
この 超有名景勝地に…>

<どうやら
串刺しタイプのようだ>

(スタッフ)匂いが来る?
もう…。

<そこで早速
嚴島神社参道にある

噂の「紅葉堂」さんを
訪ねてみると…>

<おお!店頭に行列発生中!>

<その先で お待ちかねの
商品を受け取った

カープ帽の少年の手には…
ん?なんだ?この…>

<見ると県民達
その謎の串を次々と購入>

<こちらのお姉さん達は
スマホでパチリ>

<なに?>

<改めて そのもみじ饅頭を
よく見せてもらうと

確かに あの広島名物
もみじ饅頭が

何やら衣をまとって
バージョンアップ>

<中には ほかほかの
あんこが ぎっしりで

とってもおいしそうじゃないか>

(スタッフ)絶対食べる?

イメージはあります。

<そもそも…>

<オールドファンには
おなじみ あの…>

(洋七)広島なんか…。

<で 全国的に…>

<そのまま食べてもおいしい…>

<一体どういうことなんだ?>

<という 我々の疑問をよそに

当の県民達は
こんがり揚がった 揚げもみじを

クリスピーな音を響かせ
パクパクと頬張っていく>

<こちらのお姉さん達は
鹿とたたかいながらも パクリ>

何かこう…。

(スタッフ)あ 揚げた方が…。

<さらに 揚げもみじを
堪能中の…>

<あれ?中身が…>

<なに?>

<実は こちら「紅葉堂」さんの
揚げもみじには

あんこの他にも
カスタードクリームが入った…>

<塩気のきいたチーズ味に

レモンクリーム入りの
瀬戸内レモン味>

<秋限定の 焼き芋味と

5つのバリエーションを
楽しめるのだ>

<では ここで「紅葉堂」さんの…>

<まず使うのが この
ずらりと並んだ卵>

<甘みとコクの強い…>

<水あめや砂糖を加え

乳白色になるまで
空気をしっかり含ませ 撹拌>

<そこに 小麦粉を加え

丁寧に練り合わせた生地を

専用の型に流し込み

しっかりと焼き上げたら

広島銘菓 もみじ饅頭の完成>

<それを さらに冷蔵庫で
1日 寝かせることで

生地に水分がなじみ 揚げた時に
ふっくら仕上がるのだそう>

<それを 砂糖などを混ぜた
タネに投入し

高温の油で きつね色になるまで
こんがり揚げれば

県民熱愛「紅葉堂」さんの
揚げもみじが完成するのだ>

<では…>

<そもそも もみじ饅頭を
揚げるという食べ方は

生地がかたくなったものを
おいしく食べる方法として

特に 宮島周辺のご家庭で

昔からよく行われてきた食べ方>

<それを 老舗もみじ饅頭屋
「紅葉堂」さんが

天ぷら風にアレンジし…>

<今では宮島でしか買えない
名物グルメとして

島内に揚げもみじ専門の支店も
誕生するほどとなっている>

<そこで その支店へ伺うと…>

これ いいわ~。

<何?>

<なんと 2つに割った

アツアツのカスタードクリームの
揚げもみじのお供に

冷たいソフトクリームが
鎮座>

<すると 広島ガール

揚げもみじにソフトクリームを
たっぷりつけ

おいしそうにワンハンドで
頬張っていた>

<…は 世界遺産級の
おいしさだった>

これは うまそうだ。
これは うまそうですね。

みなさん お好きで
いい顔されてましたけども。

これ…。

お食べになったことは?
(福井)はいはい…。

間違いありません。

あ サクサク。

(福井)もう すばらしい食感です。
へ~。

もみじ饅頭という饅頭は
この歴史は

進化の歴史なんですね。
はいはい。

(福井)もう ほんとに…。

この3種類ぐらいだったんですよ。

「何か考えろ 何か考えろ」…。

あ~ お~ マジで?

餡を…そっから「案を練る」?

え~ すご~い!

これ ちょっと余談になりますけど
わたくしの…。

で ですから わたくしは…。

(笑い)
あ~ そっか。

夏希ちゃん どうですか?
私 大好きなんですよ。

はい あります。

サクッと…。

カリカリ シャクシャク
言ってたね~。

(一同)あ~。

(一同)あ~。
また 楽しんでるな~。

どうなの?次課長 隣県ですけども
お食べになった…。

もちろん隣県で…。

そうそう…そうです。

それも おいしいんですけどね。

それも うまいな~。
それは もう昔からあって。
はい…あったんですけど。

これは おいしそうですし…。

あれは もう…。

(笑い)

女子高生があるから。
僕 だから その宮島の

瀬戸内海挟んだ愛媛の
海沿いの街で育ってたんで…。

(笑い)
見えたんやろ 見えたんやな。

長すぎて すっごい だから…。

(笑い)

<広島県民熱愛の
揚げもみじ

今回は あんことクリームを
いただきます>

いただきま~す!
(一同)いただきま~す!

まずは
こしあんから行きましょう。

こしあん あ いい香り。

(勝俣)うわ おいしい。

おいしい。
ほ~ ホクホクおいしい。

おいしいね~。

もちもち~。

≪へ~!≫
うまいな これ。

香りも…。

(勝俣)何これ~?
カスタードうまい。

合うわ~。
≪おいしい≫

あ おいしい。
おいしい。

≪こしあん ナンバー1だ≫
これ おいしい。

≪おいしい!≫
(河本)
こしあんが めっちゃうまい。

揚げもみじ どうですか?
みのさん。

あ~ うまい。
参っちゃった。

これ 本当に揚げて こんなに

うまみが増すのかっていう
驚きが まずあるよね。

あの…。

あ~ 上げちゃうと
フライになっちゃうと。

お~ さすが…。

(柴田)
普通の こしあん普通のやつ
食べてもおいしいのに…。

これ ほんとにまた油の感じも
いい感じで。

なつめちゃん どうですか?
いや 何か油っこいかなって
思ったんですけど…。

なつめちゃ~ん かわいい。
なんだろ…。

(笑い)

さあ きよし師匠 いかがですか?

この 今 もう見てて懐かしい。

(笑い)

みんな 覚えてますよ。
さっきも見ましたからね…。

そうです。
それを思い出したって…。

いや 僕 言うとかな
忘れてると思われたら…。

お願いしますよ。

(笑い)
コラッ コラッ!

♬~


関連記事