爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】 本仮屋ユイカ、パンクブーブー、塩川美佳…



出典:『爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】』の番組情報(EPGから引用)


爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】[字]


あの美人オリンピック選手は今…2軒の空き家を抱えていた!▼大量の遺品整理!▼亡き母のため、実家を民泊にする決意!▼果たしていくらで貸し出せる?緊急査定!


詳細情報

番組内容

【あの人は今…大追跡SP】

義父は政治家・相澤英之、義母は女優・司葉子!

華麗なる一家に嫁いだクラリオンガールSは今…ある業界でカリスマに!


【爆報ニュース】

大食いこまどり姉妹がついに80歳!

お祝いに駆けつけた憧れのギャル曽根とドッキリ対面

大食いでギャル曽根越え!?医師も驚く食べっぷりとは?

番組内容2

【芸能人の空き家問題】

あの美人オリンピック選手は今…2軒の空き家を抱えていた!

亡き母のため、実家を民泊にする決意!

果たしていくらで貸し出せるか緊急査定!驚きの金額が!


【あの人は今…緊急大追跡】

本日のスペシャルゲスト・本仮屋ユイカが3年B組金八先生で共演した親友が今…

3年前から失踪していた!?衝撃の事実が判明する!!

出演者

<M C> 爆笑問題  <スペシャルゲストMC>田原俊彦

<レギュラー出演者> アンガールズ オリエンタルラジオ 友近

<アシスタント> 山本里菜(TBSアナウンサー)

<出演者>テリー伊藤 本仮屋ユイカ パンクブーブー 塩川美佳 こまどり姉妹 ギャル曽根 酒井響子 ヨーコ・ゼッターランド

公式ページ

▼番組HP

http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

制作

TBSテレビ




『爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】
  1. ヨーコ
  2. 実家
  3. 空き
  4. オリンピック
  5. 塩川
  6. 司葉子
  7. 姉妹
  8. ギャル
  9. 酒井
  10. 彼女


『爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<に苦しんでいた>

<昨年 母が突然他界>

<そこには
処分しきれない>

<しかも>

<なんと 2軒>

<そこには 売れない 貸せない
お金がかかる>

<空き家の
厳しい現実があった>

言おうと思ったんですけど

<今夜 彼女が意を決し
その実家を なんと民泊に>

<で貸し出せるのか>

<まずは…>

<華麗なる一族に
嫁いだ>

<そこには 司葉子の教え>

<そして 名門・相澤家の鉄の掟が>

<第1回のアグネス・ラムをはじめ>

<数々のスターを輩出してきた>

カーテン変えたのね
いい雰囲気じゃない

でしょ?

どこで見つけたの? この壁紙
サンゲツのショールームよ

<美人な容姿だけでなく
その上品で清楚な姿が>

<世の男性をとりこに>

<10代でモデルとして
雑誌「non-no」デビュー以来>

<8頭身の抜群のスタイルを武器に>

<しかし1990年 25歳の塩川は
突然 結婚を発表>

<しかも 相手の男性の母は>

<現在 54歳となった塩川は今>

<司葉子の教えを守り>

<○○のカリスマに
なっているという噂が>

<やって来たのは
セレブ御用達のスーパー>

<すると 頭にサングラスを乗せ
縦巻きロールのセレブ女性を発見>

<こちらが司葉子を義母に持つ
塩川美佳>

<そんな彼女が暮らす>

<やって来たのは高級住宅街>

<なんと
住まいは>

<玄関を入るなり…>

<玄関にはいきなり
日本を代表する洋画家>

<福沢一郎の絵が>

<50畳の広々とした
リビングダイニング>

<さらに こだわったキッチンには>

<業務用の
製品がずらり>

<こちらが塩川の>

<彼も>

<現在 武蔵野大学で法律を教える
現役の大学教授>

<そんな
ご主人の父は>

<第二次海部内閣で>

<経済企画庁長官を
務めた相澤英之>

<そして母親が>

<なんと あの
大女優 司葉子>

<さらに医師をしている
弟の妻は 相田翔子>

<塩川にとって
義理の妹に当たる>

<そんな家に
嫁いだ>

<大女優・司葉子
そして相澤家の驚きの教えだった>

<そもそも司が
相澤家に嫁いだのは1969年>

<この頃の司は黒澤明監督の
「用心棒」をはじめ>

<数多くの名作映画に
出演し>

<女優として
脂ののっていた時期>

<するのが当たり前>

<しかし司は>

<そんな政治家の妻にして
姑となった>

<相澤家驚きのルールが>

<公人として>

<ささいなことから
気の緩みが始まると>

<下着にまでアイロンがけを
するのがルール>

<政治家として>

<をかけることから>

<かきなどの>

<結婚当初 家庭を守ろうと
必死だった塩川に 姑・司葉子は…>

んですね あまり外に出ずに

そしたら やっぱり

ということは言われました

<その言葉どおり姑・司葉子も今…>

<そんな姑の姿を見てきた
塩川は 今…>

<それは>

<一見>

<実はこれ
バスケット界のエルメスと呼ばれる>

<超セレブバッグ>

<の値がつけられるものも>

<塩川美佳は今
これを作るアーティストに転身>

<これは アメリカ・ナンタケット島の
伝統工芸品で>

<籐など自然の素材を
用いて作られ>

<縦横の あみ目を揃えて>

<折れないように
少しずつ編んでいく>

<塩川は斬新な作品を次々発表>

<今では自ら教室を開くほど>

<その世界では>

<そして 本日のゲスト
本仮屋ユイカも>

<このナンタケットバスケット作りに
はまっていた>

私 ご自宅映ったときに

バスケット編むときに
型があるんですけど

いろんな種類の型が
山積みされてたんですよね

それにもう
興奮しちゃって

あっ 俺が? 編めるの あれ?

<まさかの>

<御年80 紅白にも
7回出場した>

<を誇る
爆報グルメリポーターの常連>

<今年 2人合わせて
めでたく>

<だが>

<今回>

<さらに 実家の空き家問題に
直面した>

<美人オリンピック選手の
号泣遺品整理>

<今回>

<こまどりのホームタウン
浅草で待ち合わせ>

<今日も変わらずド派手なファッション
こまどり姉妹>

<しかし 寒さが本格的になる
この時期>

<高齢者たちが 陥ってしまうのが>

<実は今 急激な温度差や>

<空気の乾燥による
ウイルスの増加などで>

<体調を崩す高齢者が
夏バテ並みに多いという>

<しかし そんな中 毎年
冬バテ知らずだというこまどり姉妹>

<果たして 彼女たちの>

<この日>

よろしく いや~

<テレビ番組ではおなじみ
大食いの聖地 リベラ>

<常連客には
一流プロレスラーはもちろんのこと>

<数多くの芸能人が
足しげく通う 言わずと知れた>

<しかも近年
長寿の秘訣が肉ということで>

ホントにね

グッとくるんですよ

<そんなこまどりの2人が>

<一番人気のヒレステーキ なんと>

<赤身肉といえど>

<そんなステーキのおいしさは
もちろん>

<すりおろしの生たまねぎを
醤油ベースで仕上げた味つけ>

<このだくだくのソースで 食べる>

<そんなこまどり姉妹>

<わずか4畳半の
山谷の簡易宿泊所で暮らし>

<生計を
立てていた>

おじちゃん

(敏子)犬どころか自分たち
骨に食らいついてさ

<若い頃を思い出し思わず涙…>

<しながらも…>

<しかし>

<まさかのご飯注文>

<ヒレステーキ300gに加え
ソースご飯まで完食>

<そして このあと>

<こまどり姉妹80歳のお祝いに
憧れのギャル曽根とサプライズ対面>

<続いて こまどりが
やって来たのは新大久保>

<実はここ 今 爆発的人気メニューの
火付け役になったお店>

<それが…>

<1日およそ400人前は出るという
名物のチーズタッカルビ>

<とろけたときの伸びと味に
こだわった2種類のチーズを調合し>

<肉はコチュジャンタレに漬け込み
熟成させた鶏肉>

よろしくお願いします

<こまどりの憧れ>

<を敢行>

あら? あなた…

どこかでお見かけした方?

て言ってんだけど

<念願がかない>

<しかし このあとギャル曽根が>

いただきますね
ちょっと絡めまして

こういう熱いのね
この氷水に つけますからね

<熱々の肉やチーズを
すぐに食べられるよう>

<コップの水で冷やす>

(敏子)冷やして食べるのね
なるほど…

<このあとも
冷まして>

何でお水が2つあるんだろうなって
ずっと思ってたんですよ

<そんなこまどりから>

わお~

<その食べっぷりに>

<そして ギャルこま3姉妹で>

<すると…>

<あのギャル曽根が度肝を抜かれる>

<元オリンピック美女>

<一発逆転をかけ>

<2つのお肉を完食した
こまどり姉妹が>

<こまどりのシメはやっぱり…>

<昔ながらの中華そば>

ちょっと氷
入れさせてもらいます

お水を バーッと
入れさせてもらいまして

<そして
そのまま豪快にすすり込む>

<ものの5分で麺完食>

<これらの>

<こまどり姉妹の健康の秘訣は
大食いそのものではなく>

<異常に強い消化器官に
あるのではという結論が>

とかするように
なってきたんですけど

いやあ~ すごーい

ギャル曽根さんが
一口食べるたびに

お二人が「わーっ」て
拍手するのが

最初にギャル曽根見つけたときの

<に苦しんでいた>

<昨年 母が突然他界>

<処分しきれない>

<しかも>

<なんと 2軒>

<そこには 売れない 貸せない
お金がかかる>

<空き家の
厳しい現実があった>

言おうと思ったんですけど

<近年>

<不審者による治安悪化や
老朽化による倒壊>

<さらに最近では地面師グループによる
55億円詐欺など>

<今 空き家は社会問題に>

<現在 全国にある住宅の>

<実に13.5%が空き家>

<さらに
2033年には>

<30%を超えるとも
言われている>

<そんな>

もうちょっと早い段階で何とか

例えば こういう指導みたいなのが
できなかったのかなとか

<日本人の母と
アメリカ人の父を持つハーフで>

<早速 我々は>

<やって来たのは
都心から車で1時間半>

<成田空港のお膝元>

<すると…>

(スタッフ)ここですかね?

<こちらが
ヨーコ・ゼッターランドの実家>

<雨戸は閉め切られ>

はーい

はーい こんにちは
よろしくお願いします

<こちらが>

<くたびれたTシャツ
化粧っ気もなく>

<あのころと 比べ>

そうですね

<現在 ヨーコは実家を離れ
東京で暮らしているため>

<この家には 住む人は
おらず>

<そして 空き家を抱えたことで
ヨーコには今>

<様々な問題が起きていた>

<方子さんが亡くなって1年>

<ヨーコは 遺品整理のために
車で東京から通っている>

<千葉までの
交通費はもちろん>

<彼女が訪れたときに
不自由がないよう>

<水道 電気 ガスは
いまだに通したまま>

<さらに 空き家は
空き巣被害に遭うことも多く>

<防犯面でも ケアが必要>

<ヨーコも
最近>

<維持費は合計で>

<年間 およそ15万円>

<かつて
番組で取材した>

<松本明子の
築45年の実家も>

<補修をしながら
25年間 空き家を維持したため>

<1800万円もの費用が
かかっていた>

<いっそのこと>

だから 皆さん
結局

<住宅用地の固定資産税には>

<6分の1の軽減措置が
されているため>

<支払っているヨーコだが>

<もし 実家をさら地にすると>

<その額は>

<に はね上がってしまう>

<さらに>

<しかし ヨーコを
襲った>

<なんと 叔父の家との
ダブル空き家問題を抱えていた>

<果たして>

<とは>

<母が亡くなって1年>

<仕事の合間に時間ができると>

<1時間半の時間をかけ
実家へと向かうヨーコ>

<途中 コンビニに寄り…>

<弁当とコーヒーを
買っていくのが いつもの日課>

<そして 実家につくなり…>

<家じゅう
すべての窓を開けて換気>

<仏壇の母へ 挨拶をすませたら…>

<慌ただしく 何やら荷物をまとめ>

<急いで家を出るヨーコ>

<その場所は
実家から歩いてわずか5分>

<こちらが
ヨーコの>

<実家とほぼ同時期に建てられ
築28年>

<そう ここも今 ヨーコが
管理している>

もうね ここは
あれですね

<したため>

<家の中は ほぼ空っぽ>

<ここでも同様に
全ての換気をすませたら…>

<絨毯らしきものを
敷き詰めだしたヨーコ>

<床が 日の光で
ダメにならないよう>

<保護している>

<そして 換気をしている間に>

<再び実家へと戻る>

<帰宅後は コンビニで買った
サンドイッチを食べ…>

<休む間もなく 片づけに>

<今日は 2階にある書類の整理>

<そして3時間後 再び叔父の
家へと戻り>

<しかし 実はヨーコが>

<空き家に入る際に>

<今年4月 愛媛県の
刑務所施設から脱走した受刑者が>

<逃亡中に 空き家に
潜伏していたという報道も>

いつも…
最初

<突然 見ず知らずの人物と
鉢合わせでもしたら>

<その恐怖は
計り知れない>

<この実家と 叔父の家の行き来を>

<何度か
繰り返すため>

<そんなヨーコの実家には
今なお…>

<ヨーコが選手時代にもらった
バレーボールのトロフィーや>

<多趣味だった
方子さんが使っていた琴>

<お茶の道具
そして 着物が>

<これらは 収入が不安定な
仕事をするヨーコを心配し>

<母が優しさから
とっておいてくれたもの>

<この涙の裏には
ヨーコの悲しい過去があった>

<1969年 日本人の母と
アメリカ人の父との間に>

<一人娘として アメリカで
生まれ育ったヨーコ>

<日本の学校に通うことに>

<そこで待っていたのは…>

<当時では珍しい
ハーフという容姿や>

<英語しか
話せなかったことなどから>

<学校で
いじめの的となったヨーコ>

<しかしその後 元バレーボール
日本代表だった母の勧めで>

<バレーを始めると 20代から>

<バレーボールの
有望選手として 世界中で活躍>

<そのため>

<母と>

<夜遅く帰ってくると 決まって
テーブルに置かれていたのは>

<母 方子さんからの
忙しい娘を気遣う言葉が>

<「陽子へ おかえりなさい」>

<「2階のベッド
使ってください」>

<「かけ布団の温度
少し下げて寝るように」>

<「明朝は8時出発で」>

<「コーヒーくらいしか
ないけど」>

<ようやく親子水入らずの時間を
過ごせるようになった2人>

<しかし
そんな>

<昨年4月 84歳になった方子さんが
体調を崩し入院>

<そして わずか半年>

<母 方子さんは
帰らぬ人となった>

すいません

<母を思い
今も涙が止まらないヨーコ>

<実は彼女
ある症状に陥っていた それは…>

京都とか 多分
行ったときじゃないかな

これは ああ そう
モンサンミッシェルね

なかなか

<一つ一つの遺品に
母との思い出があふれ>

<片づけはするものの
処分まではできないヨーコ>

<しかし このあと
この>

<実は彼女 母のある遺言を
実行しようとしていた>

<それは…>

<自宅を民泊にすることは 生前の
方子さんの希望だったという>

<実は今
この民泊は>

<このあと>

<さらに>

<1泊 いくらで貸せるのか>

<近年 急増する外国人観光客の
宿泊ニーズによって>

<無許可の民泊施設
ヤミ民泊が横行>

<これを
制限するため>

<これは 年間180日以内といった>

<日数の制限はあるが>

<これまで
できなかった 住宅専用地で>

<誰でも営業が可能に>

<もちろん ヨーコの実家は
この>

<だが>

<早速この日
値段の査定をするため>

<専門家を自宅へと招いたヨーコ>

<すると>

<家の間取りや 設備を見るのかと
思いきや>

こちら 何ですか?

<その後も なぜか
処分に困っていた>

<母の遺品ばかりを
周到に観察する新山さん>

<生前>

<とは
どういうことなのか>

<実際に見た方が
わかるということで>

<向かったのは ヨーコの実家から
車で1時間>

<千葉県横芝光町>

<こちらの民家が その民泊施設>

失礼します はじめまして
ゼッターランドといいます

<早速>

おっ! おっ!?

え~っ ちょっと

もしかして これは帯?

ですよね

<床には 畳と帯を使い>

<さらに 奥にある壁には…>

どうしても
この 見栄えとか写真で

行ってみたいっていう方が
来ていただいたりとか

<日本の文化を象徴する品々を>

<派手に
ディスプレーすることで>

<実際に こちらにかかった費用は>

<およそ70万円の
リノベーション代のみ>

<月にどれほどの収入があるのか>

<なんと 空き家だった
家が>

<しかも こちらの家主
使わなくなった>

びっくりしました

<さらに>

<という
それは…>

<元オリンピック選手として
獲得したトロフィーや>

<記念品の数々>

とか そういった部分も
見れますよってなったら

すごい 付加価値があると
思うんですよ

<2020年 オリンピックを目的に
来日する旅行者が>

<元オリンピック選手の
実家に泊まれる>

<これこそ 特別な価値だという>

<母が大事にしてきた
着物や琴は>

<外国人が好む 美しい
和のテイストでディスプレー>

<そして 母が娘を思って
大切に保管してきた>

<トロフィーやメダル
ユニフォームを飾れば>

<ここだけのオリンピック記念館に>

<大切な遺品を捨てずして
唯一無二の民泊がつくれる>

<成田空港から車で20分>

<築28年の2階建て>

<間取り 3LDK>

<広いリビングが特徴の一軒家>

<リノベーションをすれば 1泊いくらの
金額が つけられるのか>

全国どころか
世界中に ここしかない

施設っていうのがつくれますので

特に オリンピックの時期って
ホントに宿がないんで

1泊100万円でも 多分
来たい人っていると思うんですよ

びっくり

<なんと 1泊100万円>

<さらに 元オリンピック選手の
実家という付加価値がつけば>

<こぞって
宿泊に来る方が増えるという>

<また オリンピック期間中で
なくても>

<という>

驚いたな これは

ってことだよね

あともちろん 立地も
成田空港から車で15分とか

でいいなと思いました

<そして 朝ドラ女優
本仮屋ユイカには>

<今 どうしても
行方を知りたい人物がいた>

<このあと激変
ある>

<超人気ドラマシリーズ
「3年B組金八先生」>

田沢先生の前で アマゾネスは
魅力的だって言ったくせに

<我らが>

みたいな笑いになっちゃってる

<本仮屋は 14歳で>

<あの伝説の>

昨日のホームルームでは 阿波踊りと
ソーラン節に 絞られたわけだから

<最終話では 20%を超える
反響を呼んだ>

<そんな話題作で クラスの
最前列に座り>

なによ みんなで
ヤキモチやくことないじゃない

<中学3年生にして 彼氏持ち>

<ちょっと>

だったら私たちって
何だったのよ

<だが
酒井は>

<一方 本仮屋は
朝ドラ「ファイト」のヒロインや>

<「ブランチ」のMCを務め>

<芸能界での地位を
着々と築いていった>

<それでも>

<互いの誕生日を祝いあうなど>

<気付けば 15年近くの
付き合いを続けてきた仲>

<しかし3年前 突然 ある出来事が>

<酒井が>

<一体>

<突き止めた酒井の居場所は>

<みなとみらいに
たたずむ>

<たどりついたのは>

<すると
接客に当たる>

すみません

<それでは…>

こんにちは 酒井響子です

<「金八」時代と比べ>

<酒井は3年前から
葉山御用邸前にも>

<店を構えることで知られる
ロイヤルブランド 葉山シャツで働き>

<現在は…>

<そんな
酒井には>

<した酒井>

<実はこの頃 親の離婚による
生活の変化に悩んでいた酒井>

<すると
そんな>

<そして>

<そんなにも>

<すると>

う~ん

なんですけど

私!?

<このあと スタジオでサプライズ再会>

これ どういうこと?

(本仮屋)えっ どうやって?

1回も失踪してない

ユイカちゃん

(藤森)自分が
連絡してないんだから

普通はホント
感動の再会は よくあるんです

<次週 名脇役
芦屋小雁が認知症に>

<妻が>

<しかし…>


関連記事