ニンゲン観察モニタリング 中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP ブラマヨ、小泉孝太郎、笹野高史、NAOTO…



出典:『ニンゲン観察モニタリング★中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP』の番組情報(EPGから引用)


ニンゲン観察モニタリング★中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP[字]


▽生放送中に中条あやみ&DAIGOが大喧嘩で修羅場勃発!ジャンポケ斉藤と小倉優子の運命は?▽山本美月が兄弟漫才師ミキの弟の彼女だったら兄は?▽優樹菜の酒場放浪記


詳細情報

番組内容

【ニンゲン観察1】超人気女優 中条あやみ&DAIGOが迫真の演技で修羅場劇場開幕!ラジオ生放送MCジャンポケ斉藤と小倉優子が凍りつく…予想もつかない展開の数々にスタジオ騒然!【ニンゲン観察2】初参戦!超人気女優 山本美月が仕掛人!兄弟漫才師ミキの弟の彼女として兄と対面したらどんな反応するのか?爆笑感動結末【ニンゲン観察3】大反響!優樹菜酒場放浪記に笹野高史参戦「奥さんにアレと言ったら伝わる?」

番組内容2

【ニンゲン観察4】禁断の双子企画に新展開!もしもそっくりな三つ子の姉妹が入れ替わったら気づく?ターゲットは恩師…長女・二女・三女が入れ替わった時に思わぬ反応が!そしてまさかのモニタリング終了に一同唖然

出演者

【MC】ブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬 【レギュラー】小泉孝太郎  笹野高史  NAOTO ハリセンボン(箕輪はるか・近藤春菜)(50音順)

みどころ

お笑いか?ドキュメンタリーか?日本中でニンゲンの行動を観察!”もしも”の場面に遭遇したらアナタはどうしますか?「こんなモニタリングしてみたい!」「ウチもモニタリングして欲しい!」も番組HPで大募集!

公式ページ

◇番組HP http://www.tbs.co.jp/monitoring-golden/

公式ページ2

■Twitter

@monitoringtbs6 

https://twitter.com/monitoringtbs6

★ツィッター★

皆さん#モニタリングのハッシュタグで、番組のツイートをして頂いているようです。皆さんのアイデアを頂き、 「#モニタリング」を公式ハッシュタグにしたいと思います。こちらを使ってツイートして下さいね。

スタッフ

【プロデューサー】 

田村恵里

畠山渉



【ディレクター】 

木村大介 後藤美和 ほか

制作

【制作著作】

TBS




『ニンゲン観察モニタリング★中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ニンゲン観察モニタリング 中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP
  1. DAIGO
  2. レミ
  3. モニタリング
  4. 中条
  5. アレ
  6. 昴生
  7. 結婚
  8. 奥さん
  9. 主人
  10. 二女


『ニンゲン観察モニタリング★中条あやみ&DAIGOが生放送中に大喧嘩SP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

はははっ! いや 素晴らしい。

はいはい

(DAIGO)そうですよね

ぽっかぽか いいな
いいですね

いきましょう
せーの

モニタリ… グ…

スタート!

<料理愛好家
平野レミと>

<料理初心者の
DAIGOがタッグを組み>

<する
モニタリング★クッキング>

(小林)そうです

<結婚して1年の新米主婦>

<小林さんのお悩みとは?>

私はね

それをさ

<結婚してすぐ
赤ちゃんが生まれたこともあり>

<なかなか落ち着いて料理の腕を
磨けないという舞さん>

<しかし実は>

<早く料理が
うまくなりたいと焦る理由が…>

<それは?>

<義理のお母さんは
かなりの料理上手で>

<家に遊びに来ると手際よく
何品も作ってくれるのだそう>

<そのため舞さんは これまで>

<と心配されているようで>

<というのが舞さんの願い>

ってのがあるのね

と それと

ああ そうなんすか
そう

<今夜は>

<まずは
白菜のほっぽり鍋からスタート>

これを このぐらいさ

<白菜はヘタを切り落としたら>

<鍋の深さに合わせてカット>

うまいじゃん
うまいじゃない

<何と 切った白菜を
塊のまま鍋にブチ込んだ>

そう それでいいの
そしてさ

詰めていってください
(DAIGO)白菜を

<舞ちゃんが言われたとおり>

<隙間に
白菜を詰め込んでいると…>

これ もっとホントは キレイに
入れるんだけどさ ホントはさ

これ じゃあさ
こっから切っちゃおうか

しょうがないから
こうやってやって 少しね

こうやって キレイに
こういうふうにして

<何と はみ出した葉っぱを
芝刈り機ばりに削ぎ落とした>

<それがレミさん流>

<さらに切り落としたヘタも…>

これ チンしてね
ここも使えるんですか?

醤油とかさ ラー油とか何かで…
やるとすごくおいしくなるよ これ

ちょっとおいといてね

<食材は全て
ムダにしないのもレミさん流>

じゃあ ここに
突っ込んできましょう

<ここに豚肉を突っ込むとは?>

これをね
(DAIGO)これを?

いっぱい ずっと

<せっかちレミさんのため
DAIGOもお手伝い>

<どうでもいいので とにかく
隙間に突っ込めばいいそうです>

このままさ 水入れてさ…
レミさん これ…

棒 棒 棒 棒
これでやっちゃおう

こうやって?
そうそうそうそう

<こんな感じでOK>

そうそう 隙間に

そうするとさ

そうそう

で これでさ

<何と ここに水とお酒と塩を入れ>

<火にかけるだけで完成>

で これでね 水ね
500cc

そうなの?

いいですか?

<料理の途中でも
見たいものは見たい>

<それもレミさん流>

<こちらが
小林さんの長女・ノアちゃん 1歳>

<と 謎のダジャレで赤ちゃんを
泣かしてしまうレミさん>

(小林)
でっか~い

<丸々1匹の鯛で
あやそうとする豪快っぷり>

<しかし>

<調理に戻ります>

それでそれで やったじゃないさ
こういうふうにやってさ

どうして酒 入れるんですか?
何でですか?

臭み 取るの

豚の… 豚の臭み

ほんのちょっとね

<これでフタをして
火にかけたら…>

<何と>

<およそ>

<続いて2品目は
魚好きのお姑さんのため>

<でしか目にしない
こんな感じの料理を>

<超簡単に
しかもリーズナブルに作っちゃいます>

<魚を1匹 丸ごと使うと
見た目は立派だが>

<下処理など色々 面倒くさいもの>

<しかし…>

<レミさんが使うのは>

<スーパーで売っている
鯛の切り身とアラ>

<まずはそのパックの切り身と
アラに塩と酒をふりかけ>

<10分ほどおき 臭みを取ります>

<そして…>

<使うのは
こちらの穴が開いた蒸し器>

<もちろん
ご家庭にあるものでもOK>

で これ オーブンシートね

ここに

<と
煮汁が穴からこぼれないよう>

<オーブンシートを敷くのですが
この理由は のちほど明らかに>

そしたら ここにね

ネギ切って
ちょっとネギ切って

うんうん で これ切ってさ
ここにさ 入れちゃって

よろこんぶ ここに置く
そしたら

この
買ってきた切り身を並べるね

(DAIGO)これ 昆布とかが やっぱ
出汁になるってことですか?

そうそうそうそう

そうそうそう
全部入れちゃっていい

<そこへ臭み取りの
ショウガをのせます>

白髪ネギ
知らないです

とりあえず こういうのね
入れちゃうね 全部ね こうして

このくらい

そしたらね 重ねて

そうそうそう 白髪ネギ
ほら こう… ね

<レミさんに教えてもらい>

<2人で白髪ネギ作り>

<これで>

<あとは蒸すだけなのですが>

<ここで>

<そして>

<あとは蒸すだけなのですが>

<ここで>

そしたら これをさ
こうやって のっけるの

そう

<何と
調理している鍋の上に>

<蒸し器をそのままON>

でもね もうちょっとすると

<そう ガス台1つで
2品同時にできちゃう理由は>

<重ねて調理しちゃうから>

<下から出る水蒸気で蒸す>

<レミさんならではの>

ハハハ ジュー

<すると その待ち時間も
ムダにしたくないレミさんが…>

じゃあ何か

えーっ!?

<魚の歌を歌えと>

<プロのミュージシャン
DAIGOが出した答えは?>

ああ なるほど

<…と>

<レミさんが>

すっごいよね 奥さんね

いや~

じゃあ ちょっとこれね

取って… 取って…

これをさ こうやってね

<頭と体 尻尾を1匹っぽく
見えるように並べていきます>

そうそうそう そうそうそうそう

<下ごしらえのしてある切り身に>

<香菜をのせ 高級っぽい
中華料理に仕立てあげる>

<まさに>

醤油入れて

このね…

ホワジャオっていうのは

これを こうやってかけるね
こうやってね

(DAIGO)ホワジャオない場合とかって
どうすればいいですか?

<タレは醤油とホワジャオだけ>

<そして最後に>

ここに… ごま油どうした?

これね
これくらいにしちゃってさ

いいね いいね?
立ったね 立ったね?

<熱々のごま油をかけると>

<醤油が焦げ
何とも香ばしい香りが広がります>

1匹だましチャイナ蒸しと
ほっぽり鍋の完成です!

これとこれ… これとこれね

すごい!

<ということで>

<1品目は白菜のほっぽり鍋>

<その名のとおり
ほっぽっておいただけで完成>

<味付けは塩と酒だけ>

<本当に
絶品に仕上がっているのか?>

はい いただきます
すごいね

おいしい? よかった

うーん!
うまいっしょ?

うまいでしょ?

うん なっちゃう

もうだからさ

<続いて
1匹だましチャイナ蒸しを試食>

<見た目は
超高級中華っぽくなっているが>

<味はどうなのか?>

いただきます
どうぞ

<という弱冠二十歳の>

<新米主婦・小林さん>

<結婚して一度も姑に手料理を
作ったことがないというが>

<レミさんに
伝授してもらった2品で>

<お姑さんに おいしいと
言ってもらうことはできるのか?>

<娘さんの誕生日祝いといって
お姑さんを自宅に招待し>

<モニタリングします>

<早速 ご主人と
お姑さんが帰ってくるまでに>

<1人で調理>

<そして 無事>

<ご主人が帰宅>

<さらに…>

<嫁の初めての手料理に>

<驚きを隠せないお姑さん>

<手料理を>

お義母さんが ここですね

(パチパチと音が出る)

<まずは1匹だましチャイナ蒸しから>

<実はお姑さん ふるさとは中国>

<レミさん伝授の>

男性からすると
比べちゃうもんですか?

(春菜)へえ~
オムライスもね

ちなみにウチも
ウチもウチも

待って待って何か…

これやったら

と思うぞ

だって

<姑に一度も
手料理を作ったことのない嫁が>

<平野レミから伝授された
絶品料理2品を振る舞う>

<実はお姑さん ふるさとは中国>

<レミさん伝授の>

<何と本場中国の味を思い出すと
喜んでくれた>

実は

<と レミマジックにも
しっかり驚いてくれた>

<続いては>

そうですね

<木下優樹菜が酒場を巡り>

<夫婦の
リアルな本音をモニタリングする>

<この企画も
第3弾>

<そして>

夫婦なら
アレ だけで思いは伝わる?

ということですが
いかがですか?

<夫婦なら はっきり言わなくても
分かってほしいという笹野と>

<言葉にしないと分からない
という優樹菜>

<どこの家でもありそうな
この議論の答えを求め>

<今夜は
サラリーマンで にぎわう夜の神田へ>

<突然 夫が妻に電話して>

<「アレ買っといて」と言ったら>

<妻はアレを正しく理解できるのかを
モニタリングします>

<それでは>

<創業50年 昭和の空気を今に残す>

<大衆居酒屋 「神田っ子」>

<この街のサラリーマンに
愛され続ける名店です>

こんばんは

<なぜか笹野には>

<上司がやってきたかのように
挨拶を始めるサラリーマン達>

あら~!

お邪魔してもよろしいですか?
すいません

<こちらは>

<という>

<と>

<いい感じにお酒が入った
お父さん達に>

<早速>

じゃ ちゃんと…

いや 私まだ…

例えば

察して

<アレどころか 何も言わなくても>

<察してくれるのが夫婦だという>

<結婚45年の お父さん>

<そして>

そういうアレが

なるほど

<言葉などなくても>

<しかし 夫達が思うほど>

<アレは 奥さんに
伝わっているのか?>

<電話をするのは>

<そんなご主人が電話で>

<「アレ買っといて」といえば
奥さんは>

<刺身を買っておいて
くれるはずだという ご主人>

<果たして>

<こちらの>

<やはり>

<アレだけでは伝わらず
どんどんヒントを出していく>

<散々>

<と聞いたご主人は>

<しかし その後も>

ああ 家族

<という夫が増えるが>

<おいしい日本酒と ジビエ料理が
楽しめる店>

<鮮度抜群の鹿やイノシシ肉を
あえて シンプルに調理し>

<お肉本来の味を楽しむことが
できると人気のお店>

こんばんは

<仕事帰りのグループに まぜてもらい>

<とりあえず 乾杯>

<まずは こちらの>

あれですか

ええ~っ

<と>

<では もっと>

言ってます?

ですよね

<おいしいと言わなかったことで
ケンカになって以来>

<ちゃんと言葉にするよう
心掛けているという>

<一方 こちらのお父さんは>

<どうやら>

ホントかな

<ということで
結婚生活10年目の近藤さんが>

<奥様に電話>

<そんな奥さんに>

じゃあ

<明日の朝食に
アレ食べたいといえば>

<だしまき玉子だと分かってくれる
はずだという ご主人>

<果たして 結婚10年目の奥さんに>

<アレだけで伝わるのか>

<先ほどまでの自信が>

<意味不明なことを言う夫に>

<奥さんが キレ始めた>

すいません 突然 あの
電話を替わって すいません

<と間違いを きっちり正し>

<事情を説明>

すみません ホントに

<感謝を伝えていると
言っていたが>

<奥さんには
いまいち伝わっていないらしい>

<そして中条あやみとDAIGOが>

<生放送中に大ゲンカしたら>

<さらに 超人気女優・山本美月が>

<兄弟漫才師 ・ミキの
弟の彼女だったら 兄は>

(斉藤)そういうことじゃ
ないですよね うん

<今回は中条あやみ DAIGO
そして山本美月の豪華仕掛人が>

<芸能人の人間性を試す
2つのモニタリングを決行>

<最初のモニタリングの
仕掛人となるのは>

<大ヒット ラブコメディー漫画を
実写化した>

<12月21日公開の映画
「ニセコイ」で共演している2人は>

<どんな仕掛けを
演じてくれるのか>

<モニタリングの方法は
TBSラジオ全面協力のもと>

<中条とDAIGO さらにターゲットとなる
芸能人2人を加えた4人で>

<ニセの生放送ラジオを決行>

<すると 生放送中にもかかわらず>

<突如 中条とDAIGOが大ゲンカ>

<そんな時 ターゲットの芸能人は>

<どんな反応をするのかをモニタリング>

ねえ そうだよね

<と 普段は平和主義な2人だが>

<今回は番組のために
仕掛人として>

<壮絶なケンカを繰り広げてもらう>

<そして このモニタリングで
人間性を試される>

<中条が本番前の打ち合わせに
合流したところで>

<まずは 和やかな雰囲気で
会話を始める中条>

<しかし 実はこの口笛が
のちに修羅場の火種となることを>

<2人は まだ知るよしもない>

<遅れるDAIGOを待ちつつ
内容についての打ち合わせへ>

<だと話す 中条あやみ>

<すると そこへ>

<少し>

<すると>

<名前 間違いは
失礼だと言っていた中条に>

<「あけみ」と言い放つDAIGO>

<これに 2人は>

<しかし>

料理とかだったら

<すると>

(小倉)そう 何かDAIGOさんが

<これ以上 DAIGOが間違えぬよう
やんわり指摘>

<しかし>

<そして>

<明らかに 不穏な空気が漂う現場>

<これは役作りのためなんだと
何とかフォロー>

<それに引き換え ビビり倒して
2人を見るだけの チキン斉藤>

<さらにその後 DAIGOも出て行き>

<部屋は2人きりに>

<DAIGOと中条の>

<しかし>

<機嫌の悪い中条は ラジオブースに
入っても口笛を吹きまくる>

<そして>

<なぜか自分も口笛を吹いて
紛らわすという>

<意味不明の作戦に>

<ちなみに
中条さんはモニタリングのために>

<失礼な態度を
演じてくれていますが>

<そして>

<すると>

しっかりしてくださいよ ホントに

えっ 俺 間違えてる?
ずっと 間違えてる

<しかし 2人の>

<2人>

<これは>

<すると 何とか>

<そして 空気を変えようと>

<何とか>

<小倉>

<そして>

何か そういう…

<と ここで>

<しかし>

始まりました~

<2人>

<そして その後も>

<さらに>

<もう>

<そして ついに>

<あまりの修羅場に>

<そして>

(口笛を吹く)

そうそうそうそう

そう プレミアムでね…

<これが>

<すると ここから>

<何と>

<そして>

<その>

何とかするんで すいません

<2人が戻らないまま>

<ディレクターの指示どおり>

<そして 2人で>

<しかし ここで>

<何と>

<しかも>

<DAIGOへの質問なのに>

<何とラジオなのに
DAIGOが>

<そして 最後に>

<何と>

<何とか>

<しかし それも>

<すると>

<何と>

<そして>

<と 小倉には>

<と 分かったところで>

<続いての人間性モニタリング>

<現在>

<今回は 今>

<その方法は
コンビの片方が>

<「恋人の山本美月と結婚するから
芸人をやめる」と>

<突然の解散を切り出す
そんな時 相方は>

<結婚に賛成し解散するのか>

<それはありえないと
反対するのか>

<を モニタリング>

はい
(スタッフ)どうでしょうか?

<今回 山本の彼氏として>

<弟・亜生に解散を切り出されたら
昴生は どんな答えを出すのか>

<舞台となるのは東京のオシャレタウン
中目黒にある こちらのレストラン>

<すると 席につくなり最近>

マジ?

<兄弟が じゃれ合う姿を>

<すると>

<な お兄ちゃん>

<さらに>

<な お兄ちゃん>

<いよいよ>

<弟>

<そして>

<すると>

人が ええから
だけど

すごい自然でした

CM 明けるごとに

いや だから…

<昴生>

<山本の名演技で どうやら>

<付き合っていることを
信じた様子の昴生>

<お前はミキ家の誇りだと>

<と ここで頼んでいた>

<と 言いながらも>

<山本>

<すると その>

<ここで さらに>

<それは2人が見つめ合って
「愛してる」と言い合い>

<照れた方が負けという
シンプルなゲーム>

<さすがに これは
意味が分からないと断る昴生>

<すると ここで>

<そして 誰もが羨む
山本美月との>

プッ フフフ…

プッ フフフ…

(山本)イエーイ

<ここで いよいよ
結婚するから解散しようと>

<亜生が切り出す>

<弟の結婚を祝福する兄・昴生>

<そして ここからが本番>

<芸人を辞めるという
弟の言葉に>

<すると>

それは もちろん

それは

<漫才師としての自覚が
足りないと>

<弟を責め立てる>

<一旦 席を外し>

<2人で
本当の心の内を話してもらう>

<すると 兄>

<2人じゃなければ売れても
意味がないと言い切る 昴生>

<そして 昴生には>

<東京で売れることよりも
大切な目標が>

そんなん

<どんなに>

<このまま素敵な話を
聞いていてもいいのだが>

<ここは 心優しい>

<してもらう>

<そして>

<兄弟漫才師>

<さらに>

<そして 最後は>

<山本から>

<M-1優勝を目指す2人にちなんだ>

<こんな仕掛けを>

<しかし>

<昴生>

<と 昴生が芋ようかんでは>

<という>

<何と この企画初>

<三つ子が仕掛人>

<藤本家に生まれた 三つ子ちゃん>

<真弓 真凡 真夕の三姉妹>

<子どもの頃から 学校も習い事も>

<常に一緒>

<あまりに そっくりなため>

<周りを
混乱させてしまったという>

<そして 3人には>

<三つ子ならではの悩みが>

<しかし>

(三女)何でその曲歌った みたいな

かぶったりする

<3人が仕掛人となる>

<岩畑麻美先生>

<当時から>

<先生とは
卒業後>

<その距離は
さらに近づき>

<毎月のように会い
彼氏ができたら>

<すぐに
報告するほどで>

<第二の母親のような
関係だという>

<そんな先生を相談
したいことがあると>

<レストランに呼び出し>

<友達のように>

<と>

<ちなみに 先生は>

<真夕さんが
三つ子だとは知っているものの>

<長女 二女とは
ほぼ面識がないという>

<と>

<と向かう すると>

<そこには 二女がスタンバイ>

<ここで2人が入れ替わる>

<もしも>

<モニタリング>

<と>

<と向かう すると>

<そこには 二女がスタンバイ>

<ここで2人が入れ替わる>

<まずは>

マミちゃん 何がいい?

<さあ この>

(二女)オレンジ?
は~い

<どうやら 声では
入れ替わりに気づいていない様子>

<では 二女が目の前に来たら>

<入れ替わったことに
気づくのか?>

<先生が
二女の顔を しっかりと確認>

そうそうそうそう

<真夕さんが>

<今 目の前にいるのが
真凡さんなのだが>

ああ~ うんうんうん

<ここで
再び>

<入れ替わっていることに
全く気づかない>

<ちなみに
2人を並べてみると こんな感じ>

<こうして比べても
違いが分かりにくい 2人>

<見抜くのは
難しいのか?>

<そこで 続いては長女にチェンジ>

<実は 本人達に言わせると>

<長女は
他の2人とは少し声が違うらしく>

<この>

<この>

<と 先生が
トイレに行った隙を見て>

<果たして>

<そこで ハスキーな声の長女が
話しかけてみる>

やっと

<そして ついには>

<この光景を目の当たりにした>

<それは>

<もしかしたら>

<果たして>

<真夕さんの服を着たADが接近>

ありがとう

<ところで>

いや~

ちょっとね 焦りました

どうするのかと思ったけど

言ってましたね

ええっ!?
(一同)ええ~

自分から言いにくいやん
別れてって

ってことですか?

そうですそうです

ええ~ それはキツいな 彼氏
(小泉)うわ~

だから

<来週は>

<その迫真の演技で>

<ラジオの生放送中の修羅場を
見事つくり上げてくれた>

<中条あやみさんと
DAIGOが出演する映画>

<「ニセコイ」 は
12月21日公開です>

<さらに兄弟漫才師 ミキの
弟・亜生の恋人役として>

<その かわいらしい演技で>

<兄の昴生をも
メロメロにした>

<山本美月さんの
素敵な初の写真集>

<「Mizuki」 は
12月15日より発売です>

<そして 今夜も大成功を収めた>

<モニタリング★クッキング>


関連記事