ダウンタウンのガキの使い… がブリチキン。食べ尽くして10万円! 松本人志、浜田雅功、月亭方正、遠藤章造、田中直樹


出典:『ダウンタウンのガキの使い… がブリチキン。食べ尽くして10万円!』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンのガキの使いやあらへんで![字]


今週のガキは『がブリチキン。食べ尽くして10万円!』人気急上昇ジューシーチキンを食べまくり!くじ運も作用?あの男が連続指名で不機嫌に‥少食の2人で新コンビ結成?


詳細情報

出演者

ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)

番組内容

今週のガキ使は『がブリチキン。食べ尽くして10万円!』メンバーが都内人気チェーンをハシゴし指定された店舗分食べきることができるかというチャレンジ企画。今回はジューシーな骨付鳥や唐揚げを手頃な値段で食べられる店として大人気の「がブリチキン。」でチャレンジ!各店舗カードで当たった者が食べるというルールであの男にまさかの連続指名!序盤から早くもテンションダウンで暗雲?食べられない2人で新たなコンビ結成?



『ダウンタウンのガキの使い… がブリチキン。食べ尽くして10万円!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ダウンタウンのガキの使い… がブリチキン。食べ尽くして10万円!
  1. 方正
  2. 田中
  3. 遠藤
  4. 浜田
  5. 藤原
  6. ネック
  7. 店員
  8. セーフ
  9. 松本
  10. ヤバ


『ダウンタウンのガキの使い… がブリチキン。食べ尽くして10万円!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

(一同) よっ!
(拍手)

(松本) ココリコとね 僕はね

毎回 本気で
ゴール目指してるんですけど。

(田中) そうなんです。
(遠藤) 頑張ってますよ。

(方正) レディボーイ。

(浜田) 前回は 山ちゃんですよ。

(遠藤) 大体 どっちかが。
いや くじ運や くじ運。

(井本) 5人だと あれなので
今回 藤原も入れて 6人で

20店舗を目指しましょうという。
(藤原) お役に立ちたい!

<今回 食べ尽くしに挑むのは

名物の骨付鳥 からあげで

若者 サラリーマンに大人気の…>

<ルールは…>

<さらに からあげの定番メニュー
6種類の担当を決め

2品ずつ食べて行く>

<完全制覇のカギを握るのは

1店舗につき2人が食べる
100gの からあげ>

2人?
2人 食べていただきます。

(方正) 1人でええんちゃうの?
これと これは 必ずで

あと これと これとか
これと これとか。

1人1個でええ
1個ずつ6人で食やぁさ。

もうですか!?

いや しょうがないじゃないですか
レディボーイやねんから!

<まずは 6種類のからあげの…>

方正さんがネックだったら
もう 20店舗 ずっと ネック。

正直 言うときますけど ずっと
すなずりやったら 俺 死ぬと思う。

(遠藤)デカいね このくじ じゃあ。
これ デカいですね。

誰か 1番 行きたい方
おられますか?

じゃあ やるよ。
すなずり 来い。

すなずり 行け。

何 これ。
≪お~っ≫

あっ 鶏トロ!
(田中) 鶏トロですって。

<浜田の担当は
肩肉と手羽元の間

ジューシーな 鶏トロに決定>

(方正) ええやん それ。
(遠藤) 今 こちらから…。

(遠藤) いいんですか?
この歓声は?

僕 ちょっと
知ってるんですけども…。

あら。
(田中) 厳しいんや。

はい 終わり 厳しいの終わった。

<続いて…>

あっ。
松本さんは 何でしょうか?

ネック。
(遠藤) これ どうなんですかね。

(田中) ネックは どうなんだろう。

<ネックは その名のとおり
首の後ろの肉>

<ぷりっとした食感が特徴>

ネックのうわさ
入って来ております。

(笑い)

えっ ネックって そう?

<続いては…>

いや でもな ささみばっかりも
ぽそぽそ ぽそぽそしてよ…。

いや でも ささみが一番危なない。

行きます。
どうぞ。

よ~し! やった~!

(藤原) すごい くじ運。
勝った~!

<方正は狙い通り ヘルシーな
ささみを引き当てた>

<そして 遠藤は 歯応えが特徴の
すなずり>

ナイス すなずり。
ヤバいな これ~!

<田中は 手羽先>

(田中) 手羽先 手羽先。

<藤原は 骨なしももに決定>

<担当が決まったところで

カードで…>

まず1人目は…
1店舗目ですからね はい ポン。

松本さん。
(笑い)

(田中) 自分で引いた。

まず1人目は
松本さんのネック。

<続いて…>

(遠藤) 浜田さん お願いします。
ダウンタウンさんでお願いします。

♬~

<6人は
1店舗目 新橋店へ移動開始>

食べました。


今日の 一応 ホント 思って…
食いたかったけど。

(藤原) 量が分かりにくいですね
レタスドッグ。

こちらでございます。
(方正)お~ あっ 見たことあるわ。

あります?

<1店舗目 新橋店に到着>

見たことある。
(方正) ここ 最近できたやろ。

入って左です。
入って左。

はい 入って左でございます。

(一同) お邪魔します こんにちは
お願いします。

どれぐらいのサイズなのか
というのをね。

皆さん 初めてですからね。
(田中) おやと ひな。

(店員) こちら ひな鳥ですね。

おや鳥です。
(遠藤) おいしそう。

(田中) おやが来ましたよ。
(方正) あんなもんか。

<まずは 「がブリチキン。」の…>

<…から いただく>

<おや鳥は
しっかりとした歯応えで

かみしめるほど うま味が広がる>

<対して ひな鳥は
とても軟らかくジューシー>

<おやと ひな 2種類の味が
楽しめる 大人気メニュー>

(方正) うわ うまそう。
すごい おいしそう。

(一同) いただきます。

おや。
(藤原) さすが。

硬いもんちゃう?

どうぞ 召し上がってください。

(遠藤) 結構 しっかりしてますね
おや鳥ね。

うまい。
(藤原) おいしい。

(田中) おいしい。
(遠藤) おいしい おいしい。

味が しっかり。
何も つけんでええわ。

(方正) おいしい。
(遠藤) 全然 いけるわ。

(方正) ごめん
何か ごちゃごちゃ言って。

<骨付鳥は あっという間に…>

<続いて 松本と浜田の
からあげ>

(店員) 鶏トロとネックですね。
じゃあ ネックはもらいますね。

結構な量やん
だから 言うてるやん。

おい おい おい おい。
これ お前 ずっと…。

これ 1人で行くの?
だから 言うてるやん。

ご自身の担当になりますので。

それ無理やわ
これ3回 続けたら もう。

(田中) そうですね。
なぁ。

ちょっと
半分 交換とかアカンのやろ?

はい これは 最後まで
これを担当していただきます。

(遠藤) それもアカンの?
はい。

(遠藤) なしね。
担当ですから。

味はね。
おいしいですよね。

思うてたよりはね…。

あの~ うん。

う~ん。

まだ1軒目ですからね。
(田中) そうそう 1軒目ですから。

1軒目の面構えやあらへんで
あれ。

浜田さん もう…。

(遠藤) 半分の顔やな もうな。

折り返しの顔ですよ それ。

<…の からあげ>

お~。

なるへそ。

<…には それが こたえる>

サラリーマンの人がね
一日 仕事して

1杯 飲みながら
食べるもんなんですよ。

(方正) 時間かかっとるで。
お前 ホンマに…。

早う行きましょうよ!
お前 ホンマ…。

(藤原) 腹ぺこぺこですもんね。
(方正) 腹ぺこぺこや。

(笑い)

(遠藤) 浜田さん 食べられました。
松本さんも 今 食べられました。

素晴らしい 1店舗目 クリア。

<そのまま…>

これがセーフやな。

これがセーフ。
なるほど なるほど OK!

(方正) これがアウト。
セーフの人 まずは セーフの人。

(方正) あっ!
遠藤さん セーフ。

松本さん セーフ。
やった ネック セーフ。

(田中) おい~! セーフ。

(方正) 方正 方正。

藤原 セーフ ということは?
(方正) えっ?

ウソ ウソ ウソ。
浜田さんと方正さん。

レディボーイ。
終わった 終わったぞ。

終わったぞ~!

ええんちゃう? 始まって…。

<2店舗目は 小食の浜田と方正が
からあげの担当に>

すいません
ありがとうございます。

<残すは19店舗>

<が…>

いや これはね。
ヤバいですよ。

これ ヤバいですね
ちょっと考えないと。

ルールも含めて。
ルールの変更がいると思う。

軟らかいけど 身は ただ…。

一個一個が。

1人で
全部 食うもんちゃうからな。

<開始早々…>

<そして
心配なことが もう1つ>

まぁ でも ダーハマさん…。

あり得るんですよ。
それは あり得ます。

一生懸命やりますよ
でも 限界がありますから もう

そうなった時は
ホントに ごめんなさい。

喜伸さんは 3連チャンあって
行きましたから 10何店舗は。

へぇ~。
喜伸さんは。

それは あいつは もう…。

やるやろ。

ロケ班ホステス
連れて行ってるんですか。

当たり前やがな。

ホステスとですか。

<「がブリチキン。」食べ尽くし
2店舗目は…>

(店員) こっちが おや鳥
こっちが ひな鳥ですね。

これね おいしいですよね。

はい はい どうぞ。

軟らかい。
(遠藤) ひな 行こうか じゃあ。

ここは もう…。

(方正) どうぞ。
はい じゃあ。

(店員) お待たせいたしました
こちらが 鶏トロです。

(方正) 鶏トロ あっちです。

これが ささみですね。
(方正) あ~ よかった。

めっちゃええやん これ
ちょっと食べたいわ。

(方正) そうでしょ。
(田中) ささみは いいわ これ。

あっ うわ めっちゃええ。
(遠藤) おいしそう。

(田中) さっぱり?
(方正) あっさりしてる。

だ~れも 浜田さんのこと
見てくれへんようになった。

(遠藤) めちゃめちゃ
おいしそう ささみ。

(方正) 味もいい。

浜田さんの「う~ん」出たら
ヤバいですね。

まさか ここで ギブは ないやろ。
ギブは ちょっとね。

聞いといてもいいですか 今。

80。

まだ2軒目ですけども。
80でした。

はい もう じゃあ ささみ 完食。
ペロリ ペロリでしたね。

(方正)
ペロリです おいしかったです。

普通。

普通は食わないですよ。
そうでしょ。

ちょっと やっぱ
時間はかかりますよ そりゃ。

一気に。

(遠藤) 一気にはないですよね
8個もね。

(方正) 人生で。

<そして 浜田も>

はい 行きました
2店舗目 クリア。

まず1枚目 1人目は。
(方正) 頼むで 章造。

方正さん。
(遠藤) まぁまぁ…。

「まぁまぁ」ちゃうよ
2連続 ちゃうねん!

どうしたんですか 急に そんな。
(方正)「どうしたんですか」ちゃう。

あるよ 3分の1の確率で。

<もう1人は>
せ~の ドン。

田中さん 手羽先 初手羽。

初手羽なんで まぁまぁ
行けるでしょ まぁまぁ 大丈夫。

<闘いは まだ 始まったばかり>

何か 野菜とかあんの?

何かね サイドメニューが
結構ありますよ。

オニオンスライスとか。
これは でも…。

それは だから…。

なるほど そりゃそうだ。

なるほど。

俺 よう考えたら。

何か言うてはる 小っちゃい声で。
小っちゃい声で

「全然ええんちゃう?」。

なんぼ頼んでくれても
全然かまへん。

なんぼ頼んでくれても払いまっせ
みたいな言い方やけどな。

何か 企画意図 変わって来てる
「浜田に おごってもらおう」。

<トッピングや
多彩なサイドメニューも

「がブリチキン。」の魅力の1つ>

お邪魔しま~す。

メリー がガブリマ~ス。
(方正) こんにちは。

「メリー がブリマス。」って
書いてあるよ。

(店員) 失礼いたします
こちら おや鳥ですね。

はい。

(店員)こちら ひな鳥でございます
どうぞ 失礼いたします。

とうとう…。

メリー がブリマス?
メリー がブリマス。

すごいな おや。
(藤原) デッカい ひな…。

おやの強さ 半端じゃないな これ。

(遠藤) うわ おやが。

いや すごい おやが。

うん。
(遠藤) すごいですね おや。

もう行きました?
(田中) 早っ。

すいませ~ん。
(店員) こちら 手羽先ですね。

(方正) そっち。
(店員) 失礼します。

ささみでございます。
手羽 デカい。

方正さんも 連チャンささみを。

(方正) でも まだ行けるなぁ。
行けます?

(方正) うん。
(田中) おいしい。

めっちゃ機嫌悪いですやん。
(田中) 機嫌が悪いな。

何か 気が立ってるよね。
何かね。

それやったら
言うといてほしいですね。

<この手羽先…>

<よって…>

手羽は ほら ちょっと
ずるできるからな。

割と 中身 出すことできるから
見といたほうがええで。

(田中) それはないです それは。
これ これ これ これ。

(田中) そこですか。
そうや ここも ちょっとは。

もちろん もちろん。
ほら これ…。

<自然とチェックも厳しくなる>

こことか この…。

ハハハ! 肘でいうところの
肘でいうところのでしょ。

トミー・ジョン手術のとこ
行かなアカンて。

(遠藤) 行っといて 行っといて。

(田中) えっ ここも?
うん。

<一方 ささみ2連続の方正は

味を変えながら完食>

ホンマやろな?

俺も行った。
行きました?

ちょっと 皆さんのチェック
入ってますけど どうですか?

浜田さん OKですか?
手羽のチェック やめてください。

でも でも これ。
嫌ですわ 何か…。

これ 身じゃないんですって。
ホント?

はい 骨です 骨です
ちょっと もう…。

(田中) やめてください。
何や 何や。

<3店舗目を終え
6人の食べた量が こちら>

<浜田と方正は
すでに440gを完食>

<続いての からあげ担当は?>

まず1人目。

おっ 来た。
おっ 藤原。

(田中) まいります。

あっ 連チャン 連チャン
連チャン手羽。

あるな ホントに。
(田中) さっき聞いたやろ?

連チャンはアカンって
ご法度やって

さっき聞いたやろ?
はい。

こちらです。
(店員) いらっしゃいませ。

(店員) いらっしゃいませ。

えっ!? 大丈夫? 今の。

ガクガク!ってなってたけど
大丈夫? 今。

(松本の声) 段ある思ったんやな
ガクガク!なってるやん。

木目の色が違ってる所が

階段や思って ガガガ!って
なったんやけど 大丈夫?

(浜田の声) 何回も うるさい。

(井本の声) さっきの店 出る時も
なってました。

(田中) ガガガガガ。
切ないな。

こちら ひな鳥と…。

こっちでいいです。
はい どうぞ。

う~ん。

どれが どれだか分からん。

(田中) これは はい
あっ 子です おやや。

子か。
うわ!

ハハハハ。
そんな感じなん? おやって。

これ ホンマに。

「な‼」って何や。
えっ?

(遠藤) 何で 「な‼」が。
田中さん 「な‼」はダメ。

「な‼」は あきません。
「な‼」は… 「な‼」は…。

絶対 言ってない
「な‼」は言ってない。

<からあげは
田中の手羽先2連続と

藤原の骨なしもも>

(藤原) いただきます。

あっ 軟らかっ!

(遠藤) ホンマですか?
うん 違うやんか。

おやと比べたら 全然?

全然! ひな並みの軟らかさ。
(遠藤) あぁ そう。

(藤原)
むちゃくちゃ うまいですよ。

<…の味に 舌鼓を打つ藤原>

大丈夫?
はい。

手羽チェックしていただいても
大丈夫ですか? 手羽チェック。

どうもな…。
違う どけろって。

お前 これ
身ちゃうんか?って この辺。

(笑い)
(方正) アカンわ それは。

手羽は 判断 難しいですね。
そう 難しいねん そこな。

だから…。

骨かも分からんけど…。

(笑い)

身ちゃうん? 身ちゃうん?

<厳正なチェックを乗り越え>

(田中) どれのこと言うてる…?
これ 身ちゃうん?

(田中) これ 身ですか?
確実に 身やろ。

<何とか…>

(田中) OK OK すいません。

<そして…>

(藤原) じゃあ 食べる人
最初の1人 この人です。

ドン! 方正さん。
これ ちょっと ヤバいな。

(遠藤) えっ マジっすか?
3回目。

(方正) ギャ! ギャ! マジか。

鶏が絞められたような 「ギャ!」。

(藤原) もう1人 行きます。
もう1人。

浜田さん。
(方正) ハハハハ!

(遠藤)
レディボーイ レディボーイ。

またもや レディボーイズ。

これ すごいな。
だって 3 3ですよね。

(田中) 3 3。
すごいことに。

(田中) ギャ! ギャ! ギャ!

<「がブリチキン。」食べ尽くし
現在の状況が こちら>

<浜田と方正が
からあげ300g目を迎える>

<果たして!?>

カードの出方が
すごく いいと思うよ。

スタート ちょっとね
松本さん いきなり。

そうですね まぁ でも それは
最初に出といて

しばらく食べてないんで
ちょっと…。

何やったら。
絶対 ウソや。

ホンマ ちょっと
ネックが欲しいし。

(笑い)

そりゃ まぁ そうですね。
そりゃそう。

あれで笑ってたら。
もう分かってんねん 俺も。

和風 お願い…。

いろいろ遊べるからええわ
ささみは。

遊べます。

あれ?

言うてもうた。

(遠藤)
使ったな~ 言うてる矢先に。

ハハハハ。

(遠藤) グ~ グ~じゃ ないです。
引退されるんですか?

<…に到着>

<ここでも まずは
骨付鳥から いただく>

おやから行ったろ 今回。

(田中) おやから行った。
うん。

うん。

でも…。

(田中) はい。
なぁ。

そうなんかな。
うん。

おやに だいぶ
慣れて来てるんじゃないですか。

えっ!? 5ですよ。

編集してる? えっ?

<問題は ここから>

<浜田と方正が
300g目に挑む>

(店員) 鶏トロでございます。

おぉ~ 腰 痛いわ。
腰が痛い?

腰 痛いんですか?
うん 腰 痛い。

何かトッピングします?
う~ん しない。

あんまりね 1店舗に
時間かけられ過ぎるのも。

(田中) そうなんです
トントントンとね。

トントンと行きたいね。
(田中) そりゃそうです。

う~ん。

からあげは。
(遠藤) 浜田さ~ん。

(藤原) からあげ。
しばらくはね。

しばらくってことですよね。

そんな感じやけどな。
(田中)そうかもしれないですけど。

<箸が進まない2人>

ペース遅いな どっちも。

(田中) ささみの方正さんも
レディボーイズ。

ハハハ… いや 俺も
もともと そんな食われへんから。

もう 塩が すごい。

11個目ですからね
大人が からあげ。

50歳すぎの…
11個目 行ってますからね。

方正さんと浜田さんが 今…。

…ほど行ってる
っていう感じですかね。

(田中) 700g。
行ってますね~。

<満腹感と闘いながら

何とか からあげを口に運ぶ>

(遠藤) 方正さんが ひと言も
しゃべらなくなりました。

方正さんは もう。
うわ 刻んだな~ ささみ。

行ってまえよ もう。

(田中) それ ホント そうやね
次のくじ すっごい大事。

でも 方正さん 行きましたよ。

(藤原) 行きましたよ。

<そして 浜田も>

(田中) あっ。

えっ?

何?
(田中) 行かれた 行かれました。

「イキはりた」。

(笑い)
(藤原) 「イキはりた」。

からあげ死。
浜田 死んだんかなって。

<…立ち込める
「がブリチキン。」食べ尽くし>

<果たして どうなる!?>


<忍び寄る満腹の影>

方正さん。
(方正) もうアカンて!

お前 2枚目やないか 今の!

<果たして
6人を待ち受けるのは?>

ハハハハハ!

あぁ~!

お前 ちゃんと
カウントダウンせぇや! 怖いな。

<そして あの男に異変が>

ヤバい ヤバい ヤバい。
(田中) それは やめてくださいよ。


関連記事