てれまさむね 冬のボーナス使い道は なぜいまカフェ増加?憩いの空間に込めた思い 真下貴、伊藤友見


出典:『てれまさむね 冬のボーナス使い道は▽なぜいまカフェ増加?憩いの空間に込めた思い』の番組情報(EPGから引用)


てれまさむね[字]▽冬のボーナス使い道は▽なぜいまカフェ増加?憩いの空間に込めた思い


こだわりの空間、おいしいコーヒー。憩いのひと時を楽しめる「カフェ」がいま県内で増えています。オーナーに聞くと、そこにはある共通した思いが…。


詳細情報

番組内容

みやぎの今が丸ごとわかり、暮らしや今後に役立つ情報をお届けします!災害や事件事故が起きた際の緊急報道。東日本大震災の発生から7年が過ぎた被災地の姿や課題・教訓を伝える震災報道。楽天やベガルタ、高校野球などのスポーツニュース。それに地域の話題や情報も盛りだくさん!みなさんが撮影した事件事故・災害・風景などの動画も引き続き大募集!てれまさむねホームページから「スクープBOX」へお送りください。

出演者

【出演】真下貴,伊藤友見



『てれまさむね 冬のボーナス使い道は▽なぜいまカフェ増加?憩いの空間に込めた思い』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

てれまさむね 冬のボーナス使い道は なぜいまカフェ増加?
  1. カフェ
  2. グループ
  3. ボーナス
  4. 市民
  5. 市民グループ
  6. 思い
  7. 署名
  8. 人気
  9. 万円
  10. お地蔵さん


『てれまさむね 冬のボーナス使い道は▽なぜいまカフェ増加?憩いの空間に込めた思い』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

こんばんは。12月12日水曜日

のてれまさむねです。きょうは

ご覧のようなニュースを中心に

お伝えしていきます。カフェに
ついては22分ごろからの放送を

予定しています。
こちらの人形、おのくんですね。

東日本大震災のあと東松島市の
仮設住宅で作られて復興支援の

シンボルともなっています。今

このおのくんがインターネットで

定価の数倍で転売されるケースが
相次いで

いるということなんです
よね。制作者はお金もうけに利用

するのはやめてほしいと
呼びかけています。

東松島市のJR陸前小野駅近くに
ある空の駅です。

ここを拠点におのくんが制作、
販売されています。

材料は靴下で定価は1000円。
ファンの間では購入した人を里親、

おのくんを連れて東松島市に行く
ことを里帰りと呼び、

被災地との交流の象徴的な存在に
なっています。

おのくんの制作が始まったのは
震災のよくとしでした。

東松島市の仮設住宅に住んでいた
女性たちが復興を願って作り始め

ました。
愛らしいルックスや一つ一つ違う

デザインなどから全国的な人気と
なり、

これまでに15万体を販売し
ました。

そのおのくんが
インターネットのフリマアプリ

などで転売されているのです。

このサイトでは売り切れのものも

含めて数百円から数千円で販売さ
れています。

中には2体で6000円と定価の

数倍の値段をつけているものも。
商品説明を見ると宮城県外の

出品者が
震災からの復興への思いが

詰まった一点物ですなどと紹介
しています。

全国各地と被災地を7年以上
つないできたおのくん。相次ぐ

転売を受けて、おのくんが
悲しんでいると制作者たちは

訴えています。
おのくんの生みの親、

武田文子さんです。

武田さんは人と人とのつながりを
作ろうと、おのくんの制作を始め

ました。
材料となる靴下の購入費は安く

なく、経営は楽ではありませんが
子どもたちも含め、みんなが

買えるようにと値上げせずに定価
は1000円に抑えてきました。

訪れた客におのくんの転売に
ついて聞くと。

武田さんは復興支援のシンボルと
なっているおのくんをお金もうけ

に利用するのはやめてほしいと
呼びかけています。

制作者のことを考えると本当に
胸が痛みますね。

それだけある意味、
魅力があるというふうに感じて

くださる方は全国にたくさん

いらっしゃるということだと思う

んですね。東松島市ぜひ

来て

いただいて現状いろいろ

見ていただいて。おのくん
を欲しい方、お友達などで

いらっしゃったら教えてあげて
いただきたいというふうに思い

ます。
おのくんについてお伝えしました。

北海道新幹線の札幌延伸を

見据えてJR東日本が開発を
進めている新型新幹線の試験車両

ALFA-X
(アルファエックス)

がきょう初めて報道陣に公開され
ました。

次世代

の新幹線ALFA-Xの
外観が公開されました。

16メートルの長い鼻が特徴です。
新型新幹線の試験車両、

ALFAーXの1号車です。
鼻と呼ばれる先端部分がこれまで

よりいくぶん長く
トンネルに入ったときの空気抵抗

を抑え、騒音を減らす効果がある
ということです。

最高時速は今の東北新幹線の
E5系よりも40キロ速い

360キロを目指しています。
JR東日本は先端部分がさらに

長いもう1種類の試験車両も開発
を進めていて

いずれも来年5月に完成する予定
です。

今後、速さや騒音、乗り心地など
の検証を重ねて2030年度に

予定される
北海道新幹線の札幌延伸に

合わせて導入を目指すということ
です。

次です。

5

年前、大崎市古川にあるすし店
で男性が刃物で刺された事件で

先月から今月にかけて暴力団

関係者ら6人が逮捕され、

警察はきょう、この事件に
関わった疑いがあるとして、都内

にある暴力団事務所などを捜索し
ました。

捜索を受けたのは東京・台東区に

ある浪川会の暴力団事務所など
3か所です。

この事件は5年前、大崎市古川の
すし店のカウンターで食事中

だった男性が店に入ってきた男に
脇腹を刃物で刺されたもので

警察は先月から今月にかけて
暴力団関係者ら6人を殺人未遂や

殺人未遂ほう助などの疑いで逮捕
しました。

警察によりますと6人のうち4人
は浪川会の関係者だったという

ことで
警察は浪川会が犯行に関わって

いた疑いがあるとして関係資料を
押収し、

男性との間のトラブルや犯行の
指示がなかったかどうかなどを

調べることにしています。

冬のボーナスについてです。
こちら

は、みずほ総合研究所が
まとめた、ことし冬の

ボーナス支給額の見通しです。

民間企業は38万8315円。

前の年に比べて2%アップ。

比較的小規模な企業も含んだ数字
ですが人手不足の強まりを背景に

2

年連続の増加となっています。

公務員は5年ぶりに減少し

76万5657円と予想されて
います

が、おととい発表された
宮城県職員の一般職の支給額の

平均は86万4870円。

前の年に比べて2%多い。
民間企業の給与の増加を反映して

4年連続の増加となっています。

今、真っ盛りのボーナス商戦、
支給額のアップを背景に消費は

どう変わっているのでしょうか。

『待ちに待ったボーナスの季節が
やって来ました。皆さんは

何に使うのでしょうか。』

こちら仙台市内のホームセンター
ではボーナスの増加を受けて

家電製品の売り上げが好調です。
中でもよく売れているのが

今月から本放送が始まった
4Kに対応したテレビ。

49インチのモデルが

税抜きで6万9800円です。

さらに年末の大掃除を前に
掃除機などもよく売れています。

売り上げは去年の同じ時期の
1.4倍です。

厳しさを増す寒さに、こちらも

人気です。エアコンなど電気を

使った暖房器具。売り上げは
去年の同じ時期の1.5倍に

伸びています。

寒さとともに販売好調なものは
ほかにも。

このデパートでは今月に入り
コートの売れ行きが伸びています。

来年秋の消費増税を見据えて

10万円以上の高価なコートを
買う人の割合が増えていると

いうことです。

さらに高額なアクセサリーや
時計も人気。

女性向けでは10万円から
20万円ほどのペンダント。

男性向けでは30万円から
50万円ほどの時計が売れ筋です。

ボーナスの増加を受けて
年末年始に旅行に行く人の数も

増えそうです。

国内最大手の旅行会社、JTBに
よりますと、この年末年始は

曜日の並びもよいことなどから
国内外に旅行に行く人の数は

過去最高になる見通しだと
いうことです。

こちら、仙台市内の店舗では

クリスマスの3連休や年内の平日

に沖縄や東京のテーマパークに
行くプランが人気を集めている

ほか、料金が安くなる来月2日と
3日にアジアに向けて出発する人

も多いということです。

また

最近は食事などにこだわった
少しぜいたくなプランが

人気を集めているということです。

プチぜいたくなものが
売れ筋だということで、

うらやましいですね。

もうちょっと身近な話ですが、伊

さんは
カフェは好きですか。

とっても好きです。
実は今、宮城県内では

カフェが増えているんだそうです。
街の中、ふるさと。カフェには

オーナーとそこに集う人々の
思いが交差します。

仙台の一番町にあるアーケード街。
そこ

から一歩外れた路地裏。
ほんの少しだけ雑踏を離れた所に

3年前にオープンした人気の
カフェ。オーナーは中澤美貴さん。

もともと

は銀行マン。

新しいことにチャレンジしたくて

28歳で転職。その後

ニュージーランドに渡り14年間
コーヒーの修業に明け暮れました。

そんな

ある日、東日本大震災が
起きました。

ここはお気に入りの勉強スポット。

おしゃれな雰囲気に、やる気の

スイッチが入るんですって。

カフェに来てコーヒーを飲む。
大人たちの自分へのご褒美です。

家でも会社でもない、もう1つの
居場所。来る人も迎える人も

みんな優しい顔をしています。

震災後、人生観が変わり
カフェを開いた人たち。

『まさか中学校のときは
ここで数十年後に、こんな近くで

お店を開いてるとは
思ってもなかったですけどね。』

東京で小さいころから夢だった
テレビの仕事をしていた

横山淑恵さん。震災で

変わり

果てたふるさとの姿を
職場

でぼう然と立ちすくみながら
見て

いました。

『まいど。』
『ありがとうございます。

またお待ちしております。』
『気付か

なかった。』

カフェって人が集うところなんだ
なって改めて

思いますね。

巡ってみたいなと思いましたね。
総務省

のまとめによりますと
震災よくとしの平成24年には

446軒だった
宮城県内の喫茶店は

平成28年に533軒と
90軒近く増えています。

こんばんは。気象情報をお伝えし
ます。この時間の仙台市中心部は

傘をさすかどうか迷うくらいの
細かい雨が降っている状況です。

この時間の気温見ていきますと、

5度8分、きのうよりは少し数字

としては高いんですけれども時折
風が吹きますと凍えるような寒さ

となっています、このあとお帰り
の方はどうぞご注意ください。

きのうの夜からけさにかけては
内陸中心に湿った雪が降って

積もったところもありました。
日中も雪や雨がぱらぱらと降った

ところが多くなって今、路面が
ぬれているところも多いかと思い

ます。あすの朝はきのうの朝の
ようなすごい冷え込みという

わけではないんですけれども、
各地で0度前後まで冷えるところ

多くなりそうです。あすの朝は今

雪が残っているところや路面が
ぬれてるところなどは、あす朝、

路面の状況にご注意ください。

ニュースを続けます。
仙台市議会の代表質問で郡市長は

地元の中小企業に就職した学生の
奨学金の返還を支援する制度で

期間を3年と限定していることに
ついて

企業の人材確保の状況や学生の
意見を聞くなどして判断したいと

述べ
実施状況を検証したうえで期間を

延長することもありうるという
考えを示しました。

仙台市議会の12月定例会は

きょうから代表質問が
始まりました。

このうち公明党の
小田島久美子議員は

奨学金の返還支援の対象が

再来年度から2022年度までの

3年間に就職した人と期間が限定

されていることについて
3年が過ぎたあとも継続するのか

とただしました。

郡市長はこのように述べ実施状況
を検証したうえで期間を延長する

こともありうるという考えを示し
ました。

市によりますと、この支援制度に
ついて100社程度の参加を

見込み、業種は問わないという
ことです。

東北電力の女川原子力発電所

2号機の再稼働の是非を問う

県民投票条例の制定を目指す
市民グループが

これまでに集まった署名およそ
11万3000筆を各市町村の

選挙管理委員会に提出しました。

市民グループは、県民投票条例の

制定を目指して今月2日までの
2か月間、県内全域で署名活動を

行い、
集まった署名を各市町村の

選挙管理委員会に提出しました。
このうち仙台市青葉区では

午前10時に市民グループの代表
らが区役所を訪れ、

青葉区民の署名1万筆余りを職員
に手渡しました。

条例の制定を知事に直接請求する

ためには県内の有権者の

50分の1のおよそ
3万9000人の署名が

必要でしたが
市民グループによりますと、これ

を大きく上回る11万3000筆

余りの署名が集まったということ

特に原発が立地している女川町で
は町民の2割に上る署名が

集まったということです。

これから各地の選挙管理委員会が
有効な署名を精査したあと、

いったん市民グループに戻される
ということで

市民グループでは2月中旬ごろに
まとめて村井知事に提出する予定

だということです。
村井知事は渡辺復興大臣と会談し、

来年3月に見直される国の

復興基本方針について

復興・創生期間後も被災者に安心
を与えるような形にしてほしいと

述べ
2021年度以降も東日本大震災

で被災した地域への財政支援を
継続するよう要望しました。

村井知事はきょう復興庁を訪れ
渡辺復興大臣と会談しました。

この中で村井知事は来年3月に
見直される国の復興基本方針に

ついて、東日本大震災で被災した

地域への財政支援を
復興・創生期間のあとの

2021年度以降も継続するよう
要望しました。

具体的には復興事業を継続する
のに必要な職員の確保や

災害公営住宅に入居している
被災者

の心のケアなどについて
財政支援を求めたということです。

これに対して渡辺大臣は被災地の

復興が燃料不足で失速することが
ないように今後もサポートして

いきたいと述べました。

続いてはこちら、
小さなお地蔵さんについてです。

かわいらしい、
優しい穏やかな表情ですね。

作っているのは青森県三沢市の
男性です。

これまでに作ったお地蔵さん、
およそ600体。

どんな思いを込めてお地蔵さんを
作り続けているのでしょうか。

柔らかく穏やかな表情。
高さ20センチ、

焼き物の小さなお地蔵さんです。

三沢市に住む藤嶋輝昌さんです。
趣味の

陶芸で、お地蔵さんを
作り続けています。

お地蔵さんは
陶芸用の粘土で作ります。

30分ほどかけてじっくりと

粘土をなで、形を整えます。

誰からも好かれるようにと願いを
込めて、穏やかな表情をつけます。

3週間ほど乾燥させたあと
三沢市内の窯を借り

1週間かけて焼き上げます。

藤嶋さんがお地蔵さんを
作り始めたのは15年ほど前に

脳卒中で亡くなった妻、

文子さんへの思いからです。

愛する妻との突然の別れ。
その悲しみを乗り越えようと

作ったのがお地蔵さんでした。

妻のために作り始めて
1年がたとうとするころ

東日本大震災が起きました。

お地蔵さんで少しでも心を休めて
ほしいと考えた藤嶋さん。地元の

支援グループを通じて被災者に
届ける活動を始め、これまでに

およそ200体を贈りました。

お地蔵さんを届けた場所の1つ、

津波で大きな被害を受けた
岩手県宮古市田老地区です。

中田芳江さんです。津波で

自宅を流され、今は海岸から

離れた高台で暮らしています。

親戚6人が津波で亡くなった
中田さん。

自分だけが生き残って

よかったのかと感じ
苦しんでいたとき、三沢市から

訪れた支援グループから
贈られたのが藤嶋さんの

お地蔵さんでした。
気持ちが落ち込み

一時は描けなかった絵手紙も
今は描けるようになりました。

お地蔵さんが日常を取り戻すため
の力になってくれました。

中田さんの絵手紙。藤嶋さんの
もと

にも届いていました。

藤嶋さんの優しさが詰まった
小さなお地蔵さん。

これからも人の心に
そっと寄り添います。

思わず語りかけたくなるようなお
顔を

していますよね。

次のニュース、
壁や天井などにたまった1年分の

すすやほこりを払い落とす年末
恒例のすす払い、川崎町の古民家

で始まりました。
川崎町にある国営みちのく

杜の湖畔公園では東北各地から
移築した明治時代の古民家が7棟

あり建物にたまった1年分のすす

やほこりを払い清めるすす払いを
毎年この時期に行っています。

きょうはかっぽう着姿に

身を包んだ女性など7人の作業員

長いささぼうきを使って土間の

天井や軒先などにたまったすすや
ほこりを払い落としていきました。

そして雑巾で部屋の戸や壁を隅々
まできれいに拭き取ってことし

1年の汚れを取っていきました。

みちのく杜の湖畔公園の古民家の
すす払いはあさってまで行われる

ということです。

『雄大な自然の中で、秋田犬が
元気に走り回っています。』

秋田です。飼い主に捨てられた

秋田犬を保護し、再び人間と
生活できるよう訓練する施設が

秋田市に設けられました。
秋田犬の保護団体

ONE FOR AKITA
(ワンフォーアキタ)が

設置した施設では、
飼い主に捨てられ

人に対する警戒心が強くなった
秋田犬を専門家が保護し

再び人と生活できるよう
訓練を行います。

完成したばかりの施設では
宮城県の山中で保護された

オスの疾風(はやて)と
メスの杏(あん)の

トレーニングが行われています。

団体によりますと施設の建設費は
およそ440万円で

このうち、およそ200万円は
インターネット上で資金を募る

クラウドファンディングで
100人以上から支援を得て

賄ったということです。

私たちの住んでいる町は

長沼と伊豆沼に囲まれ、冬には

多くの野鳥が飛来してきます。

私たちは地域の皆さんに支えられ

学習や行事を頑張っています。

私たちの小学校には
しばた100選に選ばれたものが

2つもあります。
1つ目はわくわくの森。

自然いっぱいでプールもあります。
2

つ目は大黒舞(だいこくまい)。
地域で受け継がれてきた踊りです。

これからも大切にしていくぞ。

私たちの学校には
自然がいっぱいあります。

イチョウ、桜、梅の木があり

毎日、私たちのことを
見守っています。

これからも木町の自然を
大切にしていきます。

イエーイ!

今お伝えした木町通小学校は、
きのう

一部、音声が出ませんでした。
改めてお伝えいたしました。


関連記事