決定!すくすくアイデア大賞2018 子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔に… 山口もえ、古坂大魔王、優木まおみ…


出典:『決定!すくすくアイデア大賞2018 子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔に…』の番組情報(EPGから引用)


決定!すくすくアイデア大賞2018[字]


今回は、年に一度の拡大版スペシャル『決定!すくすくアイデア大賞2018』。子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔になれる楽しいアイデアが全国から集まりました!


詳細情報

番組内容

年に一度のスペシャル『決定!すくすくアイデア大賞2018』。子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔になれるアイデアが全国から530作品集まりました!ゲストに古坂大魔王さん、山口もえさんをお迎えして豪華にお届けします。このアイデアがあれば、イヤイヤ期、寝かしつけ、トイレトレーニングもシャンプーも、家族みんなで楽しく乗り越えられそうです。最終エントリーに残った9つのアイデア、大賞の栄冠は誰の手に?!

出演者

【審査員】恵泉女学園大学学長…大日向雅美,山口もえ,古坂大魔王,【講師】お茶の水女子大学名誉教授…榊原洋一,【司会】山根良顕,優木まおみ,【語り】笠間淳,加納千秋



『決定!すくすくアイデア大賞2018 子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔に…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

決定!すくすくアイデア大賞2018 子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔に…
  1. アイデア
  2. 子ど
  3. ママ
  4. 古坂
  5. 拍手
  6. パパ
  7. 大賞
  8. トイレ
  9. 皆さん
  10. 続いて


『決定!すくすくアイデア大賞2018 子育ての困ったシーンで、家族みんなが笑顔に…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

今日は 全国の皆さんから寄せられた
「子育てに役立つアイデア」を紹介する

特別番組です。

例えば トイレトレーニングが
楽に進んじゃうアイデアや…。

お風呂嫌いの子どもが
自分から入るようになるアイデア など。

今年 皆さんから寄せられたアイデアは
530作品。

今日 この中から「大賞」が決定します!

さあ 始まりました。
「決定!すくすくアイデア大賞」

今年でなんと 12回目です。
ねえ~ すごいですよね。

もう干支 一回りしましたからね。
そう。

生まれた子が小学校卒業ですよ。
ああ ほんとですよね。

まあ これもね 番組を応援して下さってる
皆さんのおかげですね。  そうなんです。

今年も たくさんの応募がありました。
ありがとうございました。

さあ こちらには
最終エントリーに残ったアイデアの

ご家族がいらっしゃっています。
はい。

さあ 皆さん 盛り上がっていきましょう!
(山根 優木)お願いしま~す。

(拍手)

そして アイデアを審査して頂くのは
こちらの皆様になります。

どうぞ よろしくお願いいたします。

更に 審査には
会場にいる皆さんにも加わって頂きます。

はい 皆さんも よろしくお願いしま~す。
よろしくお願いしま~す。

(拍手)

さあ それでは早速
アイデアを紹介していきましょう。

VTR…。
(2人)どうぞ!

まずは 「あそび部門」のアイデアを
ご覧下さい!

やんちゃ盛りの輝太くんは
遊ぶのが大好き!

でも 大嫌いなのが…。

そこで 輝太くんにぴったりの

お風呂が楽しくなるアイデアを
考えました!

ジャジャーン! 輝太。 輝太 見て見て。
これ な~んだ?

持ってきたのは 3か月以上の赤ちゃんに
使えるという入浴剤。

それを容器に移し

水を入れ 混ぜます。

その勢いで お風呂へ!

入浴剤で壁にラクガキをして

楽しいお風呂タイムにしよう
というアイデア。

(古坂)そっか すぐ消えるし。

(パパ)すごいな~。
何でしょう?

何だろう?
線路。

線路?
シュッてなるやつ。

すごいじゃ~ん。

(ママ)絵の具遊びが好きだったので
お風呂でも絵を描けないかなと思って…

筆だけではなく
水鉄砲を使って こんなことも。

(パパ)上手じゃん!
すごいすごいすごい。

すごいね。 全部 真ん中だよ。

そして 最大の特長は…

あっという間に
きれいになっちゃうんです。

楽しく 楽にラクガキしながら
お風呂に入れるアイデアでした~。

バイバーイ!
バイバーイ!

続いては…

夫と2人暮らしの樋口さん。

そんな樋口さんの…

電車で1時間ほどの所に暮らす長女が

毎日のように送ってくれる
初孫の写真を見ること。

写真を眺めるうちに
樋口さんは いい表情を撮るのに

自分も何か協力できないかと
考えるようになりました。

そこで ばあば うちわで
アイデアグッズを作っちゃいました!

それが こちら!

これを スマホの前に置いて撮影すれば
目線は自然とカメラに向き

顔には 笑みがこぼれると考えたんです。

(チャイム)

これって 本当に効果があるの?

考生くん 笑うかな?

すると…?

お~ 笑いました!

更に このヒヨコちゃん 外出中には…。

まぶしい日ざしから
守ってくれたり…。

近づいてくる虫を撃退したり
さまざまな使い道があるんです。

赤ちゃんも じいじも ばあばも
笑顔になれるアイデアでした!

続いては…

地元の人から 厳しくも人情味のある
お坊さんとして慕われている良範さん。

3年前に初孫が生まれ
おじいちゃんに。

週に1回遊びに来てくれるのが
楽しみでたまりません。

どんどん成長する琉之介くん。

うれしい反面 だっこについて
悩みが出てきたといいます。

ちなみに その名前は?

えっ スーパーカーみたいですね。

それでは 登場です!

(古坂)ハッハッハッハッハ!
シュールだなぁ。

シュールだな
これ なんか。

これが 私が考えました
ダンボルギーニです。

その名のとおり ダンボール製の車
ダンボルギーニ。

買ってきたダンボールにひもをつけ

滑りが良くなるよう
底に こん包材を貼っただけ。

中には 布団や 琉之介くんお気に入りの
おもちゃが入っています。

もともとは 琉之介くんを
寝かしつけるために発明した

ダンボルギーニ。
月日がたち 今や2台目。

大きくなった琉之介くん
今も楽しんでくれるのでしょうか?

(古坂)危ないよ。 じいじ 危ない。

ハァ ハァ…。

我ながら 最高の傑作だと思います。

以上 「あそび部門」のアイデアを
ご覧頂きました。

(拍手)

こちらには 「じいじのダンボルギーニ」の
松崎さんがいらっしゃってます。

今回 残念ながら じいじは…

そうなんです。
(古坂)法事は大事ですからね。

(松崎)残念でした。
ちょっと家族に
聞いていきたいと思います。

こちらに実物もあるんですが

これは おばあちゃん
初めて見た時は どう思いました?

結構 子どもたちが小さい時から

このダンボールを使ってのアイデアが
結構 多かったんですね。

それで今回 腰が痛い 腕が痛いって
だっこするのが みんな大変だったので

これを作った時は 「あっ いいものを
作ってくれた」と思いました。

確かにね 楽しそうですしね。

これ 命名者は
ママということなんですが。   はい。

これ どう考えても あのスーパーカーには
見えないんですけど

なぜ この名前にしたんですか?

この子 2か月から
これ 乗ってるんですけど

その時は まだ軽かったので ビュンビュン
ビュンビュン みんなで回してくれて。

そういう意味での
スーパーカーなんですね。

琉之介くんは どうですか?
ダンボルギーニは好きですか?

好き!
好き。

じいじが引っ張ってくれると
面白いですか?

うん。

(笑い声)
違ったらいいんだよ 違うでも。

ちょっと審査員の皆さんにも
聞いてみましょう。

古坂さん どうですか? このアイデア。
最高じゃないですか。

じいじが ダンボルギーニ 引っ張って

止まった所に ちょうど後ろに
「色即是空」って書いてあるっていうのが

最高にシュールで。
しかもね 色も塗らない。

これ ちょっと僕 どれぐらいできるのか
引っ張ってみたいですけどね。

(笑い声)

よ~し いくかぁ。

果たして 古坂さんは

じいじよりも 琉之介くんを
満足させることができるのでしょうか!?

琉之介 いくよ。
じゃ エンジンかけて エンジンかけて。

ピッ。 ブンブブブブブブブ…。

ブブンブンブンブブブブ ブーン!

わあ~!

ブンブンブンブン ブンブンブン
タラララ ダダダダダ

ダンダンダンダン ダダン ダダン ダダン
ドーン!

あのね…

(笑い声)

細いと?
(古坂)うっ血しますね。

琉之介くん どうだった? 面白かった?

面白かった。
面白かった。 よかったね。

じいじが引っ張ってくれるのと

このおじちゃんが引っ張ってくれるの
どっちがよかった?

俺の運転 荒いからね。

はい。 古坂さん ありがとうございました。

山口さんは このアイデア
どう思いました?

すごくいいと思います。
琉之介くんのために

中に いろいろ工夫されたり 周りも
ガムテープで補強されてるんですけど

なんだけど ほんとに これ引っ張ると
指が痛いんだろうなって。

痛くなっちゃうのに
そこは改良しないというところが

また おじいちゃんの愛を感じました。
そうですね。

(山口)すごくいいです。
はい。

松崎さん どうもありがとうございました。
(拍手)

さあ 続いては 優木さん お願いしま~す。

は~い。 こちらには「楽・落・ラクガキ♪」を
考えた山下さんがいらっしゃってます。

このアイデアを考えたのは
ママだと思うんですが

一番いいなと思う点
どこなんですか?

子どもが この子が小さかった時に

1人で2人 入れるの
大変だったんですけど

この子を脱衣所で着替えさせて
もう ほんと見える所に

お兄ちゃんがお風呂場で ラクガキを
してくれてるので助かりました。

そして パパも
やってらっしゃいましたけども。

最初 「やってみたら?」って
言われた時は いかがでした?

子どもを お風呂に入れるのが
休日だけで

で 「お風呂入ろうか」って言うと
そこで 「嫌だ ママがいい」とか

それで 「じゃあ お絵描きして遊ぼうか?」
って言うと

「うん 遊ぶ」って言って
素直に来てくれるので。

輝太くんにも聞いてみましょう。
輝太くん どう?

お風呂 大好きですか?

大好き~。
おお~!

榊原さんは いかがでしたか?

子どもは ああいうラクガキしたりね
ああいう遊びが 大好きだということと

あれが体についても すぐ流せるんで

嫌なお風呂と遊び ラクガキっていうの
うまく組み合わせた

いいアイデアだと思いますね。

山下さん ありがとうございました。
(拍手)

はい こちらには
「ヒヨコでシャッターチャンス!」の

樋口さんが いらっしゃってます。
よろしくお願いしま~す。

こちらが実物ですね。
そうなんです。

そして まだあるんですね。
これは?

これがですね いろんなバージョンが
あった方がいいかなと思って

作ってみました。
いいですね。 パンダと ムームーと。

こちらはね ちょっと
リバーシブルじゃないですけど

裏表になってるんですけど。
柄も変わるのもあるんですね。

ママ。 ママは実際 使ってるんですか?

毎回ではないんですけど

こっちを向いてほしいなという時は
使ったりとか。

最近 うつ伏せで動くんで ちょっとこれで
応援しつつ撮ってみたりとか

ちょっと活用してます。
あ~ いいですね。

古坂さん いかがですか?

うちも もうすぐ半年…
もう6か月かな? なんだけど

スマホをもう認識してるんですよ。
へえ~。

だから スマホを向けた瞬間に
すげえ笑ってるのに 急に

こう 真顔になるんですよね。
あ~ 意識しちゃって。

だから これとかって すごいこう…
スマホも隠せるし

なんか撮れそうな感じがして
すごい仕上がってますよね。

ありがとうございます。
大日向さん いかがですか このアイデア。

ばあば 発達心理学者かなと
思ったんだけど。

古い研究で ファンツという人が

赤ちゃんは 目が大好きという
実験があるんです。

いろんな図形があっても
目だけ ちゃんと真ん中にあると

そこの目を見るっていうのがあってね
新生児ぐらいから ずっとそうなんですよ。

だから 赤ちゃんは
目線をちゃんと見てくれる。

二重の意味でね 目線をもらえるし
赤ちゃんもうれしいし。

一石二鳥かなと思って。
心理学者みたい。

気付かずに
すごいアイデアだったんですね。

はい 樋口さん ありがとうございました。
ありがとうございます。

ありがとうございました~。

ここで 「あそび部門」から勝ち上がる
アイデアを

スタジオ投票によって決定します!

獲得したポイント数によって

各部門から勝ち上がる作品を決定。

そして

勝ち上がった3作品から
「大賞」が決まります。

自分が一番いいと思ったアイデアの色を
上げて下さい。

「楽・落・ラクガキ♪」は赤色。

「ヒヨコちゃん」は黄色。

「じいじのダンボルギーニ」は青色です。

さあ 皆さん
心は決まりましたでしょうか?

それでは 投票お願いします。
札を上げて下さい。

(山根 優木)どうぞ~!

お~。

古坂さんが青色。
山口さんが青色。

大日向さんも
青色。

榊原さんが赤色
となりました。

なんかでも スタジオはちょっと… 赤?

そうですね 赤がちょっと多いような。
多いかな なんて思いましたが。

これ結構 難しいですね。
(古坂)難しい。

さあ ここで集計結果が出たようです。
はい。

発表します。
「あそび部門」優秀賞は…。

トータル18ポイントで
松崎さんのアイデア

「じいじのダンボルギーニ」に
決まりました。

おめでとうございま~す。

(拍手)

ここで 「子育てフキダシ!」のコーナー!

今回 番組では 子どもが公園で
「帰りたくな~い」とダダをこねた時に

思わず帰りたくなる「ひと言」を
募集しました。

たくさんの「フキダシアイデア」の中から
厳選した作品を紹介します。

1つ目は…

続いては…

そして
スタジオの山口さん 古坂さんにも…

明日の朝 食べるパン
一緒に買いに行かな~い?

あ~!
(古坂)なるほど。

遊んでて おなかすいてるところに

あっ そうだ! いつもの大好きなパンの
売ってるパン屋さんに

「明日のパンを買いに行こうよ。
お店閉まっちゃうから」っていう感じで。

買い物に誘うの やっぱよく使いますよね。
(山口)そうそう そうそう。

「お菓子1個買ってあげる」とか
使っちゃいますね。

あるあるなんだね。
俺 まだ全然分かんないわ。

まだ半年だから。
まだ イヤイヤ期がないからね。

今のまおみちゃん そうだったよね。

これからが だから 楽しい時期でもある。

でも これ 参考になりますよね 実際ね。
そう そこを想像して

実は 古坂さんも考えてくれたんですよね。
まだ実感としてはないけれども。

素直に僕は 一発目に出たアイデアを
書きました。

それでは 古坂さん
お願いします。

フフフ!

ハッハッハッハ!

(古坂)ヤーダーになるぞな。
すごい いい。

これだけ演じてくれたら
もう子どもも引き付けられますよ。

確かに。
もう ヤーダーなんて。

ヤーダーというものは
想像しちゃうと思います 子どもが。

(古坂)ママも 尻尾がはえてるんですよ。
あ ほんとだ。

(笑い声)

ヤーダー側の人というか。

(古坂)で こう 「ヤーダー ヤダヤダ」。

さあ 以上
「子育てフキダシ」のコーナーでした。

はい。
(拍手)

続いては
「くらし部門」のアイデアをご覧下さい。

まずは…

雫菜ちゃんは イヤイヤ期の真っただ中。

これがイヤイヤ期です。

なかなか…

特に困るのが 機嫌が悪い朝。

お着替え。 パンツ。 はい どうぞ。

ハハハハハ。

こんな感じで 毎朝遅刻ギリギリ。

ママは その度に
イライラしていましたが…。

牛乳パックで作った立方体に

子どもにやってほしいことを
貼り付けました。

ポイントは 特にやってほしいことを
2面にすること。

雫菜ちゃんは
トイレトレーニング中なので

トイレが2面に。
また やる気が出るように

1面は ごほうびにしました。

(ママ)何出るかな~?

すご~い!
(古坂)すげ~。

なんと雫菜ちゃん
トイレを あっさりクリア!

そして…。

やった やった やった~!

ごほうびのジュースで ほんの少し休憩。

パパと一緒に
保育園へ出発することができました。

(ママ パパ)
「なに頑張る?サイコロ」でした。
皆さんも試してみて下さ~い。

続いては…

布柴さんは
塾で科学を教える先生をしています。

知足くんにも いろんな遊びを
考えてあげているせいなのか

ふだんは
ご機嫌なことが多いんです。

しかし そんな知足くんも…。

ママが困っていたことの一つが…

(泣き声)

そこでママ 子どもが…

それが こちら!

食品トレーで 子どもがまねしたくなる
髪型のカタログを作り

シャンプーに誘うというアイデア。

この日のモチーフは
クワガタムシとカブトムシ。

知足くん…

喜んで お風呂へ向かいました。

そして クワガタヘアも決まって ご満悦。

これまでに…

子どもが 希望の髪型を
選べることがポイント!

(ママ)よいしょ よいしょ。
はい チョロミー!

嫌いだったシャンプーが
大好きになったアイデアでした!

続いては…

景山さんちの真守くんと
みのりちゃん。

ママは 子どものやりたい気持ちを
大事にしています。

でも~!

(ママ)ハハハハハハ!

食べては 散らかし…。

遊んでは 散らかし…。

それなのに…

かまって! と寄ってきて 家事を
させてくれないことに困っていたんです。

そこで ママ…

リビングで…

ママ 家事は?

16…。

と思ったら…。

18 19…。

そう。 実は これ かくれんぼをしながら
家事をこなしちゃおうというアイデア。

かくれんぼなら 子どもは隠れた場所で
じっとしていてくれるし…。

おもちゃが散らからないので お部屋が
どんどんきれいになっていくんです。

ママ 見つけられないフリをしながら
洗濯をしたり…。

トイレ掃除をしたり

目についた所から
家事をこなしていきます。

でも…

あれ? こっち?
一緒に見てみよう。

チャラチャラチャラ…

早く見つけてよ~ と…

更に…

探す時でも隠れる時でも家事が進む
「家事れんぼ」でした!

以上「くらし部門」のアイデアを
ご覧頂きました。

(拍手)
すごい!

はい こちらは
「なに頑張る?サイコロ」の池田さんです。

よろしくお願いします。
よろしくお願いしま~す。

こちらが実物ですね。

すごい上手ですよね。

ママは 裁縫は得意なんですか?
(池田)もともと好きで

子どものおもちゃとか おままごとの
食べ物とか作ったりはしてたんですけど

ほんとに趣味でやってる程度です。
へえ~!

今日は なんか
新作も持ってきてくれたということで。

はい。 「お野菜食べよう!サイコロ」です。

にんじんとかね。
いろんな目がありますけど。

ごほうびは 何か…。
ごほうびは バナナになってます。

あ~ バナナだね!

これ ちなみに やってほしい目が出ずに

毎回「トイレ」とか出たら
どうするんですか?

それだけで
ちょっと笑いが起きるというか。

ちょっと気分が変わって ちょっと
やってみようかなってなったりするので。

じゃあ それもいいですね。
はい。

雫菜ちゃんは サイコロ好きですか?
好き。

サイコロのどれが好きですか?
じゅーしゅ。

ジュースだよね。
(山口)あ~ かわいい。

古坂さん いかがですか?
このアイデアは。

クオリティーが すごいじゃないですか。
そうですね。

(古坂)作るのも楽しんでますよね。

自分の趣味でもあるっていうのが
大事かなというふうに思ったんで。

これ 3, 000円で買えますもん
だって これ。

確かに。
(古坂)欲しいですよ これ。

出来 すごい いいですよね。
(古坂)すごい いいです。

大日向さんは いかがですか?
イヤイヤ期って

イヤイヤって言ってるうちに 自分が
グチャグチャになっちゃうんですよ。

子どもがね。
もう何にも分かんなくなっちゃう時に

選択権を与えてるわけです。

自分が選んだものは
2歳ぐらいだと ちゃんとやるんですよ。

毎回ジュースだと困っちゃうかな。
(笑い声)

とても上手に
乗り越えてらっしゃるなと思います。

はい 池田さん ありがとうございました。
ありがとうございました。

(拍手)

こちらには「シャンプー用ヘアカタログ」の
布柴さんが いらっしゃっています。

これ なんで食品トレーで作ろうと
思ったんですか?

水にぬらしたら お風呂の鏡とか
壁とかに 貼り付けられるので

その状態で 好きに「どれ する?」って
選んでもらえるので

この素材を使いました。

これ 一番再現するのが難しかった
髪型って どれなんですか?

この…。
あっ これですね。

ゾウさんが
髪の毛が細くて 量がないので

塊の耳の感じにするのが難しくて。

パカッと分かれて
「ちゃう ちゃう」と言って。

知足くんは どの髪型が一番好き?

これ!
(布柴)チョウチンアンコウ?

(古坂)チョウチンアンコウ。 渋いね。
(笑い声)

渋いね~。

山口さん いかがですか?

私 娘いるんですけど
ワンパターンしかできなくて

そんなチョウチンアンコウって
思いつきもしないので

すごいなって思います。
ありがとうございます。

榊原さん このアイデアいかがですか?

うちの子どもが ちっちゃい時にね
息子なんですけど お風呂で

やった覚えがあります。
レパートリー 1つですけど

ツノを生やしてね 喜んで
髪の毛を洗わせてくれたんですね。

私も あんまり好きじゃないんで…

(古坂)いやいやいや やめて下さいよ。
自分には使えないと思いながら

子どもにはいいなと思いました。

布柴さん ありがとうございました。
ありがとうございました。

(拍手)

はい こちらは
「家事れんぼ」の景山さんです。

よろしくお願いしま~す。
よろしくお願いします。

ママ これね 結構 頭と体力と
使いそうなんですけど

うまくやるコツとかって
あるんですか?

はい。 一気に 1つのことを
全て終わらせようとするのではなくて

目についたものから
どんどんやっていくっていうこと。

それで これは危なくはないんですか?
そうですね あの

数えてる間に どの辺に隠れてるのかな
っていうこととかは

大体 見当をつけておいたりとか

下の子は 危なくないかなっていうのは
見ながら 家事をするようにしています。

真守くんは かくれんぼは好きですか?

かくれてて… 見つかって
見つかった時が 楽しいです。

ハハハッ! 見つかった時が楽しい。

いいですね。 古坂さん いかがですか?
「家事れんぼ」。

まずね お母さんの声が出てる。

ねえ。

あの感じでいくっていうことが
すごい大事だなと。

あと愛情も感じますし。

そのまま いっぱいやれば 回覧板とか
持っていけますよね もうね。

隣の家にいるかな~。

山口さん いかがですか?

お母さんも子どもも
ハッピーな時間を過ごせるというのが

すごくいいなと思いました。

はい 景山さん ありがとうございました。
ありがとうございました~。

(拍手)

ここで 「くらし部門」から勝ち上がる
アイデアを決定します!

審査員の皆さん
準備はよろしいでしょうか?

(古坂)もちろんです。
それでは 投票をお願いします。

(山根 優木)どうぞ~。

古坂さんは黄色。
山口さんは青色。

大日向さんは
赤色。

榊原さんも赤色
となりました。

ゲスト審査員は
赤が ちょっとリードということですが。

優木さんは どれだと思いますか?

「家事れんぼ」ですかね。
何も道具もいらないですし。

確かにね。
今日やろうって言ってやれるので。

さあ ここで結果が出ました!

「くらし部門」は
優秀賞 トータル18ポイントで

池田さんのアイデア
「なに頑張る?サイコロ」に決まりました!

(拍手)

ここで 保育の現場のアイデアをご紹介!

保育士さんのワザを探してきました~!

神奈川県のこども園で見つけたのは

絵本に集中させるアイデア!

お邪魔したのは 2歳児クラス。

一体 どんなワザなのかというと…。

始まるよったら始まるよ…。

あれ?
先生 絵本を逆さまに持っています。

実は これこそが プロのアイデア。

よいしょ!

これがね こうなるの。

あっ なるほど。
こうなったら オッケー?

読み始める時に
子どもの気持ちをつかむだけで

こんなに集中してくれるんです。

松本さん このアイデアのポイントは?

このアイデア 1歳児クラスでも
大人気なんだそうです!

東京都の保育園で見つけたのは
子どもが ちょっぴり落ち着くアイデア。

お邪魔したのは 0歳児クラス。

保育園に入園したばかりの赤ちゃんは

ママやパパが恋しくて
泣いちゃうことも…。

そこで この園では
あるアイデアを取り入れました!

それがこちら 親が手作りした人形です。

ママの匂いがついた人形のおかげで

ぐずった時にも
ちょっぴり安心できるんです。

始めたきっかけは

赤ちゃんは ママの匂いが大好き
という研究を知った園長が

こちらの本を参考に
ママのお古で人形を作ってもらったこと。

今では 子どもによっては
登園の時や

遊びの時間にまで
肌身離さず持ち歩いたり

お昼寝の時 横に置いたり
大活躍のアイデアでした。

大阪府の保育園で見つけたのは

先生の話に一瞬で集中させるアイデア。

お邪魔したのは 4歳児クラス。

担任の西岡さんが困っていたのは

ざわつく子どもたちを振り向かせ
自分の話に集中させること。

すると…。

子どもたち 「ビーム」の掛け声と共に

おへそから一斉に
パワーを送り始めました。

そして そのまま…

ポイントは おへそを意識させたこと。

おへそを先生に向ければ
体ごと自然と先生の方を向くというわけ。

みんなのパワーを下さい。

繰り返し行うことで

子どもたちと あうんの呼吸が
取れるようになるそうですよ!

皆さん すてきなアイデア
ありがとうございました!

さあ 審査に戻りましょう。

続いては 「ことば部門」です!

まずは…

自然豊かな土地に暮らす
仲良しファミリー。

3人の子どもを育てるパパとママには
ある悩みが。

必要な量を食べてくれないのです。

この日も…。

結仁くんが おかずばかり食べて
ごはんを食べたがりませんでした。

そこで…

そう 「おなかさんに聞いてみよう!」
というのが パパのアイデア。

パパは おなか役にもなり 1人2役。

でも これで食べるようになるの?

(古坂)へえ~!

しっかり食べてくれるんです。

そして おなかさんへの確認も忘れません。

「楽しい!」
お~ すごい! みんな「楽しいよ」やって。

この言葉で 末っ子の映麻ちゃんも
苦手なレタスをパクリ。

ぴたぴた~。

そして おなかだけではなく
お口さんに聞くと…。

「お掃除してほしい!」って
言ってるけど どうする?

歯磨きができ

お尻さんに聞くと
トイレに誘うことができるのです。

目的ごとにアレンジできる
便利なアイデアでした。

続いては…

阿部さんのお宅は 男4人兄弟。

高1 中1 小1と4歳の末っ子がいます。

ふだんは 塾の講師をしているママ。

子育てで 一番苦労しているのが…。

かなり激しいそうです。

ここ2年で…

でもママは…。

そんなママは…

どんな言葉かというと…。

「たおれちゃうよ」の言葉に合わせ
上の子は お約束でたおれます。 そして…。

大変!

「たおれちゃった」と大げさに騒げば
芝居だと分かっている下の子も

お約束で見に来るので ケンカはストップ。

そして…

こりゃあ 大変だ。
大きな手術をしないとダメだ~!

(ママ)あ~ よかった。

「手術」と言って くすぐれば
一気に解決しちゃうのです。

実は これ お兄ちゃんたちが幼かった…

うっすら覚えています。
怒られて解決するんではなくて

楽しく解決できるので
その分 僕の心も すごい楽になりました。

ケンカをやめさせる言葉。
「あ!たおれちゃった?!」…。

(一同)でした~!

続いては…

五嶋さんちの4人きょうだい。

ママは 3番目の陽ちゃんの
トイレトレーニングで悩んでいました。

マイペースの陽ちゃんは
トイレに行くことすら嫌がり

おむつが外れません。

末っ子の怜ちゃんも
もちろん おむつ。

おむつ代も ばかにならないので…

そこで ママは

「トイレに行かせるためのことば」を
考えました。 それは…。

手で おなかに魔法をかけながら

「おしっこできろ~」と唱える呪文。
そして…。

子どもは おなかに…

おしっこは出なかったんですけど
トイレに行かせることはできました。

トイレトレーニング 第1ステップ…

でも この言葉
他の子にも通用するのでしょうか?

トイレトレーニング中の親子に
やり方を教えて 試してもらいました。

う~ん あんまり
外でやったことがないので

行かないような気はします。

無理だと言っていた
こちらのママですが…。

あ!
よし! じゃあ 行って 確かめてこよう。

お母さんと一緒に見てこよう。

トイレに一直線。

びっくりしました。
まさか あんなに嫌がってたので

行かないかなと思ってたんですけども。

そして この女の子も…。

じゃあ 確認しに行ってみて。

自分からトイレに行きました。

簡単にできて よかったです。

でも中には…。

きのういったから。

結果 6人のうち4人が
トイレに行ってくれました。

簡単な呪文なので
皆さんも試してみて下さい。

以上 「ことば部門」のアイデアを
ご覧頂きました。

(拍手)

はい こちらには
「おなかさんに聞いてみよう!」の

植田さんがいらっしゃってます。
よろしくお願いしま~す。

パパは 食事には もともと
こだわってたこととかはあったんですか?

私も 好き嫌いがないんで

子どもにも 好き嫌いのないように
育ってほしいなっていうのは思います。

お~ にぎやかですね。
(笑い声)

ママは やっぱ ああいうの

パパがやってくれるっていうのは
助かりますよね。  そうですね。

パパがやってくれる方が
子どもたちも喜ぶので

それがよかったのかなと思います。
山口さん このアイデア いかがですか?

お父さんが 子どものおなかに
耳を当てるとか

スキンシップをしながら 子どもも楽しく
ごはんを食べられるって

一石二鳥な感じがします。
ね~ いいですよね。

古坂さん パパのアイデアですけど
これは いかがですか?

やっぱ スキンシップが
ものすごい重要で

康清くんが ずっと パパの髪の毛を
触ってるのが あれが またいいですよね。

あまり あれ 強くやると大変だからね。

でも なんか そういうので
スキンシップしながら 会話していく。

すごい なんか 勉強になりますよ。

植田さん ありがとうございました。
ありがとうございます。

(拍手)

そして こちらには
「あ!たおれちゃった?!」の

阿部さんがいらっしゃっています。
どうぞ。  こんにちは。

これ ママ ケンカ以外の時にも
使い道があるんだそうですね?

ギャーギャー泣いたりとか
泣き叫ばれたり

そうすると 家族が
せっかくの雰囲気が壊れてしまうので

そういう時に 倒れると 周りが
大変だったんだねっていうことで

いつの間にか笑顔になって
随分と助かりました。

パパも名演技で。
どうですか? やってみて。

最初は 家内と子どもたちで
やってたんですけども

「私も仲間に入れて」っていうような
感もありまして。

お兄ちゃんたちがね
小さい頃から始まったということで。

なんか お二人は
ちょっと覚えてるってことで。

一応覚えてますね。
なんか ちょっと お母さんたちに

かまってほしいっていう感じで
始めて

弟たちもやった みたいな感じです。
古坂さん このアイデアどうですか?

うちも 兄弟が 男3人でして

ケンカ始まると
もう止まらないんですけども

結局 原因が
よく分かんなかったりするんですね。

ただ ケンカしてる時があるので。
だから そういう意味では

これは すごく使える言葉なのかな
と思います。

演技をするっていうのはね
自分の今と違う人格に

一時的になるってことですよね。

だから ケンカしてても 演技すると
そのフリをするっていうことで

その時の気持ちから離れる
っていうことができるのと

もう一つ 子どもにはですね

「共感性」って
人に共感する気持ちがあるんで

心理のテストでね お母さんにね

「痛い」っていうようなことを
演技をしてもらうと

子どもたちが 「どうしたの?」って
何もしなくて 行くんですね。

だから うまく そういう… やっぱり
心理的な方法かなと思ってました。

あの壁の穴には びっくりしましたけど。
(笑い声)

阿部さん ありがとうございました。
(拍手)

はい こちらには 「おしっこできろ~」の
五嶋さんがいらっしゃってます。

じゃあ マイク どうぞ。

このアイデア なぜ やり始めたんですか?
自分が 子どもの時に

父や母の手は 魔法の手のような
感じがしていて それをヒントに

おしっこができたようなふうに
思わせられたらなと思って 考えました。

ちなみに ママ以外に パパとかがやっても
うまくいくんですか?

いや~ 成功してないですね。
まだ成功してない。 そうか。

大日向さん いかがですか?

トイレに連れていこうとすると

大人は 「トイレ行きましょう」とか
「行きなさい」って

上から目線で
行かせようとするじゃないですか。

でも 子どもは なんで行くのか
なかなか 分かんないんだけど

こう ママがね おなかさすってくれて

「おしっこが もうたまってるよ」
って言うと

子どもの気持ちは 自分の体の方に
注意いくんですよ。

すごい発想の転換ですね。

はい 五嶋さん ありがとうございました。
(拍手)

ここで 「ことば部門」から勝ち上がる
アイデアを決定します。

それでは 投票して頂きます。
(山根 優木)どうぞ!

古坂さん黄色
山口さん赤色

大日向さん青色
榊原さん黄色
となりました。

割れましたね。

割れましたし
スタジオ 会場も割れてますね。

まあ どれもね 使いたいことばですよね。
そうですね。

さあ ここで 結果が出たようです。

「ことば部門」 優秀賞は
トータル19ポイントで

阿部さんのアイデア
「あ!たおれちゃった?!」に決まりました。

おめでとうございます。

(拍手)

これで 3つのアイデアが出そろいました。

と 気になる発表の前に…。

あと一歩で 最終エントリーだった
アイデアをご覧頂きましょう!

1つ目は…

東田さんが考えたのは
「歩きたくない」とダダをこねた…

それがこちら。

ん? どういうこと!?

実は ここがポイント!

ママの体に スイッチがあり
子どもが押すと…。

ママは 「ぼよよ~ん」と言いながら
体をくねらせて 前に進んでいくんです。

すると 子どもは
つられて 歩き出すというわけ。

とっても手軽なアイデアでした。

続いては…

岡田さんが
考えたのは

子どもの首を
洗うためのアイデア!

そのアイデアには こちらの…

これを こんなふうに 額に貼るだけで…。

はい やってみて~!

子どもは それを取ることに夢中になり
首を上げてしまうんです。

ママの技ありアイデアでした。

続いては…

すごく いいお顔 撮って。

摩庭さんが考えたのは
寝かしつけの時に使えるアイデア!

それがこちら!

すると 祥悟くん
夢を逃がさないため 枕に頭をのせ

おとなしく寝るようになったそうです。

最近は
寝る前の習慣の一つになっています。

続いては…

河辺さんが考えたのは
おうちを 海の家や

カフェに変身させるアイデア!

小さい子どもを連れていると
なかなか楽しめない外出を…

新メニューなどは みんなで考えて
楽しんでいるそうです。

続いては…

田中さんが考えたのは

トイレに行きたがらない子どもを
トイレに連れていくアイデア。

家のあちらこちらに
駅を作ることで

電車好きの智大くんの気持ちを
くすぐろうという作戦。

智大くん 今では だっこをしなくても…

以上 「あと一歩でSHOW!」を
ご覧頂きました。

さあ 審査の結果が出たようです。

古坂さん 大賞は
すっきりと決まりました?

いや 審査員室は
もう殴る蹴るで 大変でしたけどもね。

え! 「あ!たおれちゃった?!」は
やらなかったんですか?

やったりとか もう引っ張ったりとか
いろいろしましたけども。

でもね 意外と みんなの意見は
ガッと固まった感じです。

お~!
なるほど なるほど。

さあ それでは まいりましょう。
古坂さん 大賞を発表して下さい。

それでは 発表します!

大賞は…

おめでとうございます。

「すくすくアイデア大賞2018」大賞は

阿部さんの 「あ!たおれちゃった?!」に
決定しました。

阿部さん どうぞ 前へ。

ご家族皆さん どうぞ。

さあ 大賞を受賞した阿部さんには
山口さんより 盾が贈られます。

じゃあ お母様に。

どうもおめでとうございます。

おめでとうございます。
(拍手)

(古坂)なんか いい家族。
家族みんなで受賞した賞です。

大日向さんに伺いたいんですが
大賞の決め手は 何だったんでしょうか?

そうですね。 毎年 そうなんですけど

今年はね ひときわ
家族のすてきさが際立ってて

発案者は
ばあばだったり じいじだったり

パパだったり ママだったり
するんですけど

家族みんなで それを もり立てている。

とりわけ 大賞の方は 10年ぐらい

ず~っと 1つのルールを
家族みんなで 大事にしてらっしゃる。

ここは ほんとに
家族のすてきさが 際立ちました。

おめでとうございました。

阿部さん 見事 大賞を受賞した
今のお気持ちを伺っていきましょう ママ。

はい。 最初 ふざけてやってたことが
笑顔も増えて

皆様も もし そういうことで
兄弟ゲンカやピンチを救えたら

すごくいいなと思います。
ありがとうございます。

さあ みんなにもね
聞いていきたいと思います。

大賞になったよ。
大賞だよ 大賞。

これからも 洸己くんは

「あ!たおれちゃった?!」って言われたら
やってくれますか?

高校生のお兄ちゃんもやってくれますか?

さあ 改めて 阿部さん
大賞おめでとうございました。

(拍手)

そして 最終エントリーに残った
ご家族の皆さんも

ありがとうございました。
(拍手)

そして 会場の皆さんも
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。
かわいこちゃんたちが いっぱい!

それでは さようなら~!
(一同)さようなら~!

(古坂)子ども連れて帰ってね~。
(笑い声)

♬「輝き…」


関連記事