グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」 真夏にクリスマスを迎えるニュージーランドで愛される…



出典:『グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」』の番組情報(EPGから引用)


グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」[字]


町は真っ赤な花であふれ、サンタがサーフィンでやって来る!?真夏にクリスマスを迎えるニュージーランドで愛される、メレンゲのクリスマススイーツにヘンゼルが挑戦!


詳細情報

番組内容

南半球のニュージーランドでは、クリスマスといえば真夏。太陽が降りそそぐ浜辺のバーベキューで、陽気にお祝いします。そんな明るいクリスマスに欠かせないのがパブロバ。サクサクに焼いたメレンゲに生クリームをのせてキウイなどのフルーツで彩ったスイーツは、世界的な名バレリーナのために生まれたお菓子。今年は白いメレンゲにフルーツが映える華やかなパブロバで、クリスマスを祝ってみませんか?

出演者

【出演】瀬戸康史,【声】キムラ緑子




『グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」
  1. メレンゲ
  2. パブロバ
  3. クリスマス
  4. ニュージーランド
  5. クリーム
  6. スイーツ
  7. ケーキ
  8. フルーツ
  9. 真夏
  10. クリスマスケーキ


『グレーテルのかまど「真夏のクリスマスのパブロバ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

イルミネーションきらめく
ロマンチックな聖夜のイベント。

ところが… こちらは まぶしい太陽!

老いも若きもビーチでパーティー!

12月 真夏を迎える南半球
ニュージーランドのクリスマスです。

ニュージーランドの
クリスマスケーキといえば…

メレンゲ生地に たっぷりのクリームと

フルーツがのった スイーツなんです。

真夏のニュージーランド。

明るい日ざしの下で迎える

クリスマスをのぞいてみましょう。

光る石を たどれば行き着く
不思議な家に

あのお菓子の家のヘンゼルとグレーテルの
末裔が暮らしています。

彼らが振る舞う
おいしいお菓子の物語を

ご賞味あれ。

何だろう? この赤い花。

どうしたの~?
くれるの? かまどに。

いやいや 違う違う違う。
好きなのよ その花~。

何かね テーブルの上に
この見覚えのない花が置いてあってさ。

クリスマスにさ こんな赤い花
咲いたっけな?     なるほど 分かった。

え?  サンタさんが かまどへの
プレゼントを置いてくれたんだわ。

いや 違うよ。           きっとそうだわ。
違う違う!

それに決まってるわ!
いや 違う!

あとね かまど。                    何?
一番分からないのがね

これこれ これを見て。
うん? 「踊りたくなる かろやかさ」。

うん。 姉ちゃんの この謎のメッセージ。
そして この赤い花。

もうね ほんとに ひらめくよ それは。
ええ?

もう ヒント ヒント ヒントだから。
えっ この赤い花はヒント?

ヒントよ それも。
だけど 一番のヒントは

「踊りたくなる」ですね。
「かろやかさ」っていう…。

もうね これで分からないんじゃ 解散!

ええ?
さよなら また来週!

じゃあ 早速…。

え~っと?
よろしく~。

ああ! ということで 今宵ひもとくのは

「真夏のクリスマスのパブロバ」。

クリスマスシーズン
赤く染まった街角。

ニュージーランド・クリスマスツリーとも
呼ばれる街路樹の花です。

ビーチでは…。

サンタがトナカイ…
ではなく 波に乗って登場!

そう ニュージーランドでは

サンタは 海から やって来ると
いわれているんです。

メリークリスマス!

そのためでしょうか
クリスマスパーティーは

ビーチで楽しむものだとか。

この国のクリスマスといえば…。

メレンゲ生地に 生クリームとフルーツを
たっぷりのせた パブロバ。

ニュージーランドで生まれた
ケーキなんです。

ニュージーランド出身の
ダミアン・グッドウィンさんです。

一流ホテルの料理長をしていた
ダミアンさん。

やっぱり クリスマスは パブロバ?

小麦粉やバターを使わず
手軽に作れるパブロバ。

フルーツも キウイを使います。

鮮やかなフルーツがたっぷりの
カラフルなパブロバ。

ニュージーランドのクリスマスを
明るく彩ります!

う~ん。 ニュージーランドの
クリスマスって あんな感じなんだね。

ねえ~。
まあ 南半球はね 12月は真夏ですからね。

ちょっと クリスマスが真夏ってさ~。
いや 考えられないよね。

日本じゃね~。  う~ん。
サンタさんが海から来ちゃった。

何か クリスマスケーキも ちょっと
夏っぽいというかね。
そうそう…。

メレンゲで できてるね。
ちょっと軽い感じで。

日本のクリスマスに食べても
おいしそうだったじゃない?

いや あれ おいしそうだね~。
おいしそうでしょ?

ちょっと食べてみたいもん。 いいでしょ?
うん。

だから 今回それよ。 ゴー!
イエス!

よしっ まずは メレンゲ作りだよね?
そうなんですよ 当たり!

あらっ… あら かまど。
どうさ?

この 何か…。  これ いいでしょ?
うん。

これ 抹茶と ラズベリーパウダーなのね。
あっ なるほど!

クリスマス色でクリスマスケーキ
作っちゃおうかなと思って。

この色のメレンゲを作るっていうことね。
そうなのよ! いいでしょ。

はいはい カラフルだね。  いいでしょ?
うん。

じゃ 味わいのキメテ どうぞ!
はい!

メレンゲとクリームが織り成す

鮮やかな口溶けのケーキを目指します!

そうそう そうそう はいはい。

これ 食感 すごく こだわります。
このメレンゲ 今から作るんですけど。

なるほど。   そのためには まず…。
はい。

どうするか。
どうするんですか?

清潔な道具を使いたい。
それは当たり前でしょ?

そうなんだけど
油が ちょっとでも ついてたりね

水滴が ちょっと ついてたりすると
絶対 駄目だからね!

なるほど 繊細なんだね。
繊細なものなんでございます。

じゃあ まず この らん… あれ?
うん?

かまど。            何ですか?
これは何ですか?

さあ 何でしょう? さあ オキテ!
はい!

どんどん来るね!
フフフ… すばらしいね。

これ レモン汁を入れるってこと?
はい そうですよ。

ほう~ これ 卵白に加えちゃうんだ?
そうそう。

ちょっとのレモン汁の酸が
キメを細かくして

滑らかな食感にしてくれます。
なるほどね。

ちょっとね。
じゃあ まず 卵白入れちゃいますね。

卵白に対して 1%のレモン汁が
適量なんですよ。

どのぐらい入れよう?
ほんとに キュキュキュッ…。

2~3滴?           キュキュキュッ…。
全然分かんない。 全然…。

捉えてよ 私の気持ちを。 キュキュキュ…。
分かった 分かった。

…ぐらいでお願いします。
チュッ チュッて。

はい このくらいだ!
フフ…。 しっかり泡立てて下さい。

それが もう サクッとした
すばらしい食感を生んでくれますから。

で? かまど。
はいな。

これは どのくらい?
これね 大体 10分ぐらいかしら。

これ でも…。 ちょっとさ
1回目 グラニュー糖 入れてみようか。

はい。
グラニュー糖ね! 4回ぐらいに…!

4回ぐらいに分けて…。
分けてね。   入れるんだけど。

空気を含ませながら!
はい!

泡立ててね~!
OK!

かまど!      はい!
だいぶ これ しっかりしてきましたよ。

はい! じゃあ
そのボウルをひっくり返して下さい。

何を言っちゃってんの?
あのね 落ちてきません。 ただし!

しっかり泡立っていればの話です。
ひっくり返すよ? ほんとに!

自信があるなら 頭上でどうぞ!
せ~の!

うっ! …おわっ!

ほらっ! いった いった! やった!

これを3つに分けて下さい。
3つに分ける? 分かりました。

わ~ 何か いいな~
おいしそうだな~。

メレンゲのケーキ。
ほんと しっかりしてる。

ほんと?
うん。 よし かまど 分けたよ!

じゃあ オキテどうぞ!
はい!

おお~!
そこに パウダーありませんか?

パウダーありますね。
グラニュー糖 そしてコーンスターチです。

まず 混ぜて下さい。
ほうほうほう。

それで このコーンスターチっていうのが
ミソで

オーブンで焼くじゃない?
しっかり乾燥させてくれるのよ。

なるほどね。
グラニュー糖は もう

コーンスターチが ダマにならないために
また 一緒に入れてあげるっていうね。

OK 混ざったよ。
混ざりました? そしたら…。

え~ 3つに分けましたね メレンゲ。
はいはい。

で 1つは 白い生地にしますよ。
分かりました。

じゃあ 白にするやつで
やっていいってこと?  うん。

よし。 入れますよ 粉。
そうそうそう それをそれに入れる。

それで バニラエッセンス
香りづけに ちょっと入れて

全体に混ざった感じがあれば
もうそれで…。

混ざりましたよ~。
じゃあ ほかのやつも やっていこうか。

いや これ
きれいなメレンゲの色にしたいね。

そうね。
よ~し やるぞ~。

ニュージーランドのクリスマスケーキ
パブロバ。

それは ロシアのバレリーナ

アンナ・パブロバのために生まれた
スイーツです。

20世紀の初めに活躍した
世界的に有名なバレリーナ パブロバ。

代表作…

彼女のため振り付けられた この作品

死後20年は 誰も踊らなかったと
いわれます。

♬~

1926年 パブロバは 世界ツアーで
ニュージーランドにやって来ました。

ホテルのシェフは パブロバにささげる
スイーツを作りたいと考えます。

折しも このころ
著名人にささげるお菓子が

トレンドだったのです。

歌姫 メルバにささげた…

アイスクリームに 桃のコンポートを
のせたスイーツです。

こちらは 女優 サラ・ベルナールを
イメージした…

パイナップルアイスの上に
イチゴをのせ

キュラソーのムースを
飾ったものでした。

アンナ・パブロバが メレンゲが好きだと
聞きつけたシェフ。

妖精のように ふわりと舞い踊る姿を
お菓子にしたいと考えます。

そして バレエの衣装 チュチュを
モチーフにして出来上がったのが…。

純白のメレンゲと フルーツを合わせた
パブロバ。

アンナ・パブロバは
「このケーキが 世界ツアーの疲れを

癒やしてくれた」と
喜びます。

軽くてカジュアルなメレンゲのケーキは
大評判に。

今では
世界中の人々に愛されているのです。

へえ~。 パブロバって
バレリーナの名前だったんだね。 ねえ~。

これ やっと もう 姉ちゃんの
このメッセージの謎が解けたよ。

ほんと。 まあね 人気がすごかったの。
へえ~。

とにかくね パブロバさんの名前に
ちなんだゼリー菓子とか クッキーとか

もう いろんなお菓子が
もう い~っぱい出たの。

へえ~!
結局 今 まあ 残ってるのが

この 今作ってる
メレンゲのケーキというね…。

なるほど。
かなり おいしいってことでしょ。

そういうことです。 作りましょ?
作りましょうか。 よし!

かまど!                       はい。
この3色のメレンゲの生地は

どうしましょう?
さあ そこに紙がありますね。

うん 何か 丸がね。
直径15センチの丸なんですけれども

その大きさになるように
スプーンで広げて下さい。

これ どんくらい入れるの?    3分の2。
3分の2。

残り3分の1は
後で飾りに使うから置いときます。

OK OK。
3分の2だけ 丸んとこにポンと置いて。

分かりました。
こういうことでいいの? かまど。

そういうことでいいです。

こんな感じでしょ? だって。 OK?
いいんじゃない?

じゃあ そこ 残り2つも
簡単だから やってもらおう。

簡単だから。
フフ…。 すごい簡単だから

ちょちょちょいって やってもらえるから。

おっ… このくらいじゃないかな?

はい かまど!       はい いきました~。
あっという間に できましたよ~。

よ~し かまど。
はいはい! いいね~。

じゃあ それを 100℃のオーブンで
2時間半です 焼いていきますよ。

2時間半!?
はい そうですよ。

そんな冗談を…。
な~にが冗談よ。

そうして 焼き上がりますね。
そしたら その後 一晩冷ましますと。

一晩!?             はい。
そんなに?         はい よろしくです。

しっかり乾燥させて下さい。
分かりました。

よ~し 一晩 ここで待ってるからな。

ちょっと一息 Tea Break!

ニュージーランドの定番スイーツを
紹介しちゃうわよ~。

まずは ホーキーポーキーアイス!

アイス消費量が世界1~2を争う
ニュージーランド!

ホーキーポーキーとは

この小さなキャラメルのこと。

パリパリ食感が 病みつきに~!

続いては 長~い…

中には カラフルな
マシュマロが!

周りは ココナツが
まぶしてあるのよ。

更に こちらは…

オーツ麦やココナツが
たっぷり!

手軽に作れて
日もちもする

人気のビスケット
なんですって。

ちょっと珍しいニュージーランドスイーツ
食べてみたいわね~!

かまど! メレンゲの生地ね
いい感じに できてますよ~。

ほほう。 じゃあ 仕上げていきましょうか。
はい!

その前に 冷蔵庫を ちょっと見て下さい。
もしかして…?

はいよ~。 期待どおりです。

ほら どうぞ。
おっ かまど!

どうぞ プリーズ!
どうぞどうぞ フォー ユーです。

ありがとう かまど!  はい はいはい。
こうやって…。

プレゼント プレゼント。
メレンゲ 甘いですからね

生クリームは
お砂糖を控えめにしております。

あっ 味のバランスも
考えてくれたってこと?

そういうことです。
もう何でも考えちゃいます。

その生クリーム ペッて逆さにしてみて。

これ また落ちないってこと?
さあ どうだろう?

フッフ~!

で?
この白いメレンゲを お皿の上にのせて

その上に生クリーム。 今の。
はいはい。

その上にキウイ。
キウイ?  はい。

フルーツを並べて下さい。

そのね キウイの 何か…
この 柄っていうの?

かわいいよね。
うん。 色もいいしさ。

こんな感じでいいですかね?
うんうんうん。                 そして?

緑のメレンゲか。 いこう!
はいはい。

そして またクリームさ。

そしたら… この上に また 今度いく?

イチゴか。          イチゴ いってみる?
いってみましょうか。

いや これ もう絶対食べたい。

かわいいですね~。
はい じゃあ いい感じですね。

はい。
じゃあ 赤のメレンゲ 今度。 それで…。

のせま~す。
蓋をします。

そして その上に またクリームなんだよ。

その前に ちょっと オキテ オキテ!
はい!

ほう~。 これは?
おっ?

パブロバのバレエ衣装の

このイメージ?
チュチュ チュチュ~。

えっ これ まず じゃあ クリームのせて
いいってことでしょ?   はい はいはい。

はい クリーム。
はい かまど!

これで?
♬「ポ~ポ~ポ~…」

もう踊ってるじゃん。
もう… あとだ あとだな。

下から上でも 何でもいいんだけど。

チュッチュッチュッチュッ。
そうそうそう。 そうそうそうそう。

うん いいんじゃない?
はい はい。

これ だから立体的になるように
クリームの塊を

いくつか置いて やってみますか?
そこに?

更に デコレーションしていきますか。
デコレーションしていきましょう。

あっ 何となく かわいい。
どんどん かわいくなってるよ。

ほんと?
うん。

緑と赤って やっぱりね…。
合いますよ。

カラーなんですよ。 クリスマスカラー。

いい感じなんじゃないですか?
メレンゲあるでしょ?

あれを ちょっと飾ろう? じゃあ。
メレンゲ。

いい感じですか?
うん。

できました かまど!
よかった~。 おいしそうね~。

うわっ うれしい。       (チャイム)
あっ! 姉ちゃん 帰ってきた。

姉ちゃん おかえり!
おかえり~。

ほほう。

踊りたくなるクリスマスケーキ 作ったよ。

ニュージーランドのクリスマスケーキ
パブロバ。

フレッシュなフルーツが
甘いメレンゲと相性抜群!

サクッと軽い歯応えと
シュワッと溶ける食感。

いくらでも食べられそう。

真夏のクリスマスに思いをはせて…
お試しあれ。

手軽な材料だけで
できるパブロバ。

クリスマスには
みんなでワイワイ 手作り。

ジャ~ン!
(歓声)

一生懸命 泡立てたメレンゲ。
立派に焼き上がりました!

フルーツの飾りつけも お楽しみの一つ。

緑のキウイと赤いベリー。
やっぱり クリスマスカラーですね。

最後に レイラちゃんが切った
星形のキウイフルーツを飾って

いよいよ完成!

楽しそうな雰囲気につられて

猫のピピンも やって来ました。

パブロバのほかにも
クリスマスのごちそうで

テーブルは にぎやか。

ひき肉をパイで包んだ
ソーセージロールに チーズ。

大人も子どもも たっぷり食べるのが
クリスマス。

メリークリスマス!
メリークリスマス!

でも 主役は やっぱり パブロバ!

ところで このボトルは…?

おなじみのクリスマスソング?

でも 歌詞はニュージーランドならでは!

♬~

南の国の 真夏のクリスマス。

明るい太陽に負けない
華やかなパブロバで

メリークリスマス!

今日の「グレーテルのかまど」
いかがでしたか?

サンタが海から やって来たり
ビーチでパーティーをしたり。

ケーキも 祝い方も
所変われば 変わるものなんですね。

それでも 大切な人と
大事な時間を一緒に過ごす クリスマス。

スイーツを真ん中に みんなで集まって
楽しむのは一緒なんですね。

それでは また
このキッチンでお目にかかりましょう。

では ちょっと失礼して…。

いただきま~す。
どうぞ~。

これ 食べる時の食感が楽しみだな~。

おっ サクサクッて!
まあ~。

ほ~ら 踊りたくなった!
♬「フ~ル~ル~ル~…」

そんな踊りじゃないから。
ほんとにサクフワですよ!

そうでしょ?
うん! もうない 口ん中。

もう すごいでしょ? いや 食べた~い。
これは最高!

アンナ・パブロバさんをね イメージして
できたケーキでしょ? これ。

ヘンゼルも ほら
ここにいる私をイメージして

作ってみちゃ どうだね?
かまどをイメージ?               うん。

どうですか?
いや まあ それもいいけど…。      うん。

デコレーションしたい そこに。
さっきからヒトデがね

ちょっと頭のとこに…。 ヒトデがね。
そこにデコレーションしたいよ。

えっ ここに?
クリームとかで こうやってやりたいな~。

スイーツじゃないじゃん それ。
いやいや スイーツと かまどの

コラボレーションじゃん。
それ いいですね。うん。

あの かまどね 心があったかいじゃない?
はい。

だから パッと開けたら

中に ハートが いっぱい入ってる感じの
スイーツにしましょうよ。

え? やっぱ かまどは燃えてるから

アメとかでハートを作っといて

で 開けると ちょっと こう溶けて…。

♬「ル~ル~ル~ ル~ル~ル~ル~…」

「瀕死のかまど」じゃな~い!


関連記事