ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」 友利新、ピカ子、安部みちこ…


出典:『ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」』の番組情報(EPGから引用)


ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」[字]


小林まさみ&まさるの簡単・美味・華やかおせち料理を大特集。調理器具ひとつでできる主菜。火を使わない、あっという間のおつまみレシピなど超時短簡単料理が続々と登場。


詳細情報

番組内容

小林まさみ&まさるの簡単・美味・華やかおせち料理を大特集。まさみさんがつくるのはレンジ松風ミートローフ。電子レンジひとつで彩り鮮やかでやさしい味わいに。一方、まさるさんがつくるのは火を使わない、あっという間のおつまみレシピ。スモークサーモンと長芋の紅白なます風は、ゆずを器にしてお正月らしい雰囲気を演出。他にも超時短簡単料理が続々と登場。おせちはもちろん、おもてなし料理やお弁当にも喜ばれます。

出演者

【MC】船越英一郎,美保純,阿部渉,【ゲスト】友利新,ピカ子,【講師】料理研究家…小林まさみ,小林まさる,【リポーター】安部みちこ



『ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」
  1. 安部
  2. 船越
  3. 美保
  4. 友利
  5. ピカ
  6. 今日
  7. ピカ子
  8. 簡単
  9. レンジ
  10. 阿部


『ごごナマ「小林まさみ&まさるの簡単!おいしいおせち お正月はこれで安心」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

船越≫編集長は
高みの見物でございますね。

「ごごナマ」2時台
始まりました。

阿部≫今日のこの時間は
簡単に作れるおせちがテーマです。

友利さん、ピカ子さんは
おせちはお作りになりますか?

友利≫おせちって
作るものでしたっけ…。

ピカ子≫でも、何かは作らない?

例えば
お雑煮のだしを作ったりとか。

安部≫ピカ子さんは

一部作られますよね。

ピカ子≫全部は手間がかかるから
好きなものだけ作る。

4~5品かな。

船越≫好きなものというか
得意なものは?

ピカ子≫一番好評なのは
お雑煮です。

四角いお餅で。

友利≫このトーク、本当は
私がしなきゃいけないんですよね。

ピカ子≫私じゃないから!

安部≫皆さんがどんな感じか
こちらをご覧いただきますと

すべて購入というのは
2割に満たず

あとの方は、半分以上購入だけど

一部は手作り。
半分以上作るよ、でも一部購入。

すべて手作りが13.4%。

こう見ると
何かを作る人のほうがほとんど。

美保≫私、すべて予約。

安部≫ここは女性2人
そうなんですね。

ピカ子≫台所が小さくなると

全部作るとね、お金も時間も。

安部≫お忙しいと全部作って
お重を全部詰めるのって

なかなか大変ですからね。

今日は、時間が短く簡単で
でも華やかというおせちを

教えてくださいます。

お呼びしましょう、どうぞ。

船越≫お久しぶりですね。

安部≫おなじみ親子で
料理研究家の…。

阿部≫近い、近い!

安部≫私用に
空けてくださったんですよね。

私、予備のいすがあるので
大丈夫です。

ありがとうございます。
まさみさんと、まさるさんです。

まさみさんは
あちこちでご活躍の

料理研究家でいらっしゃいますが

まさるさんは
70歳から

料理研究家になられて15年。

まさる≫85歳です。

美保≫エプロンの右がねじれて…。
ちょっと気になっちゃった。

安部≫早速、お二人が
お持ちくださったおせちを

開けていただこうかと思います。

まさみ≫おせちを作ってきました。

船越≫きれい!

安部≫定番のものもありますし

もう1つのほうは、色も鮮やかで

手作りっていう感じですよね。

ピカ子≫これが
簡単にできるとなると

今年やってみようかなって。

船越≫これ、簡単にできるの?

まさみ≫そうなんです。
でも実は、今日持ってきた

詰めたおせちですが
私たちが作ったのは

松風ミートローフというものと
なますふう、あとは

えびのマヨチーズ焼き
かまぼこの4種類だけなんです。

あとは、既製品のものを詰めて
華やかに今日は

詰めてみたんですけど。

ただ、今言った4品プラス

隙間埋めに1つ入れたとしても
十分、簡単に作れるものなので

少ない数でも華やかに見える

簡単なおせちを
今日はご紹介したいと思います。

安部≫既製品も
料理研究家の方でも

組み合わせて
いらっしゃるんですね。

ピカ子≫上手に取り入れて
目においしく映れば

それはいいですよね。

安部≫まさるさんも今日
おすすめの料理を

作ってくださいますよね。

まさる≫作りますよ。

今日は、なますふうの
おせちを作ります。

安部≫おつまみにもなると。

このあとご紹介します。

皆さんから今日は
お手軽おせちに関する

アイデアや質問を募集します。
NHKネットクラブに

寄せられている
質問も併せてご紹介していきます。

それでは、キッチンのほうで
教えていただきます。

ひと品目
ピカ子さん一緒にお願いします。

では、まさみさんとまさるさん
交互に教えていただくんですが

ひと品目は、まさるさんが
これを教えていただきます。

「スモークサーモンと
長芋の紅白なますふう」。

材料を紹介します。

まさる≫なますっていうのは
手間暇かかるんですが

今日は、長芋とサーモンの
組み合わせで

白と赤で紅白の
なますふうを作ります。

じゃあ、くりぬくんです。
ゆずを器に使います。

簡単にできますから。

阿部≫結構、汁が出ますね。

まさる≫この汁も
またあとで使うんですよ。

まずは器を作ります。

これは簡単ですよ。
くるんとして終わり。

これで器が
あっという間にできます。

これを搾ってもらって。

そしてちょっと薄皮を
とってください。

あとで盛りつけに使います。

俺のほうは、まず長芋から。

長芋は
ただビニール袋に入れるだけ。

阿部≫いいですね、俺のほうは。

美保≫男らしい!

まさる≫たたくだけ。
そして食べやすいように

さばきます。

そして、長芋の淡泊な
さっぱりとした味を

こうやって作ります。

船越≫包丁を使わないと。

まさる≫ポリ袋で。
食べやすいようにたたいて。

ピカ子≫私もたたかれたい。
何をやってたんだろ、この1年。

たたかれたいですわ…。

まさる≫そしてサーモンを入れて
味を出します。

そして、味付けで
しょうゆです。

今、搾ったゆずの酸味と香り。
船越≫お酢代わりなんですね。

まさる≫色鮮やかに簡単に。
これでいいです。

あ、ちょっとかたいかな?

もう、これでいいんです。

今度はゆずの中に盛りつける。

船越≫めちゃめちゃ簡単。

友利≫これならできる。

これ、簡単ですね。

まさる≫ここに切ったゆずの皮を。
これで出来上がりです。

安部≫「スモークサーモンと
長芋の紅白なますふう」

出来上がりました。
召し上がってみてください。

船越≫まずはいい香り。

美保≫色みも
すごくいいですね。

友利≫紅白、おめでたい感じで。

船越≫そもそも、なますは
水引きに例えて

平和を願うという
意味があるんですよね。

美保≫おいしい!
お酢じゃないやつ。

友利≫おしょうゆだけですもんね。
ゆずが入っていると。

これだったら
お子さんもいけますね。

まさる≫正月というと
砂糖のものが多いから

さっぱりしたものが
欲しくなりますね。

阿部≫ピカ子さん、どうですか。

ピカ子≫まず、私たち
美容家の中では

長芋って美白にいいって
結構、積極的に食べるんです。

簡単だし、これはお酒が進む。

私的にはやっぱり
シャルドネかなって。

まさる≫汁を焼酎の中に
ちょっと入れて

ぐっとやってもうまいですよ。

安部≫お重に詰めていきましょう。

まさる≫重箱に詰めるときは
器に盛ったものは

最初に入れます。

それでないと、あとに入れると
入るか入らないか

ずらしたり出したり
しないといけないので

最初に決めて入れます。
これが鉄則です。

安部≫ここからは
おせちはあちこちで地域によって

特色がありますね。
家庭によっても違うということで

お手伝いしてくださった方の
おせち事情や思い出を

伺うコーナーです。
「おらがふるさとおせち」!

まずはピカ子さんです。

ピカ子≫私、こう見えても
道産子でございまして

北海道札幌出身なんです。

寒い中、ときには雪。

いつもは赤ら顔で
テレビに出させていただきますが

私の家庭は
北海道といえば、しゃけですね。

しゃけでも昨今は
おいしい脂ののった

紅じゃけというのと
昔は脂が少なくて

新巻ざけといって
ますに寄ったような

うちの母親が
脂の少ない新巻ざけの

塩抜きをして、それを酢で締めて
おせちの端っこに

ピンク色のが入ってたんです。

それを例えば、酢飯に載せて
握りにしてとか、そうやって

しゃけはよくいただきましたね。
地域柄。

これでよろしいでしょうか?

安部≫ありがとうございました。
美保さんと交代お願いします。

ここも交代で、今度は
まさみさんに作っていただきます。

ふた品目は
「えびのマヨチーズ焼き」です。

これは華やかですね。

まさみ≫えびをまっすぐ伸ばして
華やかに仕上げたんですが

華やかなんだけど
トースターで作れるので

とても簡単なんです。

安部≫下ゆでも
いらないそうなんです。

では、教えていただきますが
まずは材料です。

まさみ≫有頭えびですね。

あとはマヨチーズ焼きなので

マヨネーズ
ピザチーズなどを使います。

早速、えびなんですが
えびっておせちに

入っているじゃないですか。

腰が曲がるまで元気に長生きに
暮らそうという

願いを込めて入れるんですけど

今日は、丸めずに
真っすぐ元気に

長生きしていただこうという
願いを込めて

えびを下処理します。
洗って

水気を拭いてあるんですけど
頭のところから背中に

切れ目を入れるんです。
そして、尾っぽの手前まで

開いてください。
そうすると、背ワタが

とても分かりやすく出てくるので
この背ワタを

手で抜いてしまいます。

それから、人さし指と親指を
切れ目に入れて

ぐっと背中を伸ばすように
広げます。

うちの義理の父親も

背中が真っすぐで
元気なお年寄りなので

そういうふうに願いを込めて
真っすぐ伸ばして

これからも頑張って
働いていただこうと

思っております。

美保さんも
お手伝いしていただいて。

美保≫えびちゃんを切って。

背中のほうから。
安部≫どれぐらい

深く切るんですか?

まさみ≫結構、深く切ったほうが
開きやすいんですが

手を傷つけないようにだけ
気をつけてください。

美保≫やっぱり
おかしらがついてないと

まずいですよね。

まさみ≫おかしらが
ついているほうが

より豪華に見えるんですけど
今日は車えびではなく

ブラックタイガーなんですね。
だからとても

手に入りやすい食材です。

美保≫背ワタ取った状態でしか
見たことないですもんね。

あ、出てきたよ!

まさみ≫これは
背ワタじゃなくて、みそなんです。

安部≫その見極めが
難しいんですよね。

まさみ≫背ワタは
ひも状の黒いのなんです。

美保≫私、変なの
抜いちゃったかな?

まさみ≫大丈夫ですよ。
みそはそのまま残してもらって。

このまま伸ばします。

切れちゃっても大丈夫ですよ。

美保≫身が
ぐちゃぐちゃになっちゃった…。

まさみ≫切り込みが
浅かったのかもしれないですね。

美保≫焼いちゃえば分からない?

まさみ≫マヨネーズをかければ
分からないです。

安部≫まさるさんのはどうですか。

まさみ≫昨日練習してきてるんで
上手にできました。

これに下味として
酒を入れるんです。

お酒を絡めて
10分置いてください。

美保≫お酒がいいんですね。
浸すのに。

まさみ≫ちょっと
えびの癖が取れますね。

美保≫酔わすって感じですか。

まさみ≫酔わしたいですね。

美保≫いえーい!
酔うとどうなるの?

まさみ≫ちょっと
くどくなりますね…。

安部≫味付けも特徴的ですよね。

まさみ≫味付けは
おせちって甘くて

しょうゆ味が多いので
それを食べていると

ちょっと
食べ飽きてしまうことがあるので

今日は
マヨネーズとチーズで味を変えて

食べ飽きない
おせちにしたいと思います。

牛乳です。ちょっとのばすために。
これを混ぜて

グラタン風の味わいに
なるんですよ。

これでソースはできました。

美保≫今って洋風なおせち
多いですよね。

洋な感じ。

まさみ≫中国風とか
いろいろ出ていますよね。

安部≫10分置いたものです。

まさみ≫10分置いて
水気は拭いてあるんですね。

これを詰めます。

すべて均等に詰めて
焼くだけなんですけど

ちょっと今日は
4つだけ入れますね。

美保≫全部
やってもらっちゃった!

でも、早いもん
先生がやったほうが。

まさみ≫えびは
ちょっと寄せ合ったほうが

えびが倒れないんです。

なので、くっつけて

詰めてください。

アルミホイルを上からかけて

トースターに入れてください。

そのあと5分焼いて
それからアルミホイルを外して

今度は焼き目をつけるので
10分から12分焼いてください。

美保≫そうすると
頭から食べられるんですか?

まさみ≫頭も食べられますね。
殻はお好みですね。

安部≫トースターを使うのが
大事なポイントなんです。

まさみさん、なんで
トースターなんですか?

まさみ≫おせちって、いろいろ
たくさん作ることが多いので

ガスコンロが渋滞するんですよ。

だから、渋滞しているときに
1品、トースターで

作ったりすると
すごく早く料理が作れるんですね。

黒豆なんか煮ると、もう何時間も
煮ないといけないので。

安部≫開けさせていただきます。

船越≫きれいだね。
美保≫鮮やか!

安部≫出来上がりました。
「えびのマヨチーズ焼き」です。

美保≫真っすぐできてうれしいね。

安部≫詰めて焼くだけですもんね。

美保≫背筋がぴんとしたいよね
ずっと。

しゃきーんって。
いただきます。

食べ方は?

まさみ≫殻がスッと取れますので
それで召し上がってください。

美保≫すごい、いいはがれ方する。
いただきます。

激うまですね!激うま!

まさみ≫とても簡単に作れて
豪華に見えますよね。

おせちだけでなく
もてなし料理としても

おすすめなんですよね。

船越≫うわ、うまい!

美保≫なじんでいるよね。
とてもオーブントースターで

作ったとは思えない。
友利≫おいしい!

まさみ≫お子さんにもいいですね。
友利≫絶対、好きですね。子ども。

ピカ子≫簡単すぎるけど
めちゃめちゃおいしい。

安部≫ありがたいひと品ですよね。

船越≫これだけおいしかったら
すごいね。

安部≫お重に
詰めていきましょうか。

まさみ≫お重に詰めるときは
長いものは

先に詰めないと
場所が、あとから入れると

入らないこともあるんですよ。
これは今日、はらんというものを

はさみで切ったものを
間に、仕切りとして入れます。

えびを真ん中に入れます。

結構、入るんですよ。

美保≫えびって、すごいぞって
いろんなものの上に

載っかってる
イメージがあるんです。

カタログを見ると。

安部≫一番目立つところに
ありますしね。

まさみ≫こうやって重ねて
高さを出したほうが

おせちが豪華に見えますね。

安部≫結構ころころ
転がるんですよね、えび。

いくつかあると安定しますね。
ありがとうございました。

では「おらがふるさとおせち」の
コーナー

次は美保さんです。

美保≫私のふるさとでは
毎年、おせちの中に

あわゆきという和菓子が
入ってたんですよ。

伊達巻と黄色い卵焼きと

あわゆきというのが入っていて
子どものころって、おせちって

黒いっていうか地味だなと思って

いつも、あわゆきだけを
食べちゃってました。

ほかのものはあんまり
食べなかったかな。

すごい思い出深いのは
メレンゲの寒天みたいな

和菓子が大好きでした。
そういう思い出があります。

安部≫ありがとうございました。

では、入れ替えで
船越さん、お願いします。

1つ、うれしい品があると

おせちも、子どもも喜べますよね。

まさみ≫いろんな世代の人が
集まって食べますからね

おせちはね。

安部≫次はまさるさんに
教えていただきます。

教えていただくのは…。
まさる≫「明太かまぼこ」です。

安部≫これも華やかですね。

まさる≫かまぼこは白と赤で
紅白になります。

船越≫縁起がいいということで。

まさる≫白いかまぼこに
赤、明太子を使います。

彩りでさっきは黄色を入れたけど
今度は緑を入れます。しそで。

安部≫材料は
シンプルにこちらです。

まさる≫まず、かまぼこを
切っていきます。

青じそを使います。それと明太子。

船越≫ほぐした明太子ですね。

まさる≫まず、かまぼこを
切っていきます。

かまぼこ、最初は
5mmぐらいのところに

深みを入れます。

次は、ズバッと板まで。
これの繰り返しです。

なんか震えてるな、年だな…。

船越≫切れ目、下まで。
また切れ目、下までと。

まさる≫今度は外すので
板の下を切っていきます。

船越≫板から剥がすんですね。

まさる≫はがしてから切ると
やりにくいので

板の上で切ってしまう。

まず最初に私が入れますね。
青じそ。

船越≫2つに裂いた青じそですね。

安部≫小さい青じそのほうが
あまり飛び出なくていいです。

船越≫そして、明太子。

阿部≫これはおいしいですよね。

船越≫おいしくないわけがない。
まさる≫これで出来上がり。

じゃあ、やってみましょう。

船越≫まずは、しそを入れる。

安部≫紅白かまぼこ
切るだけよりも

だいぶレベルアップした
感じがありますよね。

まさみ≫かまぼこって
飾り切りをしたり

するじゃないですか。

美保≫真っ白いかまぼこが
いいんですね。

赤い色が入っているよりも。

船越≫これだったら
明太子が赤だから白でいいね。

まさる≫赤だったら
チーズでもいいです。

船越≫なるほど!
まさる≫出来上がりです。

船越≫私、欲張って
たっぷり入れてしまいました。

安部≫どっちもおいしそうですね。
少なめも多めも。

おつまみになりますね。

友利≫並べただけできれい。

安部≫「明太かまぼこ」

出来上がりです。

船越≫いただきます。

おいしい!

おっしゃるとおり、おせち
ちょっと甘いものが多いから

これはピリッとしていて
いいですね。

お酒が欲しくなりますね。
日本酒だな。

ピカ子≫詰めるだけだよ?
おいしい!

わさびとかを載せても
おいしいかなとか。

船越≫やっぱり
おめでたい紅白になるし

しかも、かまぼこの甘みが
ぐぐっと引き立つね。

友利≫おせちだけじゃなくて
いつでも簡単に

誰か来たときに

おもてなしになるし、いいですね。

船越≫これ、1年中いけますよ。
安部≫お重に詰めていきますよ。

まさる≫今度は
端のほうに入れていく。

かまぼこは
どうにでもできますからね。

安部≫結構、形
融通が利きますか?

船越≫やわらかいから。

安部≫ずらして入れるのが
いいんですか?

船越≫スペースが生まれて
ほかにも入れられますからね。

安部≫「おらがふるさとおせち」
コーナー

船越さんです。

船越≫私は神奈川県湯河原温泉で
ございます。

実はうち、ちっぽけな旅館を
営んでおりまして

だからおせちは
旅館からやってまいりました。

ただ、父親が
ものすごい厳格な父親で

毎年、私たち正座で父親が
一つ一つのおせちの由来を

話していくんです。

例えば、昆布は喜こんぶだから
入ってるんだよとか

数の子は、子だくさんに
恵まれるようにというふうに

入っているんだよ。
黒豆は今年も真っ黒になるほど

日焼けするほど働くなど
一つ一つ毎年同じ話をする。

じっと聞いて、全部終わってから
やっとおせちにありつけるという。

古式ゆかしい日本の歴史
いまだにすり込まれております。

これも、1つの大事な
おせちのいただき方かな

ということを
父親に教わったという思い出が

おせちにはございます。

安部≫ありがとうございました。

では、友利さん交代で
お願いします。

次は、まさみさんに
教えていただきます。

教えていただくのは
「レンジ松風ミートローフ」。

色がきれいですね。

まさみ≫松風焼きは、おせちに
入っていることが多いんですが

それを電子レンジで作ります。
さっきは

トースターだったんですけど。
野菜を間にサンドしてあるので

野菜も一緒にいただけるんです。

友利≫見た目もきれいですし
お子さんも

絶対好きですよね。

まさみ≫野菜もお肉と一緒に
食べられますからね。

安部≫意外とおせちって
野菜とれませんもんね。

友利≫そうなんですよ。
だから別にサラダとか

出しちゃうんですけど
これだったら

一気に食べられますよね。

ピカ子≫新のインスタに
載ってそう。

友利≫気付いちゃいました?私
ミートローフ

すごい作るんですよ。
いろんなものを入れちゃうので

今日は勉強したいと思います。

まさみ≫材料は、鶏のひき肉です。

そこに入る味付けが
たまねぎとか調味料があります

そして、間に挟む野菜は
ブロッコリーと

にんじんが入ります。
まずブロッコリーから切りますが

ブロッコリーは
小房に分けたいんですが

ちょっと小さめに切ったほうが
ひき肉となじみがいいので

このぐらいに切っていただいて
いいですか。

私は、にんじんを切ります。

にんじんは1cmの
角切りくらいにしたいので。

電子レンジで
野菜もこれから加熱するので

あまり大きく切ると
かたく残ってしまうので

冷凍のベジタブルに
入っているくらいと言えば

分かりやすいかな。
なので、ブロッコリーも

小さめがいいですね。

友利≫茎は?

まさみ≫茎も食べられますので。

友利≫短くしなくて大丈夫ですね。

電子レンジで
やれるなんて楽でいいですよね。

まさみ≫やはりおせちだと
コンロが渋滞するので

レンジやトースターを
フル活用すると手早く

品数多く作れるんです。

にんじんだけ
先に水に入れておきます。

レンジにかけるときは
野菜の周りに水けがあったほうが

上手に加熱できるんですね。

水にくぐらせたら、水けを切って

ラップに載せます。

船越≫一瞬でいいんですね。

まさみ≫なので、ざるは
テレビなので使ってますが

いつもは手でざーっと。

洗い物は少ないほうがいいですね。

ラップは
どんな包み方でもいいので

ふんわり包んで
電子レンジに入れてください。

600ワットで2分です。
加熱している間に、肉ダネを

練っていきます。

鶏のひき肉に調味料をいいですか。

手伝ってもらって。

何笑ってるんですか。

安部≫ちょっと不安そうに
レンジのところに行ったのに

満面の笑みで戻られたので
よかったなと思って。

まさみ≫スイッチを
入れないようにと

注意されたんですね。

船越≫違うスイッチが
入っちゃったね。

安部≫まさみさん、たまねぎが
生のままでいいのが簡単ですね。

まさみ≫みそですね。
松風焼きはみそ味なので。

みそとしょうゆ、溶き卵
砂糖です。

パン粉も入れてください。

船越≫ミートローフといえども

和風な感じですね。
まさみ≫松風焼きは

鶏のひき肉で

本当はすり鉢ですって
蒸してから

焼くものなんですけど
今日は全部混ぜて

電子レンジ1回加熱で
出来上がってしまうんです。

野菜を入れると2回加熱ですけど。

よく練ってください。
みそが入っているので

みそが1か所に固まっていると
みその部分がレンジで

焦げちゃうんですね。

なので、みそがまんべんなく
いきわたるように

練ってください。

ピカ子≫例えば、お砂糖
結構入ると思うんですけど

お砂糖の代わりに
例えばはちみつだとか

そういう甘味のものでも
いいんですか?

まさみ≫大丈夫です。
ただ、はちみつもみそと同様

焦げやすいので
入れすぎないほうが

いいかもしれないです。
練ったら型に敷き込みますが

今日はラップを
型に敷き込んでいるんですが

ラップを長めに
敷いてあるんですが

そこに、ごまを全体に
広げておいてもらっていいですか。

松風焼きは
普通、ケシの実を使うんです。

ケシの実がある方は
ケシの実でやってほしいんですが

ごまのほうが一般的なので
ごまを全部敷いちゃっていいです。

この底の部分が上になるんです。

蒸しあがったら。

美保≫そこに文字を書いても
いいですかね。

ピカ子≫ことよろ。

まさみ≫肉ダネを
半分広げてください。

野菜をこの上に載せます。

野菜は電子レンジで
加熱してありますね。

安部≫先ほど
2分レンジにかけて

冷ましたものです。

まさみ≫冷めてから
水けがあるので

拭いてください。

野菜は全体に
散らしてください。

友利≫美的センスを問われますね。
船越≫自分でハードル上げたね。

まさみ≫切ったときに色が
きれいに見えたほうが

いいですよね。

友利≫また先生
ハードル上げましたね…。

まさみ≫全体にバラバラと
散らしても大丈夫です。

でも切って、全部が
ブロッコリーが見えても

おもしろいですし
ブロッコリーとにんじんが

両方見えてもきれいですよね。
船越≫切るからね。

友利≫ばっといきますか。
最後、豪快に。

性格が出ちゃいますね。

まさみ≫残りの肉ダネを広げます。

ちょうど間に野菜がきます。

ここでは大体でいいです。
伸ばすのは。

今度は、長めに
わざとラップを敷いたんですが

これを上にかぶせるんですね。

ここで
はがれないように押さえて

空気を抜いて密着させます。

これを電子レンジの
600ワットで6分から7分

加熱してください。

安部≫加熱して
冷ましたものがこちらです。

まさみ≫冷ましたほうが
切りやすいです。

ラップごと出せるので。

船越≫1回冷ますってことですね。

まさみ≫温かいものを
もちろん切っていただいても

おいしいんですが。

安部≫6~7分の間
ひっくり返したりしなくても

全体に火が通るんですね。

まさみ≫大丈夫です。
これで切ります。

真ん中から切ります。

そして
あとは1cmの幅に切るので

8等分なので、半分ずつに
切っていただければきれいに。

あっさりしているんですよ
レンジなので。

油を入れてないんですね。

船越≫油で焼いたわけじゃ
ないですもんね。

まさみ≫では、盛りつけます。

盛りつけるときは
ずらして盛りつけましょう。

友利≫きれいですね。

美保≫こういうの入っているよね。

友利≫クリスマスにも
いいですよね

色合いが。

安部≫「レンジ松風
ミートローフ」です。

友利≫いただきます。

美保≫これができるなんて。

船越≫しかも簡単だし。

友利≫これだったら
お野菜嫌いな子でも

いけそうな気がする。

安部≫ほかの野菜も
入れられそうですね。

友利≫おいしい!

まさみ≫さっぱりとした
みそ味ですよね。

友利≫冷めてもおいしいから
お弁当にも切って入れても。

すごいお母さん料理上手みたいな。

船越≫これも、それこそ
1年中いけますね。

友利≫ふわっと
みそがきいてますね。

本当においしい。

船越≫これ、おせち入っていたら
うれしいね。

安部≫ぜひ、ごまの文字に
挑戦しないと。

賀正。
美保≫ことよろでしょ。

安部≫「おらがふるさとおせち」
です。

友利さんです。

友利≫私は沖縄県宮古島の
出身になります。

おせちというと、先ほどの
言い訳ではないんですが沖縄には

おせちっていうものがなくて
お重に入っているものは

私は買ってくるものというか
何かどこかで持ってくるもので

沖縄では
お正月とかお祝いの席では

ワーブニといって
豚のスペアリブの

おみそ汁。
それを必ず作るんですね。

これにグルクンという
県魚のから揚げ

お魚のから揚げだったり
ラフテーだったりというものが

出てくるので

いわゆるお重に入ったもの
というよりは

ワーブニが出てきて
みんなで温かいお正月を

過ごしましょうというのが
私のおせちというか

お正月の思い出になります。

安部≫ありがとうございました。

キッチンのほうは
お重に詰めますが

最後の仕上げです。
もういよいよ

最後の仕上げですね。

まさみ≫ミートローフも
場所をとりますので

大きく開いた
スペースのところに盛りつけます。

盛りつけるときは
切り口がきれいなので

切り口を斜めにして
立てかけたほうがいいですね。

断面が見えたほうがいいですね。

3つ入る場合は
3つ入れてみてください。

隙間がありますので隙間埋めには

今日は、市販の黒豆を詰めます。

すこしこうやって隙間が
できてしまうこともあるんですが

そういうときは
難を転ずるための南天

こういったものを添えると
隙間も気にならなくなります。

出来上がりました。
安部≫きれい!

「時短!簡単!華やかおせち」
出来上がりました。

ありがとうございます。

NHKの情報サイト「らいふ」で

今日ご紹介したおせちのレシピを
紹介しています。

今日ご紹介したほかにも

さまざまなレシピが
掲載されているので

ピカ子さんに
実際にこの場で見ていただきます。

ピカ子≫今日
作ってくださったものが

いろいろ詳しく載ってそう。
えびも載ってるしミートローフ。

それ以外にも
ごぼうといんげんの

鶏チャーシューとか
イクラ三変化とか。

今日紹介していないレシピも
いろいろ載っているんです。

私、のんべえなんでおつまみ。
簡単つまみレシピ三選。

「明太かまぼこ」
そして「うずらの卵とハムの串」。

これ、いい!

のんべえには、串というのは
格別なの。

美保≫ついてるよって、やるのね。

ピカ子≫年末だわ…。

阿部≫NHKネットクラブにも

おせちについての質問が
寄せられていまして

今日もたくさんきています。
一番多い質問が

余ったおせちの食べ方を
知りたいですと。

アイデア、いかがでしょうか?

安部≫おせちのリメイク
お二人に教えていただきます。

まさみ≫数の子
おいしいんですけどちょっとだけ

余ったりするんですよね。
それをお酒にも合う

おつまみに仕上げます。

安部≫「数の子と
クリームチーズあえ」。

まさみ≫クリームチーズに
よく合うんですけど

まずしょうゆだけで
最初、味付けます。

1cmよりちょっと小さめに
切ってあります。

ざっと混ぜて、そこに数の子。
味がついているものです。

あとは、削りがつおで
味を絡めるんですけど

まんべんなく混ぜるだけです。
これで出来上がりです。

安部≫数の子とクリームチーズを
同じくらいの大きさに切れば

あとは混ぜるだけですね。

まさみ≫とても相性がいいんです。
この組み合わせ。

船越≫簡単だなあ。
友利≫でも、すごくおいしそう!

船越≫組み合わせの妙というか
アイデアですよね。

まさみ≫ちょっと
クリームチーズが

かたまっていますね。

安部≫ちょっと塩気が
あるのかなと思いがちですが

おしょうゆはちょっとですもんね。

まさみ≫削りがつおを入れると
味がまとまるので

ぜひ入れてください。

安部≫完成です。

「数の子とクリームチーズあえ」。
ぜひアレンジしてみてください。

船越≫間違いなくうまいね。

安部≫そして、こんなひと品も。

まさみ≫これはおせちの何が
入っていると思いますか?

ピカ子≫伊達巻?

まさみ≫伊達巻って
巻いてあるものなんですが

切って
おせちに入れるじゃないですか。

それを伸ばして、キンパという
韓国ののり巻きにしたんですけど

ごはんに、ごまとごま油
塩が混ざっていて

火を通さなくてもいい
かにかまぼこと

きゅうり、青じそを巻いたんです。
なので加熱はしてないんです。

安部≫簡単にできそうですね。

そしてもう1つご紹介します。
栗きんとんをリメイクしました

「くりきんとんカナッペ」。

まさみ≫くりきんとんといっても
くりは入ってないんです。

くりきんとんって
くりを先に食べて

さつまいものあんだけ
残りますよね。

それをクラッカーに載せて
あとはホイップクリームを

添えただけですが
よく合うんですね。

美保≫おしゃれね、これ。
お通しできちゃった。

船越≫いただきます。

友利≫おせちも、いろんな方
いらっしゃるじゃないですか。

余ったものでああ、どうしよう
これで出すのは…って

思ったときに
これ、いいですね。

まさみ≫残ったものという気が
しないですよね。

船越≫数の子クリームチーズ最高。

ピカ子≫確かに数の子って
身ぶりのいいものを買うと

意外と食べがいがあって
余るんだよね。

友利≫これ、おいしい!

船越≫クリームチーズの
ねっとりした感じと

粒々が相性がいい。

友利≫シュワシュワしたものが

飲みたいね。

船越≫シュワシュワ系でね。

私はお米からできるお水が…。

美保≫お正月って
みんな顔がむくんでるよね

飲みすぎで。

こうやって食べたらいいんだね。

ピカ子≫目を閉じると
ちょっと上品な

和風モンブランみたいな。

船越≫すばらしい表現力。

和風モンブランね。確かにそうだ。

友利≫おいしい!

ピカ子≫ちょっと余ったもので
作ったとは思えません。

これ、メイン級のおいしさです。

まさみ≫クラッカーがなかったら
食パンでもいいんです。

食パンを小さく切って載せても
おいしいです。

船越≫トーストにしたほうが
いいんですか、食パンは。

まさみ≫焼かなくてもいいですし
焼いたら

ちょっと食感があって
それもおいしいですね。

阿部≫そして
「伊達巻キンパ」です。

ピカ子≫いきなり韓国に飛んだね。
船越≫それもまた楽しいですね。

ピカ子≫和食に飽きたころにね。

船越≫おいしい。

安部≫ごま油はあんまり
おせちに使いませんもんね。

ちょっと新鮮かもしれない。

船越≫新鮮です。

美保≫持ち歩いて食べながら
神社とか行きたい。

初詣。

友利≫見た目は結構、和ですけど

食べたら韓国にいきます。
味がいつも同じじゃないですか。

それが変わって
お口直しと言ったら

失礼ですけど本当においしいです。

まさみ≫しょうゆ味が
結構、おせちには

多いですからね。

阿部≫おせちについて
いろいろとご質問が

届いています。
千葉県、70代男性。

おせちは種類が多すぎて
作るのが面倒です。

これだけは作っておくべきものは
ありますか?

まさみ≫おせちは
昔からいわれているのは

黒豆は、まめに働くとか

数の子は子孫繁栄とか
いろいろ意味があって

詰めるんですけれども
お好みがあると思うんですよね。

うちは栗きんとんが
まず売り切れてしまう

ということであれば
栗きんとんを作って

あとは、今日のように
市販のおせちを詰めても

いいと思います。
いろいろ意味を調べながら

作るっていうのも
楽しいことなので

その中から自分が気になるものを
詰め合わせて

そして我が家のおせちという形で
詰めるのが

いいんではないかなと思いますね。

阿部≫お好きなものということで
よろしいんですね。

まさみ≫洋風なものもありますし
今日のものも

5品しか詰めていないので
それでも十分

豪華なおせちになるんです。

友利≫あれだったら作れるって
私でもいけそうな気がしました。

阿部≫もう1通
山形県50代の女性。

きれいな盛りつけができません。
盛りつけの順序などがあれば

知りたいですということですが。

まさる≫さっき
重箱に最初に入れるのは

器のものを入れるときは
それで場所を決めると。

それで曲げたりできるものを
入れて

順序を立てる。
えびなら、えびをって。

まさみ≫形を変えにくいものを
まず入れて

あとは、形が変えられる
かまぼことか曲がりますので

そういうものを、あとから詰めて

どうしても隙間が空く場合は
またそこに、詰めやすいものを

詰めるっていう。
船越≫まさに今日ですね。

阿部≫すばらしかったですね。

船越≫おせちっていうと
徹夜で作るイメージがあったけど

今日のなんて
1時間でできましたよ。

阿部≫小林まさみさん
まさるさん

ありがとうございます。


関連記事