てれまさむね 浅田真央展見どころ紹介 クリスマスを10倍楽しく過ごす方法 2018/12/19(水) 18:10~19:00


出典:『てれまさむね 浅田真央展見どころ紹介 クリスマスを10倍楽しく過ごす方法』の番組情報(EPGから引用)


てれまさむね[字]▽浅田真央展見どころ紹介▽クリスマスを10倍楽しく過ごす方法


▽浅田真央展の見どころ紹介▽クリスマス特集・プレゼント用おもちゃやケーキの最新事情をたっぷり▽仕事の現場を紹介する「グッジョブ!」靴底に敷くインナーソール職人


詳細情報

番組内容

みやぎの今が丸ごとわかり、暮らしや今後に役立つ情報をお届けします!災害や事件事故が起きた際の緊急報道。東日本大震災の発生から7年が過ぎた被災地の姿や課題・教訓を伝える震災報道。楽天やベガルタ、高校野球などのスポーツニュース。それに地域の話題や情報も盛りだくさん!みなさんが撮影した事件事故・災害・風景などの動画も引き続き大募集!てれまさむねホームページから「スクープBOX」へお送りください。

出演者

【出演】真下貴,松井佐祐里



『てれまさむね 浅田真央展見どころ紹介 クリスマスを10倍楽しく過ごす方法』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

てれまさむね 浅田真央展見どころ紹介 クリスマスを10倍楽しく過ごす方法
  1. インソール
  2. ケーキ
  3. キャンドル
  4. スプレー
  5. スプレー缶
  6. 仙台市
  7. クリスマス
  8. 真央
  9. ガス
  10. バランス


『てれまさむね 浅田真央展見どころ紹介 クリスマスを10倍楽しく過ごす方法』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

こんばんは。12月19日水曜日
のてれまさむねです。

きょうまず最初にお伝えするのは
こちらのニュースからです。

今月16日、札幌市で起きた爆発
の映像です。42人がけがをし

ました。この爆発では不動産会社

の従業員が室内で除菌消臭用の
スプレー缶のガスを抜く作業を

していたことが捜査関係者への
取材で分かっています。

皆さんはスプレー缶、どのように
処分していますか。

実は県内でも自治体によって
処分方法が違うことから

どうすればいいのかという声が
広がっているんです。

仙台市青葉区のホームセンター
です。

この店ではガスボンベや
スプレー缶のガス抜きを補助する

器具を8種類販売しています。

札幌で

起きた爆発のあと、
使い終わった缶の処理方法や

ガス抜きの
補助器具に関する問い合わせが

多く寄せられているということ
です。

ではスプレー缶の正しい処理方法
とは。

スプレー缶のメーカーなどで作る
業界団体、日本エアゾール協会の

ホームページでは
まず火の気がない風通しのよい

屋外でスプレー缶の中身を
使いきって空にする。

缶を振るなどして音を聞き、空に
なっていることを確認。

スプレー缶に付いているガス抜き
キャップを使ってガスを完全に

抜く。
そしてごみに出す。

ところがよく見るとこの部分、
地域によって異なるとも書かれて

います。
環境省はスプレー缶やカセット

ボンベを廃棄処理する際は
穴を開けないほうが望ましいと

しています。
ただ、おととしの環境省の調査で

は回答した1728の自治体の
うち、穴を開けた状態で収集する

が73%、開けない状態が27%

と処理のしかたに違いがあること
も浮き彫りになっています。

昨年度に収集したスプレー缶が
およそ236トンに上る仙台市。

処理は市内の2か所で行っていて
穴が開いていないスプレー缶は

専用の機械に入れて中に残った
ガスを抜いたあと潰しています。

仙台市は穴を開けるよう
呼びかけていますが収集した缶の

7割以上は穴が開いていなかった
ということです。

仙台市は国が穴を開けずに収集
することが望ましいとしている

ことから各家庭では穴を開けない
よう見直しを検討することになり

ました。

困っていて下手に捨てても
だめなんじゃないかと思って

ずっと引っ越ししても持って
いたりして。

安全に捨てることが
できる廃棄処分できる方法が確立

されていくといいですね。
次です。

ことし9月、仙台市の交番で
大学生に刃物で刺されて殺害され

殉職した警察官の警察葬がきょう
仙台国際センターで営まれ、

遺族や同僚などが別れを惜しみ
ました。

仙台市宮城野区の東仙台交番で
ことし9月、清野裕彰警部補が

近くに住む大学生の
相澤悠太容疑者に刃物で刺されて

殺害され
相澤容疑者は別の警察官に拳銃で

撃たれて死亡しました。
きょうは仙台市青葉区の

仙台国際センターで警察葬が営ま

遺族や同僚などおよそ1000人
が参列し、はじめに全員で黙とう

しました。

このあと、参列者が献花をして
別れを惜しみました。

今回の事件について仙台地方
検察庁は、きょう、殺人などの

疑いで書類送検されていた大学生
を容疑者死亡のため

不起訴とし
ました。

これまでの捜査で詳しい動機は
分からず

事件の全容は明らかにならない
まま捜査は終結しました。

では次です。

去年現役を引退したフィギュア
スケーターの浅田真央さん。

真央さんがオリンピックで使用
した衣装などの展示会がきょう

から仙台市で始まりました。

浅田真央さんの

選手生活を振り返る浅田真央展、
きょうから始まりました。

仙台市の百貨店で始まった展示会。
入り口には大勢の人が列を作り

ました。
会場には真央さんがオリンピック

などで使用した衣装やスケート靴
などおよそ130点が展示されて

います。

真央さんが愛用していたスケート
シューズです。

先端がぼろぼろになっていて
頑張っていた姿が伝わってきます

ね。
この衣装、記憶にありませんか。

8年前、真央さんがバンクーバー
オリンピックに出場したときの

衣装です。
真央さんは女子選手で史上初めて

トリプルアクセルを合わせて3回
決め、銀メダルを獲得しました。

衣装は鮮やかな赤を基調に黒い
レースのスカートが印象的です。

さらに
光沢を放つラメが施されています。

そのときの銀メダルも展示されて
います。

会場を訪れた人たちは衣装の写真
を撮るなどして現役時代の

浅田さんの活躍に思いをはせてい
ました。

震災からの復興を願って地元の
子どもたちと滑ったときのもの

です。

震災の被災地の復興を支援しよう
とおととし開かれたアイスショー。

真央さんは仙台の子どもたちと
一緒にリンクを滑り、被災地への

思いを込めた演技を披露しました。

真央さんは先月、仙台市を訪れた
際、展示会についてこう話してい

ました。

展示会は今月26日まで仙台市
青葉区の藤崎で開かれています。

入場は無料です。
続いてはクリスマスの音楽と共に

あれ?
雪が降ってきましたね。

ふぉーふぉっふぉっふぉ、
松井さん、真下さん

メリークリスマス。ちょっと早く

来てしまったんじゃが、きょうは
クリスマスのトレンドを

ご紹介します。
ふぉーふぉっふぉっふぉ。

『もうすぐクリスマス。
おもちゃ売り場では

どんな商品が人気なのか、

聞いてきます。』

男の子向けでいちばん人気な
商品はどんな商品でしょうか。』

『男の子向けでいちばん人気の
商品は仮面ライダーの

変身ベルトになります。』
本物と同じように

ベルトが回るなど
作りがリアルになっています。

お人形も定番ですが、こちらは
実際にある食べ物屋さんの商品が

リアルに再現されています。
アイスクリームショップのほか

ドーナツショップや
病院などもあります。

一方、親御さんに
人気があるのは。

こちらのお絵描きボード、
一見、普通ですが

ペンでタッチすると。
音が出るんです。

ペンをボードから離すと

音が止まってしまいます。

『ずっと聞きたくて
描いちゃいますね。』

音が出る中で絵を描くことに
よって飽きずに続ける効果が

あるんだそうです。

『おもちゃの次はケーキですよ。
大河原町の洋菓子店に来ています。

こちらでは、見てください。
ずらっとおいしそうなケーキ

並んでますよ。まさに今、
クリスマスケーキの準備の

真っ最中ということで
オーナーパティシエの

益野英昭さんにお話伺います。
今いちばん忙しいときですか。』

『今、下準備ですけど

22、23がマックスで
忙しくなりますね。』

『そんなところ、ありがとう

ございます。こちらのお店では

ことしクリスマス用のケーキ
3種類新しいのを準備したと

いうことで、一緒にご紹介して
いただきたいと思います。

まずこちらなんといっても
見た目が目を引きますよね。

雪だるまの大きなケーキです。
益野さん、これはどうして

この雪だるまの大きなケーキを
作ったんですか。』

『これは正直インスタ映えを
ねらいました。』

『やはり今どきということ
ですけど、友達どうしでも

家族どうしでも写真撮って
楽しめそうですよね。』

『そうなってくれれば
ありがたいですけど。』

『続いてはこちら、
いろいろなケーキが1つに

なっているんですね。』
『シャルロットといういろいろな

フルーツでまとめたケーキと

チョコレート、キャラメルで

まとめたケーキ、いちご味で
まとめた三角のケーキに

なっております。』
『どれ食べるか悩んじゃいますね。

最後なんですけど
定番の生クリームのケーキに

見えるんですけど、ちょっと
普通と違うんですよね。』

『はいそうです。こちらはなんと
糖質75%オフのことし初めて

発表するケーキになります。』

『低糖質のケーキ、でもちょっと

が気になりますね。』

『それできょうは特別にご試食
いただきたくて

ご用意していますので、ぜひ。』

『ありがとうございます。
見た目は普通のケーキと

変わらないんですけど
いただきます。

濃厚、甘いです。普通のケーキと

変わらなくて甘くておいしいです
ね。』

『これまではどうしても

糖質75%オフですと味の面で
妥協

点があったんですけど

今回は本当に正直に

普通のケーキ

と完全に同じ味を
再現できましたので

自信を持って発表しました。』

『女性とか糖質気にしている方
には、ぴったりおすすめだと

思います。こちら新しいケーキ、

どんな思いで今回、
作られたんですか。』

『やはりその家庭家庭の

テーブルの真ん中にうちのケーキ
を置いて

いただける、祝って
いただける、楽しんでいただける、

そういう思いで
いつも作っています。』

『こちらのお店ではケーキ
あすまで予約受け付けていると

いうことです。皆さん
お気に入りのケーキ、見つけて

クリスマス楽しんでください。』

ということで
取材にあたったのはひげを取った

中條さんだったわけですね。
SNS映えですね。

ケーキのトレンド、先ほど
紹介したもの以外にもあります。

4号、直径12センチの小ぶりの
ケーキや卵や牛乳を使わない

アレルギー対応のケーキなども
増えてきているみたいです。

クリスマスのトレンドについて
中條さんとお伝えしました。

きょうは、クリスマスの話題を
お伝えしていますが、その

クリスマスを彩ってくれるものの
中にキャンドルがありますよね。

きれいなキャンドルですね。
炎を眺めていると

気持ちが
落ち着くんですよね。

続いては手作りのキャンドルに
魅せられる人たちの思いです。

明かりがともされたキャンドル。
誕生日や結婚式、人生の大切な

瞬間を照らします。
キャンドルの炎には見る人の心を

落ち着かせ、癒やす効果があると
いわれています。

仙台市にあるキャンドルの
専門店です。

7年前からキャンドルを制作し

販売している大久歩美さんです。

キャンドルはすべて手作り。

花や木の実などをロウと一緒に
混ぜ込み、自然の材料を

生かしているのが特徴です。

大久さんが店を始めたきっかけは
東日本大震災でした。

当時、趣味でキャンドルを
作っていた大久さん。少しでも

暗闇にいる人たちの役に立ちたい
と、停電が続く沿岸部や避難所に

配って回ったのです。

もっと多くの人たちに
キャンドルのよさを

知ってもらいたい。
大久さんは店を開きました。

大久さんはキャンドルを
販売するだけでなく連日のように

ワークショップも開いています。

『こういうふうにお花を入れて
いただきます。』

この日やって来たのは
歯科衛生士と看護師の姉妹。

お互いのスケジュールを合わせ

共に過ごす大切な時間です。

およそ2時間、キャンドル作りに
没頭しました。

『こういうふうに鍋を伝わせて
注いでいきます。』

『大丈夫です。』
『全部注ぎきってください。』

『きっていいですか。』
『はい。』

『おおー、かわいい。』

これまでにおよそ5000人が
自分だけのキャンドルを

作っていきました。

キャンドル作りを通して
心が救われたという人がいます。

石巻市に住む佐藤しげみさんです。

夫の正憲さんは10年前から
難病を発症。

看病を続ける中、

今度は東日本大震災が発生。

自宅は全壊しました。

夫の治療費と家のローンの
支払いで、しげみさんは

仕事に追われる日々が続きました。

そんなときに出会ったのが
キャンドル作りでした。

そこで、しげみさんは
久しぶりに心休まる時間を

過ごしたといいます。

今でも眠れない夜には必ず
キャンドルをともすといいます。

誰にも言えないつらいことや
悲しい気持ち。

そんなとき、キャンドルを
見つめる時間が掛けがえのない

ものになるのかもしれません。

キャンドル作りのワークショップ
ですが、

女性だけでなく

男性のサラリーマンの方なども
参加しているということです。

また大久さんは毎年3月11日
には

キャンドルイベントも行って
いるということです。

真っ赤なお鼻のやっぺぇさんは
いつもみんなの人気者。

こんばんは。気象情報です。さて

もうすぐクリスマスということで

今週は

やっぺぇがいろんな格好をしてい
ますが

きょうはトナカイになりきって
います。

この時間は県内各地で雨が降って
いまして降り方が強まっている

ところもあります。西部を中心に
大気の状態が不安定になってい

ますからあと2、3時間は雷など
ご注意ください。

ただあすは晴れるところが多く
なりそうです。

トナカイさんも外で元気いっぱい
駆け回ることができそうです。

JR名取駅前に東日本大震災で
被災した図書館や公民館などが

入った再開発ビルが完成し
きょうオープンを記念する式典が

行われました。

再開発

ビルはJR名取駅東口の

活性化を図ろうと地元の地権者

などで作る組合がおよそ65億円
をかけて去年1月から建設して

いたものです。

再開発ビルは
住宅や

スーパーなどが入った
11階建ての南棟と

市の公共施設などが入った
5階建ての北棟の合わせて2棟が

整備されています。
きょうは地元の人や市の関係者

などおよそ150人が参加して

記念の式典が行われ名取市の
山田司郎市長などがテープカット

とくす玉割りでオープンを祝い
ました。

5階建ての北棟には

東日本大震災で被災し、別の場所

で仮設で運営していたおよそ

18万冊の本を収蔵した
市立図書館や

和室と調理室を備えた公民館など
が入っています。

外国人材の受け入れ拡大に向け
政府が基本方針などの検討を

進める中、介護施設の経営者など
が外国の介護人材の受け入れ法

などを学ぶ勉強会が仙台市で開か
れました。

勉強会は宮城県が主催し外国人材
の受け入れに関心のある県内の

介護施設の経営者などおよそ
100人が参加しました。

はじめに県国際化協会の担当者が
県内

では留学生や技能実習生など
として合わせて2万人を超える

外国人が住んでいることや
日本では外国人を労働者として

受け入れておらず在留資格に
よって働くことに制限があるため

個別に対応する必要があること
などを説明しました。

このあと8年前から名取市の
特別養護老人ホームで働いている

インドネシア出身の
デシ・スバルカーさん


働き始めのころは方言が
理解しづらく

毎回ノートに
書いたり、日本人の職員に

聞いたりして勉強したことや
外国人は気を遣って分かりました

と答える場合が多いので
再度、意図を確認したほうがいい

などと話していました。

続いては仕事の現場をご紹介する
グッジョブ!みやぎです。

担当、村田

さんです。
今回ご紹介するのはこちら、

インソールです。

靴の中敷きですよね。

靴のサイズが

合わなかったときに入れるものと
いうイメージがありますが。

今回紹介するのは病気や歩き方の
癖などが原因で体のバランスを

崩してしまった人向けの
インソールなんです。

いったいどんなインソールなのか
グッジョブを探してきました。

向かったのは仙台市宮城野区に
ある、こちらの施設。

理学療法士であり
インソールを手作りしている

大友伸太郎さんです。早速、
インソールを見せてもらいました。

『こちらがインソールですか。
やっぱりインソールあると

違うものなんですか。』

インソールの愛用者に話を
聞きました。近所に住んでいる

河田恒子さんです。

河田さんは8年前に脳梗塞になり

左半身が不自由になりました。

以来、歩くときは左足首を
補助する装具と、つえが

欠かせなかったそうです。
装具を着けた分、左足が

右足よりもおよそ1センチ長く
なり

歩きづらかったといいます。

そこでことしの4月から足の長さ

を合わせ、さらに左足をサポート
するインソールを使い始めると

状況が一変したそうです。

インソールと継続したリハビリの
効果もあり、今では装具や

つえがなくても歩けるまでに

回復しました。

大友さんはいったいどのように
インソールを作っているのか

見せてもらいました。

まず足の大きさや形を
左右それぞれ

細かく測ります。両足の
どの部分に荷重がかかって

いるか、足形も取りました。
『こんな感じ。』

『わあ!』
私は歩き方に不自由は感じて

いなかったんですが診断結果は。

さらに、私は左右の足のバランス
にも問題がありました。

そんな私の足のバランスを
整えてくれるインソールを

作ってもらいました。大友さんは

診断結果をもとに私の足の裏を
イメージし、インソールの裏面に

弾力のある特殊なシートを
貼っていきます。

仕上げに表面を削り、厚さも
調整します。0.1ミリ単位で

削る繊細な作業です。

こちらが完成したインソール。

左足用のインソールには蹴る力が
出やすいように縦に長いシートが

貼られています。
早速、

インソールを入れた靴を
履いてみると。

『インソールを作る前は靴の中で
足が微妙にずれるというか

ぶれる感じがあったんですけど

隙間が埋められて
すごく歩きやすいです。』

インソールを使うことで
両足のバランスが整い

徐々に正しい歩き方が
できるようになるそうです。

大友さんのもとには子どもも

通っています。成長期の子どもは

骨格や筋肉が柔らかく足の使い方
が不安定だからだそうです。

この日、母親と訪ねてきたのは

小学2年生の田村なつみさんです。
なつみさんはややX脚で左足の力

が弱かったそうです。1年半前は
片足立ちも長くできませんでした。

しかし、かかとを安定させる
インソールのおかげで今では足に

力がつき、片足立ちも長くできる
ようになりました。

大友さんはいろんな人に
足元から元気になってもらいたい

と考えています。

インソール大切なんですね。

左右こんなに違うということは
バランスが崩れてたってことなん

ですよね。
このインソール、

1週間ほど履いているのですが
足裏全体で地面を蹴っているよう

感じがしますし今まで履いていた

ほかの靴を履くと違和感があり
歩き方が変化しているのを

とても感じました。
またこちらでは1か月後に

歩き方を見てもらい、再度、
調整するアフターチェックも

行っているんです。
チェックしてくれるのは

うれしいですね。
大友さんによりますと

歩き方のバランスが整えば
いずれインソールは必要なくなる

ということでした。
ここまでグッジョブ!みやぎ、

村田さんとお伝えしました。
生出小学校には、生出、赤石、

坪沼の広い学区から64名の
児童が通っています。

太白山や名取川に囲まれた
自然豊かなこの町を

これからも大切に守っていきます。
わー!

僕たちは将監小学校5年2組です。

将監小学校ではあいさつ運動に
取り組んで

います。相手の目を
見て、気持ちのよいあいさつを

日々頑張っています。あいさつで
将監を盛り上げるぞ。オー!


関連記事