プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】研ナオコ、酒井美紀、坂下千里子、二階堂高嗣、レイザーラモン、夏井いつき、花城祐子…


出典:『プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】』の番組情報(EPGから引用)


プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】[字]


円楽vs志らくライバル特待生が夏井先生の査定で明暗…笑点めぐる因縁も初公開★1位は今年の最高点!意外なあの人[年賀状の絵手紙]梅沢富美男に大女優Kが想い伝える


詳細情報

番組内容

【俳句】三遊亭円楽(1級)と立川志らく(3級)が初の2ショットで昇格試験に登場。ハイレベルな査定で噺家特待生二人の明暗が分かれる!?研ナオコ、キスマイ二階堂、レイザーラモンRGが参戦。さらに、初登場の酒井美紀と坂下千里子が本気の俳句で勝負! 【絵手紙】研、酒井、坂下、二階堂、レイザーラモンHGが参戦!通信教育の超人気講師・花城祐子先生が「私には描けません」と大絶賛したのは誰のどんな作品なのか!?

出演者

【コミッショナー】 浜田雅功 【アシスタント】 豊崎由里絵(MBSアナウンサー) 【ゲスト出演者(五十音順)】 研ナオコ 酒井美紀 坂下千里子 二階堂高嗣(Kis-My-Ft2) レイザーラモン 【特待生(五十音順)】 三遊亭円楽 立川志らく 【専門家ゲスト】 夏井いつき(俳人) 花城祐子(絵手紙作家) 【ナレーター】 銀河万丈

公式ページ

■番組HP

http://www.mbs.jp/p-battle/

制作

MBS



『プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】研ナオコ、酒井美紀
  1. 一同
  2. 夏井
  3. 才能
  4. 二階堂
  5. 酒井
  6. RG
  7. HG
  8. 先生
  9. 凡人
  10. 志らく


『プレバト【円楽vs志らく★年賀状査定】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

(浜田)
「俳句の才能 査定ランキング」!

(ナレーション)17音に
どんな想いを込めるのか?

今回のお題は
「こたつとみかん」。

(円楽)

(志らく)

特待生のバチバチのライバルが

今夜 激突!

1ランク昇格!

これまで すべて
昇格をしている
立川志らく。

対する 三遊亭円楽は

自信作をひっ提げ登場!

果たして?

お二人が一緒に並ぶ
っていうのはどうなんですか?

(円楽)あんまりないですね。
(志らく)ないです。

(円楽)あの~ 談志師匠は

(笑い)

二人で飲んだときに…。

(志らく)いや そんなことは
たぶん言わない。

(円楽)言ったよ。
(志らく)私 でもね あの…。

どうしたんですか?
若いときに ちょっと 私

若気の至りで…。

ああ あった あった。
(志らく)そしたらば あるとき…。

うわっ。
(志らく)怒られるかなと思って…。

(志らく)そしたら 急に

(志らく)「これ おいしいから」って。
そしたら

私のとこへ来て「おい 志らく」…。

そのとき

みんな 無視してたのに。
(志らく)そうそうそう。

だから もう

別で!
ええ。 円楽師匠には

おとなしく

また言うやろ。
それ言うからあかんねん。

(豊崎)では
今回の才能アリ・ナシの分布は

こちらです。
はい どうぞ!

才能アリが お1人だけ。
凡人が3人

才能ナシも
お1人いらっしゃいます。

さあ 初登場は
酒井美紀さんでございます!

(酒井)よろしくお願いします。

酒井さん あなた…
えっ 俳句ですけど。

あのね 選択で取った

頂いたことがあるというそれだけなんですけど。

ふふふっ。
ひひっ…。

それでは何位から見ましょうか?

これ やっぱ 凡人が多いですから
凡人から開けましょうか。

4位。
おおっ。

まあ ギリ凡人。 いきましょう。

凡人 第4位は この人!

まず

研ナオコ~!
(RG)おお!

なんだよ!
(一同)あははっ。

なんで 凡人なんだよ!
あははっ!

前回は どやったの?
ええ~っと 前回は

才能ナシ最下位だったんです。

(HG)よう言えましたね ほんま。
才能ナシやないか!

(笑い)

腹立つわ。

2018年も
残すところ僅か。

冬本番のこの季節には

こたつに入って食べるみかんが
格別です。

ということで 今回のお題は

写真の情景を そのまま詠むか

それとも
発想を飛ばすかは自由。

うん。

さあ これ どういう気持ちで?

(笑い)

(HG)そのまんま。
まあ まあ ねっ。

(研)まんまです。 まんまです。
先生!

(夏井)いや もう

(夏井)
はい。 日本人の心の中には

こういう

この光景。
それを なんていうんですか

(一同)あははっ!
(夏井)ほんとに これは。

直そうと思えば
直せるんですけれども

これ どんなに直したところで

はい。
(夏井)もう この

偉大なる凡はですね もう

あははっ!
(HG)すごい。

これ 今後
さきざき なんかね 一応

(夏井)
そうそう。 こういうことを

わかりました。 直しナシの

凡人 第4位でございました。
はははっ。

(研)やった。
(HG)格好良い。

まずは 写真から
どんなことが連想されるか

10個ほど考えてみましょう。
最初に出たものほど

ありきたりな
可能性が高いので注意です。

凡人すぎて

ええ~っ!?

更に この後!

あれ? お前

いやいや

(一同)あははっ。
(二階堂)やりますよ。

まじで? 二階堂は?
はい 実はですね 先日…。

そうや!
はい。

(一同)あははっ。
ちなみに?

これまでの結果は…。

お前 いつまでおんの?
ここに。

もう ええかげん
上 行かんとあかんで!

(笑い)

さあ 千里は
どうなの? 俳句は。

子どもが見てるテレビで
恥はかかせられないので。

そら そやけどね。
もうね 子どもも やっぱ

俳句を習ったんですよ 授業で。
だから

わかりました。 さあ お隣は
レイザーラモンからは

RGでございま~す。
よっ!

どうも~!

(HG)出ました! 俳句

上手いに間違いない これは!
はい お願いします。 はい。

俳句は どうなんですか?

それ合わせたら

ほんまかい!
(二階堂)あるある…。

ほんまか?
今日 自信あるってことですか?

(RG)自信ありますね。
自信あり過ぎて

あっ じゃあ ちょっと…。
(RG)はい。

♬~(「紅」の替え歌)


では 続いて何位を見ましょうか?
これは もう ナオコさんの上

凡人3位 見ましょう。
いきますよ~。

凡人 第3位は この人!

凡人中の

酒井美紀~!
ああ~。

ど真ん中 入りました。
酒井美紀さん 凡人3位のお席に

お願いします。
(酒井)わあ~ そっか~。

まあ 初めてやって なかなかねぇ。

まあ 最下位にならなかっただけでもっていう。

ちょっと見てみましょう。
はい 凡人の第3位になりました

酒井美紀さんの作品です。 どうぞ。
はい どうぞ。

(坂下)
ほう~。

こたつから 実家の風景へ
発想を飛ばした一句。

これは どういう気持ちで?
(酒井)これは

(酒井)まあ その先に

(酒井)そこで こう

(酒井)で まあ そんな

(酒井)っていうふうに思った
という一句なんですけど。

志らくはん どうですか? これ。
うん あの~ 研ナオコさんの…。

(酒井)
見えますか? やった~!

(笑い)

(坂下)
怖い 飛び火する。 超怖い。

師匠 どう思われますか?
(円楽)今の説明があっても…。

ああ~ そうか。

先生!
(夏井)う~ん これはね

ちょっと
確認させてくださいよ。

はい。
(夏井)ええ~っと…

私は これを読んだときに

「湯気まとう」で
「母の背中」が出てきて

更に 最後 「雪景色」という

(研)私も そう思った。
(夏井)ねえ。

湯気があれして 「また」だから…。

そういうふうにしか
ちょっと 読めない。

台所はね…。
(酒井)あははっ!

これはね…。(酒井)見えませんか
? 台所が。

(笑い)

ないですかね?

しかも
この「雪景色」っていうのは

(酒井)そうですね。

(酒井)えっ?
はい。 まあ

あははっ。 えっ?

(坂下)こんな言われんの?

(一同)ええ~っ!?

(夏井)もう これ

(坂下)3位じゃない?
(研)はい どうぞ。

ナオコさんと これ 入れ代わり?
(夏井)15点 計算して。

(HG・RG)35点ですよ。
(研)よし。

(酒井)ここ? ここ?(二階堂)え
っ こんなことあるの?

才能ナシ 2人になった。 酒井

お前 ええかげんにせぇよ ほんま。
すみま
せん!

なんか もう

(一同)あははっ。

とにかく

はい。 上五を もう

って置きます。 そして それを

ええ~

私も ちょっと うろたえてんのよ。

あははっ。 そうなんですね。

そんなん出てきたら。

(一同)あははっ。
ええ~っとね

「雪景色めく」か。

「雪景色めく」で

で こっから
台所って書くしかないけど

「だいどころ」ってやったら
5音だけど

(酒井)えっ? 知らないです。
(夏井)「くりや」。

って言うの。 「雪景色めく

厨の湯気」…

(夏井)「湯気の なかに

母」ぐらいしか
もう 言いようがないですね。

もう一回 言いますよ。
「雪景色めく

厨の湯気の なかに母」。

ああ~。
(夏井)良かった。 出来た。

良かった。
先生 ありがとうございます。

あんた

酒井の句では
雪景色が
比喩であることが

読み手に
まったく伝わりません。

「めく」や「ごと」などを使って

比喩であることを
しっかり伝えることが大切です。

(一同)ええ~っ!?

これはね。

意外や意外 この中に

さあ 1位 2位 最下位と残しましたが何位を見ましょうか?

これは もう
1位と最下位 残しましょう。

凡人の2位 開けます。 いきます!

凡人 第2位は この人!

惜しくも
才能アリに届かなかった

(坂下)うわっ…。

二階堂~!
(二階堂)よし!

(円楽)凡人だよ。
(志らく)凡人で大喜び。

お前
凡人2位で よう これ できたな。

よっしゃ。 18回も出てたら
なりますって こうやって。

(一同)あははっ。
さあ まずは見ましょうか。

凡人の第2位になりました
Kis-My-Ft2・二階堂さんの作品

見てみましょう。 こちらです。
はい どうぞ。

(一同)
おお~!

こたつから
発想を飛ばし

実家で見た
光景を
詠んだ一句。

これ どういう気持ちで?
(二階堂)これ もう ほんと

シンプルなんですけど

(二階堂)
バタバタ バタバタ。 で

なるほど。
(二階堂)で

師匠 どうですか? これ。
このへんから始まればね

18回も出れば
上がっていくはずなんです。

そうですね。
(円楽)これは

なるほど。 先生!

いや~

いや~。
良かった
良かった。

ホッとしたよ。
良かった 良かった

ほんとに。 まあ

ええ~
手酌をしているっていうんで

これ 人物
それから 物も見えてきますね。

で その人物が
具体的に祖父だとわかる。

そして 背中という

で 最後 「年歩む」という

調べましたよ。
(夏井)ほんとに。

この「年歩む」っていう
季語のよろしさというのも

まあ
あとで しゃべりますけれども

それは
何かっていうと 「手酌酒」で

「祖父の背中や」で

そして 「年歩む」というふうに

プツ プツ プツと

あら。
うわ~。

(夏井)
はい。 ええ~ ここの部分を

ここに

これ 名詞でプチって切れないで。

頭の5音を変えるだけで

流れるようなしらべの
才能アリの一句に。

皆さんなら
何を入れますか?

あっ!

頭の5音を変えるだけで
才能アリの一句に

劇的添削。

どっちが良いか選んで。
一つはね

ええ~っと もう 「手」を諦めて

と持ってくるのが一つ。

で もう一つは

「手」を大事にして

「せる」っていうのは
「している」っていうことね。

これ 二つ どっちか
選ぶだけなのよ。 どっちが好き?

おい!

(笑い)

(二階堂)はい?

じゃあ
「手酌」を大事にするんなら

「手酌せる」… はい。
(二階堂)「手酌せる」。

なぜ ここ
「せる」にするかっていったら

こう 「や」とかってね

(夏井)
「手酌せる 祖父の背中や

年歩む」ってやると

ここ

で ここ 流れることによって

何 得するかっていったら この

「や」というのは

(夏井)ですから 手酌をしているおじいちゃんの背中が

こう ず~っと

(夏井)そして カットが切れる。

「年歩む」というのは まあ

これ自体は強い映像
なんていうのはないんですが

この季語を選ぶことによって

このおじいちゃんの
人生そのものが

どっしりと年が歩んでいくかのような

そんな人生を
歩まれた方ではないかなと。

そういうふうに

すげぇ。
うん。

一句を
三つに
切ってしまう

三段切れの
俳句は

しらべが
分断され
焦点が

分散してしまいます。

「手酌せる」と言葉をつなげて

三段切れを解消することで

しらべが良くなり
祖父の背中へ

焦点が絞られていくのです。

これはね。

さあ 残った二人が

夏井先生が上手いと認めた

才能アリは どっちだ!?

まあ ある意味

(HG)まあ 意外性ありますね。
うん。 さあ 1位を発表しましょう。

名前が出ない方は
最下位ということになります。

いきます。
才能アリ 第1位は この人!

初参戦で
才能アリ1位に輝いたのは!?

さあ 坂下千里子か?
レイザーラモンRGか?

(坂下)1位…。
(RG)1位 こい。 1位 こい。

坂下千里子~!
(坂下)やった~!

やった~! やった~!
(二階堂)すごい。

(坂下)やった~!
パチ パチ パチ…(拍手)

最下位は RG!
うわ~ まじか。

(HG)
うわ~

(二階堂)「セイでしょう」。
(RG)セイでしょう。

才能ナシ 最下位になりました

レイザーラモンRGさんの
作品です。

どうぞ。
はい どうぞ。

(志らく)
はははっ。

(HG)笑いが
起こってるやん。

はははっ。
(RG)笑うとこないよ。

釣られ笑いするわ。
これ どういう気持ちで?

まあ お母さんが
まあ あの~

(RG)
二つでしょ。 それが まあ

(RG)ネイルサロンにいたっていう句ですわ!

(一同)あははっ!

いやいや いやいや。
志らくはん どうでしょう?

これ。
(一同)あははっ。

先生!

私 あの~

こんなのは

あれ? 先生

(夏井)あっ そう?
はい。

(夏井)こんなことを
言うってことがね。

で まあ とにかく
「霜焼けの指」のあとに

(RG)いや もう
霜焼けで十分かなと思いました。

あっ そうですか。 捨てましょう。(RG)「
捨てましょう」。

いりません。 まったくいりません。

はい。 で もうね 「蜜柑」ってね
書くしかないんですよ。

はい。
蜜柑をむいてるんでしょ?

蜜柑が沁みるんでしょ?
(RG)はい。

(夏井)「蜜柑沁む」って書きましょう
ストレートに。

そしたら むいてるのはいやおうなくわかりますね

蜜柑の汁が沁みるんですから。で もう こっからね

「霜焼けの指」って言わないで

「荒れた」って書いたら良いんです。
(RG)はぁ。

(夏井)「荒れたる」。 はい。

「蜜柑沁む
荒れたる指」ってやったら

もう ここ わかるでしょ?
「指を」…

ここは使おうか。
(RG)「黄に染む」はね。

(RG)しょうがないんだ。
うん。 「黄に

染めて」ぐらいにする?
そしたら ネイルサロンに

行く必要ないじゃないですか
もう ほんとに。

読みますよ。 「蜜柑沁む

荒れたる指を 黄に染めて」。

こう言ったら 一応 あんたの
言いたいことは言えた。

そうですね。
ああ~ なるほど。

そして
見事 才能アリ 第1位に輝いた

坂下千里子の作品が こちら。

こたつから窓に
目を向けて

見えてきた
景色を
詠んだ一句。

皆さんはどこが
良かったか

わかりますか?

(一同)ええ~!


(一同)
おお~!

こたつから
窓に
目を向けて

見えてきた
景色を
詠んだ一句。

さあ これ どういう気持ちで?

(坂下)ちっちゃい子って。
それに 私も

(坂下)で そのドクターヘリに目をやってるところに…。

(坂下)っていう冬の夕空を詠んだ一句なんですけど…。

先生!

この句の良いところだけ
ちょっと 押さえて良いですか?

夕空という

夕空を見上げる。
ドクターヘリが出てくると

そこに

「や」で強調します
ドクターヘリを。

そして
最後 「落葉焚」が出てくると…。

(夏井)そして あの

(夏井)と思う その気持ちが

(夏井)夕空と もう

この「を」の使い方なんかも

これはね。
先生 これ 直しは?

あっ これはね
直す必要はないんです。

(一同)ええ~!

あとは

(一同)あははっ。
直さないで。

さあ
すべての査定が終わりました。

続いて ワンランク上の査定です。
いきましょう

「特待生 昇格試験」!

(観客たち)イエ~イ!
(二階堂)イエ~イ!

(拍手)

今夜は バチバチの

昇格するのは
志らくか?

それとも 円楽か?

ちなみに 志らくはん…。
ちなみに 志らくさんは

特待生に昇格されてから
一度も

現状維持になったことが
ないという

絶対 昇格する。

そうです。
もう うんとね

かかってる人もいるけど
そこに。
(一同)あははっ。

ちょっと
見てみましょうか。
特待生3級

立川志らくさんの作品です。
どうぞ。

はい どうぞ。

うわっ
すごいですね。

これ どういう句ですか?
要は もう 当たり前…

蜜柑を食べると止まらなくなるっていうの当たり前なんだけど…。

(志らく)私は 子どもの頃

(志らく)ってぐらいず~っと テレビ見ながら。

それが だんだん だんだん

なるほど。
(志らく)思い切って

(志らく)ドンと収める。
なるほど。 なるほど。

さあ 師匠 これ どうでしょう?
この句は。

これ見た途端にね
先代の円楽師匠 思い出したの。

うちの師匠
こたつ入っててね
左利きなんですけど

蜜柑むいてね
一遍に一つ 口へ…。

(一同)ええ~!

はい。
それで 「おい 楽太」。

「はい」っつったら

まるで。
(一同)あははっ。

こら。
先生!

この句の評価のポイントは

まさに…。

(一同)へえ~。
いきましょう。

特待生3級
立川志らくは 昇格か?

現状維持か? それとも 降格か?

夏井先生の査定は!?

1ランク…。

昇格~!
(二階堂)すごい。

(拍手)

立川志らくさんは
特待生2級に
1ランク昇格です。

先生から

(RG)裏切りね。
先生!

なっている
という事になりますね。

ええ~ 破調…
「破れた調子」と書きます。

これ すっごい難しいんです。

遭います。 で まあ そのときに

判断の基準は何かっていったら

逆に言うと

って
そこを考えないといけないんです。

(夏井)
まず みんな 読むときには

「婆やは蜜柑」って

これで
7音 一遍に読んでしまうんです。

「ばあやはみかん」。 「婆やは蜜柑」。

婆やですから

(夏井)ねっ。 「どうぞ」って

(夏井)と 人間の脳は 一瞬
0コンマ0何秒 思うわけです。

そうすると
「食べ続ける」…

えっ むいてくれるんでもなく

食べさせてくれるんでもなく

と思った瞬間に

「妖怪」という言葉が
ポツンと出てくるわけですね。

ここらへんの

しかも どう考えても

「子」とか なんとか
そんなことは

全然書かないでも
言いたいことは伝わる。

先生 これ 直しは?
いらない いらない。

直しは いらない。
(円楽)だいたいね

はははっ。 そうそう
それは そのとおりです。

まあ まあ…。
自分で認めた。 認めてやがる。

認めてやがる。 あははっ。

(一同)あははっ。
(二階堂)めっちゃ

仲良しじゃないですか。

続いて

昇格すれば

果たして?

特待生1級
三遊亭円楽さんの作品です。

どうぞ。
はい どうぞ。

(二階堂)
コタツ列車で
きたか。

さあ これ どういう句ですか?
あの~

(円楽)あの震災で途切れ途切れになってた

鉄道もつながって…。

(円楽)震災の話から笑い話までわあ~っと あったまってきた…。

(円楽)
そして 町の方からは その

(円楽)両方向の笑みを
コタツから ここへ飛ばしました。

先生!
この句の評価のポイントは

ここ…。

そこですか。 いきましょう。

特待生1級 三遊亭円楽は
昇格か? 現状維持か?

それとも降格か?
夏井先生の査定は!?

現状維持!
(観客たち)ああ~…。

先生から

先生!
今 お話を聞いてみると

着地が安易というよりは…。

それを 「笑み」という言葉で

一つの意味を伝えようとしたと。

そこに問題があったんだな
っていうことが

とても よくわかりました。

すごい大きなことを
言いたかったわけだから…。

ここは。 はい。
ええ~ こうなってきたらね

こっち側から攻めていきましょう。
「窓」 諦めた方が良いですね。

それと 私 あの~
ちょっと調べたら えっと

こたつ列車って
ひらがなで
ホームページとか

宣伝してらっしゃったので
ここは ひらがなで

「こたつ」って
書いてあげた方が

三陸鉄道のあそこだなって
わかるから

地元の方も喜んでくれるのでは
ないかなと思いました。

「こたつ列車の 結露拭く」。

こっち側から攻めていきます。

そうなると あと

頭の5音を
変えて

円楽の
言いたかった

壮大な一句に
劇的添削。

皆さんなら
何を入れますか?

頭の5音を変えて
壮大な一句に劇的添削。

(夏井)そして
そこには よく来てくれたと

そうなってくると
ここの置き方です。

ええ~

例えば
復興の町が そこにあるんなら

もう それをまっすぐに
お書きになったら良いんです。

はい。 「復興の町」って。

で こっちからいくんですよ。
「復興の町

こたつ列車の 結露拭く」。

そうすると 結露を拭くとああ~ こんなふうに

復興が進んできてなるほどなぁというふうな

光景が出てくる。 それから…。

例えば

ホームに入っていくと。
「駅の小旗

こたつ列車の 結露拭く」って。

これもいけますね。

5音あったらいろいろやれますので

ぜひ いちばん自分の想いにかなった

ここの語を入れてください。
わかりました。

さあ 師匠
そういうことでございました。

次回 頑張っていただきます!

そして 次週は…。

(梅沢)

(藤本)

(千賀)

季節に1度の
俳句頂上決戦。

この冬 頂点に立つのは
一体 誰なのか!?

新年の大事な挨拶 年賀状。

絵手紙とは
目の前の題材を ハガキに

墨と水彩絵の具で描き
そこへ文章を添える手紙。

という理由から
ここ数年 主婦層を中心に

人気が急上昇中なんです。

俳句で才能をみせつけた

こちら。

20年来の友人
MEGUMIに宛てた絵手紙。

題材に選んだのは 家内安全や

豊作祈願を意味する
縁起物のお雑煮。

そこに 「天までのびろ」と添えた。

さあ これ ポイントは?
(坂下)これ もう 単純に

お餅がのびる様子と
「天までのびろ」

っていう言葉を掛けて

っていう表現をしたんですけど。
なるほど。

あっ ちょっと…。
お箸でですか?

(坂下)そこ… えっ…。

(笑い)

査定と添削をしてくれるのは…。

これまでの

という 超人気講師。

なお 先生には

親友・MEGUMIに宛てた
この絵手紙

(坂下)わっ。
凡人。

坂下千里子は 惜しくも凡人査定。

採点は 絵と字の
バランスが

5点と低く
合計19点。

一体
何がだめだったのか?

もうちょっと

小さいハガキだからこそ…。

主役のお雑煮が
小さくまとまってしまうと

ここで
お手本。

先生が小さなハガキを
最大限に使い 描くと

こうなります。

ハガキの上から下まで使って

お雑煮を描いた。

そして 坂下のものに比べ

お餅を2倍にのばした事で

「天まで」という言葉を
更に強調した。

どうせなら
このくらい全面を使って描くと

相手に気持ちが
より伝わる一枚になります。

という事で 坂下千里子は

凡人の第4位。

続いては

実は いけばなを
プロデュースしている

美的センスで勝負。

(酒井)友だちがいるんですよ。

選んだ題材は だるま。

会いたい気持ちを込めた絵手紙が
こちら。

(酒井)ふふっ。
(一同)ああ~。

2つのだるまを離し
それぞれ 半分だけ描いた。

そして その真ん中に

「今年こそ会いたい」と添えた。

なるほど。
さあ 酒井さん
これ ポイントは?

(酒井)はい。 あの~
会えてないので…。

(酒井)表していて で
まあ 会いたいって

ストレートに
書いたんですけど
その…。

(酒井)っていうところが
ポイントです。

それでは
花城先生による査定。

果たして

お見事! 酒井美紀は 才能アリ。

まじ!?

特に…。

(花城)それから

絵手紙では 2つのものを

酒井は だるまを離し

遠く離れている2人の状況を表現。

この構図にしたことで

と 先生は大絶賛。

採点は 絵と字の
バランスが満点で

合計26点と高評価。

というわけで 酒井美紀は

才能アリの第2位。

残るは3人!

先生大絶賛の1位は
誰の絵手紙なのか!?

さあ ナオコさん どうでした?
いや もう

(一同)あははっ!
めちゃくちゃ上手いよ。

ほんまですか?
うん

(一同)あははっ!
(RG)あっ 今

(RG)ピカソなってる。 ピカソなってるよ。顔 ピカソな
ってるよ。

はははっ。
(HG)何なんすか その顔。

さあ 二階堂。

才能アリ獲ったのに

(二階堂)「なんで?」と思って。
自信ある?

こっちで。 こっちで。
じゃあ もう 俳句 捨てる?

(笑い)

レイザーラモンHG
さあ 自信の程はいかがでしょう?

水彩画の方では
一発で特待生にいきまして

絵の方
僕 すごい自信ありますんで。

Rさん そこは。
(一同)あははっ!

使い方が分かれへん。
(RG)ずるいでしょ

ふた文字しか。
(一同)あははっ!

さあ これは
もう 3位 開けましょうよ。

1位と… 最下位も
どうなってるか分からないんで。

いきますよ。 第3位は この人!

才能アリと凡人
どちらの可能性もある

研ナオコかい!
(一同)あははっ!

なんで また3位なの?

中途半端。

果たして 研ナオコは

(一同)あははっ!

来年の干支・イノシシを描いた
絵手紙が こちら。

(酒井)わあ~ 上手。

イノシシをかわいらしく
真正面から描き

その上に 「いつも
まっすぐ」と添えた。

さあ ナオコさん
これ ポイントは?

(研)これはね…。

果たして 査定は?

研ナオコは 凡人査定。

一体
何がだめだったのか?

(花城)
「まっすぐ」っていう言葉が

(花城)
ちょっと斜めに書かれてると。

せっかく

肝心の文字を斜めに
書いてしまったのが
マイナスポイント。

ここで…。

先生が

こうなります。

うわ~!


先生が

こうなります。

(研)うわ~!

この場合 ハガキを横にすると

文字をまっすぐに
書くことができ

更に感謝の気持ちも
添えられます。

ということで

そして 最下位は才能ナシ。

千里の下は
才能ナシということです。

これは獲りたい。
(HG)うわ~ 獲りたいですね。

さあ 1位を発表しましょう。
名前が出ない方は最下位です。

いきます。
才能アリ 第1位は この人!

先生絶賛の

さあ 二階堂か? HGか?

HG!
(HG)フォー! よっしゃ!

イエ~イ!
みたか!

最下位は キスマイ・二階堂!

(観客たち)ああ~…。
才能ナシや~!

では 二階堂さん 才能ナシ
最下位のお席へお願いします。

(研)あぁ~あ…。

えっ? 俳句やめるとこ
カットした方がいい?

(二階堂)やめるって言ったのは…。
あれはカットね。

まじ ショック。

じゃあ。
(一同)あははっ!

残念ながら

お世話になっている
大先輩

中居正広に宛てる
絵手紙。

(二階堂)なんとか 今回の

と言ったものの
今回は まさかの才能ナシ。

その作品が こちら。

ハガキの下半分を使って

こちらへ泳いでくるような
鯛を描き…。

(二階堂)
待って待って。 良くない?

来年は もっと一緒に
お仕事ができるようにと

「お仕事し鯛‼」と
添えた。

(花城)これは もう

二階堂の
絵手紙だと

ただ自分自身の
仕事がしたい

という願望に
受け取られて
しまい

「あなたと一緒に仕事がしたい」
という

相手への気持ちが伝わらなかった。

ここで
お手本。

先生が
「あなたと一緒に仕事がしたい」

という絵手紙を描くと
こうなります。

(HG)うわ~。

向かい合った鯛を
相手と自分になぞらえ

「お仕事し鯛‼」という
言葉のあとに

「ご一緒に」と添えた。

尊敬する先輩へ
メッセージを送るときは

題材を2つ描いて
向き合わせるだけで

気持ちは ぐっと伝わります。

そして 見事

水彩画の特待生は
どんな絵手紙を描いたのか?

ふだんから仲のいい
後輩芸人

なかやまきんに君に
宛て…。

モチーフに描いた。

なるほど。

その作品をみた

先生大絶賛の
HGの絵手紙が こちら。

(一同)うわ~!

ハガキの右半分を使って
ムキムキな布袋尊を

大きく描き

「笑いの神に愛されますように」

と添えた。

さあ HG これ ポイントは? (
HG)きんに君に宛ててるんで

布袋さん ちょっと
ぽっちゃりしてますけども…。

(HG)筋肉隆々にして あと やっぱ
筋肉のダイナミックさを出すために…。

採点は 絵の味わいと
バランスが

ともに満点の
合計28点。

HGが描いた布袋尊は
絵の上手さに目が行きがちだが

実は

(花城)それが なんか すごい

(花城)絵の広がりですね。

対角線を上手く使い
小さなハガキの中に

迫力ある絵を描いたことを大絶賛。

というわけで

おめでとうございま~す。
才能アリ1位。


関連記事