たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」 中畑清、ガッツ石松、桜木健一、山下真司…


出典:『たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」』の番組情報(EPGから引用)


たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」[字]


「柔道一直線」フェニックス「サインはV」X攻撃「巨人の星」大リーグボール!人間離れした必殺技に日本中が大興奮!スクール・ウォーズ名シーンに山下真司の涙がキラリ☆


詳細情報

番組内容

ありえない!?スポ根伝説100連発!▽「柔道一直線」投げた相手が壁を突き破る!▽「スクール・ウォーズ」山下真司の熱血ぶりがスゴすぎる件▽女子バレー金メダルに貢献!「サインはV」▽「巨人の星」の養成ギプスは何歳から?▽牛は倒せるのにコインに負けた「空手バカ一代」▽板東・ガッツ・アニマルの予測不能てい談「根性とは?」▽現代のスポ根!応援団の熱き若者たちに密着!読後感の良いエンディングでおやすみなさい☆

出演者

【出演】ビートたけし,所ジョージ,中畑清,ミッツ・マングローブ,スピードワゴン,板東英二,ガッツ石松,アニマル浜口,桜木健一,山下真司,【アナウンサー】久保田祐佳



『たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」
  1. スポ
  2. 井戸田
  3. スポ根
  4. 笑い
  5. オレ
  6. 小沢
  7. 一同
  8. 中畑
  9. ドラマ
  10. スポーツ


『たけしのこれがホントのニッポン芸能史(16)「スポ根“巨人の星”ほか続々!!」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

北野さん。
キュー!  キューじゃないですよ。

うわさ聞きましたよ ほっとけば。
何が?  大河ドラマ出てるって。

何 やってんですか?
知らないうちに。

タイガーマスクじゃないですよ。

え?

火事だ 火事だ 火事だ!
どけ どけ どけ!

邪魔なんだよ! 邪魔だ てめえら!
この野郎!

1964年の東京オリンピック実現までの
物語を描き

我らが たけし博士は 昭和の名人
落語家・古今亭志ん生を演じている。

「何? お前どこから来たんだ?」。

「浅草の三間町から やってまいりました」。

「三間町から 芝まで来たのか!
偉い! じゃあ 許す!」。

「ありがとうございます!」
「てなわけ いかないよ こら!」。

(笑い)
「そらそうだよな」。

大河ドラマの思うツボですよ。
北野さんが出るとなったら。

何で?
いい宣伝になっちゃうじゃないすか。

カンペに書いてあるから。
びっくりしちゃった 今。

あっ じゃあ 今日は あれだ 大河ドラマの
番組宣伝の1時間半ですね?

「いだてん」っていうのも やるからね
それの宣伝も入ってる。      なるほど。

じゃあ タイトルコールお願いします。
タイトルコール。

さあ それでは 八角親方 スタートです。

何ですか それ。

1964年に開催された 東京オリンピック。

(歓声)

(実況)日本優勝しました!

どうか! 上がりそうです! 上がった!

三宅 見事に優勝の一瞬です!

今 ゴングが鳴りました!
試合終了です!

ついに 日本の上武
バンタム級で優勝いたしました!

この東京オリンピックの熱狂と共に

日本の芸能に一大ジャンルが誕生する。

それこそが…

その全盛期に
大ヒットした2つのドラマ。

人気の秘密は
人間離れした必殺技にあった!

主人公が 50年ぶりに その秘密を明かす。

更に この人も!

(滝沢)悔しくないのか!

(森田)悔しいです!

たけしも 意外な思い出が!

そして スポ根時代を生き抜いた
レジェンド3人が集結!

一夜かぎりのスポ根談義!

でしょ?
はい。

そして 「あしたのジョー」や
「巨人の星」など

独自分析で分かった
スポ根漫画の意外な事実に

中畑 清が大興奮!

更に スポ根の魂を今に受け継ぐ
「応援団」に密着!

エールの裏に秘めた熱い思いとは!?

スポーツをこよなく愛するたけしが
熱き芸能 「スポ根」を徹底研究!

さあ 始まりました。 「たけしの
これがホントのニッポン芸能史」。

16回目となる今回のテーマは こちら!

スポ根。
根ポス… 根ポスってことはねえ。

スポ根ですよ。

スポ根ものって はやったなあ!

あれは やっぱり
東京オリンピックのあとかな

大松監督とか…

魔女! 魔女ですよ!

何で 性別変えちゃうのよ。
(井戸田)間男じゃないよ。

東洋の間男 かっこいいだろ?

結局 あの~ やっぱり
感動と涙とかなんかが はやって

一番それにいくのは やっぱり

あれじゃないの?
スポーツかなんかじゃないの?

負けた時の 甲子園なんか見ると

泣いてるやつと 喜んでるやつと

泥と 汗と。
汗 涙 結果みたいな。

それが やっぱり
ドラマを超えるんだよ 本物だから。

それで はやったんじゃないかね。

所は だけどね
スポーツに縁がなさそうでしょ?

運動部にいたの 大学。
あ もうずっと。

(井戸田)あ そうなんだ。
意外ですね。

もうクラブしか やってない。
勉強してないんだもん。

みんな 運動神経がいいのが
いかないとこ。

何で 人に振っといて そうやって
ボロクソに言ってんですか?

では ここで 今日のゲストの皆さん
ご紹介しましょう。

2004年のアテネオリンピックでは
野球日本代表の監督も務められました

中畑 清さんです。
よろしくお願いいたします。

よろしくお願いしま~す。
(拍手)

もうスポ根そのものですもんね。

駒大ですよね?
駒大です。

何でも精神論に持ってきそうな
感じしますよね。

理屈っぽいですね。
あ そうですか。

どっちかっていうと そういうタイプですね。
中畑さんは 理屈っぽいよりも

ノリ… ノリ。
だから サード 中畑 うわ~っつって

スクイズだったら
ダーッと出ていって

ピッチャー投げる前に ホームベースまで
行っちゃって 頭に当たったって。

ピッチャーの投げた球が。
(笑い)

やる気が先走っちゃうから。

イメージで そう思われちゃってんだよね。
やりそうな感じがするんでしょうね。

「絶好調~!」って出てきて。

そうやって思ってもらって
ありがとうございます。

続きまして スポーツ番組のMCも
担当されています

タレントのミッツ・マングローブさんです。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
(拍手)

大変ですよ スポ根なんて
言われちゃったら もう。

一番もう… 私 スポ根みたいなもの
一番避けて生きてきた人生ですから。

「汗と涙と」みたいな「気合いだ」みたいな

ああいうのが 割ともう
ちっちゃい頃から コンプレックスで。

自分が絶対に こう
相いれられなかったところって。

でも 我々は あれですもんね
学生時代 スポ根ですもんね。

塊でしょ。
ねえ!

理不尽なことばっかりですもんね。

めちゃくちゃだよ 今 考えたら。
水 飲んじゃいけない

うさぎ跳びは やれよ
水泳ダメ 肩 冷やすな

夏でもセーター着ろって
バカバカしいだろ?

(一同)え~!
灰皿とか飛んできましたよ いろいろと。

稽古の時に。
オレなんか フランス座だから

真っ最中にいたんだよ。
師匠 おっかなくて おっかなくて。

理不尽の塊ですよね 芸能界ね。
めちゃくちゃ。

楽屋にいて 「お前 何やってんだ」
「え?」って言ったら…

やれねえよなあ!
そらそうですよね。

(笑い)

我々の紹介も終わってないですよ。
ゲスト紹介 来ますよね?

番組終わってから紹介します。
終わってからじゃ意味がないんですよ。

お待たせしました。
スピードワゴンのお二人です。

(2人)よろしくお願いしま~す!
(拍手)

お願いします。

井戸田さんは 柔道少年だったと?

日本武道館で試合してます 私。
すごいじゃん。

それ 大将戦じゃないの?
(井戸田)団体戦で出ました。

団体戦なんですけど 本来のメンバーが
次鋒の人がケガしたんですよ 本番前に。

(井戸田)山根会長!

(笑い)

パワー持ってたんだね。
パワー持ってたんですよ。

昔はさ 部員が足りないとさ
団体戦 出られないってさ

オレなんか ラグビーやなんか頼まれたり。

オレ ルール知らねえから 殴り合いの
ケンカになっちゃって 首投げしちゃって。

そしたら 「退場!」って言われて。

やっぱ 野球部が一番 運動神経の
いい人たちが集まってた時代ですか?

我々の時代は そうだね。
やっぱ そうなんですね。

陸上のね 試合にも
駆り出されたもんね オレ。

(笑い)
柔道やってる時に 嫌な思いしなかった?

嫌な思い?
嫌な思い スポ根的な。

あ~。 警察署の柔道場に通ってたんで

あんまり そんな
理不尽なことは なかったです。

だからね 時代が違うんですよ。
うちらは もう学校で

クラブをやめる時点で
学校やめろって言われましたもん。

(井戸田)そこまでは なかったですねえ。

だから 一回入ったら もう やめられない。

(井戸田)
最後まで やり通すってことですね。

今回のテーマ「スポ根」ですけれども
たけし博士いわく

スポ根とは こんな存在だそうです。

オレ 言ったかな?
(笑い)

やっぱりね 大体 ダメなやつで
よくルール知らなかったり。

ただ 運動神経は一応あって。

初めは負けてんだけど ジャンジャン ジャンジャン
練習… 悔しさで練習して

最後に やってよかったっつって

感動して優勝するというようなとこで
終わるってのがね みんな喜んだんだよな。

ラグビーの… ね?
ドラマが そんな感じだったね。

そのスポ根が
日本に広まった きっかけとなったのが

先ほど お話にもあった…

東京オリンピックっていうのはね
東京都が 一応 主催でしょ?

東京都立っていう関係の学校とか
そこの施設は 全部 応援に行くのよ。

だから オリンピック 国立競技場は
いつも満杯ではないのよ。

変な骨みたいの持って
球 たたいてんだ こうやって。

インドと パキスタンですからね。
それで ひげ面で
ターバン巻いてんだ 両方とも。

どっちがどっちだか 全然 分かんねえ!

オイラ で それを…

それを 先生が
オイラ タバコ吸って ビンタされて

「世界中に お前らのあれが
映ってんだ バカ野郎!」って言われて

「恥ずかしくねえか!」って言って。
「世界中ったって

こんなの見てるやつ いねえだろ」って
言ったら また殴られて。

我々 違うもんね?
僕 テレビです。

テレビだよね。
オレ 小学校5年だったんだけど…

(井戸田)オリンピックの期間中ですか?
オリンピックの競技を。

(小沢)学校の授業中にですか?
体育館で集まって。

所さんも ご覧になってました?
学校でも見ましたけど

家でも見てましたね。

カラーテレビじゃなかったけどね
白黒だったけどね。

田舎だから! 田舎だから!
田舎だからね! はいはい。

お話尽きませんけれども それでは
東京オリンピックから幕を開ける

スポ根の歴史 見ていきましょう。

(アナウンサー)日本選手団の入場であります。

1964年に開催された 東京オリンピック。

(アナウンサー)
いよいよ オリンピックの聖なる火…。

アジアで初めて開催された
オリンピックで

日本は 金メダル16個を含む
計29個のメダルを獲得。

1960年のローマ大会で 合計18個だった…

メダル獲得のため 当時の指導者たちが
徹底したのが

「根性づくり」だった。

時代が スポ根だったんだ。

東京オリンピックを機に スポ根の火が

日本人の心に灯された!

東京オリンピックで 初めて…

全ての階級で金メダルという
偉業がかかった無差別級の決勝で

神永昭夫は 体格で はるかに上回る

オランダのアントン・ヘーシンクと
対戦するが…。

(実況)袈裟固め
がっちりと固まりました!

「『柔よく剛を制す』が
くつがえされた」と

日本中が嘆いた。

この悔しさから 3年後。

初版の1巻は オリンピックの
あの悔しい風景が表紙になっている。

この作品が 1969年に
桜木健一主演でドラマ化。

だって こんな技やらないですもん。
プロレスだよな。

こんな技 見たことない。
飛んでっちゃった。

(笑い)

一直線に飛んでっちゃったよ。
それで 「一直線」っていうんだ?

「柔道一直線」に
日本中が夢中になった理由…

それは…

相手と一緒に飛び 先に着地し
腰を持って投げ飛ばす…

投げ飛ばした相手に
空中で更に技をかける…。

何これ!

めちゃくちゃだね これ。

内股っぽい。

必殺技誕生の秘密を
この人に聞いてみよう。

「柔道一直線」で
一条直也の役をやりました

桜木健一です。 よろしく。

作ったんだ。

僕自身がね。

1960年代後半
世の中は 高度経済成長 真っただ中。

スポーツに限らず 世の中全体が
「為せば成る!」という根性論で

日本人みんなが頑張っていた!

その時代に
スポ根ドラマは マッチしたのだ。

同じ頃…

「サインはV」!

♬~

(ホイッスル)

やるわ 稲妻落としを。
え?

「サインはV」でも
数々の必殺技が登場。

みんなが一度はマネしてみた

ボールがジグザグの軌道を描いて
高速落下するサーブ…

そして コートの左右から
2人が同時にジャンプし

空中で交差する…

これらの必殺技について
主演を務めた岡田は

以前 番組で こんな悩みを語っていた。

えっ!? まさか! とかいう感じで。

もう 内出血で真っ赤っ赤。

こんな苦労のかいもあってか
放送当時は バレーボールが大流行した。

当時 全日本で活躍していた
白井貴子選手は

後に 雑誌の対談で
こう語っている。

「サインはV」の影響か
白井は ひかり攻撃という

距離の長いBクイックを
必殺技として編み出し

モントリオールオリンピックで
金メダルを獲得!

現実のスポーツを変えてしまうほどの
影響力。

スポ根は この時期まさに全盛期だった!

そんな「スポ根」は この人の存在なくして
語ることはできない。

「柔道一直線」の原作者…

その代表作といえば 「巨人の星」。

飛雄馬!

あっ! うっ!

お父さん! やめて! お願い!

オレは 父ちゃんの顔を立てて
楽しそうに飯を食べてたけど…

見ろ!
こうして 茶わんを持つ度に

悪魔のギプスは
腕を逆の方へ引っ張るんだ!

この脂汗が見えないか!

くそぅ!

梶原は他にも 「あしたのジョー」や
「タイガーマスク」など

スポ根の名作を
数多く生み出した
まさにレジェンド。

1978年に発表された
「四角いジャングル」は

実在する格闘家が
異種格闘技戦を繰り広げる スポ根漫画。

有名な格闘家が実名で登場するため
現実と虚構が入り交じる展開に

読者は熱狂!

この漫画の人気が 現実を動かし
異種格闘技戦が実際に行われ

ハワイ出身のボクサー 藤 猛らも
挑戦していた!

1970年代 時代は
モーレツから ビューティフルへ。

スポ根にも転機が訪れる。

沖田 俊です。 よろしくお願いします。

♬~

それまでのスポ根は
主人公は 生徒・選手だったが

このドラマの主人公は 指導者。

先生!        帰ってきてくれよ!
先生!

人生は 一度っきりしかないんだろ?

♬~

オレは お前たちが好きだ!

指導者は…

ダメダメ そんなとこでやったら
ダメダメ ダメダメ もう!

危ねえよ。
ハハハハハハ!

なぜ このような変化を遂げたのか?

数多くのドラマを
世に送り出し

「われら青春!」の
プロデューサーを務めた

岡田晋吉さんに
お話を伺った。

若者の中でね。

そういう流れの中で だんだん…

1970年前後…

一生懸命努力すれば
「為せば成る」という根性の精神は

学生たちを中心に
変わりつつあったという。

ここから 青春ドラマの全盛期に!

根性ではなく友情がメインとなり
スポ根は影を潜めていった…。

時代背景なんですね。
(ミッツ)オリンピックがあって。

でも 実際のスポ根のアニメだとか
ドラマが

現実のスポーツ選手も
取り入れてたんですね。

(ミッツ)「サインはV」なんて
すごい影響されてたって。
そうですよね X攻撃とかね。

中畑さん 少年時代に 「巨人の星」が

ちょうど連載していたということで…。
あ~ そのものだね。

「巨人の星」なんか 飛雄馬の
養成ギプスとか やったでしょ?

大リーグボールをね 投げるための…。

そうそう! エキスパンダーで…

(ミッツ)
あ~ やっぱ影響されちゃって。

(笑い)
(井戸田)バネと肉がね。

現実は厳しいんだ。
絡み合っちゃうから。

それで 変な 家に このぐらいの穴
開いてて 外から投げ入れられるんだよ。

あんなコントロール あるわけねえだろ!

お父さんが有名な選手になってますよね。

それが返ってくるんですよ また
穴 通って。

そこを 川上監督が見てて
「何だ これは!

このボールを投げるのは誰だ?」っつって
星 飛雄馬と出会うわけです。

スポ根世代の記憶に刻まれた
星 飛雄馬 伝説の自主トレがこちら!

このうちは 野球に呪われているんだ!

おかげで オレは 赤ん坊の時から

遊びといえば
これしか許してもらえなかった!

ハッ!

はあ!

でも 我々見てて…

疑ってない。
できるんじゃねえかと思いましたよ。

さっき あんな番組やったら 今だったら
誰も見ないとか言ってましたけど

疑ってないですから 我々。

まねしちゃうわけでしょ?
そう。 ああいうふうにね。

あんなだって スローVで
ずっと 尺 取って

こんななって やったら…。
(笑い)

あれもそうだし 僕
柔道ちょっと経験してますけど…

(笑い)
やったことないし。

だって 柔道 日本の武道なのに 必殺技が
フェニックスって おかしくないですか?

小沢さんは スポ根漫画は大好きだと。

漫画は 基本的に好きですけど
やっぱ 梶原さんの作品は…

だから 普通のだから 少年もの
青春ものとか いろいろある中で

梶原さんの作品だけは
ちょっと特別な気がします。

劇画すぎる部分もあるし…

すごい やっぱ 後に与えた影響も
すごい大きいと思いますよ。

さあ 1970年前後に 全盛期を迎えた
スポ根ドラマなんですが

80年代の中頃 最大のヒットともいえる
スポ根ドラマが誕生します。

スポーツを扱うドラマのテーマが
根性から友情へと変わり

生徒と先生の距離が近くなっていった
1970年代後半。

実際の教育現場では
共通一次試験が始まり 受験戦争が激化。

学力による ふるい分けが始まっていた。

若者たちの鬱憤はたまり

校内暴力 家庭内暴力という形で
爆発していく。

そんな時 スポ根の精神をよみがえらせる
ドラマが誕生する。

きた!

泣き虫熱血教師の指導によって

弱小ラグビー部が成長していく物語

「スクール・ウォーズ」。

スポ根ドラマの完全復活となった
歴史的作品だ。

特に印象的なのが
109対0という大敗を喫した

試合直後のロッカールームでのシーン。

お前ら それでも男か!

悔しくないのか!

悔しいです!

勝ちたいです!

相模一高に勝ちたいです!

よ~し よく言った!

オレが必ず勝たせてやる!

(一同)先生!

そのために オレは
これから お前たちを殴る!

何でだよ。
何で殴る?

歯を食いしばれ!

(小沢)グー? しかも。
しかも グーだったよ!

泣き虫先生を演じた この人に
なぜ人気になったのかを聞いてみた。

「スクール・ウォーズ」で
滝沢賢治役を演じた

山下真司です。
信は力なり!

実は 山下の演じた滝沢賢治は

実際の高校の先生
山口良治さんが モデル。

「プロジェクトX」でも特集され

番組の中で あの大敗した試合についても
語っていた。

<結果は 112対0 記録的な大敗だった>

この情けない子供たちは
今 どんな気持ちなんだろうって。

めちゃくちゃやられて 悔しいやろな~
つらいやろな~って。

情けない思いをしてるやろな~と
思った時にね

オレは 今まで こいつらに
何をしてやったんや~って

初めて 矢印が自分に向いた。

オレは 何にもやってやってない。
偉そうにばっかり言って。

オレは 全日本選手やったんや
オレは監督だ オレは教師だって。

その自分に気付いた時に ほんとにね
すまん! と思って。

山下は 山口先生とも交流があるという。

番組が終わって お会いした時に

もうほんと くだらない
質問しちゃったんですよね。

これ言われたらねえ…
僕 涙 ボロボロ。

いや~ すごい人だなと思って。

ちょっと ごめん。

目を開けるのをやめます。

すごい人です。

先生を含めた大人が
子供たちに はっきりものを言えず

生徒が グレていた時代に

「スクール・ウォーズ」の先生の
愛のある厳しい言葉は

若者たちの心に突き刺さったのだ。

そして 90年代以降
スポ根作品は さらなる進化を遂げた!

そう語るのは 週間少年漫画雑誌で
編集長をしていた

森田浩章さん。

昔のって…

もちろん 仲間も多少はいるんだけど。

主人公一人が根性で頑張るのではなく

みんなが力を合わせ
大きな力を生み出す 根性分散型に!

現代的なスポ根スタイルに
変わってきたという。

時代に合わせ 主人公や描くテーマを変え
進化してきた スポ根作品。

その火は 今も
日本人の心に灯り続けている。

なるほどね。
だから このまま進化すると あれだな。

そっちにいっちゃう
可能性もありますよね。

「お前らの分 相手が喜んだんだ。
それを感じろ」かなんか言ってよ。

そっちへ流れちゃいますね。
何が何でも勝とうっていうのが

はやんなくなってくんだよ。

でも なんか そう考えると…

金メダルとかとるのは 大体
フィギュア 水泳とか スノーボードとか。

あれになってんだよ。
コーチじゃなくて 親だよ 今。

歩き出したのか スケート履いたのか どっちが
早いんだこの子ってぐらい早いし

ゴルフも そうだし あらゆるものが
親がもう 物心付くか付かない頃から

もう クラブ 持たしてるもんな。

「巨人の星」と同じことを
今やってるってことですか?

サーカスみたいだもんな。
親が子供の頃から英才教育して。

スピードワゴンのお二人は 「スクール・ウォーズ」
見てらっしゃいました? 世代ですからね。

見てましたね。
あのシーンも よく覚えてますし

「スクール・ウォーズ」っていうと
やっぱ あのシーンが代表的。

(ミッツ)やっぱ 男子的には あれを見て
感動して たぎってしまうわけでしょ。

いや そこまではないけど
「こんなこと ありえるの?」って

一つ世代が上の設定のドラマだから
我々の世代では ちょっと考えられない。

僕らの仲間のザブングルっていう芸人の
「悔しいです!」っていうギャグは

ここから とってますしね。 これの 今から
お前を殴る 悔しいですっていうのは

この マネをしてるところから
始まったんです。

でも 僕らの世代 みんな
見てたんじゃないですか?

見てた。

オレはもう そもそもねえ

結構 その当事者に会っててね

山口監督か
この人に新幹線で会って…

頂いたんですか?
もらった。

それで 今 オークション出したらね
2万5, 000円になってる。

(笑い)

出しちゃダメなんですよ。
何 笑わせようとしてんですか ほんとに。

スポ根っていえば 指導者の厳しいコーチ
っていう存在 欠かせませんけれども

たけしさんにとって
指導して下さった 師匠。

常に 笑いを追求する姿が
たけしは 今も忘れられないという。

深見師匠ってのは 怖かったけど
やっぱり すごいと思うのは…

それが あの~…

「そんな寄ってくんじゃねえ!
バカ野郎 気持ちわりい!」って。

位置が近すぎるって怒ってんだけど

客は コントのネタだと思ってるけど
オレに言ってんだよね。

「オレも
お前の位置考えて話してるけど

お前も オレの位置考えて
離れなきゃダメだよ」。     あ~。

あと
「セリフの言い回しが おかしいよ」とか

すごい それをね…

「何だ その間は」とかね。

「すぐしゃべれ!」とかなんか。
客は それがまた おかしいんだよね。

舞台降りたあとに楽屋で2人っきりで

説教とか 教えとかは
あったりもするんですか?
あるよ。

で 面白いのは
うちの師匠のすごいのは

あの 浅草に料亭があって
「おう 飯おごってやるわ」っつって

「たけ 来い」っつって 粋な人だから

オレが代わりに勘定と祝儀を配るでしょ。
ほいで みんなが出てくんじゃない。

で 「師匠 ごちそうさまです」っつって
「ありがとう」って。

「おい 靴出せ」って言うでしょ。
で 普通の靴出して 師匠の靴出して

一緒に出てくのよ。 すると 外出てから…

「バカ野郎」っつって。

(一同)あ~。

「そのネタ振りを オレがしてんのに
お前は分かんねえのか!」って。

「下駄箱 見たか!」っつうわけさ。

「女のハイヒール 入ってたろ」って。

「それを お前 何気なく出したら
履いたんだよ」っつって。

だから 「お笑いってのは 常に瞬時に

その状況に合わせて ボケろバカ!」って
言われて。

へえ~ すげえなあと思ったのよ。

こっちはもう 酒飲んで
ふぐ食っちゃって喜んでるだけだけど

まだ笑いを作ること考えてんだよ。

だから プロとしては すごいよね。

(中畑)教え方って いろいろありますよね。

長嶋さんなんか面白い。
「ミスター」っつって。

「カーブとか スライダーの
打ち方教えて下さい」。

「こうだ! こう構えた。 構えて
球 来た! 曲がった! カン!

これだ!」って。 全然 分かんない。
(笑い)

「カン! これ!」っていう。

我々も それに近い教わり方
というのかな…

1979年 2年連続で優勝を逃した巨人が

その年の秋に 静岡県伊東市で行ったのが
今も語り継がれる「地獄のキャンプ」だ。

入団4年目の中畑をはじめ
参加したのは 全員若手選手。

「技術より まず精神力を鍛えるのだ!」と
徹底的に走り込んだという。

この時の監督が
ミスタープロ野球 長嶋茂雄だった。

まあ いろいろ 我々なりに
反省もありますし

同時にまた その教訓をね 来季
これ生かしていこうということでね

異例ともいえる秋季キャンプをね
ここで張ったわけですけどもね。

その時に ティーバッティングで もう

ストライクゾーンに上げるティーは
一つもないんですよ。

目の前に ワンバウンドするぐらいの
ボールを

どうやって 自分の体を使って
バットコントロールして

それを
センター前に打ち返すかっていうね。

そのバットコントロールとか
自分で考えて打ってみろっつって

そこにしか上げないの。 それができたら
それが打てるようになったら

今度 くそボール。
真上に上げるんですよ。

それをセンター前に打ち返すんですよ。
この練習をガンガンやってて。

で 最後に ど真ん中。
「簡単だろ」っていう理屈なんです。

中畑さんは どういうふうにコーチ時代…。
指導者になられてからは 若い…。

オレは こういうふうに まあ
スランプの時とか 練習方法の中でも

こういう方法があったんだけど
それをやってみたら? とかね…

あ じゃあ やってみましょうかねっていう
気持ちになってくれる。

実際やってくれなかったら
結果は得られないから。

言葉遣いの気遣いみたいなものを
してあげないと

対応してくれないっていうか
距離感が縮まんないっていうか。

だから 名選手
名コーチになれないんだよ。

自分は できるけど
何で できねえんだっつって怒っちゃう。

王さんが 外角球でも
スタンド入れちゃう打ち方できるのに

何で打てないのって いや それは
王さんだから打てんだよ!

世界の王は打てる
普通の選手は打てないってのを

本人 分かってないから 「あんな球
スタンド入れられるだろう」って。

実は すごいことなんだけど
本人は 当たり前にやってることだから

できないって 何だよって。

何で できないかが 一流選手は
理解できないってことですよね。

みんな自分の感覚があるからね。

王さんの練習の姿 我々 入った時に…

その 一振り一振りがね
迫力が半端じゃないの。

うわ~って こうね。 あの体の強さ。
で あの ふくらはぎは

王さんの ふくらはぎは別格なんですよ。

今でも ふくらはぎだけは太いですから
あれだけ 細くなってきても。

それを見ろっていう指導も すごいですね。
で 自分で学べと。

人それぞれに思い出深いコーチや
先生の記憶 あるかと思いますが

今回 番組では 実際のスポーツ界で
活躍したレジェンドの方々に

スポ根について伺ってきました。

スポ根作品全盛期の1960年代から70年代。

この時代に 現役のスポーツ選手だった
レジェンドの3人が集結!

ここでしか聞くことができない
スポ根談義を お届け!

その人物とは…。

ボディービルダーから プロレスラーに!

自身のレスリング道場からは
何人もの名選手を輩出している…

先の見えない 実録・スポ根談義!
一体どうなる!?

(井戸田)これは すごい対談ですよ。

名対談。

さあ スポ根全盛期のスポーツ選手だった
3人でございます。

根性だ!
根性だから。

ハッハッハ!
イングリッシュ!

確かにね…

へえ~!

よく分かりました ガッツの意味が。
ハハハハハハ!

スポ根作品に欠かせないのが
主人公に試練を与える 「鬼コーチ」。

我が子を厳しく指導した
「巨人の星」の 星 一徹!

そして 火を飛び越える特訓などで
闘志を かきたたせた

「柔道一直線」の車 周作。

他にも 「エースをねらえ!」の
スパルタコーチ 宗方 仁。

「あしたのジョー」の名トレーナー
丹下段平など

スポ根作品に
鬼コーチは なくてはならないもの。

現実の世界では どうなのか。
レジェンド3人に聞いた。

飯食いに来て これやられたら やだなあ。
ガッツさんは?

ああ タウンゼントさん。
有名な。

名トレーナーだ。

暴力を嫌い 勝ったときよりも
負けたときに寄り添う

愛情豊かな指導法が持ち味だった。

優しそうな人だったですよ。

タウンゼントさんは…

ああ そうか そうか そうか!

そして 厳しくも愛のある
名コーチといえば アニマル浜口。

まな娘・京子を
世に送り出し

メダリストにまで育て上げた
彼の指導論とは?

いやいや それは…

いや!

ああ 彼女はね。
いや まだ ありますよ!

8回…。

ハハハハハハハ!
根性とは言わないわね。

厳しく選手を指導する鬼コーチの存在。

しかし その裏に隠された優しさこそが

名コーチといわれる
ゆえんなのかもしれない。

そして 鬼コーチと並んで
スポ根に欠かせないのが

「ライバル」の存在だ。

許さん!

天才型の何でもできるライバル
「柔道一直線」の結城真吾。

現実の世界で葬儀まで行われた
いとしきライバル

「あしたのジョー」の力石 徹などなど。

ここからは レジェンドたちの
ライバルについて聞いてみた。

だけどね そういうふうに…

なるほど。

だけど その世代で 誰か…

輪島功一さん。
おお~!

すごかったねぇ。

30いくつで 何度も何度も倒されて

何度も カムバックして
やってきたでしょ?

なかなか オレにはできなかった
あのカムバックは。

は~ すごかったなぁ!
チャンピオンになった時にねぇ。

あのね ボッコボコね
もう パンチ出しまくるという

ファイティング原田さん。
僕はね…

これですよ。
そうそう。

体力が要る。
うん うん。

ライバルの存在が大きければ
大きいほど選手は成長し

逆転劇のカタルシスも大きくなる。

宿敵との対決こそ スポ根の命。

数々の名場面が生み出されてきた。

とにかくね 実地っつうかな…

何倍もね。 はあ~…。

妄想… 妄想じゃなく 何つうんだ。

あっ めい想するというと。

そして ああだった こうだった
頭の中で繰り返しをね。

ああ なるほどね。

最後に スポ根世代の3人が思う…

欲しいと思うとね どうしたって…

ガッツさんは スポ根 いわゆる根性
というのは どういうものですか?

自分が好きになるか…

ボクシングを好きになるか?

スポーツ根性というのは?

覚えてますよ 僕。

スタジオのお二人
いかがでございましょうかね?

これが根性というものでしょうね。
アイ! アイ! アイ! アイ! アイ…!

アイアイアイ! アイアイアイ!

アイ! アイ! アイ! アイ! アイ…!

ありがとうございました。
行きましょう。

気合いだ~! 気合いだ~!
気合いだ~! 気合いだ~!

オイ! オイ! オイ!

(笑い)

(井戸田)お正月の番組ですよ。
これ ドキュメンタリー…。

でも チャンピオンになったり
活躍してた方ですからね。

(笑い)
でしょ? 根性が伝わってきたもんね。

最終的には 分かりやすく
ちゃんと伝えて頂きましたね。

(ミッツ)板東さんが全然衰えてない。
うん 上手だねえ。

アニマルさんのね
「気合いだ 気合いだ!」っていうのはね

練習の時から言ってるじゃない?

あれはね 理屈が通っててね
後で言ったのはね

もう練習してる時から
「京子! 京子! 京子!

気合いだ! 気合いだ!
気合いだ!」って言っておくと

いざ 海外行った試合でも
付いていって

「京子! 京子! 京子!」って
やるんだって。

そうすると練習場の感じが出るんだって。
あ~ なるほど なるほど。

だから 常に言ってるんだって。
ああ そっか。

そうすると 本人があがらなくてすむ。
リラックスできるっていう。

「また いつもの練習だ」と
思ってくれるんだって。

何だ ちゃんと正しいこと言ってんだって
思うけど

最後の 今日の あれはすごいよね。

勉強になりますよね。
努力して 根性出して 世界取ったり

有名になるわけじゃないすか。
で 今があるわけじゃないすか。

そうすると…

(笑い)

あれ やってなかったら
ずっとバカじゃないすか。 ね?

振り幅がね。 好きなとこ選べるってこと。
行ききってるから。

だって 「空手バカ一代」って名前だからな。

「何とかバカ」だから。
「バカになれ」とか言うんだから…

(久保田)
ライバルのお話もありましたけれども

中畑さんにとって
ライバルは どなた…?

やっぱり 原 辰徳かな。
ああ~。

5歳ぐらい下なんですけど やっぱり
ポジションも一緒だったし

いろんな意味で 入団してからの
間柄っていうのかな

常に あいつに…

ファーストに左遷されて
そのファーストで 7年連続

ゴールデン・グラブ賞とか
毎年 オールスターにも選ばれるとか。

彼が入ってこなかったら
そういう結果になってないんだけど。

そうだよね。
僕 監督になってからも そうですもん。

監督になってからでも
原のジャイアンツに

何としてでも勝ちたいというね。

1年目に
東京ドームでは 1勝もできなかった。

それが ものすごい悔しい悔しいっていう
気持ちをかきたててくれて…

それで大体 満足しちゃったね。

(笑い)
勝ち越したことが。

ほんとにね。 そのぐらい…

たけしさんは ライバルという存在は
いらっしゃるんですか?    ライバル…。

まあ 漫才の頃は
その漫才ブームっていうのがあって

6組ぐらいが 録画撮りやってる時
B&Bとか

紳助・竜介とか のりお・よしおが
こんなこと やるじゃん。

そのあと オイラだったりなんかするわけ。

かき回されたあとに出ていって

ウケないと落ち込むから
もう ネタを一生懸命 作ったり。

そうですか? そんなことありました?

北野さんの中でも やっぱ
ウケたウケないなんて あるんですか?

あるある。 だって その当時
初めの頃は やすきよがいたんだよ。

それで
若手が バンバンバンバンいくから

やすきよが 最後にトリ取っても
初めの5分ぐらい ウケないんだよ。

だから やすしさんも きよしさんも
負けず嫌いだから

30分も漫才やってるんだよ。

…って帰っていった。

すごいな。
30分のうちの
ウケてるとこ 7分だよ 実際は。

例えば 1個前の世代が
次の世代が台頭してきたときに

やっぱり その座を奪われることに
ちょっと危機感みたいなのを持って

ライバル視をするっていう。
多分 だから やすきよさんなんかも

ツービートさんのことを
すごいライバル視は やっぱりしてて

危機感を覚えてたんだと
思うんですよね。

所さんは ライバルというのは?
ライバル いないですね。

相手にしてもらえないんで
どのジャンルにも。

どのジャンルも
相手にしてくれないんで 私

宙に浮いてる状態です。

だから 違う芸能界にいるような気がして
ならない。 もう ずっとやってますけど。

芸能界の こんな山があるじゃないすか。

こっちで なんか1人で
ちっちゃな山 作ってるみたいな。

でも 大きい山に
皆さん いるじゃないすか。

その大きい山の人たちと仲がいいんで
気持ちよく 仕事やってますよ。

(小沢)
気が向いたら 好きな山に遊びに行ける?

そう 好きな山に遊びに行けるんで。
(井戸田)その山の主も遊びに来てくれる。

そうなんですよ。

(久保田)すてき。
(小沢)一番いいなぁ。

スピードワゴンさんは ライバルの
芸人さんって いらっしゃるんですか?

僕が思ったのは 2人で東京出てきて

ずっと 潤と一緒にいるんだなと
思ってたのに…

(笑い)
なるほど。

(井戸田)そんな話じゃない!
聞いてたか?

危機感ね。

スポ根作品は
その多くが漫画から生まれている。

ここからは そんなスポ根漫画で見つけた
意外な事実をご紹介!

さあ 皆さん!

(ミッツ)「巨人の星」はね やっぱり。
(井戸田)「巨人の星」も

先ほど出てきましたね。
柔道 ラグビー?

ええ まあ いろいろ出ましたけども

ランキングとしては
こんな感じになりました。 こちらです。

好きなスポーツ漫画・アニメを回答する

インターネットアンケートでは

やはり 野球が最も多かった。

身近なんじゃない?
身近だし やっぱり

一番 国民的なスポーツでしょうしね。

なぜ スポーツ漫画の競技は
野球が多いのか?

野球漫画の傑作「プレイボール」の

その後を描いた「プレイボール2」を

現在 連載中の
コージィ城倉さんによると…。

作家というのは
ウケやすいものに入っていくんで。

描きやすいというか
入っていきやすいというか。

だから 場面にしやすいんでしょうね。

個人の部分もあれば
チームプレーの部分もあるし。

ピッチャー キャッチャー バッターの
こう あるけど…

(ミッツ)外野手が主人公の野球漫画。

こっち打ってくるかな なんて
あんまりないね。

ポテンヒット 打たれたら どうしようか
とか あまり描いてないね。    確かにね。

やっぱ ピッチャー キャッチャー
内野だよね。

でも また それを聞くと 可能性
広がりますね。 ライト目線の野球漫画。

今回 番組では そんな野球漫画の金字塔

「巨人の星」をはじめとしたスポ根漫画を

年代別に 30作品選び 隅々まで読破。

まず 60年代は「巨人の星」
「あしたのジョー」 「サインはV!」など

スポ根の先駆けとなった漫画 6作品。

70年代は 「ドカベン」や
「リングにかけろ」など

超大作のスポーツ漫画を中心に 11作品。

そして 80年代は
「キャプテン翼」 「タッチ」など

青春スポーツもののバイブルともいえる
漫画 8作品。

90年代からは
「スラムダンク」 「シュート!」など

今でも記憶に新しい
人気漫画 5作品をセレクト。

これら合計563冊を徹底研究!

すると 次々に新たな事実が判明した!

まずは 主人公の平均年齢!

どうでしょうか?
(ミッツ)それは やっぱり…

社会に出る前。

(井戸田)それは ないでしょうね。
15~16なんですかね。

やっぱ 収入を得ちゃうと やっぱ
感情移入できなくなっちゃうから。

そうすると ちょうど なんか…

(井戸田)そんなことなんでしょうけども。
(小沢)個人差がある。

(井戸田)
平均年齢 出しました。 こちらです。

ちょうど 青春真っただ中の
思春期の始まりという。

やっぱり
主人公との恋愛感情というか 恋も

初々しいじゃないですか この年だったら。
(小沢)ああ~ ドロドロしてない。

ドロドロしてないじゃん。
(小沢)愛人がいない時代。

ただ これ 平均は14.7歳ですけど…。
(ミッツ)ってことは その下もあるってこと?

ご存じですか?

8歳!
(小沢)8歳! 8歳で これやってます!

(ミッツ)8歳で これやったら もう
背 伸びなくなっちゃうんだよ ほんとに。

(井戸田)体 バキバキになっちゃう。

8歳の子供に これをやらせるのを
許された時代。

(笑い)

30作品で 実に 872試合を行っていた

その勝率は…。

勝率は 驚異の…

勝つなぁ!
(井戸田)相当 勝ってます。

1試合か2試合は やっぱり負けて
あと 連勝が始まるんじゃないの?

でも これはね最初のデータなんで
これが どんどん年代が進んでいきます。

70年代から 90年代にかけて
徐々に 勝率が変わっていくんです。

こんな感じ。
70年代は 89.5なんですけど

80年代 86.2。 90年代の勝率は75%と

ちょっとね 負けるシーンも
描きだしてるんです。 (小沢)リアルなね。

(笑い)
(井戸田)打つね~! ドカベン。

7割5分で 水島先生が
山田太郎には勝てねえだろうって。

自分が描いたんじゃねえか。
(井戸田)すごい。

あれに勝てる選手はいないって
当たり前だよって言ったんだ。

その 勝敗のシーンで
有名なシーンといえば

こちらがあるんですけど ご覧下さい。

言わずと知れた
「あしたのジョー」の名シーンです。

皆さん この試合 矢吹 丈が
勝ったか負けたか 覚えていますか?

何回も聞いたけど
結局 忘れちゃうんだよね。

勝って こうなったのか?
オレ 負けたと思ったけどな。

さすが たけし博士 ご名答!

世界チャンピオン ホセ・メンドーサに
判定負けを喫したあとの

丈の姿を描いている。

そして この最後の ひとコマは
丈が生きているのか 死んでいるのかの

論争を巻き起こした。

ちなみに なんかの番組で
検証してたんですけど

死んだか死んでないかで 「死んでたら
座ってられない」って言ってました。

ガシャンってなっちゃうって。
(ミッツ)ガシャってなるか。

(久保田)よかった。 生きてる。
いや 分かんないよ?

(井戸田)前のめりに倒れちゃうの?
死んだら普通 ガタンと倒れてるぞって。

ちょうどいい感じの
バランスとれてんのかもしれない。

ちょっと押すと 倒れるのかもしれない。
(小沢)ああ なるほど!

デビー・ムーアって
ラモスっていうのに

KO負けして 負けたあと
インタビュー答えて

「今度やったら勝つ」って
そのあと 倒れて

その楽屋… 控え室で倒れて
病院で死んでるよ。
(小沢)へ~!

さあ 続いてまいりましょう。
続いては こちらです。

いろいろ スポ根漫画に出てくる有名人
集めてみましたので。 はい こちらです。

(井戸田)え~ こちら星…。
あっ 分かります?

ご存じですね。 正解見ましょうよ。
こちらです。 もう大正解。

たけしさんが言われたセリフも
ここにあります。

最後 「ウッシシシ」と。
(笑い)

他にも こんな方がいらっしゃいました。
こちらです。

こちらが星 飛雄馬さんで こちらの
お二人が どなたかという。

(小沢)これも 実際にあった
トーク番組なんですよね。

「スター千一夜」。

あ~ でも そう言われりゃ…。
なんか のみ込める それは。

黒柳さん? 真ん中。

(井戸田)あ~!
正解を発表します 正解 こちらです。

(中畑)沢村 忠さん!

(井戸田)「巨人の星」ということなので

「演歌の星 キックの星 巨人の星」
という そういう星を集めて。

この人 キックボクシングで
飛び膝蹴りって

飛び膝蹴りだけど
「真空」なんて 付けちゃったり

すごい人気あったけどね。
すごかったよね オレらがガキの頃は。

(井戸田)
空中飛び膝蹴り? クラス中で?

(中畑)やり合ってたから みんなで。

誰のが一番 必殺で一発で倒せるかって。
(井戸田)一発で倒せるか?

いや ほんとだよ?
(小沢)必殺って必ず殺すってことですよ?

「スター千一夜」って
オレも司会やってるからなぁ。

いろんな人が そうすると
80年代は そうかもしれない。

最後に
オレの司会で終わったんじゃねえかな。

(笑い)
(小沢)終わらせたんですね?

あんまり相手を褒めないんで。

けなしてばっかりいたら
それで終わっちゃったっていう。

オレの前が
坂本 九さんだったんじゃないかな。

(井戸田)すごいメンバーですね。
さあ 続いてまいりましょう。

続いては 30作品の中で 最も多くの漫画に
登場した有名人がおります。

誰だと思われますか? 皆さん。

川上さんとか 野球選手の…。
長嶋さん 王さん。

ONでしょう。
長嶋さんか 王さんかな。

こちらです。

ジャイアンツファンが
やっぱり 多いんだ。

(井戸田)中畑さん 何で このお二人が
よく登場するんですかね?

だって 見たいじゃない!
それで 存在感というかさ。

(井戸田)
そうか。 もう 漫画とかでも見るし
テレビでも見てるから。

(中畑)ず~っとね。 だから その…
なんか 生になんないんだよね。

(小沢)あの 漫画とかでの描かれ方で
長嶋さんは やはり天才

王さんは努力の人みたいな描かれ方が
多いと思うんですけど

それは 実際
そばで見られてて…。

いやいや いやいや…。

長嶋さんなんか もう 本当に
天才型って言われるけど

陰でする練習量
半端じゃない。

ええ もう すごかったですよ
僕らに見せるパフォーマンスも。

僕 どっちかっつうとね 体が硬くてね
動きが ぎこちなかったんだけど

「ちょっと違うんだ お前 体の使い方。
ええ?」って言って…。

(井戸田)せっかくなんで
前に出てきて頂いて…。       そう?

全身ね。
(井戸田)下半身が見えなかったので。

例えば 前のボールと
両サイドのボールがあるでしょ?

そういうやつをね
どこに飛んできてもいいから

自分の動きの中で…。

(中畑)パーンと跳んで ポーンとね…。

もうね それがね…

(井戸田)
それが 何かの練習になるんですか?

そうそうそうそう。 その体の動きとか
それが どの方向に来た打球に対して

どういうステップを踏んでいったか…。

(笑い)

猿の檻の前に来たのかと思った。
走り回ってるから。

だから 僕は まだ硬くてさ
動きそのものが ぎこちないんだけど

ミスターがやると それがね
すごく 蝶の動きのように。

オレも サードやってたから…

だから 普通 こうじゃない。
(小沢)ぶつかっちゃうんじゃないですか?

あの人 手首 柔らかくて 壁に立つんだよ。
こういうふうに 垂直に。

オイラ こうだけど あの人
もっと立つんだよ こういうふうに。

ボールが当たる面積が広いわけ。

こういうふうになると
はじいたりするけど。

オイラ つかむじゃない。
長嶋さん 当てるだけなんだよね。

全部 こういうふうに。
(井戸田)あっ そうか つかまないで

当ててってことか なるほど。
当てて 取って…。

(中畑)息切れするわ。
(久保田)
ありがとうございます 中畑さん。

10m四方をね
ず~っと動ける人だからね。

これで 広岡さんがショートでしょ?

(笑い)

自分の取れるのは 広岡さんの前
行って みんな取っちゃうけど

ちょっとヤバいのは 「広岡!」って
言って…。 広岡さんが怒ってた。

「あいつはね 難しい球 取るとね
知らんぷりしてんだよ」って。

(小沢)えっ?
(井戸田)何でですか?

いやいやいや 苦手な人 いるんですよ。
(井戸田)苦手なんですね。

そうすると 「ショート!」とかね

サードの フライボールなんだけど
それを広岡さんに取らしたって。

(小沢)長嶋さんはね。
(笑い)

さあ ちなみになんですが
中畑さんもですね

スポ根漫画に
出てらっしゃるということで

「ミラクルジャイアンツ童夢くん」
登場しているんですね。

(中畑)うそ~!?
はい こちらです。

踊ってるじゃねえか。

(井戸田)今 見せてたやつだ!

(中畑)えっ
これ 初めて見た!

(井戸田)ご存じなかった?
(中畑)全然知らない。 初めて見た。

(井戸田)そうですよね。

スポ根漫画が原作となり 映像化される
フィクション作品が多い中

現実の世界を元に描かれた
スポ根漫画がある!

それが 伝説の空手家・大山倍達の人生を
描いた 「空手バカ一代」。

そんな異色のスポ根漫画には
信じられない描写が数多く残されていた!

まさか…
「手刀で牛を倒す」!

これは どうですか? たけしさん。
よく…。 有名なお話ですかね?

(小沢)テレビで放送されたんですか?
うん やったやった。

牛を こうやって バン! って
引っぱたくんですか?

こうやって…。
(久保田)ええ~!

この時はね 変な…

牛が
闘牛の牛じゃなかったんじゃないかな?

かわいそうなことしてたよ。

思いっ切り 引っぱたいちゃってんだもん。

さあ 続いて まいりましょう。
続いては こちらです。

(井戸田)「ビール瓶を斬る」。
やりますか これは?          やる。

栓を抜くのは こうやるけどね。

あと ふわって斬るのも やるよ。

斬れるんですね 手刀で。
バーンッて。

速いから
ポンッて こう割れちゃうんだよね。

こういうこともできますので
まだまだ素手で こんなこともできます。

こちらです。 まきも割りますね。

うそ~! うそ~! うそ~!

まき 割ることは…
こうやったって割れない。

まあでも 割れそうな まきを
選ぶんだろうね。

(小沢)それは極真に対して いろいろ
語弊がありますんで。   木目とかでね…。

ただ そんな無敵とも思われる
大山倍達さんなんですが

漫画の中で コインを親指と人さし指で
折り曲げるという場面があるんですね。

それが こちらなんです。 …が

このあと 大山倍達さんに
ある異変が起こります。

お待ちかねのクイズです。
さあ どうなるでしょうか?

電車に乗れなかったとか?
ああ コインが曲がっちゃったから。

入んなくなっちゃったから。
電車賃を なくしてしまった。 いいエピソード!

ドジ。
ギャグ漫画じゃないんですよ これ!

缶ジュースが出てこない。

(小沢)中畑さん!
骨折した?

あ~ ありそうですね!
実話をベースですから。

やっぱりね お金を無駄にしちゃうのは…
罰が当たった!

ある意味 正解ですよ。
じゃあ発表しますね。 正解は こちらです。

(笑い)
最強の空手家 大山倍達さん

金属アレルギーで コインだけには
勝てなかったという話です。

ちなみに実話だそうです!
金属アレルギーなの?

実話だそうです!
金属アレルギーなの?

で ここまで描く必要あったかなって
話ですよ。          このコマいるかな?

このコマと まきの場所いるかな?
でも やっぱ 自分にも

弱いところはあるんだよっていうのを
出そうとしたんじゃないんですか?

(小沢)まさに 空手バカ。

♬~

スポーツを盛り上げ スポ根の魂を
今に受け継ぐ存在 応援団。

グラウンドで戦う選手たちに
力を与えるため

彼らも スタンドで熱き戦いを
繰り広げている。

東京都千代田区にある…

今から96年前
大正11年に 応援団は誕生した。

今では
応援の定番の三三七拍子を生み出し

チアリーダーや吹奏楽を
応援に取り入れたのも

明治大学が最初だといわれている。

♬~

そんな
誇り高き…

(拍手)
(井戸田)すごい!

すごい! 何? 迫力が すごい。

皆さんも ありがとうございます。
はい。

(ミッツ)がっつり応援されてたわよ。

もういいんじゃないすか?

ない ない ない ない!

(笑い)

じゃあ おれは
今まで何だったんだって言ったんだよ。

(井戸田)来年 ブレイク?
うん。 ほいで…

それで 95まで頑張れますって言われた時
どうしようかと思った おれは。

大河ドラマのことですかね それね。
(井戸田)まだまだあるんだね。

大河ドラマ出てる。
(井戸田)すばらしいですね。

でも 実は…

はい。 明治大学応援団の初代団長の
相馬 基先輩が

三三七拍子のリズムを考案…。
(一同)へえ~!

(井戸田)定番ですよね。
(ミッツ)いつごろですか? それって。

大正11年ですね。
(一同)へえ~!

(ミッツ)ピッピッピ ピッピッピでしょ?

ああ そうですか~。

どんな思い出? どんな思い出なの それ。
(井戸田)いろんな情報がね ありますよ。

たけしさんは
在学中 応援団は あったんでしょうか?

ありましたよ 当然。

体力… どなりっぱなしだもんね。   はい。
「わ~!」ってやってて。

だって 真夏も
この格好ですもんね?      そうですね。

まあ 今は体調管理とか いろいろあるので
脱いでいいよっていうのはありますけど。

応援中は 基本的に 夏場も これを着て…。

(井戸田)だって 試合中 ずっと
1ミリも動かないんですよね。

(ミッツ)だって 後ろで旗持ってる子なんて
ずっと この姿勢で持ってんのよ これ。

こうやって立てたりしちゃ
駄目なのかしらね。

立てて寄っかかったり…。

青田赤道だな。
ああやって持たなきゃいけない。

(小沢)君 帽子のサイズ ちっちゃくない?
(笑い)

あれ 代々だから。 代々ですから。

(井戸田)ちょっと口元 緩みましたけどね。
(小沢)ちょっとウケたね。

さあ 現代のスポ根魂が残る
応援団ですけれども

今回は 皆さんの 明治大学応援団の活動に
お邪魔させて頂きました。

(一同)いよっ!
(太鼓の音)

(一同)いよっ!
(太鼓の音)

およそ100年の歴史を持つ
明治大学応援団。

現在 応援指導班は 18人。

班長の関根さんを中心に

週に4回
およそ 2~3時間の練習を行っている。

(一同)失礼します!

どこ どこ? 何 何?

長時間の応援に耐えられるための特訓。

基礎体力をつけるため この日は
校舎の階段を 30分間 上り下り。

そして…

(一同)元気でー!

(一同)はい!

(一同)はい!

(一同)はい!

(一同)はい!

(小沢)ならん…。

拍手の練習。 大観衆にも負けない
大きな音を出せるよう

長い時で 1時間以上も行う。

(一同)はい!

(一同)はい!

(一同)はい!

(一同)はい!
いくぞ!

あ~!
(一同)せ~!

はい!

(一同)は~い!

いくぞ いくぞ いくぞ!

(一同)せ~!

(一同)あ~!
よ~し よし よ~し!

かつては 近くの河原や グラウンドで
練習していたのだが…

もっと もっと もっと もっと…。
いきましょう!

(井戸田)汗だくだよ。

(一同)へい! せ~!

(一同)いいえ!

(一同)はい!

(一同)はい!

(一同)はい! 失礼します!

おっしゃ~!
ほら いくぞ!

よし!

最初の…。

…っていう
このアゲがあるんですけど

やっぱり あそこが どうしても
音が鳴らないっていうのと

さっき やっぱ あっちのやつが
前を見てなかったって あれで

どうしても すごい ずれたので…

まあ 技術うんぬんの問題なので。

全員が そろってこその応援。

続いて 発声練習が始まった。

ここでは
上級生と下級生がペアになり

後輩からの意見にも耳を傾ける。

あ~! あ…。

はい!
OK。

やっぱり まあ いろいろな練習を
僕はさせる側ですけど…

自分も そうやって成長してきた…。

信頼関係こそ 応援団の命。

厳しい練習を通して 応援団の魂が
後輩たちへ脈々と受け継がれていく。

1年生に 応援団の魅力を聞いてみた。

応援団の魅力といたしましては
やはり あの…

(井戸田)いいね 彼!
すごくいい!

すごくいいね。

(スタジオの笑い)
(井戸田)気持ちいいよ!

やはり 自分たち
「何でやってるの?」と

よく聞かれるんですが
やはり…

新年度を 間近に控えた毎年3月には

大学から
応援団に

校旗を貸し出す
式典が開かれる。

大学の象徴である「校旗」を預かるには
学生の模範でなければならず

責任も
重大なのだ。

まあ そういった意味では
スポーツやってる人と

応援をさせて頂いてる身ですけど
応援をする者ってのは…

所変わって こちらは…

ここにも
長い歴史を誇る応援団が存在している。

♬~

1年生の
山之内小春さん。

華やかな
チアリーダーの前で

1人 学ラン姿の彼女。 実は…

入学式の時に彼女が見た応援団の姿は
チアの代表者が特別に披露した演舞。

感銘を受け入部したのだが

蓋を開けてみると
応援団には 自分しか入っていなかった。

十分な練習場も確保できず 今は…

高校時代は
バレー部に所属していたが

大学入学と同時に 応援団に魅せられた。

校歌の振り付けを習得し 今では
応援歌の振り付けを 自ら手がけている。

(ミッツ)自分で作ってんだ!

♬~

それにしても なぜ たった1人で
応援団を続けているのだろうか?

(小沢)すばらしい!

彼女が通う西南学院は
102年の歴史がある伝統校。

なかでも 応援団は…

そんな応援団のOBの中でも 彼女を
支える 大きな存在となっているのが…

毎回 欠かさず
彼女の練習に立ち会い 指導している。

♬~

どうでした?
ミスったけど 今のは よかったよ。

ミスはあったけどね。 力強いよ。

(入江)よし よし。

「えっ この子か!?」って。
心臓が バクバクしたわ。 あのね…

先月 行われた
初めての文化祭。

応援以外での演舞披露ということもあり
一層 緊張感が高まっていた。

(小沢)頑張れ。

(コール)

今日は 応援指導部の演舞祭である!

(コール)

応援指導部応援団
唯一の一回生にして 唯一の団員。

どうか優しく見守ってほしい!

(コール)

♬~

すごい成長が見られた日でした。

♬「岸を洗う 紺碧の波」

♬「松の緑 青春の色」

そうですね
その させていただいてる中で…

♬「わが行く道」

♬「さあれ友よ」

逆境をはね返す時 最後の力を
振り絞る根性を支えるのが 応援だ。

それが たとえ たった1人でも

選手と 心が一つになれば

きっと奇跡は起こるはずだ。

♬「西南 西南」

気持ちいいじゃないすか
こういうの見てると。

後輩を先輩が尊敬し 後輩も先輩のこと
尊敬しって お互いにね。

その中で
力 抜けないじゃないすか 息も。

だから 昔から応援団は就職率いいんだよ。
そうですね。

大学生は みんな とりたいんだよ。
はっきりしてますよね。

はっきりしてんのね。

(ミッツ)彼 今日 来てないの?
来てないの?

やめてんじゃねえだろうな?
しっかり やってます。

(小沢)あ~ 確かにね!
1人しかいないしね。

応援団 入んないかっつって
誰もいなくて 女の子が入っちゃって

初め ばかにされるんだけど 学ラン着て
ちゃんと やっちゃうっていうね。

ちゃんと応援をできるっていうような。

今日見たVTRの中で
一番 スポ根を感じました。      逆にね。

直接の運動じゃなくても…。

今日は 「スポ根」というテーマで
見てきたんですけれども

中畑さん いかがでしたでしょうか?

いろんなね ジャンルの中に
歴史を感じますよね これね。

で 我々は その中に
真っただ中にいたというね…

時代の その価値観みたいなのは
移り変われど

やっぱり このスポ根的な皆さんとか
見ると ほんと キュンキュンしちゃう。

やっぱ この概念というのは なくさずに
残ってってほしいなって思いますし

とっても こう…

スピードワゴンの お二人は?
最後 女性の方が

「応援してるんじゃない 応援させて
頂いてるんだ」っていう言葉がね…。

やっぱ
だから 今こうやって エンディングの…

そういう気持ち。
やっと分かった?   やっと分かりました。

忘れがちなんですよね。
(ミッツ)忘れちゃうね そういうのね。

所さんは どうでしたか?
いや 「スポ根」って聞いた時に

「どういう番組になんのかな?」と
思ったけど…

気持ちがよかった だから。

それでは たけしさん 今日の総括を…。

人間の脳と体ってのはね
まだね すごい 一体化してないんだよね。

そうするとね その一体化した
無意識の状態に入るまで

無意識に できちゃうまで
追い込んで練習しないと

球 とれない球 頭で無理な球でも
なぜか とっちゃう時あるじゃん。

火事場のばか力もあるし。 そうするとね
そこまで こう体を追い詰めて

稽古に励まないと 駄目な部分は
まだ人間 あんだよな。

で 一回 やり方 教わったからって
すぐ分かるわけじゃなくて 覚え方が…

脳で覚えるのとは違うってのが
あるからね。

やっぱり
スポーツ根性の漫画が成立すんのは

人間の不完全さっていうかね

AIになってないという
不完全さが生み出す…。

逆に いいことなんだよね。
そこにドラマが いっぱいあるという。

(笑い)

皆さん どうも ありがとうございました。

明治大学応援団の皆さんも
ありがとうございました。

(拍手)


関連記事