ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP 秋山眞人、大槻義彦、山口敏太郎…


出典:『ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP』の番組情報(EPGから引用)


ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP[字]


あなたの街の超常現象を徹底調査!石坂浩二の見た“ゴム人間”を完全再現!?テレビ初登場のUFO少年に、SNSで話題謎の妖精・小さいおじさんとは?肯定派VS否定派の大激論!


詳細情報

◇番組内容

平成ラストイヤーとなる今年は、日本国内で起きた超常現象を平成30年間分、徹底調査!テレビ初登場、UFOが見える少年!?石坂浩二の見た“ゴム人間”を本人証言を基に完全再現!?SNSで話題、りゅうちぇるの写真に写る謎の妖精小さいおじさん!?実はあのモデルも都内で遭遇!超常現象ファン片桐仁のUFO体験、さらには新型未確認生物・茨城の“植物ネッシー”、大阪“スカイヘアー”とは?スタジオにカッパのミイラ登場で大激論!

◇出演者

【司会】ビートたけし

【進行】阿川佐和子


【ゲスト】  

アンミカ 石坂浩二 伊集院光 江口ともみ 大竹まこと 小木博明(おぎやはぎ) カズレーザー(メイプル超合金) 片桐仁 羽鳥慎一


【専門家】

秋山眞人 大槻義彦 カゲローカッパ 高木秀雄 竹本良 坪田敦史 中沢健 韮澤潤一郎 山口敏太郎 他

◇おしらせ

☆番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/chojosp/



『ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP
  1. UFO
  2. 羽鳥
  3. 目撃
  4. 撮影
  5. 中沢
  6. 河童
  7. 男性
  8. 映像
  9. スタッフ
  10. 物体


『ビートたけしの超常現象Xファイル 平成30年分!日本の超常現象全部見せますSP』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

まずは

東京 新宿に現れた UFO。

目撃情報があったのは
平成23年5月8日。

午後3時頃 JR大久保駅から
徒歩10分ほどの住宅街上空で

目撃された。

その瞬間の映像が こちら。

(女性)ちょっと やばい…。
私 生まれて初めて見た!

(大竹)『読売』も出すんだ。

(阿川)興奮しすぎでしょ。

(石坂)すごい小さいな でも。

白や青 ピンクに輝く
無数の光。

ゆっくり落下しながら

副都心方面へと
消えていったという。

続いては

福岡県北九州市の巨大水生獣。

平成28年 10月4日。

北九州空港付近の海で

謎の巨大生物が目撃された。

(スタッフ)最初 見た時
どんなふうに思いました?

清水さんは ジョギング中に

その動きは

ネス湖にすむ 伝説のUMA
ネッシーのようだったという。

(清水さん)大体
この辺かなと思うんですけど。

(スタッフ)この辺で撮ったんですか?
(清水さん)はい。

向こうの空港の方から
ぐーっと来てた感じですね。

その時 撮影した映像が こちら。

画面中央に ご注目!

(羽鳥)おお…!

水面を移動する

5メートルほどの大きな黒い影。

(清水さん)何かの背中だなって
この辺で思って。

でも クジラでもないし
なんだろう? と思って

ずーっと撮ってたんですけど。

あの小島の辺から
ぎゅーっと方向を変えてきて

こっち側に向かってきたから…。

他にも この黒い物体を
目撃した人はいないのか?

よく釣りに来るという釣り人に
話を聞いてみた。

(スタッフ)えっ?
(男性)スナメリ。

釣り人によれば

この海では頻繁に
スナメリが目撃されているという。

しかし 映像を見てもらうと…。

ああ…。

(スタッフ)この橋の上で
見たみたいなんですよ。

へえ~。

釣り仲間にも見てもらった。

地元の人たちも誰一人
見た事がないという。

この謎の影について

ヒヨドリの群れだという説など
様々な憶測を呼んだが

真相は明らかになっていない。

続いて 山口県下関市綾羅木町で

目撃されたUFO。

平成26年11月15日。

目撃したのは
当時 高校3年生だった3人。

午後8時頃
不思議な光を発見した。

ちょっと こっち… 今は
マンションが見えるんですけど。

ここからマンションの方を見て
マンションの横ですね。

うわっ UFOだ! と思って。

興奮で手が震えながら
スマホでの撮影に成功。

その映像が こちら。

やばい やばい やばい やばい…。

待って 待って!
これ 絶対UFO!

止まったって!

いや… 待って! やだやだ!

止まった…。

時刻は午後8時。

周囲には 帰宅中のサラリーマンなども
いたのだが…。

ただ 私たちが…。

めっちゃ手震える!

その後 謎の光は

続いては

神奈川県某所で目撃された
謎の発光生物。

平成24年11月6日 深夜1時。

あるリサイクル業者の
防犯カメラに

見た事のない謎の物体が
映り込んでいたという。

こちらが その防犯カメラの映像。

深夜 謎の物体は

画面右側の壁を
歩くように上り下りしたという。

その姿が これだ。

(羽鳥)うわあ!

(羽鳥)うわあ~!

これを
UMA研究家の中沢氏は…。

これですね

ナイトクローラーに 形状が
似てるような気がしますね。

2011年
アメリカ カリフォルニア州の

民家の防犯カメラに映り
話題になったUMAが

ナイトクローラー。

首から足が生え
体長は1メートルほど。

全身を発光させ
真夜中の徘徊者の異名を持つ。

それも アメリカの監視カメラに
映っていたもので…。

もしかすると…。

ベビーの段階なのかも
しれないです。

中沢氏は その大きさから

ナイトクローラーの子どもと
推測したが

その正体は 果たして…。

続いては
静岡県 修善寺に現れたUFO。

初詣の参拝客でにぎわった
平成28年の元日。

修善寺の近くに住む望月さんが

自宅の庭から 何げなく
山を眺めていた時に目撃した。

揺れてる。 だけど…。

その言葉で 娘の沙織さんが
急いでカメラを準備。

そこに映っていたのが…。

これだ。

(観客)えーっ!

(沙織さん)
うわうわ うわうわ…!

なんだ? これ。
なんだ? これ。

すごい。 すごい すごい。

カメラは固定して撮影したので
手ブレなどはない。

ゆらゆら揺れているのは
この光自体の動き。

ズームすると
丸い光が色を変えながら

ゆらゆら動いているように見える。

光は 1時間以上
ゆらゆらと揺れながら

山の上で 光り続けていたという。

群馬県某所に出た 謎の怪物。

平成28年 あるキャンプ場。

深夜1時に
父親と小学3年生の息子が

謎の怪物と遭遇。

その写真が こちら。

おわかりだろうか?

二足歩行で こちらをじっと見る
怪物のような姿が。

全身 毛だらけに見えたといい

親子は恐ろしさに 急いで
その場をあとにしたという。

これに似ているのが

2000年 アメリカ フロリダ州で
撮影された

人獣系UMA スカンクエイプ。

親子が遭遇したのが
このUMAなのかは定かではないが

後日 息子は…。

と証言したという。

続いては

兵庫県姫路市の謎の飛行体。

今年の3月13日。

世界遺産 姫路城から程近い
住宅街で…。

…って言って 慌てて もう
どうしよう! って なってて。

ビックリしたな。
(スタッフ)ビックリした?

息子を耳鼻科へ連れてきた際

駐車場から見た空に
謎の飛行物が見えたという。

その映像が こちら。

画面中央の空に注目。

(里江さん)どうしよう どうしよう
どうしよう…!

おわかりだろうか?

親子が恐れていたのは

空中を浮遊する
人型にも見える謎の物体。

(里江さん)わからないんですよ。

近所の人たちを含め

詳しく話を聞くと

目撃者にしか わからない
新たな情報が!

よく見とったら なんか こう

(里江さん)そう… で ゆっくり
回転しながら飛んでたんで…。

ずーっと こう
飛んできたんですけど。

ここから こう… この上に…。

(里江さん)方向的に言ったら。

(スタッフ)山の方に?
(里江さん)山の上…。

謎の飛行物は
少なくとも数キロを移動。

水平を保ち
山の奥へと消えていったという。

果たして これは なんなのか?

オカルト研究家 山口敏太郎氏に
映像を見てもらうと…。

これはね 俗に言う…。

…っていう事例が
世界中にありまして。

なんのために飛んでるのか?

これは そもそも 生き物なのか?

あるいは
メカニックのロボットなのか?

これは

さらに 山口氏は
全国で目撃例があるという。

目黒駅に程近い路地裏。

(女性)結婚式とか…?

こちらは

和歌山と大阪との境にある紀見峠。

(男性)なんか でかすぎねえ?
ゴミにしちゃ。

(男性)せやな。 ハハハ…。

(男性)やべえ!
あれ 探索するしかねえだろ。

(男性)行くか。
(男性)やべえ…。

さらに 沖縄県 北谷町。

嘉手納基地周辺
観覧車の上空に…。

(羽鳥)うわあ… いるな いっぱい。

高度を保ったまま

空中に とどまっている
人型が…。

そして…。

それは 福岡県福岡市。

去年の11月13日。

市内の短大生が
至近距離で

フライングヒューマノイドを
目撃したという。

(スタッフ)よろしくお願いします。

飛んでる物体を見たんで…。

それは 昼休みの教室で

窓から
友達3人が見たという光景。

撮影したのが…。

こっち側の山の方に向かって
スマホを向けて撮影しました。

えっ こんな近く…!?

(平方さん)結構 近かったね。

では 至近距離で見えたという

フライングヒューマノイドの
映像を ご覧頂こう。

拡大してみると…。

そこには はっきりとわかる
空飛ぶ人型の姿が…。

さらに その時 居合わせた
友人が撮影した

スマホの映像でも…。

兵庫のものと同様

さらに
その時に撮影した写真も…。

それも なんか
全くついてないので…。

フライングヒューマノイドは

数キロ先の山の奥へ
ゆっくりと消えていったという。

リツイートとか「いいね」とかも
2万とか そういうのを超えて

すぐ携帯の充電とか
なくなる感じでした。

と 思ってました。

果たして それは
未知の生物なのだろうか?

静岡県に流れ着いた
不気味な死骸。

この生物の正体は
一体なんなのか?

三重県 菰野町の
ミステリースポット。

宇宙人が置いたのか?

世にも奇妙な奇岩の謎に迫る。

大阪府堺市の不気味な飛行生物。

スカイヘアーなんじゃないかなと…。

スカイヘアーなんじゃないかなと…。

(中沢)映像に捉えられなければ
幻覚ですけど…。

毎年 この番組が始まると

いよいよ
今年も終わりだっていう感じ…。

色々 大変でした。 スタッフも…。

見た事ないものは見た事ない。

って言っても
わからなかった人がいた。

理解してないから…。

だから これがね また今日は

どういう理由で
ちゃんと現れないんだとか

あれは なんなんだとか。

じっくり
また 大ゲンカして頂いて

いい正月を迎えてもらいたいと…。

はい。 今日も怪しい方々に

たくさん お集まり
頂いておりますけれども

石坂浩二さんは なんと
肯定派にいらっしゃるという…。

そうなんですか?

色んなものって?

石坂さんは お宝が… 『鑑定団』で
ちょっと おかしくなっちゃった。

そして もう ひと方

否定派の方に
羽鳥さんがいらっしゃいます。

私 どっちかっていうと
信じるんですけど

毎回 この番組に来ると
ちょっと 特に…。

今 VTRに
たくさん出てきた

フライングヒューマノイド
っていうものについて

これは いつ頃から こんな…?

そうですね。

正直に言って 確かに
バルーンもあると思います。

風船?
(山口)風船。

例えば 人型のアドバルーンが
飛んでっちゃって

それが くるくる回ってるって
あると思うんですけど

それ以外で…。

(山口)左足を使って
クラッチを切ってる形跡があって…。

足でクラッチ?

それはね
ロスオリンピックでしたっけ?

背負い式のジェットが
ありましたね ジェットエンジン。

あれを使って 工作員が
工作活動してるって話が

メキシコとアメリカで
広がってたんですよ。

で 結構ね 工作員って

例えば… あんまり
言っちゃいけないんですけど

産業スパイで情報を盗んだ
民間のスパイとかですね。

国家からの諜報部員だったら

なんらかの 他の…
他国のプロジェクトを盗んだあと

逃げちゃうとか。

そういう 『007』みたいな事が
実際にあるんですよ。

今の映像を見る限り これは…。

まずね 浮遊物が
ゆらゆらしてる…

風に流されてるような感じは
ありますね。

それに 回転してるんだよ。
こういうふうに。

(山口)ただ
フライングヒューマノイドの

非常に不気味な事はですね…。

翌日? えっ?

(山口)これは
シンクロニシティーなのか

それとも 工作員の工作なのかは
別としてですね

ちょっと
奇妙な事があるんですけど。

まず 1個目ですね 3月14日。
今年ですよね。

フライングヒューマノイドが
撮影された翌日ですね…

兵庫県で撮影されたら

翌日 鳥インフルエンザが…。
(一同)ええ~!

翌日カラスが… カラスの死体が
見つかるんですね。

それを調べてみると
鳥インフルエンザが

感染していたと。

(小木)すごい陰謀論…。
(山口)まあ これだけだったら

単なる偶然だろうと
思うんですけど

今度 2013年の7月26…。

またフライングヒューマノイドが
出て…。

品川区。 はい。

(山口)ちょっと
突如 気象がおかしくなりまして

なんと 隅田川花火大会…。

(羽鳥)雨じゃないですか?
(小木)それは たまにありますよ。

(羽鳥)それ 雨でしょ。

(羽鳥)それ 雨天中止ですよね?
(小木)夏だし。

世相が暗くなりますよね。

もう1つ。
(山口)えーっと 福岡で

現れた次の日がですね なんと…。

日馬富士の…。

これ 山口さん
随分 個別な事件の方へ…。

日馬富士… じゃあ 今度は
貴ノ岩が弟子殴ったら もう…

フライングヒューマノイドかな?

随分 個人的な問題でしょ それ。

(大竹)山口さん 山口さん それ
フリップめくれば めくるほど…。

一つ 言える事は 人々が…
我々は共同幻想として

人間がね 共有意識として
こういう

災害とか 社会不安が起こる前に
こういう不吉な事があると。

(大槻)あなたのね…
あなたの言ってる事はね

科学では 一切
そういう相関関係と…。

(山口)科学が一番偉いわけ
ないじゃないですか。

(大槻)何か相関がある
何か関わりがある…。

それは 偶然 そういう事も
あるわけですよ。

だからね そういう事が
起こったにしても

それは 単なる因果関係…
じゃない 相関関係。

関係が
あるように見えるけれども…。

科学が一番偉いと思ったら
間違いで 民俗学では当然の事…。

(羽鳥)いいですね。

相関関係が…。
(山口)人々が想像とか…。

(羽鳥)年末ですね。
(小木)来ましたね 年末が。

あなたが言ってるのはね
相関関係なの。

(秋山)だから
それを科学的に言うんだったら

相関関係なのか因果関係なのか
はっきり

(秋山)だから それ なんで
断定できるの? 実験したの?

単に相関があると言ってる。
(秋山)だから 全く科学的な

論理じゃないですよ。
大槻さんが言うと

いかにも科学的なように
聞こえるけど

全く 論証も実験も
やってないんですよ。

韮澤さんは いかがですか?
(韮澤)あのね 今の この論争が

あまりにも ちょっと あの…
軽薄なんで。

軽薄!?
(一同 笑い)

(カズレーザー)韮澤さんに
軽薄と言われるとは…。

論争が軽薄だって。

続いては これらの地域から。

まずは…。

熊本県合志市の謎の飛行体。

平成23年3月24日
午後1時。

田園風景が広がる この地で

ある男性が 空に
奇妙なものを目撃したという。

(スタッフ)よろしくお願いします。
(吉澤さん)お願いします。

こちらが 目撃者の吉澤さん。

飛んでて…。

わかんないですけど…。

目撃現場は
ラジコンメーカーに勤める吉澤さんが

テスト走行で使うという
コースの上空。

恐らく この辺りで

もう この辺りなんですよね。

ちょうど
あの電柱の あのぐらいで…。

その映像が こちら。

(吉澤さん)ん? なんがですか?

(男性)えっ なんだ?
おっ なんだ? あれ。

(吉澤さん)一反木綿?

熊本県合志市の謎の飛行体。

恐らく この辺りで

もう この辺りなんですよね。

ちょうど
あの電柱の あのぐらいで…。

その映像が こちら。

(大竹)うまい。 すごい。
すごいドリフト。 おお~。

(吉澤さん)ん? なんがですか?

(男性)えっ なんだ?
おっ なんだ? あれ。

(吉澤さん)一反木綿?

(吉澤さん)これ なんすか? 龍?

(吉澤さん)一反木綿?

(吉澤さん)これですよね?

空をゆらゆらと泳ぐように飛ぶ
長~い謎の物体。

実際に見ると その長さは…。

はあったんじゃないかなと…。

(スタッフ)30メートルぐらい?
(吉澤さん)恐らく。

(吉澤さん)もう ずっと…
こっち側… 南なんですけど…。

ずっと飛んでいったような
感じですね。

(スタッフ)鹿児島の方に?

方向的にはですね。

謎の物体は 鹿児島方面の山奥へ
消えていったというが…。

山口氏いわく 謎の物体が
鹿児島方面に消えたのは

偶然ではないという。

(山口)一説には UMAだという
説もありますけどね。

まあ こういうものがね…。

でも 日本でもね

ちょっと 我々日本人にも
ある 親しみのある言葉で

呼ばれていたんですよ。
それは

『ゲゲゲの鬼太郎』で おなじみ

一反もめん。

古い文献では

人に巻きつき 窒息死させる
怖い妖怪といわれるそうだが

実は…。

そこが 一反木綿が出る場所って
いわれていて。

鹿児島県が まあ

一反木綿の伝承地というふうに
民俗学ではなっていますね。

そう 一反木綿の出身は鹿児島県。

つまり 鹿児島方面へ消えたのは
偶然ではないというのだ。

そして 今回は なんと

本場 鹿児島で捉えられた

一反木綿の映像を入手。

それは 一反木綿発祥の地から近い
鹿児島県指宿市。

平成21年3月24日。

女性2人が
カフェで お茶をしている時

空に その姿が…。

(羽鳥)うわ~!

(アンミカ)ええっ!?

(羽鳥)大きいな。
(アンミカ)リアル…。

大きく広がり

空中を泳ぐように浮遊する
謎の物体。

果たして

続いては

大阪府堺市の謎の飛行物。

平成24年4月7日 午後6時30分。

堺駅から程近い団地の一角で

30代の男性が
見た事のない謎の物体を目撃。

今回 顔を隠す条件で

特別に
取材に応じてくれた目撃者。

っていう感じでした。

でも よく見ると なんか
フワフワ浮いてたっていうか…。

まるで タコが
空を飛んでいるようだという

その姿。

実際の映像が こちら。

(カズレーザー)粗いな…。

確かに 空中を漂うタコのように
見えるが…。

よく見ると なんか…。

スカイヘアーなんじゃないかなと…。

中沢氏いわく

この物体はスカイヘアーという
UMAの一種だという。

目撃者は
急いで家にデジカメを取りに行き

スカイヘアーを撮影。

その姿を できるだけ長く収めよう
と思ったそうで…。

♬~

5分以上撮影。

ここで 動画は終了。

このあとも
空を漂い続けたそうだが

夜になり 見えなくなったため
諦めたという。

だから 最後に
あの… フワフワ浮いてたのが

(佐藤さん)
ホントに なんか 焦げ茶色…。

新種の未確認生物なのかな
っていうの 思いましたけどね。

ピントがずれてるんで
ちょっと…。

それからまた

未確認生物っぽい物体を
撮ってるんで…。

CGとか合成では

ピントずれたのを作ったりは
できないんですよ。

中沢氏は スカイヘアーの正体を
こう推測する。

UFOっていうのは

人間の思い描いた思念が
空に投影されて

実体化してるんじゃないか
っていう考え方があるんですよ。

で やっぱり その…。

まあ 頭髪の少ない方の…。

(中沢)可能性は
あるんじゃないですか?

果たして
この謎の物体の正体は…。

ショックな事…
もう いっぱい続いたから

わからなくなってきた。
次々にね。

髪の毛が…
カツラが飛んでて…。

いや でも ああいう なんか
色んな こう… UFOとか

色んなもん
撮ってるじゃないですか。

いつも

(小木)ただ そっち側の人は
そういう格好しない方が

いいと思うんですよね。
(一同 笑い)

(小木)肯定派の方こそ
俺 ちゃんと 格好した方が…。

これは ただの普段着なんで
許してください。

あの で あの…

やっぱり UMAとかを
目撃してる人の話を聞くと

僕ら… あんまり見てない方は

(中沢)でも…。

いやいや 飽きないですよ。

飽きない あれは。
すごい事じゃないですか あれは。

僕も2カ月前に
竜を目撃したっていう方に

取材に行ったんですけれど
やっぱ その方は

(中沢)やっぱり
ずっと空 漂ってたんですけれど

3時間見てたら やっぱり
もう帰ろうかってなっちゃう…。

竜を見て?

(大竹)話を戻すとさ

大阪で ハゲの人がたくさんいて…
言ったよね。

(中沢)
はい 頭髪に悩んでいる方が。

(大竹)その思いが通じて…。
(中沢)通じてっていうか…。

(大竹)空の上に
大きな髪の毛が現れた。

いやいや
だから 空の上に現れたって

もしかしたら ここら辺にね

いいのが落ちてるっていうんなら
そりゃあ わかるけど

空の上 見たって…。

これは 願いを叶えるために

実体化してるわけじゃ
ないんですよ。

例えば 僕も 今…

素敵な女性と付き合いたいなとか
思うじゃないですか。

そういう時に…。
それは どうでもいいんですよ。

(中沢)
思いが実体化するっていうのは

別に 願いを叶えるっていう
意味じゃないんです。

だから
全部 髪の毛の話にしましょうよ。

じゃあ 仮に
僕が頭髪に悩んでいたとしますよ。

で 髪の毛が欲しいなと思ってて

髪の毛が現れるって
現象であって…。

(中沢)頭髪に悩んでいる方の
思い描いたものが

実体化するっていう現象が
あるんじゃないか…。

その理屈でさ 資源とか
あってほしいとか思うものが

実体化するってなってくると

そういう UFO…。

(観客)ああ~。

結局 あなたの思いって事に
なっちゃうよね。

それは幻覚って言うの。

別の言葉で言えば幻覚って言うの。

これは 映像に捉えられなければ
幻覚ですけど

映像に映ってるって事は
思念が実体化してるんで。

だから それを幻覚って言うの。

あんな髪形になりたいですかね?
(一同 笑い)

(羽鳥)ちょっとロングヘアー。

もうちょっと…
普通の短髪でいいと思うんだよな。

あれに関して言うと

実際には食べられなくても

山盛りのプリンを食べたい
みたいな事を考えた時に

実際には…。

それと同じで
髪の毛が欲しいなって思ったら…。

してしまうっていうのは
人間のリアルな心理ですよ。

(大竹)あれをなんだと
お思いになってますか?

あれは 凧です。

(一同 笑い)
凧! カイトの凧。

凧上げの凧ね。
同じ場所をね…

そこを回ってますし

透明な釣り糸か何か
下に あるような…。

やっぱ いじられたくないから
顔 隠した…。

これは 僕らの責任でも
あるんですけれど

やっぱり UFOとか
UMAを見たって言うと

職場とかで
バカにされたりする人が…。

仲間にされたら嫌ですよ。
(中沢)いや でも…!

僕の責任でもありますけど
皆さんの責任でもありますよ!

続いては こちら。

高知県南国市の
エネルギースポット。

やって来たのは
町の半分が山林という南国市。

市街地から離れた山の中に
その聖なる場所があるらしい。

生きた鳥居とは
どんなものなのか?

だから 縁結びの神様いうてね

もう 九州から
マイクロバスで来るしね。

神社の一番近くに家がある
中山さんが

その場所に案内してくれた。

少し歩くと そこは もう
神と人間の世界が交わる

すると その先に…。

あの ほら ちょうど…。

なんていうの? 真ん中に ほら
お宮さんの真ん中に…。

(スタッフ)あっ 繋がってる!
木と木の間。

石で造られた鳥居のすぐ上に…。

天然の杉の木でできた鳥居が。

左右の杉の木が
幹から出た太い枝で繋がっている。

これが 鳥居杉と名付けられた
神秘の木。

(スタッフ)これ 左側は きっと

枝が そこから伸びてる
っていう感じがしますね。

でも この右側が… なんか こう

あとから あそこに
くっついたように見えます。

ここは およそ400年前に
造営されたという

村に伝わる話によると
この神社は

土佐藩の初代藩主 山内一豊が
この場所で病に倒れ

その時 介抱してくれた
村人たちのために

建てられたという。

そこに生えた2本の杉が

しかし 実は
このように木と木が繋がるのは

連理木という
自然現象で説明できる。

連理木とは

樹木同士の枝や幹が
擦れ合う事で

癒着結合したもの。

この神社の鳥居杉も
連理木なのは間違いない。

ならば

それは…。

(中山さん)これに ほら
「300年をへている」って…。

300年とは 私はね 言わん。

生きてると思いますよ
400年ぐらいは。

(スタッフ)400年ぐらいは生きてる?
(中山さん)…と思います。

ほんで それが

いつの間に こんなに繋がったかは
わからんけど

(スタッフ)そうか…
やっとわかりました。

つまり 神社ができた時期以降に
杉の木が生え始めたから

繋がったのも だいぶあと
っていう事ですね?

うん そう… そうです。

(中山さん)ほんで
いつの間に繋がったかは

それも わからん。

そう 鳥居杉が神秘的なのは
神社ができてから

そこに連理木ができた
可能性があるという事。

神社の造営は およそ400年前。

杉の木が生え始めたのは
300年から400年前。

つまり 神社ができてから
だいぶあとになって

木が繋がったという事になる。

これは

ある時 なんか

主人から聞いた話では。

実は 鳥居杉の近くには

竜神がすむと伝えられている
瀬戸の滝もあり

この辺り一帯は

エネルギースポットとも
いわれている。

もしかしたら

神秘の力で 不思議な現象が
起きたのかもしれない。

続いては 青森県から

河童の衝撃映像が…。

その映像が こちら。

(アンミカ)おおっ…!

日本に古くから伝わる妖怪 河童。

川や池などの水辺にすみ
人や動物に危害を加える半面

地域によっては

水の神様としても
崇められている。

そんな河童の衝撃映像が

青森県で撮影された。

これは ある池で
釣り人が 偶然 撮影した映像。

そこに映っていたのは…。

池の奥に注目。

(羽鳥)おおっ…!

おわかり頂けただろうか?

水中に潜るや否や

猛スピードで
移動し始めた。

(羽鳥)ああ~!

しかも よく見ると
2匹いるようにも見える。

1匹は左へ
もう1匹は右へ移動した。

河童と思われる謎の生物が
捉えられた この映像は

日本中に衝撃を与えた。

こうした河童の目撃情報は
日本全国にあり

いまだ 多くの河童伝説が
存在している。

古くから
伊万里焼の産地として栄えた…。

江戸時代から続く
こちらの酒蔵に

280年間 眠り続ける
河童のミイラがある。

それが こちら。

その容姿は
明らかに人のものとは違い

背中には 甲羅のように突き出した
16本の背骨が。

頭頂部に皿はないが
陥没している。

さらに 手の指の間には

水かきのようなものも。

その時に

で この箱の中に
あれが入ってた…。

よく調べてみましたら
ここに さんずいへんの「河」に

伯爵の「伯」という字が
書いてありまして

河伯と読むそうです。

これが その河童の事を
指す言葉って わかった…。

それからは
酒造を営む田尻家では

この河童のミイラを

酒造りの守り神として
祭っているのだという。

さらに このあと

河童伝説で有名な

岩手県遠野市の近くで見つかった

河童のミイラが スタジオに登場。

(拍手)

テレビ初登場!

岩手県奥州市の寶城寺に祭られる
河童のミイラとは?

考古学を研究されている

学芸員の野坂晃平さんに
お越し頂きました。

こちらの方じゃないんですね?
(一同 笑い)

どう見ても こちらの方が…。
(江口)カゲローさんです。

(江口)違うんです。

箱を開けて頂けますでしょうか?

(野坂さん)はい それじゃあ
失礼します。

あらっ!
(観客)え~っ!?

なんか カンガルーの
ちっちゃいの みたいな…。

(江口)こちらは どういった類いの
ミイラになるんでしょうか?

(野坂さん)これは 水虎と言われる
河童のミイラなんですね。

水虎とは 中国に伝わる
水辺に生息する妖怪で

日本に伝わった際に
性質が似ている事から

河童の一種と
同一視されている。

そうですね。

従来の河童のイメージとはね
違うんですけれども

水虎ですから
「水」の「虎」と書きますので

どちらかというと
そういう 虎に近いような…。

(江口)いわゆる 河童というと

お皿があって 甲羅があるっていう
イメージなんですけれども…。

(野坂さん)ですから 頭の皿と
背中の甲羅がない代わりに

鋭い爪。
それから 牙を持ってる。

河童は宇宙人なんですか?

だから なんでも質問しても
みんな 100パーセント答えられる…。

あなた そういうの
わからないか?

屁の河童だっていう意味だから。

笑いも詳しいから。

(竹本)ただね よく言われる
河童っていうのはね

宇宙人のグレイに
よく似てるんですね。

例えば 甲羅っていうのがね
ひょっとしたら UFOを

象徴してるのかも
しれないんですよ。

(大竹)肯定派の皆さんの中で

これが河童だと思ってる方
手 挙げてもらえますか?

(小木)割れるもん。
(大竹)はい 1人ですね。

河童が何かっていう定義が

あなた
どういう定義で聞いてるのか…。

知らなかったら
「挙げろ」じゃねえだろうが!

(大竹)河童じゃないと思ってる方
手 挙げてください。

河童じゃない。
河童じゃない。 河童じゃない…。

河童じゃないや。

(秋山)だって
河童じゃないじゃん。

大体 これは
何年ぐらい前のものなんですか?

これは
20年前に屋根を茅葺きから

今のトタン葺きに葺き替えた時に
出てきたらしいんですけれども。

お寺自体は 今から150年前に
本堂を改築してるので…。

でも 長老は信じてらっしゃる?
これ 河童だって…。

ミイラになると
こういう格好してる。

(大竹)河童は?

(カズレーザー)
買った可能性もあるんですよ。

なんで 拾い物って
決めつけるんですか。

これ だけど すんでたっていう
感じじゃないですか?

茅葺き屋根の あれで…。

(秋山さん)元々 造り酒屋とか
昔は火事が怖かったから

それを封じる信仰対象物として

色んな動物の体のパーツを集めて
ミイラにして…。

じゃあ
さっきのVTRに出てきた…。

だから そうするとね 秋山さん。

(秋山)それは
そういう信仰があって…。

ただ 由来から見ても
これは変わってる。

これは調べるべきだと思う。

これは
そういう予定はないんですか?

CTスキャンとか…。

(一同 笑い)

続いては 日本全国で

まずは
福島県石川郡浅川町。

今年2月
のどかな農村部 浅川町で

謎の飛行物体が出現。

目撃したのは
近所に住む 草野さん親子。

11歳の佑一朗君が発見した。

急いでタブレットを持ち
車の窓から撮影。

少年が見たものは…。

ちゃんとリポートするんですね。

確かに…。

11歳の佑一朗君が捉えた

UFOの動画が こちら。

(佑一朗君)あそこに… これ。

すごい…。 なんだ これ。
すごいね なんか。

下の光が あれなんですよ。

ですけど…。

えっ えっ?

謎の光が目撃された場所には…。

人工的に光を発するものは
何もない。

飛行機のように動く事もなく
完全に停止していたという。

星にしては
あまりに光が強すぎる。

(佑一朗君)ええっ? 怖っ…。

さらに親子は

旅客機にしては
色が違うなと思った 光の。

オレンジ色っていうか
なんか 違う色の大きな…。

低く
飛んでいったような感じだった。

オレンジ色に光る
謎の飛行物体が

低い高度を飛び…。

消えていった方向に…。

(カズレーザー)そっちは
撮んなかったんですね。

この謎の光が現れたという。

何か 因果関係があるのだろうか?

さらに 福岡県でも
少年がUFOを目撃。

平成26年7月24日。

室見川近くの小学校で…。

当時 小学5年生の少年たちが

校庭でUFOを発見。

それが こちら。

(羽鳥)おお… おおー!

(児童)UFOやない?

(児童)UFO! UFO!
(児童)UFOやねえ!

(児童)UFO!

こりゃ興奮するだろうね。

校庭を 一瞬のぞきに来たような
謎の飛行物体は…。

そのまま

そして 今回
普通の人間では目視できない

超高速UFOを
写真に収める事ができる少年との

コンタクトに成功。

自宅は非公開という事で

待ち合わせに指定されたのは
大阪府東大阪市。

奈良県との県境にある
生駒山の龍光寺に行くと…。

こちらが
超高速UFOを目視できる少年

井戸晴也君 中学2年生。

中学校の同級生には

UFOが見える能力を隠して
過ごしたいとの意向で

そんな彼は UFOを撮影しようと
空を見上げると

1日に1枚は撮影できるという。

かつて撮ったものを
見せてもらうと…。

街灯の上に
UFOらしき黒い物体が。

さらに
横長の葉巻形UFO。

そして
空に浮かぶ白い物体と…。

(石坂)これは なんか…。

そして 最新のものは

今年11月 ここ 生駒山で撮影した

前後1.5秒ずつの映像が
記録される

iPhoneの
Live Photos。

その映像が こちら。

皆さん

えっ 終わったの?

ズームしてみると…。

(小木)おおっ おおっ…!

(羽鳥)虫じゃない?
(伊集院)虫じゃないの?

画面を横切る物体が2機。

1コマ1コマ送ってみると

画面右上から左下に向け

消えたり現れたりを繰り返す
黒い物体が。

さらに
画面中央の下から

右上に向け

再び
黒い物体が飛んでいっている。

(アンミカ)こんなスピードでは…。

そして 最後
奥に向かい 飛び去っていった。

そう ここ生駒山で

井戸君は 過去
UFOの撮影に成功しているのだ。

さらに この山の上空に
UFOが頻繁に出現する理由を

少年は こう語る。

そう 井戸君によると

生駒山には UFOの基地があり

上空から着陸するUFOを
よく見かけるという。

そして 今回は

彼が捉えたUFOを
より鮮明に撮影するため

カメラを四方に向け 4台。

さらに 360度カメラも準備。

果たして UFOを
撮影する事ができるのか!?

すると…!

(シャッター音)

井戸君がシャッターを切った!

果たして…。

我々スタッフには
全く認識できないが

井戸君には このようにUFOが
飛ぶ景色が見えているという。

ここから
シャッターを切りまくるも…。

(片桐)撮れないんですね 速くて。

あっ…。

しかし このあと 井戸君が

その映像が こちら…。

おお…!

一体 何が?

皆さん おわかり頂けただろうか?

(石坂)すごい速いな…。

画面中央を ものすごいスピードで
黒い物体が横切っている。

一体 この黒い物体はなんなのか?

iPhoneのカメラより
解像度の高い

4Kの定点カメラをチェックする。

しかし

iPhoneに映ったような物体は
映っていない。

拡大してみても…。

なぜか 番組が用意した
4Kカメラには

何も映っていなかった。

井戸君のカメラに映っていた
黒い物体。

そして 彼の この特殊な能力は
なんなのか?

あっちから来るっていう…。

その特殊能力を
井戸君は持っているという。

さらに 山口氏によると

彼の思念が乗り移り
iPhoneのカメラだけに映ったと

推測した。

一体

そして この少年の特殊能力とは?

このあと

あそこで撮るより UFOの基地が
あるっていうんだから…。

山の上に みんなで張って…。

あの子 基地の場所
知ってますもんね。

なんか言ってましたもんね。
片桐さんは この番組が好きで…。

(片桐)
いや もう 大ファンなんですよ。

あっ お義父さんも…。
ホントに だから

なんっつうか…
好きなんですよね。

それで 片桐さんも
UFOを見た事ある…?

(片桐)僕あります。
UFOを見たきっかけがあって

そこから
見るようになったんですけど。

やっぱり なんか 意思の疎通が
できる感じがあるんですよ。

最初に見た時は… ホントに
車でドライブしてて 嫁さんと。

で いつも止まらない信号を…
歩行者用信号で止まったら

誰も渡らなかったんで…
川沿いの。

で 止まって パッて見たら
UFOがいて。

で 撮ろうと思ったら

ガタンッて
車が揺れたんですよ。

うわって 地震かなと思ったら
地震じゃなくて

パッと見たら もういなくて。
で また青になって

普通に行ったんですけど。
そこから多摩川沿いで

頻繁に見るんですよ。
よく見るんですか?

よく見ます よく見ます。
多摩川沿いで…。

今の少年 ご覧になって
どう思いました?

だから 1回見たら…
もう 向こうも

見る人って事にしてくれて
登録してもらえて…。

見る能力っていうのは
特殊能力なんですか?

わからない。
選ばれたかどうか…。

なんか 気持ちが通じる感じが
したんですよね。

少年が なぜ UFOが飛んでくるか
わかるかっていうのは

これは 第2次世界大戦の

ゼロ戦乗りの
ベテランパイロットが

言ってるんですけど…。
生き残ったベテランパイロットは

レーダーにも
なんにも映ってないのに

近づいてくる敵機がわかる
っていう人は

実際にいたんですよね。

(アンミカ)あると思います。
アンミカさんも?

私も 幼少期から
感覚強いんですけど

私 高校3年の時
あるアルバイトの帰りに

友達たちと 夜道を…
上本町の台地 歩いてたら

ボンって目の前に
いきなりポンって来たんですよ。

それ もう
みんなで見てしまったんで

今の何? って もう UFO以外
考えられないねってなってから

UFOが近づいてくる時
耳鳴りがキーンって鳴るんで

あっ! って思うと そばに来てる。
基本 神社仏閣とかに

精神的に お参りに行こうと思うと
必ず ついてくるんですよ。

ついてくる?
(アンミカ)はい。 で 奈良に

基地があるのは知ってます。
カズレーザーさんは?

そうですね。

あれは どういう事ですかね?
4Kには映らなくて

iPhoneだけに映るっていう理屈が
よくわからないんですけど…。

(アンミカ)彼の想念だけに
見せてくれてるんですよね。

(竹本)ただね 超能力の研究で
念写っていうのもあるんですね。

ネングラフィーっていうのも
あるんですよ。

だから ある意味で
少年の念がですね…

映るという事も
可能性はあるのかなと…。

だから…。

秋山さんは 元祖UFO少年で。
まあね~。

(竹本)UFOにも
乗ってるんですから 彼は。

乗ってるんですか?
まあ だから… まずね

こういう経験をすると

ホントにある事 ない事
ちっちゃい時から叩かれるんで

この子の顔を出さなかった事は

僕は 今回は
いい選択だったと思いますよ。

だから 僕は それから 40年
もう ホントに…。

秋山さんは
最初 見たのは いつで…?

この子ぐらいの年ですよね。

だから それから…。

自分の持ってるカメラにだけ写る
って事も よくあったんです。

どうも…。

マーキング?

(秋山)あります。
(竹本)乗ってます。

UFO… なんですか? あれは。

まず 物理学の専門家じゃないから
わかんないんですよ。

で ええ…。
大槻教授 連れてきゃいいじゃん。

(秋山)それが一番いいよね。

何語で しゃべったんだ?
何語で?

英語? 英語でしゃべったの?

だから テレパシーなんだって。
それも 僕が こう言うと

ほら
バカみたいに聞こえるでしょ?

(秋山)ほら テレパシーって
なんなの? って言うでしょ。

(大槻)知らないもん 私は。
心から伝わる…。

(秋山)ああ それはいいよね~。

じゃあ ゼロ戦のパイロットで

生き残った人が言ってる事
っていうのも

いい加減な事なんですか?
(大槻)いや そうじゃない。

それは ちゃんと…
あなたが言った事は認める。

私らもね パイロットの労働組合に
お願いして

匿名で UFOなり 火の玉を
目撃した情報を教えてくれと

アンケートを取ったの 230人。

そしたら 来たわ 来たわ。

もう… 火の玉とかUFOとか
訳わかんないのを見たと。

もう たくさんあります。

パイロットなんかは夜飛ぶから。

えっ? 大槻さん 急に…。

(一同 笑い)
いるって話ですか?

岡山県赤磐市にある 不思議な岩。

山あいにある
人口250人ほどの惣分。

(スタッフ)ゆるぎ岩?

岩の名前は ゆるぎ岩。

大きな岩で
不安定な所にあるにもかかわらず

落ちそうで落ちないという。

地元の人に
ゆるぎ岩まで案内してもらう事に。

山道を歩く事 およそ20分。

たどり着いたのは この建物。

歴史のありそうなたたずまい。

(スタッフ)岩神神社。
(森さん)はい。

ゆるぎ岩は
この神社のご神体として

奥に祭られているという。

その姿が…。

そう これが
岩神神社のご神体

裏側から見ると…。

3つの岩が
バランスよく重なり合っている。

どうやって
バランスを保っているのか?

さらに このあと

芸能人が続々目撃!?
小さいおじさん伝説に…。

(大竹)たけしさん
友達みたいになってますよ。

岡山県赤磐市にある
摩訶不思議な ゆるぎ岩。

これが 岩神神社のご神体
ゆるぎ岩。

重さは
数トンあるといわれている。

裏側から見ると…。

3つの岩が
バランス良く重なり合っている。

2番目の岩から
大きくはみ出しているが…。

どうやって
バランスを保っているのか?

実は ある言い伝えがあった。

元に戻してくれたと。

地元の言い伝えによると

大昔 一度だけ
ゆるぎ岩が落ちた事があった。

そこで 村人が
山の上で祈ったところ…。

翌日 ゆるぎ岩は
元の場所に戻っていた。

なんと 天狗が
元に戻してくれたというのだ。

それ以来

落ちそうで落ちなくなったという
ゆるぎ岩。

天狗が 絶妙なバランスで
置いたのだろうか?

さらに ここから

南へ およそ60キロ。

香川県坂出市にも
ゆるぎ岩があった。

ゆるぐん。 こう…。

どこにあるのか 場所を聞くと…。

(スタッフ)ホントですか?
(野田さん)うん。

地元の人に 車で送ってもらう事

およそ20分。

これが 香川県の
ゆるぎ岩。

こんな巨大な岩が
本当に動くのか?

77歳の 地元の人に

よく見ると 確かに揺れている。

いやいや
そんなに重くないですよ。

一体 なぜ 動くのか?

実は ある言い伝えがあった。

それは わからんわな。

「おじょも」とは

古くから 日本各地で
言い伝えられている大男

「だいだらぼっち」の事。

それは こんなイメージだ。

(地響き)

あくまで 地元の民間伝承だが

日本中を歩いて
山をつくっていたという

だいだらぼっち。

香川県にもやって来たと
言われている。

それは謎のままである。

続いては 鹿児島県
徳之島 伊仙町の謎の自然現象。

今年の9月29日

ある奇怪なものが見つかったと

ネットで話題に。

それは…。

さとうきび畑が広がる
のどかな大地

日本の原風景が残る 徳之島。

そんな島の南端

伊仙町の面縄小学校に隣接した
墓地の中に

それはあるという。

一体

これ?

(スタッフ)あ! これ!

これは 鹿児島の山川石。
(スタッフ)山川石。

これが
ネットで話題になったという

溶けゆく墓。

確かに 笠の下の石は
細くなっており

不思議な形ではあるが

溶けゆく墓とは
少し大げさな気がする。

その墓石と同じ年代に
建てられたと思われる

別の墓石が残っていたので

そちらを見てみると…。

これ 山川石。
淡い黄色い石なんですよね。

もう 大体 240~250年前の
ものなんですけど。

山川石は 結構 風化に強い…。

本来は風化に強いという山川石。

こちらは 先ほどの墓石と
同じ時代に建てられたもの。

先ほどの墓と比べてみると

同じ年代に建てたとは
思えないほどの差が。

他に きれいに残っている墓も…。

この島に伝わる 様々な
いわれのせいなのだろうか?

呪われるっていうんですか
そういう あれがあるから…。

うちの ちょっと…
大阪にいる霊媒師だけど

その人が… あそこに
ほれ ガジュマルがあるがね。

あそこに 悪霊が いっぱい
すんでるとか言うわけよ。

あそこは 近寄ってもいけないわ
とかって言うわけよね。

よく怖くないんだね こんな…。
僕が見たら いっぱいいるよって。

(女性)小学校側の体育館とかね
ああいうのを建てるために

体育館の下に…。

全部 こっち…。
骨になってるから…。

ほんで そのね

体育館に…。

実は この島には
ひと昔前まで

土葬の風習があった。

そのせいなのか?

やっぱ なんかのあれで

それか その…。

続いては 秋田県横手市の

小さいおじさん。

横手城が有名な
のどかな町 横手市。

この地にある

2011年 新聞一面を飾る
大スクープに!

その記事が こちら。

体長 わずか15センチという

小さいおじさんのような
妖精の姿。

少女の足元を よく見ると…。

わあ! いっぱいいる。

このあと 芸能人も見た
小さいおじさんの真相に迫る!

続いては

秋田県横手市の妖精。

その記事が こちら。

体長 わずか15センチという

小さいおじさんのような
妖精の姿。

少女の足元を よく見ると…。

そこには
白い人間のような物体が3体。

女の子の足を囲み

はしゃいでいるようにも見える。

実は この写真
1972年に撮影されたものだが

撮影者の男性が

近年 アルバムの中から
偶然 発見した。

小さいおじさんは 2000年代以降

的場浩司や釈由美子 中島美嘉ら

多くの著名人からも
目撃情報が上がるが

今回 あるモデルが

小さいおじさんを至近距離で
目撃したという情報をキャッチ。

なんと わずか

平成15年10月。

大塚駅から程近い
マンションの一室で

それは目撃された。

する彼女だが…。

ホントに よく
そうやって言われるんですけど…。

私は 実家と姉の家を
行き来しながら

撮影をしてたんですね。

それは 夜7時頃。

モデルの仕事を終え
姉の家で一人

テレビを見ながら
くつろいでいた時…。

なぜか

思いきって振り返ると…。

(羽鳥)いた!

そして 顔は なぜか…。

(土岐田)ハッ! って思って
こっちも。

ちょっと驚いた表情を
していて。

っていう感じですかね。

そのあと 小さいおじさんは

隠れるように
タオルケットの中へ。

(羽鳥)めくれ!

そして 忽然と姿を消したという。

それから15年 一度も
出会えていないんだそうだ。

あっ… 知ってました。 なんか
よく モデル仲間とかでも

小さいおじさんを見たって
言ってる子が何人かいて

エアコンの吹き出し口の所の
隙間にいたとか

あと トイレにいて 足を滑らせて

そのまま
流されていっちゃったとか…。

多くの目撃情報を残す
小さいおじさん。

果たして その正体とは?

幻か? それとも…。

これかい。
これで 目が合ったっていったら

こう… 30センチ? なんだ?

なんだ? あれは。

小さいおじさん 見た事ある人
いらっしゃるんですか?

(アンミカ)私ね
よく病院にお見舞いに行くと

お花渡すと 花の周りに
フワッフワ フワッフワした

光みたいな… 妖精です。

そっち系は ちっちゃい時に
よく お母さんの病室とかで

見てました。
(竹本)結構 言う人 いますね。

花の妖精を言う人はいますね。

ホント。 ホントに ホントに。
フワフワいるんですよ。

『もののけ姫』に出てくる
子どもみたいな…。

出てるような感じですね。
フワフワした… すごい気持ちいい…。

(伊集院)そういうのを見た時に
単純に 疲れてるなとか

単純に 何かと見間違えたんだって
思わないんですか?

子どもの時から
不思議なものをいっぱい見て

みんなに こう
気持ち悪がられてたりしてて

私の家系が
結構 見る人多いんですよ。

思うんだけどさ
なんで みんな

小さなおじさんがいるんなら
絶対 小さなおばさんもいるぜ。

(アンミカ)ホントですね。
私 おじさんは見てないから…。

(大竹)小さなおじさんもいれば…
小さなおばさんもいなくて。

小さなおばあさんも
いなければ

小さなおじさんは
生まれないからね。

(山口)あの… ちょっと待って
ちょっと待って 大竹さん。

V6の岡田君から 他局で
僕は直で聞いてますけども…。

…って岡田君は言ってます。
ええ~っ!

いた。 おばさんがいた。

続いては まだまだあった!
有名人のUMA目撃談!

ここからは 1000体以上のUMAを
研究していらっしゃるという

中沢さんに…。 お願いします。

そして そのリードは
剥がしの名人といわれている…。

はい。 毎日 剥がしてるんで
今日も剥がしたいと思います。

1000枚以上 剥がしてますもんね。

中沢さんのお手伝いを
させて頂きたいと思います。

お願いします。
はい 参ります。 まずですね

「いいね」がおよそ2万件きました

SNSでバズった小さいおじさん。
小さいおじさん。

(羽鳥)またきました
小さいおじさんが。

これ りゅうちぇるさんです。
ちょっと 信用できないですね。

(羽鳥)もう? もう? 早いですよ。

りゅうちぇるさんが
平成28年の11月の15日に

東京都世田谷区の
等々力渓谷で撮影して

その写真をSNSにあげたら

これが
大変な話題になったという事で。

ご覧頂きましょう。 よいしょ。

はい。 まあ 一見 この森の中で

りゅうちぇるさんが普通に撮った
写真に見えるんですけれども

実は 中沢さん これ…。

(羽鳥)わかりますか?
(中沢)背後。

(羽鳥)よーく見ると…。
(中沢)この辺をよく見てください。

(羽鳥)よーく見ると
何かが写り込んでるんです。

ちょっと わかりづらいですよね?

よーく見た写真 拡大しました。

はい りゅうちぇるさんの後ろに
こんなのが写ってます。

(アンミカ)怖い 怖い 怖い…。
ええーっ…。

(中沢)阿川さん なんで さっき
「ええーっ」って言ったんですか?

いや なんか…
人面に見えるっていう

木のコブかなんかじゃ
ないんですか?

(中沢)いや 違いますね。
これは…。

人にしては
ちっちゃいんですけれど。

(大竹)木のコブは色々あるだろ。
(中沢)そうなんですけれど。

やっぱ これは 有名な写真なんで

そのあと 超常現象肯定派の人も
否定派の人も

現場行ってる人 結構いまして…。
でも これ

(羽鳥)違う… いや
そういう問題じゃないですよ。

おじさんかおばさんかっていう
問題じゃないんです。

りゅうちぇるさんに
お話 聞きました 実際に。

VTR ご覧ください。

みたいな感じの
テンションになって。

普通に載せたら みんなから

「後ろに誰かいるよ」みたいな…。

あの顔の正体は
一体 なんなのか?

SNSをざわつかせた
問題の写真について…。

りゅうちぇるに
詳しく話を聞くと…。

みたいな感じの
テンションになって。

もう 普通に載せたら みんなから

「後ろに 誰かいるよ」みたいな。

ホントに探してみたら
マジで なんか その…。

ひょっこりはんみたいな感じで…。

ひょっこりはん…。

(りゅうちぇる)撮影してる時に

こんな人 いなかったんですよ。

「あっ 写ってるから」って言って。

ましてや 一般の方だったら
今の時代 SNSにあげたら

やっぱり
炎上しちゃったりとかあるので

そこ
すごい気をつけてるんですよ。

だから いなかったはずなんです。
なのに…。

では あの顔の正体は
一体 なんなのか?

写ってるみたいな感じに
言われて。

(りゅうちぇる)そうです。

だから なんか みんなに

小さいおじさんか妖精か
幽霊かみたいな

わーって言われたんだけど
もうホントに その3つのどれか。

人間以外の何かとは思ってます
今でも。

こんな なんか不思議な事って
起きるんだなって思いました。

(羽鳥)これ
石坂さん いかがですか?

(羽鳥)確かに 見えます…。
(石坂)ただし そこに なんか

そういう 人のようなものが
いるんじゃなくて

なんか そこにあるものが
こう 瞬間

人に見えるような
状態になったのかなと。

これは 小木さん いかがですか?

こういうね 写真って
いつも 思うんですけど

そうやって

(羽鳥)そうですね…。
(小木)大体 のぞいてたり

肩に手を当てたりとか…。
(羽鳥)はっきりしないですよね。

そうそう なんか 変なとこに
いるじゃないですか。

(羽鳥)たけしさんは
いかがですか?

これ 前に写って

(一同 笑い)

(羽鳥)はっきり
りゅうちぇるさんです。

たけしさん
でも 鋭いかもしれないですよ。

やっぱり こういう変わった格好
してる方っていうのは…。

民族衣装って やっぱり ちょっと
変わった格好が多いんで…。

格好だった可能性はあります。

(羽鳥)さあ
2つ目 参りましょうか。

こちらも
SNSで話題になりました。

女優でモデルの武田玲奈さん
グラビアの撮影中に…

モスラが出ました。

グラビア撮影中のオフショット

撮影以外に ふっと撮った
写真ですね。 こちら。

この写真なんですけれど

上空に 何かが飛んでるんですよ。
三角形みたいなやつ。

(羽鳥)これは 中沢さん。
(中沢)これがですね まあ

ちょっと 今 引いてる状態なんで
あれなんですけれど。

ここに飛んでるものがいますよね。
これが

ちょっと 蛾のようなふうに
見えるんですけれど

まあ どう考えても
蛾にしては でかい。

そう ご本人も 蝶々にしては
ちょっと大きすぎるかな?

というふうに おっしゃってるんで
ちょっと 拡大…。

水着ショットなのね。
(中沢)そうですね グラビア撮影。

(中沢)見た目は…。
ただし でかいんですよ。

でかい蛾… モスラですよね。

(一同 笑い)
近い… 近いっていう事で…。

♬~「モスラヤ」

じゃあ ザ・ピーナッツがいなきゃ
いけねえよな。

やっぱり たけしさん 鋭いですね。
今 ちょっと

ザ・ピーナッツさんの話を
されてましたけれど…。

やっぱり
きれいな女性の方の近くに

モスラっていうのは
絶対現れる…。

(カズレーザー)
『モスラ』って実話なんですか?

片桐さん 改めて どうですか?

(片桐)いや でも モスラですね。

(大竹)あっ 東宝… ごめんなさい。

(一同 笑い)

(大竹)そこツッコむの?
(アンミカ)そうね。 うん 大事 大事。

(羽鳥)「違います ホントにいます」
って言うのかと思ったら

「違います 東宝です」。

大槻先生は いかがですか?

(大槻)でかいとか小さいとか
言ってるけども とにかく

レンズとの距離がわかんないもの。

なんにも言えないんだよ
そんな事…。

わかりました。 そちらの言い分も
ある程度は譲歩しますけれど…。

っていう事は これは
ただの蝶の可能性もあるけど

モスラの可能性もある
で いいですか?

(大槻)モスラなんて
知らないもんね 私…。

(大竹)あっ すいません。
(一同 笑い)

(羽鳥)そこは勉強になりますね。
『モスラ』は東宝です。

さあ 続いて参りましょう。
平成26年の春

関西の水族館で撮影された
恐怖… ○○人間。

はい 写真 ご覧頂きましょう。

この写真のどこかに
怪人が写り込んでおります。

頭が猫 体が人間。
さあ どこでしょうか?

これ 何? 水族館?
(羽鳥)水族館です。

(中沢)
この辺に 何か怪しいものが…。

その後ろの… 女の子?

(羽鳥)これですか?

(羽鳥)さあ ちょっと
拡大してみましょうか。

これが…。

あら これ…
なんか かぶってるんじゃない?

(カズレーザー)これは
間違いなく猫人間なんですか?

僕も 一応 誤解ないように言うと

全部を 間違いなくUMAだ
ってわけじゃなくて

可能性としては
これも猫人間の可能性を

完全否定は
できないんじゃないかと…。

何が猫なんですか?
(中沢)えっとね ちょっとね

拡大すると
ぼやけちゃうんですけど

ここが猫耳なんですよ。

(小木)そういうのあるでしょ。
だって…。

そういう帽子かぶった子ども
今 いますよ いっぱい。

猫耳だけで猫って言っちゃ
まずい…。

水族館に まず
猫人間の方がいないですよ。

単に 後ろの人のトートバッグじゃ
ないの?

肩掛けのバッグじゃないの?

その後ろの白い服着てる人が
肩から バッグ掛けてるのを…。

(羽鳥)この人のバッグですね。
(伊集院)肩のバッグが

耳のとこ重なって見えてる…。

(アンミカ)ホンマやん!
(カズレーザー)後ろ… そうですね。

(羽鳥)これ
この人のバッグじゃないですか?

(羽鳥)ちょうどいい…
ちょうどいいですよ ほら。

すごい ちょうどいい。
(小木)そこですね。

(羽鳥)中沢さん。

これは えっと…。

10パーしか もう…。

(一同 笑い)
(カズレーザー)10パーあります?

ひゃ… ひゃく…。

(一同 笑い)

(伊集院)
気づくのは 大事だもんね。

伊集院さんの意見
本当ありがとうございます。

(羽鳥)
みんなで正解を出す所ですから。

(中沢)すいません これは…。

(羽鳥)さあ
スポーツ紙の一面スクープです。

明治神宮に妖怪が現れました。

実際に 一面 ご覧頂きます。

平成19年3月16日です。

「東スポ 妖怪ゴム人間 独占写真」

「明治神宮を参拝」

(中沢)これ 何がすごいかって
一面なんですよ。

一面のスクープで ちょっと
ここに矢印しましたけど

ここに写ってるんですね。
東スポでしょ?

だって 東スポでしょ?
東スポは 田中角栄逮捕の時に

他の新聞は 全部一面なのに
猪木血だるまって書いてあった。

(一同 笑い)

さあ 妖怪は
どんな姿なんでしょうか?

目撃者の方の お話です。

(羽鳥)20代の女性。
周りの人には見えていない。

くねくね体を動かして
頭をブルブルさせていて

お参りをしていたと。

これですね。 これを拡大したのが
これになるわけです。

一緒にいた方には
見えてなかったんです。

撮った方には見えてて
あそこに何か怪しいものがいるよ

っていって撮ったら
何かが写っていたっていう…。

今回 番組で… ゴム人間と これ
呼ばれてますけれども

どんなUMAなのか 証言をもとに
CGで再現をしてみました。

ちょっと ご覧ください。

(中沢)これですね。
今 アップで…。

これが ゴム人間なんですけれど。

後ろ姿ですね。

(江口)足がゴム…?
(中沢)緑色の皮膚で…。

皮膚の感じが ちょっと
ゴムっぽい感じだったって

目撃者の方
皆さん 言うんですね。

(羽鳥)証言に基づいたCGです。

(中沢)目撃者の方も 結構
たくさん おられるんですけれど

まず 明治神宮に
参拝に来てますし

襲われたっていう人はいないので
意外と

(羽鳥)ただ これね
ある大物俳優さんが

目撃してるんです。

石坂さんです。

石坂さん 目撃してるんです。
で 『東スポ』に…。

(羽鳥)「石坂浩二も見た」って
ホントに書いてある。

石坂さん見たのと 同じですか?

(石坂)それでね
すごい似てるなと思って…

頭部が全く同じです。
下に描いたんですけど 私が。

(羽鳥)はい これは
石坂さんが描いた絵です。

石坂さんが見た時に
一緒にいた人は いないんですか?

周り 全部歩いてたんです
人が。

その真ん中を歩いてるんですけど。
石坂さんだけ見た…?

全然 気がついてないみたいです。
普通の街中ですか?

(江口)えっ! 近所…。

(石坂)最初に見て それで
2週間ぐらいあとでしたかね。

また見たんですけど 今度の方は
はっきり これだって

すぐわかりました。
(羽鳥)大槻先生 いかがですか?

石坂さんも 実際見てるんです。
(大槻)まあ こういう話は

明治の初期あたりは よくね
東京… 江戸の名残としてね

そういう民話とか…
なんていうか 物語

しょっちゅう出てきますよ。
だけどもね…。

もうちょっと 冷静になったら
いいんじゃないですか?

(中沢)大槻さんは
石坂さんがウソついてるって

言ってるんですか?
(大槻)ウソじゃない。

(中沢)2度もですか?
(石坂)いや 3回ある。

(中沢)3回も…!
(大槻)思い込み。

(羽鳥)秋山さんも
見た事ある…?

(秋山)ありました。
僕たちの時代は 70年代

結構 そういうセンシティブなね
俗に言うスピリチュアル少年とか

サイキック少年って
言われた子たち…

女の子もいたけど
みんな見てたの。

僕たちの時代は
ビニール人間って言ってたの。

で やっぱり
ちょっと顔は緑っぽくて…。

(羽鳥)顔は長い?
長くて グニャグニャ こう してて…。

(石坂)
都立大学の所に なんか こう

次元だか時空だか
わかりませんけど 境目があって

なんか 瞬間的に そこ

くっついちゃったんじゃ
ないかなと。

そんな空間は
物理学的には絶対ないの。

仮説の段階で否定しちゃうのは
科学的じゃない。

(大槻)いや それは

あなたが科学者じゃないから
わからないの。

(羽鳥)さあ よろしいでしょうか?
今回 この

石坂さんに描いて頂きました
イラストを元にですね 番組で

特撮のスーツを作るチームの方に
ゴム人間 再現して頂きました。

(羽鳥)登場して頂きたいと
思います。 お願いします!

(観客)え~!

(羽鳥)はい 立って頂いて…。

じゃあ たけしさんと石坂さん
ちょっと前の方へ お願いします。

たけしさん 横にお願い致します。
石坂さんも 横へお願い致します。

ゴム人間。 ハハ…。

(羽鳥)
これ 石坂さん いかがですか?

へえ~!
(アンミカ)こんなツヤなんや。

(羽鳥)目撃情報は
あるんですか? 他に。

(中沢)目撃情報
ホント たくさんありまして。

まあ 有名人の方でも…。

的場さんが見た?
そうです。

でも これ ホント
目撃情報だけで つまんないね。

なんか ないかね。

(一同 笑い)
(小木)久しぶりに会ったみたい。

(羽鳥)
なんか うまくいきそうです。

続いては これらの地域から。

まずは 沖縄県沖縄市のUFO。

平成2年12月。

沖縄北インターチェンジ近くの
上空に 謎の飛行物体が現れた。

そのUFOを

現在は 歌手のみならず
バラエティ番組でも活躍中。

一体 どんな状況で
UFOを目撃したのか?

沖縄のタレントスクールに
通ってる頃で

多分

それは
MAX LINA 13歳の12月。

タレント養成所の仲間と出演した

ぬいぐるみショーの帰りのバス停。

今日 転びそうになってたでしょ。

友達と談笑しながら
バスを待っていた その時…。

ねえねえ あれさ…。

上空に怪しい光が…。

急に その

その後 謎の飛行物体は
分裂 合体を繰り返し

近づいてきては遠ざかり

およそ1分間 飛び続けたという。

このような UFO目撃情報は
沖縄に まだまだある。

続いては 石垣島からの
UFO目撃情報。

夜になると…。

日本でも有数の星空が観測できる。

この地で

星空ツアーのガイドを営む
新垣さんも

謎の飛行物体を目撃した一人。

(新垣さん)ここ 真っ正面で…。

光が 4つ

オレンジの おっきな光が
光ってたんで

うわ~! と思って。

星空ツアーをやってるんで

もう ほぼ毎日
星 見てるんですけど…。

その映像が こちら。

スマホで撮影した
この映像には

かすかな光しか
映っていないが…。

星空観測用のスチールカメラには

はっきり映っていた!

その写真が こちら。

オレンジに光る4つの飛行物体。

それぞれが
異なる動きをしていたという。

そして
同じようなオレンジ色の物体が

沖縄県那覇市でも
目撃された。

石垣島の目撃情報より
さらに2年前

平成26年1月23日。

(男性)すごいビックリ。

(男性)今 ちょうど 映してるよ。

(女性)ウソでしょ…。

那覇市街上空に 3つの謎の光。

さらに このあと…。

(女性)あっ 増えた!

(男性)すごい。 すごいね。

(男性)増えた 増えた。
(女性)もう一個 増えた。

そして ゆっくりと動き続ける。

(女性)なんだろう?

飛行機とは明らかに異なり
光も かなり強い事がわかる。

♬~

さらに 光は このあと…。

この謎の光は 多くの人が目撃し
新聞記事にもなった。

この日 光の原因となる
イベントなどもなく

天文現象とも
考えられないとの見解。

さらに 平成20年3月14日
沖縄市でも目撃された。

それが これだ。

(女性)あっ すごい すごい!
すごい 見て!

(男性)2機 2機。
(女性)見て! すごい すごい!

看板の上を2機の飛行物体が
10分以上 激しく旋回し続けた。

(男性)結構 瞬間移動してるね。

(子ども)長い。
(女性)すごい!

(男性)おお おお
おお おお…。

おお おお… すごい すごい。

実は今 日本のある土地に
UMAが集まっているという。

それが 茨城県なんです。

まずは つくば市で目撃
植物ネッシー。

ネッシーといえば

20世紀最大のミステリー
といわれる ネス湖の怪獣だが…。

つくば市の宝篋山という
山の中で撮影された

非常に珍しい
UMAだと思うんですけれど…。

(中沢)よく見たら

今年6月
野鳥を観察していた男性が

同じ場所を日を変えて
何度も撮影しているうちに

ある異変に気づいたという。

これが こちら。

これが 1日目に撮影された写真。

一見 なんの変哲もない
鳥の巣のようだが…。

注目すべきは

巣の下にある
植物のような この部分。

これが 2日目になると
とんでもない変化を遂げる。

2日目。 おわかりだろうか?

拡大してみると…。

植物のようなものから顔を出す
ネッシーのような物体が!

さらに…。

最初の発見から7日目。

ネッシーのような物体は
見えないが

それは ドロドロに溶け
不気味さを増していたという。

これは一体 なんなのか?

その正体については
誰もわからないという…。

正体不明の植物ネッシーは

今も この山のどこかに
いるのかもしれない。

茨城UMAファイル。

続いては 牛久市のプテラノドン。

牛久大仏で有名な この地では

その上空で 度々
プテラノドンの目撃情報が。

割と

では 牛久市上空で撮影された
プテラノドンの写真を

ご覧頂こう。

その姿が これだ。

空に映る黒い影。

拡大してみると…。

確かに 鳥とは少し違う
翼竜のような姿が!

さらに…。

こちらは 別の人物が
牛久市で撮影したもの。

翼の形が
普通の鳥と違うようにも見える。

かもしれないですよね。

これらは時空の歪みで
過去から やって来た

恐竜たちなのだろうか?

続いては…。

平成28年6月16日。

牛久市と龍ケ崎市の境に位置する
牛久沼で

これまでのイメージを覆す
新たな河童が目撃された。

(中沢)一般的な河童以外にも

色んな形の河童の伝説が
伝わっているんですね。

例えば 猿猴って呼ばれてる

毛むくじゃらの
猿みたいな特徴を持つ

河童みたいなものが
いるんですけれど

その猿猴の頭のような部分が…
その毛むくじゃらの部分が

牛久沼から
出ているんじゃないかなとか…。

詳しい状況を聞くため
目撃者の元へ。

(スタッフ)おはようございます。
(飯塚さん)おはようございます。

(スタッフ)飯塚さんですか?
(飯塚さん)はい 飯塚です。

よろしくお願いします 今日は。

生き物なのかな?
なんなのかな? っていう…。

不思議だなっていうのが
第一印象ですね。

驚きました。
まさか あんな生き物なのか!

っていうのは
すごいビックリしました。

その珍しい河童を目撃したという
牛久沼へ案内してもらった。

(飯塚さん)
この辺 河童の伝説とかが

ずっと昔からあって

お祭りとかも あるんですよね。

あっ ここです。
ここ 牛久沼なんですけど

ここで撮影しました。

実は ここ 牛久沼には
古くから河童伝説が存在する。

周辺には
河童にまつわる多くの像や

石碑が残されている。

飯塚さんは
沼の風景を撮影している際に

沼の淵で
謎の生物を目撃したという。

その時 撮影された写真が こちら。

画面中央に写っている
謎の茶色い物体。

拡大してみると…。

その姿は 赤毛で
全身が毛むくじゃら。

実は これ

赤茶色の毛を持つ河童が
うつぶせで水面に浮かんでおり

目撃者が撮影したのは

河童の後頭部から
首にかけての部分。

しばらく浮いていた河童だが

人の気配を察知し 素早く
沼底へ姿を消したのではないかと

推測される。

さらに 中沢氏は
この生物について…。

沖縄に 古くから伝わってる
河童の仲間で

キジムナーっていうのが
いるんですけど

これが 赤髪なんですよ。

なんで キジムナーに
非常に似てるという事で

私 これを 牛久沼のキジムナー
っていう事で

ウシジナーと… はい。

茨城で目撃される 数々のUMA。

果たして これらの正体は…。

なんか 牛久観音がいて
時空がずれるって言うけど

東京なんか もっとでかい建物
いっぱいあるから…。

(中沢)実は そのとおりで

スカイツリーの周りとかでは
UFOの写真とか

すごい撮られてるんですよ。

なので 東京も やっぱり

未確認飛行物体の目撃は
多いんですけれど

ちょっと種類も違うので…。

東京の高い建造物は UFOを
多く招き寄せてるんですけど

牛久大仏は
どちらかというと 生物…

未確認生物を呼び寄せる方の

時空のトンネルが
開いてるんじゃないかなと。

トンネルが…。 坪田さんは
他の次元の動物がって…。

鳥型のラジコンとかね
そういうような…。

鳥型のラジコン…。
(坪田)そうですね。

ラジコンだそうですよ。
(中沢)いや まあ あの…

一応 あれですよ。 ラジコンとか
翼竜型のゲイラカイトがある事は

もちろん
わかっているんですけれど。

まあ
誤認もあるとは思うんですけれど

いくつかは やっぱり
本物もあると思ってまして。

で まあ その 牛久の
ある中学校の野球部の方々が

6人ぐらいいるんですけど
6人全員が

7メートルぐらいの鳥が
飛んでるのを見たって

言ってるんですよ。 で やっぱり

これは 全部 ラジコンとか
カイトで説明できるかどうかは

ちょっと 自分はわからないんじゃ
ないかなっていうふうに思います。

でも ラジコンだとしたら

ラジコン飛ばしてる人を
調査すれば すぐわかる事…。

もし この番組を… ラジコンを
飛ばしてる人がいるとしたら

もちろん 情報 寄せて頂いたら
こっちも

勝ち負けではない。
勝ち負けじゃない。

だから やっぱりね
フラップっていって

(秋山)それが また 時期によって
移動していく傾向があると

いわれてるんです。
それが どうも 今 沖縄とか

こういう場所に
集中させてんじゃないかとか

一つの説明ですけどね。

現象を観測してると
非常に面白いですよね。

(羽鳥)今のは わかりやすい。

続いては これらの地域から。

まずは 東京都墨田区押上。

平成23年8月27日の夜7時頃。

が出現した!

(花火の音)

およそ90万人もの観客が集まる
隅田川花火大会。

(花火の音)

(花火の音)

花火のすぐ近くを飛ぶ飛行物体。

ヘリコプターのようにも
見えるのだが…。

撮影した男性に話を聞くと…。

ヘリコプターだとですね

やっぱ
ヘリコプターの音がしますので…。

専門家によると

大きな花火大会で UFOを目撃は
全国で報告があるという。

さらに
福岡県北九州市。

平成26年10月8日。

小倉駅周辺で目撃された。

ちょうど この場所ですね。

その映像が こちら。

(叶さん)すごくない?

(叶さん)ほらほら…。

何? あれ 何? あれ…。

(叶さん)なんか いっぱい来たよ
いっぱい来たよ。

何? 何? 何? 何?

(叶さん)うわ うわ うわ…。

すごい すごい すごい。
めっちゃ来たよ めっちゃ来たよ。

(叶さん)回ってる?

皆既月食のすぐ下を

よく見ると…。

巨大なUFOが
飛んでいるようにも見える。

実は 皆既月食の日にも

世界中で
UFOの目撃が相次ぐという。

続いては
北海道小樽市。

平成28年11月28日。

奇妙な形をした
謎の飛行物体が…。

その異様な姿とは…。

(男性)めっちゃね 雲がない時
めっちゃ ピカーッて光ってた。

あっ 隠れた。

(男性)えっ 怖っ!

えっ マジで?

(男性)これこれ 見て…。

ボコボコした表面で

形を変えながら
飛んでいるように見える。

このあと この飛行物体は
雲に隠れ

二度と現れなくなった。

続いては こちら。

三重県 菰野町の
ミステリースポット。

鈴鹿山脈の麓に位置する 菰野町。

この町にそびえる
標高1212メートルの御在所岳に

まるで 重力に逆らうかのような
あり得ない奇岩があるという。

地元の人に聞いてみると…。

要は…。

どうやら
非常にアンバランスな状態で

岩が重なっているようだ。

そういうもんに関していえば
そういうところに…。

地元でも有名な奇岩で
かなり不思議な存在らしい。

しかし その岩は

車が入れない
険しい山の中にあるというので…。

御在所岳に詳しい
山岳ガイドと共に調査に向かった。

その岩までは
およそ2時間の道のりだが

まるで
人間が立ち入る事を拒むような

険しい岩場の道が続く。

すると その途中

(スタッフ)なんか いっぱい木が…。

なんか 岩に立てかけられてる
っていうか…。

山の急斜面に突如現れた
巨大な岩。

その下に
大量の木の枝が

何者かによって
集められている。

岩を支えるために

立てかけられたようにも
見えるが…。

(スタッフ)これ でも…。

(スタッフ)あっ…。

全然 つっかえ棒の役割は
果たしてないですね。

(スタッフ)えっ?

山岳ガイドにもわからない
謎の木の枝。

よく見ると 至る所にある。

そして さらに奥地へ進むと…。

あれです。
えっ? あっ!

(スタッフ)あっ…。

現れたのは
絶妙なバランスで静止した

巨大な3つの岩。

地蔵のような形を
しているところから

ついた名前は 地蔵岩。

サイコロ状の巨石が

2本の巨大な岩に挟まれ

神がかった角度を保っている。

(石坂)いや すごいね。

しかし
奇妙なのは角度だけではない。

周囲の

そう 何にも増して不思議なのは

どうやって
岩が上にのったのかという事。

そこで 我々は

地蔵岩を
様々な角度から調査するため

特別な許可を取り…。

山の上から転がってきた岩が
偶然に のったのであれば

近くに斜面があるはず。

しかし
地蔵岩のすぐ近くには斜面はなく

その可能性は低い。

さらに
人間がのせるには 足場が悪く

大昔のテクノロジーで

これほど大きな岩を
のせられたとは考えにくい。

重力に逆らって
岩が浮き上がらない限り

こんな所にのるのは
不可能に見える。

しかし ここで…。

(石垣さん)そういうのは
聞いた事ありますね。

果たして UFOとの関係は?

地蔵岩の謎に迫る!

三重県 菰野町の
重力に逆らう地蔵岩。

鈴鹿山脈の麓に位置する 菰野町。

この町にそびえる
標高1212メートルの御在所岳に

その岩はあった。

あれです。
えっ? あっ!

(スタッフ)あっ…。

現れたのは

絶妙なバランスで
静止した

巨大な3つの岩 地蔵岩。

この山には
まだ 我々の知らない秘密が

隠されているのではないか?

すると ここで

そういうのは
聞いた事ありますね。

男性が聞いた話によると

伊勢湾から上がった光る物体が

およそ20キロ離れた
御在所岳に移動。

地蔵岩の上空までやって来ると

その上で止まったというのだ。

さらに

(加藤さん)オレンジの光が3つ

グリーンの光が3つあって…。

みんなが キャーッて言って
鳥肌…。

スッと消えて
はるか向こうの方に

5機か6機の なんて言うの…

変体となって飛んでいった。

だって 怖くないですか?
見たら 怖いと思いますよ。

なんと 巨大な円盤を
60人が一斉に目撃したという。

聞けば 地蔵岩の周囲は

エネルギースポットとしても
有名で

UFOの目撃情報も
多いのだそうだ。

地蔵岩は

UFOの離着陸地点の目印として
作られたのではないか?

しかし その謎は
いまだ解明されていない。

(カズレーザー)
まあ まあ そうでしょうね。

花崗岩は こう 縦と
あれに割れるけど…。

…っていうのは あるから。
(大槻)そう そう そう。 そうなの。

(石坂)周りが…
周りが水成岩なんだよね。

周りがなくなっちゃうと…?
(石坂)堆積岩だったら…。

あれ なんか 偶然に上がって…
なんか 力あるの?

(竹本)ですからね
まあ これはね 基本的に…。

大槻教授は まず信じられないと
思いますけど。

そのグループで
要するに やった…

地球人と宇宙人の合作ですよ。
えっ?

だから… あれを作ったのはね。
岩がですか?

うん。 だから

昔 ピラミッドもね…。
(大槻)冗談じゃないよ。

なんで そこにまで
宇宙人が出てくるのよ。

いや ピラミッドもね 今の…
クフのピラミッドなんかは…。

石をどうしても あの年代に
積み上げられなかった

っていう事は
いわれてるんですよ。

220万個の石が
1つに使われてて。

20年間で作った
っていう歴史があるんだけれど。

そうするとね 2分間に1個ずつ
上げなきゃいけないんですよ。

これは不可能なんですよね。

だから あれは… クフ王のは

こういうふうにして
ダーッと平らにして

ジャンジャン ジャンジャン
引っ張り上げた…。

そうじゃなくて。 あれは
反重力を使ったらしいんですよ。

(大槻)出た。 出た 出た 反重力だ。

音波の振動で浮遊させるっていう
テクノロジーが

実際 近代でも
行われていたんですよね。

(竹本)実際にね
音と音をね 重ね合わせると

こう 反重力効果が
あるらしいんですよ。

この間 成功したのは
このぐらいのすごい軽いボール…

ブーッて 上がったけどね。

(竹本)だから あれと同じで

古代の人たちが…
シャーマンがですよ

歌を歌ってですね 物を持ち上げた
っていう事もあるんですよ。

歌って あの岩を上げた
って事ですか?

そのテクノロジーに UFOが絡んでる?
(竹本)そう もちろん。

石を持ち上げようとして?
(韮澤)UFOがね。

それで こう 奇妙に
上がってるんじゃないかなと…。

(一同 笑い)

さて この現象を 地質学的に
どう解釈するかというので

地質学の専門家に
来て頂いております。

(拍手)

このあと 地質学の専門家が
地蔵岩の謎を徹底解明!?

全部 説明できます。
(竹本)できますか…。

超常現象研究家をバッサリ!

さらに…。

(男性)なんか出てきた 出てきた!
(女性)あれ あれ!

さっき見たのも あれ!

中国地方で巨大水生獣を発見!
その正体は!?

構造地質学の権威
高木秀雄教授が

地蔵岩の謎を徹底解明!

高木秀雄教授です。
よろしくお願い致します。

(拍手)

この地蔵岩というのは…。
これ そのうち…

色んなのがあって
のっかったやつが

周りがなくなりゃ
この形になるんじゃないのかな?

(江口)どういうメカニズムで
できたと考えられますか?

はい。 もう ご明察で…。

いい声ですね。

(一同 笑い)

阿川さん 何聞いてんだよ。

(高木)これ さっき たけしさんが
おっしゃったように

これは 花崗岩という岩石で

地下 10キロから15キロぐらいの
深い所で

マグマが ゆっくりと冷えて
固まった岩石です。

で それがですね…。

(高木)まだ 恐竜が
闊歩した時代なんですけれども。

白亜紀という時代なんですが。

それからですね
周りが浸食されながら 隆起して

浅くなっていくと…。

最初 花崗岩が冷えて固まる時に
やっぱり 収縮しますので

そこで割れ目ができます。

で それから さらにですね
上昇… 隆起すると

上からの荷重が だんだん
なくなってくるので

解放されて 私みたいに
上に伸びるわけですね。

で こういう水平な割れ目が
できるんです。

あっ… 直線的な割れ目が…。

こういったですね
元々 花崗岩に持っている…

地上に上がる前に持っていた
こういう割れ目に沿って

周りが もう 全部

大きな花崗岩体の上の部分が
なくなって…。

他のは
どうして なくなるんですか?

(高木)それは
もう 地表に突出すると

雨風によって削られ
浸食されますね。

どうだ!

(一同 笑い)

じゃあ この上に 1つ

ぽっかり のっているような形に
なっているのは これは?

(高木)これはですね…

私も どうしてなのかなと
思ったんですが。

まあ
元々は こうなってて…。

本物を見るとですね

少し 平行に
筋があったんですね。

これがですね
回転を元に戻すと

大体 こういう方向に
伸びていたんです。

だから こちら側から
こういうふうに回転した

っていう事は
まず間違いないだろうと。

(竹本)
ただね 先生ね こういうね…。

ゆるぎ岩っていうのはね
もう 全国にあるんですね。

ですから まあ
こういう自然現象だけでね

全てが
説明できるのかどうか。

例えば それがですね
置いてあるとこは

レイラインっていってですね
同じ直線上にあったりですね

パワースポットみたいな形で
あるわけですね。

それで しかも 巨石にはですね

ペトログラフというですね
文字が書かれてたりするんですよ。

絵が描かれてたりね。
ですから ひょっとしたらですね

古代文明と やっぱり なんらかの
関係があると思うんですけども。

先生は もう 全部

その自然現象の地質学的現象で
説明できると思いますか?

その ゆるぎ岩という
ホントに手で簡単に揺らせる…。

あれは 本当に自然で…。

できますか…。

もう1つ 質問。

じゃあね 例えば 目撃者…
地元の目撃者がですね

UFOを かなり見ていた。
光るものをね。

あれは

関係ないと思う。 それは違う。

まずは 中国地方から

あの伝説のUMAが…。

それは
ある湖に遊びにきていた

大学生たちによって
撮影された。

その映像が こちら。

(男性)見た?
(男性)いや 見てない。

(男性)「なんか大きいの」って…。

(女性)あれ?

(男性)あれ? あっ あれか!
なんか出てきた 出てきた!

(女性)あれ あれ!
さっき見たのも あれ!

ねえ あれ何?

(男性)何? あれ。 えっ?

湖の中から 突如 姿を現した
首の長い巨大生物。

これが

さらに 山口県 角島では

UFOの目撃情報が…。

平成26年11月3日

下関と角島を結ぶ
角島大橋で目撃された。

目撃者の常岡さんによると

運転中に 空から
強烈な光が落ちてきたという。

一番最初は

変な話 北朝鮮のミサイルでも
飛んできたんじゃないかって

思いましたけどね。
近いんで ここ。

ミサイルのような光は

ドライブレコーダーが
捉えていた。

その光とは…。

(女性)何 何 何 何?
何? あれ。

(男性)何? あれ。
(女性)何 何 何? 何?

空から巨大な光が落下し…。

消えた。

常岡さんによると

辺りが一瞬 明るくなるほどの

強烈な光だったという。

続いては

沖縄県うるま市に漂着した
巨大UMA。

平成22年6月

うるま市の無人島 藪地島で

漁師が 謎の肉の塊を発見した。

問題の映像が これだ。

海岸に打ち上げられた
巨大な白い肉塊。

その

これが なんなのか?

その正体は
いまだ明らかになっていない。

一方 千葉県市川市の住宅街では
UFOの出現が多発。

今年4月28日 市川市の住宅街。

午後4時頃
子ども連れの主婦が目撃した。

普通に歩いてたんですけど…。
なんかいた。

ほら ここの…。

撮影したスマホに
映っていたのは…。

その映像が こちら。

(女性)えっ? 光ってる?

大量の白く輝く光が
ゆっくり移動。

(新井さん)めっちゃ高いとこ
飛んでるよね。

実は この謎の光が目撃されたのは
今回だけではない。

5年前の平成25年4月7日。

市川駅周辺にも出現。

そう ここ ここ!
これこれ これこれ これ!

目撃したのは この男性。

(菅野さん)ここから
ここの段差に上って

この角度です。

男性のデジカメに映っていた
映像が こちら。

同じような 複数の白い飛行物体が
雲の中から出現。

この映像はね
見て頂くとわかるんですが

回りながら飛んでるんですけど…。

回ってるんだけど

(秋山)だから 実は…。

全体の形や間隔を変えずに飛行。

何者かが制御している可能性が
考えられるという。

続いては
静岡県の某海岸に流れ着いた

不気味な死骸。

ある海岸で 去年7月31日。

サーファーが
不気味な生物の死骸を発見した。

目撃したサーファーは
その不気味な姿を写真に撮り

SNSにアップ。

しかし 反響の多さに怖くなり
すぐさま画像を削除したという。

今回は
場所を特定しない事を条件に

写真を テレビで公開する
許可をもらった。

それが こちら。

これ なんだろう?

耳があり 一見 人のような
この死骸。

この生物の正体は
一体 なんなのか?

静岡県の某海岸に流れ着いた
不気味な死骸。

それが こちら。

耳があり 一見 人のような
この死骸。

しかし 口元には
牙のようなものが…。

さらに 体のところどころに
体毛が生えており

尻の付け根からは
尻尾のようなものも…。

(羽鳥)手がありますね。
手が人間っぽい 手が。

手は なぜか
後ろで縛られたように見える。

そして 最大の謎が
目撃者が立ち去った1時間後

他の人が その場に行くと

ネットを騒然とさせた この写真

実は オカルト研究家
山口敏太郎氏の元にも届いていた。

8月に入って すぐ
僕のとこに連絡ありまして

敏太郎さん これを
なんか 分析してくださいと。

まあ それで僕は

念には念を入れて
半年間 伏せて

今年5月 スポーツ新聞に掲載され
大きな話題を呼んだ。

あまりにも不気味すぎる
その姿は

エイリアンか
UMAか

はたまた妖怪か…。

様々な憶測が
飛び交った。

では この生物の正体は
一体なんなのか?

僕はUMA研究家の
實吉先生とかね

動物研究家の
パンク町田さんとか

友人にメールを送って
どう思う? と

意見を
求めたんですけど。

ひいては
アカゲザルではないのかなと。

骨格や その大きさから
専門家たちの間では

アカゲザルではないかと
いわれている。

それ以上に

猿が なんかね

後ろ手に縛られてるような
ポーズで死んでるんですよね。

ひょっとしたら
アカゲザルを使って

僕は この猿の背景にですね

ちょっと 得体の知れない黒い闇が
あるんじゃないかな

っていう気がして
しょうがないですね。

うん…。
あの後ろ手になってんのは

波のあれで打ち寄せられて
回転したんじゃないのかね?

(山口)ああ… その可能性も
あるとは思うんですよ。

で まあ 結構 今 房総半島で
ニホンザルとアカゲザルが…

逃げ出したアカゲザルが
交雑してですね

ハイブリッドの…。

その猿を駆逐しなきゃいけない
っていう話になっていて。

それが… 誰かが駆逐して
殺して海に捨てたのか

あるいは 猿そのものが
海に着水して死んでしまったのか。

どちらにしろ この背景には 多分
日本の純粋な動物たちがですね

外来動物によって
遺伝子汚染されるっていう

黒い闇とですね

ひょっとしたら 誰かが…
人間が面白がって殺した

動物実験の哀れな犠牲者じゃ
ないのかなっていうところが…

2つありますよね。
山口さん この撮影した方は

1時間後に見たらいなかったって
言ってたじゃないですか。

そこの謎は?
(山口)大体 こういう漂着物って

1時間後ぐらいに
なくなっちゃいますよ。

本当はね
翌日まであったんですよ。

それで 近くに寄った人がですね
あんまりにもくさいんでね

これは どうなったのかなって
思ってたの。

したら
しばらくしたら いなくなったの。

実は これはおかしいって事で…。
(山口)俺が聞いてるのとは違う。

(竹本)色々 調べたらですね…。

(山口)いや また
そういう話を作るから…。

それで…。
(一同 笑い)

盛ってますか? 今。

撮影者のMさんからの証言を
優先したいです。

撮影者のMさんは
1時間後に行ったら

波にさらわれたのかも
しれないけど

なくなったっていうのが…

撮影者の許可を取って
僕は東スポに載っけたんですよ。

そうだよね。 それをね
某大学なんて言ってね

ちゃんと
名前を出せばいいんだよ 何も。

(竹本)それは
言っちゃまずいでしょ。

(大槻)なんで?
某大学が実験やってるの

悪い事じゃないもの。
そういうの ちゃんと

大学の名前
出せばいいんだよ。

じゃあ 出しますよ。

噂なんだ。
ウソくさいな。

そうしたら 僕が電話したんです。
そうしたら なかった。

そういう事は…
「そんな話はないですよ」って。

(大竹)じゃあ 違う…。

わかんないよ。
(片桐)ウソついてるかも…。

さあ 内紛は
それぐらいにして頂いて…。

このあと たけしが

早くも 来年の
『超常現象Xファイル』に向け

抱負を語る!

もう あの… NHKの『紅白』と
同じようなもんですからね。

この番組見ないと
年 明けないという…。

今日は
日本全国で起きた超常現象

平成30年分
振り返って参りましたけれども

石坂さん いかがでしたか?

いや…。

今日 ご紹介したの。 だから…。

いや ほんの一部にね…。

で 来年は あの…。
新しい元号になってますけど…。

これだけ区切っても
これだけ論争になるんだから

もうちょっと広げても
また 大丈夫でしょう。

もう あの… NHKの『紅白』と
同じようなもんですからね。

この番組見ないと
年 明けないという…。

年末のお楽しみになってるという。

どうも ありがとうございました
皆さん。 ありがとうございました。


関連記事