国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~ 2018/12/24(月) 19:00~21:48


出典:『国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~』の番組情報(EPGから引用)


国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~[字]


日本プロ野球史を代表するレジェンド選手No.1が決定!「プロ野球総選挙~レジェンド選手編~」開幕!!


詳細情報

◇おしらせ

☆番組HP

 https://www.tv-asahi.co.jp/proyakyu_sosenkyo/




『国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~
  1. 実況
  2. 田中
  3. ホームラン
  4. 三振
  5. プロ
  6. 続いて
  7. 巨人
  8. 記録
  9. 打った
  10. 日本


『国民1万人がガチで投票! プロ野球総選挙 ~レジェンド選手編~』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

「我が巨人軍は
永久に不滅です」

日本プロ野球
84年の歴史で…。

(実況)
バッターボックスの王。

インコース 来ました。
打った!

ホームラン…!

燦然と輝く

伝説の
名選手たち。

そんな
レジェンドたちを

ファン1万人の
投票により

順位付けする

禁断の企画が
始まる。

あーっ!

引退した野球選手
およそ8000人の頂点に輝くのは!?

今も色あせない
伝説の名試合から…。

胸を熱くした
感動の名場面まで…。

(実況)右手一本
ライト前ヒット!

100を超える超貴重映像を
大放出!

あの感動と興奮がよみがえる
名シーンだらけの

『プロ野球総選挙
レジェンド選手編』。

さらに 今回…。

それでは 早速 参りましょう。

「安打製造機」って言ったよね。
昔 言われたもんね。

そんな打法は
すごいと思います。

1番。

(田中)30位なの?
30位っすよ。

現在の張本さんといえば…。

を集めているが…。

60年代から70年代

南海 野村克也らと

パ・リーグを
盛り上げた大打者。

通算3085安打は
歴代1位!

日本タイ記録

7度の首位打者
に輝いた。

そんな張本のすごいところ。

まずは 日本唯一の

3000本安打を飾った

超特大ホームラン。

プロ野球界で唯一

通算安打数が3000本を超えている
張本。

プロ入り後1年目から
レギュラーに座ると…。

(実況)ベテラン左腕
梶本 投げました。

張本 見事に ライト線に…。

右に…。

(実況)マウンドには
中日のエース 板東英二。

左に打ち分ける 広角打法で
ヒットを量産。

通算2000本安打を
わずか14年で達成してみせた。

今年 2000本安打を成し遂げた
ソフトバンク 内川でさえも

18年目での達成。

これに比べると
驚異的なハイペースだ。

そして その7年後。

とんでもない
ひと振りから

伝説の3000本安打が
生まれた。

(実況)さあ 打席には

日本初の3000本安打まで
あと1本の張本。

(実況)マウンドには
球界屈指の速球派 山口高志。

(実況)ストレートを打った。
大きい!

超特大の一発。

3000本安打を記録する
大ホームラン!

(拍手)
いや すげえ…。

さすが。

続いては 王とのコンビ

OH砲が すごかった!

1976年
巨人に移籍すると

王とのコンビ
OH砲を確立。

すると…

入団した その年から

8本のアベックホームランを
放つなど…。

として活躍した。

たとえ 希代の巨人キラー
星野仙一が相手でも…。

(実況)ボールワンから
2球目 打った!

さあ どうか?
ライトへ持っていったが

これはホームランだ!
代打ホームラン。 第2号!

王が打てば…。

(実況)ボールワンから
2球目 打った!

さあ どうか?
ライトへ持っていったが

これはホームランだ!

(実況)ライトスタンド 奥深い所。

プロ野球界で唯一 500本塁打

300盗塁を記録している張本勲が
第30位。

続いて…。

現役時代と変わらないような球を
投げてたんで あれがすごいかな。

70年代から

鈴木啓示
山田久志らと共に

パ・リーグを代表する
投手に。

通算215勝

3度の
最優秀防御率の他

カムバック賞も
獲得した。

村田のすごいところ。

マサカリ投法から繰り出される

キレキレのフォークと豪速球。

村田の最大の特徴といえば…。

そこから繰り出される
伝家の宝刀が…。

この落差30センチともいわれる
高速フォーク。

「デストラーデ」

さらに 150キロを超える
ストレートも強烈。

この2つの魔球で
三振の山を築き

強打者ぞろいの
パ・リーグで

4度の最多奪三振を
マークした。

村田のすごいところ 続いては

66歳で131キロの球を投げた!

それは 今から2年前

66歳で迎えた始球式。

(瀧)「ムキになるんだよな…」

「うわっ」
「うわっ すげえ! うわ すげえ…」

マサカリ投法は健在で
その球速は なんと 131キロ。

「考えらんねえ」
(稲村)「すごいなあ…」

ここで 実際に村田兆治と
対戦した事のあるピエール瀧が

そのすごさを語る。

芸能人とOBで野球やったりする
企画あるじゃないですか。

あっ 対戦したの?
すごい!

(瀧)はい 軟式で。

これ タイミング合ってるな
なんて思って。

これ いいとこいけんじゃねえかな
なんて思って

3球目 こうやって待ってたら
3球目…。

ああ~。
絶対そうなんだよね。

絶対 勝つんだよね。
(瀧)僕みたいなもんにですよ。

あっ… あれっ? っつって。

続いて…。

「津田? 津田?」

80年代 北別府学
大野豊らと

黄金期の
カープ投手陣を牽引。

球団史上初の
新人王を始め

最優秀救援投手にも
輝いた

炎のストッパー。

津田恒実のすごいところ。

まずは 誰が相手でも直球勝負!

そのストレートがこちら。

マックス153キロのストレートを
武器に

気迫あふれるピッチングで
三振を奪いまくった。

そして もはや伝説ともいえる

バースとの直球勝負がすごかった。

1986年 阪神戦。

(実況)4対4の回スコアで
9回の裏を迎えます。

同点の9回裏
ツーアウト 満塁の大ピンチ。

しかも 打席には…。

前年とこの年 三冠王に輝いた
最強の助っ人 バース。

このしびれるような場面で

炎のストッパー 津田が
伝説を作る。

(実況)なんか
ハイライトを迎えましたね。

なんせ 150キロを超える
速球を持っている津田だけに

恐らく速い球。

(実況)空振り。

(実況)あっと!
いい球 見逃した!

(解説)ええ ですから…
僕は 絶対に もう

そういうボールは放らないと
思ってたんですが。

(実況)さあ これで
余裕が1つできたか? どうか?

空振り! 三振!

ストレートのみで 3球三振。

(実況)
ボールを振ってしまいました。

あるいは 津田の勢いに
圧倒されたのか? バース。

パ・リーグで 5年連続
最多奪三振を記録している

楽天の則本は…。

…っていうのは
聞いてるんで。

脳腫瘍のため 32歳という若さで
この世を去った

伝説のピッチャー 津田恒実が
第28位。

続いて…。

やっぱり 盗塁の数が…
スタートも含めて。

やっぱり あの…

(拍手)

70年代
同期の山田久志と

阪急の
日本シリーズ3連覇に貢献。

13年連続
13度の盗塁王に加え

通算115本の

三塁打も
日本記録。

福本のすごいポイントは

なんといっても

世界記録を樹立した驚異の盗塁数。

ちなみに 2018年
セ・パ両リーグの盗塁王は

ご覧のとおり。

しかし 福本は…。

なんと 規格外の106盗塁。

(稲村)すごーい。
(木佐)ゼロが多い。

その勇姿がこちら。

♬~

(実況)
マルカーノの初球にスタート。

見事 成功です。

さらに 通算盗塁数の
世界記録も樹立している。

(瀧)「いや… 三盗なんだ」

(瀧)「かっこいい~!」
「ねえ…」

メジャーリーガーの
ルー・ブロックを抜き去り

見事 939盗塁の世界新記録。

その後 盗塁数を
1065まで伸ばした福本。

もちろん これは日本記録。

さらに 福本がすごいのは

競走馬との対決。

それは1983年 近鉄との試合前。

福本の前に立ちはだかったのは…。

(吉田)「俺覚えてる。 知ってる」

サラブレッドのジンクピアレス

オス 5歳。

時速60キロで走るともいわれている
競走馬との対決。

「スタートです。 どうぞ!」

(稲村)「余裕で勝った。
あっ すごい!」

「なんだ これ…」

ジンクピアレス

まさかの出遅れで福本の圧勝。

足だけではなく

2000本安打達成や
ゴールデン・グラブ賞12年連続受賞など

マルチに活躍した福本豊が第27位。

続いて…。

(間宮)「掛布さん
ここっすか…」

1974年に入団。

田淵移籍後の
阪神を牽引。

身長
175センチながら

不動の4番に
定着。

3度の
本塁打王を

獲得した
背番号31。

まさに ミスタータイガース!

21年ぶりの優勝をたぐり寄せた

ホームランが すごい。

まあ でも
ドラフト6位っつっても もう…。

雑草魂で
数少ないチャンスをものにし

阪神不動の4番へと上り詰めた
掛布。

その掛布が 4番としての
大仕事を果たしたのが

この試合。

1985年10月16日。

阪神は 引き分け以上で
優勝が決まる大一番。

試合は序盤から一進一退。

(実況)打先
ヤクルトの好打者 杉浦。

鋭い当たり!

ライトスタンドへの
弾丸ライナー!

杉浦 先制のホームラン。

(実況)いった! 21年ぶりの優勝を
たぐり寄せる…。

負けじと阪神もやり返す。

しかし 2点リードを許したまま
試合は9回へ。

ファンが大声援を送る中
4番 掛布がバッターボックスに。

(実況)9回表
追い込まれた阪神。

掛布
レフトへの流し打ちは?

ポール直撃のホームラン!

主砲の一発で目覚めた阪神。

打線が繋がり
猛追すると…。

(実況)ワンアウト
ランナー3塁。

打った! 打ち上げた!
犠牲フライには十分な飛距離だ。

リーグ制覇が見えてきた。
大きな同点の犠牲フライ!

土壇場で
同点に追いついた。

そして 優勝まで
あと ワンアウト。

(実況)21年ぶりの夢の実現へ。

ピッチャーゴロ捕った!

阪神タイガース
悲願のセ・リーグ制覇!

21年ぶりのリーグ制覇を
成し遂げた阪神。

4番 掛布がチームを鼓舞し
栄光をたぐり寄せた。

オールスターでは
3打席連続ホームランを放った

掛布雅之が第26位。

ファン1万人が ガチで投票!

プロ野球総選挙
レジェンド選手編。

30位から26位は ご覧のとおり。

このあとも
レジェンドが続々登場!

あなたの好きな あの選手は
何位にランクインするのか?

26位までは ご覧のとおり。

ああ~ これは もう…。

そうそうたるメンバー。

いやあ…。
ちょっと緊張しますね 我々。

ちょっと緊張しますけどね。

福本さん。
まずは27位でございました。

よかったですね。
よかったですね。

ちょっと…。

入るかなぁ? と思って
見てましたからね。

いや入るでしょう。 そりゃあ。

(一同 笑い)

さあ そして 26位は
掛布さんだったんですけれどもね。

吉田さん。
はい。

阪神の… もうね
優勝の時の

もちろん
立役者ですけれども。

その掛布さんに
バースがいて 岡田さんがいて…。

もう1人いたわ もう1人。
真弓がいた。

真弓… そうか 真弓がいて。
ねえ。

そうですね 20年
優勝 遠ざかってましたから。

(一同 笑い)

なんだったんでしょうか?
あの1年は ホントに…。

芸能界きっての
阪神ファンといえば

あの渡辺謙さん。

その1位予想を

息子 大さんが
教えてくれました。

お父さんは あの渡辺謙さん。

やっぱり 息子さんも…?

大好きです。

杏ちゃんも巨人ファン?
ああ そうなんだ。

今回 このアンケート聞く時も
たまたま 親父がいたんで

聞いてみたんですよ。
もう そしたら…。

まあね。
まあまあ まあまあ まあまあ…。

それでは
25位から21位の発表です。

っていうのが
私は すごい好きでした。

「きた きた きた!
きた きた!」

ドラフト同期は

渡辺久信
水野雄仁など

50歳まで投げ続けた
生ける伝説。

通算219勝。

3度の
最多勝に輝き

沢村賞も
獲得した。

そんな山本昌のすごいところ。

まずは

伝家の宝刀 スクリューボール。

その魔球が こちら。

(実況)投げました スクリュー。
空振り三振。

スクリューとは 投手の利き腕側に
曲がりながら落ちる 変化球。

一度 浮き上がってから
落ちるように見えるため

バットの芯で捉えるのは
至難の業。

山本昌にとって
この球は まさに代名詞。

2008年 200勝を達成した試合を
締めたのも…。

(実況)さあ 200勝まで あと1人。

(実況)打ち上げた。

伝家の宝刀 スクリューだった。

現役時代に 何度も
対戦した古田は…。

バッターの 打てそうに見えて
打ちたくなる気持ちを

逆手に取るといいますかね…。

そして なんといっても

史上最年長 41歳での

ノーヒットノーランがすごい。

2006年 現役22年目。

当時41歳で成し遂げた大記録。

相手は この年

山本昌は 巧みな投球で
強力猛虎打線を翻弄していく。

そして 一本のヒットも
許さぬまま迎えた 9回表。

大記録まで あと1人。

バッターボックスには赤星。

(実況)ここでノーヒットノーラン
達成となりますと

史上最年長記録となります。

3対0 ドラゴンズ リード。
9回の表。

マウンド上の山本昌 ここまで
ノーヒットで きています。

偉業達成まで あと1人。

バッターボックス 赤星。
左バッターボックス。

ワン ナッシングから
第2球 投げた。

打ちました。 サードゴロ。
サードゴロでボールをつかんだ。

1塁送球。

1塁取って… アウト!
山本昌 ノーヒットノーラン!

41歳1カ月 史上最年長で
ノーヒットノーラン達成!

49歳で史上最年長勝利を記録した
山本昌が第25位でした。

由伸とか清水は 僕らの世代の時

一番すごいピッチャー誰?
って言ったら 昌さんって言って。

左バッターにしてみれば…。

だから やっぱ すごかったです。

クセ者には…。

彼は 僕の顔見ると

このあと 第24位に

80年代に活躍した
あの4番バッターが登場。

果たして…。

今回 番組では

日本各地の球場を始め

プロ野球ファン1万人に
アンケートを実施。

さらに 現役のスター選手や監督も
投票に参加。

対象となるのは
日本プロ野球が発足した

1934年以降にデビューした
OB選手 およそ8000人。

果たして
日本プロ野球 84年の歴史の中で

頂点に輝くレジェンドは
誰なのか?

それでは 24位から
21位の発表です。

っていうところでは
やっぱすごいなっていう…。

阪神 掛布らと共に

80年代 セ・リーグの顔となった

若大将。

2年目から
巨人の4番を務め

通算382本塁打。

打点王も
獲得した。

そんな原のすごいポイント。

まずは 当時の日本記録

デビューから12年連続20本塁打。

1981年

新人で開幕スタメンを
勝ち取った原は…。

(観客の歓声)

ルーキーイヤーで
22本塁打を放つ。

その後 4番に座ると
さらにホームランを量産し…。

デビューから9年後…。

(実況)打った!
これは大きいぞ!

左中間へ高く上がって…

伸びていく! 入りました!

新人から
9年連続20本塁打超えという

日本記録を樹立。

さらに記録は伸び 1992年…。

一発出れば 自身の持つ記録を
更新する この打席で

今なお 語り草となっている

とんでもない一発が生まれる!

(実況)ピッチャー
セットに入りました。

(実況)打った! これはいった!

大きな放物線!

レフトスタンド上段!

打った瞬間
それとわかる特大の一発で

当時の日本記録 新人から
12年連続20本塁打という

偉業を成し遂げた。

続いては 巨人ファンの胸を熱くした

崖っぷちからの

意地のホームラン2連発。

「急に出てくんな…」

もっと打たないと…。

なんていう事があって…。

そう 原のプロ人生は
巨人の4番という

とてつもない重圧との
戦いでもあった。

そこで
全ての原ファンが感動した

崖っぷちからのホームラン2発を
お見せします。

まずは

1989年

ブライアントら
超強力打線を擁する

近鉄との日本シリーズ。

(野村)「仰木やな」

開幕3連敗で
王手をかけられた巨人。

なんとか1勝を挙げるも

主砲 原は4試合ノーヒット。

極度の不振にあえぎ

「逆シリーズ男」の烙印を
押されかけていた。

チームも原も
後がない状態で迎えた第5戦。

巨人1点リードの7回裏
ツーアウト 1・3塁。

ここで
近鉄 仰木監督が動く。

満塁策を取り
不調の原との勝負を選ぶ。

この屈辱に 原は燃えた。

ピッチャーは
抑えの切り札 吉井。

(実況)ピッチャーは吉井です。
セットから第6球 投げた!

(実況)レフトへ! 大きいぞ!
大きいぞ! 伸びるぞーっ!

(実況)原に
ついに一発が出ました!

(実況)決定的な一発! 7回の裏!

この怒りの一撃で目覚めた巨人は
3連敗から奇跡の4連勝。

見事 逆転 日本一に輝いた!

(瀧)「すごいな」

続いては

それは

原は この年
痛めたアキレス腱が悪化。

打率も1割台に低迷し
極度の不振に陥っていた。

…と 世間からも
厳しいバッシングが。

しかし
7月5日 ヤクルト戦…。

9回表 2点ビハインドの巨人は

一打同点の場面で
不調の原が打席へ。

「出たよ これ」

(観客の歓声)

(木佐)「ゾクっとする!」

原辰徳は まだ終わっていない!

意地のホームランに
ファンは歓喜した。

(観客の歓声)

巨人軍の4番として

川上 王 長嶋に次ぐ試合数を誇る
原辰徳が

見事 24位にランクイン。

続いて…。

ファンにとって
野球は楽しいものというのを

全面に伝えてくれるので…。

いつも…。

ようなところが
好きです。

ドラフト同期は近鉄 野茂など。

2001年には

イチローと同時にメジャーリーグへ。

10度のゴールデン・グラブ賞を
獲得。

日本人で初めて

メジャーの4番も
務めた。

新庄を語る上で欠かせないのは

巨人 槙原から放った

伝説の敬遠球サヨナラヒット。

1999年6月12日
巨人戦。

サヨナラのチャンスで
新庄が打席に。

すると…。

(実況)ここは
新庄との勝負は避けます。

ジャンアンツバッテリーは
満塁策を取ります。

延長12回の裏 同点。

しかし…。

(実況)新庄を歩かせようという
ジャイアンツバッテリー。

甲子園は
騒然とした雰囲気になっています。

キャッチャー
立ち上がっています。

あーっと ここで打った!
これを打った!

なんと三遊間を破った!

阪神 サヨナラ! サヨナラ!
なんという幕切れ!

新庄が敬遠球を打った!

伝統の一戦 阪神・巨人
サヨナラ!

槙原は この表情!

敬遠球をはじき返し

見事
サヨナラヒットにしてみせた。

何か こう…。

…っていう期待感のある
選手だったので。

続いては 新庄らしさ全開

12対12の乱打戦を制した

幻のサヨナラ満塁ホームラン。

2004年のシーズン終盤

札幌ドームで行われた
ダイエーとの一戦。

優勝を占う大事な一戦は
両者譲らぬ乱打戦となり

12対12で迎えた9回裏

ツーアウト満塁で
バッターは新庄。

その初球…。

(観客の歓声)

(瀧)「持ってるね」

なんと

…と思いきや

「ああーっ!」

この行為で 前のランナーを
追い越したと見なされ

アウトの宣告。

「まあまあ ヒット…
サヨナラヒットにはなる」

幸い 3塁走者が
すでに生還していたため

サヨナラ勝ちは成立したものの

なんとも
新庄らしいハプニングだった。

オールスターでは
誰も予想だにしなかった

ホームスチールを決めた男。

新庄剛志が第23位。

ここで 元阪神 吉田監督が

新庄らしさ全開の
エピソードを語る。

まあ こんな事 言っていいか
どうか わかりませんがね…。

という事を
私に言ってきましてね。

(一同 笑い)

(吉田)ほんで負けましたけどもね。
そういう男ですよ。

聞く話だよね?

(吉田)愛する男ですよ。

面白いね。
面白い。

このあとも

そして
22位にランクインしたのは?

セーブ王 ヤクルト 高津が
ナンバー1と認めたバッター。

果たして…?

間宮君。
(間宮)はい。

僕は 逆に

あら!
やっぱ そういうのあるんだね。

続いて…。

90年代から 江藤 金本らと
広島を引っ張り

生涯 カープを貫いた天才。

度重なるケガを
乗り越え

通算2119安打。

11度のシーズン打率
3割をマークした。

そんな前田のすごいポイントは

侍のような雰囲気を
醸し出す佇まいとフォームから…。

(観客)前田 前田 前田…。

(観客の歓声)

華麗なバットさばきで
ヒットを量産。

たとえ 内角に投げようが…。

(観客の歓声)

外角に投げようが…。

(観客の歓声)

うなりを上げるストレートでも
鋭い変化球でも

ひと振りで美しいヒットに変える。

それが
前田が天才と呼ばれる ゆえん。

そんな前田に対して
あのイチローも

本当の天才と絶賛。

落合博満も
生きた教材と褒めたたえた。

現役当時
前田と対戦した高津は こう語る。

多くのプロ野球関係者から

孤高の天才と
今なお たたえられている

前田智徳が第22位。

続いて…。

やっぱりね
もうストレートです。

直球で三振を
バシバシ取るというところが。

ボール球 前…
高めのボール球

みんな バッタバッタ
三振してたんですよね。

球が すごい
浮き上がるような感じが

すごいと思いました。

ライバル 西本聖との
ダブルエースで

80年代の巨人を支えた怪物。

プロ9年間で
通算135勝。

2度の
最多勝に輝き

3度の最多奪三振を
マークした。

江川のすごいポイント。

まずは 豪快なストレート。

完全にバッターが

キャッチャーミット
バチンって ついてから

振ってるぐらいの…。

なんでだろう?

ストレートを武器に

数々の強打者を
三振に追い込んだ江川。

(実況)江川 投げました。
快速球 バース 三振。

(実況)中日 ゲーリーに

セットポジションから

投げました!
インサイド 見逃し三振!

強いスピンがかかり 手元で
浮き上がるように見えたという

江川のストレート。

(実況)福本
手が出ません。

特に 高めの球を仕留めるのは
至難の業だった。

1981年には 最多勝 最優秀防御率

最多奪三振 最高勝率

最多完封の投手五冠を成し遂げた。

現役時代 何度も対戦した
栗山監督によると…。

いやあ…。

続いては オールスターでの

8連続奪三振がすごい!

それでは
1984年のオールスターでの

奪三振ショーを
ご覧あれ。

まずは 福本。

(実況)これは 決まりました。

続く簑田。

三冠王に輝いた
ブーマー。

近鉄 栗橋。

三冠王 落合。

ミスターレオ 石毛。

西武 伊東。

(実況)スイングアウトの三振!
7人目。

代打 クルーズ。

(実況)三振 8人目!

そして 大石を抑えれば

江夏の9連続奪三振の記録に
並ぶのだが…。

(実況)当てました!

記録には並べなかったが
怪物ぶりを見せつけた。

そして ファンがうなった名勝負が

4試合で6ホーマーの

ホーナーとの対決。

これが もう…。

1987年
日本球界にやって来た 黒船。

現役メジャーリーガー
ボブ・ホーナー。

来日から4試合で

11打数 7安打
6本のホームラン。

打席に立てば
半分以上がホームラン。

その破壊力に
各チームが頭を抱えていた。

そんなホーナーに
江川は…。

無理ですよ そりゃ。

と 飄々と語っていたが…。

(実況)カーブ! 空振り三振!

得意のカーブで三振。

続く第2打席。

(実況)フルスイング! 空振り。

(実況)インコース!
見逃し三振!

なんと 2打席連続三振。

そして 3打席目も…。

(瀧)「カーブ打てないですね
ホーナー」

「これで崩れて…
こっから もう全然ダメ…」

(実況)またインコースだ!
三振!

得意のカーブに
全く的を絞らせずに 3連続三振。

現役9年中
8度のオールスターに出場した

江川卓が第21位。

21位までは
ご覧のとおりとなりました。

木佐さん。 この中で…。

新庄選手で
思い出したんですけど

グラウンドで
取材に行くと

1人 なんか違うんですよ
行動が。

(一同 笑い)

(木佐)だから もしかして…。

このあとも 名投手が続々登場!

あなたが好きだった
あのピッチャーは何位なのか?

<それでは、ここで
出演者による1位予想の発表>

宇賀:皆さん、一斉に
フリップを上げてください。

太田:これは偏るのかな?
どうなんだろうね。

田中:まあまあ、ねえ…。
やっぱ、阪神ファンの人はね

そういう名前が…。
宇賀:でも、やっぱり

王さん、多いですかね。
田中:王さん、多いですよね。

じゃあ、山本昌さん。
山本:はい。

田中:王貞治さん。
太田:やっぱり。

山本:本当に王さんに関しては。
田中:王のマネで…。

ショートバウンド捕るとこが
王のマネなの?

一本足打法じゃなくて?
山本:なくて。壁にボール

軟球当てて、こう、下から
ショートバウンド捕って。

瀧:うまいですもんね。
田中:うまいけど…。

王のマネの、それ、多分
1パーセントの王のマネですよ。

太田:マニア。

田中:さあ、そして
稲村亜美ちゃんは

松井秀喜さんね。
稲村:そうですね、やっぱり。

田中:まあ、そうだよね。
稲村:しかも、あんなに

ゴジラってあだ名が似合う人
います?

田中:いない。
稲村:いないと思うんですよ。

<この中に
1位に輝くレジェンドは

いるのでしょうか?>

<皆様も、1位予想をしながら
お楽しみください>

<それでは
ランキングに戻りましょう>

<20位から16位の発表です>

<斎藤雅樹、槙原寛己との
先発3本柱で

90年代を熱くした
巨人の背番号18>

<通算173勝>

<沢村賞に加え
2度の最優秀防御率を獲得した>

<桑田真澄のすごいところ>

<まずは、世紀の一戦を制した
魔球カーブ>

<桑田の決め球といえば…>

実況:カーブ、決まった!
見逃し三振。

<バットを避けるかの如く
急降下するカーブ>

<まさに魔球>

実況:バッターは好調、福留。

見逃し三振!

<そんな魔球カーブを

ファンの胸に焼き付けた
試合が…>

<巨人、中日が共に1位に並び

この日、勝った方が
リーグ制覇という運命の試合>

実況:落合、打った!
右方向、伸びる!

ライトスタンドに突き刺さった。
先制ホームラン。

実況:中村、引っ張って
三遊間抜けていった!

おっと、グラッデンはじいた!

その間に、2塁ランナー
仁村かえって、同点!

<なんとしても勝ちたい>

<そこで
長嶋監督が取った作戦が…>

実況:おっと、これは珍しい
松井が送りバントです。

実況:落合、打った。
詰まっている。

ライト前、落ちた!
ランナー、川相戻って

ジャイアンツ、勝ち越し!

<そして
巨人3点リードの7回裏

長嶋監督が
マウンドを託したのは…>

<先発3本柱の一人、桑田>

<7回、8回を0点に抑えると
迎えた9回>

<勝てば、優勝>

<ここで、桑田が投げたのは…>

実況:さあ、優勝決めるか?

空振り三振!

ジャイアンツ
4年ぶりのセ・リーグ制覇!

<決め球のカーブで
運命の大一番を締めくくり

リーグ優勝に導いた>

<さらに
39歳でメジャーリーグ挑戦>

<イチローとの
最初で最後の対決が熱い>

<2007年、夢を叶えるべく
海を渡った、桑田>

<そして
ファン待望の対決が…!>

<公式戦では、最初で最後
イチローとの勝負>

<ツーストライクと
追い込むと…>

<見事、決め球カーブで
三振に仕留めた>

<ケガからの復活マウンドも
感動を呼んだ

桑田真澄が
第20位にランクイン>

<続いて、第19位は…>

ここぞっていう時に
1発で仕留めてくれる

っていうところが、やっぱり
一番印象に残ってます。

右中間の放物線は
やっぱ、最高でしたね。

やっぱり
無冠の帝王じゃないですか?

ホームランとか打点とか
取ってないんで。

<通算525本塁打は歴代5位>

<サヨナラヒットと
サヨナラホームランの数は

いずれも歴代1位>

<直球VSフルスイング>

<伊良部との男気対決が
熱かった!>

<当時、日本最速と言われていた
伊良部秀輝>

実況:伊良部、投げました。
早い!

清原、手が出ない!

実況:投げました。ファウル。
なんと、158km。

<清原は
そんな豪腕・伊良部からも…>

実況:清原、捉えた!
これは大きいぞ!

センターへ!バックスクリーンに
飛び込んでいった!

<駆け引きのない力と力の対決は
見る者を熱くした>

<2002年、日本シリーズ>

<松坂大輔との初対決では…>

実況:共に
甲子園を沸かせた2人。

打ったー!大きい!
文句なし!文句なし!

松坂もこの表情だー!看板直撃!

<看板直撃の
推定150m弾>

実況:清原に
軍配が上がりました!

<高卒1年目での31本塁打は
歴代1位>

<清原和博が第19位でした>

<続いて、第18位>

ホームラン取った時の

カメラに向かっていく
ポーズの時がかわいいなって…。

外国人選手で初めて

2000本安打
やったところでしょうかな。

<2008年の巨人移籍後は

小笠原、高橋由伸らを置いて
不動の4番に>

<外国人最高の
12年連続2桁ホームラン>

<打撃三冠全てで
タイトルを獲得した>

<ラミレスのすごいポイント>

<2001年の来日以降
3球団で大暴れ>

実況:捉えたー!

<松井秀喜が持つ

巨人の4番連続出場記録を
塗り替えるなど

数々の偉業を成し遂げた
ラミレス>

実況:4番ラミレスの勝ち越しの
スリーランホームラン!

ラミレス:そんなの関係ない!
はい、オッパッピー!ゲッツ!

<中でも、極め付きが…>

実況:レフトへ!

ラミレス、40号スリーラン!

藤川:よく打たれたっすね。

<なぜ、そんなに
打つ事ができたのか?>

<本人に伺ったところ…>

ラミちゃん、カッチカチ。
アイーン。ゲッツ!

<ひょうきんキャラでも愛された

アレックス・ラミレスが
18位でした>

田中:杉内さんは
ラミレス…ねえ。

杉内:いやあ、もう
よく打たれましたね。

特に、チェンジアップを
うまく打たれたのを

思い出しますね。
のちのち、聞いたら

「クセがわかるよ」って
言われましたもんね。

間宮:へえ~。
田中:そこまで、ちゃんと…。

瀧:バレてたんですね。
杉内:はい。

トリプルスリーも達成してますし

レジェンドですね。
間違いないです。

打球の速さですね。

男気があって、人情に厚くて
すごい人やと思ってます。

<2003年
今岡、赤星らと共に

阪神18年ぶりの
リーグ制覇に貢献>

<2004年には、打点王に>

<広島時代には
トリプルスリーも達成した>

<そんな金本を語る上で
欠かせないのが

執念の片手ヒット>

<連続フルイニング出場の
記録更新に挑む

金本だったが…>

<日本記録更新まで
あと3試合に迫る中

最大のアクシデントが襲った>

<中日の抑え、岩瀬の投球が
金本の手首に直撃>

稲村:痛い…。

<あと3試合で記録更新>

<その目前で黄色信号がともる
まさかの事態>

<試合後
左手首の骨折が発覚した>

<しかし、翌日>

<金本は
痛みをこらえ強行出場>

太田:すごいよね。

<対するは
巨人のサウスポー・高橋尚成>

実況:痛みは
確かにあるはずです。

それでも
グラウンドに立ち続ける。

ファンの声援ある限り!

捉えた!ライト前
抜けていくぞ!なんと…。

実況:痛みがあっても
それでも結果を残す。

鉄人・金本!

<そして、その2日後に

フルイニング出場
日本記録を更新>

<さらに2年後には
世界記録を樹立>

<日本のアニキが

世界のアニキへと
変わった瞬間だった>

<現役最長の

連続フルイニング出場を
継続している西武・秋山は

この記録について…>

秋山:そういう意味でいうと

すごく
途方もない数字っていうか…。

<今年、野球殿堂入りを果たし

名実共にレジェンドとなった
金本知憲が第17位>

<続いて、第16位は…>

投げてる球は
繊細でしょうけど

見てる感じでは豪快でしたね。

阪神から始まって色んな所を
こう…渡り歩いて。

<60年代は
王貞治のライバルとして

70年代は、野村克也のもと
リリーフで活躍>

<2度の最多勝に輝き

最優秀救援投手にも
5度選ばれた>

<今シーズンの最多奪三振数は
ご覧のとおり>

<だが…>

<江夏は2年目に
なんと401奪三振をマーク>

すごいよね。

<1968年9月17日
巨人戦>

<江夏はここまで
346個の三振を奪い

記録更新まで
あと8と迫っていた>

<そこで江夏は試合に先立ち

6年連続本塁打王の王貞治から
新記録を打ち立てると公言>

<そして
弱冠二十歳の江夏は見せた!>

<見事、三振を奪い
新記録樹立!>

<…と思いきや>

<実は、江夏の勘違いで
これで353奪三振>

<まだ日本タイ記録だった>

<そこで、江夏は
とんでもない行動に出る!>

<その後の打者8人から
わざと三振を奪わずに

打順を王に回した>

<そして7回表>

<ようやく
王から記録を作るチャンスが…>

太田:うわあ~。
田中:いや、来たね。

実況:ストライクです。

今日の王は2打席2三振です。

解説:王は打ちづらいですね。
実況:そうでしょうね。

解説:他の人はですね
それほど、やっぱり

気にしなくてもいいですけどね。

王の場合、非常に、やっぱり
気にしますね、これは。

実況:カーブ、打った。
ファウルです。

ツーストライクになりました。

<そして…>

実況:三振!

ついにやりました。
三振奪取、日本記録達成。

<公言どおり、王から三振を奪い
日本記録を更新してみせた>

<このシーズン、江夏は
奪三振を401まで伸ばし

その記録は
いまだ誰にも破られていない>

元木:これ、無理だね。
絶対いかないね、これは。

<オールスター
9連続奪三振の記録も持つ

江夏豊が第16位でした>

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<16位までは
ご覧のとおりとなりました>

田中:えー、渡辺君。
どうですか?桑田選手…。

渡辺:そうですね
やっぱり、僕ら子供の頃は

ストレートの次に何を覚えるか
っつったら、カーブでしたね。

あれが、やっぱり
僕もピッチャー…ちょっと

少年野球やってた時は
本当に、よくマネしましたね。

田中:お手本ですよね。
渡辺:お手本でした。

子供たちのお手本でした。

田中:さあ、そして、金本。
ねえ、アニキが。

<続いて、第15位は…>

ものすごく大化けした
っていうとこでね。

飯尾:やっぱりですね
我々メガネ族を代表する

最強のキャッチャーですね。
ええ。

<常勝軍団・西武や
イチローをも封じた

90年代
ヤクルト黄金期の名捕手>

<首位打者などに加え

シーズン、オールスター
日本シリーズ全てでMVPに>

<古田敦也のすごいところ>

<なんといっても
12連続盗塁阻止>

<今年の日本シリーズ>

<ソフトバンク・甲斐拓也が
打ち立てたのが…>

実況:ランナースタートを切った
甲斐が投げる!

タッチは?アウト!

<6連続盗塁阻止>

<その強肩ぶりは
甲斐キャノンと称され

大きな話題を呼んだが…>

<なんと、古田は
その倍となる

12連続盗塁阻止を
成し遂げていた>

<伝説の始まりは、1991年
4月20日の巨人戦から>

<最初のランナーは
前年の盗塁王・緒方耕一>

実況:ランナースタート!
古田、投げる!2塁へ。

いいボールだ!
タッチは?アウトだ!

<ここから
盗塁王に輝いた事もある高木豊

広島の緒方孝市など

セ・リーグの俊足ランナーの
盗塁を全て阻止>

<そして、12個目は
中日の立浪>

実況:ランナー
スタートを切っている。

古田が投げるぞ!2塁は?

アウトにした!盗塁失敗!

<なんと、13日間で
12連続盗塁阻止を達成>

<また、シーズン3割を超えれば
一流といわれる

キャッチャーの盗塁阻止率>

<2018年の1位
甲斐の4割超えも驚異的だが…>

<古田は、プロ4年目で
とんでもない記録をマーク>

<なんと、6割4分4厘>

<これは、いまだ
破られる事のない日本記録>

連続盗塁阻止したという…。
もう、あれじゃないですか?

キャッチャー界のセコム
っつっても

いいんじゃないですか?

<1試合4本のホームランの
日本タイ記録も持つ

古田敦也が第15位でした>

<続いて、第14位は…>

<50年代後半から

野村克也や
王、長嶋と名勝負を演じた鉄腕>

<通算276勝>

<通算防御率は、1点台>

<4度のシーズン30勝は
日本記録>

<稲尾のすごさは、やはり
不滅の大記録!シーズン42勝>

<ちなみに、今シーズン

セ・パ両リーグの最多勝が
こちら>

<いかに、42勝がすごいかが
一目瞭然だ>

<今から57年前に打ち立てた

シーズン42勝目の貴重な映像を
ご覧頂こう>

<1対1で迎えた8回裏>

<日本記録まで、あと1勝に
迫っていた稲尾が登板>

実況:鉄腕稲尾…。

投げました!空振り三振!

<稲尾は
この回を無失点で抑えると…>

<迎えた9回表
ランナー1塁で

西鉄のバッターは豊田泰光>

実況:打った。
打球はライト方向へ飛んでいく。

入った!豊田の勝ち越し
ツーランホームラン。

大事な場面で
一発が生まれました。

<そして、3対1で迎えた
9回裏、ツーアウト>

実況:稲尾投手
大記録へ、あと1人。

打球は、ファースト正面。

見事に打ち取りました。

稲尾和久、日本タイ記録
42勝を達成しました。

<これは、スタルヒンと並ぶ
シーズン最多勝利>

<今後も破られないであろう
大記録だ>

<プロ29年間で
通算224勝を挙げた

工藤公康によると…>

不可能な事をやったのだと
思います、稲尾さんは。

<通算200勝を
わずか7年で達成した

鉄腕・稲尾和久が
第14位にランクイン>

<ここで、吉田から

稲尾のすごすぎる
コントロール伝説が語られる>

吉田:何が優れていたか
といいますとね

コントロールですよ。
田中:コントロール。

吉田:すごく
いいコントロールしてました。

逸話ありましてね。
私は、セ・リーグでしたけどね

やらなくてよかったですけどね。

このホームプレートのね
この一角に投げるんですよ。

自分は
ストライクと思ってますよね。

審判、ボールと言いますね。

そしたら
プレートから下りてきましてね

帽子でね、こう
パーッと、はたいてね

同じ所へ、また投げるんですよ。
それぐらいのコントロール。

太田:だから、ストライクだぞ
って事をアピール…。

太田:証明してみせる。
吉田:無言の、その…。

田中:できるっていうのが
すごいし…。

田中:この人
ピッチャーじゃないんで。

こっちに聞いてもらいたい。

<ブーマー、クロマティと共に

80年代を熱くした
史上最強の助っ人外国人>

<外国人で、唯一

2度の
三冠王を達成>

<シーズン打率
3割8分9厘は

日本記録>

<バースの魅力といえば…>

<その豪快なホームラン>

実況:ワンエンドワンからの
3球目。

<そんなバースに、1986年

王の持つ日本記録

7試合連続ホームランに並ぶ
チャンスが訪れる>

<7試合目の相手は
王が率いる巨人>

<相手は
この年16勝を挙げた

巨人の絶対的エース
江川卓>

実況:ピッチャー、江川。

速い球。
バースも打って、ファウル。

<なんと、江川は
強気のストレート勝負>

<実は、バースにとって
江川は天敵>

<ホームランも
4年間で、わずか1本と

苦手としていた>

<しかし…>

実況:バース、打った。
江川、見送った。

ライトスタンドを越えていく。
場外ホームラン。

<打球は、夜空に消える
圧巻の場外アーチ>

<ついに、王の日本記録

7試合連続ホームランに
並んだ>

<阪神で唯一
日本シリーズのMVPを獲得した

ランディ・バースが第13位>

<続いて、第12位>

やっぱり
もう、闘志むき出しで

相手に向かって
投げておりました。

絶対負けないって
向かってくって…。

もう、あれが
かっこよかったですね。

反体制派的なところが
いいじゃない。

みんなが
巨人に集中するところでね

敢然と
一人で立ち向かうというね。

<大学時代から

田淵幸一、山本浩二と
しのぎを削った

70年代、中日のエース>

<先発、リリーフとフル回転>

<5年連続
2桁勝利を挙げるなど

通算146勝を挙げた>

<そんな星野の
すごいところは

巨人のV10を阻止!>

<当時、巨人は
王、長嶋のONを中心に

V9を達成>

<それを阻止したのが
入団当初から

打倒巨人に闘志を燃やした
星野だった>

<1974年

星野が胴上げ投手になった瞬間が
こちら>

実況:ワンナッシング。

第2球を投げた!打った!
3塁の頭…ライナー、越えた!

つかんだ!
中日優勝!中日優勝!

思わず抱き合ったバッテリー!

<見事、中日を
20年ぶりの優勝に導いたのだ>

<そして、先発投手最高の栄誉
沢村賞と

この年、創設された最多セーブ
異例のダブル受賞>

<巨人戦の勝率は歴代トップ>

<星野仙一が第12位>

<続いて、第11位は…>

帽子が飛ぶぐらいの
バットを振って

豪快だったと思います。

<山本浩二と共に
70年代後半から

赤ヘル打線の主砲として活躍>

<野球界2人目の
国民栄誉賞を受賞>

<背番号3は
広島の永久欠番>

<まさに人格者!>

<デッドボールを当てた
ピッチャーのために

骨折しながら
魂のフルスイング>

<1970年から
2215試合連続出場という

大記録を打ち立てた衣笠だが…>

<その裏には
最大の危機があった>

<それは
1979年8月1日の巨人戦>

<マウンドには、江川と並ぶ
巨人のエース・西本聖>

<そして7回裏、事件は起きる>

実況:好投の西本、投げました。

おっと!これは危ない。

<西本は三村に対し
デッドボール>

<そして、萩原にも>

<そんな中、迎えた
衣笠の打席>

実況:危ない!衣笠。

ホームベース上に倒れ込んだ
鉄人。

<内角を攻めた西本の1球が
衣笠の肩を直撃>

<この3度のデッドボールに
場内は騒然>

<しかも衣笠は

左の肩甲骨を骨折し
全治2週間>

<連続試合出場は途切れると
ファンは覚悟した>

<そして、その怒りは

デッドボールを当てた西本へと
向けられ始めていた>

<衣笠が、なんと
代打で出場>

<記録を継続させるため

形だけの出場かと
誰もが思っていた>

<しかし…>

実況:昨日
デッドボールを受けて骨折。

今夜も衣笠は、思いきり振った!

<いつもと変わらぬ
フルスイング>

<このフルスイングには
衣笠のある思いが…>

伊集院:ご本人が
あの振った理由を…。

あれで西本が救われるって。
その、ぶつけた…。

西本のために、ぶつけた…。

自分のため、ファンのため
そして西本のために

振らなきゃいかんのだ
っていう話を

ご本人がしてました。

田中:ねえ、泣かせるね
本当ね。

<最大の危機を乗り越えた衣笠は
1987年

ルー・ゲーリックの持つ
世界記録を塗り替える

2131試合連続出場を達成>

<その後
2215試合まで記録を伸ばし

衣笠は世界の鉄人となった>

<今年、惜しまれながら
この世を去った

世界の鉄人・衣笠祥雄が
第11位でした>

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<11位までは
ご覧の結果となりました>

田中:古田敦也捕手が
15位ですけども…。

木佐:古田さんに、よく
一久の球を受ける時は

俺は、サッカーの
ゴールキーパーのように

動かなきゃいけないから
普通の試合よりも疲れるんだよ

わかってるか?って
よく言われてました。

田中:でも、古田さんの
あの盗塁阻止率

あれ、福本さん…。
福本:すごいですね。

今、いい形で皆放ってましたけど
ずっと見てますと

色んな所からでも
それができたりとかね。

あれは
やっぱり、すごいですね。

田中:阻止率6割超えてるって
ちょっと異常ですよ。

さあ、そして12位は
星野仙一さんですけども…。

山本:私は、いつまで経っても
小僧扱いでしたね。

電話で話しても、いつも
「はい、はい」って言ってね

お前は、こうだからダメなんだ
って、いつも言われるんですけど

星野さんに
勝ってるんだけどなって…。

いつも
そういうふうに思ってました。

ただ
かわいがってもらいましたので

一番の恩師だったなっていうのは
思いますね。

田中:さあ、いよいよ
ベスト10の発表ですけども

ここで、皆さんの1位予想を
もう一回ちょっと見ましょうか。

宇賀:皆さん
フリップをお願いします。

田中:すでに出た方も
もちろん、いるんですが…。

田中:野茂さん、落合さん
王さん

松井さん、金田さん、長嶋さん。

まだ出てないですね。

太田:この辺は、まあ…。
田中:まあね。

レジェンドですからね。
そうですよね。

宇賀:それでは参りましょう。

プロ野球総選挙、レジェンド編
それでは第10位の発表です。

<2000年代
同じ年の松井秀喜を始め

数々の強打者に
真っ向勝負を挑んだ>

<日米通算203勝>

<メジャーの
巨額オファーを蹴って

広島に復帰した男気は
ファンの胸を熱くした>

<黒田博樹のすごいところ>

<まずは、日本人初
メジャー5年連続2桁勝利>

<2008年に

メジャーリーグの
ドジャースに入団した黒田>

<代名詞の豪快な速球に加え
鋭く曲がる変化球を武器に

屈強なメジャーリーガーたちから
アウトを量産>

<メジャー3年目から

5年連続2桁勝利という
偉業を成し遂げた>

<実は今年
田中将大が達成するまで

野茂や松坂でも達成できなかった
大記録だ>

<そして
2015年の広島復帰後

選手やファンの間で
忘れられない試合が>

石原:僕の中では

一球っていうよりは
最後の日本シリーズ

引退される前の日本ハムのね
北海道での登板っていうのは…。

ちょうど
僕、受けさせて頂いて

すごく
印象に残ってる試合ですし。

<その一戦とは

対、大谷翔平
現役最後のマウンド>

ホントにテレビの前で泣きました
あれは。

感動しましたね。
田中:感動したよね、これね。

<それは、日本に復帰した翌年の
2016年>

<広島を
25年ぶりのリーグ優勝に導き

迎えた日本シリーズ>

<この日本シリーズを最後に

現役を引退する事を表明していた
黒田>

<20年にも及ぶ現役生活>

<その最後の
対戦相手となったのは…>

<日本球界の未来を担う

19歳年下のスーパースター
大谷翔平>

<この日、黒田は
大谷と3度相まみえる>

実況:初球打ち
3塁線、抜いていった!

大谷と黒田の対決、第1打席

大谷
ツーベースヒットを放ちました。

<続く第2打席>

実況:右中間!破っていく!

<またしてもツーベースヒット>

<そして、6回裏

大谷の前のバッター
近藤を迎えた場面で

黒田に異変が>

実況:インコース、厳しいボール
打ち取りました。

<投球直後、足を押さえる黒田>

<20年間、戦い続けてきた体は
限界を迎えていた>

<しかし、大谷には
ここまで2打数2安打>

<黒田に
逃げるという選択肢はなかった>

実況:打ち上げた。外のボールで
タイミングを外しました。

レフトフライで
ツーアウトになります。

<結果はレフトフライ>

実況:最後まで、このマウンド上
ファンに戦う姿を

チームメートに
戦う姿を見せました。

黒田博樹がマウンドを降りる。

もう全体から、カープファンも
ファイターズファンも関係ない。

野球ファン、みんなから
拍手が送られます。

<日本復帰後、40代にして
2年連続2桁勝利>

<黒田博樹が第10位でした>

太田:でも、やっぱり
広島が強くなった、その…。

田中:いや、もう本当に…。
太田:本当に、あれだよね。

田中:うん、黒田さんのね…。
太田:ドラマがあるよね。

田中:黒田さん、新井さん辺りの
レジェンドたちがね

やっぱり、強さをね、引き出した
っていうのはありますよ。

<一昨年、惜しまれつつ
引退した黒田だが…>

<引退といえば

福本がユニホームを脱いだ理由が
すごかった>

田中:福本さんは引退の経緯…。

福本:ついでに辞めましたから。

田中:ついでに辞めたって
どういう事なんですか?

福本:最終戦でね、監督が

山ちゃん、うちの山田
エースが辞めるというの

わかってたんですよ
もう早うからね。

最後のゲームが、引退…
山田の、その引退ゲームですね。

その時に監督が
今年は優勝できなかったとか

そういう、あいさつの中で

「今日で辞める山田
残る福本」を

「今日で辞める山田、福本」って
言ったの。

田中:「今日で辞める山田
残る福本」って言おうとしたのを

「今日で辞める山田、福本」
って…。

そう、続けたんですね。

それで、まあ、ついでに
しゃあないから辞めた。

瀧:ええーっ!
田中:どういう事?

よく言われるでしょ?
ボールが止まって見える。

それだけやっぱ
練習があったと思いますね。

<戦前から活躍し
戦後、青田昇・千葉茂と共に

巨人をけん引>

<5度の首位打者に輝き

通算2351安打>

<ボールが止まって見えたという
名言も残した>

<川上のすごいポイントは

プロ野球選手初の
2000本安打達成>

<川上は、赤いバットを駆使して
ヒットを量産>

実況:次は
巨人のホープ・川上です。

カウント、ワン、ツー。
ピッチャー・宅和、投げました。

川上、打ちました。
球は大きく弧を描いて

ライト中段に吸い込まれます。

ツーランホーマーです。

<1956年には

プロ野球史上初の
2000本安打を達成>

<戦後まもない日本に
勇気を与え続け

打撃の神様と呼ばれた>

<幾度も対戦した
フォークの神様・杉下茂さんは

川上のすごさを、こう振り返る>

さっきも出てきましたけど

川上の赤バットって
言われるんですけど

大体、映像がモノクロなんで。
田中:そうですよ。

瀧:赤いとこ見た事ないんです。
田中:見た事ないですね。

<続いて第8位>

三冠王も3回取るっていうのは
大抵ではできない。

田中:8位ね。
伊集院:8位、早えな…。

<80年代
ブーマーらと、しのぎを削り

巨人では、松井秀喜と
クリーンアップを務めた>

<独特の神主打法で

日本でただ一人
3度の三冠王を達成>

<落合のすごいところ>

<まずは
記録の節目は必ずホームラン>

<なんと
500本ごとの節目のヒットを

全てホームランで
飾っているのだ>

<例えば、1000本目は…>

<プロ入り8年目
大洋との一戦>

実況:うまく捉えた!

レフトスタンドに一直線!

<続いて、1500本目は…>

<巨人のエース・桑田から>

実況:通算1500本安打まで

あと1本に迫っている
落合です。

ピッチャーは桑田。

打った、これは大きい!

入るか、入るか。

入った!1500本安打を
ホームランで飾りました!

太田:スリーランだもんね
しかもね。

<そして、2000本目>

実況:通算2000本安打まで
あと1本。41歳、落合博満。

捉えた、これは伸びるぞ!

伸びていく、左中間、どうだ?

入ったー!
2000本目のヒットは

放物線を描いて
スタンドに飛び込んだ。

辻:なんか、ホントに
すごかったですね。

<続いては
エース相手に脅威の強さ>

<巨人の斎藤雅樹から打った
サヨナラホームランがすごい!>

<各球団が誇るエースから
次々とホームランを放ち

恐れられてきた落合>

<付いたあだ名は
エースキラー>

<例えば、通算284勝を挙げた
ミスターサブマリン

阪急のエース・山田久志から…>

実況:サブマリン・山田に対して
打った!

流し打ち、入りました!

エース・山田のボールを
完璧に打ち返しました。

<続いては
当時、最優秀防御率を獲得>

<常勝軍団・西武のエース
工藤公康>

実況:打った!軽く合わせた。

これは大きい!
入るか?入るか?

入った、ホームラン!

がっくりと肩を落とす工藤。
無念です。

<中でも強烈だったのが

巨人のエース
斎藤雅樹から放った

サヨナラホームラン>

<巨人のエース、斎藤雅樹>

<この日、中日を8回まで

ノーヒットノーランに
抑えていた>

元木:これ、僕
この時ベンチに…。

伊集院:いました?
元木:入ってはいました。

<そして
大記録に挑んだ最終回>

<しかし…>

実況:ライト線
ああ!フェアだ!

斎藤雅樹
ノーヒットノーランならず!

仁村、打った。
ライトへ抜けていった!

土壇場、1点を返しました
ドラゴンズ!

<ノーヒットノーラン目前から
まさかの失点>

<球場が異様な空気に包まれる中
打席に立ったのは…>

実況:ツーアウトながら
1・3塁。

2点差。バッター・落合。

センターへ!センターへ!

上がったぞ!
上がったぞー!天才・落合!

苦しみ続けた斎藤を攻略する
サヨナラスリーラン!

<ノーヒットノーラン目前だった
斎藤から

まさかのサヨナラホームラン>

<エースキラーの力を
まざまざと見せつけた>

<現役時代、落合に
よく打たれたという木田は…>

<そして、もう1つ
球界の常識をぶち破ったのが

冬の風物詩、契約更改>

<当時の野球選手は
年俸を隠すのが当たり前>

<しかし…>

落合:この前
言うっつったもんね。

イチロクゴ。

<落合は
堂々とカミングアウト>

<監督としても
四度のリーグ優勝を果たした

落合博満が
8位にランクイン!>

<ここで、元木がベンチで見た
落合と松井の意外な関係を告白>

田中:ベンチで元木さんは
落合さんの

横に座るようにしてたんでしょ?
元木:横に座るっていうか

若い選手が
監督の前なんですけど。

決まりがあったんですよ、大体。
でも、落合さん来てから

そこに
座るようになったんですよ。

元木:石井一久投手が
投げてる時に

「お前、こういう時どうする?」
って言われた時に

「やっぱ速いですから…」って。
「気にする事ない」。

「コントロール悪いだろう?」
って言って。

「初球に、いいボール来たって

あいつ
ツーナッシングに追い込んで

ボールのサインでも、ど真ん中に
投げるヤツだから」って。

「ビビる必要ないから、真ん中
待ってなさい」って言ったら

すごい自分が
楽になっていくんですよ。

それをボソッて言うんですけど
松井が、それを

ずっと聞いてるんですよね。
太田:横で。

元木:落合さんも照れ屋なのか
直接言わないんですよ。

太田:そうか
松井に言ってるんだ。

元木:松井に言ってるんですよ。

俺じゃねえじゃねえかよ!
みたいな。

田中:すごい!

<ここからは
野村克也さんも参戦です>

太田:スタジオの雰囲気が
ピシッと引き締まりましたね。

田中:ここの3ショット
やばいですよね、このお三方。

太田:お久しぶりだったり
します?

<ここで、特別企画>

田中:野村さん、吉田さんと

名監督2人
いらっしゃってますけども。

野村:本気で言ってる?
太田:本気ですよ。

田中:「はい」って言うでしょう
そりゃ。

吉田:私は「迷う」方ですよ。
田中:「迷う」方じゃないです。

太田:名監督ですよ。
田中:名監督、ねえ。

<知将、闘将、魔術師>

<あまたいる名監督の中で
1位に輝くのは誰なのか?>

<まずは、第10位>

<21年ぶりのリーグ優勝を
果たし

阪神を史上初の日本一に導いた
吉田義男>

吉田:ああ、恥ずかしい。

<阪神ファンが大熱狂した
日本一決定の瞬間がこちら>

実況:セットポジション。
2球目、投げた。

打った!ピッチャーゴロ。
捕った、ゲイル。

そして、1塁へ送った。
試合終了。

<続いて、第9位は…>

<三原マジックと呼ばれた
球界の魔術師・三原脩>

伊集院:伝説だ、伝説。

<2番に強打者を置くなど

先入観にとらわれない
大胆な采配で

4度の日本一を経験>

<続いて、第8位は…>

<西武を9年で
8度のリーグ優勝と

6度の日本一に導いた名将
森祇晶>

<スタジオのノムさんとも
激闘を演じていた>

実況:石井投手、投げた!

パームボール、三振!

実況:西武ライオンズ
勝ちました。森祇晶監督。

<続いて、第7位は…>

<非情な采配で
全ては勝つため>

<勝負師・落合博満>

<中でも有名な采配が

53年ぶり
日本一がかかった大事な試合>

吉田:これはすごかったな。

伊集院:逆に
岩瀬、すごいっすよね。

<先発・山井は
8回まで完全試合ペース>

<しかし>

<完全試合まであと3人の山井を
ベンチに下げ

抑えのエース・岩瀬に交代>

<そして…>

実況:岩瀬、投げました。

セカンドの右!
荒木がさばいて…。

<その采配で
8年間で4度のリーグ優勝>

<Bクラス落ちは
1度もなしという

強いチームを作り上げた>

<続いて、第6位は…>

<仰木マジックと称された
ムード作りの天才・仰木彬>

<イチローの
登録名の話題作りなど

その奇抜な発想で
チームを勝利に導いてきた仰木>

<その中でも際立った作戦が
こちら>

<連敗中のチームを鼓舞するため
監督自ら3塁コーチャーに!>

<常に
選手たちの士気を上げる事に

とことんこだわった>

伊集院:勝ちだすと止まらない
チームだったよな。

<続いて、第5位は…>

<松井秀喜をドラフトで引き当て

メークドラマで伝説を生んだ
長嶋茂雄>

<そんな長嶋の
最大のメークドラマが…>

実況:ストライク!

<続いて、第4位は…>

<第1回WBC

スモールベースボールで
世界一をつかんだ王貞治>

<日本の強さを世界に知らしめた
試合がこちら>

<いよいよ、ここからは
ベストスリーを発表>

<第3位は、戦後で唯一
3球団で優勝を味わった

優勝請負人>

<前年、5位以下のチームを
引き受け

全て生まれ変わらせてきた
闘将、星野仙一>

<そんな星野が、優勝の瞬間

思わず男泣きしてしまった試合が
こちら>

実況:ワンボール
ツーストライク。

田中将大、追い込んだ!

空振り三振!

楽天イーグルス、球団創設9年目
初めての日本一!

<第2位は、史上最多のV9

歴史に残る偉業を達成した
名監督>

<王、長嶋を鍛え上げ
巨人栄光のV9を達成した

川上哲治>

<栄えある第1位は

ID野球と呼ばれた
天才的名采配>

<野球をデータで考えた
ID野球を

初めて、世に浸透させた
野村克也>

<そんな野村の
初の日本一の試合がこちら>

実況:第9球を投げた!
空振りの三振!

実況:1回、2回、そして3回。
夢にまで見た日本一。

<という事で、以上、球史に残る
名監督ランキングでした>

田中:なんと
名監督アンケートの投票の結果

1位、ノムさんでした。
野村:恐縮するね。

田中:でも、みんな
納得ですよ、それは。

吉田:ノムさんはですね
名選手であって、名監督。

26年選手生活でね
24年監督で

50年間…半世紀、野球して。
そうは言わんでもね

みんなが、やっぱり
日本一だと言いますよ。

これは、もう
正しい評価だと思いますよ。

長生きしてくれよ、長生きを。
いや、ホントに。ええ。

太田:ホント、そうですよね。
吉田:長生きしてくれないと。

<それでは
ランキングに戻りましょう>

<これより、神セブンの発表>

<第7位は…>

伝説のキャッチャーだと
思います。

ホームランですか、打率が一番。

三冠王取ってるしね。

バッターを惑わす魔術師
なのかなと。

<50年代から80年まで現役>

<王、長嶋にライバル心を
たぎらせた名捕手>

<戦後初であり
キャッチャー初の三冠王を達成>

<通算本塁打、打点、安打数も
歴代2位>

古田:多分、肩だけだったら
僕の方が強かったと思いますね。

野村監督に
言われた事あるんですが

足は俺も速かったぞと。だから…
肩は負けてるけどなって。

でも、バッティングは数倍上や
って言われましたけどね。

<まずは、シーズン最終戦の
最終打席で決めた

日本記録の52号本塁打が
すごい!>

<1963年のシーズン最終戦>

<野村は土壇場で
歴史的偉業をやってのけた>

実況:7回の裏
ランナーは1・3塁。

スリーボールナッシング。

田中:ああ~!

実況:見事な
野村のホームランが出ました。

野村、笑顔でホームイン。
最終戦で、見事

52本の日本記録を
達成しました。

チームメートも
野村を祝福します。

<こうして、次々と
アーチをかけていった野村>

<歴代ホームラン数は
世界の王に次ぐ、堂々の2位>

<続いては
選手兼監督でリーグ優勝>

<1970年
選手兼監督として

最下位の南海の再建を託された
野村>

<そして就任4年目
ついに初優勝のチャンスが…>

<南海が2点リードのまま迎えた
9回裏ツーアウト>

<優勝まで、あと1人の場面>

実況:阪急の好打者
当銀が打った。

打球は大きく伸びて
ホームラン。

<阪急に1点を返され
暗雲が垂れ込める>

<続くバッターは
代打本塁打の世界記録保持者

高井保弘>

<この緊迫する場面で
野村がとった策が…>

<当時、先発の柱だった
江本孟紀のリリーフ起用>

実況:リリーフ・江本対
代打男・高井。

実況:空振り三振!
南海ホークス

7年ぶりのリーグ優勝を
達成しました!

<見事な采配を見せた野村克也が
大一番を制した>

<通算1万1970打席は
堂々の歴代1位>

<野村克也が
第7位にランクイン>

田中:はい!いや、ノムさん
7位でした。

大したことないね。
田中:いやいやいや…。

太田:本当はね、もっと
上行きたいところですよね。

田中:もっと上かなという気も
したんですけども…。

<そして、福本が体験した

キャッチャー・野村の
ささやき戦術とは?>

太田:そんな事で…。
ストレートだな、また質問が。

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<第7位まではご覧のとおり>

<それでは参りましょう
第6位は…>

球も速いし
なおかつ大きなカーブがあって

その直球と
大きなカーブの落差で

普通の選手は打てなかったんだと
思いますけど。

14年連続20勝か。
抜けないよね、もうね。

<50年代から、巨人・川上哲治
阪神・吉田義男らと

名勝負を繰り広げた>

<日本唯一の通算400勝>

<14年連続20勝を上げた
伝説のサウスポー>

<金田といえば
なんといっても

奪三振の数がすごい!>

実況:振りかぶった、金田。
投げました。

三振!
なんと3509奪三振達成!

<歴代奪三振ベスト5で
金田の記録はというと…>

<2位に1千個以上の差をつける
ぶっちぎりの1位>

<現役選手の
通算奪三振と比べてみると

とんでもない数字という事が
おわかりだろう>

<そして、金田といえば

長嶋茂雄デビュー戦での
4連続奪三振がすごい>

<それは、1958年4月5日
巨人対国鉄>

実況:注目の初対決。
金田、第4球を投げました。

空振り三振!

<金田は、自慢のストレートで
長嶋から三振を奪うと…>

実況:バットに当たるか?長嶋。

空振り!バッターアウト!

<第4打席>

実況:長嶋、ここまで
全く、いいところはありません。

金田、投げました。
またも三振!4打席連続三振!

<金田は、長嶋から
4打席連続三振を奪い

プロの厳しさを
まざまざと見せつけた>

<実は
通算298敗も日本記録の

怪腕・金田正一が第6位>

田中:はい。第6位は金田投手。
まあ、400勝ですからね。

それは、もう
すごい記録なんですけども。

吉田さんが、1位予想が…。
吉田:そうですね。

今とね、当時と違って

日曜日は
ダブルヘッダーだったでしょ?

ダブルヘッダーに2勝する事が
多いんですよね。当時は。

太田:おっしゃるんですよ。
金田さん。

で、その隣にいる張本さんが
「わしもそう思う」って…。

必ず
そう、おっしゃるんですけど。

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<第6位は、金田正一>

田中:さあ、あとは
5人なんですけども

予想、まだ出てないっていう方?
はい。

まあ…ON、そして
松井、野茂あたりですかね?

この辺は…だから今、4人
ここには、いるんですけども

あと、もう1人いらっしゃる…
これがもし入ったとしてね。

多分、まあ、入ってるような気も
しますけども。

木佐:ああ、5位?ええ?

<90年代を席巻した
トルネード>

<ドラフト同期には
古田敦也、佐々木主浩>

<日米通算201勝>

<日本では、実働5年ながら
4度の最多勝を獲得した>

<野茂英雄のすごいところ>

<まずは、日本タイ記録
プロ初勝利で17奪三振>

<1990年

開幕から1カ月後の
オリックス戦>

<ルーキーの野茂が
とんでもない事をやってのける>

実況:空振り三振。

実況:フォークボール!
空振り三振。

<序盤から
三振の山を築いていく>

実況:フルスイング!空振り。

実況:インコース!
見逃し三振!

<そして、通算567本塁打を
放った、門田からも…>

実況:門田、手が出ない!
野茂、これで10個目。

<奪三振ショーは
まだ終わらない>

稲村:すごい!

実況:15個目の三振!

決まった!
日本記録まであと1つ。

<そして…>

実況:空振り三振!17奪三振!

ルーキー・野茂英雄
日本タイ記録!

<野茂は、この年
ルーキーながら

MVPや沢村賞など
8冠を獲得>

伊集院:8冠!
瀧:すごいよね。

<続いては
メジャーリーグで打ち立てた

2度のノーヒットノーラン>

田中:これがすごいよな。
もう考えられないもんな…。

<1995年>

<コギャルや小室ファミリーが
流行した、この年>

<野茂は、海を渡り

ロサンゼルス・ドジャースに
入団>

<伸びのあるストレート>

田中:かあ~、すげえ!

<そして、伝家の宝刀
フォークボールで

1年目から大ブレーク>

<新人王に輝くと

NOMOマニアという
流行語が生まれるほど

その活躍は社会現象に>

<そして
メジャー2年目のロッキーズ戦>

<あの伝説が生まれる>

<そして
一本のヒットも許さぬまま

迎えた9回、ワンアウト>

<対するは

メジャー屈指の好打者
バークス>

<見事、三振に切って取り

日本人初の
ノーヒットノーランを達成>

<さらに、レッドソックスに
移籍した2001年>

すごい事だと思います。

<日本人メジャーリーガー
としての礎を築いた

野茂英雄が第5位でした>

田中:いや~、野茂さん。

ピエール瀧さん
あとは、木佐さん。

まあ、文句なし。
レジェンド中のレジェンドね。

野村:木佐さん
出てたんだね。

木佐:お世話になりました
主人が。

野村:旦那、元気か?
木佐:はい。

今度、息子さんに
お世話になります。

まさか石井がゲットするとは…。
全然、読み違え。

田中:読み違え。
太田:どう読んでたんですか?

みんな、選手が狙ってるのは
わかってたけど

まさか石井が…。
田中:まさかでしたか。

<プロ野球総選挙
5位まで発表を終え

結果は、ご覧のとおり>

<あなたの1位予想は
まだ出てきていませんか?>

宇賀:さあ
プロ野球総選挙レジェンド編。

続いては、第4位の発表です。

自分の名前の賞が
ピッチャーの中で

一番最高の人に
与えられる賞というのに

名前がついてるのは、すごい。

<戦前、タイガース・景浦将との
名勝負で

プロ野球創生期を湧かせた>

<3度のノーヒットノーランは
日本タイ記録>

<戦前に数々の記録を打ち立てた
伝説の投手>

<沢村の伝説>

<17歳で
神様ベーブ・ルース

三冠王ルー・ゲーリッグから
奪三振>

<今から84年前

1934年に行われた
第2回日米野球>

<大スター
ベーブ・ルースが来日し

全16試合をこなす
一大イベントに日本中が湧いた>

<しかし、日本は全戦全敗>

<当時、アメリカと日本の差は
天と地ほど離れていた>

<そんな中
9戦目だけは1失点>

<アメリカを

あと一歩のところまで
追い込んだ>

<この試合に先発したのが
当時17歳の沢村栄治>

<ベーブ・ルース
ルー・ゲーリッグを擁する

スター軍団から
9三振を奪った>

<しかし、一体
何がすごかったというのか?>

<今回、学生時代
沢村とバッテリーを組んでいた

山口千万石さんの息子
茂樹さんに

話を伺う事ができた>

茂樹さん:これが
京都商業で優勝した時で

これが沢村さん。

<そして今回、唯一現存する
全力で投げる沢村の映像を入手>

<その映像の試合は
1936年12月

プロ野球史上初の日本一決定戦
東京巨人対大阪タイガース>

<観客が撮影した
このフィルムに

たった2秒ほどではあるが

伝説の名投手
沢村栄治の姿が>

伊集院:これ、沢村なんだ。

<たった1球の
短い映像ではあるが

確かに、その速さは伝わる>

<この映像が撮られた8年後の
1944年、台湾沖にて戦死>

<享年27>

<沢村の伝説は幕を閉じた>

<投手として
最高の栄誉が沢村賞>

<伝説として語り継がれる名投手
沢村栄治が第4位でした>

田中:まあ、さすがの吉田さん
そしてノムさんも

沢村栄治さんとなると…。

野村:生まれた頃だ。

伊集院:なんか
本で読んだだけですけど

当時、詐欺まがいで

いったんメジャーリーグに
スカウト…。

入団させられかけたっていう
記録があって。

白紙の紙に、サインしてください
っていって、サインしたら

実は、それを契約書…。
あとから印刷されて

大もめにもめたっていうのを
一応、本で読みました。

だから、向こうも
すごいのがいるって…。

欲しがってたって事だ。

<残すは、あと3人>

<ここで、野村さんの1位予想を
見てみましょう>

田中:一番すごいプロ野球選手。
太田:これは興味あるね…。

田中:ノムさん
そのフリップを…。

田中:はい、見せてください。
太田:やっぱりね。

田中:長嶋茂雄という文字が
書いてありますけども。

野村:人気がすごいやろ。
田中:人気がすごい。

野村:あの人気は
なんなんだろうって。

この人の、うまいのはね

易しいゴロを難しく見せる。

間宮:私が出演するドラマ
『ハケン占い師アタル』はですね

杉咲花さん演じる
占い師・アタルが

あらゆる世代の
働く人々の悩みを

ズバッと解決していく
物語になっています。

来年1月17日より
スタートです。

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<これよりベスト3の発表!>

ジャイアンツっていう
注目される球団で

4番を打って
すごいなと思いますね。

日本人離れした規格外のパワー。

あれは素晴らしかったなと
思います。

怪物ですよね。
モンスターですよね。

<90年代
落合や高橋由伸らと中軸を担い

ヤンキースでは
ジーターとプレー>

<3度の本塁打王に輝き

日米通算507本塁打

国民栄誉賞も受賞した
世界のゴジラ>

<松井のすごいところ
まずは

見るだけでも気分爽快!
東京ドーム看板直撃弾>

<東京ドームの看板直撃数は
松井が9本と断トツ>

<そこで今回は
名投手から放った

特にすごい5本を大公開!>

<記念すべき1本目は

当時30歳の
中日・山本昌から>

木佐:戦ってる顔してる
昌さん。

田中:見えないよ、速くて。

元木:そんな
コース悪くないですよね。

<続いては、この年
奪三振率の日本記録を樹立した

ヤクルトの石井一久>

山本:これは、すげえや。

田中:セコムホームランだよ。

元木:「セコム、してますか?」
いったなあ。

<3本目は
この年、開幕投手を務めた

中日のエース・川上憲伸>

田中:完璧!
木佐:すごいね。

<4本目は、当時

エースへの階段を
駆け上がっていた

阪神の井川慶>

木佐:すごい。
稲村:完璧だ。

<そして、ラストは

この年、新人王に輝いた
ヤクルトの石川雅規>

<なんと、推定155メートルの
超特大ホームラン>

<そして、日本人で松井だけ
ワールドシリーズMVP>

<2003年
ヤンキースに入団した松井は

本拠地デビュー戦で…>

<あいさつ代わりの
満塁ホームラン>

<1年目から主軸を務めると…>

<2009年

メジャーリーグの頂点を決める
ワールドシリーズで

快挙を成し遂げる>

<0勝1敗で迎えた第2戦>

<同点で迎えた6回

メジャーを代表する投手
ペドロ・マルティネスと

相まみえた松井>

稲村:入っちゃうんだ。

<大投手から
値千金の勝ち越しホームラン>

<続く第3戦では、代打で登場>

<勝利を決定づける
2試合連続のホームラン>

<そして
ヤンキースの優勝がかかった

運命の第6戦>

<2回裏
先取点が欲しい場面で…>

瀧:でかっ!
田中:ええ~!すげえ。

<この日だけで

ワールドシリーズタイ記録となる
6打点の大暴れ>

<見事、世界一をつかんだ
ヤンキース>

<すると…>

自分でもビックリです。

<大活躍した松井は

日本人初のワールドシリーズ
MVPに輝いた>

山崎:スタンドに運び込める
っていうところは、やっぱり

数多くのトップ選手の中でも
本当にトップなのかなと

僕自身は感じてますね。

<今年の日米野球でも
メジャーリーグのコーチを務め

大きな話題を呼んだ
松井秀喜が第3位でした>

田中:亜美ちゃん、そして、はい
大君も松井秀喜さん。

やっぱり、こうやって見ると
すごいね、スケールが。

<第3位は松井秀喜>

<残すは2位と1位の発表>

<やはり
ON対決となるのか?>

田中:さあ、宇賀さん。
宇賀:残り2人となりましたね。

太田:これは、もうどっちが…。

宇賀:どちらが
出てくるんでしょうか?

プロ野球総選挙レジェンド編
続いて第2位の発表です。

草野球でも、やっぱり
4番サードっていうのを

みんな狙ってましたので。

伊集院:そういう事か。

<王貞治とのON砲で
一世を風靡>

<1965年からV9に導いた
ミスタージャイアンツ>

<6度の首位打者は
セ・リーグ記録>

<日本で唯一
ルーキーから引退まで

17年連続で
ベストナイン獲得>

<誰よりも記憶に残るプレーで

野球の魅力を
世に知らしめた男>

<ヘルメットを飛ばす
豪快なフルスイングや…>

<敬遠への抗議から

バットを持たずに打席に入る
パフォーマンス>

<そして
守備では華麗なプレーを連発>

<誰よりもファンを愛し
誰よりもファンから愛された

唯一無二のスーパースター>

<そこで、今回は
リアルタイムで見ていたファンが

特に印象に残っているという
2つのプレーを紹介>

<まずは、タイムリミットまで
あと3分>

<天覧試合で
サヨナラホームラン>

<1959年6月25日>

<プロ野球史上初の
天覧試合>

<実は、この天覧試合

昭和天皇・皇后両陛下の
ご観戦時間は

夜9時15分までと
決まっていた>

<そして
お帰りになる予定の5分前に

長嶋の打席が!>

<しかも、同点で
9回裏、勝負を決めるには

ホームランしかない>

<プロ野球史に残る
伝説のひと振りが、こちら!>

実況:最終回、第5球を投げた。

さあ、どうだ?ホームラン!
サヨナラホームランでしょ!

ホームラン!
サヨナラホームラン!

ライナーで強く!
いやあ、皆が喜んでおります。

<ご観戦終了の
3分前の出来事だった>

<長嶋は、その後も
皇室の観覧試合は

打率5割1分4厘
7本塁打10打点と

型破りな勝負強さを発揮>

<続いては、日本シリーズで

西鉄・稲尾から
ランニングホームラン>

<1958年、日本シリーズ>

<3連勝で
日本一に王手をかけるも

西鉄・稲尾の前に
3連敗を喫した巨人>

<第7戦も敗色濃厚>

<意気消沈する巨人ファンの前で
長嶋は魅せた>

実況:4回目の
バッターボックスは、いかに?

打った。センター前にライナー
痛烈な当たり。

飛び込んだ。抜かれました。
ボールは一番深いとこへ。

後楽園、400フィートの
フェンス前に転々。

走る、走る長嶋
2塁から3塁へ。

3塁から猛然
ホームベースに突っ込んだ。

<やられっぱなしだった稲尾に
一矢報いる

ランニングホームラン>

<悠々セーフの
タイミングでも見せた

ド派手なスライディングが
長嶋の真骨頂>

<たとえ、どんな状況でも
常にファンを魅了し続けた>

<そして
1974年10月14日>

長嶋:我が巨人軍は
永久に不滅です。

<第2位は、ミスタープロ野球
長嶋茂雄でした>

田中:はい、という事で
第2位は、太田さんやノムさんも

1位予想しておりましたけども
長嶋茂雄さん。

まあ、言わずと知れた
スーパースターですけれどもね。

田中:さあ、では、いよいよ
第1位の発表でございます。

プロ野球総選挙
レジェンド編

制したのは、この方です。

<それでは参りましょう>

<プロ野球総選挙
レジェンド選手編>

<栄光の第1位は…>

それは王貞治でしょうね。

やっぱり王でしょうね。

<長嶋茂雄と並ぶ
巨人V9の立役者>

<独特の一本足打法で
ホームランを量産>

<868本塁打は世界記録>

<本塁打王と打点王は
歴代最多>

<国民栄誉賞は
王のために生まれた>

<王のすごいポイントといえば
やはりホームラン>

<そこで、もう一度見たいという
ファンの声が多かった

ホームランを
2つお見せします>

<まずは、最も有名な
世界記録を樹立したホームラン>

<1977年

夏休みが終わったばかりの
9月3日>

<日本中の視線が
王に向けられていた>

<日本中が待ち望んだ
この打席>

<マウンドには
プロ5年目の鈴木康二朗>

実況:第6球を投げた!

打った!これはライトへ!

これはホームランになりそう!
世界新記録!

実況:入った!ホームラン!

王万歳!ハンク・アーロンの
記録を破った。世界一!

<この功績をたたえられ

2日後に
王は国民栄誉賞を受賞した>

<そして、もう1つは
王しか達成していない

1試合4打席連続ホームランの
貴重映像>

<これまで、1試合に
4本のホームランを打った打者は

王を含め5人>

<しかし、4打席で
4ホームランは王だけである>

<昭和39年5月3日の阪神戦で
その記録は生まれた>

実況:王貞治の第1打席。

打った!大きい、大きい!

打球は場外に消えていきました。

4回裏、王の第2打席。

打った!これも行ったか?

ライトスタンドに
飛び込みました。

2打席連続です!

さあ、王の第3打席。

打った!また行った!

これで3打席連続ホームラン。

実況:打った!
これも、これも行った!

王、4打席連続ホームラン。

<という事で、プロ野球総選挙
レジェンド選手編

栄えある第1位は王貞治でした>

田中:第1位は
王貞治さんでしたけども。

吉田さん、阪神戦で
4打席4ホーマーっていうのが。

吉田:よく覚えてます。
田中:覚えてますか、やっぱり。

吉田:当時ね、3本打たれたあと
私、ショートを守ってましてね

もうグラブも何も
守る事はないと。

バッターとピッチャーとね
その線上にいて

セカンドの後ろでね
手旗信号でもいいから

王選手を邪魔せいと。

で、勝手に、全然守らずに

一直線で
こうしてた覚えがあります。

それでも打たれますから。
田中:やってないでしょ?

太田:せこいな、攻撃。
田中:そんな事してはない。


関連記事