ニッポン視察団!2018年No.1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25 沢口靖子、児嶋一哉、関根麻里…


出典:『ニッポン視察団!2018年No.1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25』の番組情報(EPGから引用)


ニッポン視察団!2018年No.1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25[字]


2018年最強人気No.1商品が今夜決定…外国人がはるばる買いに来る「スゴイ日本製品」ベスト25発表!私達の身近にある意外な商品が今世界で大人気…沢口靖子も驚く1位は?


詳細情報

◇番組内容

日本人が意外と気づかない?「日本の銘品」が続々ランクイン!


▼京都の…化粧筆!奇跡の肌触り…沢口靖子も愛用する化粧筆には職人の工夫が詰まっていた!

▼北海道の…木彫りの熊が大人気?日本人の定番みやげが、なぜ今、外国人を引き付けるのか?

▼新潟の…錦鯉!実は世界的な産地…年に2回のオークションには世界中から人が!生きる芸術品に驚きの値段が!

▼熊本の…小代焼!知ってますか?オンリーワンの魅力

◇番組内容2

「はるばる日本まで来て、買いたかったモノは何ですか?」


番組では丸1年がかりでニッポンの出口、全国各地の国際空港にスタッフを派遣し、出国直前の外国人を総力取材!その数2000人以上!

すると…「やっぱり!」というモノから、「よく知ってるね~」という意外な商品まで様々な回答が!


外国人客数が多い順でランキングを作成し、上位25品を大発表!1位は?


綾小路きみまろ年末川柳も…今年の笑い納めです!

◇出演者

【MC】爆笑問題(太田光・田中裕二)

【番組ナビゲーター】綾小路きみまろ

【進行】井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー)

【ゲスト】沢口靖子、児嶋一哉(アンジャッシュ)、関根麻里

◇おしらせ

☆番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/shisatsudan/


この番組は、テレビ朝日が選んだ『青少年に見てもらいたい番組』です。



『ニッポン視察団!2018年No.1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

ニッポン視察団!2018年No1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25
  1. 日本
  2. 買い
  3. 外国人
  4. 関根
  5. 児嶋
  6. ランクイン
  7. 京都
  8. 沢口
  9. 人気
  10. 日本製品


『ニッポン視察団!2018年No.1今夜決定!外国人がはるばる買いに来る日本の銘品25』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

今年の訪日外国人旅行者数は
なんと…。

ついに 初めて
年間3000万人を突破。

そして…。

今 日本には

番組では
今年1月から12月にかけて

日本の出口

全国各地の国際空港に 延べ…。

日本の旅を終えて

その数 なんと…。

この出口調査の結果…。

今年1年がかりの調査でわかった
人気商品を売る店の…。

上位25品を発表していきます。

すげえな。

まずは25位から21位。

工芸品やスポーツ用品

ランクインした
日本製品に詰まった

驚きの職人技にも迫ります。

第25位は…。

その買い物場所は 北陸 金沢。

金沢といえば
磁器の焼き物 九谷焼や

加賀友禅の着物など
多くの伝統工芸品がありますが…。

(沢口)「傘! ああ…」

25位にランクイン 和傘。

竹や木の骨組みに和紙を貼った
伝統的な和傘は

実は 金沢の工芸品の1つ。

この地で発展した理由には
北陸地方特有の気候として

雨や雪の多かった事があります。

兼六園から程近い
この老舗和傘店には…。

えっ?
2カ月で5本って…。

すげえ… そんななの?

外国人買い物客に人気の品には…。

桜吹雪の描かれた和傘も。

7万円と
少し値は張りますが…。

それでも 金沢まで
外国人が買いに来る理由は?

「うわあ
ああやって絵づけしてる…」

和傘作りでは 貼った和紙に
色を塗る工程がありますが…。

傘の絵って 傘は内側から見て…。

和傘に絵をつける職人のこだわり。

そこには こんな狙いが。

色を塗った

裏側から見ると
骨組みで たわんだ部分などに

塗り足りない部分があるため…。

(松本さん)細かくチェックしながら
やってるんです。

表と裏を
両方チェックしながら

慎重に塗りの作業を進めます。

こうした緻密な職人技によって

使う人の背景が華やかになり

持つ人を美しく見せる和傘が
できるのです。

第24位は民芸品から。

やっぱ そうだ…。
へえ!

北海道の民芸品
木彫りの熊がランクイン。

(関根)「これが24位なんですね」

こちらは JR札幌駅から
南へ車で2時間…。

(児嶋)「わあ! すげえ」

「こんなに いっていいの?」

北海道でも人気の観光地として

年間を通して
多くの外国人が訪れています。

そんな園内にある
ギフトショップで

木彫りの熊は購入する事ができ…。

買い物に訪れる外国人客の数は…。

年間3000人にも上ります。

これは まあ 定番でね。

だから 日本人は
ほとんど買わないでしょう。

そうね もう…。
だって 家に必ずあるもの。

ありましたね。
「1台」って…。

なんか動くやつみたい…。
(一同 笑い)

こちらは 木彫りの熊を作り続けて
55年の職人

上西さん。

今回作るのは 最もポピュラーな
このタイプです。

材料はシナノキ。
なんの目印もない

ブロックの状態から
彫っていきます。

そこには…。

(児嶋・関根)おお!
すごいな!

このあと続々登場!

外国人の買い物欲を刺激する

2018年
最強No.1日本製品とは?

第24位 木彫りの熊は
なんの目印もない

ブロックの状態から
彫っていきます。

まずは 粗く形を作る

職人は 四角い木の塊の中に
熊の姿が見えているのです。

1時間ほどの作業で
こんな状態に。

ここからが
職人の腕の見せどころです。

(児嶋)「うわあ 大変だ これ」

徐々に毛並みなど

細かい部分の形を
整えていきます。

(関根)「目の表情とか
大事ですよね」

こうして…。

(沢口)「見本とかはなくて
頭の中にあるんですね」

「頭の中にあるんですね」
(関根)「おお! できた できた」

鮭をくわえた
迫力ある熊の姿が現れました。

「すごいな これ!」

この北海道の
木彫りの熊なんですけども…。

第1号の木彫りの熊の
お写真があります。

それが こちらです。

これが 初めて作られたと
言われてるものなんですけど。

尾張の徳川家当主
徳川義親が

旅行でスイスを訪れた際に

現地で 木彫りの熊を
発見しました。

えっ スイスなの?
スイスで見付けたの?

(井澤)北海道の八雲町に
持って帰ってきて

冬場に農作業のできない
農家の副業として

作るように勧めたのが
きっかけと言われています。

そうなんだ! 副業で。
偉い人だね この人は。

第23位。
スポーツ用品からランクイン。

外国人が
はるばる買いに来る日本製品は…。

京都にありました。

京都といえば 日本の古都として
観光を楽しむ人も多いですが…。

お目当ての買い物場所は

街の印象と全然違う…。

そこには 480年の伝統技術で

外国人を魅了する
日本製品があった。

第23位は
480年の伝統技術が息づく

スポーツ関係の日本製品。

京都の弓。 これは…。

日本の武道 弓道で使う弓
和弓です。

こちらは なんと1534年創業。

戦国時代から続く
弓を専門に製作販売する老舗…。

その製作技術を継承する
柴田勘十郎さんは 現在21代目。

こちらで買える弓は
安いものでも6万円台から。

中には
50万円を超える品もあります。

フランスから買いに来たという
こちらの女性は…。

23万円する弓を お買い上げ。

「なんだ? これ」

実は 日本の

それが こちら。

ドイツ人哲学者が
日本での弓道修行を記した体験記

『弓と禅』の出版。

VTRに出てきました本。

あれは ドイツのヘリゲルさんが
書いたんですが

それを読んで
私 憧れたんですよ。

ジェフさんも それを読んで
日本に来たの?

はい。
そうなんだ。

そこには
どんな事が書いてあったの?

なるほど。
いわゆるアーチェリーっていうのは

勝つ事が大事。
弓道は 自分に勝つ。

自分の精神的な
内面的なものです。

そんな弓道の競技人口は

世界的にも年々増え続け

今では

(関根)「そうなんですね」

でも なぜ 海外から わざわざ
京都のお店にまで

買いに来るのでしょう?

竹などの天然素材を使って
製作する 京弓。

そのしなやかな引き味の良さが

外国人の弓道家の心をも
つかんでいるのです。

今回は こちらの弓の製作を視察。

京弓の形は よく見ると
5つの曲線からなり

矢に力がうまく伝わるかどうかは

それぞれのカーブのバランスが
とても重要ですが

これを 真っすぐな状態の材料から
作り上げます。

そして 実は 弓の内部構造は

こうなっています。

竹と竹の間に 別の木を挟んだ

3層構造。

強い反発力を持つハゼノキなど

異なる素材を組み合わせた芯材を

中打ちと呼び

これと竹を
しっかり貼り合わせなければ

強くしなやかな弓にはなりません。

そこで

鹿皮と水だけを煮詰めて作る
にかわの一種

強い粘着力を持つ
天然接着剤 ニベです。

こうして
塗ったニベが乾き固まり

素材を重ねて
丈夫な1本の棒ができたら

弓の形にしていきます。

そして ここからが
柴田勘十郎21代目当主

伝統を受け継ぐ職人技の
見せどころ。

さあ 上位には
どんな品物が

ランクインするんでしょうか。
これ ちょっと 難しいよね。

家電とかあるのかな…。
そうそう そういうのも

あるかもしれないし。

炊飯器とか
おいしいですもんね ご飯。

フィギュアとか ああいう…。

(児嶋)日本のアニメ
すごいから。

沢口さん ドラマの撮影とかで
京都とか行かれる事も 多分

多いと思いますけどもね。
そうですね 京都といえば

やはり お着物ですとか あと
お茶なんかはどうでしょう?

ああ お茶ね。

今年も残すところ
今日を入れても あと3日。

新年を迎える前に
このNo.1日本製品は

チェックしておいた方が
いいですよ。

第23位は弓道の弓。

480年伝わる製作技術を視察中。

(柴田さん)全部 入れてまえ。

高温の蒸気で熱し

一度 固まった接着剤 ニベを
やわらかくします。

そして…。

「ああやって しならせるんだ」
(児嶋)「あれで曲げてるんだ」

再び固まるまでの
わずか数分の間に…。

狙いどおりの曲線状になるよう
くさびを入れます。

(関根)「うわあ!」

その位置は もちろん

差し込む力加減も
細かに調整しながら…。

形を整えていくのです。

(児嶋)「格好いいな」
「すげえな!」

これを2週間以上かけ
完全に乾燥させると…。

こういう形のものが。

真っすぐだった竹が
曲線の形状になりました。

ところが
これを完成品と比べると

カーブの形が だいぶ違います。

実は ここからの作業が

弓の最も大事な機能

どういう事かと
いうと

こちらに弦を張ると
思いきや

実は 完成品の
孤の向きは逆。

ここから
反対に曲げて

弦を
かけるのです。

反発力!

「うわー 折れる!」

(関根)「大丈夫? 大丈夫?
大丈夫? おっ…!」

弓のきしむ
わずかな振動に注意しながら

慎重に調整し…。

ハッ…!

一気に反らせます。

残ってる? しっかり残ってる?

複雑な曲線のバランスを
確認しながら

力の入れ加減を調整し…。

完成です。

(関根)「すごい!」
「へえ すごいな」

このあとも
最新製品から

伝統の品まで…。

続々登場。

最高の品質よ!

1年がかりの調査結果を
今夜発表!

外国人が はるばる買いに来る

2018年 最強No.1商品とは?

第22位は
伝統工芸品からランクイン。

買いに来ていたのは熊本県。

(関根)「熊本って なんですか?」
「熊本?」

2年前の熊本地震。

その復旧工事が進みつつある
熊本城など

観光の見所も多い 熊本ですが…。

「ショウダイヤキ?」

22位は熊本伝統の陶器 小代焼。

実は 熊本は 九州を代表する
焼き物の産地の1つ。

中でも小代焼は

鉄分の多い粘土を使った
素朴で力強い作風に定評があり

経済産業大臣指定の
伝統的工芸品でもあります。

こちらでは
およそ30種類の小代焼を販売。

年間5000人もの外国人が
訪れています。

小代焼を買い求める

1つとして同じものがない
独特のデザイン。

こちらは小代焼の
作陶歴61年の陶芸家

井上泰秋さん。

今 作っているのは…。

完成すると
このような白い文様が浮かぶ

小代焼の茶碗です。

仕上がりのデザインに
関係してくるのが

成形 素焼きのあとに行う
この作業。

まず ガラス質の艶を出す
上釉で

器全体を
コーティングしたら…。

「描くんだ やっぱり…」

「へえ… こうやってやるんだ」

「ああ… 見事」

流し掛けという技法で

器に流れるような表情を
生み出しているのです。

これを

デザインに渋みのある陶器
小代焼が完成です。

続いて21位は刃物のジャンルから。

その買い物場所は渋谷。

日本のノコギリがランクイン。

こちらは 渋谷の繁華街
道玄坂で100年以上続く

大工道具の老舗…。

職人相手のプロショップですが

口コミなどで店を知った
海外からの外国人客も訪れ

特に ノコギリに
目を付けているようで…。

ご覧のような小型のノコギリ。

自宅での家具作りや
園芸用に使える万能タイプが

今 人気のようです。

ここからは
ノコギリの製造現場を視察。

こちらは
新潟にある創業88年の老舗…。

ノコギリの製造から販売まで
行っており

過去には イタリアから
バイオリンの名器

ストラディバリウスの
修復を手がける職人が

何度も買いに訪れているそうです。

海外の一流プロも認める

薄くキレイな
切り口となるには…。

のこ身と呼ばれる この部分が…。

薄く平らに仕上がっているのが
重要。

ゆがんでいると
うまく切る事もできません。

でも ノコギリの材料となる
鋼の金属板は

必要な形にカットするなど
加工すると…。

どうしても
ひずみが生じてしまいます。

これを平らに仕上げるのが
熟練の職人技。

今から作るのは 人形作りに使う
小型のノコギリです。

こうやって

伸ばしたいポイントを
たたいていきます。

(児嶋)「ああ 細かい」

(東さん)こういう風に
まあ 磁石を利かせて…。

こうして平らにしたら

次は厚みを整える加工ですが…。

金属を加工しては
真っすぐに直し

加工しては直す。

こうした作業を
根気よく3回繰り返し…。

真っすぐで切りやすい
ノコギリの完成です。

20位は衣料品から。

その買い物場所は京都。

買っていたのは…。

リサイクル着物がランクイン。

こちらのお店には
新品の着物だけでなく

リサイクル着物と言われる
古着の着物も

2000点ほど取りそろえています。

買い物に

だって 今 京都なんか行くと

もう 外国人が みんな
着物着て歩いてますよ ねえ。

友達は 着物を買って
私は「着付けが

大変ですよ」って言ったら…。

夏のコートとして
羽織って使います。

普通に もうコートとして。

部屋着で着たりできるんだよね。

ああ キレイ!

これは またオシャレでいいやね。
格好いいね。

こちらでは
昭和初期から最近の品まで

幅広く取りそろえていますが

日本の伝統技法で作った着物なら

100年前のものでも
問題なく着られます。

「100年前…」

古着なのに新品のように見える
状態の良さは

実は しみ抜きの職人技が
支えていました。

例えば こちらの着物のしみ。

プロの手にかかれば…。

ご覧のとおり。

新品同様の美しさが
よみがえります。

こちらは 着物のクリーニングを
専門に行う会社。

しみの大きさや種類によって
料金は変わりますが

職人の手にかかれば
大抵の汚れには対応できます。

というのも…。

ここでは しております。

食べ物などの汚れなら

特殊な薬品を塗って
蒸気にさらすと…。

(関根)「キレイに取れた!」

汚れの程度によっては 薬品が
着物の色まで落としてしまうため

なんと しみ抜き職人自ら
部分的に染め直して

元の色を再現します。

今から行うのは この着物の

合わせたい色は緑ですが

色の抜けたベースの部分は

そのため
のせた時 色が合うように

青を用意したのです。

(関根)「あー! すごい!」

実際に
エアブラシで吹き付けると…。

予測したとおり
青色が生地の黄色と合わさって

周りの緑に近付いていきます。

これが

最後は 筆を使って仕上げ。

「すごい!」

あれ ちょっと
お願いしたいと思いました。

私も着物が 二十歳の時…
成人式の時に

母が着たものを
私も着たんですよ。

いずれ 娘にも着てほしいなと
思うんですけど

私が かなり こう
汚してしまったので

どうしようって悩んでて。

はれのひに
頼めばいいんじゃない?

はれのひ… やめなさいよ!
大問題になったろう。

忘れねえな そういうのは!
(一同 笑い)

日本の着物が大好きな外国人も
大勢いらっしゃるようですね。

私も 今度 海外旅行に行く時には
持っていこうかしら。

さあ 今年 買い物目的で訪れた
外国人の皆さんが

こぞって買っていた日本製品。
続いては…。

19位は
あの化粧道具がランクイン。

買いに来ていたのは 京都です。

(関根)「京都なんですね」
(児嶋)「強いね 京都は」

ここで外国人女性を魅了していた
日本製品は?

第19位は
京都で外国人女性客に大人気。

(関根)「京都なんですね」

こちらは
筆を製造販売する老舗…。

化粧筆を買いに

とにかく

これは 沢口さんは もうね…。
すぐわかりましたよ。

そうなんだ あそこ 使って…
やっぱりね…。

今回 この筆を
はい ご用意いたしました。

こちらなんですけれども…。

ちょっと試してみますか?
(沢口)やわらかそうですね。

ねえ やらわかそう…。
うわ!

すっごい気持ちいい!
(一同 笑い)

ヤギ 触っても そんな…。
ヤギを あんま こうしないから。

「ヤギより気持ちいい」って
どういう事だよ。

視察に訪れたのは

白鳳堂の化粧筆を生産する
工場。

「へえ 広島なんだね」

なので…。

面相筆は もともと…。

化粧筆の製造には
その技術が生かされています。

立体的で細かな場所まで
色を付けるため

筆の先端 穂先を整える製造法が
発展した結果…。

高品質な化粧筆の材料には
主に

というのも…。

中には 毛先が曲がったものなど

化粧ノリや使い心地を損なう毛も
交じっています。

そのため 良い化粧筆を作るには
ある職人技が必要となります。

「ああやって整えるんだね」

「あー! 取ってる」
(関根)「取ってます?」

この作業で
抜き取った毛を見てみると…。

(関根)「あっ 曲がってる!」

職人が目にも留まらぬスピードで
使っていたのは

半差しという専用の道具。

これによって 引っかかりのある
状態の悪い毛を

引き抜いていたのです。

ここから

日本の伝統技術の光る4品が

連続でランクイン。

それが こちら。

18位は 京都の工芸品 京うちわ。

中でも 外国人客から
特に人気なのが

鑑賞的な価値のある
透かしうちわ。

部屋を飾るインテリアとして
買っていく外国人も多いそうです。

17位

広島県 宮島のしゃもじは…。

16位 浅草 文扇堂の扇子には…。

意外な評価ポイントが。

とても

そして 15位は

岐阜県 関の包丁。

日本の包丁を求めて

刃物の街 関にまで買いに
殺到していました。

ここから上位には

家電や鑑賞用の品も新たに登場。

外国人が
はるばる買いに来る日本製品

第14位は

インテリア用品から。

(児嶋)「インテリア… なんだ?」

京都で買える あれがランクイン。

そこには 外国人が
意外な使い道で買っていく

日本の伝統製品が。

更に…。

果たして…。

14位は 京都で買っていた。

日本伝統の和紙がランクイン。

実は 意外な使い道としても
人気がありました。

京都市の中心部

京都御所から
目と鼻の先にある

1845年創業の紙専門店…。

こちらの店には
日本の紙製品を求め

年間 1万2000人もの
外国人客が訪れますが…。

(男性)ここに描かれている

なんと 部屋のインテリア
壁紙用に買っていく方も。

やわらかな手触りと同時に

壁紙として使えるほどの
丈夫さを持つ事も

和紙ならではの
特徴ですが…。

黒谷和紙は
京都で製造を行っており

数ある和紙の中でも
特に丈夫なものの一つ。

例えば こちら。

ちょっと
力を入れたぐらいでは…。

怖いんだけど…。

あっ 全然切れない。

全然 無理。

あっ 本当だ! えっ…。
これ 紙ですからね。

紙で こんな丈夫なんですか?
(児嶋)全然 無理。

ダメですね…。

うん ダメですね。

古くから 提灯や和傘の素材として
使われてきましたが

京都では 特に

呉服を包む丈夫な紙が
多く必要とされた事で

発展してきました。

日本伝統の和紙作りでは

植物の繊維を
ノリなどと一緒に水に混ぜ

手すき作業で
繊維を絡ませる事で

紙の形に固めていきます。

(山城さん)紙をすく時も

この手すき作業を
特に長時間 行う事で

繊維の密度を高めて…。

この和紙っていうのは
やっぱり額縁に入れて飾るとか

テーブルの真ん中に置いて
こう キレイにするとか。

ああいう 日本人と違う発想で
買い物してると思うんですよ。

外国の人はね。
壁紙とかね。

今 日本には

番組では

日本の旅を終えて
出国直前の外国人を

1年がかりで取材。 すると…。

世界が認める日本の逸品が
次々と明らかに。

ここまでの結果は ご覧のとおり。

果たして 残る上位には

何が入るのか?

皆さんも1位を予想しながら

ご覧ください。

日本の電気街 秋葉原まで…。

(スタッフ)エクスキューズ ミー。

13位にランクイン。
デジタル一眼レフカメラ。

という事で ここからは

今回は

というのも…。

実は この工場

機密事項が
あまりに多いという事で

案内役は なんと

大分キヤノンの
社長さんです。

デジタル一眼レフカメラは

ネジ1本に至るまで

非常に高い精度で
製造加工しています。

その

一見 なんの変哲もない
金属の塊ですが…。

「えー!」
(児嶋)「何? 今の」

実は これ 金属を特殊な機械で
削り出したもの。

♬~

加工の境目がわからないほどの
精密加工です。

ここからは 取材スタッフも
特殊な防塵服に身を包み

極小のゴミも入らないように
調整している特別な部屋

クリーンルームへ。

こちらは 高級カメラの

今 行っているのは

外国人買い物客も
性能を評価していた

この部品は
カメラを人間の目で例えるなら

網膜に当たる部分。

光を画像へと変換します。

鮮明で美しい写真を撮るためには
この

♬~

(増子さん)それを 人間はですね
その長年の熟練で いろいろな…。

もし 1マイクロメートル以下の
ゴミでも付着していると

イメージセンサーは
100パーセントの性能を

発揮しきれません。

という事で 今回特別にお借りした
写真が こちら。

イメージセンサーに

1マイクロメートル以下のゴミが
ついた状態で

白い紙を撮影したものですが

どこに問題があるか
わかりますか?

拡大すると ここ。

全く見えないかもしれませんが

黒い点のようなものが
あるそうです。

これを防ぐ点検に携わるのは

社内でも

このような感じ。

そもそも クリーンルームは

1マイクロメートルの
ゴミも入らない

調整がなされていますが

第12位は 工芸品から。

その買い物場所は

北海道 小樽。

(関根)「可愛いですね」

12位にランクインしたのは
小樽ガラス。

石狩湾に面した港町 小樽。

小樽運河に 歴史的建造物。

どこか懐かしい雰囲気を
楽しめる街に 今…。

そんな小樽を
ガラス製造の街として

全国区に広めたのが
こちらの店。

かつては 生活必需品であった
ガラス製の石油ランプを

観光客に土産物として
販売した事で評判となり

1970年代後半から
人気が一気に広がりました。

現在では 職人が
一つ一つ手作りした製品を中心に

1万種類以上を取り扱っています。

小樽ガラスの中でも
外国人に人気の1つが

小樽切子のグラス。

ガラスの表面をカットする
切子の技法といえば

江戸切子も有名ですが

一般に江戸切子が
色付きと無色のガラスを

外側と内側
2層にして加工するのに対し

小樽切子の多くは
両側とも色付きのガラスで

2層にしてカット加工します。

ここからは
小樽切子の工房を視察。

今回 ご覧いただくのは

菊籠目と呼ばれる
デザインをベースにした

こちらのグラスのカット加工。

♬~

ガイドとして引くのは

たった これだけを目印に

複雑な
デザイン加工をしていきます。

使うのは 石でできた
回転するホイール。

まずは ガイドの線に沿って
格子部分をカット。

そこに ガイドにはない

斜めのカットを4回重ねて…。

模様を作り出していきます。

♬~

これは
全くのフリーハンドですが…。

熟練の職人が
15分も作業すれば…。

ここまでに。

集中力を途切らせず

およそ3時間かけて
文様のカット加工を終え

キレイに磨き上げれば…。

(一同)「うわー!」
(児嶋)「美しい」

美しく輝く
小樽切子のグラスが完成です。

第11位は鑑賞用に人気のもの。

その買い物場所は
なんと新潟県にありました。

新潟?

果たして
何を買いに来ていたのか?

すげえな
こんなの買っていくんだな。

新潟県を訪れた
外国人買い物客のお目当て。

はい 10万どうだ…?

(競りの掛け声)

鑑賞用の魚 錦鯉がランクイン。

こちらは
JR長岡駅から車で30分。

山の中にある体育館が
錦鯉のオークション会場です。

年に2回
春と秋に開催しており

今回は 新潟県内57の業者が

えりすぐりの錦鯉を
300匹以上 出品しています。

実は

イギリス ベルギーなど
ヨーロッパや

中国やタイなど
アジアでも品評会を開催。

今 世界中でブームなのです。

(関根)「ディーラーが
代わりにやってくれるんですね」

こちらのオークションに
参加できるのは

その中には 外国人もいます。

一般の買い物客は

出品される錦鯉のデータを
事前に確認。

ディーラーに欲しいものと
予算を伝え

競り落としてもらうのです。

このあと
ディーラーたちの真剣勝負。

想像を絶する世界というか。
すごかった。

11位は錦鯉。

その実際のオークションを
ご覧ください。

紅鯉 これが 10万両から…。

10万両だ 10万両 10万両から…!

こちらの男性は
シンガポールいちの規模を誇る

錦鯉業者。

国際的な品評会で
何度も賞をとっている

マックスさん。

今 出品された錦鯉を
狙っているようですが…。

ここで 同じ錦鯉への競りに
参加してきたのが

ベトナムから来日した女性。

実は こちらの方も
ベトナム有数の錦鯉業者。

錦鯉の鑑賞ができる
カフェも経営しています。

ここは マックスさんも
ディーラーとして

(関根)「さあ どうする?」

(児嶋)「なんだ? これ」

(児嶋)「まだまだいくぞ これ」

(関根)「こっち見て笑ってる
笑ってる… あっ 出した…」

(児嶋)「どこでやめるの?」
(関根)「どうする? どうする…?」

(関根)「うわ 110だった」

(児嶋)「すごい争い」

残念ながら
想定の予算と折り合わず

よー!

(手締め)

ちなみに 先ほど取材した
ベルギーの女性のお目当て

赤松葉は…。

あっという間に
金額が上がったものの…。

見事…。

いやー もう ちょっとね

想像を絶する世界というか。
(児嶋)すごかった。

錦鯉の
オークションなんですけれども

実は新潟県以外でも
行われておりまして。

ああ キレイだ。
(沢口)キレイですね。

(井澤)体長が101センチ
1メートルを超えるもので…。

1メートル超えてるんだ!
(児嶋)でかっ!

史上最高額で落札された
という事なんですけども

太田さん ずばり いくら?
えっ? さっきが…。

VTRであったのは まあ
100万ちょっとぐらいは…。

3億ぐらいじゃない?
3億?

3億?

でも それ… いっても
5000万とかじゃないですか?

ちょっとおかしくなってない?

いや 1000万ですよ。
1000万。

(児嶋)それでも
だいぶ 上に言ったつもり…。

果たして
いくらだったんでしょうか?

こちらです。

2億300万円です。

(関根)えー!
(児嶋)2億?

いや いや いや
いや いや いや ちょっと…。

ちょっと待って
ちょっと待って。

(一同 笑い)

2018年 人気No.1商品が

今夜決定!

外国人が はるばる買いに来る

日本製品。

ここからは ベスト10の発表。

(関根)
「おっ “クオリティーが高い"」

(関根)「万年筆? 色ペン?」

第10位の品を買っていた場所は
新宿。

♬~

外国人買い物客
お目当ての文房具とは?

日本製のボールペン。

(児嶋)「すげえ買ってる… おー!」

文具 画材の
専門店

所狭しと並ぶ筆記用具の棚には…。

次々と訪れる

ZEBRAの水性ボールペン

サラサクリップ。

太さや色のバリエーションも
豊富で

累計売り上げ5億本を突破する
ヒット商品です。

サラサボールペンを製造する
ゼブラの本社には

こんなマシンがあります。

ペンが 均一な線を
描けるかどうか確認する

専用マシン…。

ペンをセットすると
一定の力とスピードで

円を描く動きを
続ける事ができます。

新品の状態からスタートして
3時間。

描いた線の長さは
およそ700メートルになります。

「すげえ!」

その線を見てみると…。

途中で かすれたり
途切れたりせず

均一の太さで描けている事が
わかります。

そもそも ボールペンは

ペン先に付いた小さなボールが
筆圧で押されながら回転。

この動きによって

隙間から出るインクを
紙にのせる事で

線を描く事ができます。

でも 細いペン先で

ボールの動きを
良くするのは難しく

少しでも
うまく インクが出なければ

線がかすれ

逆に出すぎると
ダマになってしまいます。

そこで…。

例えば
0.5ミリのボールペンなら

ペン先には…。

直径0.5ミリのボールを
はめ込んでいますが…。

実は この先端部分
拡大してみると…。

ボールと接する金属の細い筒には

1000分の1ミリ
つまり

1マイクロメートルレベルの
サイズで

細かな溝を
付けています。

この加工精度の高さで
必要十分な隙間を生み

ボールがスムーズに回転。

常に一定量のインクを
ペン先に送り

均一に描ける線を
実現しているのです。

(ジェフ)ダメなんですよ。
(関根)鉛筆はダメなんですよ。

消せちゃうから?
消して直せるから…。

(ジェフ)消せるペンが出たから。
(関根)そう。 だから 試験とかも

ペンで受けたりとか
あと 小論文書くテストとかも

ペンで書いて

どんどん
書いていけばいいっていう。

第9位には
あのアクセサリーがランクイン。

買いに来ていた場所は

三重県 鳥羽。

♬~

(沢口)「えっ…!
カードじゃないんですね」

日本の真珠です。

三重県の東

鳥羽水族館の前に広がる
鳥羽湾。

そこに浮かぶ
島が

年間4万人が訪れています。

ご覧のような
2連の真珠ネックレスなど

高額なアクセサリー商品を
買っていく方も多いそうです。

ハハハハ…。

実は

日本人の

銀座に本店を構える

その技術は いまや

世界中に広まっていますが…。

外国人が
わざわざ買いに訪れる

日本の真珠には

真珠は 生きた貝が

殻を作る力を利用してできるもの。

貝殻の内側に見える
このキラキラとした部分。

これが 何千もの層となって
重なっているのが

私たちの見ている真珠です。

他のさまざまな貝からできる
真珠と比べ

日本のアコヤ貝の真珠は

テリと呼ばれる

虹色のような輝きが強く…。

その繊細かつ深みのある
色合いで

外国人からも
高く評価されていますが

これに必要なアコヤ貝を
育てるのは難しく

レベルの高い養殖技術が
必要です。

真珠養殖は 貝を育てるところから
始まります。

稚貝から2~3年かけて
育てたアコヤ貝に…。

真珠の形成に重要な核などを挿入。

そこから更に2年ほど育てると
真珠を形成します。

行っている場所は
志摩半島南部の…。

実は この海が

養殖に最適な条件を
クリアしています。

(山村さん)27~28度で
プランクトンも多くて

どんどん どんどん 真珠層を
形成していくような巻きなので

冬のですね 低い水温というのが

やっぱり きめ細かい。
テリですね 最後の。

化粧巻き 化粧巻きって
言われてますけども

そこの段階で
一番大事な部分でもありますので

やはり 寒暖の差っていうのは
必要だと思いますね。

1年の間で 海水温に
しっかり寒暖差がある事。

更に…。

そこから どんどん どんどん
栄養分が流れて英虞湾の中にいく。

栄養豊富な英虞湾は

アコヤ貝を育てるうえで
最高の環境ですが

反面 こんな難しい問題も。

どうしても…。

プランクトンが異常に増える事で
発生する 赤潮です。

これは

「タスケテー!!」って。
ねえ すごいよな。

外国人が はるばる買いに来る
日本の真珠。

その繊細な輝きを生む

こちらです。

例えば

(岩橋さん)
そんな動きをとります。

(関根)「すごい!」

貝にセンサーを取り付け

赤潮が発生しそうになると

異変を感じた貝は
殻の開閉運動を開始。

すると…。

異常があると 実はですね

携帯にメールで 異常メールが

届くようになってます。

貝からのSOSとして
メールで情報を送信するのです。

「5メートル」

この場合 赤崎という場所の
水深5メートルで

異変が起こっている
という事なので

赤潮の発生していない水深まで
移動させるか…。

場合によっては

こうした苦労の末

厳選されたものだけが
商品として販売されるのです。

貝リンガルっていう…。

(ジェフ)日本人の…。

おやじギャグぐらいの
レベルですけども。

あれ でも あの
メールが来るのは面白いね。

「タスケテー!!」って。
ねえ すごいよな。

絵文字書いてあってな。
可愛い。

(一同 笑い)
既読スルー…。

返ってはこないでしょ。
会話はできないでしょ。

会話してたら すごいよね。

真珠を買うために

あんなにたくさんの外国人が
来ているんですね。

では 真珠をお題に
謎かけを1つ。

さあ 今年
買い物目的で訪れた外国人に

飛ぶように売れている日本製品。
続いては…。

なんと 地下足袋。

京都随一の繁華街

そのすぐそばにある
新京極商店街から

一本入った通りに

地下足袋ブランド
SOU・SOU足袋の

販売店があります。

この日だけでも
訪れた外国人買い物客の数は…。

連日 殺到しています。

つま先に力が入りやすく
底が薄い地下足袋は

農家や とび職 大工など
力仕事を要する職業を中心に

日本で古くから使われてきました。

(若林さん)それを かつ…。

これ

SOU・SOUの地下足袋を
製造しているのは

こちらの工場。

特に重要な工程は
職人さんが手仕事で行います。

中でも

複雑な形をした
つま先の又部分に

シワが寄らないように
布を貼る

まるでギョーザを包むように

専用の道具で
生地の端をひねって

貼り付けていきます。

(関根)「よくこれで
くっつきますよね キレイに」

地下足袋は
底に貼るゴムが薄いため

なるべく段差ができないように
布を折っていかないと

指に当たる面が凸凹になって
履き心地が悪くなってしまいます。

そのため 職人は

複雑な形状に合わせて
布を引っ張り

均一な間隔となるよう
折り込んでいくのです。

2018年

外国人が はるばる買いに来る

人気の日本製品ランキング。

8位までは ご覧の結果。

果たして

まだまだ いろんなジャンルから
入ってきそうですけども

太田さん 改めて。

食品は
もしかしたら お菓子とか…。

お菓子も人気あるからね。
浅草の。

アメ横で。
アメ横の。

はい はい はい。
麻里ちゃん なんか…?

あと やっぱ ドラッグストア
行かれる方 多いから…。

ああ 多いですね。
(関根)やっぱり サプリとか

いろいろ…。 ねえ なんか
日本のそういうのとか

人気なイメージありますね。
確かにね。

第7位は
衛生用品からランクイン。

買いに来ていた場所は

なんと新宿 歌舞伎町。

さまざまな飲食店が立ち並ぶ
都内随一の繁華街で

外国人が買っていたのは…。

ドラッグストアにある日本製品。

(関根)「あっ やっぱりマスクだ」
(児嶋)「なるほど」

マスク。

日本の衛生用品大手メーカー
ユニ・チャームから発売。

超立体マスクは

花粉やインフルエンザ対策の
大ヒット商品ですが…。

(関根)
「すごい 買ってますね」

「いろんな種類を?」

次から次へと来るのは
中国からの買い物客です。

近年 特に冬から春にかけて
毎年問題になる

中国を中心とした

その対策として

日本メーカーの製造するマスクが
注目されていたのです。

評価のポイントは

立体型にして 外気との隙間を
減らしたうえでの

通気性の良さ。

例えば こちらのマスクと
比較してみると…。

通気性に一目瞭然の違いが。

これには

超立体マスクのフィルターは
3層構造になっていますが

この真ん中のフィルターが
一番のポイント。

とにかく細く細かい繊維で
作る事で

花粉や粒子は
しっかり絡め取りながらも…。

マスクね!
あれは… 中国は深刻だもんな。

ドイツとかは 例えば
ナタリーさん マスクします?

すごいですよ 立体型マスク。

ああ そう。
(ナタリー)ドイツにも もちろん

マスクあるんですけど
高い。

もう… 多分 中国より高い。
ああ そうなの。

第6位は 縁起物からランクイン。

御朱印?
御朱印だ。

御朱印 めっちゃくちゃ
はやってるから。

サンキュー サンキュー。

浅草寺のお守りです。

大体 平日で
1万5000人っていうのが

28年のデータであるんですけど
それよりも…。

そのぐらい やっぱり
来てるのが実感です。

には こんな事も。

私は

実は 願い事に合わせて
細分化しているのが

日本のお守りの特徴のようで…。

ここ浅草寺にも

交通安全 厄よけ 心願成就

学業成就 縁結びなど

さまざまなお守りがあり
その数は…。

全部で

多くの外国人が 日本でしか
手に入らないお守りも求めて

浅草寺を訪れていたのです。

ここから いよいよベスト5。

第5位は 食料品から。

その買い物場所は 沖縄。

外国人お目当ての品は

塩でした。

こちらは 那覇市の中心
国際通りにある

塩の専門店…。

実は 沖縄は
30以上の製塩業者が集まる

天然の塩の名産地。

というのも…。

沖縄の海は
世界有数のサンゴの生息地で

サンゴから溶け出した
カルシウムやマグネシウムなど…。

その結果…。

外国人も買いに来る
まろやかな味に仕上がるのです。

(沢口)トマトなんかも
本当 お塩かけるだけが

すごくおいしい。
甘みが 逆に…。

一番おいしいですね 確かにね。
(沢口)はい。

ないよ。 ないよ。

その名のとおり

沖縄本島の南東部にある

浜比嘉島で作っている塩です。

(関根)「おお 塩だ」

(児嶋)「うわ すげえ」

ここからが

塩のまろやかさを左右する
重要な工程です。

このドロッとした液体が

ミネラルを豊富に含む

にがりと混ぜながら
冷ます事で…。

この地道な作業を
続けながら…。

第4位は 日本の歯ブラシ。

新宿にある
こちらのドラッグストアでは

この日だけでも…。

210人もの外国人客が
買っていました。

このように評価する中でも
人気の1つが

日本の大手メーカー ライオンの
システマハブラシです。

ポイントは 歯と歯茎の
隙間の汚れも かき出す

ここからは 歯ブラシだけで
100種類以上 開発 販売している

ライオンの研究開発本部を視察。

どうぞ 入ってみてください。

歯ブラシの新製品は

(蜂須賀さん)一方で この…。

(蜂須賀さん)…というような
傾向があります。

歯ブラシは
通常 ご覧のように

いくつかの穴に 毛の束を植える
構造となっていますが…。

毛先が少量で固まり
点で当たるため

当たり心地は強くなりますが

歯と歯茎の隙間まで
磨くことができ…。

大きな穴だと

本数の多い毛先で
面を形成するため

しっかり 広い範囲を
磨く事ができます。

超極細毛にするなど
新たな取り組みをする時

穴の大きさを工夫する事で

歯ブラシの機能を
細かく調整しているのです。

更に こんなチェックも。

モニターに拡大して映し
実際の本数を計測。

設計したとおりの
穴の大きさ 毛の本数で

試作品が作られているかを
確認しているのです。

利用者のニーズに合わせて

日本の歯ブラシは
日々 進化を続けていました。

ここからは
いよいよ ベスト3を発表。

第3位。

その買い物場所は 銀座。

老舗デパートなどが並ぶ銀座は

まさに
王道のショッピング街ですが…。

すごい並んでますよ。
すごいね。

第3位の品は銀座で発見。

(関根)「うわあ…」

チョコレートのお菓子
キットカットがランクイン。

でも 一体 なぜ

どこのスーパーでも売っている
このお菓子を

銀座にまで買いに来ていたのか?

銀座の一等地
中央通りを入ってすぐの場所に

こんなお店があります。

なんと

ここでは この店限定の商品を
販売するだけでなく

キットカットを使って
有名パティシエが作る

オリジナルスイーツを食べられる
カフェまで併設しています。

という事で…。

(児嶋)「大人気だ すごいね」

この日だけで350人がご来店。

チョコレートとウェハースを
合わせた食感も特徴の

キットカットは…。

以来 世界100カ国以上で
販売されていますが

日本では1973年
昭和48年から販売開始。

いまや コンビニやスーパーの
お菓子売り場で常に見かける

定番のチョコ菓子ですが

実は独自に進化しています。

日本酒や梅酒
あと宇治抹茶でしたりとか

ご当地フレーバーを
お買い求めになられるお客様も

多くご来店いただいております。

例えばイギリスのキットカットは

キャラメル味や
ピーナッツバター味など

10種類ほどのバリエーションが
あるようですが

日本では…。

更には…。

クランベリーとアーモンドが
トッピングしてある

1本540円という
高級版などもあり

数々の意外な味と
組み合わせているのが

他の国と異なるところ。

今月 更に ほうじ茶味も仲間入り。

日本にしかない
特別な味のキットカットが

外国人の買い物欲を
刺激していました。

銀座に キットカット専門店が
あるなんて知りませんでした。

今度 銀座に行った時には…。

第2位 その買い物場所は…。

秋葉原にありました。

なんと レトロゲームのソフトが
2位にランクイン。

「2位なんだね でもね
すごいね」

こちらは レトロゲームを
専門に扱っているお店。

(児嶋)「最高だね」

訪れた外国人は この日だけでも

400人。

雑居ビルの狭いフロアに

年間14万人もの外国人が
買いに来ます。

(関根)「そんなに?」

こちらのイギリス人カップルが
購入したのは

1989年
つまり平成元年に発売した

ゲームボーイ用ソフト 5本。

購入価格は合計9072円。

さあ いよいよ あと残すは1つ
1位ですけど 太田さん。

ずばり なんだと思います?

(関根)マンガ… あっ そうだ。

沢口さん なんか まだ
これ 出てないよ と…。

なんか さっきから
京都のものが多いんですけど

抹茶系のもの?
抹茶系ね。

それでは まいりましょう。

買い物目当てで
日本を訪れる外国人 徹底調査。

2018年 最強No.1日本製品は…。

ヒントは
北海道まで買いに来る飲み物。

あー!
(沢口)そうなんだ。

外国人が はるばる買いに来る
スゴイ日本製品ランキング。

2018年 最強No.1商品は…。

北海道 札幌にありました。

「あっ 酒だ!」

外国人が次々と買っていたのは…。

(関根)「やっぱり」

第1位は 北海道限定で
販売しているビール

サッポロクラシック。

こちらは
札幌駅から車で10分…。

「札幌のビールなの?」

平日のこの日も
訪れた外国人の数は

なんと800人。

(関根)「平日に?」

年間で 推定30万人のお客様が
いらっしゃっていただいています。

こちらに併設する売店で

外国人にも特に人気のビールが…。

昭和60年
今から33年前に誕生した

北海道限定販売のビール

サッポロクラシックです。

外国人に人気の理由には

日本の食文化ならではの
秘密がありました。

(沢口)新年3日に『科捜研の女』
正月スペシャルが放送されます!

(拍手)
(沢口)ありがとうございます。

謎の爆破事件を
最新の科学捜査で追うとともに

番組から重大発表があります。
何? 何?

(沢口)1月3日
よる9時放送です。

ぜひ ご覧ください。
はい。

外国人に大人気の日本のビール

サッポロクラシックは…。

(中塚さん)
ホッホクルツ製法と呼ばれる

高温 短時間仕込みをする事で

麦芽100パーセントビールの
コクがありながら

すっきりとした飲み口の
ビールとなっています。

イギリスのパブなどのように

簡単なおつまみで
ビールを飲むスタイルではなく

食事と一緒にビールを楽しむ
日本の食文化に合わせて

製法の工夫で
すっきりと仕上げた飲み口が

今 多くの外国人買い物客に
支持されていたのです。

(一同)乾杯!

北海道に来てから
ずっと これを飲んでるよ。

という事で

年末総決算の結果が こちら。

♬~

♬~

ご覧のランキングとなりました。

全体を通して
沢口さん どうでした?

なんか あまりにも
本当に身近にありすぎて

日本人の その技術の細かさとか
職人技とか

改めて こう 知って
明日からの元気をもらいましたね。

そうですか。 それは良かったです。

日本の文化って 引く… なんか…。

ノコギリもそうだけどさ。
そうですよね。

包丁も こう 引くもんね。

フワッと こう 引く感じが
あるのかな?

(沢口)受け身。
一歩引くじゃないですか

日本人って こう…。
うるせえな!

なんでだよ! 乗っかったのに。

(一同 笑い)

今 同じ方向
行こうとしてたのに。


関連記事