続報!箱根駅伝 箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町… 瀬古利彦、水卜麻美、杉野真実…


出典:『続報!箱根駅伝 箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町…』の番組情報(EPGから引用)


続報!箱根駅伝[字][デ]


箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町で、歓喜と涙の報告会、各校のリポート、生中継に隠されたサイドストーリー…最新生情報をお届けします!


詳細情報

出演者

【解説】瀬古利彦(早稲田大OB/DeNAランニングクラブ総監督)

【進行】水卜麻美(日本テレビアナウンサー)杉野真実(日本テレビアナウンサー)

【ゲスト】優勝チームの注目選手

番組内容

第95回箱根駅伝終了直後、興奮の余韻が残るフィニッシュ地点・大手町から、歓喜と涙の報告会の様子、学生ランナーたちに向けた指揮官のメッセージ、中継アナウンサーによる各校リポート、さらにレース中継では伝えきれなかったサイドストーリーを交え、引き続き生中継で最新情報をお届けします。さらに優勝監督・優勝メンバーが生出演!激走の裏側、勝敗を分けたポイントを明らかにします!

音楽

箱根駅伝中継テーマ曲 「Runner of the Spirit」 久石譲

おしらせ

第95回箱根駅伝

1月2日・3日あさ7時から生中継!

【公式HP】http://www.ntv.co.jp/hakone/

【Twitterアカウント】@hakone_ntv



『続報!箱根駅伝 箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

続報!箱根駅伝 箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町…
  1. 水卜
  2. 箱根駅伝
  3. 思います
  4. 東洋大学
  5. チーム
  6. 往路
  7. 渡辺
  8. 瀬古
  9. 東海大学
  10. 復路


『続報!箱根駅伝 箱根駅伝終了直後、優勝争いやシード権争いの熱気も冷めない大手町…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

杉野>>先ほど幕を下ろしました。
95回箱根駅伝。

現在、東海大学の優勝会見が行わ
れています。

会見場に入ってきた時、初優勝の
ゴールテープを切った、10区の

郡司選手の笑顔がはじけていまし
た。95回の継走。

水卜>>世界中から

熱い視線が注がれていくここ東京。
そして小雪も

舞った箱根の山。往路、復路
217.1kmにわたる箱根駅伝。

戦いは終わりました。フィニッシ
ュの余韻が残る大手町から瀬古利

彦さん渡辺康幸さんと最新の情報
をお伝えしてきます。よろしくお

願いします。あらためて今年は激
戦でした。

瀬古>>8区が終わるまで、

どこが勝つかわかりませんでした
ね。

本当によかったですね。

東海大学おめでとうございます。

水卜>>いい記録もたくさん出た

大会になりましたね。

渡辺>>気象条件が

よかったので区間新記録が5つ。
中継車で見ていて私もワクワクし

ました。
水卜>>改めて昨日行われた往路、

そして今日の復路、それぞれハイ
ライトで振り返っていきます。

平川>>平成に入って30回目、

1つの時代を締めくくる号砲が間
もなく大手町に響きます。

スタートしました!第95回箱根
駅伝。

>>西山が前に出ました。

東洋大学、トップで襷リレー。

中央大学2位でスタート。塩尻が
さらに2人を抜きました。

これで8人抜き達成です。

首位が変わりそうだ。国士舘大学
が先頭に立ちました。

46年ぶり、往路戸塚トップで襷
リレー。

青山学院大学・森田が前に出まし
た。

初めて前に出ました。青山学院が
トップで襷を渡しました。

フレッシュグリーンの風に動じな
かった鉄紺のユニフォームは

鋼のごとし。
今、トップで襷リレー。そして区

間新記録!

國學院大學の浦野雄平。これで3
人抜きました。

区間賞も狙える浦野の素晴らしい
走りです。

東洋大学、2年連続7回目の往路
優勝!

浦野雄平、手を挙げた。そして今、
往路3位でフィニッシュ、國學院

大學。区間新記録。1時間10分
54秒。青山学院大学は明日復路

にかけます。

6位でフィニッシュ。

聞き手>>区間新記録はどう見ま

すか?

>>今、東洋大学がトップでスタ

ートしていきました。

逃げる東洋大学3年生の今西駿介。

東洋大学5年ぶりの優勝に向けて
トップで襷リレー。

そして追いかける青山学院大学が
今、襷リレー。

57分57秒!

青山学院大学が往路6位から

3つ順位を上げて3位です。

箱根制覇を狙う東海大学が

迫ってきました。

初の総合優勝に向け東海大学、
2位で襷を渡しています。

復路8区での首位交代はあるのか。

出ました、東海大学の小松が出ま
した。

東海大学の小松が先頭に立ちまし
た。

悲願の総合優勝に向けて東海大学、

史上初めて復路・戸塚トップで襷
を渡そうというところ。

1時間3分50秒。

実に初出場から46年かかりまし
た。果たしてこのまま大手町のフ

ィニッシュ、その襷を運ぶことが
できるのでしょうか。

悲願の初優勝に向けてトップでキ
ャプテンは鶴見中継所に飛び込ん

できます。湊谷からトップで襷リ
レー。

2位が変わりました。

青山学院大学が2位。

東洋大学が3位に落ちました。

平成最後の王者は東海大学。

今17校目として東海大学、
悲願の初優勝!

そのタイムは10時間52分09
秒。大会新記録!

青山学院大学、総合2位でのフィ
ニッシュ。総合10位は中央学院

大学。

水卜>>東海大学の大会新記録で

の初優勝と

なりました。青山学院大学、
東洋大学と最後まで分からない戦

いでしたね。
瀬古>>青学もさすがに2番にな

ってきました。

水卜>>東洋大学は往路優勝でし

たが、

総合3位となりました。東洋大学
のエースに密着しました。

>>東洋大学のエース・山本修二。

実は兄2人も東洋大学の陸上部出
身。

長男・憲二さんは箱根駅伝を2度
走り、優勝も経験。

駅伝を通じて兄弟のきずなを深め
てきました。

今年の箱根駅伝、

山本には楽しみにしていたことが
…。

>>山本の実家は幼稚園を経営。

多忙なこともあり、父・寛慈さん

箱根駅伝の応援に来たことは一度
もありませんでした。山本家にと

って今回が最後の箱根駅伝。

>>迎えた昨日の往路。

エース・山本は花の2区を任され
ました。

その頃、父・寛慈さんは戸塚中継
所の1km手前にスタンバイ。

初めての箱根生観戦に…。

>>山本は気迫の走りで3区に襷

をつなぎました。

父の声援を力に。

>>確かに父の声は届いていまし

た。

>>東洋大学の佐藤宏司の談話が

入ってきました。

第一声は、

負けました。もう1回やり直しで
すと話していました。ひとりひと

りのレース悪くなかったのですが、
勝つ流れがつくれなかったと話し

ています。チームの主力である
16人のメンバーから

外れた渡辺奏太。

渡邉奏太が起用できなかったこと
が1枚足りませんでしたと話して

いました。11年連続3位以内と
いうことで、最低限のことはでき

ました。4月には楽しみな1年生

入ってくるので、足りないもの身
につけて、次回は優勝争いをした

いですと締めくくっています。

水卜>>負けましたという言葉が

ありましたが、

11年連続の3位以内。さすが東
洋というところですね。

渡辺>>往路優勝もしましたし、

3年生以下でたくさん選手がそろ
っていますので、

十分に優勝争いをする力はあると
思います。

水卜>>鉄紺の逆襲は今後に持ち
越されるということになるのでし

ょうか。

今度は青山学院大学の報告会の様
子が入ってきました。

森田>>森田歩希です。

今回3区を走って、自分としては
納得のいく結果を

得ることができたのですが

チームとして負けてしまって、

往路の選手も本当にベストなパフ
ォーマンスをしてくれて、他の選

手も

6区からいい形でやってくれて…。

みんな頑張ってくれたので、

本当にうれしく思います。

来年からも青学への応援をよろし
くお願いします。

水卜>>キャプテン・森田選手の

言葉がありました。

瀬古>>さすがに5連覇は

そう簡単ではなかったですね。

ただ復路は完璧に走りましたね。

水卜>>復路優勝で区間賞は

4人、区間新が2人。

瀬古>>復路新記録ですものね。

本当によくやったと思います。
水卜>>復路新記録ですね。

駅伝は何が起こるかわからないと
渡辺さんもおっしゃいますが、

それが今回出てきましたね。

渡辺>>箱根駅伝は20kmを走

る選手を10人そろえなければい
けない難しさが

あります。それを痛感しましたね。
水卜>>10区の区間賞を獲得し

たのが帝京大学の星選手です。
インタビューが入ってきました。

聞き手>>10区で素晴らしい走

りを見せました、帝京大学・星選
手です。

初めての箱根で大歓声の中、
飛び込んできてどうでしたか?

星>>前が見えている位置で渡し
てくれたので、

何とか前のチーム、一つ一つ食っ
て行こうという気持で攻めていき

ました。
聞き手>>走りながら、どんなこ

とを考えていたのでしょうか?

星>>沿道の人が多くて、

監督の声も定期的に聞こえるなか
なか味わえない環境だったので、

楽しく走ることができました。

聞き手>>監督が昨日、9区、

10区で前を叩き込むという走り

話していましたが、その通りにな
りました。

星>>何とか帝京の力を示したい
と思っていたので、何とかこの順

位まで持っていけてよかったと思
います。

聞き手>>今後の目標をおしえて
ください。星>>箱根駅伝もあと

>>駒澤大学のエース、片西景。

彼は大きな悲しみと戦ってきまし
た。

去年3月、海外遠征から帰国した
空港で聞いたのは、

がんで闘病中だった父・勝さんの
死。そのわずか2か月前、前回大

会で1区を走った片西。

誰よりも大きな声で背中をおして
くれた父。

息子が競技に集中できるよう、

病状について多くは語りませんで
した。

>>突然の悲しみに

押しつぶされそうになる片西を支
えてくれたのが大八木監督でした。

>>その言葉を胸に再び前を向き、
走り始めた片西。最後の箱根に挑

むチームのエースに恩師は…。

>>迎えた昨日の往路。

片西は去年と同じ1区を任されま
す。

勝負のラスト1.5km地点。

>>レース後、片西にかけられた

のは最後まで大八木監督らしい言
葉でした。

>>駒澤大学・大八木監督ですが、

総合4位という結果に悔しい、
目標の3位以内にあと一歩届かな

かったと話しています。

ただ戦える手応えがあった4位。

来年は3位以内、優勝を狙ってい
きたい。選手層は厚くなっている

と話しています。

1区を走った片西について、

4年間小さい体でよく頑張った。
特に最後の年はお父さんが亡くな

って精神的につらかったと思う。

最後、区間賞を取らせてあげたか
ったけれど、実業団に

行って、さらに強くなってほしい、
そう話しています。

水卜>>片西選手は、

本当に大八木監督に関して親の1
人だと思っていると話していまし

た。

瀬古>>お父さんが亡くなっても

よく頑張りましたね。

これからも競技生活をされますか
ら、オリンピックを目指して頑張

ってほしいですね。

渡辺>>駒澤といえば大八木さん

のげきですよね。それが10区間
聞こえてきたので、やっぱり駒澤

大学は大八木さんあっての駒澤大
学かと思いました。

水卜>>反省会の様子が入ってき
たようです。

大八木>>2日、3日と応援して
いただいて本当にありがとうござ

います。

目標は3番以内でしたが、4位と
いうことで、いまひとつ手が届か

なかったのですが、

選手達、本当によく頑張ってくれ
たと思います。

予選会からの本戦ということで、

予選会はダントツでトップを取り
ましたけれども、なかなか本戦に

なると

やっぱり上位3チームは

強いチームなので、そこを崩すこ
とは、できなかった。

この悔しさを

来年にまたしっかり立て直して、
頑張っていきたいと思っています。

まだまだこれから駒澤大学陸上部
が強くなっていくことが大事だと

思います。

いろいろな方々から応援をしてい
ただいて、駒澤がこの2年弱かっ

た、ようやく少し復活しつつあり
ます。

また皆さん、見守っていただいて
応援していただいて、頑張ります

のでよろしくお願いします。
本日はありがとうございました。

水卜>>大八木監督の言葉が

ありました。惜しくも5連覇を

逃すことになりました

青山学院大学・原監督のインタビ
ューが入ってきました。

杉野>>青山学院大学の原晋監督
にお越しいただきました。

5連覇はなりませんでした。
率直にいかがですか?

原>>素直に悔しいですね。
ただ学生たちは精いっぱい努力し

て頑張ってくれた1年間だったの
で後悔はありません。

聞き手>>監督は勝っても負けて

も青山学院というのをおっしゃっ
ていました。このあたりは、

いかがでしょうか?

原>>学生スポーツですから、
1年間の取り組み、4年間の取り

組みをどう見るかというのが

指導者の役割だと思っています。

寮生活を含めて学生達の一生懸命
ひたむきに努力している姿を目の

当たりにしていますので、その集
大成がこの場で

しっかり成果として出れば一番い
いのでしょうけれど、出なかった

場合でも、その姿を私は見ていま
すから、これからも青学は続くと

思います。
聞き手>>今回のレース、往路6

位から5分30秒差で東洋を追い
かける展開でした。

レース展開、振り返っていかがで
したか?

原>>往路については王者・青山
学院ということでマークされたか

なと。それを吹き飛ばすくらいの
走りしなければいけなかったかな。

4区を少し甘く見すぎたかな。
これは私の責任だと思います。

復路については地力を発揮できた。
見せ場を作ることができたと思い

ます。

聞き手>>復路は選手たちが

必死に前を追いかけて順位を

上げていきました。監督はどんな
思いを管理車から見ていたのでし

ょうか。原>>諦めない心。

これは陸上だけではなくて、
学習面だったり、

あるいは生きる力、そういったも
のを箱根駅伝を通して私は学生た

ちに教えていますので、

その走りを最後、鈴木はやってく
れたと思います。

聞き手>>鈴木選手の快走もあり

ました。

次の新しい時代の箱根駅伝に向け
て意気込みをお願いします。

原>>やはり負けると悔しいので、

ただ大学スポーツということは絶
対に忘れてはならないと思います

ので、

これからもプロセスを大切にし、

学習、陸上に文武両道で励んでい
きたいと思います。

水卜>>原さんの言葉を聞いてい

かがですか?
瀬古>>いいことを言いますね。

やっぱり大学の指導者ですね。
涙がポロっときました。

ただ一つのミスが、

優勝できないとね。箱根駅伝はや
っぱり難しいですね。

水卜>>往路6位からの

総合2位という底力を見せ付けま
した。

渡辺>>層の厚さは見せつけられ

たと思いますが、4区を甘く見て
いたというように4区の距離が

延びたことによって

水卜>>こちらには見事優勝され

ました東海大学の両角監督、

そして館澤亨次選手、小松陽平選
手にお越しいただきました。

おめでとうございます。まずは両
角監督。

悲願の悲願の初優勝、改めてどん
なお気持ですか?

両角>>やっとです。信じられな
いような気持ちですけれど、

うれしいです。

両角>>これまでも何度も優勝候
補に上がりましたが、ほっとした

というような感じでしょうか。

両角>>瀬古さんには何度も何度
もやきもきする言葉をかけられて

きましたので、ホッとしたという
のが正直な気持ちです。

水卜>>優勝できたのはチームに

どんな変化があったのでしょうか?

両角>>いろいろなチャレンジを
してきました。

しかしながら相手の努力とか、
我々の至らない部分がありました

ので、それがやっとこうやって形
になったというところが

学生がよく頑張ってくれた、
走ってくれたと思っています。

水卜>>大手町の空に5回舞って

いました。どんな気持ちでしたか?

両角>>夢心地のような感じでし
たけれども、

学生に感謝したいです。

水卜>>胴上げのために17kg

減量されたと伺いました。

両角>>健康のためなんですけれ
ど、

学生が少しでも感じてくれたのか
なと思っています。

水卜>>渡辺さんも早稲田大学優

勝の時に減量されてましたね。

渡辺>>ただリバウンドすると思

うので気をつけてください。
両角>>わかりました。

水卜>>続いて4区で見事に走ら

れました、館澤選手です。おめで
とうございます。1日たちました

が、どんな気持ちですか?館澤>
>うれしいなという気持ちでいっ

ぱいです。

水卜>>復路の選手の走りをどの

ようにご覧になってましたか?

館澤>>完璧だったのではないか
な。同級生や頼れる先輩、チーム

メートのおかげで、総合優勝を勝
ち取れたのではないかと思ってい

ます。

水卜>>黄金世代で呼ばれた皆さ

んですが、優勝したいという思い
はかなり強かったのではないです

か?館澤>>期待してもらって入
学したんですけれど、

1年目、2年目は

うまく力を出すことができなかっ
たので、今年やっと期待された分、

結果を残すことができたのではな
いかと思っています。

瀬古>>1500mの選手が20

kmまで走れるのですから大した
ものです。

これをマラソンに生かしてほしい
ね。できればね。

水卜>>8区で見事区間新。

22年ぶりの更新となりました。
いかがですか?小松>>何だろう?

夢のような気持ちです。

夢だと思って、さっきからほっぺ

つねっているんですけれど、
痛かったので現実なのだなと思い

ました。
水卜>>満を持して前に出たタイ

ミングというのは、ずっと考えて
いたのですか?

小松>>特に考えていなくて、
自分でここからなら行けるという

ポイントを探していました。

瀬古>>途中で監督のことを

見ていなかった?

後ろを見て、いけという声を聞い
ていたの?小松>>いつでもいけ

る準備はしていました。

両角>>解説で渡辺さんがおっし
ゃったように、

こちらがいうと鈴木君にも聞こえ
てしまうので、おまえの判断に任

せるからというふうに伝えていま
した。

渡辺>>並んだ展開になると

相手に指示が聞こえてしまいます
ので、非常に考えた声かけをして

いましたね。

水卜>>難しいところからの見事

>>総合3位になりました東洋大

学。

酒井監督の話が入ってきました。
往路は勝ったが総合優勝を狙って

いたので残念だ。6、7、8区、
今西、小笹、鈴木は区間3番よく

やったと話しています。1年生の
鈴木に関しては、単独で走れるし、

起用した。初めてでこのタイムは
立派だと振り返っていました。

箱根駅伝は、全体のタイムや区間
新が複数出たり、

2区の日本人最高記録が更新され
るなど、近年本当にレベルが上が

っている。ここで勝つのは

大変だが、まだまだ挑んできたい
と話しています。

箱根のレベルを上げながら、
なおかつマラソン選手育成の土台


なるような強化。文武両道、
心に常に置いて努力していきたい

と締めくくっています。

平川>>総合6位、法政大学・坪

田監督です。

>>復路の5人も

しっかり走ってくれました。
チームの目標が5位で、6位とい

う結果は悔しいです。ただ悔しい
と思えるチームになったのが収穫。

4年生が5人走りました。もう一
度強いチームを作り直しますとい

うことです。

前田>>歴代最高7位に入りまし
た、國學院大學です。前田監督で

す。往路での貯金が思いのほかで
きたので、復路は自分たちの走り

に徹することが

できた。切羽つまらない展開は今
までなかった。歴史を変える挑戦

というスローガンを大願してくれ
ました。ただ同期である坪田監督

の法政に勝てなかったのが悔しい。
来年は必ず勝ちたいと話していま

す。
>>総合12位、13年ぶりにシ

ードを逃しました、早稲田大学、
相楽駅伝監督です。厳しい戦いに

なると思っていたけれどと、
言葉が続きませんでした。復路が

まとめられた分、もう少し良い位
置で勝負させたかった。準備不足

です。今回は4年生が2人の若い
チーム。

この経験を糧にもっと強くなりま
すと話しています。

水卜>>95回目の戦いが終わり

ました。振り返っていかがですか
瀬古>>素晴らしい記録も出まし

た。

箱根駅伝だけで終わる選手には

なってほしくない。やっぱりオリ
ンピックに出るような目標であっ

てほしいと思います。

渡辺>>この中から

大迫君や設楽君に続くような選手
がたくさん出てきてほしいです。

そういう選手が数人いましたから、
これから楽しみですね。

水卜>>特に走りが残った選手は

いかがですか?

瀬古>>西山選手、塩尻選手、

未来を感じましたね。

渡辺>>東洋大学の2人は将来的

に非常に楽しみだと思います。

水卜>>今年の箱根駅伝は

東海大学出場46大会目で悲願の
総合優勝ということで幕を下ろし

ました。

95回目、記念の平成最後の箱根
駅伝です。

走ったのは230人。それを支え
た何倍もの人たちの思いが襷をつ

ないでいきました。

明日から、今日から

次の箱根への道が始まります。

そして4年生、最上級生にとって
はこれが最後の箱根駅伝です。

彼らはどんな思いでこの日を

迎え、次はどんな道へ走り出して
いくのでしょうか。


関連記事