歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」 手塚治虫といえば「マンガの神様」…でも…


出典:『歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」』の番組情報(EPGから引用)


歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」[解][字]


日本を代表する漫画家・手塚治虫。でも、いつも恋い焦がれていたのはマンガよりアニメ!?『鉄腕アトム』に始まる創作ロマンと苦闘を紹介。「マンガの神様」のアニメ秘話。


詳細情報

番組内容

手塚治虫といえば「マンガの神様」…でも、神様がホントに恋い焦がれたのは「アニメ」だった!?アニメへの目覚め。「秘密の実験」で夢に胸ふくらませた少年時代。日本初の連続長編TVアニメ『鉄腕アトム』誕生の舞台ウラ。そして人生の終わりに取り組んだ未完の大作アニメのエピソードまで――日本アニメ文化の扉を開いた、マンガとはことなるアプローチでの手塚治虫の創作と挑戦の秘話を、手塚アニメの映像満載でお届けする。

出演者

【キャスター】井上あさひ

人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ



『歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」
  1. アニメ
  2. 手塚
  3. マンガ
  4. アニメーション
  5. アトム
  6. 手塚治虫
  7. 作品
  8. 鉄腕
  9. 鉄腕アトム
  10. 日本


『歴史秘話ヒストリア「ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

(立花 瀧)あの日 星が降った日。
それは まるで…。

(宮水三葉)
まるで 夢の景色のように…。

(瀧 三葉)美しい眺めだった。

ニッポンのアニメが 今 熱い!

劇場用アニメの大ヒットが続いた 2016年。

市場規模は 2兆円を突破。

幅広い世代に愛されています。

でも いつから アニメは
人々を魅了するようになったのでしょう。

始まりは 半世紀以上も前。

白黒テレビに 一人の国民的ヒーローが
登場した時に遡ります。

♬~

「アトム」の生みの親といえば…

700作以上のマンガで
子どもから大人までとりこにした

まさに 「マンガの神様」です。

ところが 神様には もう一つ
恋い焦がれたものがありました。

絵に命を吹き込む…

アニメへの夢を育んだ
少年時代の秘密の実験。

前人未到!

毎週30分の
テレビアニメづくり!

そして 亡くなる前に挑んだ

アニメの新たな可能性とは…。

ニッポンアニメの扉を開いた
手塚治虫。

その 夢と挑戦を追います。

♬~

「歴史秘話ヒストリア」。
今夜も どうぞ おつきあい下さい。

今回の主人公は…

「マンガの神様」として有名ですが

同時に
日本のアニメの開拓者でもありました。

「君の名は。」「この世界の片隅に」が
ヒットした

2016年を中心に

今 「第四次アニメブーム」と
言われています。

では その前 第三次は…。

♬~

社会現象にもなった

「新世紀エヴァンゲリオン」の頃。

♬~

第二次は

映画館に 徹夜の行列が出来た
「宇宙戦艦ヤマト」。

♬~

そして 最初のブームを
巻き起こしたアニメこそ

1963年に始まった 「鉄腕アトム」です。

♬~

手塚治虫は 自らスタジオをつくり

テレビアニメという
新たなジャンルを切り開きました。

生涯で 世に送り出したアニメは
60作余りに上ります。

マンガ家・手塚治虫が

なぜ そこまで
アニメと深く関わったのでしょうか?

話は 「神様」が
子どもだった頃に遡ります。

手塚先生について知りたいと思ったら
まずは ここ。

マンガの直筆原稿や
アニメの絵コンテなど

手塚治虫の創作の秘密が
たくさん詰まっています。

収蔵庫には 更に貴重なものが。

手塚治虫 最初のマンガとされる
作品です。

坊主頭の男の子が主人公のコメディー。

見開きの躍動感あふれる絵からは

早くも マンガの神様の片鱗が
うかがえます。

本名 手塚 治。

1928年 大阪生まれ。

体が弱く 運動が苦手な
手塚少年にとって

マンガは
大事な自己表現の手段でした。

新作を描いては
学校で クラスメートに見せていました。

そんな マンガ少年が
アニメに目覚めるきっかけとなったもの。

手回しの映写機です。

手塚の父・粲さんは
カメラが趣味。

当時は珍しい
外国製の家庭用映写機で

さまざまな映画を
見せてくれました。

なかでも
幼い手塚を夢中にさせたのが

ディズニーのアニメーションでした。

♬~

弟の浩さんは
当時の情景を鮮明に覚えています。

「おい 浩 今日 映画大会やるぞ~」とか
言ってね。

映画大会といっても
ミッキーかなんかをね

2~3本 見るだけなんですけども

一番 やっぱり 記憶に残ってて
見てて楽しいなと思ったのが

「ミッキーの汽車旅行」とかいうやつで
こう 坂を ず~っと上ってってですね

そこに ミッキーとミニーが
2人乗ってて

どんどん どんどん坂道を下ってって

どこまで行くのかっていう

スリルのあるマンガだったんだけど

一番 ああいうの見て
はしゃいでいたのは 治兄貴ですね。

アニメーションを
繰り返し見続けるうち

手塚は あることに気付きました。

「フィルムをほぐして
1コマ1コマ たんねんに調べた。

ほう すごく たくさんの絵じゃないか。

まてよ。 この原理なら
絵さえ たくさん描けば

ぼくにも マンガ映画が作れそうだぞ」。

アニメーションの原理を知った 手塚少年。

早速 自分も実践してみます。

「家にある蔵書に

片っぱしから
パラパラ漫画を落書きした。

じいさんが
法律家だったおかげで

千ページもある
分厚い本が

どっさり あったので

かなり大長編の
アニメーションがつくれた」。

手塚家の本に残されていた
パラパラマンガです。

ロケットが 宇宙を飛び回る様子が
描かれています。

♬~

石ころみたいのを 1つ描いて
金づちみたいなんを こう上げて

コンとたたくと 星が出てきてね
石が 2つに割れるとかいうのをね

そんなんを…
そういう動きがね 彼は好きやった。

好きになったんかなあ。

で パラパラパラって
人に… 仲間に見せるんですよ。

「どうだ」って 得意にね
ニコッとするんだ。

それがね 非常に 印象に残ってましたね。

アニメーション作家になりたい。

その思いが いよいよ強まったのは
太平洋戦争の まっただ中のことです。

1945年 16歳の手塚は

勤労動員された大阪で 空襲に遭います。

(空襲警報)

(爆撃音)

爆撃の中 命からがら逃げ延びた 手塚。

その胸に 戦争の悲惨さが

深く刻み込まれました。

この空襲のあと
手塚に 衝撃的な出会いがありました。

日本初の
長編アニメ映画

「桃太郎 海の神兵」。

♬「なにぬねの」

♬「はひふへほ」

♬「まみむめも」

♬「やいゆえよ」

♬「らりるれろ」

戦争で 「死」を目の当たりにした手塚。

生き生きと動くアニメは

命の喜びを感じさせるものでした。

マンガの場合は 止まってる絵ですから
やはり 絵なんですよね。

しかし それが実際に
立体的に動きだして

そして こちらに向かって
話しかけた時に

これは ほんとに あの
存在… この世に存在する

一個の その 生命体だと。

で これを見ましてね

もう 感動のあまり
僕は あの 涙 こぼれちゃったんですよ。

もう お恥ずかしいんですけど。

それは 映画が
内容に感動したというよりも

よく日本で こんな すばらしい技術の
アニメをつくったという

感動だったんですね。

で それで僕も
とにかく 一生に一度

このアニメを
一本でもいいから つくってみたい。

終戦の翌年。

手塚は 知人のツテで
マンガ家デビューを果たしました。

更に アニメづくりの
最初のチャンスも訪れました。

上京して
出版社巡りをしていた時のこと。

手塚は 一枚の張り紙を目にします。

アニメ制作会社の求人広告でした。

即座に飛び込んだ 手塚。

自分のマンガを見せ
熱意を訴えます。

ところが…。

「『漫画映画に向いとらん』と
こう はっきりと言われた。

『あなたは マンガ作家になりなさい。

アニメーションは ここで
すっぱり諦めた方がいいです』と

ズバッと言われたんです」。

手塚は アニメも マンガのように
一人でつくれると思い込んでいました。

しかし 実際には

たくさんの人間が 気が遠くなるほどの
時間と手間をかけて

つくるものだったのです。

手塚は 一旦アニメを諦め
マンガの道に進みます。

歴史に残る名作を 次々に生み出し

誰もが認める
売れっ子マンガ家となりました。

しかし 心にともった
アニメへの情熱の火は

消えていませんでした。

僕が マンガ家になった
そもそもの きっかけっていうのはね

マンガ家になったら お金が貯まると。

お金を とにかく貯めて
アニメをつくりたいなあと。

そのために マンガ家になったんだ
という 気持ちがあったんですね。

それで 東京へ出てって

もう とにかく
やたらに マンガを描きまくったんです。

お金を貯めて いつかアニメを。

その夢が かなうのは
14年先のことになります。

アニメづくりが夢だった手塚治虫には
憧れの人がいました。

世界的なアニメ―ションの先駆者で

今も続く 独自のファンタジーの世界を

創り上げた人物です。

戦争が終わり 再び見られるようになった
ディズニー映画に

手塚は夢中になります。

「『白雪姫』が封切られると
たちまち 一財産すってしまった。

およそ 50回は観たと思う。

次の『バンビ』は 80回以上 観た。

やがて 1シーン1シーンを

すっかり 頭の中に
たたき込んでしまうと

今度は クルリと うしろを向いて

他の客の
笑ったり泣いたりの表情を見て

わがことのように喜んだ」。

こちらは 手塚治虫の仕事机。

一番手前の引き出しには…

ディズニーのパラパラマンガ。

ウォルト・ディズニーを
「心の師」と呼んでいた 手塚。

アニメーションづくりでは

何より
お手本にしていたと

言われます。

マンガを描きながら
時を待っていた手塚治虫に

いよいよ 自身のアニメ制作

「鉄腕アトム」誕生の瞬間が訪れます。

ここに 日本のテレビアニメの歴史を
語るうえで 欠かせない資料が

保管されています。

(杉井)おお 懐かしいな。

これが 当時の「アトム」のフィルム全巻
ここに フィルムで残ってるんですよね。

1963年から放送された
「鉄腕アトム」 全193話のフィルムです。

手塚治虫の下で
「鉄腕アトム」制作に携わった

虫プロ草創期の
アニメーターです。

(杉井)背景の上に セルを置いて
ガラスを置いて

ここで一コマ カチャッと撮ったら
また これを上げてですね。

これ 今 口が
別セルになってるんですけども

違うセルを もう一枚。

一コマずつですね ここで

繰り返し こうやって撮影してく。

それは 多分 手塚先生も
気がつかなかったっていうか

だって つくった人いないんですから。

毎週 30分のテレビアニメ。

偉大な作品は
この小さな部屋から生まれました。

いつかは アニメをつくりたい。

その夢のため
懸命に マンガを描き続けていた手塚治虫。

30歳の頃 大きなチャンスが訪れます。

手塚のマンガ「ぼくの孫悟空」を

アニメ映画にしたいという
オファーでした。

アニメのノウハウを学ぶ
絶好のチャンス。

手塚は志願して
制作スタッフに加わります。

ところが マンガが忙しく

アニメの仕事の締め切りを守れません。

スケジュールは どんどん遅れ

とうとう
現場から外されてしまいました。

更に ストーリー展開についても衝突。

手塚は 物語を

ヒロインの死で終えたいと提案します。

しかし これも強く反対されます。

子どもたちが泣きながら
映画館を出るような

エンディングは困るぞと。

手塚さんは まあ 残念がってましたね。

そうすれば ディズニーも
今まで やったことない

最後は 大悲劇のアニメーションができる
なんて言ってましたけどね。

結局 手塚の意見は通らず

物語は ハッピーエンドとなります。

最初は 自宅に機材を持ち込んでの
アニメ制作でした。

♬~

第1作…

主役は 街角に貼られたポスター。

あえて動かないものを題材にした
実験的な作品です。

お金や人手をかけなくても
面白いアニメは つくれる。

手塚は 手応えを感じます。

1962年 本格的なスタジオが
完成しました。

いよいよ 勝負の時。

手塚が目をつけたのは

急速に普及し始めていた
テレビです。

当時 テレビアニメといえば

1話完結の外国作品ばかり。

長さも 5分から10分と
短いものでした。

そんな中 手塚が挑んだのは…

♬~

「鉄腕アトム」は

手塚治虫の
人気マンガが原作。

科学が発達した
21世紀を舞台に

少年ロボット・アトムが
活躍する物語です。

♬~

ところが放送前 事情を知る誰もが

連続長編アニメなど不可能だと
考えていました。

当時 30分のアニメとなると

手書きで 1万枚以上の絵を
描く必要がありました。

それを毎週
限られた数のスタッフで

続けなければならないのです。

♬~

しかし 手塚には
秘策がありました。

制作のメインスタッフだった
杉井ギサブローさん。

手塚のアイデアを じかに聞き
衝撃を受けました。

(杉井)まあ これは目ですよね。

目だけバラして
例えば何枚か 2枚か3枚でやると

こう 目が閉じるわけじゃないですか。
目だけ。

と… 今度は これ口ですよね。

そうすると 口をこうやると

ぱくぱくしますよね。

手塚が用いたのは

「リミテッド アニメーション」と
呼ばれる手法です。

例えば 人物がしゃべるシーン。

目や口だけが動いています。

これで 描く手間を少なくできます。

群衆が 走って逃げるシーン。

使われている絵は

実は たったの4枚。

不規則に繰り返すことで

ずっと走っているように見えます。

更に 一度つくった動きはストックし
背景を変えて再利用しました。

名付けて…

こうした手法を用いたことで
作画枚数は

従来の4分の1ほどに抑えられました。

ですが 杉井さんたちスタッフは
困惑しました。

…って言った時に 手塚先生が

「いや ぎっちゃん…」。

「アトムが動いた」!

子どもたちは たちまち夢中になります。

順調な滑り出しでした。

しかし 放送の裏では
スタッフが 作業に追われていました。

リミテッド アニメーションを用いても

毎週 放送を出すには
やはり 時間が足りません。

スタジオに泊まり込み

食事とトイレ以外は
ひたすら 机に向かったといいます。

手塚自身も マンガ執筆の隙を縫っては
助っ人に駆けつけました。

夜中の2時3時に
手塚先生が ふら~ってやって来て

「ぎっちゃん 少し手伝おうか」って
入ってくるんですよ。

で 横へ並んで どんどん 絵 描くわけ。

それを 2時か3時に来て
やっぱりね 朝方6時ぐらいまで

一緒になって やってくれるんですよ。

非常に 僕らにとっては
真夜中の先生の応援っていうのは

うれしかったですよね。

努力のかいあって 回を追うごとに
「鉄腕アトム」の人気は上昇。

最高視聴率は
ついに 40%を超えました。

勢いに乗る「アトム」は 海外へ。

日本の放送と同じ年の9月

早くも 全米26のテレビ局で

放送が始まります。

こちらの視聴率も 30%を超えました。

手塚のアニメは 日本はもちろん

世界の子どもたちをも
夢中にさせたのです。

アメリカで大ヒットした 「鉄腕アトム」。

そのことは 手塚に思いがけない
プレゼントを もたらしました。

「アトム」放送開始の翌年

ニューヨークで万国博覧会が開かれます。

そこに 日本の新聞の特派員として
やって来た 手塚治虫。

ディズニーのパビリオンを訪ねると

なんと 心の師
ウォルト・ディズニーがいました。

私は 日本のアニメプロのチーフです。

「アストロボーイ」をつくりました。

知ってる! ロスで見ました。

非常に興味深い科学物語です。

これからの子どもたちは
宇宙に目を向けます。

私も ひとつ つくろうと思う。

それは 憧れのディズニーに

手塚のアニメが認められた瞬間でした。

「鉄腕アトム」で
夢への大きな第一歩を踏み出した

手塚治虫。

しかし その道は
険しく果てしないものでした。

テレビに カラーの時代が訪れます。

虫プロは 日本初のカラーテレビアニメ
「ジャングル大帝」を制作。

アトムに続く大ヒットとなります。

♬~

複数の作品を並行して抱える虫プロは
新規スタッフを 大量に採用。

400人を超える大所帯となります。

ところが…。

テレビアニメは
戦国時代に突入していました。

新たなジャンルのアニメが
次々に つくられ

流行は めまぐるしく
変わっていきます。

厳しい競争の中

虫プロのアニメは
次第に 振るわなくなりました。

結局…

やがて 経営の悪化した
虫プロは

資金繰りがつかず
倒産。

多額の負債を抱えた
手塚は

一時 アニメから
離れざるをえませんでした。

ここに 手塚治虫の
最後の仕事場があります。

2つ並んだ仕事机。

一つは マンガ用。

そして もう一つはアニメ用。

マンガと同じように 生涯をかけて
アニメに挑戦し続けた手塚。

倒産の数年後 負債を完済し
再び アニメの世界に戻ります。

(クラクション)
ハッ!

1984年に発表した 短編アニメ
「ジャンピング」。

田舎道で始まったスキップが

次第に 大きなジャンプに
なっていきます。

注目は その視点。

ジャンプする主人公が見ている光景が

ワンカットで描かれます。

スピード違反だ!

アニメーションの動きの面白さを
徹底的に追求した この作品は

海外のコンクールで
グランプリを受賞しました。

「ジャンピング」の翌年に制作した…

アニメーション誕生当時のような

傷だらけの映像を再現。

手塚らしい ユーモアあふれる遊びが

たくさん 仕掛けられています。

♬~

晩年の手塚は アニメーションの限界を
見極めるかのように

実験アニメに熱中しました。

当時 手塚と共に
アニメーション制作に当たった…

先生はね テレビアニメとね
劇場のアニメと 実験的なものも

全部 やりたい人なんです。
欲張りで 全部やりたいの。

ずっと 長生きしてもね
これでいいって完成がない気がする。

ずっと 挑戦してて。

で もう これでいいやっつって
大家で収まっちゃうと

例えば この人 75で終わりとか
あるでしょ? そういう。

先生は ずっと挑戦し続ける
タイプだったと思うんですね。

手塚は 晩年
自身のアニメ創作の総決算として

意欲的な大作に挑みます。

アニメーションの歴史を たどるように

異なる技法で つくられた

いくつもの物語が展開していきます。

♬~

その 最後の物語。

ディズニーのように 柔らかく動く
アニメーションで表現された

森の生き物たち。

♬~

そこに リミテッド アニメーションの

機械と人間たちが迫ります。

♬~

(手塚)一つは もう完全な
リミテッド アニメーションの

もう マンネリズム化したスタイル。

もう一つは もう
いかにも ぬめぬめと動いている

ディズニースタイルのアニメーション。

この2つが 実際に戦う場面が出てきて。

で あとは それは
観客に任せるというね。

そういう部分が出てくるんですけど

これは この映画のテーマでも
あるんですね。

ですから 何一つ
満足した作品が 今までないんです。

で いつでも 今 言ったように

次の作品こそ
今度は 俺が満足する作品なんだという

期待みたいなものが残るんですね。

しかし 「森の伝説」の制作が
半分まで進んだところで

手塚は 病に倒れます。

胃がんでした。

享年60。

最期の言葉は
「頼むから 仕事をさせてくれ」でした。

♬~

手塚の死後 アニメの遺伝子は
受け継がれます。

虫プロ出身のアニメーターたちが独立。

それぞれの個性を生かした作品を

世に送り出していったのです。

♬~

手塚の背中を見て学び

共に 日本のアニメを支えてきました。

きれいごとで 誤解されちゃうかも
しれないんですけど

「あなたも作り手ですから!」っていう…
しょっちゅう 言われるんですよ。

えっ アニメーションで こんなこと
やってもいいんだっていうことを

技術的なことだけじゃなく
僕は 鋭く感じたんじゃないかなと。

だから 日本のアニメーションの
間口って こんなに広いじゃないですか。

あそこから 日本の

要するに マンガ プラス

アニメーションじゃなくて
「アニメ」っていうのが始まって

そこで育ってった。

その人たちが 二回りぐらいして
今 支えてるっていう感じがしますね。

虫プロをつくった

アニメーションをつくる土台を
つくったという。

「鉄腕アトム」というのは
結局 そういうことだと思うんですよ。

そこから出発しているっていうのは
そういうことだと思うんですよ。

手塚治虫ありきだと 僕は思います
僕らは思います。

手塚アニメは

今も 現代の作り手たちによって
進化を続けています。

手塚治虫原作の「どろろ」。

50年ぶりに 新作アニメとして
よみがえりました。

♬~

海外でも 新たな「鉄腕アトム」が
生まれようとしています。

かつて 「アストロボーイ」を見て育った

クリエーターたちの作品。

世界中の子どもが

科学と自然を楽しく学べるよう
つくられました。

「Astro Boy」!

手塚は 晩年

自分の心を捉えてやまない
アニメの魅力について

こう 語っています。

「アニメーションは
生きてるエネルギーとか

生きてる
ヴァイタリティーみたいなものを

とにかく表す芸術じゃないかって
気がするんです。

我々は生きているんだ
我々は生きているという感慨のもとに

何か やらなきゃならんのだ
ということを

子供たちとか あるいは
アニメーションを見ている方々に

訴えることだと思います。

そのために
私は アニメーションが つくりたい」。

マンガの神様・手塚治虫の
もう一つの夢 「アニメ」。

今も この世界で
命を持って動き続けています。

♬~

♬~

♬~


関連記事