秘密のケンミンSHOW! 熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人 宮崎美子、前園真聖、藤本敏史、六角精児…



出典:『秘密のケンミンSHOW!熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人[字][デ]


熊本ケンミン熱愛!ピリっと激ウマ!からし蓮根登場!超進化系!揚げたてマヨ&わさび&チリ!▽爆笑!大阪粉モン打線!4番サード豚玉!?


詳細情報

番組記述

▽四国初上陸!徳島美人を探せ!

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし[大阪]

【ゲスト】

伊吹吾郎[北海道]

井上尚弥[神奈川]

横澤夏子[新潟]

柴田理恵[富山]

勝俣州和[静岡]

西野未姫[静岡]

藤本敏史(FUJIWARA)[大阪]

六角精児[兵庫]

次長課長[岡山]

里崎智也[徳島]

宮崎美子[熊本]

前園真聖[鹿児島]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/




『秘密のケンミンSHOW!熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

秘密のケンミンSHOW! 熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人
  1. 蓮根
  2. 笑い
  3. スタッフ
  4. 宮崎
  5. 勝俣
  6. ホント
  7. 柴田
  8. マヨネーズ
  9. 河本
  10. レンコン


『秘密のケンミンSHOW!熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間で~す!

(久本)
今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございます!

(拍手)

さあ 盛り上がって
いきましょう。
(拍手)

まずは 初登場でございます。

かぁ~!

チャンピオン。
井上尚弥さんは神奈川県民~!

(井上尚弥)
はい。よろしくお願いしま~す。

カッコイイ!
ハンサムだね~。

僕は…。

なんですけど…。

みんな。なんで もう 大体…。

ウソついてる。
ウソついてる チャンピオン。

言っちゃいます。
でもね イケメンすぎて。

すごいよね~。
私達が…。

さあ 同じく
初登場でございます。

元AKB48の
西野未姫ちゃんは静岡県民~!

(西野)はい。私はですね…。

以前でも番組で紹介されていた…。

あそこのね…どうした?
はい。

あ きた!

(勝俣)そうなの!?

かぶってるわ~。

さあ まずは 県民の
熱愛グルメに関する秘密。

今夜も出るぞ!

<今回は 熊本県民の
熱愛グルメ!>

<皆さん ご存じ…>

<春雨麺がヘルシーな
絶品ヌードル…>

<そして 県民 心の味…>

<今宵 登場するのは

肥後っこ 魂のイエローカラー!
そう…>

<からし蓮根といえば
レンコンの穴に からしを詰めた

言わずと知れた…>

<ガイドブックを
めくってみても

絶品 熊本グルメのページに

からし蓮根が
バッチリ掲載されている!>

<ボディーが何やら黄色い物体で
覆われてはいるが

一見 レンコンに
からしを詰めただけの

この渋めの逸品のどこに
熱愛ポイントがあるのか?>

<我々には その魅力が
今ひとつ 分かっていない>

<そこで早速
熊本県へ飛び…>

≪食卓には並びますよね≫
(スタッフ)あ そうですか?

<続いて 大俵まつりに
参加していたという

こちらの肥後トリオは…>

(スタッフ)めっちゃおいしいですか?
おいしいです。

アハハハ!

あのね…。

(スタッフ)あ そうなんですか。
うん。

(スタッフ)あ そうなんですか。

<まずは 市内にある
こちらのお店>

<なんと からし蓮根ひと筋
400年という…>

<早速 店頭で
我々を出迎えてくれたのは

噂のからし蓮根!>

<スリーサイズが
ラインナップされている>

ありがとうございます。
<すると お店は

からし蓮根を求める
熊本県民で大にぎわい!>

はい。

(スタッフ)違います?
違います 違います。

<実は からし蓮根は
専門店を中心に

県内のおよそ50軒以上で
提供されており

その中から 県民は

レンコンの硬さや
からしの風味などで

お気に入りのお店を
決めているのだ>

<中でも こちらの…>

はい。中サイズ。

<なんと 注文を受けてから
揚げてくれるため

アツアツのからし蓮根を
テイクアウトできるのだ!>

いつも。

<続いて 熊本市内の
こちらのご家庭に伺い…>

<お母さん
袋から取り出したのは…

買ってきたばかりの
揚げたてのからし蓮根!>

<すると早速
包丁をからし蓮根に入刀!>

<ザックザックとテンポよく
切っていく お母さんだが

何だか 妙に
分厚すぎじゃないか?と

戸惑う我々をよそに
もう1本 切りはじめると…

あれ?今度は
薄くスライスしはじめたぞ?>

<先ほど切った
からし蓮根と比べると

ペラッペラ>

<そして…>

<…と からし蓮根が
食卓に登場すると

肥後ファミリーの箸は
からし蓮根へ 一直線!>

<からしの辛さを物ともせず

パクパクと
幸せそうに頬張る熊本県民たち>

<こちらの肥後ボーイは
からし蓮根をかじると

その口で ご飯をパクリ!>

<そして お兄さんは
ひと口 食べて

伝家の宝刀 米焼酎をグビリ!>

(スタッフ)なるほど なるほど。

(スタッフ)あ そうなんですか。

<そして こちらのお姉さんも
からし蓮根をつかむと

醤油にチョンチョン…からの
パクリ!>

お醤油が。

<さらに お母さんが
持ってきたのは

なに?マヨネーズ?>

<何食わぬ顔でマヨネーズを
からし蓮根に投下し

そして ひとかじり>

最高!

<からしと味噌が
ブレンドされることで

辛い中にもコクのある味に
なるという>

<さらに マヨネーズや

九州独特の甘い醤油で

辛さをマイルドにして食べるのも
定番だという>

<続いて こちらのご家庭の

ラグビー仲間が集まる
賑やかな夕食に お邪魔>

<なんだ!?揚げた からし蓮根が
なんと

からあげに
トランスフォームして登場!>

<何だって?チーズ焼き?>

<火の国 魂のからし蓮根が

イタリアンカラーで
颯爽と現れた>

<すると!オカズになった
からし蓮根たちと

ご飯のマリアージュが止まらない
熊本県民>

<68歳のおじいちゃんは

からあげと焼酎に ご満悦!>

(スタッフ)からあげ?

<すでに からし味噌の味が
ついているため

余計な味付けは 一切不要>

<オツマミの枠にとらわれず
大活躍なのだ>

<では ここで 先ほどの
「森からし蓮根」さんへ伺い…>

<19代目を目指しているという
若主人が

奥から運んできたのは
主役である…>

<そんな こだわりぬいた
レンコンを

大釜で茹でること およそ30分>

<茹で上がったレンコンは
すっかりホクホクに>

<続いて登場したのは
味の要である…>

<そして ここからは
からし詰めの作業がスタート>

<レンコンを手に取ると

スナップをきかせて
からしを穴に詰めていく>

<すると ものの10秒で

反対側から
からしが飛び出した>

<機械に頼ることなく
職人1人1人が

手作業で詰めていくのだ>

<そしてレンコンに
打ち粉をつけると

揚げ上がりが
奇麗な黄色になるよう

そら豆粉にクチナシ・ウコンを
ブレンドした衣をまとわせ

180度の油で
カラッと揚げれば

ほどよい辛さが鼻を抜ける

肥後っこ熱愛 からし蓮根が
完成するのだ>

<熊本県民が愛する…>

<からし蓮根の元祖
「森からし蓮根」の

副社長に話を聞いた>

<その後…>

<明治に入るまで 門外不出で
あったのだが

明治以降 細川家が好んだ
熊本伝統の料理として

県民に広く
愛されるようになったのだ>

<そして 熊本駅の中の

こちらの うどん屋さんに
行ってみると…>

<何?なんと うどんの
トッピングが ちゃっかり

からし蓮根だった>

<さらに 先ほど伺った

「小田商店」さんを
のぞいてみると

ショーケースには
黄色い からし蓮…ん?

カレー蓮根?>

<さらに その隣には…>

<ショーケースには
黄色い からし蓮…ん?

カレー蓮根?>

<さらに その隣には

グリーンとピンクの
からし蓮根が>

<なんと こちら
からし蓮根の常識を覆す…>

<からしとは また違った刺激が
クセになる…>

<そして 中南米原産

ホットな
チリペッパーを使った…>

<熊本のからし蓮根界に
新風を巻き起こす

ニューウェーブ
からし蓮根だった>

<…は とても奥が深かった!>

いや~ すごい歴史なんだね。
長い歴史で ございましたけど

熊本県民 やっぱり
からし蓮根は大好きということで。

(宮崎)そうですね。

ちゃんと からし蓮根がね~。

言っちゃおう 言っちゃおう。
いいですか~?私は やっぱり…。

あと やっぱり こう微妙に…。

(藤本)あ~ そうなんですか。衣が。

それまた 揚げたての
からし蓮根ってのがあるんですね。

あの お店に行っても…。

例えば…。

おいしいんだ~。

九州の甘いめの醤油つけんのは
知ってた?

(宮崎)あれは…。

ちょっと甘いから。

なるほど。3色のからし蓮根も
また ね 独特の。

前から思ってたんです…。

そうだね…。

(笑い)

どうですか 隣県の ゾノちゃん。

(前園)よく やっぱり…。

へ~。

そう 蓮根 大好きですよね。

(伊吹)この やっぱり…。

出た!
(勝俣)なるほど~。

そうです!伊吹!待ってました!

(笑い)
六角ちゃん

からし蓮根は お食べになった事。
(六角)もう大好きです。

わりと…。

逆に それ食べたくて。

やっぱり…。

(笑い)

(笑い)
ごめんなさいね。

僕…。

えっ!?知らんかった?
はい 知らなかったです。

あ そうか~。

いやもう…。

(笑い)

(柴田)いや 私もね…。

やっぱ わぁ~!

思いました。
もう柴田さん 30になって

40になって わぁ~!
こんな うまいもんって…。

(柴田)そうです。

…ですよね ええ。

先程の からし蓮根の起こり
あるじゃないですか。

(一同)へぇ~。

体に良いから?
(勝俣)そう。

素晴らしいところ。

ありがとう!

これは宮崎さん
知ってらっしゃいましたか?

そう。作ってたんですよ 清正が。

(笑い)

<ということで
熊本県民熱愛のからし蓮根

今回は熱々の揚げたての他
わさび蓮根と

スパイスのきいた
さくら蓮根を いただきます>

揚げたてって初めて。
まずは揚げたてで。

シンプルなやつですね。
≪あ~ええ音≫

うん ええ音。
きた きた きた きた!

今…。

あ~これが醍醐味なんだ。

あ 泣いちゃった。
泣いちゃった もう~。

なんか申し訳ないです。
うん。

くるけど
はっきり言わしてもらうと…。

あと引くんだ。
(宮崎)ほんとスキッとしてますね。

ありますね。
あ~良いですね。

そしたら わさび蓮根
いきましょう わさび蓮根。
(宮崎)これ 初めてです。

すごく爽やかな色。
でも わさびだけ…。

どうですか?わさびは。
≪これも辛いんじゃないですか≫

(藤本)あ~。
なるほど。

甘みがあるのは やっぱ
お味噌なんですか?これ。

わさびとお味噌が混ざってるから。
やっぱ鼻にはくるよ。
あ~ツンとね。

じゃあ さくら蓮根
いっちゃってください。
(宮崎)あっ いきましょう。

8種類のスパイスが入った
チリペッパーでございます。

お~面白い。
面白い?

あの…チリですね。
チリ…チリペッパーのチリ。

これが一番 甘いかも。
甘いんだ?

一番 甘いね。
(宮崎)ですね。

あ~良いですね 歯ごたえが。

さあ皆さん 私たちも
いただきましょうか。
ぜひ ぜひ。

いただきま~す。

(宮崎)ちっちゃな ひと口で ぜひ。
そうだね ちっちゃな。

からし 気を付けてね。
≪あ 辛い≫

(宮崎)きますね。
≪辛い≫

(柴田)ガバッといくから。
(伊吹)う~ん…。

辛い!うまい!

マヨネーズつけてみっか。
(柴田)
私 お醤油ちょっとつけてみよ。

あっ マヨネーズあったんだ?
(宮崎)マヨネーズつけてみよ~。

マヨネーズと醤油もあったんだな。
(宮崎)初めて。

私 これ好きだな。
あっ!

ほんと?

マヨネーズもうまい!
≪わさび いきましょう≫

くるよ ホントに。
(柴田)あ~!ホントだ
わさび おいしい。

うん。

でも うま~い。
(六角)歯ごたえが良いね。

(柴田)じゃあ ピンク。
ピンクほんと インド風!

あっ!

(六角)
これは予想しなかった味でした。

でも おいしい!
(柴田)おいしい。

(勝俣)ん~っ!

うまいでしょ?
(伊吹)まず これね…。

良いですね。
(伊吹)僕は…。

良いですね~。

あ~!

私も この揚げたての
からし蓮根っていうの食べた…。

わさび醤油だもんな。
(柴田)わさび醤油ね。

この…。

あ 言えてるね。

(笑い)

大ファンなんですよね?

(笑い)

そうですよね。
うれしいです。

井上さん どうですか?
(尚弥)初めて食べたんですけど…。

辛いよな~。
辛い。でも やっぱ…。

そうだよね。

(笑い)

さあ そして ゾノちゃん。
チリペッパーとかって

ブラジルとかに そういう何か
このね ありそうじゃない。

(笑い)

(里崎)そうですね 僕 辛いの…。

(里崎)あと…。

(勝俣)おいしいでしょうね。

(笑い)

素晴らしい3ショット
アスリート 3ショットですよ。

(拍手)
(勝俣)カッコイイ!
素晴らしいですよ。

あれ?でも なんか…。

ビックリしました。

芸人ではないですよ。

私…。

(勝俣)わぁ すごい!
(宮崎)ホントだ ホントだ。

(笑い)
ホント ホント。

色々。
色々 もう。
(宮崎)熊本だけにね。

≪そうだね≫
(西川)
色んな人に お会いしたけど…。

明るい ホント。

(笑い)
ホントに 皆さん思ってました。

そうですよ 仲良くやりましょう。
すいません すいません。

ちょっと やっぱり
辛いの苦手なんで…。

(藤本)ホンマに…。

≪いいよ!≫
いいんじゃないですか?それね。

(柴田)わさび漬け 合う!
(勝俣)ねえ?それこそ…。

さあ次課長 いかがですか?
(河本)僕はホント 実際に…。

厳しい あの…。

大変やんね?
(河本)大変ですけど…。

はいはい。

なるほどね~。

なるほど。

これが一番イヤ。
(勝俣)イヤだね。

上手いな~上手いわ。

<今回のテーマは…>

<以前の放送で お隣…>

<こちらの…>

<何故か変化球の
シンカーで例えたり…>

<天津飯愛を なんと
6番バッターに例えたりと…>

<そこで 改めて…>

たぶん。

<そこで…>

<府民の「野球に例えたい」という
要望にお応えし

独自の目線で
熱愛する粉モングルメの

打順を決めて頂こうじゃないか>

<本日の出場選手は

王道のたこ焼きや
お好み焼きを筆頭に

牛スジとコンニャクに
大量の青ネギを使ったネギ焼き

そして お好み焼きと
そばの合わせ技

ヘビー級のモダン焼きから

焼きうどんや とん平焼きまで
バラエティーあふれる

粉モンオールスターズ
全10選手がラインナップ!>

<はたして クリーンナップは
誰が打つのか?>

<今から
落語を観に行くという…>

(スタッフ)これあの…。

(スタッフ)これで…。

あの…。

(スタッフ)おっ たこ焼き 4番。

<そして 2人の打順が こちら>

<阪神ファンだという…>

<打順を決めてもらった>

(スタッフ)ありますか?

(スタッフ)返せますか?
こないやって 返すんや。

<2番バッターについて
聞いてみた>

<さらに タイガースファンが
集まる

こちらの居酒屋さんに
伺い

絶好調に飲みまくる…>

<大変 恐縮ながら この企画に
ピッタリだと思われる…>

<恐縮ながら この企画に
ピッタリだと思われる

この方にも聞いてみた>

<阪神タイガースで
監督もつとめた…>

<現役時代には あの伝説の

バックスクリーン3連発の
立役者でもあり…>

<…名選手でもあり 名監督>

<そこで…>

<すると 2番にはネギ焼き

6番には ダブル炭水化物の
お好み焼き定食をチョイス>

<そして プロの目線から見た
オーダーが こちら>

<しかし…>

<関西独立リーグ ゼロロクブルズ
の試合にも使用される

こちらの球場へ伺い

府民たちの意見を参考に…>

<オリックス・バファローズの
ウグイス嬢を担当してきた

セクシーボイスで知られる

藤生さんのアナウンスで
お送りします>

(藤生さん)1番 ショート たこ焼。

2番 セカンド いか焼。

<2番は 小技のきく名手

手軽でおいしい いか焼き>

3番 センター 焼そば。

4番 ファースト 豚玉。

<これぞ 府民熱愛の
ミスター粉モン 豚玉>

(藤生さん)5番 キャッチャー

モダン焼き。

<怖いバッターが続きます。

お好み焼きと
そばの合わせ技 モダン焼き>

<そして 気になる…>

(藤生さん)9番 ピッチャー

お好み焼き定食。

ピッチャー
お好み焼き定食。

(拍手)
皆さん テンション上がって…。

好きなんだね~。
好きなように
言うてはりましたけれども。

ほんとですよ~。

そして…。

(笑い)
もう 申し訳ない。

でも…。

はいはい。

いってる 豚玉。

ほんとやわな~。

(藤本)えっ!?
1番が豚玉!?

はいはい…たこ焼きね。

(笑い)
いや ちゃんと…。

何が 早よ出てくんねん?

さあ ここは
里崎さんに聞きましょう。

僕はもう…。

ほう。誰 誰?

≪え~!≫

揃ってますよ。
ああ なるほどな。

なるほど。

確認ですけど…。

(笑い)

(笑い)
せいやに見えるわ~。

河本は…。

(笑い)

ハ~ッハッハ~!
飲んでるわ。
≪飲んでへん≫

(横澤)
私 粉モン大好きなんですけど…。

ああ~ もんじゃか。

うそ!
井上さん。

さあ ゾノちゃん。

今で言う…。

大迫ね
半端ない 半端ない。

このバランスが
一番良くて…。

(勝俣)本田か。戻しましょう。
あ~ すごい!すごい!

ゾノちゃん なんか…。

なんか 楽しそうで。

(笑い)
ちょっと詳しいんだよね。

<今年もやります!
大好評 美人企画!>

<これまで 全国各地で 美人を
探しまくること 実に26県!>

<そんな中…>

<それは そう…>

<そこで 四国の女性について
調べてみると…

なに!?「東男に京女」ならぬ

「讃岐男と阿波女」!?>

<さらに 違うページにも

「徳島は美人の産地」

「全国から美人を集めてきた」と

堂々と書かれている>

<さらに さらに ネットにも

徳島美人をにおわすワードは

そこかしこに渦巻いているぞ!>

<これは もう
行くっきゃないでしょう!>

<美人企画…>

<早速…>

<まずは
徳島駅前で探していると

おっと!艶やかな黒髪の
和風美人を発見!>

ウフフ…はい。

(スタッフ)26歳?
はい。

(スタッフ)助産師?
はい。

今までで…。

お付き合いされてる人は まあ

ウフフフ…フフフ…。

<幸先よく
美人助産師さんをゲット!>

<引き続き
駅前付近を捜索していると

おっと!つぶらな瞳の
徳島美人を発見!>

(スタッフ)大学生ですか。

(スタッフ)納豆に すだち かける?
はい。

<何でも すだちをかけちゃう
阿波ガールを発見!>

<さらに 夜更けの駅前を
探していると おっと!>

うわ~ キレイ!

<さらに
夜更けの駅前を探していると

おっと!スレンダーな

遼河はるひさん似の
美人を発見!>

(スタッフ)アパレル?
アパレルしてます。

(スタッフ)阿波おどり?
はい。

<…をゲット!>

<さらに 駅前のデパート付近を
探していると

おぉ!かわいいお子さんを
3人も連れた

美人ママ 発見!>

はい。

全然です。

(スタッフ)どうですか?

<超かわいい阿波キッズと…>

<また 古くから…>

<実際に 女性管理職の割合が

全国1位!>

<さらに 女性社長の比率も

全国3位に輝いているのだ!>

<では ここで 街中で見つけた
徳島美人を 一気にご紹介!>

<会社の慰労会に
遅れそうだという

19歳 透き通るような色白肌の
阿波ガール>

<鳴門金時とワカメが大好きな

鳴門出身 23歳の阿波美人>

<ブライダルモデルも
やっていたという

30歳の美人ママ>

<熱気ムンムンの
阿波おどりの公演で見つけた

ハツラツ 阿波美人>

<住宅街で遭遇した

24歳 一児の母の
美人ネイリスト>

<食材フェスタで見つけた…>

<食材フェスタで見つけた

目鼻立ち くっきり
31歳 阿波美人>

<娘さんの
ダンスイベントに来ていた

メガネがキュートな徳島ミセス>

<地元の名産
竹ちくわが大好きな

道重さゆみさん似の
キュートな阿波ガール>

<ああ 徳島美人と
阿波おどりを踊りたい!>

(拍手)
いや~ びっくり!

どうですか?里崎さん。
やっぱり 徳島美人 多いですね。

え~ マジか!
(里崎)僕…。

あ~ そうか そうか。

こんなに美人!

ホンマや~。気になる女性
いらっしゃいましたか?

(里崎)そうですね。僕は…。

あ~ね!この方ね。
(勝俣)あ~ 最初の人!

僕…。

(一同)へぇ~!

あ~ いいじゃないですか。
(前園)あの…。

(前園)多かったです。四国の中で。

ちょっと タイプ!タイプ!
気になるタイプ!

コラ!

そうね。

ダンス繋がり。
鹿児島だっつってんのに。

(笑い)

さあ 伊吹さん いかがですか?

僕は どっちかっていうと
一番最初のね…。

助産師さんですか?

(笑い)

六角さん いかがですか?

僕も でも そういえば…。

おっ!
あのね…。

あら~!

(一同)エエーッ!

(笑い)

さあ 井上さん どうですか?
(尚弥)はい…。

すだちガール!

プリッとした感じが好きなんだ?
好きですね。はい。

…しはりましたけれども。
(笑い)

そういえば 未姫ちゃんは
元AKBですけども…。

いや…。

(河本)センター。
センター。

じゃあ 彼女ね。
(河本)なるほど。

ホントに!

ああ。それは何?

(笑い)

みんなからね。
(井上 聡)え~っと…

娘さんの…
あっ この方です!

この方。
(河本)メガネのね。

(聡)この方 あの…。

(笑い)

(河本)元 元ね。
(勝俣)ああ なるほど。

(聡)で…。

あ~ それが売りでね。

あ~…。

なんでやねん!
なんで 切られたい側やねん!

ちょっと ここで言うんですけど
私 実は…。

両方とも…。

(一同)エエーッ!
ですから 私も見たとき…。

(河本)どこ?どこ?

どこを見たんですか?

えっ?ちょっと1回…。

(笑い)

♬~


関連記事