ニンゲン観察!モニタリング★中村梅雀&大地真央VSフェイク料理! カラオケにあったら注文する?モノマネ女王と…



出典:『ニンゲン観察!モニタリング★中村梅雀&大地真央VSフェイク料理!』の番組情報(EPGから引用)


ニンゲン観察!モニタリング★中村梅雀&大地真央VSフェイク料理![字]


中村梅雀&大地真央はフェイク料理を見破れるか?心霊バスに山田裕貴乗車で天然炸裂!モノマネ女王VS紅白出場歌手聴いてみたいのは?優樹菜&小杉が居酒屋に潜入!


詳細情報

番組内容

【ニンゲン観察①】大好評!心霊バスに人気若手俳優・山田裕貴と人気トレーナーAYAが乗車!イメージ崩壊の天然と乙女キャラが炸裂!さらに思わぬハプニングも!【ニンゲン観察②】中村梅雀&大地真央がグッチ裕三が作るフェイク料理を見破るのか?肉を一切使わない肉団子やエビじゃないエビチリなど…大御所芸能人は違いがわかるか?宝塚女優の(秘)トークであの人の意外な一面が!

番組内容2

【ニンゲン観察③】カラオケにあったら注文する?モノマネ女王と紅白出場歌手が夢の競演!【ニンゲン観察④】優樹菜と小杉が酒屋めぐり!「美味しくない料理を注意できるか?」をテーマに様々な夫婦模様を調査!

制作スタッフより

今回は大御所の2人がフェイク料理に挑戦します!今までにない緊張感が張り詰めた現場でフェイク裕三が思わず禁じ手?そして以前、超能力を使う奇妙な子どもモニタリングで完全に信じていた山田裕貴が登場!純粋すぎるリアクションでまたまた伝説を作ります!小杉が奥さんに不満に思っていることを暴露!世のお父さんたちはその悩みを解決できるのか?人気モニタリング目白押しの2時間です!お見逃しなく

出演者

【MC】ブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)

【レギュラー】木下優樹菜 小泉孝太郎 笹野高史 NAOTO ハリセンボン(箕輪はるか・近藤春菜)

みどころ

お笑いか?ドキュメンタリーか?日本中でニンゲンの行動を観察!“もしも”の場面に遭遇したらアナタはどうしますか?「こんなモニタリングしてみたい!」「ウチもモニタリングして欲しい!」も番組HPで大募集!

公式ページ

◇番組HP http://www.tbs.co.jp/monitoring-golden/

公式ページ2

■Twitter

@monitoringtbs6 

https://twitter.com/monitoringtbs6

★ツィッター★

皆さん#モニタリングのハッシュタグで、番組のツイートをして頂いているようです。皆さんのアイデアを頂き、 「#モニタリング」を公式ハッシュタグにしたいと思います。こちらを使ってツイートして下さいね。

おしらせ

小泉孝太郎さん出演の日曜劇場『グッドワイフ』は毎週日曜よる9:00から放送です!どうぞお楽しみに!




『ニンゲン観察!モニタリング★中村梅雀&大地真央VSフェイク料理!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数BEST10)

秘密のケンミンSHOW! 熊本熱愛!からし蓮根&大阪粉モン打線&徳島(秘)美人
  1. 男性
  2. AYA
  3. ミラクル
  4. バス
  5. 怪奇現象
  6. 古谷
  7. 山田
  8. 恐怖
  9. 女性
  10. エビ


『ニンゲン観察!モニタリング★中村梅雀&大地真央VSフェイク料理!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

いや おめでとうございます。
ありがとうございます。

うみゃあ!

<歌舞伎俳優の家に生まれ>

<「赤かぶ検事奮戦記」や10本以上の
大河ドラマにも出演してきた>

<俳優・中村梅雀>

<宝塚時代は男役のトップスターとして>

<一時代を築いた伝説的な存在>

<この超大物2人を相手に>

<こんなモニタリング!>

<本物とは まったく違う食材で>

<見た目も味も本物そっくりの
料理を作るフェイク料理>

<グッチ裕三が
フェイク裕三と名を変え 料理を作り>

<フェイクだと気づくのかを
モニタリング>

<…と梅雀さんのリポートで始まった
舞台紹介のニセロケ>

<その途中に立ち寄った店で
フェイク料理を出し 対決>

<早速 フェイク裕三が待ち受ける
銀座の中華料理店へ>

<すると ここで梅雀さんの
料理へのこだわりが判明>

<…と>

<しかし>

みたいな

えーっ!?

<熊の効果か 3年前
梅雀さんが60歳の時>

<愛娘が誕生>

待ち遠しい~

<…と娘の話でデレデレパパの
一面を見せてくれたところで>

<ここで1品目のフェイク料理を
出してみる>

<今回のメニューは
正月太りをしてしまった方 必見>

<超ヘルシーな絶品中華>

<今回は何と
エビもマヨネーズも使わないエビマヨに>

<肉を使わない黒酢酢豚>

<しかもどちらも
カロリーが半分になる 超ヘルシーなフェイク>

<何と>

<それだけでは
さすがに味気ないので>

<フェイク裕三が>

<さらに…>

ハッハッハッハッ

(小杉)やめて そういうの だから

<しかも なぜかサラミ味>

<そこに卵白などを加えた
ペーストがエビ味の決め手>

<あとは>

<こうして完成したフェイクエビに
衣をつけて揚げれば>

<見た目はエビそのもの>

<マヨネーズは主に油でできているため>

<一般的なエビマヨのカロリーは高めだが>

<代わりにプレーンヨーグルトを使い>

<お酢と油を加えたら>

<味付けに
まずはコンソメとニンニク>

<さらに… 何と練乳を加え>

<まろやかさとコクをプラス>

<これで>

<これを チョイ足しすることで>

<マヨネーズがプロの味に!>

<市販のマヨネーズでもできちゃうので
お試しを>

<こうしてエビもマヨネーズも
本物を使わない>

<が完成>

<という超ヘルシーな1品です>

<ヘルシーな大豆で
ひき肉をフェイクし>

<何とカロリー半分の酢豚に!>

<そして
酒や強力粉を絡めたら>

<軽く素揚げ>

<そして>

<そして普通の肉団子と同様>

<野菜などを加え
さらに…>

(グッチ)ここでもオイスターソース
旨味のかたまり

<そして>

<そのもの>

早っ!
早っ!

<肉団子に絡める黒酢にも>

<簡単にプロの味になる
グッチ流のテクニックが>

メチャクチャ絡まれる

いや まあ…

<はちみつのフルーティーな甘さが
酸味とマッチし>

<まろやかな味わいに>

<そして盛り付けには柿やリンゴなど>

<素揚げした3種類のフルーツ>

<この狙いは?>

<…と小細工も施し>

<見た目にも美しい
フェイク酢豚が完成>

<肉を一切使わない
肉団子の黒酢酢豚>

<何と>

<このフェイクは>

<そして>

<ラストで>

(吉田)分からへんね

(小泉)
ホントだ マヨネーズ

(笹野)う~ん
いただきます

エビマヨ エビマヨ

これマヨネーズちゃうねや
濃厚やしな

エビのプリプリ感ぐらい?
せやね

バレると思う?

これ バレないんちゃう?

2品目 食べてみましょうか

あっ 匂いも…

ああ いい香り

(NAOTO・小泉)いただきます

ホンマや

ねっ!

なるってこと?

ホンマやね

<フェイクエビマヨと
フェイク酢豚を食べてもらうのは…>

<2月8日から始まる舞台
「夫婦漫才」で共演する>

<大地真央と
中村梅雀>

<フェイク裕三が>

みたいな

<だが>

(梅雀)おっ…

えっと…

すごくおいしいです とにかく
(古谷)おいしいですか?

おいしいです
(古谷)よかったです

<まずは>

<すると…>

どういった食感ですか?

<エビの歯ごたえに
何やら違和感を覚えた様子>

<残念ながら>

<続いては>

<この1品で>

わあっ
こちらは

酢豚はお好きですか?

<酢豚が大好き
という梅雀に>

<一切豚が入っていないフェイク酢豚は
通用するのか?>

う~ん

<する梅雀さん>

<そして…>

<ようにも見える>

<そこで>

<淡々と確実に犯人を
追い詰めていく中村梅雀>

何も言われんと食べてね

<赤かぶ検事が見事に
正体を見破り>

<この勝負はフェイク裕三が
2連敗となったところで…>

わあ よかった
ありがとうございます

<そして続いての対戦相手は…>

<普段から
おいしいものを食べていそうな>

でもやっぱ どっちかっていったら
海外行った時に

お買い物を2人で
っていう感じです

<少し話しただけでも>

<そして こちらは ご主人である
世界的なインテリアデザイナー>

<森田恭通さんが内装を手がけた
高級ブランドショップ>

<すると ここで>

(古谷)そういうとこ ある?
はいはい

自分は

<そんな夫婦は一体>

<と思いきや>

そういうのを作ります

そうなんです

<さらに>

<な本物の大スター・大地真央が>

<いよいよ
フェイク料理の舞台に降臨する>

<のフェイク裕三>

<とはいえ 食通の大地に>

<いきなりフェイク料理を出したら
バレそうなので…>

<まずは こちらのお店の人気メニュー>

<湯葉とパクチーの前菜を
堪能してもらう>

<それでは大地真央の
食レポをご覧ください>

うーん

<とキッパリ>

<そこでちょっと>

(古谷)それはつまりお酒を?

何か笑ってる
うーん

<を聞けたところで本題へ>

ホントですね
ねえ

<そして>

<果たして どうなる?>

ふ~ん

<エビじゃないと言いながら
さらにもう1口食べると…>

あっ かまぼこ風?

<わずか>

<一瞬でフェイクを見破ると…>

<ということで>

<ここまで>

<何と この男>

<2品目の黒酢を多めに入れ
味をごまかすという>

<企画の根幹に関わる
姑息な手段に>

(店員)
こちらは肉団子の黒酢酢豚

フレッシュフルーツと共に
でございます

(古谷)ああ体にもね いいですよね
いいですよね

<姑息な采配が功を奏し>

<お酢で気を引くことに成功>

<果たして実際に>

(古谷)ぜひお召し上がりください
(大地)はーい

<フェイクエビマヨを見破った大女優は>

<フェイク肉団子の酢豚も
見破るのか?>

(古谷)ぜひ お召し上がりください
(大地)はーい

(古谷)はい どうでしょう?
お味

(古谷)っぽくない?
うん

<さらに>

<感じたことを
そのまま口にする>

<叩きのめされ フェイク裕三が
戦意喪失したところで>

そうです

何で 手つなぐんすか?

<変幻自在のモノマネ帝王・コロッケと>

<90年代を代表するアーティスト>

<相川七瀬が対決した この企画>

<好評につき 第2弾>

<今回のモノマネ界代表は>

<宇多田ヒカルも認めた>

<と意気込む ミラクルの>

<このお方>

<誰だか分かりますか? 正解は>

う~わ

<そのハイトーンボイスに憧れ>

<大人から子供まで
誰もがマネをした>

<とはいえ>

<果たして お客さんが選ぶのは>

そんなもん

紅白出たって言うてんのに

紅白歌合戦に
出てらっしゃいますけど

<この夢のようなサービス>

<気になるお値段は>

<こちらのお店を舞台に>

<アンケート調査と伝え
お呼びした方々をモニタリングします>

<果たして>

<2人が見守る中 モニタリング スタート>

<まず やってきたのは>

<と 早くも
紅白歌手が白旗をあげる中>

そうですね 何か

<そして食いついたのは>

<やはり 世代的に
ミラクルひかる>

<と かなりミラクルに
食いついている女性だが>

<という 値段を気にし始めた>

<割り勘すると 2500円
2人の気持ちが>

<すると>

<そう 「大都会」と並ぶ
クリスタルキングの名曲が>

<アニメ>

<40代以上の男性なら
知らない人はいない名曲だが>

うわ~ それ そうか

知ってる

<この2人は食いつくのか?>

<世代ではないが>

<果たして この生歌サービス>

かしこまりました

<個室で 2人の観客相手という>

<果たして>

あるよ
ああっ 誰に?

ええ~っ!
(春菜)キョンキョン!

しかも

(春菜)オシャレ! 何?

何や
どういうことっすか

私は あの… カラオケで

3人?

ええ~っ!
(優樹菜)ヤバい

あと

(優樹菜)すご~い

歌ってあげるって言ってんのに
あれ歌ってもらえよ

<もしもカラオケに モノマネ女王と>

<紅白出場歌手が歌ってくれる
サービスがあったら>

<あなたなら どうする?>

(田中)失礼します

(田中)いやいやいやいや

<至近距離で見る>

<一番のヒット曲>

<1979年 日本中を熱狂させた>

<あの名曲が 今 蘇る>

<そして>

♬~かけてゆく

<まで サービス>

イエーイ!

(田中)イエーイ
ありがとうございました

<と プロとの濃密な時間を
過ごしたところで>

<そして>

<と>

<早速 2人に>

こちらですね

いかがですか?

(仕掛人)こちらのお部屋に
来ていただいて

歌ってくださいます

こちら えっと

かまいませんか?

ミラクルひかるさんで

<すすめてから>

<と>

<今回 ミラクルが挑むのは>

<レパートリーの中から
好きなモノマネを選んでもらい>

<それを1曲の中に組み込んで
披露するというもの>

レパートリーで何か

あっ ホントですか 分かりました

<選ばれたのは 宇多田ヒカル
中島美嘉ら 全6人>

<これらを 1曲の中に入れ込む>

<曲は中島美嘉 「雪の華」>

<ミラクルひかるのモノマネメドレー スタート>

<このあと ミラクルの名人芸炸裂>

<バスの中で 怪奇現象が巻き起こる>

<モノマネ女王・ミラクルひかるが>

<カラオケで名人芸を披露>

<曲は中島美嘉 「雪の華」>

<ミラクルひかるのモノマネメドレー スタート>

<しっかりモノマネを聞かせつつ>

<要所で
笑いも はさんでくる>

<女王ならではの
見事な構成で観客を魅了>

<と>

(ミラクル)ですよね

<続いて やってきたのは>

<3人組>

<男性が>

<「北斗の拳」世代の男性が>

<田中に食いついた>

<世代が違いすぎて
肝心の「北斗の拳」が通じない>

<「北斗の拳」に まったく
ピンときていない2人に 男性は>

(「愛をとりもどせ!!」のイントロ)

<それに対し>

<何度も聴いた この曲を>

<目の前で歌ってもらえるチャンスに
かなり前のめり>

<そこで 店員を入れて>

<すると>

へえ~

<主人公と同じ
「ケンシロウ」という名を持つ以上>

<田中の歌を目の前で聴ける
チャンスは逃せない>

<そう>

(仕掛人)本当です

<というわけで ケンシロウが>

<「愛をとりもどせ!!」を
5000円でお買い上げ>

だあ~ もう

<いまだ 現実が受け入れられない
様子のケンシロウ そこへ>

(田中)どうも こんにちは

<本物の登場に>

<一方 こちらの女性は>

<しかし>

<アニメの主人公とは違い>

<と ケンシロウが夢のような
ひとときを堪能したところで>

(田中)いやいや
そういうことなんです

<と>

<が 現れる>

<何気なく乗った 深夜の路線バスで>

<次々と怪奇現象が起きたら>

<人は>

<心霊バスモニタリング スタート>

<最初の>

<空いている席が2つしかないので>

<そこへターゲットが>

<と 彼が眠りにつくと>

<隣のお客さんが>

≪えっ 結婚式の前日?
≪うん でね

≪えっ ホント?

<花嫁の霊が出るという怖い話で>

<不安になった彼女が
彼を見るも爆睡中>

<そして おばちゃんたちは
怖い話をするだけして>

<そそくさと下車>

<いつしか車内は
カップルだけの状況に>

<彼が眠りから目覚めたところで>

<バスは>

<カップルに仕掛ける>

<果たして 2人の反応は?>

<音に驚きはしたものの>

<まだ この>

えっ えっ 何だっけ

<まだ この不思議な現象を
楽しんでいる様子>

<そこで 続いては もう少し>

<目の前の>

<が浮かび上がる>

ヤバい 見えない 字
読めた

読めた

<ガッツリ見てしまい
恐怖に襲われる彼氏>

<奇妙な現象に怯え始めた2人に>

<さらなる仕掛け>

<車内広告が>

<突然落下>

すいません

ちょっと痛い
足…

<恐怖が足にきている2人に
さらに たたみかける>

アハハ

(運転手)すいません

<運転手は修理のため バスの外へ>

<すると>

が怒ってる

<そして 運転手が戻ってくると>

(運転手)あっ 失礼しました

<もう完全に
恐怖に支配されている2人>

<再び バスが走り出したところで>

<それは>

<バス停に たたずむ
ウェディングドレスの女>

<まずは>

<押していないはずの
降車ボタンが>

<何とかバス停の女から逃れた2人>

<またもや停電>

(チャペルの鐘の音)

<真っ暗な車内に
チャペルの鐘の音が響き渡る>

<そして>

<暗闇の中
街灯の光で女に気づいた2人>

<見ちゃダメ
と言ったはずの彼だが>

<彼の結婚宣言に>

<思わずニヤける彼女>

<そして
謎の女がカップルに質問を>

<ところで>

(スタッフ)
あっ バス停に

<この2人>

<カップルではなく>

<だという>

<すると>

いや だってさ

<ニセの路線図に書かれた>

<霊園や斎場という言葉が
気になり始めた女性は>

<まさか この冗談が
現実になるとは思ってもいない>

<2人に>

<次の停留所に>

<髪の長い女が
ボーッと立っている>

<怪奇現象ではない>

ありがとうございます

靴って言ってるのかと思った

あそこにもある

うん 待って

待って待って…

<そして バスが出発すると>

<2人とも見えたのなら>

<それはもう ただの人のはずだが>

<なぜか あの女に
ただならぬ恐怖を感じる2人>

<移動>

<先ほどの不気味な女が>

<また立っているという怪奇現象>

(運転手)お待たせしました

<大声で驚いてしまう2人>

<またも現れた>

<派手に声を上げた>

<男性も
恐怖で顔が ひきつっている>

(運転手)
ドア 閉めさせていただきます

何? 何?
おかしくない? おかしくない?

<そう>

<降りたら降りたで怖い>

<恐怖からか>

<湧き上がる寒気に>

<NORTH FACEで対抗する男性>

<雪山から霊まで
どんな寒さも防ぐ>

<それが>

≪すごいよ

<そして バスは
どんどん山道を登っていく>

<男性の恐怖の妄想が
どんどん ふくらんでいく>

<そこで次の怪奇現象へ>

<恐怖で声が震えだす男性>

<男性のため息で
驚いた女性が>

<ヒザに座る
という展開に>

<先ほどの2人は
リアルなカップルだったが>

<この>

<女性が席に戻ったところで>

<次々起こる>

<それを見た男性が
なぐさめようと>

<立ち上がった その時>

<実は>

<後ほど>

<暗闇の中
たまたま その吊り革を>

<つかんでしまう悲劇>

<女性をなぐさめるどころか
自分の方が怖くなってしまう>

<そして 電気は復旧し>

<もう>

<何で吊り革がとれたのか>

<不思議で しょうがない男性>

あっ いいっすよ

<変なことばかり起こる席が
イヤになったのか>

<やはり気になるのか>

<しかし それは>

<もう大丈夫と安心し
笑顔も出てきた>

<彼が確かめなかったところに
もう一つあった>

いや

<食べ過ぎと怪奇現象で>

<女性の気分が悪くなる>

<先ほど落ちてきた
ポスターを手に取ると>

<なぜか折り始めた>

<まさかの
即席エチケット袋>

<彼が器用な一面を
見せたところで>

<誰もいない後部座席から
女の声が>

<ところで>

<続いて
世にも奇妙なバスに乗るのは>

<黒木メイサやSHIHOなど
数々の女優やモデルに>

<絶大な人気の
トレーナー・AYA>

<を兼ね備え>

<怪奇現象にビビるところは
想像できないが>

<一体 どうなるのか?>

<そして 山田は
数多くの映画やドラマに出演し>

<2019年
さらなるブレイクが期待される>

<若手俳優なのだが 実は>

<昨年 少々ぶっとんだ
モニタリングを仕掛けたところ>

<ピュアなリアクションを連発し>

<次世代の
逸材となる予感を漂わせた>

<そんな2人を>

<その道中>

アップ

<と 山田が無駄に
しごかれたところで>

<少し気味の悪い
前フリを仕掛ける>

<といわれ>

失礼します

<人形の首が壊れるという
不吉な状況に意外にも>

はい

<と すでに
かなりビビり始めている2人は>

<夜のバスで
どんな反応を見せるのか?>

<プライベート感を出したいので
と説明して小型カメラを持たせ>

<2人きりでバスに乗ってもらう>

<それでは>

<車内は仕掛人で
席が埋まっているので>

<2人は空いている席へ>

<すると>

あっ 硬い 硬い 硬い

<腹筋を触らせるという>

<独特のファンサービスをしていると>

<それは>

<徐々に奇妙な世界へと
迷い込み始めた2人>

<乗客は下車し>

<車内の客は 2人だけに>

<ここで>

お酒がすすむ ねっ
うん 何か うんうんって

聞きながら
いや俺も頑張るから…

<どこからともなく 童謡>

いや俺も頑張るからっつって

怖い 怖い 怖い

<どうやら2人とも
霊的な現象だと感じ始めている>

もうヤダ~

もうヤダ~

<優樹菜と小杉が
夫婦の本音を探りに>

<夜の街へ>

<次週は平野レミが野菜嫌いでも
おいしく食べられる>

<簡単レシピを紹介>

<さらに メンタリストDaiGoに
野村萬斎が リベンジ>

<そして 強敵 古市憲寿参戦>

<人気若手俳優・山田裕貴と
カリスマトレーナー・AYAが>

<怪奇現象が起こる
路線バスに乗車>

もうヤダ~

<何も仕掛けていないのに
AYAが乙女な感じで怯え始めた>

AYAさん

<ムエタイ選手のように がっちりガードを
固めるAYAに続いての仕掛け>

<吊り革が>

分かんない もう…

<昨年より
多めに落としております>

<AYA>

<山田が見つけたもの それは>

<実は ここに>

<壊した人形をAYAが思い出した
まさに その時>

<山田が>

<する 奇跡>

<を怖がらせないため>

<山田>

<なぜか人形に謝り始めた>

<ここで AYAに>

<完全に>

<2人を>

<襲う>

<たまたま>

<に いただけなのだが>

<何とか>

<ものの…>

<もう>

<人形の席へ そして>

<人形の首を直そうとし始めた>

<山田>

<車内に響き渡る陽気な「U.S.A.」>

<そして>

<が2人を襲う>

<天然・山田と乙女なAYAに
怪奇現象が>

<そして>

<が2人を襲う>

<が現れる>

<発見し
メチャクチャビビる山田だが>

<AYAは絶対に見ようとしない>

<ここも 何とかビビるAYAを
守ろうとする山田>

<女に言われるがまま>

<すると>

<と 2人の>

<ところで>

<木下優樹菜が酒場を巡り>

<夫婦のリアルな本音を
モニタリングする この企画も>

<そして>

<いきなり>

<実は
ある悩みを抱えているという>

<あるアンケートに
よると>

<世の中のおよそ4割の夫が>

<妻の料理がおいしくなくても
小杉のように>

<黙って食べているという>

<ということで>

<こちらは
2年前にオープンしたという>

<エビ料理専門店>

<世界中から集めた
10種類以上のエビを>

<様々な料理で楽しめるお店>

<仕事帰りに集まっていた>

<すると この質問に>

<まずは結婚10年 こちらの男性は>

<という
ご主人>

<一体なぜなのか>

それやったら

どんどん自分でボルテージ上げて

<と 結婚8年の男性>

<こちらも>

<結婚18年
こちらの男性にいたっては>

<という
ご主人>

<結局 この場にいた男性全員が>

<おいしくないとは絶対に言えない
と答えた>

<家のことを>

<以上 自分たちには>

<料理への不満など
言う権利はないと>

<諦めている様子>

<平成が終わりを告げる
このご時世では>

<パンを
こんがり焼いてもらうなど>

<もはや 夢のような話なのか?>

<しかし 別のお店に移動すると>

<奥さんに意見を伝える
という強気の男性と遭遇>

<すると 送別会の主役である>

<結婚18年目のお父さんが
口火を切る>

<食文化の違いで奥さんと>

<ことごとくぶつかるという
ご主人だが>

<元々>

<一方 こちらの男性は>

<男性に>

<おいしくないと思いながら
食べられるぐらいなら>

<ちゃんと言ってほしいという
優樹菜>

<一方 こちらの女性は>

<正直に>

<ご主人 すると その結果>

<おいしくないと
奥さんに伝えたことで>

<さらに>

<ハッキリ>

<料理を>

<こうして>

<では>

<どうか>

<のか こちらのお父さんたちは>

<この世代は>

っていうのを聞いてるんです

かっこいいな かっこいい

<大ベテラン>

<長く一緒にいれば
ハッキリ言わなくても>

<奥さんは察してくれるという>

<そして 結婚39年
こちらのお父さんは>

完全に食べる 食べる

<のがベストだと語る お父さん>

ねえ

<見事 フェイク料理を
見破った大地真央さん>

<中村梅雀さんの舞台
「夫婦漫才」は>

<2月8日から
明治座で公演です>

<ぜひ劇場へ
お越しください>

<モニタリングに>


関連記事