クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」 作家・石井光太、武田真一、鎌倉千秋


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」』の番組情報(EPGから引用)


クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」[字]


1匹150万円!相次ぐ素人の密輸▽密売人から衝撃告白▽スーツケースに10匹!驚きの手口…靴下に詰め込んで▽“怖くて言えません”黒幕は?▽緊迫!犯人の肉声記録


詳細情報

番組内容

【ゲスト】作家…石井光太,【キャスター】武田真一,鎌倉千秋

出演者

【ゲスト】作家…石井光太,【キャスター】武田真一,鎌倉千秋




『クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」
  1. カワウソ
  2. 本当
  3. 密輸
  4. タイ
  5. 女子大生
  6. 自分
  7. 日本
  8. 黒幕
  9. 時間
  10. 素人
  11. 居場所
  12. 許可
  13. 事件
  14. 万円
  15. ペット
  16. 一般
  17. 社会
  18. 取材
  19. 指摘
  20. 手口


『クローズアップ現代+「カワウソ密輸事件を徹底追跡!黒幕に詐欺グループ?」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

>>みんなが会いに来た
アイドルは…

つぶらな瞳の…

愛らしい鳴き声とそのしぐさが
大人気。

>>カワウソと触れ合える
カフェも全国各地に出現。

人気に火をつけたのは
インターネット動画とテレビ番組。

過熱するブームで
はね上がったのがその値段だ。

>>ひゃ、150万円?!

空前のカワウソブームの陰で
今、思わぬ犯罪が相次いでいる。

>>インドネシアやタイなど
東南アジア原産のほ乳類

「コツメカワウソ」。

多くの国で正式な許可なく
国際的な取り引きをすることが

禁止されています。

今、このコツメカワウソを
許可なく輸入しようとして

国内外で逮捕される日本人が
相次いでいます。

この2年の間に摘発された
カワウソ密輸事件は7件。

先週月曜日にも東京で
密輸事件に関わった容疑者が

2人逮捕されました。

逮捕された日本人には
ある共通点があります。

皆、動物の取り引きとは無関係の
いわば素人だったのです。

20代の女子大生、40代のDJ

50代の会社経営者
30代の会社員など。

いったいなぜ素人が
次々とカワウソの密輸事件に

関わったのでしょうか?

その背景を探るため
まずは女子大生の事件を

タイで取材しました。

>>タイの警察に連行される
茶髪の日本人女子大生。

容疑はカワウソ10匹の密輸。

その手口は…。

>>女子大生は取り調べに

かわいいからペットにするために
市場で買ったと答えた。

しかし…。

>>売買が規制されているはずの
カワウソが

本当にペット市場で手に入るのか。

>>タイ国内でも、カワウソの

無許可の売買は違法だ。

>>ところが、カメラを向けずに
尋ねてみると…。

>>密売人らしき女性に
接触できた。

>>女性が提示した相場は
1匹3万円。

女子大生は30万円を出して

10匹ものカワウソを
購入したことになる。

10匹を、本当にペットとして
飼育しようとしたのか。

すると、密売人から衝撃の事実が
語られた。

>>日本人は
日本で転売するために

カワウソを買いに来ているという。

しかも、1匹3万円で仕入れた
カワウソが

60万円で売れると話した。

彼女の口から、買い付けに来る
日本人の名前を聞くことができた。

>>日本の動物取り引きに詳しい
人物は、カワウソ密輸の背後に

組織的な犯罪グループがあると
指摘する。

>>タイで捕まった女子大生は
黒幕に運び屋として

使われていたのではないか。

執行猶予付きの有罪判決を受け
帰国した女子大生。

私たちは
直接訪ねてみることにした。

>>応対したのは
女子大生の母親だった。

>>ということで、

きょうのゲストはノンフィクショ
ン作家の石井光太さんです。

世界各地で貧困や社会の底辺で暮
らす人々のもとなど、さまざまな

現場に足を運んでおられますけれ
ども、

麻薬の密輸事件や特殊詐欺なども
取材していらっしゃるんですよね。

私はこのカワウソがそもそもブー
ムになってることとか、

ましてや、

こんな事件が起きていること自体
も全く知らなかったんですけれど

も、石井さんは今のVTRご覧に
なって、

どういうふうにまず捉えられまし
たか?

>>僕自身は実際、この番組に出
る前に、

カワウソを保護したりしている業
者のほうにインタビューしに行っ

たんですね。
そのときに、真っ先に言われたの

が、

お前らがこういったような状況を
作り出しているんだというふうに

言われたんですよ。
例えば、テレビであるだとか、

テレビでカワウソがかわいいとも
てはやす、あるいはSNSとかユ

ーチューブで、非常に僕たちがそ
れを支援してしまう。

そうすることによって、このビジ
ネスが本当にこの数年間で、本当

にこの2、3年ぐらいらしいんで
すけれども、

その中で雪だるま式にやっぱり大
きくなってきてしまっている。

それはお前らのせいなんだぞとい
う形で言われたんですね。

それはやっぱり、

今、すごくカワウソっていうのは
特殊なもの、

密輸っていうとものすごく特殊な
ように感じますけれども、実際、

それを支援した時点で、ビジネス
というのはここまで大きくなって

しまう、それはやっぱり考えなけ
ればいけないことなのかなという

ふうに思いますね。

>>あらゆるものをなんか、われ
われブームにしてしまうような、

カワウソ、かわいいっていうのは、
安易に感じてしまうんですけれど

も、

そこにいわばつけ込まれた事件だ
という。

>>先ほど、タイで捕まった女子
大生なんですけれども、取り調べ

に対して、自分で飼育するつもり
だったというふうに答えていまし

たけれども、取材を通じて見えて
きたのは、彼女が運び屋だったの

ではないかということだったんで
すよね。

では、こういった運び屋って、一
体どうやって生きたカワウソを、

本当に素人が運んでくるのかとい
うことですけれども。

>>籠みたいなの出てきましたよ
ね。

>>あの女子大生はそうしてまし
たけれども、密売人の証言による

と、手口の一つ、こういうものが
ありました。

まず赤ちゃんのカワウソに、たっ
ぷりミルクを飲ませるんですよ。

おなかいっぱいにして眠らせちゃ
うんだそうです。

>>眠ってしまうんですね。
>>そう。

そのあとは例えばこういう靴下に
入れて、衣類に紛れ込ませて、こ

のカワウソをスーツケースに隠し
て、これを手荷物じゃなくて、預

け入れの荷物として、飛行機で運
んでしまうということなんです。

>>その靴下に入れるというのは、
なんのために入れるんですか?

>>これ、

衣類のように入れるんじゃないか
というふうにいわれてますけれど

も。
でもこの密輸の過程で、死んでし

まうカワウソも少なくないという
ことなんですよ。

>>これ、どうなんでしょう。
こういった手口というのは、ある

種、すごいよくできてるといいま
すか、素人が考えつくことではな

いですよね。
>>これは完全に逆に言うと、本

当にど素人だと思っていて。
結局、まず、このカワウソの密輸

って、ものすごいやっぱり残酷な
ものなんです。

どういうことかっていうと、聞く
と、まず、川の近くに住んでいる

わけですね、巣を作って。
カワウソというのは、かつ、親子

で住んでるわけです。
親が1匹いて、大体5、6匹とか、

7、

8匹子どもが産まれるんですね。

その中でやっぱり住んでるらしい
です。

赤ちゃんのカワウソを盗むために
どうするかというと、まず親のカ

ワウソを殺します。
邪魔だからですね。

結局、カワウソっていうのは、野
生のカワウソっていうのはかむ力

もありますし、ひっかく力もある
ので、正直な話、面倒くさいんで

す。
だったらもう殺してしまえという

ことで、親のカワウソを殺します。
いわゆるものすごく希少動物です

よ。
にもかかわらず、それを殺してし

まう。
本当に小さな目も開かないような

カワウソというのを、全部そのま
まそっくり持ってくる。

その中で、靴下に入れるとか、そ
ういったことで運ぶんですが、業

者のある方に聞くと、それをやる
と、大体、

半分生きていればいいほうかとい
うような話をしていました。

つまり、やはりタイから日本まで
飛行機で6時間ちょっとぐらいだ

と思います。
ただその前後の時間も含めると、

恐らく8時間、9時間、10時間
という時間を、機内の中で過ごす、

その中で大体死んでしまっている
んですね。

これも死ぬといっても、僕はカワ
ウソではないんですけれども、別

の国で、

ちょっと犬を密輸して

死なせちゃう、死体として見つか
っちゃったという現場に居合わせ

たことがあって、犬、

たぶんペットを飼ってたら持ち込
むのにすごくいろんな手続きがあ

るので、面倒くさいといって、た
ぶん現地の方、やったんでしょう

ね。
同じような形で荷物の中に入れて。

それを見たときに、本当にまだ覚
えてるんですけれども、

その犬がだからものすごく苦しそ
うな顔をして、自分の身体と同じ

ぐらいのうんちをしてたんですよ。
ゆるんで、苦しみの中でね、非常

に残酷なことを言っていますけれ
ども、

やはり生きたものをそうやって強
引に隠して運んで殺すというのは、

それだけものすごく残酷なものな
んですね、

それが本当にいわゆるかわいいと
いわれている市場の中で、

平然と裏で行われているというの
が現実なのかなというふうに思い

ます。
>>ただ、今、日本には、カワウ

ソブームといわれて、たくさんカ
ワウソ入ってきているわけですけ

れども、これはどうやって日本に
入ってきたものなんですか。

>>これ、タイ政府の許可を得て、
輸入するという制度はあるんです

けれども、でも実際に許可が下り
るということは、ほとんどないん

ですね。

2000年以降にタイから正規に
輸入されたカワウソは実はゼロな

んです。
タイから正規に入ってきたものは

ゼロなんですよ。
インドネシアなどから輸入する方

法もあるんですけれども、これ、
素人、一般の人に許可が出るとい

うことはほとんどなくて、また許
可が下りたとしても、値段が高い

ので、タイでの密輸のように、何
十倍も値段が、

売るときに利益が出るというよう
なことはないんです。

>>その本当にごく僅かな許可さ
れた分だけが入ってきているとい

うことなんですね。
タイでは、

取り引きすることは違法というふ
うにいわれてましたけれども、国

内ではどうなんでしょうか。
>>日本では、

飼育は禁止されていないんですね。

販売については、販売するのはい
いんですが、

それが密輸されたものであるかど
うかを確認する有効な手だてがな

いという現状で、どういうことか
というと、どこから持ち込まれた

ものなのか、証明する義務がなく
て、

ここが国際社会から規制が甘いと、
非難を受けているところなんです

ね。
国際的なNGOの調査では、

東南アジアで押収された違法なカ
ワウソの実に半数以上が、

日本向けに送られようとしていた
と。

日本はカワウソロンダリングの国
というふうに指摘されていて、

それを世界自然保護基金・WWF
ジャパン、恐ろしく無規制な状態

だと、強く非難している状況なん
ですね。

インドなどはカワウソの取り引き
そのものを禁止して、

パンダと同じレベルの厳しい規制
をかけるべきではないかというこ

とも言ってはいるんですね。
石井さんも、

これはど素人ではないかと、先ほ
ど、

手口を見ておっしゃっていました
けれども、では、

そういった一般の人たちをカワウ
ソの密輸に誘い込んだ話に出てい

ます黒幕というのは一体どんな人
物なのか。

国内で起きた事件を追跡しました。

>>都内の雑居ビルの一室。

16匹のカワウソと
じかに触れ合うことができ

料金は1時間2600円。

この店を舞台に事件が起きたのは
半年ほど前。

きっかけは
若い男からの電話だった。

>>応対した店のオーナーは
ピーンときたという。

これは密輸の売り込みだ。

>>オーナーが通報すると
警視庁が行動を起こした。

捕まえれば、密輸組織の黒幕に
迫れるかもしれない。

3日後、警察官が裏で
待ち構える中

電話の男が訪ねてきた。

>>店のオーナーは
その一部始終を録音していた。

>>この直後、控えていた
警察官が店に踏み込んだ。

逮捕のあと
この22歳の男の携帯から

衝撃の事実が分かった。

着信履歴に残された電話番号が

過去にオレオレ詐欺のグループが
使用していた番号と一致したのだ。

警視庁の担当捜査官は…。

>>先月
逮捕された男の裁判が開かれた。

弁護士から
黒幕について問われると

男はその存在を認めたうえで
こう答えた。

>>私たちは執行猶予中の本人に
直接尋ねてみた。

>>怖くて言えないというふうに
していた黒幕ですけれども、どう

いう人なのか、どこまで分かって
いる

んですか。
>>それが結局、22歳の男は、

裁判で最後まで、この黒幕につい
ては明かさなかったんですよね。

>>石井さんはどういう人だとい
うふうに見立てていらっしゃいま

すか?
>>僕は本当、反社会勢力、いわ

ゆる暴力団、もしくはそれに類す
るグループ、そういったものだと

思っています。
ただ、これは実行犯というか、運

び屋というのは、今度はさっきV
にありましたように、女子大生で

あるだとか、そういった人たち。

僕は麻薬の密輸の事件も取材して
て、全くこれと同じ構図なんです

ね。
いわゆる僕が昔、取材したもので

すと、

マレーシアから日本に麻薬を運ぶ
というようなことをやってた人た

ちなんですけれども、

じゃあなんで彼らが運ぶのかとい
うところ、

普通の人たちが運ぶのかというと
ころが問題なんですが、

普通の人じゃやっぱりないんです
ね。

どういうことかというと、

非常にやっぱり女子大生であって
も、いわゆる社会に居場所がない、

学校に居場所がない、そういった
人たちが非常にインターネットの

世界だとか、そういった所、

ふらふらふらふらさまよってしま
っている。

そういった人たちっていうのは、

今その瞬間の利益というものにも
のすごく飛びつきやすいんですよ

ね。
やはり将来、先のことまで考えて、

ここに行ったらどうなるかという
ことを考えますけれども、そうじ

ゃない、本当に今その瞬間を、

必死になって生きてる人たちとい
うのを、やっぱりうまくやくざと

いうのはリクルートしてしまう。
>>それはやっぱり、やくざの側

から、こういった黒幕の側から、
こういった人たちを、いつも探し

て。
>>常に探してますね。

>>目をつけている。
>>常にです。

>>どうやって目をつけるんです
か?

>>インターネットであるだとか、
あるいは自分が手のかかっている

大学生に探させたりですとか、そ
れを介してにおいを嗅ぎつけたり、

そういうことですね。
>>もう一つ、警視庁の担当者が

一般の人がこういったことに手を
染める、もう一つ理由として、動

物密輸特有の心理的ハードルの低
さというものも指摘していたんで

す。

>>カワウソの密輸は、

仮に捕まったとしても、

銃だとか、

覚醒剤に比べて重い罪に問われな
いということも、

一般の人が手を染めてしまう理由
の一つだというふうに指摘されて

いましたよね。
>>ただ、

先ほどのお話にもありましたよう
に、

カワウソが死んでしまう場合もあ
る、それもかわいそうですし、

ましてや、

一般の人がこういった闇社会とつ
ながる接点に、

私たちがかわいいと思っているカ
ワウソがなってしまっている。

この事実はやっぱりしっかり重く
受け止めなければいけないと。

>>やっぱりそこもきちんと受け
止めるということと、あと、

なぜ、カワウソを手に入れたいか
というと、

僕はすごく非社会の人たちという
のがふえてきていると思う。

>>非社会?

>>非社会ですね。

どういうことかといいますと、や
はり社会の中で、

自分の居場所というのがない人と
いうのは、インターネットとかそ

ういったところで人に褒めてもら
う。

分かりやすく言うと、

いいねをしてもらうことで自分を、
自己肯定感というのを得ていこう、

そういうふうに考えます。
それがやはりペット、

かわいいペットを出せば出すほど、
やはりみんなからいいねをしても

らえる。
そうすると、社会の居場所はない

んだけれども、自分が居場所があ
る、自分の居場所ができる。

だから、お金はないんだけれども、
100万円を出して買う、でもそ

れがやはりやくざというのは、そ
こに目をつけ込んで、それによっ

て、やはり膨大な利益を得ていく。
こういったような構図があるんじ

ゃないかなというふうには思って
います。

>>今の社会の中で、私たちがつ
ながりが希薄になっていたり、社

会からこぼれ落ちる人、取り残さ
れる人、そういった人たちの心理

が利用されているということなん
ですか。

>>やはり僕は、カワウソが悪い
わけでもないし、飼う人が悪いわ

けでもないと思うんですね。
でも、やはりカワウソを買わない

と、自分のアイデンティティーが
保てない人がいる。

あけましておめでとうございます。

新春一発目は
あのスーパースターにグッと迫ります!


関連記事