世界の果てまでイッテQ! 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人恐怖の挑戦 椿鬼奴、川村エミコ、オカリナ、まひる…


出典:『世界の果てまでイッテQ! 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人恐怖の挑戦』の番組情報(EPGから引用)


世界の果てまでイッテQ![字] 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人恐怖の挑戦


イモトワールドツアーin極寒の中国!超絶景…世界三大氷雪まつり&水墨画の大雲海レポ▼温泉同好会の寒中水泳SPin北欧!恐怖の空中テーブル落下デスマッチ!


詳細情報

出演者

内村光良、手越祐也(NEWS)、宮川大輔、森三中、イモトアヤコ、いとうあさこ、椿鬼奴、川村エミコ、オカリナ、まひる

番組内容

珍獣ハンターイモトワールドツアーin極寒の中国!超絶景…世界三大氷雪まつり&水墨画の大雲海レポート!&絶叫…寒中水泳に体当たり挑戦!▼温泉同好会の寒中水泳SPinフィンランド・ノルウェーでまひる珍特技公開!北欧の恐怖… 空中テーブル落下デスマッチ!



『世界の果てまでイッテQ! 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人恐怖の挑戦』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

世界の果てまでイッテQ! 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人
  1. 鬼奴
  2. スタジオ
  3. オカリナ
  4. スゴ
  5. ヤバ
  6. 一同
  7. ゴー
  8. 宮川
  9. 川村
  10. 村上
  11. 大丈夫
  12. 中国
  13. イモト
  14. スゲェ
  15. 今回
  16. スタッフ
  17. トランポリン
  18. フィンランド
  19. 頑張
  20. 極寒


『世界の果てまでイッテQ! 絶叫…寒中水泳2本立てSP!イモト&女芸人恐怖の挑戦』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

さぁ
 始まりました『イッテQ!』。

2本立てで お送りします。

どうも~!
ワッショ~イ!

どうも どうも どうも!
どうも~!

さぁ まずは イモト
今回はどこへ?

冬ならではの絶景とか文化とか
そういったものを求めて

中国に行ってまいりました。
中国といっても広いですからね。

今回は その中国の中でも
上のほうの

黒竜江省っていう 最北の省に
行ってまいりました。

(いとう) 寒っ!
(手越) へぇ~!

めちゃめちゃ寒かったです
本当に極寒でしたね。

出た 出た 意地悪な人が!
(いとう) また始まってるから。

(村上) また始まってるからさ。
あの辺 嫌だ~!

(笑い)
(大島) またやってんの?

ここのワン ツーは
気を付けたほうがいい…。

ここのワン ツーは
気を付けたほうがいいから…。

それでは まいりましょう!
世界の果てまで…。

イッテQ!
(宮川) よいしょ!



<冬ならではの絶景を求め
向かったのは…>

<それでは恒例…>

(スタジオ:宮川) もたれてる人?
(スタジオ:村上) 中じゃない? 中。

<やって来たのは…>

<…と並ぶ>


<凍結した川から
合計11万トンもの氷を切り出し

驚くべきスピードで
完成させる>

<彫刻家を含め…>

カラフルな。

ちょっと造りが似てますけどね。

<今年は20周年の
メモリアルイヤー>

ちょっと デザインを…。

<そんな中…>

<1回600円で
抱っこして写真が撮れる>

<本来 北極圏に生息する
ホッキョクギツネは

極寒の地で生き抜くため…>

<すると 支払いの様子を

うらやましそうに見ていた
別のお兄さん>

…っていう まぁ
こういうこともありますね

お祭りならではの へぇ~!

(スタジオの笑い)

<そして 氷祭りで…>

<だが この滑り台…>

<最初は リアクションをする
余裕があったが

氷の上は想像以上の…>

あぁ~!

(スタジオ:村上) 怖っ!
(スタジオ:いとう) 大丈夫? これ。

<もはや
オリンピックのボブスレー>

痛い 痛い 痛い…!

痛い 痛い 痛い…!

(スタジオの笑い)

<それでは…>

<イモトが今いるハルビン市は

中国最北部 黒竜江省の省都
北海道よりも北にある>

<1月の平均気温は札幌よりも

16℃ほど低い マイナス19℃>

<まずは そんな…>

ここがですね
中央通りといいまして

いわゆるハルビンの
表参道みたいな所ですね。

(せき込み)
(スタジオ:いとう) 大丈夫?

<そんな極寒の地で大人気なのが
こちらのアイスクリーム>

<そこら中の人が
食べまくっている>

そのまんまで溶けないっていう。

<いただきます>

(スタジオの笑い)

<もう1つの名物が
この辺りが発祥の…>

<果物を串で刺して
あめをコーティング>

<だが インスタには
うってつけの彩り>

<一方 映えない名物が
こちらの凍梨>

<読んで字のごとく
凍った梨>

<水に浸して
解凍してからいただく>

(スタジオ:宮川) あっ! 中 白いん?

うん ちょっと普通の…。

確認するけど。

(スタジオの笑い)

<さぁ 続いては…>

<やって来たのは
松花江という凍った川>

マジで マジで。

「まぁまぁ」じゃないよ もう
極寒だよ。

<そんな松花江で行う
名物イベントが こちら>

<だが 会場に入ってみると…>

終わっちゃった?

(スタジオ:いとう) あっ そうか。
(スタジオ:観客) あぁ~!

<1m泳げたら1秒>

<2m泳げたら2秒>

<プールは25mあるので

最大25秒の告知ができる>

<まだ近くにいた
寒中スイマーたちが

「私を撮れ!」と猛アピール>

(スタジオ:いとう) 何 この人!

スゲェ! ムチ持って
めっちゃ たたいてんだけど!

スゲェ 気合 入れてる!

<それではいこう>

うえぇ~! クソ~!

(スタジオ:一同) えぇ~!

ゴー ゴー ゴー! ゴー!

ゴー ゴー ゴー ゴー ゴー…!

<さぁ 何mいけるか?>

<一番手前の はしごに一直線>

(スタッフ) イモトさん!
イモトさん しゃべって!

<何も しゃべれず…>

バンって… 全身 バンって。

<告知が全くできなかった>


絶対に6秒じゃ埋まれない
長文が。

すんごい長いやつ。

(スタッフ) 課金制?

違う!

プレゼント それでいいから。

<さっきの6秒に
どれだけ加算できるか?>

(スタジオ:大島) よくいけるな。
(スタジオ:内村) よくいけるな。

よし!

きた~!

くそ~! いきま~す!

3・2・1…。

あっ あっ あっ あっ…!

<イモト 根性を見せ
最初の はしごを通過>

<…と思いきや 逆戻り>

<記録は さっきと同じ6m>

<よって 告知タイムは
加算して12秒>

(スタッフ) よ~い スタート!

○△□×☆※…。

○△□×☆※…。

(スタジオ:宮川) 分から~ん!

<続いては このコーナー>

紹介したいと思います。

<今回は…>

ありがとうございます!

じゃあ お願いします カモン。

はい 次
汪さんがやってまいりました。

<…という つぼみの形をした
ろうそく>

あっ ついた。

どうなるの? ここから…。

うわ! びっくりした…。

<つぼみが開いて
音楽が流れます>

♪~

うわ~ 何? これ!

でも
 確かに
まぁ 花が こう 閉じてたのに

火をつけると パッて出て

ろうそく つくっていうのは
スゴいか。

<だが この ろうそくには…>

♪~ ハッピー バースデー
トゥー ユー

♪~

マジで? スイッチとかないの?
これ。

<続いて ご紹介するのは
こちらのケーキ>

<見事な
お花のデコレーションだが

加えて
ある仕掛けが>

<中央のタグを引き抜くと…>

うわ!

えっ… えっ!?

うわ スゲェ! うわ うわ うわ…。

うわ うわっ スゲェ!

え~
 まだあるよ? え~ スゴい!

え~!

スゲェ! うわ~!

<中国で はやっている
サプライズグッズ>

すいません。

<続いて ご紹介するのは
巨大なバラの花束>

えっ!

<以前は 金で出来た
バラを贈ることが

富裕層の間で
はやっていたが

それをヒントに考案され
中国の…>

名言!

<旅は南 安徽省へ ここには…>

<その名は…>

<いにしえより…>

<と うたわれる名峰で…>


<黄山は 1つの山ではなく…>

おぉ~!

<まるで 天から
降ってきたかのような…>

<実に数億年もの間

絶妙なバランスを保っている>

<だが…>

(孫さん) 大昔が
空に穴が開いたときに

女神様が石を練って

空を… 直ったんですよね
その穴を… ふさがった。

もう1つが
中国の四大名作の中で

『紅楼夢』という
著作の中の主人公が

生まれたときに 口の中に
石をくわえてたんですね。

玉が そのくわえた玉が
この石の分身なんです。

何か 空に穴が開いて 何かが…。

うわ~! ハハハハ…!
めちゃめちゃきれい!

スゴいじゃん!

<ご覧ください
まるで水墨画のような光景>


<そんな黄山 実は…>

<最後は 恒例…>

<33歳の抱負を
したためる>

操作の人の加減で いろいろ…。

きたきた そうそうそう…!
それそれそれ…。

あぁ~! ヤバい!

あぁ~!

あぁ~!

あぁ~! あぁ~~!

<出来上がった作品が こちら>

分かります?
(スタッフ) ブレない?


まぁ でも そうね。

ちょっと ミス…。

皆さん
納得してないみたいだから。

<以上 冬の中国
ワールドツアーでした>

(拍手)

はい 続いては こちら!

(拍手)

さっきも見たよな?

(いとう) 続くんだ これが。
これ みんな行ったの?

(川村) 今回は やっこさんと
オカリナちゃんと

まひるちゃんと私で
行ってきました。

(ゆいP) 私が あのですね…。

40%ぐらいなので…。

(オカリナ) そうなんですよ!
あんまり寒くないっていう。

(宮川) スゴいね。
お前 アザラシと一緒なの…。

(宮川) 40パーってエグいな。

(ゆいP) 脂です 困ったらどうぞ。

それでは どうなったんでしょうか
それでは まいりましょう。

世界の果てまで…。

(笑い)
(宮川) ちょっと なんで?

大丈夫? やれよ!
(笑い)

(オカリナ) いや 違う! 先輩方が
言ってくださると思って…。

右にならえだと…。

(宮川) そうやねん
やっこも黙って これやないよ。

そこ2人
黙って これはない! 言え!

何や? これ アホか アホか。
だろう運転は駄目です。

「誰かが言うだろう」は駄目ですよ。

俺 モニター見てたら…。

(笑い)
いやいや…。

<やって来たのは 首都…>

(一同) やって来ました!
フィンランド~!

会うたび
私に言って来てたんですよ。

<それでは…>


<それでは…>

<やって来たのは…>

えっ? うわ~! 穴だ!

(椿鬼奴) 何~?

あっ! なんか 見たことあるね。

<今回は…>

え~!
見たことあります?

(オカリナ) 無理 無理 無理…!

<途中で出たら やり直し>

(まひる) よし 行くぞ!
寒い 寒い…!

(スタジオの笑い)

よし よし よし…!
よし よし よし…!

行きますよ!

あぁ~! あぁ~…!

あぁ~!
早く!

あぁ~!

♬~

♬~     手は足りとる。

ヤバい… ヤバい…。

ずっと こっち入ってんだから!
ごめんなさい。

そうだよ!

(鬼奴) 私 あの…
あれだったかもしれない。

じゃあ やっこさん
1回目 分かったんだから…。

(鬼奴) え~!
それは ちょっと…。

♬~

♬~     いきま~す!

♬~   あぁ~! あぁ…!

♬~

♬~    何やってるの?

♬~

どんどんやって!
♬~    どんどんやってよ!

♬~    何やってんのよ!

まだ出ないでください!
♬~   もうすぐ…!

♬~

♬~   いい! それ いらないよ!

(スタジオ:村上)
♬~     忠実に再現してるよ。

♬~        早く!

♬~

♬~     早くしろよ!

♬~     まひる 急げ!

♬~

(スタジオ:内村)
♬~    長え… 長いよ!

♬~    (オカリナ) まだ~?

♬~

終わった 終わった!

何やってたんだよ これ。

(鬼奴) 邪魔じゃないよ
なんで あそこ 丁寧にやるの?

あぁ 良かった!

<続いては フィンランドの…>

<続いては フィンランドの…>

<やって来たのは…>

トランポリンかな?
(鬼奴) トランポリンやってるよ。

何ですかね?
(鬼奴) あっ あっ…!

何? これ。
(鬼奴) スゴい スゴい スゴい。

<こちらは トランポリンと
テレビゲームを融合した

最新ゲーム…>

<ここは 川村が挑戦>

(鬼奴) あぁ あぁ~! 大丈夫?

スゴい!
(鬼奴) あっ いた いた…!

<ゲーム スタート!>

<トランポリンを
うまく跳んで…>

(鬼奴) 跳んで 跳んで!

(オカリナ) やられてる!

(スタジオの笑い)

(オカリナ) 頑張れ 頑張れ…!

チャンスです
今 めちゃくちゃチャンスです。

(鬼奴) 大丈夫? きつい?

(オカリナ) あっ なんか…。


<それでは いこう>

<いざ 氷の上へ>

(スタジオ:一同) えぇ~!

(オカリナ) はい。

(スタジオ:一同) うわ~!

うわ~!

ピキってなってる。
(まひる) 動いてる!

うわ~! ひぇ~!

スゴい! 揺れてるよ。

スゴい…。

(まひる) もう時間の問題です。

(スタジオ:一同) あぁ~!

(オカリナ) 待ってます。
(鬼奴) 駄目だ。

<やっこ すでに体力の限界>

<と そのとき…>

うぅ… 持てないわ。

持てないわ。

わぁっ!
(鬼奴) ハハハハ…!

うわ 寒い! 嫌 もう!

(鬼奴) うわ~ 速い!

<そして 川村と まひるには…>

そのままじゃないですか。

(鬼奴) あっ でも 全然…
全然 大丈夫じゃない?

(まひる) 離しますよ。
(オカリナ) うわ うわ うわ…。

やめてください。
危ないから。

いきます。
<まずは 川村>

(オカリナ) 前に行けます?
どうやるんだろ?

うわ…!
(鬼奴) 気を付けて!

(オカリナ) 一応 持ってます。

(まひる) 行ってらっしゃい!
(オカリナ) 離しちゃって大丈夫すか?

攻めます!

(鬼奴) おぉ おぉ おぉ…。

(鬼奴) スゴい スゴい スゴい…!
ヤバい ヤバい ヤバい…。

(鬼奴) スゴい スゴい スゴい…!

(鬼奴) うわっ!
あっ あっ あっ…!

助けて 助けて…!

(鬼奴) どうしたらいいの?
(オカリナ) 助けられない。

(オカリナ) タイヤが…
タイヤが沈んでいった。

ヤバい… ヤバい ヤバい。

<まひるは いけるか?>

持ってるよ。

(鬼奴) スゴい スピードがある。

(まひる) 持ってますよね?
(オカリナ) 持ってる。

(オカリナ) もう届かない 頑張って。
離した。

(オカリナ) あぁ いける いける…。
(スタジオ:一同) あぁ~!

<まひる…>

あぁ~!

(オカリナ) 頑張って。
股間 打った…!

(鬼奴) 股 打ったね。
(オカリナ) めちゃくちゃ打ってた。

(笑い)

股の音した?
(まひる) 股の音しました。

<オーストラリア…>

<だが 探検史上最大の試練が
宮川を待ち受けていた>

<果たして…>

<続いては フィンランドで…>

<やって来たのは…>

(鬼奴) おぉ~!
(オカリナ) あんな飛ぶ?

<これは
れっきとしたスポーツ…>

<投げる長靴も…>

(オカリナ) ブーツ投げの体…。

へぇ~!
(オカリナ) スゴい…。

えっ? 勝負?

え~!

えぇ~! それはないよ~!
それはないです! だって…。

<それでは…>

<長靴が…>

絶対に最下位になんかならない
いきます。

<オカリナ 1投目>

<ファウル>

(スタジオ:村上) 意外と難しいんだな。
(スタジオ:内村) 難しいんだな。

(スタジオ:村上) ポケットに
手突っ込んでる。

<川村 1投目>

あぁ…!

(鬼奴) おぉ~! 入った。

<記録は…>

ちょっと 先生たちが…。

<やっこ 1投目>

(鬼奴) あぁ!

<ファウル>

<そして まひるは…>

(スタジオ:村上) ソフトボール
やってたからね。

(スタジオ:一同) おぉ~!

<…の高記録!>

<2投目 オカリナが…>

<川村と まひるは…>

(鬼奴) うわ~…!
勢いがスゴい。

<一方 やっこは…>

(鬼奴) あぁ!

<再び ファウル>

<そして 結局…>

よし…!

<果たして…>

おぉ~?

<鬼奴…>

(オカリナ) やっこさん 記録なし。

ワンチャン!
あの…。

<やって来たのは…>

≪ハロー!≫
あれ? 陽気だ。

<待っていたのは…>

なんか白い!

<すると…>

<点火!>

笑ってる 笑ってる!

(スタジオの笑い)

(笑い)

<彼の頭に塗ってあったのは…>

(鬼奴) 熱いでしょ。

嫌だ! 嫌だ 嫌だ 嫌だ…!

<そして…>

♪~ 瞳をとじて

(オカリナ) 平井 堅さんの歌…。

うわっ スゴい! 湯気出てる。

嫌だ~!

あぁ~!

<点火!>

スゴい!
えっ? 熱くないんですか?

どうですか?
めっちゃ燃えて…。

どうですか?

(スタジオの笑い)

いいですか? 焼いて。
あぁ~!

ちょっと待って
パチっていってる。

ねぇ! さっきの人より
なんかパチパチいってるよ。

めっちゃ焼けてる。
結構 強めに焼けてるよ。

あっ! うれしい!

♪~

♪~  知ってる! 知ってる!

♪~

<ラストは…>

<やって来たのは…>

運試し?
(鬼奴:川村:まひる) あっ!

<待っていたのは
 おなじみの…>

(一同) えぇ~!

(オカリナ) フォーリング ダウン?

(鬼奴) 何で?
怖いよ!

確かに 確かに
恨みっこなしだわ。

平等な…。
はい。

えっ! なんで? 教えて。

私 1回…。

(オカリナ) そんなこと言ったら
私だって…。

(スタジオの笑い)

<それでは いってみよう!>

<いざ 海の上へ>

怖い! 何? これ
うわ~ 高い!

海風~!

<セッティング完了>

えっ どうする?
誰から行く? 本当 どうします?

めっちゃ怖いです…!

(鬼奴) つらいよね。

みんな一緒です みんな一緒。

誰でもいいよ。
私 行く?

うわ 怖い!
(鬼奴) 怖いよ… 怖い!

(鬼奴) キャ~!

<鬼奴 落下!>

やっこさん ごめんなさい!
やっこさん ごめんなさい!

ごめんなさい ごめんなさい。

(スタジオの笑い)
ごめんなさい。

どうする? どうする?

「3・2・1」は言ってよ?
はい。

オカリナさん…。
怖いよ!

分かるよ 分かるよ。

うん 「3・2・1」言ってね。

(スタジオ:一同) あぁ~!

<まひる 落下!>

分かります。
(鬼奴) ヤバかった。

オカリナさんたちが…。
(鬼奴) そう!

怖い。
(まひる) 怖い。

もう いこうか。
(オカリナ) はい お願いします。

分かった あっ 怖い!

あぁ~!

<オカリナ 落下!>

何でよ!

何だよ それ! 何だよ それ!
落ちたほうがいい…?

いや 落ちたがほうがいい
っていうのは分かる。

(スタジオ:一同) えぇ~!

何だよ!
(鬼奴) うそでしょ?

キャ~!

キャ~!

<以上 寒中水泳ツアーでした>

(出川) よっしゃ~ 行ったる!

うわ~ 怖えぇな これ。

<今度のご意見番は
体 張りまくり>

<54歳が全身全霊で挑む
男の戦い>

うわ~! やっちまった!

<お楽しみに!>


関連記事