秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!? 乙葉、島田秀平、白竜、宮崎美子、ガンバレルーヤ…


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!?』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!?[字][デ]


長野熱愛!野沢菜漬け登場!本場長野は色が違う!?激うまアレンジグルメも続々!!▽佐賀では高級海苔がもらい放題食べ放題!▽冷蔵庫より寒い!?超田舎極寒事情を大暴露


詳細情報

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし[大阪]

【ゲスト】

渡辺えり[山形]

和田聰宏[福島]

柴田理恵[富山]

乙葉[長野]

島田秀平[長野]

勝俣州和[静岡]

よしこ(ガンバレルーヤ)[愛知]

ケンドーコバヤシ[大阪]

まひる(ガンバレルーヤ)[鳥取]

次長課長[岡山]

白竜[佐賀]

宮崎美子[熊本]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/




『秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!?』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!?
  1. スタッフ
  2. 海苔
  3. 野沢菜漬
  4. 一同
  5. 渡辺
  6. 島田
  7. 本場
  8. ケンコバ
  9. 今回
  10. ケンミン
  11. 長野県民
  12. 本漬
  13. 野沢菜
  14. 和田
  15. 宮崎
  16. 勝俣
  17. 素晴
  18. チョ
  19. 乙葉
  20. 佐賀海苔


『秘密のケンミンSHOW!長野熱愛!野沢菜漬け&佐賀は高級海苔食べ放題!?』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせいたしました。
カミングアウトのお時間で~す!

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
(拍手と歓声)

ありがとうございま~す。

さあ 盛り上がって
いきましょ~!

(河本)逆 逆 逆。
ああ 来た!
さあ まずは県民の

熱愛グルメに関する秘密!
今夜も出るぞ~!

<今回は
長野県民の熱愛グルメ>

<オリラジの…>

野沢菜?はい 有名。
(藤森)これも…。

なるほどな~。

<確かに野沢菜漬けに使われる
野沢菜は

あの熊本県の高菜や
広島県の広島菜と共に

日本三大漬け菜の ひとつとして
数えられているが…>

<今回スポットを当てるのは

全長野県民200万人 魂の味…>

<とはいえ 我々にとっては

数ある漬物の中の
ひとつに過ぎない

この野沢菜漬けに 一体…>

<そこで長野県へ伺い
街頭調査>

(スタッフ)皆さん あの…。

(スタッフ)あ そうなんですか。

ある意味では。

(スタッフ)野沢菜漬け?

(スタッフ)宿命なんですか?

(スタッフ)今日も食べました?
そうですね。

(スタッフ)朝 食べたんですか。

(スタッフ)あ そうなんですか?

(スタッフ)ハハハ そうなんですか。

(スタッフ)あ 本場なんですか?

<何?>

<…が本場?>

<そこで 長野県の
最北端エリア

温泉とスキーで有名な
野沢温泉村へ>

(スタッフ)大好きですか?

(スタッフ)あ ホントですか。

(スタッフ)あ そうですか。

(スタッフ)別物?

…だと私達は思っています。
(スタッフ)あ そうなんですか。

(スタッフ)あ そうですか。

<早速…>

<信州マダムに
漬け樽を見せてもらうと

箱の中には…おおっ!

正真正銘 ハンドメイドの
野沢菜漬けが登場>

(スタッフ)30kg前後?
はい。

<さらに
別のご家庭に行ってみると

樽の中は 何だ?
茶色い液体に漬かっている>

(スタッフ)味噌?

(スタッフ)あ そうですか。
そうそうそう。

<ベースとなるのは
塩漬けなのだが

そこに鷹の爪や
うまみのもととなる

様々な食材を組み合わせ

自分好みにアレンジして
野沢菜漬けを作るのだという>

<ここで
信州のティーパーティー>

<信州マダム達
自家製野沢菜漬けと

お茶との素朴なコラボを
絶賛 堪能中>

<こちらのマダムも
野沢菜漬けを頬張り…>

<軽快な音を響かせ

お茶をひとすすり>

<こちらのレディーも…>

うん!

<野沢菜漬けとお茶の シンプルな
ハーモニーに ご満悦>

(スタッフ) 
あ そうなんですね。

<ところで…>

<我々の知る
緑色の野沢菜漬けより

色がちょっとセピア色>

(スタッフ)本漬け?

(スタッフ)
2か月も漬けるんですか?

<実は野沢菜漬けには

数日 漬け込んで作られる
浅漬けと

2か月かけて発酵させた
本漬けの 2種類が存在>

<全国的に…>

<逆に長野県民にとっては
この本漬けこそが野沢菜漬け>

<発酵させることによって

ほのかな酸味と うまみが加わり

浅漬けとは違った おいしさが
県民に親しまれているのだ>

<さらにもう1軒
別のご家庭の夕食時にお邪魔>

<お父さん達は早々と

野沢菜漬けをつまみに
絶賛 晩酌中>

<そこへ…>

<お母さんが運んできたのは

何だ?野沢菜炒め?>

<見た目は テカテカの
菜っ葉炒めのようだが…>

(スタッフ)あ ホントですか。

<すると お兄さん ご飯に
野沢菜炒めをどっさりかけ

すかさず かき込んだ>

<信州キッズも山盛り2杯

ご飯に ぶっかけると

パクパクと
お口いっぱいに頬張った>

<さらに お母さんが
箸をのばしたのは…

なんだ?これは 一体>

(スタッフ)そういう料理なんですね。
そうです。

(スタッフ)チャーハンも
いけるんですか?
うん。

万能です!

<その万能さゆえ…>

<細かく刻んだ野沢菜漬けを

甘辛く味付けし

油で炒めた

ご飯と相性抜群の…>

<たっぷりの酒粕とともに

砂糖や醤油を加えて

やわらかくなるまで煮込んだ…>

<さらに…>

<そして
野沢菜の葉っぱを巻いた…>

<信州 伝家の宝刀
おやきなど

長野県民は
様々なアレンジ料理で

野沢菜漬けを
楽しんでいるのだ>

<長野県で…>

<野沢菜 伝統野菜の会
会長さんに話を伺った>

(富井さん)
カブが小さく 葉の大きい

全く違う野菜ができたそうです。

(富井さん)「これ おいしい!」
ということで…。

なるほどな~。

<そこで 我々は
真偽を確かめるべく

各家庭の野沢菜漬け
大試食会を敢行!>

<公民館に ご自慢の
野沢菜漬けを持参した

長野県民が 続々と集結!>

<集まった野沢菜漬け
その総数は

長野県民の勤勉さも相まってか

ありがたいことに
我々の予想を超える

なんと
45軒がエントリー!>

スタートです!

<早速…>

<一心不乱に よその家の
お手製 野沢菜漬けを

試食し続ける長野県民達>

<こちらの
信州マダムの反応は…>

すごいおいしい!

<おや?皆さん

お互いの野沢菜漬けを
褒めあってばかり…>

<果たして
本音は どうなのか?>

正直…。

(笑い)

正直…。

<長野県民は 本当に

自分の野沢菜漬けが
一番だった!>

(拍手)
いや~ ビックリした。全員 「黙って
手 あげなさい」つったのに

「はい!」って
全員 手をあげちゃった…。
しかも 大きな声で

「は~い!」って
声 出しちゃって もう。

やっぱり…。

(乙葉)ね~。
(島田)もう ソウルフードで。
きっと でも

今 番組も 皆さん…。

そうですね。

やっぱり でも さっき
ちらっと出ましたけど やっぱ…。

祖母が漬けてたんですけど
やっぱり こう…。

やっぱりね…。

シャキシャキ
してるんですけども…。

あぁ~!
うち…。

母親が。

ドバドバドバって…。

おいしそう。
(勝俣)すごい!

あのさ やっぱ
油炒めの野沢菜が

最高に ご飯に合いそうだけど
どうですか?それは。

めちゃくちゃ すすむ。はい。

やっぱ よく食べます?

最近だと…。

パスタ!
(一同)へぇ~!

すごい!
あっ わかる!

合うんだ。

あんまり言うと…。

…ってなるけども。
(笑い)

えりさん どうですか?

(渡辺)それ 出た時に…。

(一同)あぁ~。
青菜漬…。

(一同)エエーッ!

似てる?そっくりなんだ?
(渡辺)似てるんですよ。で…。

…ってのが 違いだけで。
なるほど!

あぁ~!
和田さん どうですか?

(和田)僕 あの…。

うん!野沢菜を?
ただ 僕 そんな…。

(笑い)
おっ?残しちゃった?

(和田)残ったんで 僕…。

(柴田)へぇ~!

あっ 合いますよ!合うよね?

入れたんですね?
はい。

それで やったの?

ごまかし!?

(笑い)
おい 秀平!

(笑い)

美子さん どうですか?
(宮崎)いや 私は もう…。

あ~ そうだ!

(宮崎)さっきも あの…。

あれ?

(島田)えっ!?
(笑い)

悪いけど…。
コラコラ!

(宮崎)ですよね?
(白竜)僕も…。

あるんだね~。

(ケンドーコバヤシ)ちょっと 今日
知ったんですが あれ…。

だってね。
(西川)そうですよ!
天王寺やからな。

(ケンコバ)なんか…。

ホンマやわ。
(島田)言わない言わない…。

知りませんでしたけど…。

そうなんですけども。ただ…。

そやけど その…。

(笑い)
ありがとうございました!

<ということで
長野県民熱愛の野沢菜漬け

今回は 本漬けと油炒めを
いただきます!>

いただきま~す!
まずは 本漬けから。

うまい?
うまいね これ。

やっぱ 違う?
大人の味。

大人の味?
う~ん!

本場?きた~!
どうですか?皆さん。

2人とも 懐かしいというか…。

懐かしいですね。
やっぱり…。

(島田)コクが また出てきますから
おいしいんです。

今回 特別に
野沢温泉村のほうで

作ったやつを
持ってきていただきました。
あらま~!

(島田)まさに 本場の!今日。はい。
(勝俣)本場の!?

本場だね 本場。
本場?うまいよ。

歯ごたえも いいよ。
歯ごたえ いい。

じゃあ 続いて 炒め物
油炒めのほう…。

(ケンコバ)かけちゃいましょうよ
こうやってね。
(勝俣)そうですね。ドサッと。

もう これが いいよね。
この食べ方が。

うまそうですよね~。
何もなくても これだけで十分。

ああ いいっすね!

みのさん どうですか?

ピッタリだ~。

これだけで幸せな気持ちになる。
すごい幸せですね。

このね
塩味がいいんですけどもね…。

じゃあ
うちらも いただきましょう!

いただきま~す!
(一同)いただきま~す!

ちょっとこの本漬けからいこう。

いただきま~す。

うん うまい!
(渡辺)
うん おいしい。この すっぱい…。

いい酸味ですね。

油いきます?油炒め。

(渡辺)
これ 油で炒めてるんですか?
(島田)はい。

(渡辺)何油で?
(島田)家庭でもう…。

(乙葉)ごま油だったりとかね。
(島田)ごま油が やっぱり
香りが出ていいですよね。

(笑い)

うん。

めっちゃうまい!
めちゃめちゃ合う!

(渡辺)
ふるさとの味だ ホントにこれ。

めちゃめちゃうまい!

これだけでいい。
≪おいしい≫

(まひる)おいしいね。
(よしこ)うまっ!

もう朝 これだけでいい。
≪う~ん おいしい≫

あ~ ケンコバ!
それ ええんちゃう?丸める?

(ケンコバ)葉っぱありました これ。
いや~!

(乙葉)おいしいですよね。
≪忘れてたよ≫

ああ~!言えてる~。

いや もう…。

(白竜)特に こういうの…。

このスタイルが良い。

(笑い)

美子ちゃん いかがですか?

似てますよね。
やっぱ似てるんだ。

(宮崎)似てる。だけど…。

≪そう 全然違うよね≫

やっぱ…。

そうですよね。

お前 最後に…。

(笑い)

和田さん いかがですか?

そうですよ!

後悔しなさい あなた。

すごい おいしいです。
良かった~。

(笑い)
果汁じゃねぇわ。

(笑い)

師匠 いかがですか?
これはあの…何ですわ。

精進みたいな?
そうよ 精進料理みたいなのを

2通りも3通りも作って。
なるほど。

(笑い)

色即是空やね。

さあ 井上君 どうですか?
(井上)この…。

うまいね!

ああ いい!
≪いいね~!≫

(勝俣)さすが井上!

(河本)
いらんねん それ!
変なこと言うな!

<我らが…>

<憧れの高級食材の
産地で暮らす県民達は

誰もがうらやむグルメライフを

密かに送っているのだ!>

<ケンミン…>

<今回は 佐賀県民の

売るほどあるから
持ってきな!>

<肥前の国が誇る漆黒の宝

そう!それは…>

<佐賀県>

<有明海産の佐賀海苔は
品質の高さでも知られ

東京・築地の海苔の老舗では

1箱で なんと
1万円超えの こちらが

紛うことなき
佐賀県産の極上海苔>

<さらに 都内の名だたる
寿司の名店も…>

はい 鉄火巻 お待ちどおさま。

<こぞって 佐賀海苔を
使っているという>

<そこで 佐賀県に向かい…>

(スタッフ)いっぱい?

(スタッフ)何百枚!?

<こちらの…>

<なんと 近所の方が 我々に
海苔を持って来てくれた>

(スタッフ)50枚!?

今回 持って帰ってね。
(スタッフ)あ よく分かりますね。

今回 持って帰ってね。
(スタッフ)あ よく分かりますね。

(笑い)

<ケンミン ヒミツの名産地>

<まずは JR佐賀駅へ>

<駅ビル内の一等地に建つ
こちらで いきなり

超大量の佐賀海苔が
山積み販売>

<さらに佐賀市内を歩くと
さすがは名産地!>

<いたる所で 海苔の
製造メーカーに遭遇>

<では 海苔は どこで
とれるのか?>

<漁協の船で有明海へ>

<すると 5分ほどで前方に

海から突き出た
棒の大群を発見!>

<さらに接近すると 網から
垂れ下がる物体が>

<特別に摘み取らせて頂くと…>

<この網にくっついているのが
海苔の原形…>

<観測タワーの最上段から
漁場を眺めてみると

おっと!これでもまだまだ
果てが見えない

とんでもない広さ!>

<漁場の規模は 山手線内側の
面積を超えるという>

<ここで 冬の時期に
収穫された生海苔が

水分を抜き 板の形に加工され

ようやく我々が知る
海苔の形になるのだ>

<続いて 小城市内の
こちらのお宅にお邪魔し

海苔のストック状況を
見せていただくと…

向かった先は…え 冷蔵庫?

…の冷凍室の中には げげっ!

海苔が入った袋が整然と並び

冷えっ冷え状態で…>

<中から全部 出していただくと

えっ こんなに入ってたんですか>

(スタッフ)タダで?

<ちなみに
冷凍室に入れるのは…>

<え?>

<現在 一般的に
売られているのは

すでに火が入った
焼き海苔だが

佐賀県民が
もらっているのは…>

<両者を比べると
その違いは一目瞭然>

<食べる時だけ
その都度 あぶることで

ベストな風味と香ばしさを
楽しむのだという>

<そんな極上 佐賀海苔が
お待ちかねの皆さんのもとへ>

<すると おじいちゃん 海苔に
何もつけずに そのまま…>

<そして すぐさま
恍惚の表情で日本酒>

<醤油の一滴すらつけずに

ダイレクトに海苔をパリパリと
味わう佐賀ファミリー>

<かたや お母さんは
お刺身オンザ海苔>

<きれいに巻いて
幸せそうに パクリ>

<みなさん
思い思いのスタイルで

海苔をエンジョイしている>

<続いて 太良町の
こちらのお宅へ>

<佐賀キッズたちが
海苔を贅沢使いした

手巻き寿司パーティーを
楽しんでいる>

<すると…>

<運ばれたタッパーを
あけると…

げげっ!
なんじゃ この真っ黒け>

<余った海苔を佃煮にするのは
佐賀県民の大定番>

<みりんなどを加えた醤油ダレに
ちぎった焼き海苔を大量投下>

<5~6分 火にかけるだけで

アラ簡単 海苔の佃煮
できあがり>

<すると お父さん
ご飯にたっぷりのせて

ホームメイド海苔佃煮を堪能>

<お母さんは なんと
佃煮ご飯を

焼き海苔に
ドッキング>

<まさかの海苔アンド海苔を
ノリノリでパクリ>

<有明海には多くの川が
流れ込んでおり

栄養分が豊富で

また 干満の差が大きいため

海水の栄養と太陽の光を
交互に吸収するため

よい海苔が育つのだという>

<佐賀県は実に 日本の海苔の
およそ4分の1を生産する

他を寄せ付けない
海苔王国となっているのだ>

<続いて こちらのラーメン屋さんに
行ってみると…

おっと 行列発生中>

<券売機のラーメンのボタンの
隣にふと目をやると…>

(一同)うわ~!

<券売機のラーメンのボタンの
隣にふと目をやると…

え?海苔トッピングの
ボタンがでかい。すると…>

<といって現れたのは

うまそうな豚骨ラーメンと

なぜかワイングラスに入った
海苔トッピング>

<すると県民 慣れた手つきで
海苔を取り出すと

バリバリに破いて オンザスープ>

<海苔を思いっきり溶かすと

黒く染まったスープを
麺に絡めて

もろとも 豪快にすすった>

<こちらも どでかい海苔で
麺を包み込み

勢いよくすする 佐賀姉さん>

<ケンミン ヒミツの名産地…>

また 贅沢なぐらい
素晴らしい海苔ですね。

白竜さん
やっぱり みなさん 海苔は

買うもんじゃなくて
貰うもんってぐらい親しいですか。

あのさ…。

あ~ そうか そうか。

え~!すごい!

素晴らしい!

(笑い)
海苔をね 海苔 意識したんだ~。

海苔か~。
(ケンコバ)親分 いますぐ…。

(笑い)

やっぱり…。

食べてみたんですけど…。

分かりましたか。

は~。

素晴らしいですね。さすが兄貴…。

(笑い)
素晴らしいですよ。

見てください!

そうです!
≪若い人が頑張ってる≫

やっぱりね…。

やっぱり 違いますか。

若い方が生きがいいっていうのは
やっぱいいですよね。
いや 元気ですもんね。

うん うん。
元気ですよね。

やっぱり。

そうでしょうね~。
ほんとに…。

ほんでね 私も…。

あの 葬式でもらった…。

こらこら こらこら。
言うんじゃない。

和田さん どうですか?

あの…あの 線が付いてる…。

え 持ってんの?

え~!

(勝俣)消化 悪いからね。

食べちゃう。

(笑い)

お願いしますよ ほんとに。
すいません。

僕は あの VTRで言ってた…。

なるほど~。

なるほど。

すごいわ~。

なるほど~。

あ なるほどね。

え~!素敵!

(一同)へ~。
は~ 素晴らしい!

(笑い)

<ということで 今回は
佐賀県 有明海産の

炙った 乾海苔を
いただきます>

いただきま~す!
(一同)いただきま~す。

すごいね 極上だよ 極上。

いただきます。
(柴田)ほんとに いい香り。

あ ほんとだ。香りがいいや。

あ ほんとだ。
ん~まっ!

これが海苔だ。ほんとに
お醤油なんて全然いらんね。

このままでいける。
(白竜)味が自然の味…。

ですよね。

(乙葉)パリパリ~。
う~ん おいしい。

≪風味が もう全然違いますね≫

(ケンコバ)これが海苔か。

(柴田)ほんと これだけで
つまみになるもんね。
おいしい。

パリパリ!
≪おいしい~≫

わ~ うま~い。

(宮崎)あと 海苔漁師さん達も
おっしゃってたけど

やわらかいって
おっしゃってたけど…。

いいですよね…。

きよし師匠 いかがですか?
(ケンコバ)師匠!

おいしいです。

それか まあ…。

(笑い)
師匠 でも 今ちょっと…。

(笑い)

ガンバレルーヤ
いかがですか~?

<今年のお正月…>

<田舎出身の県民スターが
ズラリ集結し…>

<新年早々

驚愕のチョ~田舎ライフの数々を
つまびらかにしたが…>

<仰天の真実が
まだまだ隠されていた>

<まずは東北 青森県>

<寒風吹きすさぶ
鰺ヶ沢町で

りんごファーマーブラザーズに
聞いた>

(スタッフ)水 凍る?
はい…。

<続いて 群馬県のチョ~田舎
東吾妻町では…>

(スタッフ)家の中も寒いんですか?

<さらに 京都府唯一の村
南山城村へ>

(スタッフ)そうなんですか?
はい。家は こっちですけど

お風呂とトイレ ここなんです。

<さらに四国 温暖な
愛媛県の中でも なんと…>

<スーパーのどかな
久万高原町では…>

(スタッフ)そんな言い方あるんですか。
うん そんな…。

(スタッフ)寝るとこも寒いんですか?
うん…。

なあ ほんと…。

(スタッフ)あ そうですか。
うん。

<それは…>

今…。

<さらに 他のエリアでも
聞いてみると…>

<ワンちゃんと たわむれていた
津軽レディーを直撃>

(スタッフ)なんで?

(スタッフ)あ 二十歳?

<そこで 部屋の鍵からも
年頃感満載の

津軽レディーの部屋に…>

<室内は…明らかに
EXILEファンの様子>

<気になるお布団はというと

おや?パッと見 5枚も
あるようには見えないが…>

(スタッフ)どう5枚なんですか?

<電気毛布を含む
トリプル毛布の…>

(スタッフ)この掛け布団1枚。

(笑い)

(スタッフ)この掛け布団1枚。

(スタッフ)軽い布団ダメなんですか。
イカンな。

<チョ~田舎県民の言う
綿布団とは

昔ながらの こちら
厚~い…>

<ギッシリ綿が詰まっており
羽毛よりは少々かため>

<その重さは
ずっしり 羽毛の…>

<そこで 青森県のお宅で
恐縮ながら

重い綿布団で…>

<ちなみに こちら
のべ4枚でさえ

持つのも ひと苦労の
総重量10キロオーバー!>

う~ん でも何かね…。

結構これ…。

和田さんも 申し訳ない
チョ~田舎出身ですよね?

あの うちも…。

やっぱり…。

やっぱり着てた?はぁ~…。
着てました。

固定してる 固定してる。

私なんかも そうで…。

セーター着て?
(渡辺)それで…。

(笑い)

山形ですよ。

秀平くん どう?
昔 家古かったんですよ。

はいはい。

(一同)エェーッ!
やっぱり そのね

布団も重いって話
ありましたけど…。

軽いとですよ…。

(渡辺)その通り。

まひるちゃん どう?
私は…。

46℃?熱っ!

嫌なのは こっちの部屋は
あったかい。

で こっちの部屋も あったかい。

いや怖いなぁ 寒いよなぁ。

そうそう…。

柴田さん あの…。

急に思い出した
ほんとに怒られるんですよ。


関連記事