クレイジージャーニー 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男! …変身&乗っ取り&若返り&クラゲの意外な活用法とは?


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『クレイジージャーニー 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男!』の番組情報(EPGから引用)


クレイジージャーニー[字] 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男!


松本人志×設楽統×小池栄子VSクレイジージャーニー。海の神秘「プランクトン」を28年間撮り続ける男!知られざる圧巻の光景を大公開!さらに目を疑う驚愕の生態とは?


詳細情報

番組内容

海の神秘「プランクトン」を28年間撮り続ける男!知られざる圧巻の光景を大公開!そこには色鮮やかな眩い世界が!さらにプランクトンの驚愕の生態に迫る…変身&乗っ取り&若返り&クラゲの意外な活用法とは?

出演者

松本人志(ダウンタウン)

設楽統(バナナマン)

小池栄子

公式ページ

◇番組HP

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

◇twitter

https://twitter.com/Crazy_Journey

制作

プロデューサー 坂本義幸


演出 横井雄一郎




『クレイジージャーニー 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クレイジージャーニー 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男!
  1. 峯水
  2. プランクトン
  3. クラゲ
  4. 撮影
  5. 稚魚
  6. プランクトン撮影
  7. 自分
  8. カメラ
  9. ホント
  10. ライト
  11. 生態
  12. 潮目
  13. 幼生
  14. イメージ
  15. エビ
  16. カニ
  17. クリオネ
  18. クレイジージャーニー
  19. バッカルコーン
  20. ヒラムシ


『クレイジージャーニー 海の神秘…プランクトンを28年間撮り続ける男!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<今夜 プランクトンを
28年間撮り続ける男が>

<知られざる神秘の光景を激写>

<そこには
想像を絶する驚異の生態が>

<松本 設楽 小池 VS クレイジージャーニー>

さあ始まりました
「クレイジージャーニー」でございます

ホント ちょっと
うちのヘンテコプロデューサーが

ずっと あいつの

連れてかれて…

だから あっちから来たんですか

プロデューサーやで

今日 いつもと
収録するスタジオが違うんですよね

なんですよ あの人

<海の神秘を鮮やかに
切り取る>

のように
見えるんで

ですね

<男は迷うことなくそう語るが>

<そもそも>

<といえば>

<ご覧のミジンコやゾウリムシのように>

<どちらかというと>

<不気味という言葉の方が似合う
イメージ>

<だが 峯水がひとたび海へと潜り>

<カメラを構えた その先には…>

<まさに 宝石とも芸術品とも
呼ぶにふさわしい>

<知られざる神秘の光景が>

<そう
プランクトンとは>

<遊泳能力が乏しく>

<結果的に
水中を漂っているだけの>

<浮遊生物を指す言葉>

(ディレクター)えっ そんな大きい
プランクトン いるんすか

<そうプランクトンと
一口に言っても>

<全長が5mm程度の
微小なものから>

<全長2mを超える
大型のものまで>

<その種類は かなり豊富>

<またエビやクラゲ 魚類など>

<我々が知っている生物の中にも>

<このプランクトンに
分類されているものも多い>

<峯水は そんなプランクトンに>

<とにかくたくさん出会うために>

<そう 28年にわたり
ひたすら海に潜り>

<のだ>

<そこで出会ったプランクトンは
見た目だけでなく>

<その生態も特徴的で>

形は カップゼリーみたいな形してて

肉眼で見ると全く透明なんですよ

ところが写真を撮ると

ストロボの光が中で干渉して

七色に輝くんですね

そういった生き物とか…

これは二枚貝の仲間で

貝っていうイメージよりか
宝石のような感じで

鮮やかな色をしてるんですね

見た感じは
花のつぼみのような感じ

触手もすごく短いんですね

花びらが
開いているような感じに見える

そういったのもあります

<そう これまで>

<してきた峯水だが>

<それは>

<数だという>

<そんな>

<に没頭してきた峯水は>

<で>

<なんと>

<したのだ>

<今夜 峯水亮が自然の芸術品
プランクトン鑑賞の旅へ>

<皆さんをお連れします>

峯水亮さんです

名前に入ってますよね
「水」が

どこから入ったんですか?

してたんですけど

ある日 浮いてるクラゲを
撮影してみようと思ったら

普通に

何で撮れないんだろうと思って

ストロボをたくと
反射して返ってくるんですね

ところが

ある日 ちゃんと

すごく

すごいきれいな生き物なんだな
って思って

この世界を 自分でも撮影して
広めていきたいなと思ったんです

松本さん 今まで

<峯水が取りつかれる
プランクトン撮影とは>

<一体
どのようなものなのか?>

<我々は沖縄 久米島で>

<プランクトン撮影を
しているという>

こんにちは
こんにちは

<沖縄本島の20分の1ほどの
ここ 久米島には>

<今でも
豊かな自然が残されており>

<それを取り囲む海の中には>

<様々な海洋生物>

<そして プランクトンが
数多く生息しているという>

これから

そういうプランクトンがあります

<そう プランクトンには 大きく分けて
2つの種類が存在し>

<1つは 魚やカニ エビなど>

<幼生期のある一定期間だけを
プランクトンとして過ごす>

<と呼ばれるもの>

<そして もう一つは
クリオネやミジンコのように>

<生涯プランクトンとして過ごす>

<と呼ばれるもの>

<と どちらも不思議な生態だが>

<の中には>

<浮遊期間を終える最後の晩に>

<沿岸部へと
集まってくる習性があり>

<それを利用し>

そうですね

<ということで 早速>

<とは>

<海底にこのライトを並べ>

<それに照らされたエリアで
プランクトン撮影を行う>

はい

<ということで
車に機材を積み込み>

<早速 海へ>

<この日の天候を考慮し>

<狙いを定めたポイントへ>

はい 着きました

そうです

<かなりちゃんとした船に
ライトを積み込み>

<この潮目とは>

<で>

<場所のこと>

<何だか漁師がしそうな話だが>

<峯水は
見極めたポイントへ船を走らせる>

<そして…>

はい 着きました

<早くも その>

はい そうですね

<到着するやいなや>

<と沈んでいく峯水>

<まずは 水深20mの海底へと潜り>

<長年の経験で培った感覚で>

<ライトをセッティングしていく>

<こうして わずか20分ほどで>

<ライトのセッティングが完了>

<そして この幻想的な空間で>

<いよいよ撮影スタートとなる>

<果たして
プランクトンは その姿を現すのか?>

そうですね

<とはいえ>

<峯水も ただ>

気持ちになってですね

<そう 峯水はプランクトンと化しながら>

<その姿を追いかけているのだ>

<すると 突然>

<カメラを構え
シャッターを切り出した峯水>

<何やら この白いゴミのような…>

<いや この白い点が
プランクトンらしいのだが…>

<そこに写し出された姿は…>

これは
ギボシムシっていう生き物の

大人になると細長い
ワーム状になるんですけど

幼生のときは
どっちかっていうと

ベル状の
形してて 透明なんですね

風鈴みたいですね
そうですね

<まずは>

<をカメラに収めた峯水は…>

<続けざまに 別のプランクトンを発見>

<今度は 先ほどとは
比べものにならないデカさの>

<細長い物体が>

<プランクトンと化した峯水は
これに静かに近づき>

<一気にシャッターを切っていく>

これは カクレウオという魚の
稚魚なんですけど

背びれの一部がすごく 体よりも
長い 旗のような感じでのびてて

割と細長い魚なんですけど

<と プランクトンは種類によって>

<姿 形を変えるものや>

<その回数 期間も様々で>

<小さな
個体からは想像もつかない>

<無限の広がりがあるのだ>

はい

<そんな「この子達」を>

<いとも簡単に
撮影していく峯水だが…>

<そう体が小さく 実は>

<だが>

<しっかりと目にピントが合った>

<完璧な1枚に>

<そして>

これは 浮遊生活をしている
時代の巻貝の幼生です

2つ目がチョンチョンって入ってて

あまりガッて寄っちゃうと

触らなくても
例えば

<と プランクトン愛に溢れ>

<プランクトンと化した峯水の前に>

これは テングハギっていう魚の

かわいらしい顔して…

そうですね

<そう>

<ため>

<では>

<その>

<可能性があるのだ>

発光しちゃうと

だから
あそこだけ銀色なんだ

<そして>

これはソデイカっていう
イカの まだ子どもなんですけど

体がまだ透明ですね

きれいですね
すごくきれいなイカですね

<と 撮影を開始して>

<わずか1時間で>

<実に
様々なプランクトンを>

<カメラに収めた峯水>

<だが>

これは イチメガサクラゲというクラゲですね

結構 力が強いので

<さらに…>

これは
シャコの幼生ですね

ライトの周りとかに すごい
たくさん集まってくるんですけど

<それが こちら>

これはヌノサラシっていう
魚の稚魚なんですけど

<現れたのは
峯水が28年間のプランクトン撮影で>

<初めて出会ったという>

<ヌノサラシの稚魚>

<こうして この日の撮影は
なかなかの撮れ高で終了となった>

<ということで…>

<我々は
伊豆半島の大瀬崎で>

<プランクトン撮影を
行うという>

こんにちは

<峯水のホームグラウンドだという
こちら 伊豆半島 大瀬崎は>

<波が穏やかな上に>

<深海のプランクトンが
やってくることが多いため>

<プランクトン撮影には
絶好のポイントとのこと>

<ちなみに こちらが その潮目>

<この部分に沿って泳ぎ>

<プランクトンを探すのだという>

<果たして この場所では>

<そんな光のカーテンの中を>

<泳ぎ続けること10分>

<すると…>

ちょうど これ 今

<その潮目に波を立てないよう
ゆっくりと接近していき>

<カメラを構えた峯水>

<そこには…>

これは ベニクラゲモドキ
というクラゲなんですけど

ちょっと中が赤く見えています

元々 海底に
ポリプというのがあって

<実は我々が
よく知るクラゲの姿は>

<いわば
最終形態ともいえるもので>

<元々は 卵から>

<イソギンチャクのような
形をしたポリプになり>

<そこからクラゲの
赤ちゃんが生まれ>

<海を浮遊するという
工程があるのだ>

と言う学者さん達がいます

<峯水が言うとおり>

<実際 そのベニクラゲを使った>

あんなん この辺に
ふわっと浮いたら

スーッて食べたろかな…
思いますよね

スーッてね

<そして 再び
潮目に沿って泳いでいると…>

これはタルマワシのオスですね

クラゲの中に入ってるんですか?

そうですね

メスは特に 自分の子どもを
この中で保育して育てる

これ 頭の上のところに
冠みたいに いっぱい

粒みたいのあります
これ全部 子どもなんです

自分の子どもをここに整列させて
しばらくの間 保育するんです

海の中で ちっちゃい
世界だけど こういうことが

繰り広げられてるって
面白いですね

あれ どっかで入り込む
瞬間はあるってことですよね

そうですね はい
あのクラゲの中に

うわ その瞬間は
おぞましいよね

<久米島のものとは また違った
特徴や生態のプランクトン達>

<そして さらに>

これ ヒョウタンハダカカメガイという

雪だるまというか
ひょうたんみたいな形してて…

<ちなみに>

<当時の新聞にも
しっかりと掲載され>

<発見者には 峯水の
名前が記されている>

これは近い仲間では
クリオネって…

めちゃめちゃ
似てますよね これ

同じグループで
同じようにパタパタ

ひれを使って
泳ぐんですけど

クリオネの場合は
流氷の天使っていう

よくいわれてると思うんですけど
いい名前

かわいいイメージがあって
だけど

頭の上がパカッて分かれて

うわ 怖っ
触手が…

知りたく
なかったな

バッカルコーン
っていうんですけど

バッカルコーンって
しょこたんがよく言ってる

そうです
バッカルコーン! って

しょこたん これのこと
言ってるんですね

しょこたん
結構 詳しいですもんね

頭開くって恐ろしいですね
怖っ!

色も変わっちゃってるし
怖いよ

もうホント 怖い漫画みたい

<ヒョウタンハダカカメガイと
奇跡の再会を果たした峯水は>

<その後も>

これはカワリハコクラゲモドキ
っていうクラゲなんですけど

ちょっと
四角い形をしているクラゲですね

<さらに…>

これはグループとしては
ハダカイワシの稚魚になります

<だが そんな峯水のテンションが
いやがおうにも上がる>

<それが こちら>

これはムギワラエビっていう

エビとカニの中間みたいな
生き物なんですけど

それのメガロパ幼生です

初めてなんですね
そうですね

そうですね はい

はい
初めて見た人

<これまで数々の
図鑑や文献を見てきた峯水でも>

<生きた状態の
ムギワラエビのメガロパ幼生は>

<見たことがないとのこと>

<もしも
それに間違いがなければ>

<生態写真の撮影に成功し>

<さらに
この映像がテレビで流れるのも>

<恐らく世界初となる>

<そんな>

<この日の撮影は終了となった>

そうですね

<峯水のプランクトン撮影旅は
これからも続く>

松本さん いかがでしたか?

そうですね はい

すごいな

あれも面白かったですね

あれはナマコなんですね?
はい 周りがナマコ

こっち見てんのが
やつなんですか?

大人になると
こういう肛門の中に

単純にこう ブリブリって
出されないのかというのは

もっと奥に暮らしてるんですか?
はい もっと奥で

(設楽)ホントですね

<ここから峯水が>

<ユニークでもあり 恐ろしくもある>

<プランクトンの未知なる生態>

<そして クラゲのブッ飛んだ
秘密を語る>

ほかにも 実は

例えば このワニギスっていう

生き物なんですけど

大きさ これ
2.5cmぐらいの

小さな魚の
稚魚です

胸びれの上に
ちょっと羽衣のような

皮弁が生えてるの
わかりますか?

あれは

なるほど 上着を
捨てるみたいな感じですね

そういうことですね

ほかに
ウチワエビっていう

これ ミズクラゲっていうクラゲに

乗っかってる状態なんですね
乗った状態っていうのは

どういうことですか?
常に持ってるんですか?

例えば 自分で水中の中を
一生懸命 泳いでると

体力どんどん
消耗するじゃないですか

なので このミズクラゲに
乗っていることによって

常に じゃあ 指か何か
刺してるんですか?

そうですね グサッと こう
クラゲをつかんでますね

食べちゃう?
はい 食べちゃう

を一生懸命 食べて

クラゲを殺さないように

恐ろしい

みたいなやつですよ

これ クラゲは気づいて…

まあ 気づいてても
どうしようもできないんですか?

でも クラゲって
水の母っていうふうに

漢字で書くんですけど

確かに
ヒモにされてる感じ

ほかにも実は これはサザナミウシノシタ
っていう稚魚なんですけど

ヒラムシっていう
毒を持った生き物がいるんですね

そのヒラムシに
泳ぎ方とかも

色もなんですけど
そっくりに化けることによって

自分は危険だよと
周りに知らせている

ミュラー擬態っていうんですけど

近づかないように
はい この毒を持つヒラムシに

体を似せることによって
自分は周りから

襲われないようにしてるという
そういうワザですね

もっと自分的には
似せたかっただろうけど

そうやな
何で そこは…

ほかに アジの
稚魚なんですけど

これ 大きさでいうと
1cmぐらいのアジの子どもが

夜 寝るときに
クラゲをかぶって

フェースマスクの
ように かぶって

何で そんなこと
するんですか?

お肌の保湿のため
みたいな?

ていうか

クラゲ めちゃめちゃ
いいようにされてる

魚にとって
寄生虫が体につくと

クラゲは
まだ生きてます

じゃあ もうクラゲ
何? 何? 何? ってなって

顔かぶせて

<このあと
かわいそうすぎるクラゲの>

<めちゃくちゃ
すごいところを公開>

オワンクラゲっていうクラゲから

蛍光タンパク質
っていうのを見つけた

下村先生というのが
いらっしゃるんですけど

2008年にノーベル化学賞を
受賞された方なんですけど

今 緑色に
光ってるのが

その蛍光タンパク質
っていう物質で

左側に紫色の
機器があります

あれが紫外線ですね
紫外線を当てると

ああいうふうに緑に発光する
物質があるんですけど

それがオワンクラゲの
端の部分から発見されて

それは

そうですね
はい

ほかに プランクトンが
大群になる現象があるんですけど

これ 実は 最近

彼らは やっぱり泳ぐことが
そんなに得意ではないので

どちらかというと

なので こういった 大量に
集まるときがあるんですけど

そうですね

<MC3人に
聞いてみたいことを大募集>

<集まったものの中から
オープニングで随時お答えします>

<詳しくは番組ホームページで>

教えてもらっていいですか

世界最大の節足動物

何メーターとかに
なるやつですよね 広げると

すごく大きいカニなんですけど
これの幼生

メガロパ幼生って
どんな姿してるのかなって

想像してるんです

それをいつか見てみたいなと

これも だから
ちっちゃい

そうです
もう小さな小さなプランクトンです

すごいね

そうですよね

すごいな

こんなに話がいっぱいね

確かに そうですよね

ホントだわ
ホントっすね

<「クレイジージャーニー」のDVD
第7弾が好評発売中>

うわ~
デケえ!

<爬虫類ハンター加藤
VS 激レア生物>

<ヨシダナギのアマゾン
エナウェネ・ナウェ族撮影旅>

<ケロッピー前田の
ボディサスペンション取材旅>

<地球上最も過酷な
アドベンチャーレースに挑む男>

<今回もクレイジープライス
皆さんも一緒に刺激的な旅へ>

<次週
唯一無二の硯を生み出す男が…>

<世界一有名な石で
究極の逸品作りに挑む>

1000万!?
≪石って結構高いんですよ

<そこには知られざる
たくみのワザの数々が>

<お楽しみに!>


関連記事