秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材 古坂大魔王、金子昇、ガレッジセール…



出典:『秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材[字][デ]


全国おでん祭り開催!青森が誇る超ポカポカショウガ味噌おでん登場!▽甘めなダシがきめて!激ウマ長崎練り物たっぷりおでん!


詳細情報

番組記述

▽超豪快!沖縄(秘)肉おでんにスタジオ大興奮!

出演者

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし[大阪]

【ゲスト】

古坂大魔王[青森]

本間朋晃[山形]

渡辺徹[茨城]

山本博(ロバート)[群馬]

舛田絵理奈[神奈川]

柴田理恵[富山]

勝俣州和[静岡]

北原里英[愛知]

上島竜兵(ダチョウ倶楽部)[兵庫]

松本明子[香川]

金子昇[長崎]

ガレッジセール[沖縄]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/




『秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材
  1. 味噌
  2. スタッフ
  3. 古坂
  4. 勝俣
  5. ダシ
  6. 大根
  7. 沖縄
  8. ショウガ
  9. 松本
  10. 登場
  11. 具材
  12. 柴田
  13. 川田
  14. 頬張
  15. 北原
  16. アツアツ
  17. お父さん
  18. パクリ
  19. 一同
  20. 玉子


『秘密のケンミンSHOW!全国おでん祭り開催!青森&長崎&沖縄激ウマ(秘)具材』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(みの)
さあ お待たせ致しました。
カミングアウトのお時間です。

(久本)今夜も日本を代表する
主要県民の

皆さんでございま~す!
いよっ!
(拍手と歓声)

ありがとうございま~す。

さあ 皆さん
揃って頂きました。

さあ いきましょう。
まずは初登場でございます。

フリーアナウンサーの
枡田絵理奈さんは 神奈川県民!

(拍手)

(枡田)私は…。

以前 番組でも紹介されていたん
ですけれども…。

≪へぇ~≫
ああ それ聞いてる。

ちょっと 一節
お願いしていいですか?

あの すいません。申し訳ない。

いろいろ番組
やってらっしゃいましたけど…。

(笑い)
すみません。

さあ まだまだ寒い この季節
今宵は 身も心もあったまって

お腹も いっぱいになる
お祭りです。
今夜も出るぞ!

<春の気配すら訪れず

まだまだ冷え冷えの日本列島>

<夜のとばりがおりる頃
ほのかに灯る 赤提灯>

<芯まで冷えた体には

おでんがあれば何もいらない>

<汁っ気たっぷり大根からの

心まであっためてくれる

浸み浸みおでん団>

<大将自慢の極上スープは

もはや 旨みの海のよう>

(すする音)

<この 広大な我が国 日本には

県民たちだけが 愛して止まない

知られざるローカルおでんが

密かに存在するのだ!>

<そこで…>

<県民熱愛…>

<トップバッターは
青森県民の熱愛おでん>

<全国屈指の…>

<そんな厳しい津軽の冬に…>

<それは…そう!>

<お鍋の中の
大根の脇には…うん?

何かの貝が 殻ごと混入>

<そして 妙に細長いタケノコや

謎のペラッペラの練り物まで

気になる おダシは
意外とシンプル>

<そして 小皿に目をやると…>

<なんだ?>

<謎の茶色い液体が
ベットリと

おでんに まとわり
ついており

なんだか謎が多すぎるぞ>

<そこで 早速
青森県へ飛び…>

<なに?>

(スタッフ)おいしいですか?
はい。

<まずは シンシンと雪の降る夜に
赤提灯が灯る

噂のおでんが人気の居酒屋
「なら屋」さんへ>

<店内を覗いてみると…>

<青森飲んべえ達で
大にぎわいの様子>

<お店の一角には もちろん

アツアツおでんが
絶賛スタンバイ>

<と 出てきたおでんは…>

<やっぱり
大根も 玉子も ちくわも

もれなく しょうが味噌の
タレまみれ>

(スタッフ)デフォルトなんですか?

<すると 津軽ダンディー

しょうが味噌をまとった
アツアツの大根を 一口味わうと

すかさずキンキンに冷えた
ビールを流し込み ご満悦>

<津軽サラリーマンは

しょうが味噌の
ちくわを頬張ると

青森の地酒をあおり
1日の疲れを吹き飛ばした>

<皆さん この真っ茶色の
しょうが味噌のおでんと

青森自慢の日本酒のラリーが
止まらない様子>

(スタッフ)最高ですか。

(スタッフ)いらない?

<そこで…>

<そのため 昆布や煮干しから
とったダシには

調味料を入れない あっさり仕様>

<一方 味の要である
しょうが味噌は

みりんや日本酒に
超大量の砂糖

そこに 合わせ味噌を溶かし

最後にショウガを
どっさり入れれば

砂糖の甘みと
ショウガの爽やかさが香る

極寒に暮らす津軽の人々を温める
しょうが味噌となるのだ>

<こちらのテーブルでは

殻ごとしょうが味噌まみれの
貝が登場>

<すると 青森県民

殻から器用に引きずり出すと

そのままパクリ!>

(スタッフ)つぶ貝?
つぶ貝。

やっぱりちょっとこう…。

<実は 青森県のおでんには

むつ湾でとれた
肝の味が濃厚な つぶ貝に

シャキシャキ食感の笹の若芽…>

<そして さつま揚げを薄くした
大角天など

津軽オリジナルなネタが
満載なのだ>

<続いて 青森市内の
こちらのご家庭の

にぎやかな夕食時にお邪魔>

<すると 食卓の
メインポジションには

堂々おでん鍋が鎮座>

<お母さんお手製の
しょうが味噌が登場し

早速 思い思いの おでん種に

マストソースである
しょうが味噌を

どっぷりかける 津軽ファミリー>

<そして しょうが味噌で
ヒタヒタのおでんを頬張ると

その口に 平然と
ご飯を放り込んだ>

<ちくわをご飯にバウンドさせた
お父さんは 一口で頬張り

続けて ご飯をパクリ>

<おでんをオカズに
もりもりご飯を食べる

津軽ファミリー>

<しょうが味噌のおでんは…>

<すりおろしたショウガを
おでんにかけて出したのが

はじまりと言われ 現在では
青森市内のコンビニでも

おでんに しょうが味噌が
提供されるほど根付いたという>

<先ほどのご家庭では

よほど ご飯が進むのか
お父さん おかわりした…>

<あろうことか…>
(松本)あ~!

<お父さん おかわりした…>

<あろうことか お父さん
白米に しょうが味噌を

ダイレクトに
ぶっかけてしまった!>

<すると おでん そっちのけで

しょうが味噌ご飯だけを
勢いよく かきこんだ!>

<…は とても奥が深かった>

(拍手)
いやもう これちょっと
やっぱり もう

しょうが味噌おでんは
絶対的なものでしょ?

(古坂)絶対どころか…。

…と思ってたんですよ。
なるほど。

(古坂)だから…。

(笑い)
なるほど 分かりやすい。だって…。

…って言ってたもんね?
(古坂)味噌 味噌ですね。

あ ベチャベチャ。
(古坂)はい。

あ~。

え~…。

(笑い)
(柴田)ハハハ…分かんない。
分かんな~い。

からしは つけないんですか?

は~。

(笑い)

そしてまた 青森独特の具材が。

そう。
立派だよね。

ねえ。あんなでっかいの。

ちょっと…。

(笑い)
でも…。

絡まるんだ。絡まるんだね。
徹ちゃん どうですか?

(渡辺)
まあ 今のは うまそうでしたけど。
でも 元来 俺は…。

もとから。

はい はい。
絶対 今もやってたけど…。

最後は お父さん…。

ねえ。あれ 出来れば俺…。

(笑い)
(勝俣)わ~ オシャレだ…。

そして まあ おでんと言えば
竜ちゃんでしょう。

(上島)いや あの…。

はい はい。
ちょっと…。

(笑い)
あ~ 垂れないとね。
ええ。

でも…。

(上島)熱い?
熱いのもあるんですよ。

(笑い)
グツグツにしといてもらわないと
困りますね!

枡田さん どうですか?
うち…。

(勝俣)いいんだ?

あ~。
なかなか。

いけるね。

(笑い)
禁句だから。
あ そうですか。

北原ちゃん どう?

(北原)すごい分かります。
そして 同じ東北として
本間さん どうですか?

(本間)はい 僕ですね…。

はい はい。

ごめん…。

(笑い)

<ということで 青森県民熱愛の
しょうが味噌おでん>

<今回は…>

やっぱり 大根からいかないとね。

よく炊けてるね。
しょうが味噌おでんがね。
うん うん うん。

あ~ もうね。
しょうが味噌。
それでは いただきます。

はい。
(勝俣)う~わ うまそう!

≪おいしそう~!≫

(古坂)うん うん。
いけた?

これ。

(古坂)はい。
へぇ~。

これ いいショウガですね。

(勝俣)分かるんだ。
(柴田・久本)ショウガが いいんだ。

ショウガが 5あるうちの
4ぐらいまでいってますね。これね。
あ いってるか。

根曲がり竹も ちょっとこれ。

味噌と合うんじゃないですか~?

(松本)おいしそう!
うまい。
うまい うまい?

うまい。
最高の笑顔じゃん。

あ~ うまいっす。
根曲がり竹 うまい。
いい笑顔。うまい。

やわらかい。
やわらかい?

うまい。
つぶ貝いきましょう。つぶ貝。

(古坂)ちょっと つぶ貝
これもうダメだ。強引に。

出た~!
≪倍ぐらい あるわ≫

立派だ。あ~ いいね。
(勝俣)でかっ!

みのさん いいね これ。いいよ。

うわ 飲みたいわ これ。
(松本)ロックで。

うまい?

しょうが味噌が 実に合う。

そうですね。
お父さんがね
かけてらっしゃった。

じゃあ ちょっと
いただきましょう。いただきま~す。

(一同)いただきま~す。

(渡辺)大根から?
じゃあ 大根…大根やらかいな~。

ビックリするぐらい やわらかい。
(古坂)
味噌 欲しい人は足して下さいね。

これも いただきま~す。

≪うまい≫
うまっ。

ショウガきいてるわ これ。
これは いいわ。

なんにでも かけたくなっちゃう。
≪おいしい≫

はっきり言って うめぇ。

うまい!

おいひ~。

食べさせてあげて…ねえ?
(古坂)食べれないんですか?

そんな。
(古坂)
スタンバイしてんじゃんかよ。

食べれるって 自分で。
箸もあるんだから。
食べられないから。

いや だから あの
おいおい ちょっと…。

押さえんな!押さえんな!
アハハ…はい アーン。

(笑い)
(勝俣)あ~!アハハ…。

(古坂)冷やしてるんだよな。
(笑い)

(笑い)
(上島)痛いわ。

こうやって持つから
顔がこんな なっちゃってるし。

そう 伝統芸。

(笑い)
食べてください。

この…。

素晴らしい。
これは…。

たぶんね。あと…。

エーッ!

そうだよね~。

(古坂)速効 きますよね。
だから…。

あ~ 分かる。

お豆腐なんか最高よ。

結構 VTRで見たら…。

(勝俣)そうか。子どもいると。

枡田さんのね 子どもがね
かわいいの。

いつもね 手つないで歩いてる。
いつも…。

(笑い)

北原さん どうですか?

≪ショウガ強いね≫
(北原)しっかり ショウガで。

しかも…。

なんかもう 具材っていう感じが
すごいします。

もう 僕も…。

(拍手)
≪すごい≫
(上島)ご飯が欲しいぐらい。

(勝俣)もっと欲しい!じゃあ…
アツアツをね。

アツアツを。押さえて 押さえて。
アツアツを。

≪ああ~!≫
あ~!

(笑い)

あっつい!

<続いては
長崎県民の熱愛おでん>

<ご存じ 異国情緒あふれる
エキゾチックな港町>

<そんな長崎県で

県民たちに愛されてきた
おでんがある>

<それが こちら!>

<大根や 玉子といった
定番の具材の隣には

練り物 さらに 練り物

そして 練り物って…

なんだ?ほとんど 練り物の
オンパレードじゃないか!>

<この練り物づくしの
長崎のおでんに

一体 どんな魅力が
あるというのだろうか?>

<そこで 長崎県へ飛び
県民の…>

<まずは 長崎市内の
こちらのご家庭の

にぎやかな夕食どきにお邪魔>

<と お待ちかねのおでんが
食卓のセンターに登場>

<大根や玉子も
かろうじて見えるが

見慣れない練り物で
覆われていて 茶色一色>

<それに 何なんだ?この
テニスボールくらいの球体は>

<そんな心配をよそに
みなさん一斉に

ブラウンカラーの練り物に
かぶりついていく>

<お父さん 半月状の練り物を
すくい上げると

九州定番の薬味 柚子胡椒を

ちょいとなでては
ご満悦>

<こちらのお父さんは
謎の球体にかぶりつくと

なんと中から
玉子がこんにちは>

<続けてビールをグビリ!>

<こちらのお兄さんが
串を手にした…>

<登場したのは…>

<続いて お兄さん
串を手にした…>

<登場したのは…え~!?>

<なんと おせちでお馴染みの
練り物 伊達巻>

<ダシを吸うだけ吸った伊達巻を
ひとくちで頬張った>

<かまぼこと呼ばれる練り物が

どっさり入るのが定番!>

<県内のスーパーには なんと

かまぼこコーナーが
設置されており

他県民には考えられない
大量の練り製品がラインナップ>

<もちろん おでんコーナーには

およそ10数種類の
練り物が ずらり>

<家庭でも お好みの練り物を
購入し

冷蔵庫に常にストック>

<おでんで その真価を
発揮するのだ>

<具材はわかったが
おでんの要

おダシの味も気になるところ>

<なに?おでんが甘い?>

<甘党が多い長崎県民にとって

おでんの味つけも甘いのが基本>

<五島列島名産のアゴだしに…>

<みりんを
お玉1杯くわえたら

砂糖をさらに…>

<甘みを追加>

<そこに 他県より甘めだという
練り物を入れて煮込めば

甘~い長崎のおでんが完成>

<続いて 昭和27年創業

長崎おでんの有名店
はくしかさんへ>

<中に入ってみると店内は

おでん好きの長崎県民で
大賑わい>

<すると…>

<そうして運ばれてきたのは

またもや見慣れない
茶色い練り物>

<常連の長崎ダンディー
平たい練り物をパクリ>

<こちらのビジネスマンは

がんも風の練り物に
かぶりつくと

中から レンコンが登場>

<また 練り物消費金額も

常にトップクラスを誇り

おのずと おでんに大量の練り物を
入れるようになったのだという>

<さらに 情報を元に

こちらの ちゃんぽん屋さんへ
行ってみると

お客さんでいっぱいの
店内の中央に

なんと おでんの大鍋が

グツグツと
煮えているじゃないか>

<すると…>

<なんと おでんとちゃんぽんが
揃い踏み>

<長崎ダンディー ちゃんぽんを
豪快にすすり

平然とイカ天をパクリ>

<からの 濃厚豚骨スープで
流し込んだ>

<…は とても奥が深かった!>

甘いの?
はい。みたいですね。

長崎おでん そんなに やっぱり
みなさん お好きですか?

(金子)
あの まあ見た目で言うと…。

ブラウンか~!

びっくりしたのは…。

(金子)そうなんです。

もう ほんとに…。

わかんないんだ。
わかんないぐらい はい。

ちなみに金子君の お気に入りの
練り物ってあるんですか?

(金子)もう間違いないです。
さっき言ってたもんな。

おいしいですね~。
あの 竜眼

あの 玉子入ってるやつ。
あれは どんな感じなんですか?

ほんとに…。

へ~。

ちょっと私 驚いた。伊達巻ね!

(笑い)

ちゃんぽん屋さん 先ほどの
思案橋ラーメン。

福山雅治さんがよく行かれる。

(笑い)

(ゴリ)
ああいう種類のかまぼこ…。

そうなんだ~。

(川田)
多い 多い 沖縄も多いです。

ただ やっぱ…。

そうね そう。

あんまり入れないですかね。

なんか ちょっと…。

(笑い)
それ以外は入れないですね。

やっぱり…。

やっぱり…。

あ~いいねぇ。
それから…。

あ~いいですねぇ。

やっぱり…。

(山本)もう あの~。

そうですか。

いや あのね ちょっと…。

正直…。

何でですか?
(笑い)

<ということで
長崎県民熱愛のおでん

今回は 竜眼とイカ天を
いただきます>

このまま かじるの?
(金子)
はい。そのまま かじって下さい。

≪うわ 大きい!≫
≪すごいデカイ≫

あ…。

うまい?
(柴田)おいしい?

甘い!?
甘いですかねぇ?僕…。

甘いけどね…。
これが普通なんで
わかんないんですけど。

甘いけど何?

うまい!はぁ~。

ちょっと。
ただ甘くない これは。

ただ甘いんじゃない。
うまい!

だし ちょっと
だしを飲んでみて下さい。

だしも これ甘い。
だしは はい…。

金子君は甘いとは思わないの?

やっぱり。
若干 でも…。

(一同)エーッ!

ちょっとイカ天も
いっちゃって下さい みのさん。

私 イカ天って平べったいのしか
知らないから

こんな丸いの 初めて見た。
≪まん丸してる≫
≪ドーナツみたい≫

≪ドーナツっぽい≫

これは甘くない?
(勝俣)だから違うんだ。
そういう事じゃなしにね。

違うんだ。
違うんです。
やっぱり全然 違うんですよ。

練り物によって違う 味が。
だから飽きないんだ。

金子君 懐かしい?

おいしいですね。やっぱり…。

僕は。
へぇ~。
うまい!

うまい?

それぐらい おいしいんだ 深くて。

うまい。
いや ちょっと興味あるわ!

じゃあ皆さん いただきま~す。
(一同)いただきま~す。

ちょっと 竜眼からいっちゃおう。
いただきま~す。

≪竜眼から
いったほうがいいですよ≫
≪あちちち…≫

おいしい!
お~!

(松本)フワフワ!

甘い!甘いね。
甘い甘い。

甘いけど おいしい。

うまい!

(柴田)イカの味 おいしい。
(松本)あ~おいしい!
ほんと おいしい!

(渡辺)この食感。
(柴田)甘いけど うまい。

(北原)味 しっかり付いてますね。
(上島)俺 好きだな これ。

お~っ!

さあ 徹さん!

めっちゃうまいね。
あの…。

いやいや…。

全然うまい ゆで玉子。
なんか いやな
甘みじゃないんですよね。

ないんだよ。

やっぱり…。

人間って すごいよね。
ほんとに…。

この…。

(松本)で この…。

たぶん…。

分かるわ~!
(松本)おいしいです。

(笑い)

魚の このね もう…。

ホントに。
(川田)これ あの…。

いやもう
ホントおいしかった。僕も…。

完食した。
もうホントにね…。

なんすか?どうなんですか?
この…。

はいはい。
うん くるりんぱ。
で これはもう…。

これね あんまりね…。
早い 早いの。

<ラストは
沖縄県民の熱愛おでん>

<ロケ当日
2月上旬だというのに

なんと気温は 24℃>

<そんな沖縄県で

ウチナンチュを
ホットにさせるのが そう!>

<って コレが…>

<具材には まるで

ポトフを連想させる
ウインナーに

クッタクタの謎野菜>

<さらに な…何!?

何やら骨付きの
肉の塊が出現>

<しかも だしは茶色く濁り
何だか味も…>

<いちいち…>

<早速 沖縄県へ行き 県民の…>

(スタッフ)好きです?
はい。

<さらに…>

(スタッフ)必要ないですか?これ。

<早速 那覇市内の
栄町エリアに行ってみると…>

<おっと!オープン前から
早くも大行列!>

<こちら 店名になぜか
「東大」を名乗る

沖縄おでんの老舗>

<さすがはケンミンスター

ゴリさんも
バッチリ来店していた>

<気になる おでんはというと

おや?鍋に仕切りがないぞ>

<しかも 具材のレイアウトも
かなりフリースタイル>

<すると…>

わぁ うまそうだな これ。

<噂の沖縄おでんが
豪快な盛り付けで登場>

<巨大テビチに手羽先 そして

謎の野菜がトッピングされた
大胆なルックス>

<すると 待ってましたとばかりに
ウチナー兄さん

プルップルのテビチに
かぶりつくと

泡盛のジョッキで
勢いよく流し込んだ>

<こちらのお姉さんは
幸せそうに

コラーゲンをチャージ>

<皆さん 無我夢中で
おでんのテビチに

食らいついている>
うまい うまい…。

(スタッフ)超当たり前?

(スタッフ)そうなんですか?

(スタッフ)罪悪感ない。

(スタッフ)中身は?

<え~っ?>

<メニューにも ざっくり

「葉野菜」とだけ表記>

<その正体は 主に…>

<…がスタンダードだという>

<…と出てきたのは なんだ?

またまた見慣れぬ
謎の串刺しの肉?>

(スタッフ)砂肝?

(スタッフ)セセリ。

(スタッフ)あ 鶏の首肉。
はい。

<なんと 焼き鳥で おなじみの
ハツや砂肝などが

沖縄では
おでんの具に様変わりしていた>

<すると 焼き鳥よろしく
砂肝のおでんに

からしをつけ 軽快にパクリ>

<こちらのお父さんも
セセリのおでんを

平然と頬張っている>

(スタッフ)肉がメイン!?

<沖縄県民にとって…>

<沖縄おでんに欠かせない
テビチ以外にも…>

<肉々しいラインナップが
豊富に揃っているのだ>

<続いて 夕暮れ時
那覇市内の

おでん専門「おふくろ」さんへ
行ってみると

こちらも もれなく
絶賛行列中!>

<店内は カウンター テーブル
共に超満席!>

<気になる おでん鍋を
のぞいてみると…

ぎゅうぎゅうに敷き詰められた
大量の具材の中に

え?串に刺さったネギ?>

<さらに にんじんが丸ごと1本
浮かんでいる>

<すると ダシをたっぷり吸った
フニャフニャのにんじんを

平然と頬張るウチナーレディー>

<そして 勢いそのまま
ビールで流し込んだ!>

(スタッフ)普通に めっちゃおいしい?

<ここで…>

<ベースとなるのは
一般的なおでんと同じ…>

<それを 前日に残った
おでんダシの中へ

継ぎ足していく…>

<今度は別の鍋に
大量の豚骨を投入し

3時間ほど煮込んでいく。

そして 完成した
濃厚豚骨スープを なんと!

先程の鰹ダシと
ミックスしたではないか!>

<また 味付けは
関東のおでんと違い…>

<見た目ほど濃くはなく あっさり
とした味わいになるのだ>

<さらに 店内を見渡すと
相変わらず県民達が

おでん 絶賛堪能中>

はい どうぞ~。

はい どうぞ~。

<なに?そば!?>

<うっすら茶色く染まった麺が

まさかの具なしで登場>

(スタッフ)沖縄そば?

(スタッフ)シメのポジション。
はい。

<「そば」と注文すると

おでんダシで麺を茹で
ちょっとだけダシを注いだ

即席 具なしの沖縄そばが
提供されるのだ>

<県民達は シメの
具なし沖縄そばを

平然とズルズルと すすっている>

<…は とても奥が深かった>

沖縄おでん もう独特だね!

(一同)へぇ~!

(笑い)
(川田)普通に…。

(勝俣)多いね~。
コンビニにもあります。

(川田)入ってます。

(ゴリ)それも…。

そして あの串肉って言うの?

あれも すごいね!

なるほど。

とにかく…。

(笑い)

そして ビックリした。
シメのそばは定番なんすか?

(川田)定番です。

なるほどね~。

なるほど。
あの~ 僕…。

そうだね 吉本 結構行く…。
吉本で行くんですけど。

「ちょっと行きましょう」
って言って…。

へぇ~!

みたいの言ったら…。

食べさせてもらったんすけど…。

(笑い)
草!

葉野菜。

へぇ~!

いやいや…言い方 言い方!

(笑い)

俺も いい年になってきたから
そういう表現だけは

やめようと思ってたんだけど
でも 言わしてほしいんだけど…。

(笑い)
(勝俣)浸かりたいんですね。

(渡辺)浸りたい!
≪ダシ出そう≫

ほんとに…。

やっぱり…。

まず…。

ああ~入ってるから。
僕ですね…。

そうか そうか。

行った事なかった?

それぐらい読めるよ。
それが看板です。

そうだ!肥後さん そうですね。
そうなんですよ。

ああ~。

(笑い)

<という事で 沖縄県民
熱愛のおでん

今回は
テビチと葉野菜を頂きます>

(一同)いただきま~す!

≪楽しみ!≫
いや~これ おいしそうだ。

(松本)う~わ うわ うわ…
プルンプルンだ これ。

う~ん!

≪うまっ!何これ!?≫

≪やわらかっ!≫
コラーゲンの塊だ!

ほんと。

≪レタス うまいっすね≫

≪そうですね≫
う~ん おいしい!

≪うまい!何だこれ≫
≪とろけるね≫

≪レタスうまい≫

(北原)おいしいですね。
(古坂)ダシがおいしいね。

これ 塩だけで十分。
(柴田)このダシ おいし~!

うまいね。

(川田)うまい。

はい はい。
(西川)うまかった~。

VTRで…。

あ~言ってた。

(枡田)プルルン チュルンで…。

わかる~。

(枡田)おいしい。
今日はさ ほんとに…。

(笑い)

ここも…。

はい。ねえ 女子3人。
ごめんなさい。

すいません ごめんなさい…。

(笑い)

女子ですよね。
さあ 上島竜兵さん どうですか?

ホントもう…。

なるほど。

(笑い)
いや~もう あの…。

なった?

(笑い)


関連記事