世界一受けたい授業 芸能人がパニック障害を次々告白! 世界一予約が取れないレストラン コナン君と解明!ざんねんな人体のナゾ


人気No.1デリケートゾーンの黒ずみケア専用 薬用イビサクリーム臭気判定監修の足の消臭パウダーデリケートゾーンの臭いなんて気にしない!専用ソープ

出典:『世界一受けたい授業 芸能人がパニック障害を次々告白! 世界一予約が取れないレストラン』の番組情報(EPGから引用)


世界一受けたい授業[字]


芸能人がパニック障害を次々告白!発作が起きやすい場所とは?▼世界一予約が取れないレストランの味を家庭で再現!簡単レシピ!▼コナン君と解明!ざんねんな人体のナゾ


詳細情報

出演者

【校長先生】堺正章

【教頭先生】上田晋也(くりぃむしちゅー)

【学級委員長】有田哲平(くりぃむしちゅー)

ほか生徒役ゲスト

IKKO、片寄涼太、劇団ひとり、釈由美子、西尾由佳理、福岡堅樹

番組内容

20~30代に多いパニック障害!その症状とは?原因は心の弱さではなく○○の誤作動!あなたも一緒にパニック障害予備軍チェック▼超一流レストランの味を家庭で再現!普段は捨ててしまう食材が美味しいステーキに大変身!しょっぱい和の食材を使った甘いデザートとは▼人間は残念な機能がいっぱい!ほ乳類で人間だけが食べ物を○○してしまう!見た目はたくましいのにとても弱い残念な部分は?筋肉を100%使うと一体どうなる

監督・演出

【企画】福士睦

【総合演出】髙橋利之

【プロデューサー】廣瀬由紀子

【チーフプロデューサー】横田崇




『世界一受けたい授業 芸能人がパニック障害を次々告白! 世界一予約が取れないレストラン』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

世界一受けたい授業 芸能人がパニック障害を次々告白!
  1. コナン
  2. 先生
  3. パニック障害
  4. 人間
  5. お願い
  6. 正解
  7. 福岡君
  8. 有田君
  9. 西尾
  10. 大場
  11. 問題
  12. 釈君
  13. 場合
  14. 拍手
  15. 片寄
  16. 片寄君
  17. 有田
  18. 料理
  19. 一緒
  20. 一体


『世界一受けたい授業 芸能人がパニック障害を次々告白! 世界一予約が取れないレストラン』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<お見逃しなく>

<最近 よく耳にする
パニック障害>

<障害を克服した芸能人が
その苦闘の日々を告白>

<最も…>

まいりましょうか。

<2018年に売れた本の
ベスト3>

<3位に食い込んだのは…>

<全然…>

<そんな動物たちに
負けず劣らず

ちょっと…>

<それは…>

(上田) 何で 俺たちの写真だよ。

<例えば…>

<実は 現代の人には 何の…>

<…の場合

寒い時には…>

<しかし 人間は…>

<この現象に意味がないのです>

<そんな…>

<教えてくれるのは…>

<そして>

(コナン)
鼻には2つの穴がありますが

実は 片方は…。

(コナン)
左右交互に休憩しているんだ。

残念!

(拍手)

(コナン) こんばんは~。
(有田) こんばんは。

どうぞ
よろしくお願いをいたします。

よろしくお願いします。
(コナン) よろしくお願いいたします。

先生…。

(坂井) 鏡を鼻の下に当てて…。

曇りの大きいほうが
働いている鼻で

小さいほうが
休んでいる鼻になります。

ということで…。

有田君 例えば…。

≪えっ?≫

みたいに…。

(片寄) ハハハ。
それが…。

はい 皆さん
ここで問題でございます。

ゴリラやゾウなど 数多くいる…。

さぁ 一体
何をしてしまうんでしょうか?

はい 劇団ひとり君。

いや それはね そういう店とか
ないから ゾウとかゴリラに。

いや そら そうです。

人間だけが食べ物を…。

捨ててしまう うん。

片寄君。
(片寄) たぶん…。

なるほどね はいはい はいはい。

(コナン) は~い。
君…。

(コナン) 大丈夫です 行きますよ。

(コナン) うっ うっ…。

(コナン) はい。

≪えっ?≫

はい 福岡君。

我慢。
食べ物を我慢する。

有田君。
何か でも…。

とか…。

鼻に肉 入ってたこと
先生 正解 お願いします。

これは…。

<鼻から入った空気は 肺に

口から入った食べ物は

胃に 直接 送られます>

しかし 人間は 気道と食道が
途中まで 一緒になっていて

この ふたのような部分が
道をふさぐことによって

食べ物は食道へ 空気は気道へと
振り分けています。

この切り替えが
うまく行かなかった時…。

最悪の場合…。

危険もあるのです。

(コナン) でも…。

(コナン) と引き換えに…。

(コナン) それは…。

こんにちは。

<人間は 肺から出る息で
声帯を震わせて音を作り…>

<…ことができます>

<これが…>

(鳴き声)

<食道と気道が
別々になっているため…>

<そのため

人間のように…>

(コナン) ここで IKKO君に問題。

(コナン) お答えください。

(IKKO)
全て100%の筋肉を使うと…。

<人間の体は…>

<…ように 常に 脳が
セーブしているのです>

(コナン) 傷ついて ボロボロに
なるからなんだって。

しかし ピンチの時は…。

これが…。

…と呼ばれる状態です。

時間がたって
興奮が冷めると

筋肉が ボロボロになって

激しい痛みに襲われてしまいます。

(コナン) それでも…。

(コナン)
…をしている人たちがいるんだ。

それは…。

(コナン) 例えば
ラグビー日本代表の福岡君は

ボールを持ってから
あっという間にトップスピードに。

その速さは 驚異的。

(実況) 福岡堅樹
勝ち越しのトライ。

(解説)
素晴らしいスピードですね。

(コナン) アスリートたちは厳しい…。

(コナン) 一般の人は 70%の力しか
出せていないけど

一流選手は 90%以上の力を
出すといわれているよ。

この100%の力を出すための
福岡君のトレーニング。

(福岡) これ 後ろにいる選手
125kgぐらいある

重たい選手なんですけど

この人に ゴムチューブを
持ってもらって

それを
 引っ張って 走って

パワーを 少しでも前につける
っていうトレーニングです。

(片寄) うわ すげぇ。

そんな…。

ねぇ じゃあ 福岡君
見せてもらえますか。

腕で じゃあ。

おぉ~ すごいな~。
(拍手)

とても…。

ということで 問題でございます。

人間の体の中で 一見…。

さぁ それは どこでしょうか?

(劇団ひとり) こう見えて…。

(ひとり) えっ?
人間の体の仕組み。

あ~ 人間。
福岡君 ピンポイントじゃ ない。

はい 釈君。

肘ね。
なるほど。

…ってなるじゃないですか
どんな強い人でも。

だから…。

なるほどね 指の関節。

仕組みって
おっしゃってたんで…。

(有田) 全体的な?

何か もう。

ずるいじゃん 全部って。

<上半身の あの部分>


<人間の体の中で 見た目は…>

はい それでは 先生
正解を お願いします。

詳しくは こちらをご覧ください。

(コナン) 頑丈に見える
大きな肩甲骨だけど

つながっているのは…。

(コナン) 細い鎖骨の
この一点だけ。

あとは
筋肉に支えられているだけの

とても…。

<骨の構造が頼りない分

人間だけに起こる
残念な現象が…>

<…の人の場合 腕の重さは

両腕で
およそ7kgもあるんです>

福岡君のように…。

…している人が
肩こりになることは少ないです。

しかし 一般の人は
筋肉が少ないため…。

…することもあるんです。

さぁ 質問を受け付けましょうかね
西尾君 何か ございますか。

男性の胸っていうか…。

なるほど なるほど。

そもそも われわれ…。

なので…。

…ということなんです。

何で?
いや ほら…。

それは。
(ひとり) あぁ そうなんですね。

それでは
ここで 問題でございます。

人間は 二足歩行が
できる代わりに…。

…が 起こりやすく
なったんだそうです。

さぁ それは
一体 何でしょうか?

う~ん なるほど。

…なのかなって。
なるほどね。

はい 釈君。

スキップ? スキップ あれ…。

スキップっていうのは
あぁ そう。

じゃあ ちょっと
ヒントもらいますか コナン君。

(コナン) はい。
お願いします。

(コナン)
ふっ ふっ ふっ ふっ ふっ ふぅ。

何でしょうね。

ねぇ 有田君。
人間は こう…。

そんな習性はないです。

脚のむくみとか。

それでは 先生
正解を お願いします。

(コナン) むくみが起こる理由は血流。

…ため 筋肉の働きで
重力に逆らって

血液を押し上げています。

しかし…。

ふくらはぎを動かさないために…。

<すると 心臓に戻れなかった
血液中の水分が流れ出し

脚にたまることが
むくみの原因>

(コナン) 脚がむくむのも
これが 原因なんだよ。

そうなんです 福岡君。

しかし…。

それが…。

…からなんです。

ということで…。

…という授業でしたけど
有田君 いかがでした?

さっきも言いました…。

僕が主演を務める映画…。

伝説の王子になるべく

14人の個性豊かな王子たちが
バトルを繰り広げます。

何だ 君は…。

申し訳ございません。

別に 普通に楽しみに
してください。

<昨年 人気アイドルが
発症を告白し 話題となった

パニック障害>

<過去には…>

<そして 本日の生徒…>

<…も パニック障害だったことを
告白しているのですが

どんな病気か ご存じですか?>

<パニック障害は
突然 前触れもなく…>

<…などのパニック発作が

頻繁に起きてしまう病気のこと>

<ここで 西尾由佳理君に…>

<パニック障害は
体の ある機能の誤作動が

原因なんです>

<お答えください>

頭で 不安になってしまうので…。

<…が関係しているのです>

<なので
動悸がするからといって

心臓などの病気を疑い
受診しても…>

<体に 異常が見つからないため

病気に気付くまでに
時間がかかることが多いのです>

<…なんて思っていませんか?>

<実は…>

<決して…>

<さらに…>

<…したという報告も>

<解説してくれるのは…>

<もしかしたら それは…>

はい 先生 登場。
(拍手)

(拍手)

先生
よろしくお願いをいたします。

(岩波) やはり…。

(釈) 自分が どうにか
なっちゃうんだろうと思って

すごく びっくりして…。

(IKKO) 私…。

ちょっと…。

あぁ そうですか えぇ まぁ
皆さんにもね 今日 いろいろと…。

じゃあ まずね ここで
問題をお出ししたいと思います。

ある場所に行くと パニック発作が
起こりやすいということが

分かったんだそうです。

片寄君。

なるほどね うんうんうん。

なるほど。

人が いっぱいいる所のほうが
なりそうで ちょっと

暗い場所とかも
あれかなと思ったんで…。

あっ 映画館ね なるほど。

はい 釈君。

なるほど… やっぱり 釈君も

その当時は あんま 電車とかには
乗りたくなかったですか。

はい 有田君。

何で? 何でですか?

そういう意味じゃないですよ。

それでは 先生
正解をお願いします。

詳しくは
こちらをご覧ください。

<何の前触れもなく…>

<などの発作が起きてしまう…>

<特に…>

<…という不安で 発作を
引き起こしてしまうのです>

同様に…。

…にいなければならない状況も

発作の引き金になることが
多いんですね。

<デビュー間もなく
パニック障害を発症した…>


<…に立った後
発作が よく起きました>

人が多く…。

<パニック障害は 周りに
理解されにくいのも特徴>

よく言われたのが…。

ものすごく言われましたね。

<18年前の…>

(安西) っていう…。

なぜなら…。

パニック障害は
決して 心の弱さなどの

精神的なことが原因ではなく
脳の誤作動が原因なんですね。

周りにいる家族とか
職場の人たちの

「我慢が足らない」とか
そういった態度が

余計に
本人を追い詰めてしまいます。

<ここで 片寄君に…>

これは 人と会うので

営業マンかなと思います。

<営業マンは 仕事上
外出しなければなりません>

<無理をしてでも…>

<克服できる場合があるのです>

<一方 あまり外出しないで済む
小説家は…>

<パニック障害の症状が進み…>

西尾君 今のVTR ご覧になって
いかがだったでしょう?

なるほど。
(釈) 19歳の時に…。

ちょっと 何か
やっぱり…。

(釈) そこから 何か
自覚はありますね。

なるほど… IKKO君…。

最初は…。

(IKKO) 全て…。

感じてたので…。

福岡君
いかがだったでしょうか?

今 こう…。

そういう意味では ホントに
その勇気ある行動は

さすがだなと思います。
そうですね。

先生 年齢的には…。

ある研究では…。

また…。

報告されております。

今回 先生に…。

シートを
作っていただきましたので

当てはまるものにね丸を付けていただこうと思います


<いくつ当てはまれば
パニック障害予備軍なのか>

<テレビの前の皆さんも 一緒に
チェックしてみてください>


<あなたは
いくつ当てはまりましたか?>

劇団ひとり君 飲酒 喫煙と
あとは プレッシャーは

どういう時に感じますか?
(ひとり) 大切な仕事とか。

この番組も。

片寄君が
 あっ
一日 6杯以上 コーヒー飲むの?

(片寄) 日によりますけども…。

もうちょっと…。

有田君 3つ 後半 3つが。

(有田) 仕事も ちょっと
し過ぎかなと思ったんですけど

この番組じゃないですけども…。

やれ! お前も。

常に 入れとけ。

釈君は 2つ。
(釈) はい 当時 発症…。

やっぱ そうでしたか。
先生…。

…と
いえるんでございましょうか?

そうですね。

…といえると思いますね。

<パニック障害の 最も大きな
要因といわれているのが…>

<プレッシャーを受け
ストレス状態に長く置かれると

脳内の神経伝達物質のバランスが
悪くなり

パニック障害に
陥りやすくなることが

分かっています>

<…の場合>

(安西) 当時は…。

っていう気持ちから…。

<…の場合>

<大場久美子さんの
初めての発作は

20年前 39歳の時>

<…からでした>

(大場) ちょうど…。

(大場) 何か…。

<プレッシャーをはじめとする
ストレスに加え…>

<…などの過剰摂取が重なると

パニック発作を
誘発しやすくなることが

報告されています>

先生。

ここでは…。

ご覧いただければと思います。
はい。

<パニック障害に
悩まされていた…>

<当時
芸人を辞める気でいました>

<すると 弟 礼二さんは>

<以来 礼二さんは
剛さんに付き添い…>

おう。

<電車を…>

<30分で行けるところを

4時間かけて 会場まで移動>

<…に立ち続けることで

パニック障害を徐々に克服>

<その後…>

それは…。

弟の礼二さんの協力で…。

この治療法は 曝露療法といって
とても有効な治療法です。

<安西さんも同様に…>

<症状が ひどく…>

<実家に こもっていた頃>

<助けてくれたのは…>

<安西さんは
そのおばさんと 毎日…>

<…をして過ごしました>

<すると…>

<苦しみ続け…>

(大場) そこの…。

そこから…。

ただの脳の誤作動で 体は
健康なんだと分かっただけで…。

さぁ それでは 皆さん ここで…。

大場さんは…。

さぁ はい 福岡君。

何か こう…。

なるほど。

あぁ なるほどね。

はい 有田君。
まぁ 思い切って…。

ず~っと 主治医の先生も
一緒には行動できませんし…。

すいません。

<大場さんが…>


先生 正解をお願いします。

こちらをご覧ください。

<大場さんが 外出の時

必ず 持参したのが

このようなメッセージカード>

このように 安心アイテムを
持つことによって

自信がつき
改善へ向かったのだと思います。

<こうして…>

<大場さんは 自身の体験を

パニック障害で苦しむ人に
生かしてもらいたいと

心理カウンセラーなどの
資格を取り

セミナーや
講演会を開いています>

その当時。

最初に… そしたら その…。

って言って それで…。

なるほど。

先生…。

あるんでございましょうか?
そうですね やはり…。

プレッシャーなどの…。

…ことが非常に重要です。

働き過ぎとか 寝不足とか
そういった生活習慣を

改めることも重要になって来ます。

決して…。

<デンマークの
超一流レストラン noma>

<その 世界一の
味と精神を引き継いだ店が

昨年6月
日本にオープンしました>

<日本版nomaといわれる
INUAは

食通の間で 瞬く間に話題に>

<そのレストランで
ヘッドシェフを務めるのが

本日の講師…>

<といわれる…>

<突然ですが 片寄君に問題です>

はい。

<こちらは…>

<この料理…>

<一体 何を使うのでしょうか
お答えください>

えっと…。

<まず えのきの根っこの周りに
タコ糸を使って

ハーブをしっかりと
巻き付けます>

<ハーブ付きの根っこを…>

<一体…>

<完成品は…>

<さらに…>

(拍手)

(トーマス) こんばんは。
はい。

(笑い)

ほんのちょっと?

今日は 有田君
世界一の料理ですってよ。

楽しみですね。

何せ うちには ほら…。

料理といえば。
あっ なるほど。

一緒に。
キャンプ?

いやいや いやいや。
へぇ~。

(有田) これなんですけど
すっごい もう うまく ねぇ。

そうそう そうそう まぁね…。

(笑い)

先ほどのVTRで
ご紹介をいたしました…。

…を ご紹介いただきたいと
思います。

先生 お願いします。

下ごしらえした えのきを

油を引いたフライパンで
ゆっくり焼きます。

…のがポイントです。

先生…。

(笑い)

(一同) おぉ~!

少し…。

かなり…。

これくらい焼き色が付いたら
ここで…。

そして 糸を切って
ハーブを散らし 一緒に焼きます。

えのきに…。

(釈) いい香り。

ここに…。

…をかけて行きます。

何か…。

そちらにもね 伝わってますね。

えのきに…。

焼き終えたら

軽く湯通ししたキャベツの上に
えのきをのせ…。

…をのせます。

あぁ~。

最後にキャベツの葉で包んで

2つに切れば

えのきステーキの完成です。

(拍手)
おっ これで完成。

さぁ 皆さん
お召し上がりになってください。

ハンバーガー感覚で
手で お持ちになって

召し上がってみてください。
手でいいんですか?

ええ みたいですよ。

何だ この…。

なるほど。
(片寄) ヘルシーな。

でね 今回ね…。

…を 先生が
考えてくださいました。

はい。

今回 宿題としましてね

西尾君が先生の所で
修業をして来たと。

…ものを 教えていただいたので。
はい。

<…なレストラン>

…と思います 内藤哲也です。

<西尾君がやって来たのは
東京・飯田橋にある

nomaと
提携するレストラン…>

(西尾) あっ トーマスさん。

(西尾) こんにちは。

(西尾) お邪魔します あっ…。

<こちらは 食後 ゆっくり…>

<そして>

(西尾) …もあって
っていう雰囲気なんですね。

<この メインダイニングから

厨房は 丸見え>

<…をお客さんにも
感じてほしいからなんです>

<ここで トーマス先生が 料理を
ごちそうしてくれることに>

<こちらは 実際に
お店で出している料理>

<松の新芽や
かやの実で作ったソースを

つけて いただきます>

つけてみました。

<先生が間近で見つめる中>

…がします。

<他にも…>

<…に

ご飯を混ぜて食べる料理も>

(西尾) でも どれも ちょっと…。

なかなか あの…。

<トーマス先生に
教えてもらう…>

(西尾) カニ。

<そのために…>

<1つ目は バターと みそを
混ぜ合わせた…>

<2つ目のソースに使うのは
こちら>

<2個と…>

<2個をよ~く混ぜ合わせ

滑らかになったら…>

<…の完成>

<次は カニをゆでるのですが
ポイントが>

<それは 沸騰したお湯に
カニを入れたら…>

<…にする>

<…な仕上がりになるのです>

<ゆで上がったら…>

<…は カニの身の周りに>

<最後に 乾燥させて砕いた…>

<…の出来上がり>

じゃあ こちらもね
お召し上がりになってください。

(釈) うん。

ソースが。

まぁ…。

そら。

(西尾) このハイビスカスも
先生に伺ったら…。

…って おっしゃってたので。

<続いて教えてもらうのは>

海老芋っていうんだ。

<まずは…>

<そのポイントが>

<厚めにむくことで
皮の近くの…>

<…な仕上がりになるのです>

大丈夫ですか?

ここで…。

さぁ 里芋と 一体 何を合わせた
お料理なんでしょうか。

さぁ 考えてみましょう まぁ…。

やっぱり…。

…といえるかもしれません。

はい。
はい IKKO君。

なるほど。
うん。

いや まぁ それは
そうなのかもしれませんけど…。

答えていただけると。
あぁ~ なるほど。

はい 釈君。

あっ お餅 はいはいはい
なるほど。

有田君。
まぁ こたつで食べるか。

あの 里芋の
さっき削った…。

ウソでしょ?

先生 正解 お願いします。
はい。

由美子さん 正解
アイスクリームです。

あっ やった!
アイスクリーム 正解。

やった~ うれしい。

<鍋に…>

<を入れ…>

<そこへ…>

<…を入れたら

最後に オリーブオイルや
ごま油など…>

<…を入れます>

<鍋にふたをし
230度のオーブンで

およそ1時間 加熱します>

(西尾) でも 何か すごく…。

<最後に お好みの
アイスクリームを添えたら完成です>

…のように見えますが じゃあ
ご用意していただきました。

先生 お願いします。
はい。

こちらが 1時間 オーブンで
調理した里芋です。

そこに バニラなど

自分の好きなアイスクリームを
添えれば完成です。

はい ありがとうございます。

皆さんに 召し上がって
いただきましょう。

…を添えました。

…に入ってるな。

…もんっていう。
ねぇ。

(福岡) 終わったら…。

なるほど え~。

…と思いますんでね。
いやいやいや。

ぜひ 頑張ってくださいませ。
はい。

さぁ では…。

先生 何でございましょうか。

続いては…。

はい それでは 皆さん
ここで 問題でございます。

…ですかね 西尾君ね。
(西尾) そうですね。

はい 劇団ひとり君。

おぉ~ なるほど。

お豆腐。
豆腐 うん はいはい。

≪海のもの?≫
「海のものデス」。

はい 片寄君。

なるほど わかめね。
うんうん…。

(福岡) はい。
福岡君。

するめ。
(笑い)

海ぶどうね。
うん。

はい 有田君。

(不正解のブザー)
いや…。

(有田) あっ そうですね。
そうですね 食材じゃないんで。

<正解は…>


<砂糖を振り掛けて焼く…>

先生 正解をお願いします。

(有田) 昆布を?

疑ってるでしょ。

<昆布は
真ん中の部分を使うので…>

<カットした部分は
ダシとして使ってください>

<その昆布を
160度のオーブンで

30分ほど加熱>

<すると 昆布は>

<水分が飛んで…>

<焼き上がった昆布の表面に…>

<そこへ…>

<表面が
真っ白になるくらいが目安>

<今度は 200度のオーブンで
様子を見ながら およそ3分加熱>

<…になるのか
想像できませんが>

はい… アハハ。

まぁ でも…。

なかなか。

<このように 表面の…>

<最後に お好みで…>

<…の出来上がりです>

…ですもんね。
確かにね。

(ひとり) これ おいしいのかな。

どうだ 劇団ひとり君。

あっ そう。

ホントに…。

(片寄) 軟らかいです。

先生 これ…。

えっ?
あぁ~ そうですか。


<…を改善>

<くっきー君が…>

<…を体験>

<右腕が こんなに上がるように>


関連記事