偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」 柿食えば…の句で知られる俳人 子規流「痛みの対処法」も紹介…


出典:『偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」[字]


柿食えば…の句で知られる俳人・正岡子規。結核と戦いながら多くの作品を生んだ子規の原動力は「食べること」と「悪口」にあった!?子規流「痛みの対処法」も紹介する。


詳細情報

番組内容

明治の文学者・正岡子規。結核と戦った35年の生涯を残された貴重な日記などから読み解く。連日、激しい痛みに苦しんだ子規は、キレイな金魚を見たり新聞を読んだりして気を紛らわせ、痛みを軽減させていたという。一見「気のせい」にも思える対処法だが、実は医学的に理にかなっていることがわかってきた。さらに、子規は病気にも関わらず「健康」だった可能性が浮上!?今、「健康」の定義が世界的に見直されつつある。

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,杉田かおる,坪内稔典,井上真輔,植田美津恵,【司会】渡邊あゆみ




『偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」
  1. 子規
  2. 正岡子規
  3. 自分
  4. 果物
  5. 俳句
  6. 関根
  7. 日記
  8. 健康
  9. 病気
  10. 緩和
  11. 仲間
  12. 悪口
  13. 脊椎カリエス
  14. 当時
  15. 一緒
  16. 果糖
  17. 気持
  18. 恐怖
  19. 結果
  20. 結核


『偉人たちの健康診断「正岡子規 痛い痛いの飛んでいけ」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

(鐘の音)

今日は この有名な俳句を作った人が
主人公。

生涯に残した句は
およそ 2万4, 000。

見たままを分かりやすく
表現した俳句で

文学界に
新風を巻き起こしました。

(せきこみ)

しかし その創作の裏側には
病との壮絶な闘いの日々がありました。

絶叫。 号泣。
子規を襲った激しい痛み。

そこで 子規が編み出した
痛み解消法が…。

「ガラス玉に金魚を十ばかり入れ」。

更に こんな方法も…。

その効果は 最新医学でも実証済み?

最後の1年を記録した 貴重な日記。

そこには 子規流健康の秘訣が。

「律は理屈づめの女なり」。

書かれていたのは 悪口!

健康な悪口だと
僕は思ってるんですけど。

今日は 病と闘いながら名作を生み出した
正岡子規を健康診断します。

♬~

健康のヒントは 歴史にあり。

皆様 こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

ご一緒して頂くのは こちらの方々。

どうぞ よろしくお願いいたします。
(3人)よろしくお願いします。

杉田かおるさん 初めてご参加頂きます。
もう子役から 今日に至るまで

この芸能界で生き抜いてくるには
やはり健康第一だと思いますが。

そうですね。 ちょっと健康オタク的な
ところ あるんですけども。

しかも何ですか 日本?

日本健康マスター名誉リーダーになった。
すごいですね。

私も 母が20年 COPDという病気で
慢性病で

介護と看病が長かったもんですから

自分も これから
健康寿命を延ばすためにもと思って

お勉強させてもらってるという感じです。
よろしくお願いいたします。

専門家としては 俳人で正岡子規の
研究家である 坪内稔典さん。

そして医学面では 医学ジャーナリストの
植田美津恵さんに加わって頂きます。

どうぞ よろしくお願いします。

さて皆様 その正岡子規といえば
ちょっとこちらを。

この句を。
(関根)有名ですよね。

ちっちゃい時に
柿食べる度に
思い出してました。

正岡子規は 鐘は聞いたんだなって。
鐘の音をね。 竹山さん。

そうですね
全然 心得がないから

小さい頃から
それは 何度も見ましたけども

全く意味が分からないまま
大人になってますね。

覚えたっていうことが もうすごいです。

子規の俳句
約2万5, 000 作ってるんですよ。

そのうちで みんなが知ってるって
これ 一つですよ。

もうちょっと あるかもしれませんけど。
代表的なのはね これですよね。

本当に 法隆寺の鐘の音は
聞いたんですかね?

それもね 実際に聞いたのは
どうも 東大寺なんですよ。

だけど東大寺だと 何となく大仏様の
イメージが邪魔して 広がらないので場所が。

それで法隆寺に変えたのが 多分
傑作にした大きな理由かなと思いますよ。

今で言うと
コピーライターみたいな仕事ですか?
そうです。

先生から見ると 子規っていう人は
どういうふうに 今?

今 俳句ブームですよね。

普通の人たちが 俳句を楽しむ文化を
子規が広めたと考えたらいいと思います。

さあ そんな正岡子規の健康診断
早速 始めてまいりましょう。

正岡子規は 明治時代が始まる1年前
四国・松山で生まれました。

幼い頃から 文学や新聞を読みあさる
学ぶことが好きな少年でした。

(汽笛)

15歳の時 上京。

当時 東京には 「末は博士か大臣か」と

立身出世を夢みる若者たちが

全国から集まってきました。

子規は 政治家になることを夢みて
現在の東京大学教養学部に入学。

そして 志を果たすため
さまざまな学問を貪欲に学びます。

このころの子規の成績が分かる
資料が発見されました。

当時の先生が残していた
論理学のテストの結果です。

子規の名前は どこにあるのでしょう?

こちら! 正岡常規。
子規の本名です。

その実力は 1学期74点 2学期82点。

合わせて30人中 5位でした。

別のクラスには 皆さんご存じの
あの人の名前も。 夏目金之助。

後の文豪 夏目漱石です。

こちらは…。

80点に 90点。
合わせて なんとクラス1位!

2人とも
勉強は得意だったようです。

真面目そうに見える子規ですが
勉強ばかりしていたわけではありません。

当時 流行し始めていた野球に熱中。

「ベースボールほど
愉快にみちたる戦争は
他になかるべし」。

俳句に興味を持ち始めたのも このころで
友人を集めては句会を開きました。

そして おなかがすけば…。

「二 三杯ずつのうどんを
ふきながら

フーッツルツル
フーッフーッツルツル
ザブザブと食い終わりて」。

更に そば屋へ はしごするという
大食いぶり。

仲間との学生生活を満喫しながら
将来への希望に満ちあふれていました。

ところが…。

21歳の時 子規の人生は一転します。

(せきこみ)

突然 大量の血を吐いたのです。

肺結核でした。

当時 結核は
有効な治療法がない 死に至る病。

エリートコースを歩み
明るい未来を抱いていた子規は

どん底に突き落とされます。

あと どれほど生きられるのか。

子規は 残された人生を
どう生きるべきか悩みます。

目の前にある 避けようのない現実。

そして 子規は決意します。

好きなことをやって 楽しんで生きよう。

子規は 大学を中退。
俳句に 本格的に取り組みます。

若い鮎が
春の川を元気よく上ってゆく姿。

病であっても 俳句は詠める!

子規は
俳句にのめり込んでいきました。

もう一つ
子規が入れ込んでいたものがあります。

それは 食べること。

子規の俳句には
実に さまざまな食べ物が登場します。

旬の物から 西洋料理まで

日々 食べた物への愛着を
俳句にしたためました。

いかに食いしん坊だったかを
うかがわせるエピソードを

友人・漱石が語っています。

子規が 病気療養のため
漱石の下宿に居候していた時のこと…。

当時も贅沢品だった うなぎを
勝手に注文して

毎日のように食べたというのです。
しかも その代金は…。

食べる物に お金は惜しまない。

おごりであっても 自腹であっても

食べることへの執着は
人並み外れていました。

ある意味では 必死で
食べてるんだと思いますわ。

それが とても大量に食べたり
偏ったりするから

なんか ユーモラスに見えるんですけど
我々から見たらね。

だんだん 病気がひどくなってきたら…

…っていうことがあって 大食いに
見えるようになったんちゃいます。

和食 洋食 デザートと
何でも食べていた子規ですが

中でも大好物だったのが 果物です。

とにかく 食べに食べます。

ちょっと食べ過ぎでは? とも思える
子規の果物好き。

実は これが
子規の健康に

良い効果を与えていたと
考えられるのです。

近年 果物に関する
とても興味深いデータが出ています。

2017年に発表された
イギリスの研究によれば…。

90万人以上の食生活を分析したところ

果物全般を 1日200グラム食べる人は
果物を全く食べない人と比べて

心疾患 脳卒中 循環器疾患といった
病気のリスクが

10%以上低いということが分かりました。

更に 果物の摂取が 免疫機能の改善に
つながることが明らかになるなど

さまざまな健康効果が報告されたのです。

果物の種類によっても 効果は異なります。

「みかん」は なんと
「骨」に良いという研究結果が!

閉経後の女性187人の骨密度の変化を
4年間 調査し

その人たちの みかんの摂取量も
調べました。

すると みかんを
毎日4個以上食べていた人たちは

みかんを
あまり食べない人たちに比べ

骨粗しょう症を発症するリスクが
90%以上低いという結果が出たのです。

みかんの黄色い色素
β-クリプトキサンチンに

骨の代謝を改善する働きがあるためだと
考えられています。

このように 果物は健康に良いとされ

国が推奨する指針では 1日200グラムを
目標摂取量にしています。

りんごなら1個 みかんなら2個
いちごなら12個程度に相当する量です。

ところが 実際
どれだけ果物を食べているのか

世界と比べてみると…。

オランダやイタリアでは 1人1日
400グラムほど食べていますが…。

日本はというと…。

僅か140グラムでした。

十分すぎるほどの量の果物を
日々 食べていた子規。

それが期せずして
病と闘う子規の免疫力を支える

助けになっていたと考えられます。

食べ方にも こだわりがありました。

子規は りんごを食べる時に
こんなことをしています。

りんごの皮や その近辺には

りんごポリフェノールと呼ばれる成分が
豊富に含まれています。

りんごポリフェノールには

免疫力を低下させる原因となる
活性酸素を除去する働きがあります。

そのため 免疫力を高める効果が
期待できるんです。

好きな物ばかり 食べたいだけ食べる。

子規の食生活を考えると それがかえって
よかったのではと 専門家は指摘します。

やっぱり免疫力に
関係があったりですとか

特に野菜が少ないので

その分 果物から そういったものが
とれていたというのは

よかったんじゃないかなと思います。

食いしん坊だった子規が 何よりも
楽しみにしていることがありました。

「闇汁をやることに決めた」。

どんなものなのか 記録が残っています。

仲間が思い思いに食材を持ち寄って

暗い部屋の中で 何か分からないまま
食べるという遊びです。

ん これは大丈夫じゃ。

あ 甘い! 何じゃ これ!
誰だ 大福なんぞ入れたのは!

子規は 結核が感染してはいけないと
気を遣っていましたが

仲間たちは気にすることなく
集まってきました。

気を遣いながら…

彼の人生の 一番すてきなところだった
かもしれないなと思いますけどね。

仲間と囲む鍋の味。

「食べること」は
子規の心の支えでもありました。

やがて…。

子規は 自分の俳句を世に問うため
仲間たちの力を借りて

雑誌「ほととぎす」を発行します。

身の回りの景色や感動を
ありのままに詠み

病床から 多くの俳句を
発表していきました。

くじけそうな心を支え
子規の背中を押してくれたもの

それは とりもなおさず

「食いしん坊」だったことなのかも
しれません。

まさに この前向きな
食べることで生き抜く力というか

そういうのが すごく。

それから 病に倒れてからが
すごい活動されてるんですよね。

それが すごいですね。

21歳で 当時 不治の病と言われた
結核を患う。

これは きつかったですよね。

だからこそ
残りの人生 何年か分からないから

正岡子規は集中して ぼ~っとしないでね。

普通の若者は ちょっと
ぼ~っとしてますから まだ21は。

子規っていう名前は ご存じですか?

どういう意味があるかっていうの。
いや。

あれ 子規のことなんですよね。

子規の時代の ほととぎすっていうのは
肺結核の象徴なんです。

「鳴いて血を吐くほととぎす」って
言いましてね

鳴く時 喉が赤く見えるので

明治の人たちは
ほととぎすといえば 肺結核だったんです。

喀血するからということで。
(関根)でも それを隠さず 自分で。

そうそう。
だから 一番嫌いなっていうか

嫌っているものを
自分の名前にしたんです。

それで 頑張って闘っていこうっていう
気持ちに奮い立たせて

まあ 俳句に
向かったりするんでしょうけれど。

やっぱり あの食欲の旺盛。

旺盛な食欲に驚きますよね
何と言っても。

でも あれだけ食欲があるってことは
やっぱり体が強いっていうことですよね。

持って生まれたね。
(坪内)そうでしょうね。

基本的には そうだと思いますね。

ただ みかん15個とか
そんな召し上がります? 果物 日頃。

食べないな。
食べないですね。

太るの気にして
結構 ちょっとどうしようかな

という時もありました 若い時。

なるほど 確かに よく果糖がって
言いますよね。

ただ 人工的な果糖と言いますか
食品添加物とか

あるいは 清涼飲料水とか
お菓子に入ってるような果糖というのは

注意しなくてはいけないですけれども
果物の果糖は むしろ積極的に食べて

もちろん 食べ過ぎは
よくありませんけれども

ダイエットのために
全然 食べないっていうのは

ちょっと どうかなと思いますよね。

ここで 果物を手軽に
効果的にとる方法をご紹介します。

ポイントは3つ。
タイミング 切り方 サプリメントです。

まずは タイミング。

どういうタイミングで どんなものを
とったらよいか 開けてみます。

こちらでございます。
(関根)朝バナナ。

朝 食べると 糖分を体の中に入れると
まず脳の活性化が起こるということと

それから自律神経を
安定させるっていうことと

やる気が出るっていうのが
あるんですよね。

ただ 果糖がちょっと多いので

水分と一緒に 300ccぐらいの水分と
一緒に食べると 代謝がよくなります。

夜食べると やっぱり太っちゃいますから
だから わざわざ朝って言ってる。

朝 バナナを食べる。
朝がいいんですね。 なるほど。

はい 次 切り方とあります。

皆さん 果物を どんなふうに切るか。

例えば まるまる1個のりんご
どういうふうに切ります?

こう切ってから 皮をむきますよね。

縦に四つ割りにして?
(関根)そうですね はい。

私 切るのが苦手なので。

シュー くるくる回るやつ?
自動のやつ?

自動のね 皮むき器でね。

理想的な切り方は こうでございます。

(杉田)これだと
私でも切れるかもしれない。
りんごの輪切り。

(関根)簡単ですね。
しかも 芯まで。

ギリギリまで食べられますよね。
なるほどね。

りんごって 身より皮の方に
栄養が たくさん含まれていて

ペクチンの食物繊維とか
それから カリウム

血圧の ちょっと高めの人なんかは
余分な水分を出してくれるので

すごく いいんですけれども

なかなか皮って かたいし
歯から血が出ても困るので

こうやって切ると
すごく食べやすいと思います。

では皆様
チャレンジして頂こうと思います。

(関根)じゃあ この芯のある所。
この 皮部分を大切に。

全然 皮が気にならない
このパーセンテージだと。
薄いから。

かたいって感じしない。
食べやすい。

むしろ 皮の味と身の味で こうダブルで
深みが りんご食べてるって感じ。

芯も そんなに芯だなって感じ
しないですよ。
気にならないですか。

(関根)結構 無駄なことしてたんですね
今まで。

切りますよね くし形にした時に。
だから もったいないなと思いながらも。

20%ぐらい カットしてますよね。

りんごも こんなふうに食べられる。
これ 発見ですね。

そして もう一つ サプリメント。
いきます。

(関根)干しぶどう?
(竹山)サプリメント?

干しぶどうは 鉄分 カルシウムなどの
ミネラルが バランスよく凝縮された

いわば 天然のサプリメント。

効率よく 栄養を補えます。

ただし 糖分も多いため
1日50粒程度が適量です。

ということを これから果物を食べる時の
参考にして頂けると。

これ やります。
りんごの輪切りですね これからは。

さあ 続きましてですね
結核に苦しんでいた正岡子規なんですが

その痛みに注目いたしましょう。

東京・根岸に 子規が暮らしていた家が
復元されています。

結核と分かってから4年後
松山にいた母と妹が上京し

子規を看病することになりました。

病は 確実に
子規の体をむしばんでいました。

そのことを物語る痕跡が残されています。

なぜか 天板の一部が切り取られています。

(斉藤)この切り込みを考えたのは
子規さんらしくて

近所の指物師のおじいさんに
頼んだみたいで

ここに…

結核菌が肺だけでなく 脊椎にも感染し

「脊椎カリエス」という病気を
引き起こしていたのです。

脊椎カリエスは 結核菌により
骨が炎症を起こし

次第に破壊されてゆく病気。

進行すると脊椎が変形し 足が曲がったり
背中が曲がったりします。

有名な子規の この写真。

背中が曲がっているのは
脊椎カリエスのためだと考えられています。

更に 脊椎が変形することで
その中を通る神経も圧迫されるため

激しい痛みを伴います。

子規は 耐え難い痛みに苦しんでいました。

しかし 子規も
泣いてばかりいたわけではありません。

痛みへの対処法を
自分なりに編み出します。

その方法を 自らの日常をつづった
新聞連載に載せています。

一体 どんな痛み対処法なんでしょうか?

「毎朝 包帯の取換をするに
多少の痛みを感ずるのがイヤならんから

必ず 新聞か雑誌か
何かを読んで

痛さを紛らかして居る」。

「十四 五年前に見た
石竹畠を思い出してみた」。

「ガラス玉に金魚を十ばかり入れて
机の上に置いてある。

痛い事も痛いが
綺麗な事も綺麗ぢや」。

新聞や雑誌を読んだり
昔のことを思い出したり 金魚を見たり。

こんなことで痛みがなくなるなんて
気のせいでは?

ところが
子規が行った こうした行動には

現代医学の観点から考えても
意外な効果があるというのです。

いらだちを感じたりとかですね…

その秘密は 脳にあるといいます。

脳には 痛みを感じた時に

その痛みを緩和する機能があります。

その一つ DLPFCという部位は

痛みへの不安や恐怖を感じると
小さくなってしまい…

そこで アメリカでは…

すると 小さくなっていたDLPFCが
元の大きさに戻り

同時に 痛みが緩和されるという
結果が出ました。

つまり 痛みへの恐怖や不安を
解消することで

脳の痛みを緩和する機能を
回復できることが分かったのです。

こうした研究結果を受け 医療現場では
新たな取り組みが始まっています。

その一つが 「痛み日記」。

長引く痛みを緩和させるための
治療法です。

日記には 痛みの強弱を10段階に分け

最も強い痛みと 最も弱い痛みを
記入する欄があります。

そこに その日の痛みを
自分で評価して記録します。

また どんな状況の時に痛かったのか

気がついたことや
変化したことなども記入します。

これを続けると 自分の痛みを 客観的に
見ることができるようになります。

毎日 24時間 痛みの程度は

最高潮に痛いというふうに言う方
多いんですけども…

というのは 痛みを もうどうしようもない
常に襲ってきている

すごく怖いものに感じていたのが
実は そうではなかったというふうに…

痛みを客観視するという作業は
非常に 慢性痛には有効だと思います。

痛みに どんな傾向があるのかを
客観的に理解できるようになれば

漠然と抱いていた…

結果として 痛みの緩和につながる。

それが 医療現場で実証されているんです。

子規も 自分の痛みへの対処法を
わざわざ新聞記事にしていました。

これも 痛みを客観的に把握することで
不安や恐怖を和らげ

更には 痛みが緩和することに
つながっていた可能性があります。

子規は 新たな新聞連載を始めます。

「病牀六尺」とは
子規が病に伏せた 布団一枚の広さ。

子規は およそ180センチの病床で苦しむ
自分の姿を客観的に捉え

病気を描きながらも どこか明るい
独特の世界を作り上げました。

「痛みを 積極的に受け入れる」。

こうして 子規は
新たな作品を生み出していったのです。

なるほどね~。

逃げないでね 正面から捉えて
それをまた うまくそらすっていう。

だけど 明治の男ですよ。
ええ。

泣いたっていうんですから
最初は 痛くて。

よほど 痛かったんでしょうね。
号泣ですからね。 シクシクじゃないですから。

泣き叫ばないと
痛くて たまらないんですよね。

毎朝 包帯 取り替える時に
近所に響き渡るんです。

「また正岡さんとこの あれが始まった」と
近所の人たちが言うんですけどね。

それで黙ってると つらいから 新聞に
わざわざ書き始めた。 (関根)なるほど~。

何か痛い思いをした時って どうです?

僕は3年前に 尿路結石になりまして
七転八倒 のたうちまわりました。

でね その時は
下腹部が痛かったんですよ。

だから 何の痛さか分からない恐怖が
痛さを倍増させました。

それで病院に行って レントゲン撮ったら
尿路結石だよと言って

座薬 入れてもらったら
あ 尿路結石なんだと。

別に 内臓が破裂したんじゃないんだと
思ったら だいぶ鎮まりましたね。

やっぱり 恐怖とか不安っていうのは…。
そうですね 痛みを倍増させますね。

訳が分からないっていうのは
すごく怖いと思います。

だから 次 またこう来た時に
あ また尿路結石だと思えば

前ほど痛くないと思います。
痛いのは痛いと思いますけど。

分かってるっていうことが
大事なんですかね。   そうなんですよ。

認識するのが 大事なんですね。
ええ。

ここで 痛みを簡単に和らげる方法を

痛みの専門家・井上真輔さんに
教えてもらいましょう。

よろしくお願いいたします。
(一同)よろしくお願いいたします。

先ほど 正岡子規のも
結構 正当な方法であるんですね?

そうですね まさに叫んだりとか
大きな声 出したりとか

きれいなものを眺めたりっていうのは

非常に 痛みにとっては
いいんじゃないかなと思います。

そこで 先生おすすめの 少しでも
痛みを緩和するには どうしたらよいか。

いきましょう。

何ですか これ?
子供だましじゃないですかね?

皆さんも 子供の時 転んで
おじいちゃんや おばあちゃんに

抱きかかえられてですね
さすられると

痛みが薄らいだような記憶って
ないですか?

ありますね。
ありますね。

ちょっと やってみましょうか?
久しぶりに。 「痛いの痛いの飛んでいけ」。

ある程度 やんないと。
ほんとに痛くないとね。

すぐ やって下さいよ。
ある程度 いきますよ。

痛いの痛いの飛んでいけ~!

もうちょっと やった方が
いいんじゃないですか?

痛いの痛いの飛んでいけ!

痛いの痛いの飛んでいけ!
どうでしょう?

多分 時間がたったから 徐々に…。

でも 気持ちは和やかになりますよね
言われることでね 何にもないよりは。

2つあると思うんです
理由っていうのは。

1つはですね 物理的にですね
ゲートコントロールセオリーというのがありまして

脊髄で 痛みを感じると ゲートを通って
脳に行くって言われてて

そこの痛みの部分をさすったりとか
圧迫したりとかするとですね

そういった信号が
ゲートを閉じる役割をするんです。

痛みの信号が少なくなるっていうのは
一つ言われてまして

もう一つは 痛み
ずっと 痛い痛いって思ってたのが

つらさみたいなものが 関心がそれて
安心感を得てっていうところが

そういう気持ちの面ですね
で 痛みが緩和されるんじゃないかなと。

「痛いの痛いの飛んでいけ」は
子規にもありましたね。

どうしようもなくなるとね 家族が隣に
新聞社の社長が住んでるんですよ。

彼を呼びにいくんです。

彼が 枕元に座って 額をなでてやると
痛いのは スーッと治るんです。

だから 痛いの痛いの
飛んでいけ役なんです 隣の社長さんが。

子規が
とても尊敬している人なんですけどね。

スウェーデンの研究で
タッチケアっていうのが あってですね

なでる ゆっくり なでてあげるだけで
好きな人から なでられるだけでですね

オキシトシンっていう 愛情ホルモンと
呼ばれる オキシトシンが出てですね

鎮痛効果があるっていうふうに
言われてます。

痛いの痛いの飛んでけですとね
うちの麻里がですね

ちょっと変化させましてね
例えば 孫が ちょっと頭打ちます。

打ったりすると「痛いの痛いの飛んでいけ
どこに飛んでけばいい?

じいじんとこ行け~」って言うんですよ。

だから 僕 「おお 受け取った」って
演技しなきゃいけないんです。

そうすると どうなるんですか?
お孫さんは。

そうすると まあ笑ってますけどね。
それが いちいち何か疲れる。

でも そういう周囲の愛情で
痛みが和らぐんですね。

ありがとうございます。

さあ 正岡子規は
どんな死を迎えたのでしょうか?

今回 貴重な資料をもとに
最後の1年を追ってみました。

兵庫県芦屋市にある 虚子記念文学館。

ここに 子規の最期を知る
貴重な資料が残されています。

今回 特別に見せて頂いたのは
子規直筆の日記。

死の1年前から書き始めた
「仰臥漫録」です。

このころの子規は
脊椎カリエスが悪化して寝たきりとなり

自分で寝返りを打つことも
難しい状態でした。

よく見ると 端の方が めくれています。

子規が 人に見られないよう
布団の下に隠したためだといいます。

一体 どんなことが
書いてあるのでしょう?

「九月二十九日 曇 朝飯 ヌク飯四ワン
牛乳五勺 ココア入り。

昼飯 サシミ 粥三ワン
間食 菓子パン 塩センベイ

夕 鰻飯一鉢 十五銭
飯軟らかにしてよし」。

明日にも 命を失うかもしれない
子規にとって

一食一食の食事を見つめることは

自分が生きていることを
確かめることでもありました。

日記には 介護をしてくれる
妹・律についても書かれています。

律は 食事から何から

生活の一切の面倒を
引き受けていました。

その律に対して…。

更に 翌日には…。

書かれていたのは 律の悪口。

子規にとって
なくてはならない存在なのに

どういうつもりなんでしょう?

あんまり 字が乱れたりしてませんもんね
妹の悪口 書く時も。

普通に書いてるでしょ きれいな字で。

悪口言うって 楽しいですもんね。

妹に向かって 「お前は木石だ」とかって
言えないですもんね。 面と向かっては。

だけど こうしたノートの中で
ひそかな自分のためのノートの中だと

そういうことが言える。

…だと 僕は思ってるんですけど。

介護には する側もされる側も
不満が付き物。

子規は 律への不満をため込むばかりか

楽しみながら
吐き出していたというのです。

更に こんなことを 子規は言っています。

この子規の言葉には

私たちが 健康に生きるためのヒントが
隠されているといいます。

高齢化で 医療や介護をめぐる環境が
大きく変わりつつある現代

健康に対する考え方も
見直され始めています。

皆さんにとって
健康とは どんな状態ですか?

年を重ねても 足腰が丈夫なこと?

それとも 健康診断の結果が
オールAであること?

2001年 WHO 世界保健機関は

人間の健康に関わる状態を評価する
新たな基準を提唱しました。

その中では 健康のレベルを測るには

心身機能の状態だけでなく
日常生活で どんな活動ができているか

社会との関わりは どうかなども
評価の対象になっています。

つまり 体の健康状態だけでなく…

車椅子で 生活しなきゃならない。

でも ちゃんと
生活の中で 介護保険を使ったり

あるいは 周囲の地域の住民との交流が
あったりしながら

ちゃんと選挙に行って 投票してくるとか
そうすると 社会性があるわけですよね。

難病を抱えながらも 日々の暮らしを
楽しもうとしている人がいます。

京都市に住む 増田英明さん。

手足や顔の筋肉が衰える難病 ALSを抱え

体の大半を
自力で動かすことができません。

そのため 生活の多くを 介護スタッフに
支えられながら暮らしています。

そんな中 増田さんは
動かすことができる口を使って

パソコンを操作するなどして
人とコミュニケーションをとっています。

そして こんな楽しみも…。

お酒は どちらにされますか?
緑の方ですか? 茶色い方ですか?

茶色の方で… 分かりました。
茶色の方です。

パチッてしたのが YESの合図になります。

気分に合ったお酒で 晩酌です。

じゃ お酒入れますね。 顎 引きます。

増田さんは 飲み込むことができないため
お酒は 口に含んで味わう程度。

さて お味は?

酔っ払ってきましたか?
ちょっと お顔が赤くなってきたかも。

増田さんは やりたいことを諦めず
さまざまなことに挑戦してきました。

2017年には アメリカまで遠征。

自らの体験から感じた
難病でも楽しく生きられるということを

多くの人たちに伝えました。

増田さんは こう語っています。

「病気でも楽しんで生きる」。

子規も 心掛けていた健康の秘訣です。

律の悪口を書いてから
およそ ひとつき後。

日記には 日に日に衰えを増してゆく
子規の様子が書かれています。

脊椎カリエスが進行し
骨ばかりか体に穴が開き

激しい痛みに
苦しんでいました。

そして 明治34年10月29日。

文字を書くことも困難になり
日記は ついに途絶えます。

ところが およそ半年後
日記は 再開されます。

なぜ また書けるようになったのか?
その理由が ここに記されています。

「八時四十分 麻痺剤を服す」。

麻痺剤とは 鎮痛剤のモルヒネのこと。

モルヒネは アヘンから作られる
医療用麻薬です。

「最強の鎮痛剤」と呼ばれ

がんに伴う激しい痛みや
終末期の緩和ケアで使われます。

モルヒネの服用で それまでの痛みが
うそのように和らぐと

心穏やかな時間が訪れます。

子規は まるで子供のように
絵を描くことに没頭しました。

その時に描いた 草花の水彩画です。
穏やかで優しい色合い。

その日の夜 子規は コップ1杯の牛乳を
飲んで 眠りにつきました。

翌19日未明 あまりに静かなので
寄り添っていた 母・八重が声をかけます。

子規が 目を覚ますことは
ありませんでした。

34年と11か月の生涯でした。

死の前日に
子規は辞世の句を詠んでいます。

自らの死にゆくさまを冷静に見つめながら
坊主頭の自分の姿を 仏と笑う。

子規は最期まで ありのままを見つめ
楽しもうとしたのです。

最終的にはね 絵も描いたという。

最後の2年間は 俳人というよりもね
むしろ画家だったんですね。

才能あふれてますね。
結構 いい絵でしょう。

本当に 病床から見える小さな庭とか
世界を見事に描いてる。

(関根)気持ちで 病に負けてないですよね。
そうですね。

(関根)肉体は 病には負けてしまったけど
ずっと精神は まっすぐ。

何か 何ですかね… いい人生ですよね。

病気に 早いうちになっちゃって
苦しんだけど

何か ずっと遊び心を忘れずに
その状況下の中で すごく楽しむには

どうしたらいいのかということを
ずっと やってて

ひょっとしたら本人は 幸せだったのかな
というのを ものすごく感じましたね。

日記もね。 どうです? ああいうふうに
日記を書いていく日々を。

日記は 小さい頃 書いてたんですけど
やっぱり いいですね。

自分で確認できるのと あと
お母さんと妹さん 母子家庭っていう

私も ずっと 母子家庭できたんですけど
最後 母が亡くなる2年ぐらい前から

私の子役の頃からのドラマが再放送してて
それを一緒に家族で見て

その時 初めて 芸能界に入って
よかったなと思ったんですけど。

母も納得してくれたというか
すごく一緒に楽しんで

楽しむ気持ちとか
どういうふうに家族で過ごすかって

妹さんにもね 悪口言ってたけど
ほんと健康的な悪口で

ああいうふうに
甘える人がいられるっていうのは

すごく幸せなことなのかなと思いました。

子規って お母さんと妹さんがいないと
成り立っていかない生涯なんですよね。

そのことを よく分かってて

だから 子規子規って
子規を持ち上げますけど

本当は 「チーム子規」みたいなもんで。

お母さん 妹がいて
しかも 友達も囲んででしょ。

そういう中で
彼は 病気と闘ってる感じしますね。

友達が多いってことは やっぱり
何か 魅力的な人だったんですね。

今日は 正岡子規の健康診断を
してまいりました。 いかがでしょうか?

正岡子規は やっぱり 21でね
肺結核から全く逃げずに闘って

前向きに生きてきたじゃないですか。

僕も これから どういうふうになるか
分からないんですけども

正岡子規のように
前向きに生きていきたいと思います。

将来は 日記を残されますか?
はい 「勤日記」。

正岡子規って すごい昔の人で
教科書に出てくる

そういう 何か孤高な
偉い人っていう感じだったんですけど

正岡子規の生きざまを通して
みかんを食べた方がいいとか

いろいろ日常的に 自分たちも
できることを教えてもらえて

亡くなってから 何十年もたつのに
人に いろんなことを

メッセージを与えられる
すごい人だったんだなと思いました。

りんごの輪切りは
思いませんでしたよね。

正岡子規っていう人は
多分 会ってみて しゃべってみると

今の印象と違って めっちゃくちゃ
面白い人のような気がするんですよ。

言葉のセンスが よかったりとか
悪口言いながら 笑いをとったりとか。

ちょっと 我々が知ってる印象と
真逆かもしんないですよね。

あの横顔の写真は ちょっと怖そうに
見えたりするけれど。

文学って感じですけど そうじゃない
人かもしれないですよね。

クソ真面目はいけないっていうのは
彼の考え方でね

病床に来た人たちは
楽しい話をしてくれって。

座った途端に楽しい人
大歓迎やっていうんですね 彼は。

すてき。
(関根)すばらしいな。

日本人は 真面目すぎるって
言い続けました。

どうも ありがとうございました。
ありがとうございました。

♬~

晩年 脊椎カリエスが悪化して

外へ 出歩くことが難しくなっていた
子規にとって

仲間たちが 家を訪れることは
何よりの楽しみでした。

中でも 毎年12月には
大勢が家に押し寄せます。

子規が敬愛する…

そして 妹・律と 母・八重がこしらえた
ふろふき大根を みんなで食べました。

子規が亡くなると
家には 律と八重が残るばかり。

それでも2人は 故郷・松山へ帰ることなく
東京で暮らし続けます。

子規を慕う仲間たちが
相変わらず 家を訪れていたからです。

句会も続けられ 子規の生前より多い
50人以上が集まることもありました。

子規が この世を去って100年余り。
今なお この家には多くの人が訪れます。

それは 子規が ずっと
人々が訪れるのを楽しみに

待っているからなのかもしれません。

♬~


関連記事