クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」 イヤなら単身赴任も猶予できる?働き方の新たな潮流…



出典:『クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」』の番組情報(EPGから引用)


クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」[字]


春・恒例の“転勤”に異変▽転勤がなくなる?イヤなら単身赴任も猶予できる?働き方の新たな潮流▽「夫の転勤で妻が離職」を止めろ!注目の秘策▽人材獲得競争激化で何が?


詳細情報

番組内容

【ゲスト】サイボウズ社長…青野慶久,【キャスター】武田真一,鎌倉千秋

出演者

【ゲスト】サイボウズ社長…青野慶久,【キャスター】武田真一,鎌倉千秋




『クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」
  1. 転勤
  2. 会社
  3. 制度
  4. 社員
  5. 企業
  6. 仕事
  7. 家族
  8. 希望
  9. 時代
  10. 上司
  11. 意義
  12. 銀行
  13. 採用
  14. 支店
  15. 自分
  16. 実際
  17. 本当
  18. 意味
  19. 状況
  20. 人材


『クローズアップ現代+「“転勤”が廃止される?社員と企業の幸せの形とは」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

>>そう、転勤。

単身赴任か
家族で引っ越すかなど

いろいろ悩ましいですよね。

若い世代は、転勤を
どう捉えているのでしょうか。

今月始まった
学生向けの就職説明会。

最近は、働く地域を限定した
企業が人気で

転勤がないことが
学生に選ばれるポイントの

ひとつだといいます。

実際「転勤のあり・なし」が
どれほど企業選びで

重視されるのか。

会場にいた就活生100人に
尋ねました。

>>調査の結果
実に6割の学生が

転勤のない会社への就職を
希望していました。

そうしたなか、来月から
全国転勤を原則廃止する

企業があります。

AIG損害保険です。

全国200の拠点に
7000人の社員が働く大手企業。

「本人が望まない転勤」を
すべてなくすと宣言しました。

制度の基本的な考え方です。

まず、全国を11のエリアに分け

社員に、希望勤務地を
選択してもらいます。

あるエリアを選択し

勤務地に配属されると…

その後は、職場が変わるとしても

原則90分で通える範囲に
限られます。

そのため、引っ越しを伴う転勤が
なくなるというのです。

>>背景にあるのは
働き方の変化です。

これまで転勤は、人材の育成や
マンネリ防止などのために

必要だと考えられてきました。

それが今、子育てや介護など

さまざまな事情を抱えながら
働く社員が急増。

転勤による離職が相次ぎ
企業は危機感を

募らせているのです。

>>3月1日。

転勤制度改革後
はじめての内示が行われます。

この日、会社が内示を出すという
人に密着しました。

12年前に中途入社し

これまで松山、佐賀で
勤務してきた古瀬陽一さん。

希望する勤務地は
妻のふるさと鹿児島です。

その先も転勤せずに
鹿児島で家族と共に暮らしたいと

希望しています。

>>突然、担当部門の上司に
声をかけられました。

…活躍いただきたい
と思っております。

>>ちょっとガッツポーズして
いいですか?

>>実は、鹿児島にマイホームを
建設中。

望まない転勤をなくす
新たな制度のおかげで

新居で家族と暮らすことが
決まりました。

>>奥さんに、すぐ報告です。

>>一方、はじめての内示を経て
この制度の課題も見えてきました。

>>東京と大阪に
6割の希望が集中。

このため、地方のポストが
埋まらない事態が発生したのです。

>>センター長は、顧客対応を
取り仕切る重要なポスト。

その人材をどう確保するのか…。

>>難しいすっよ。

>>さらに勤務地の希望がかなう
社員の側にも

厳しい意識改革が求められる
という声があがりました。

>>なるほど、

転勤がなくなって好きな所に住め
る、これはハッピーだと思います

けれども、一方で、自分のキャリ
アに対する責任も問われる。

同じように社員が希望しない転勤
をやめたという青野さん、

働く人にとっては、これ、

厳しい面もあるんですね。
>>厳しいと思いますね。

ある意味、自分がどこで働きたい
のか、どんな仕事をしたいのか、

明確にそれを持っていないと、

話もできないわけですよね。
自立が求められる厳しい制度だと

思います。
>>自立が求められる。

一方、会社は、転勤を原則廃止に
しているわけですけれども、

それでどうやって組織を回してい

くんでしょうか。

>>AIG損保というのは、あく

まで社員の希望をベースに調整し

ていきたいとしているんですね。
こちら去年12月に、会社が社員

に対して行った調査なんですが、
転勤なしですよと答えた人は、希

望した人は8割だったんですが、

実は2割の人は逆に転勤ありです
よ、したいというふうに答えてい

たんです。
会社としては、ポストが埋まらな

い地域については、

こういった転勤ありですよと答え
た社員を活用したり、将来的には、

地域採用社員を増やしたり、人材
育成をして、

2年半かけて全員の希望をかなえ
るとしているんです。

現在、こういった転勤制度の改革
というのは、

ほかの企業でもさまざまな形で進
んでいまして、例えば、

飲料メーカーのキリン、

転勤を最大5年間猶予できるとい
う仕組みを導入しています。

またサントリーはといいますと、
5年から10年先の転勤希望につ

いて、

上司と部下が毎年話し合うという
制度がもうすでに始まっているそ

うです。

>>いろんなところでこういった
制度が始まっているんですね。

青野さんの会社、

日本各地や世界にも拠点がありま
すけれども、どうやってじゃあ、

社員と会社のニーズのミスマッチ
を解消してるんでしょうか?

>>私たちの場合は、基本的には
上司と本人が相談して、合意の下

で決めるというのが基本方針にな
っています。

なので例えば、仙台に新しい営業
所を作りましょうとなったときに、

まず、営業部長は、

○○君行ってくれないかねと言っ
て、嫌だって言われるわけですね。

そうするとまた次の人にあたると、
こんな感じで決めていきます。

>>それでいつか見つかるもので
すか?

>>もし見つからなかったら、頑
張ってそこで採用すると。

>>現地の人を採用する。
>>それでもやっぱり見つからな

かったら、とりあえずその営業所
はあきらめると。

>>それはでも、仙台に仕事があ
るから営業所を作るんですよね?

>>でもそこで働きたい人がまだ
いないんであれば、しょうがない

なということで。
>>それはそれでいいんですか?

>>営業計画ありきじゃないんで
すか?人のほうが優先される?

>>もちろんそこで、無理して生
かすという手もあると思うんです

けれども、そうすると、本人も疲
弊してしまいますし、また、辞め

てしまうリスクも出てくるわけで
すから、どちらかというと、ちゃ

んと社員の幸せを重視して、長く
気持ちよく働いてもらえるほうを

優先すると。
>>でもこれまでも青野さんの会

社では、いろんな失敗もあったと
いうふうに聞いたんですけれども、

例えばどんなことがあったんでし
ょう?

>>以前は大阪に本社があったこ
とがありまして、それを東京に移

すというので、40人ぐらい大移
動しまして、

全員移動だってやったんですけれ
ども。

>>それも無理やり?
同意なしの移動を?

>>同意なしでやったんですけれ
ども、そのあと数年かけて、どん

どん辞めていきましたね。
>>経験もあって今の取り組みに

つながっているということなんで
すね。

>>かつて、会社に命じられた転
勤というのは絶対でしたよね。

拒否することはほとんどできなか
ったわけなんです。

それを象徴するのがこちら、19
80年代に出た最高裁の判決です。

家族の状況から転勤を拒否した社
員が懲戒解雇されて、それを不当

だと訴えたものの、敗訴したんで
すね。

しかしながら、

育児や介護をしながら働くことが
当たり前になる中で、

最近の法令では、こちらのように、
家族の、

家庭の状況に配慮しなければなら
ないというふうにされているんで

す。
さらに、

改正男女雇用機会均等法の中では、
転勤ができるということを、

採用や昇進の要件としてはならな
いというふうに定めているんです

ね。
ただ、

実際にはこれは歯止めになってい
ないのではないかという指摘もあ

るんです。
専門家は従来型の転勤の意義その

ものについて、疑問を投げかけて
います。

>>実際に、仕事上の能力を
深められたかと尋ねますと

転勤よりも
引っ越しをしない異動のほうが

深められたと答える人が
多いという調査もあるんです。

>>でも、君、

大きくなって帰ってこいって、

人材育成の意義とか、

あるいは地元と癒着してはいけな
いとか、

いろんな意義が強調されてきまし
たよね。

本当にそういう意義っていうのは
ないんですか?

>>意義はあると思うんですけれ
ども、例えば、育成でしたら、ほ

かにもいろんなやり方があると思
うんですよね。

またもう一つは、ちょっとやり方
が一方的すぎますよね。

ちゃんと、お前にはこうやって育
ってほしいんだと、だからこうい

う転勤を考えたんだけど、どうか
ねと聞けばいいんですけど、それ

もなんか、決めたからこうって、
一方的なのがやっぱりよくないと

思いますね。
>>そうしますと、転勤の制度を

変えるということは、

企業の在り方そのものも変えてい
かないといけないということにな

りますよね。
キーワードを書いていただいたん

ですが、どういうことになるんで
しょうか。

>>日本ではメンバーシップ型雇
用という雇用形態になっていまし

て、一度会社に入ってしまえば、
どこで働くとか、どんな仕事する

とか、

それも上司が全部権限を握っちゃ
ってる状態ですね。

これがメンバーシップ型。
でもこれは一般的ではなくて、ほ

とんどの国では、ジョブ型雇用と
いって、その採用される時点で、

どこで働くのか、どんな仕事をす
るのか、いわゆるジョブディスク

リプションというのを決めた形で
雇用されるわけですね。

なので転勤といわれた瞬間に、じ
ゃあ、もう一回サラリーから見直

しましょうねという、交渉が入る
わけですよ。

それがまあ、ある意味、日本の場
合だと、権限を全部握られちゃっ

てると、やっぱここを変えていか
ないといけないと思いますね。

>>ただ、ジョブ型ということは、
その仕事がなくなったら、

その人はその会社にいられないと
いうことにもなるんじゃないです

か。
>>ある意味、解雇はこちらのほ

うがやりやすいという、そういう
指摘もありまして、恐らくこのあ

たりをうまくミックスして、もし
くは個人が選択できるような、そ

ういう雇用に変わっていくんじゃ
ないかなと思います。

>>望まない転勤をなくすという
動き、見てまいりましたけれども、

実際には年間60万人の社員と、
その家族が転勤していくわけです。

そういった家族が抱えるリスクに
ついて、続いてクローズアップし

ます。

>>転勤族の夫を持つ
こちらの女性。

これまで、夫の転勤で3回の
引っ越しを経験してきました。

女性は勤めていた会社を退職。

今も、フルタイムの職に
就くことはできないといいます。

最新の統計でも「夫が転勤したら
今の職場をやめる」と答えた人

およそ7割。

転勤による離職リスク、深刻です。

転勤で住み慣れた場所を
離れることは、子どもにも

影響を及ぼしていました。

ストレスから、長男の視力が
突然悪化したのです。

>>私も、

これまで4回転勤してきたんです
けれども、

そのたびに本当に妻には大きな負
担をかけてきたなというふうに思

っているんですね。
入局したのはここで、

最初にふるさと、熊本に配属され
たんですが、

私の妻も、この熊本の、

地元の企業に勤めていたんですね。
結婚して、

松山に転勤するときに、

妻は会社を辞めて、

私と一緒についてきてくれたとい
うことで。

私の転勤で妻が仕事を辞めざるを
えないということになったことに

は、本当に今となってはですが、
申し訳なかったなというふうに思

います。

>>青野さんは転勤族の家族も負
担を背負わなければいけない今の

このシステムですよね、どう見ら
れますか?

>>今のお話でしたら、奥様のキ
ャリアが転勤で中断されたという

のもありますし、

またその奥様が働いておられた会
社からすると、ある意味、

武田さんの転勤によって、

辞めざるをえなくなった、

引き抜きをされたような感じです
よね。

>>NHKに?

>>NHKに業務妨害をされたと、
こういう見方もできるわけですね。

>>結婚式のスピーチでそういう
ふうに言われましたよね。

>>実際に。
>>なので今、強制的な転勤とい

うのは、お互い、業務妨害をし合
っているような、

そういう状況だともいえますね。

>>社会全体で損失になっている
というのもあるわけですね。

>>こういった状況を重く見て、
配偶者の転勤に伴う離職、これを

防ぐ取り組みを始めた企業もある
んです。

>>兵庫県にある証券会社の
支店で、営業の仕事をしている

原田千明さんです。

原田さんの前職は
山口県にある銀行の営業員。

転勤族の夫の赴任地である
兵庫県に引っ越すにあたり

1年前、ある制度を使って
今の会社に移ってきました。

>>実は、役職も給与も
前の会社とほぼ同じ。

築いてきたキャリアを
リセットすることなく

別の会社に移ることができる
新たな転籍制度を利用しました。

>>この制度は
各地に支店を持つアイザワ証券が

他の地域に支店のある
銀行や信用組合3社と提携して

運用しています。

原田さんは
夫の赴任地である兵庫県に

銀行の支店がなかったため

提携している証券会社の支店へ
転籍したのです。

今後、夫の転勤先によっては

再び、元の企業に
戻ることもできます。

銀行の時と違い
株の売買を取り扱うようになった

原田さん。

市場が閉まる直前…。

>>まだ苦戦する時もありますが
上司と一緒に指さし確認。

サポート体制も整っています。

>>制度に参加している
銀行の頭取は、これによって

転勤による離職の不安が
減ったと感じています。

>>この制度の導入で
社員の中に自分のキャリアを

切り開こうという意識が
芽生え始めています。

岡山に本社のある信用組合で
窓口業務を担当する

廣橋仁美さんです。

>>夫は転勤族。

そろそろ、次の転勤の内示が
出るころです。

廣橋さんは夫の赴任先で
この制度を利用したいと

考えています。

そこで、ファイナンシャル
プランナーの資格の勉強を

始めました。

提携先のどの企業に転籍しても
役に立つと考えたからです。

>>この制度を発案した
証券会社の専務

角道裕司さんです。

新たな時代に立ち向かうための
人材づくりにもつながると

考えています。

>>同じような取り組み、こちら
の業界でも始まっています。

去年6月から、

民鉄キャリアトレインという制度
が始まりました。

関東や東海、近畿、

九州の私鉄11社が連携して、

配偶者の転勤に合わせて、転籍す
ることができるんですね。

これ元に戻ることもできるんです。

>>今、インタビューで、

今の仕事が10年かかるか分から
ないから、

新しい人生を考えていかなきゃい
けないということでしたよね。

転勤の在り方って、これから本当
に変わっていけるんでしょうか?

>>転勤自体はなくなるとは思っ
ていません。

やっぱり転勤するのも問題ないっ
ていう人も先ほどだと2割いらっ

しゃるわけですから、転勤、喜ん
で行く人もいるわけですね。

なので、そうじゃなくて、転勤し
たくない人にまでやらせているの

がよくない。
だからそこを一人一人見ないとい

けない。
>>一人一人見る?

>>そうしないと、もう採用する
のも難しくなるし、定着もしても

らえなくなって、どんどん不人気
な企業になりますよと、

逆に一人一人の意見を聞きながら、
転勤したい人は転勤させてあげる、

転勤したくない人はさせないって
すれば、全員楽しい会社が作れま

すよ、こういうことだと思います。
>>全員楽しい会社じゃないと、

次の時代に対応できるようなアイ
デアって、

やっぱり出ないものですか?
>>このあたり、

一人一人の個性を生かすという発
想でいけば、

まさにダイバーシティーをイノベ
ーションに変えるための議論も生

まれる。

これをやっぱり一方的に上司の言
うことを聞けみたいな、こういう

会社だとなかなか新しいアイデア
が出てきませんね。

>>私たちの時代というのは、

何かこう会社も目的みたいなもの
がずっと変わらなかったから、

そこに順送りに人を順番に回して
いけば、なんとかなったんですけ

れども、これからは何が必要にな
るか分からない時代だからこそ。

>>社員一人一人がキャリアプラ
ンを自分で設計していかなきゃい

けないのかなとも思いますね。
>>そういうこともありますね。

>>逆に本当、厳しい時代に入っ
ていると思いますね。

自分はどう生きたいのか、どう働
きたいのか、それを一人一人問わ

れるような、こういう時代に向か
っていると思います。

>>そのために会社もじゃあ、そ
ういった人たちの声をどうやって

生かして新しい仕事ができるよう
にできるかということを考えてい

かなければいけない。
経営者しても大変ですよね?

>>大変です、一人一人全員と向
き合うという、こういう覚悟がや

っぱり求められてますね。
>>そこまでやらないと、新しい

今夜の「グッと!スポーツ」は


関連記事