ダウンタウンDX 芸能人卒アルSP! 関口メンディーvs町田啓太!日体大の同級生同士が…上白石萌音の驚きの上京物語…



出典:『ダウンタウンDX★芸能人卒アルSP!メンディー×町田啓太&上白石萌音(秘)話』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★芸能人卒アルSP!メンディー×町田啓太&上白石萌音(秘)話[字][デ]


★関口メンディーvs町田啓太!日体大の同級生同士が写真や秘話で対決★「君の名は。」で注目!上白石萌音の驚きの上京物語


詳細情報

番組記述

★月9俳優の小手伸也があの俳優をイジり倒し!

出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

今泉佑唯

勝俣州和

上白石萌音

小手伸也

関口メンディー(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)

椿鬼奴

東郷かおる子

中村玉緒

平野ノラ

町田啓太(劇団EXILE)

村雨辰剛

レイザーラモンRG

番組内容

★関口メンディーvs町田啓太!日体大の同級生同士が写真や秘話で対決★「君の名は。」で注目!上白石萌音の驚きの上京物語★月9俳優の小手伸也があの有名俳優をイジり倒し!打ち上げで…ラブストーリーは突然に★筋肉体操で一躍ブレイク!村雨辰剛の見事な筋肉を松ちゃんが大絶賛?★伝説のバンドQueenの仕掛け人がぶっちゃけ!映画「ボヘミアン・ラプソディ」の真実★レイザーラモンRGが赤面!中学の文集で大スベリ!

制作

ytv

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも始めました!是非チェックしてね

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

キーワード

シルベスター・スタローン

織田裕二

鈴木保奈美

前前前世

桑田真澄

欅坂46

ミック・ジャガー

ボン・ジョヴィ

EXILE、GENERATIONS

フレディ・マーキュリー




『ダウンタウンDX★芸能人卒アルSP!メンディー×町田啓太&上白石萌音(秘)話』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX 芸能人卒アルSP! 関口メンディーvs町田啓太!
  1. 勝俣
  2. 拍手
  3. 会場
  4. 可愛
  5. 中村
  6. 玉緒
  7. 村雨
  8. 東郷
  9. 鬼奴
  10. 当時
  11. RG
  12. QUEEN
  13. ゴング
  14. ホント
  15. 映画
  16. 関口
  17. メンディー
  18. 小手
  19. 一緒
  20. 一同


『ダウンタウンDX★芸能人卒アルSP!メンディー×町田啓太&上白石萌音(秘)話』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

<今夜の…>

<スタジオ騒然!>

<今 世間を騒がせる
ダブルイケメンが登場>

(関口)みんな振り向くぐらい
モテてて…。

<町田啓太 大学でモテ過ぎ伝説>

<村雨辰剛がメンディーと
筋肉対決!>

<まさかの結末に!>

(RG)♪~ QUEENのあるあるを
早く言いたい

<さらに…>

(松本)口の臭い顧問
やるんちゃうんかい!

(浜田)ええやんか~。

<さらに浜田も!>

(笑いとゴング)

♬~

みなさんの卒業アルバムの写真を
一気に見ていただきましょう!

いきます。まずは…。

うわ~。

(勝俣)うわ~ キレイ。
かわいらしい。

高校生…。
続いては…。

(上白石)地味 地味…。

(一同)エーッ!
(勝俣)海軍。

(平野)あ~。

(鬼奴)変わってない。
もうカッちゃんやね。

(会場)え~。
なんか…なんやろ。

痩せてました。

(笑い)
(鬼奴)プロ野球チップス。

高校生?
は~。

(勝俣)あ~アイドル。
アイドルだ もう。

(町田)ボケボケ…。
そしてラストは…。

メンディー 大学生。
(笑い)

何も変わってない。

変わってないやないか。

ちゃんと…。

鴬ボールやがな…。
(笑い)

これ 何か言われてた?
(関口)何か よく芸能人の

卒アルみたいな感じで
よくSNSとかに

結構 あがってるんですけど
それでなんか…。

(笑い)
(関口)別に こっち見んなも何も

見るじゃないですか。
真っ直ぐ見てるだけやのに。

なんでそんなこと言われないと
いけないの?みたいな。

こっち見んなって言われて…。
小手 これ これ高校生?

小手さん。
(小手)あんまり直接 言われて
なかったんですけど…。

(笑い)
(勝俣)あ スタローンだ。

まあ ちょっと こう…そうか。
ま 眉毛とか。

奴さん!
(鬼奴)はい!

奴さん これ…。
ハハハハ…。

ちょ…ほんま 何なん これ。
(鬼奴)これ…プロ野球チップス…。

あ~!
カードね。

それで 私…。

山倉!
(鬼奴)あの 巨人の。

なぜそれを…。
カッコイイ!

卒アルに

持ってんねやって。

中学時代のお小遣い全部

プロ野球チップスカードに
使ってたから…。

集大成。
青春だと。

(鬼奴)青春です 私の。

カッちゃんは変わらへんけどね。
(勝俣)変わんないですね。

いや もう カッちゃんですよ。
(勝俣)ただ僕 この頃…。

(一同)うわ~!
(勝俣)だから毎朝 駅に行くと

クッキー持った女の子達が
いっぱいいて…。

だから まだ芸能界にも
入ってないのにって事ですね。
(勝俣)芸能界何も入ってなかった。

(笑い)

この時の方が人気あった。
この時の方が人気あった。

みなさんの学生時代の話を
聞いていきます。まずは この人!

(会場)エーッ!

あ~ 少人数やったってこと?
すごい少人数で

今 もう廃校に
なっちゃってるんですけど。
めっちゃ田舎やんか。

この写真も実は…。

え~ そうなんや。どこなの?場所。

結構 近くの河原とか
みんなで遊びに行ったら…。

(勝俣)え!?
(一同)え~。

(笑い)
近所に化石がある…。
化石…。

(勝俣)化石!?
何の?

そうそう 何の化石?
なんか 葉っぱの化石とか。

運良ければ貝とか。
貝とか!?

貝とかね~。んで…。

そうです。
そっから大学 東京で一緒に…。

(勝俣)出来上がってるな~。
大学時代…。

≪顔!≫
この写真は違うやろ。

(関口)何か画角がなんか
おかしく…。

怖いよ。
おかしいよね これ。

まあ 大学…僕…。

はい はい。
体育大なんですけど

やっぱ体育大って
まあ何て言うか 結構

肉体派な人が多くて…。

なるほど。
(関口)なんで ほんと…。

もう食堂とか行ったら もう
女子達が こう…。

…みたいなぐらい。
(笑い)

萌音ちゃんは
なんか町田と共演…。

そうなんです。映画で
ご一緒したんですけど…。
あらららら…。

ど どうでした?
もう…。

≪やっぱり≫

もう ホントに。
だって こうやって…。

(笑い)
本人も分かってるんやもんね。

絶対 分かってる…。
ホント認めないんすよ。
モテてんの。

ホント認めなくて…。

もう ホントに 謙虚すぎ…。
そんなのないでしょ。

謙虚ハラスメント…。
謙虚ハラスメントです。

さあ そんな仲のいい2人ですが

今回スタッフが
2人の母校へ行って

色々と調べてきました。
VTRどうぞ。

<関口メンディーさんと
町田啓太さんが

青春を過ごした母校が
こちらの…>

<今からおよそ10年前
2人は よく この道を歩いて

ダンスサークルの練習場所

第三体育館に行っていた
そうなんです!>

<まずは 2人を輩出した
ダンスサークル…>

<…に お邪魔すると>

<当時の2人のように
後輩達も 日々

この体育館で
練習しているんです>

<中には…>

<今もなお 後輩達に…>

<そんな後輩達の中で…>

<そして…>

お願いしますや。
すごいこと言う…。

町田も一緒やで 町田も一緒やで。
<さらに こんな噂も…>

<当時の2人を支えていた
思い出の唐揚げ丼>

<なんと お値段は390円!>

(井川さん)そのチームの名前が…。

<当時 一緒にダンスグループを
組んでいた先輩 遼さんにも

2人について
お話を聞いてきました>

いやいや…
ひどいこと言うじゃないですか。

(高橋さん)…みたいなことを
いい続けた事があります。

<ちなみに…>

遼さん!
ないんやって お前。
先輩?先輩?

先輩です 先輩です。
先輩や 先輩。

喋ったことない…。
ない言うてる。

いや しゃべ…え?
(笑い)

結構ね 一緒にいたよね。

いたじゃん。

あと あなた…。

それは どういうことなん?

素手でっていうのは
ちょっと語弊がある…。

牛丼屋さんで…。

…っていうのをやってたんです。

で 結果 できて。
(会場)へぇ~。

すんごい混ぜてね。
すんごい…。

…と思って。
(笑い)

(笑い)

(笑い)
どうでもええわ。

さあ VTRでありました
ダンスサークルの後輩。

スピーカーが欲しいという
ことですけれども。

どうでしょうか?お2人。

これは…。           ねぇ。

おっ!
せっかくなんで。

素晴らしい。これは喜びますよ。
せっかくですからね。
(拍手)

<町田啓太が 大学時代から

納得していない
関口メンディーの

考えられない仕打ちとは!?>

そうなの?へぇ~。
泊まりに行ったり
ずっとしてたんでしょ?

そうです。もう…。

彼の 家が
上京してきてるんで

大学の近くに 家を借りてるんで。
そうです。
そうか 1人で。

なんで 1人暮らしって
いうのもあって。
そこへ転がり込んでた?

いつももう 学校も近いし…。
いや ひどいんですよ。
ひどい?

なんか その日 泊まって
朝 シャワーを浴びて

僕 先に
出て行ったんですよ。

で 帰ってきたら
何か…。

…と思って。
冷んやり?

部屋が冷んやりするなと
思ってバッて 探したら

風呂場に ずっと
バァーって…。

(会場)え~!?
使って出しっ放しで
出てるんや。

もう キンキンのしか
出なかったです。真冬に。

(会場)え~!?
何してんの?

いや 忘れ…いや
風呂入りたいなと

思って 出したら…。

そのまま学校に行って…。
(会場)え~!?

え?ウソでしょ?
(笑い)

だから…。
人んちで。
人んちで…。

さあ そういうお2人ですが
今回 映画で

共演しているという
ことですけども。

(笑い)
(関口)また…ビジュアルが
またちょっと…。

(町田)ちょっと はい。
(関口)まあ 右は啓太
左は僕なんです。

これ 何なん?これ。
これは一応…。

…っていう肩書きで 出て。

(笑い)

いやいや そんなわけないやん。

じゃあ ちょっと松本さんに。
(笑い)

(拍手)
いいって。僕は あんまり…。

(拍手)

可愛くなるの?
可愛くなります。はい。

(笑いと拍手)

≪可愛い!≫
(笑いと拍手)

≪可愛い≫
≪めっちゃ可愛い!≫
(笑いと拍手)

≪これは お似合いですよね≫
これでいこかな。

(笑い)
そうですね みんな 可愛くなる。

みんな可愛くなんねんから。
被ってみ 被ってみ。

いいやんか~。
(中村)いいわ。

可愛くなったかな?
(笑いと拍手)

≪可愛い 可愛い≫
まあ まあまあ…。

(関口)カリメロみたくなった…。

(勝俣)ああ そうか~。

(会場)おお~!

じゃあ 浜田さん。
もう 俺 ええやん!もう~。

まあまあ 一応 一応…。
(拍手)

(拍手)

やっぱり ズラと言えば
浜田さんですよ。浜田さんで

ズラが 被ってスベったこと
ないんやから。

いや スベったこととか ない…。
可愛いんですから 絶対。
絶対 可愛い…。

ここちゃんと合ってますか?
合ってる 合ってる。
いいんじゃないですか。

(中村)合ってます 合ってます。
馴染んでるわ。
ホント?

合ってる 合ってる。アハハハ…!
(笑い)

(笑いとゴング)

(笑いと拍手)

可愛い!
(拍手)

≪めっちゃ可愛い≫
(拍手)

可愛い!
(会場)可愛い!

(勝俣)可愛いわ~。
(拍手)

(笑い)
≪すっごい可愛い≫

ちょっと ちょっ ちょっ…。

(笑い)

違うねん 違うねん
隣 金髪やからさ。

俺もこんな金髪で並んでたら。

(笑い)
どう?このコンビ。

さあ 続いては この人!

(会場)へぇ~!

≪何これ?≫
すっごいね。

(平野)
時代感じる。コンピューター部…。
めっちゃ ちゃんとしてるけど

1人ちょっと…
いや 嫌いや~!
(笑い)

こういうヤツ 嫌いや~!

ひとり はしゃいでるヤツや これ。
(笑い)

(小手)あとは…。
あ 演劇部ね。

演劇部。はい。
≪うわ スゲェ≫

(勝俣)バンダナ!バンダナ!
嫌いや~!
腹立つわ~!

ちょけてるわ~!
(勝俣)バンダナ!

(勝俣)アイドルだ。
≪アイドルだね≫

もう それがモテると
思ってたんでしょうね。

(笑い)
あと…。

山岳部。
(会場)え~!

全然違う3つを。
またこれも何かもう…。

ああ そう。
(会場)へぇ~。

ゴリゴリの
童貞だったんですもんね。

(笑い)

そんなん言わんでええねん。

でも 小手も…。

ドドーンと あなた
きてるじゃないですか。
そうですね はい。

どうでした?
『SUITS』の現場は。

あの すごく
織田さんとも

保奈美さんとも
割と対等な

ポジションの
役だったので。
役柄的にも。

僕も あまり忖度しちゃ
ダメだと思って…。

(会場)え~!?
マジで?

た た 例えば どんなこと
言ったんですか?

いやぁ~。
マジで!?

(笑い)

お前 ほんま…。

<ここで…>

あの 打ち上げの
2次会かな。

お2人がいるわけじゃないですか。
この2人がね。

…じゃないですか。
(会場)ああ~。

誰かが…。

ああ 入れた。きたな~。

(小手)
「織田さん 織田さん」つって。

(笑い)

おい お前…

お前 イジったな 今。
いやいや。

今のは アカンな。
アカン。

小手 今のはアカンぞ。
(笑い)

織田君は あのモノマネを
認めてないからな。

(笑い)

<ここで…>

奴さんは 何やってたの?

弓道?
中学 高校と。

まあ ちょっとこれ
顔 隠れてますけど。

中学からやって…。

(会場)え~!

(拍手)
ありがとうございます。

上白石さんは
何か入ってましたか?
上白石さん。

私 中学の時に…。

何それ!?

速かったってこと?

逃げ足…。
(笑い)

なので 大会では…。

結構 いいタイムが出て。

えっと…。

もう ええねん ええねん!
(笑い)

(笑い)
ええねん ええねん。気持ちや。

メンディーは?
僕は ずっと…。

野球部?
ずっと 野球やってて。

高校の…。
どっちがメンディー?これ。

(関口)いや 打ってる…。
(笑い)

分からへんなぁ?
どっちがメンディーか。

これ…。

振り逃げじゃない。
これ多分ヒットです。

センター前ヒットです。
ほんと?ああ そう。

ノラは?
あたしは…。

≪スゴーイ≫
(RG)スゴイわ。

中学も高校も バレーの特待で
行ってるんですよ。

とにかく 小学校の時は
スポーツ刈りだったんですよ。
(勝俣)男の子みたい。

ホンマやね。
RGは?

はい 実は…。

え?
…っぽくないなぁ~。

バレー部で…。
腹立つな~。

ほんと?          ほお。

最後のね 大会で
ベスト4かけた戦いの時に

すっごい接戦になったんですよ。
顧問が タイムとるんですけど

マジ 何食べたか
分からんぐらい…。

(笑い)
口…口が臭い顧問。

(RG)口臭い顧問で
タイムとるたんびに

ちょっと離されて 追い上げて
またタイムとられて

また離されるっていうのを
やって 最後 負けて

結局 ベスト8で
止まりました。

顧問のせいと…。
あ どうしたんですか?

いや…。

(笑い)
いや…セイでしょ。

セイでしょ。

RGとノラは じゃあ

バレー部やったということですか。
そうです。
(平野)バレー部です はい。

ちょっ ちょっと何かこう…。
見せてもらっていいですか?

(会場)おお~!
(拍手)

まあ 長いこと
やってないでしょうけども。
長いことやってないから…

気をつけよう。

ちょっと ほんま 気ぃつけないと。
ちゃんとやってや。

打ちます。
(会場)おお~!

(勝俣)スゴイ スゴイ。

(笑い)
(勝俣)それでしょ!

(勝俣)それよ!それでしょ!
(笑い)

何でいかないの!
お前さ~。

ビックリするわ!
(笑い)

ここか!

こちら 初登場は
上白石萌音さんでございま~す!

(拍手)

<13歳で芸能界入りした
上白石萌音さん>

<デビュー3年後で
映画 初主演>

「私 夢の中で あの男の子と…」

(2人)「入れ替わってる!?」

<そして 社会現象となった…>

<女優としてだけではなく
声優としても その才能が開花>

「君の名前は!?」

(2人)「君の…名前は…」

<さらに…>

♪~

<今 この…>

<歌手としても
世間を驚かせているのです>

<現在…>

…という事でございまして。

まず…。
ああ あなた…。

地元が鹿児島で。

一番びっくりしたのが…。

…なんですけど。
鹿児島にいた時は

ずっと…。

(上白石)言われてたんですけど。
これ ご本名なんですか?

(上白石)はい そうです。
全部本名で。
へぇ~そうなん。

4月 はじめてのクラスで
男の子に

「名前なんて言うの?」って
言われて「上白石萌音です」って

言ったら…。

…って言われて。
え 萌音?みたいな。

初めて話す男子に 下の名前で
呼び捨てにされたから…。

…と思って。
(笑い)

別に それが東京じゃない…
ないけど。

でも あなたはやっぱり
『君の名は。』で人生が変わった。
知らんかった 俺。

(上白石)そうですね あれで…。

いや もう必ず…。

問答無用で。もう最後…。

いやいや もう…。

昔の?
(勝俣)ドラマでしょ?

マジのやつですね。

モノクロのやつですよね
『君の名は』は。

<メンディーと筋肉対決!
まさかの結末に!>

「好きだ~!」
<今回のゲスト

関口メンディーさん
町田啓太さんをはじめ

個性豊かな14人の王子達が

伝説の王子の座をめぐって
戦いを繰り広げる

お祭り
エンターテインメント映画…>

そして初登場は 村雨辰剛!

(拍手と歓声)

いやいや…。

絶対そんな名前…。
お前 その…。

絶対違うわ。村雨?
≪辰剛≫

ねえ…。

ほんとのお仕事は何?
筋肉体操?

(村雨)そう。
筋肉体操って あのね。

あの あれちゃうん
武田がやってたやつ?

そうです。ちょっと こう…。

NHKさんから声がかかって。

はい。そうですね。
(一同)へぇ~。

そういうことなんですか。
(村雨)そうです そうです。

筋肉体操?
うん。

いや知らん…知りませんけど。

なんで…わかれへん。

(笑いとゴング)
やってる やってるやん。

これ違うやん。村雨くんも

スウェーデンから日本に来て
人生が変わった?

だいぶ変わりましたね。

すごいね。
そうですね そこが はい。
ちょっとVTRあるんですって。

ちょっとご覧ください。

いやいや おかしい…。

おかしいやん こんなもん。

おかしい おかしい。
(笑い)

異星人やん これ。
(笑い)

(村雨)ちょっと…。
(勝俣)わ~すごい!

≪あ~すごい≫
この木が これにしたんや?
(中村)大変ですよ。

≪すご~い!≫
(勝俣)こんなキレイになるんだ。

これ すごいですよ。
大変 大変。

へぇ~。庭師はなんで?

そう なんで庭師なの?
なんで?

やっぱり日本文化が大好きで
はい 是非それと関わって

仕事したかったので。
それで庭師…。

村雨はね…。

≪そうか≫
ハハハ…。
(村雨)そうなんですよ。

玉緒さん。
はい。やっぱり
スウェーデンにいる頃から

ずっと拝見してて 僕…。

(一同)へぇ~!

いや~ すごい数ありますからね
全部観たら。

村雨くん 今日はね特別に…。

おっ。
(中村)そうなんですけど。

これ よかったら。
(村雨)お~すごい。

(中村)これはね『顔役』って
いうんですけどね。

『顔役』っていう映画ありましたね。
(中村)はいはい…。

うわ…。

(中村)そのまま 私…。

あの~ もう台本をね みんな…。
もう ちょっと黄ばんでますけどね。

これが また…。
(勝俣)色々直してるんですね。
(中村)そうなんです。

自分で直して 結局
俳優さんは口だけで言うから

口で言うから…。

なるほど。
なるほど。
(中村)はい。

全部 自分で直すんです。
(勝俣)直しちゃうんですね。

で 口でこう
「はい お前こう言え」。
小手が もう

必死なって見てるやん
後ろから。
「違うんだよ 座頭市…」。

これは すごいですよ。
(勝俣)これは すごい。

小手 お前なんやねん
さっきから ず~っと。

いや見たい…見たいです。
いや これは すごいですよ。

(中村)もう主人が直した
やつですから。

これ ちょっと黄ばんでんのは
葉巻であったり

タバコであったりとかも
するんですかね?

違います 違います…。

なんやねん。
(笑い)

(中村)亡くなって23年経って…。

鈍器はアカン。
鈍器はアカンぞ お前。

(中村)23年間の…。
間の なんとなくの垢ですよ。

先ほども出ましたけど…。

≪すご~い≫
ねえ。まあ…。

今日は2人に
一番自信のある写真を

ちょっと パネルで
持ってきてもらってますんで。

ここ書いてますけど…。

なんで俺が判定すんねん…。
(勝俣)ミスター筋肉!

ミスター筋肉ですから。
わかりました。

<筋肉自慢2人による…>

先攻はメンディー。はい。
(関口)はい。

じゃあ メンディー
はい 写真オープン!

(笑い)

(一同)おぉ~…。
(拍手)

≪なんだよ≫
≪すごい≫

格闘家…格闘家系やんね?
(勝俣)ほんとだよね~。

村雨どう…どう?
(村雨)いや もう素晴らしい。

大胸筋がすごいですね。
はい ほんとにすごいです。

今日 自信あります これ。はい。

さあ じゃあ村雨の写真。
(村雨)あ はい。

オープン!

(勝俣)エェーッ!
(ざわめき)

≪ヤバい≫
ここの…。

まあ だからその…。

(勝俣)違う やっぱり。

(村雨)流派が違う そうですね。

メンディー どう思うの?
いや でも…。

なんや!なんやねん。
ちゃんと掃除…。

(拍手)

大胸筋とか こう…キレキレ感が
やっぱりすごいですね。

お前 全部巨人に結びつけんな。
(鬼奴)オレンジ…。

関係ないやろ。
(鬼奴)オレンジ。
(勝俣)巨人の色だから。

巨人の色です。
あ いいよ もう。

じゃあ松本さん 両方見て。
はい。

これは中々
甲乙つけがたいですけどね。
まあまあ ね。

まあ…。
判定の方は?

(笑いとゴング)

(拍手)
こちらも初登場です。

今泉佑唯さんでございます!
(拍手と歓声)

<昨年…>

<…した 今泉佑唯さん>

<自身初の写真集が…>

≪いや~モテるだろう≫

これ どういうことですか?
(中村)そうやろね~。

(今泉)何か 学生時代…。

…って思ったら。

(会場)エェーッ!

マジか お前!?

その引き寄せ方って
いうのは どういう?

何か ちょっと近くに行って
しゃべったりとか。

自分も気あるよっていう風な
フリをすんの?
そうですね ていうフリをして

引き寄せて 寄ってきたら
違うとこに行くみたいな。

(会場)エェーッ!
「引き寄せて」っていう
言い方が もう…。

でも 待って下さい。
え~?

でも そういう学生時代…。
めっちゃ やってたやん。

違う…。
(笑い)

やってない…
だから やってない。

やらないんです。思わせぶりな…。
(今泉)ちょっと待って下さい。
え?

でも そんな学生時代を
送ってたんですけど

私…。

関係あれへん。

(今泉)違うんですよ。

あなた じゃあ中学時代は
どういう人やったの?

問題児やったんですか じゃあ。
何か…。

…とか してたんですけど。

萌音ちゃんは これ
もう真逆でしょ?

こういう中学生やったんです。
真逆です。

あなたの場合は。
もう…。

…ので その人が違う子と
付き合っちゃうみたいなこと

ばっかりでした。ず~っと。
当然 スカートとかは
短いわけでしょ?

…と思って 切ったりしてました。

萌音ちゃんのスカートは
どんな感じ?

私 中学校はここです。

(勝俣)ひざ下。
≪守ってる≫
ひざ下ね。

もう…はい。

こっちは切ってた?
(今泉)はい。いや…。

切るって どういうこと?
でも黒板は すごくキレイに…。

いや もうええ お前。
(ゴング)

お前 しつこい。
腹立つわ~。

(拍手)
さあ 続いてはこの人!

え そうなんですか?

これ どういう事なんでしょう
玉緒さん。

いや私は もう
中学1年生の時に…。

歯 磨いていて。はい。
たまたま?

ほんで…。

ちょっと使わして…。

いや それが主役じゃないんです。

そして…。

ほんで 林 玉緒じゃ
おかしいから…。

中村鴈治郎だから 中村…。

アハハハ…。

(笑いと拍手)

いや~聞いたら すごいよ。
何も芸名考えてないんです。

(一同)へぇ~。

長谷川先生の。

この間も電話で船越さんと…。

今回 『DX』のために…。
つめた!

昔のアルバムを探してたら

懐かしい物が出てきたという事で。
玉緒さん ね?

<こちらが
最近 玉緒さんが見つけた

今から67年前の
貴重な小学校の卒業アルバム>

<中を見ると 当時 印刷技術が
まだ普及していなかったのか

薄紙に手書きで
名前が書かれています>

<もちろん
玉緒さんのお名前も>

ほんで この立誠校っていうのは

もう今 ホテルになってしまって。
むき出しやからな。

ここに…。

(笑い)
お母さん 見えへんから もう今。

いや 見えへんねん。
うん 老眼で。

ない?
あるやろ!

あるやろ。
(笑い)

(中村)これが こう…ほら ここに。

あっ ここに玉緒ってありますわ。
(中村)玉緒って。

今回 玉緒さんの
小学校時代の同級生の

遊津さんに スタッフが
インタビューしてきました。

<スタッフが やってきたのは…>

<玉緒さんの親友の
ご自宅に伺い

お話を聞いてきました>

ありがとうございます。

いや~!同い年。

もう それはええねん!
<さらに!>

ドンドン ダン!ドンドン ダン!

ほんで お前ら何やねん!
(笑い)

<玉緒さんの親友の
ご自宅に伺い

お話を聞いてきました>

ありがとうございます。

いや~!同い年。

(遊津さん)
私が小学校の同級生の

遊津喜子でございます。

<当時 玉緒さんとは
毎日のように遊び

小学校生活を一緒に過ごした
遊津さんに

当時の玉緒さんの印象を
聞くと…>

玉緒さんは…。

(遊津さん)…あれが。

<クラスの人気者 玉緒さんの

当時の秘密を
教えて下さいました>

小谷くん。

いいでしょ?
賢そうな…。

あ~学級委員長。

(遊津さん)…ように思いますよ。

すごい積極的~!

<そんな…>

<実は…>

(中村)ねっ ええ男でしょ?

エーッ!

<もし このことを玉緒さんが
知っていたら…>

どうも~。

(拍手)

(中村)いや~懐かしいわ。
さっき言うてた…。

小谷さん。
最近。

亡くなったんです。
(会場)え~。

亡くなったんです。
まあ…そうですよね。

ほんでね その方と あの~。

その歌を 来年…。

いやいや。
泣いてへん 泣いてへん。

♪~ 君のしあわせ
もう それはええねん!

(ゴング)

<皆さんは…>

<伝説のロックバンド
QUEENの軌跡を描いた…>

<先日の…>

<日本での累計動員数は…>

♪~

<こちらは 1974年の映像>

♪~

<しかし 当時の…>

<自身が担当する専門誌
『MUSIC LIFE』で

QUEENを特集すると
日本の若い女性の間で

人気に火がついたのです!>

<その結果 1975年に
QUEENが初来日すると

空港では日本の…>

<今や世界中で愛される
QUEENは

この日本での人気から火がついた
とも言われているんです>

<人気の仕掛け人 東郷さんと…>

<実は東郷さん 映画の中で

名曲『ボヘミアン・ラプソディー』が生まれた
スタジオ

リッジファームに招待され
異例とも言われる

メンバーの取材に成功。さらに…>

<映画で感動のラストシーンに
なっているライブエイド。

なんと東郷さんは
当時 生でQUEENの雄姿を

この会場で
観ていたというのです!>

<QUEENのデビューから
今迄を知り尽くす東郷さんに

彼らの知られざる素顔を
思う存分 語っていただきます!>

(拍手)
すげぇな~。

さあ まずは
東郷さんとQUEENの

記念写真がございます。こちら。

(勝俣)うわぁ。
がっつりですね~!

がっつりですよ。
ねえ。

他にも こういう
ミュージシャンの方とも

写真 撮っております。
QUEENだけじゃなくてね。

ボーイ・ジョージとね。
(勝俣)カルチャー・クラブ。

わあ!

全員に肩組まれてる
じゃないですか。

(勝俣)ボン・ジョヴィ!
わぁ~ジョン・ボン・ジョヴィ!

もう こうやん。
ジョン・ボン・ジョヴィ。
ボン・ジョヴィや。

「おうちに帰りたい」って
言うてたもんね。

そう。
ボン・ジョヴィは
「おうちに帰りたい…」。

ほんで…。

(笑いと拍手)

よう考えたら。

(東郷)
あ~私が知ってるフレディは…。

そういう人でした。
人を喜ばせるのが大好き。
さっきの…。

(笑い)
(RG)どっちやろな?

浜田さんも 浜田さんも
すごい可愛かったんだけど。

すごい可愛かったんだけども。

フレディが…。

…って言いに来たんですよ。
で あら珍しいと思ったら

インタビューが終わった後
フレディが

振り向いてニカッと笑ってね…。

って聞くんですよ。

「観て」とかね
「観よう」じゃなくて

「観たい?」って聞くんですよね。

だから
「あ~はいはい 観たいです」。

「観たくない」とは
言えませんからね。

そしたら 「よし!」つって
バッとドア開けたら

そこにもう ボタン押せば
いいようになってるんですよ。

それで
みんなで囲んで それを観て

1回観て「すご~い」。
「じゃあ 帰ろうかな」つったら…。

で 都合…。

4回?
4回。

もうこれ 今で言う…。

(笑い)

あの会場にいたんですか?
東郷さん。
あ~あの…。

≪ライブエイド≫
ライブエイド。

(勝俣)えっ あのあたり?
え?マジですか?

(東郷)あのあたりにいました。
めっちゃええとこじゃないですか。

だってPAさんの…。
(東郷)そうです。
PAのすぐ横あたりです。

(東郷)置いてある…。

(会場)えぇ~!
だって

髪形から着てるTシャツから
全部 一緒にしたっていう…。

あの靴は…。

この映画のための。

ちょっと…。

なかったですか?

出すぎですよね?あれねぇ?

あれ ちょっと歯 出すぎちゃうか。

あんなじゃないですから。

さっきの映画ですけど…。

そうなんです。
(勝俣)えっ そうなの?

あの映画の宣伝隊長。

(笑い)
いや…。

これ 僕 この映画

ほんとにね 僕と
みちょぱが やったんですけど。

みちょぱ?
はい 最初…。

ずっと言われたんですけど。
違いますと。

(東郷)
本格的な日本庭園なんですよ。

<さらに…>

奴さん何か せっかくやから
何か聞きたいことあったら…。
はい。私もね

昔 図書館でね
フレディ・マーキュリーのことを

書いてる本を読んだことが
あったんですけども。

常にミルクティーを飲んで…。

って書いてあったから…。

全然 声が もう…。
(笑い)

だから
ホントなのかなって思って。

ホントに効いたのかなって。
あの…確かに…。

それでも彼ってね 当時 すごい…。

(東郷)
周りからも
やめろ やめろって言うのに

歌 うたうからね。
ずっと ヘビースモーカーで…。

へぇ~。

…とか言われて。
声が出ないからっていうのを

なんか ジェスチャーで
言ってましたけど。

だから 一切 しゃべらない。

村雨 何か聞きたいたことあるか?
(村雨)はい。あの…

フレディ・マーキュリー
といえば…。

それはホントなんすか?

(東郷)本格的な
日本庭園なんですよ。

フレディの
日本庭園をつくられた

庭師の高原竜太朗さんに

当時のお写真をお借りました。
(一同)おぉ~!

ここで
庭師が繋がるわけやね。

村雨君とね。
(東郷)で この時…。

とか言われて 怒られて…。

≪3000万…≫
(会場)エエーッ!

大変だったらしいです すごく。

(笑いと拍手)

ドンドン ダン!ドンドン ダン!
(笑い)

≪振動で…≫

さあ RGは 何か聞きたいこと
あるんであれば。

そうですね。
え~ 今回 ちょっと やっぱ…。

…と思ってまして。
ああ いいですね。やりましょう。

QUEENあるあるを 東郷さんに
1個だけ いただきました。

『WE ARE THE CHAMPIONS』に乗せて
歌い上げます。

ミュージック スタート!

♪~

♪~

♪~              言えや!

♪~

(鬼奴)♪~ あ~る あ~る

♪~ あ~る あ~

♪~

そこは普通に歌うんかい!
ハハハ…。
♪~

ウィーンウィ
♪~     ウィウィ…ウィーン!

♪~

♪~        ウィーン ウィーン!

♪~

(笑い)
♪~

(拍手)
♪~       (ゴング)

ヒゲが…。

(笑い)
気になるわ~!

はい。いきましょう。
続いては この人!

超イケイケ!
とにかく 目立ち…

目立ち…た…がり…だった…。
ホント?

あう~あっ!
(笑い)

(笑い)

そうなんですよ。もう…。

(笑い)
≪ちょっと待って!≫

みんな 言えない!
みんな 言えない!
(ゴング)

言えてないやん!
言えてない!

とにかく すごく 私 当時…。

ホントに 中学の…。

自分で…。

(会場)エエーッ!
はい。で もう…。

『アニー』?
『アニー』。『アニー』が すごい…

『アニー』に。『アニー』だったんです
私の原点は。

ほら 『アニー』!
1人で?

はい。そしたら もう…。
いやいや…。

何なん?これ!
(笑い)

ごめんなさい。
なんか ちょっと…。

(笑い)
いやいや…確かに ちょっと

独りよがりの『アニー』をしすぎて
周りのみんなが

目が死んでたんですね。
うんざり。もう ホントに。
(笑い)

そういうことよね。みんな
のってるわけでもないよね。
そうです。

のってはないんですよ。
私1人 やりたくて どうしても。

ホントに だから
当時 この場所で

みんなを笑顔にすることが
できなかった。見てる人も。

だから ちょっと 今
リベンジというか…。

(平野)ちょっと いいですか?
≪おっ!≫

あの頃 できなかった?
(会場)おぉ~!

(勝俣)リベンジだ!
まあまあ…
じゃあ やってください。

(平野)はい。
はい。

♪~ 朝が来れば TOMORROW

♪~ 涙の跡も消えて行くわ

♪~ TOMORROW TOMORROW
I LOVE YA TOMORROW

♪~ 明日は幸せ

♪~ TOMORROW
(松本・平野)♪~ TOMORROW

♪~ I LOVE YA TOMORROW

♪~ 明日は しあ~

♪~ わ~

♪~ せ~

(拍手)

ちょっと ノラ…。

(笑いとゴング)

これは ひどいよ。

さあ ラストは この人!

そうですね。

…っていう。14人ぐらいの
グループん中いて

なんか そこにいりゃ
いいやと思って。

そん中でも目立たなかったの?
(鬼奴)目立たないです 全然。
そういう子いるよね。

で 何にも…。

(鬼奴)
もう ただただ 働きたくもない。

何にもしたくない。
勉強も何にもしたくない。
(笑い)

でも ほら 学校行事とかも
絶対あるやんか。

そん中で そうやって
スキー行ったり 山登りする

団体訓練ってのが
あったんですけど…。

私が…。

(鬼奴)…という時で。
(会場)エエーッ!

もう 私は
ず~っと『夢芝居』を…。

中学で『夢芝居』がオハコ!?
(勝俣)『夢芝居』!

梅沢富美男さんの『夢芝居』が。
私がこれを歌うと みんなが

「よっ!」つって
やってくれるから

得意だったんですね。
(会場)へぇ~。

♪~ 恋のからくり

が…。

(笑いと拍手)

えらい早めに来るんやね。
(鬼奴)そう。最初の…。

♪~ 恋のからくり

…が。
(笑い)

あとは もう
ず~っと こうなっていく。

次のAメロ 2番のAメロまで
待たないと…。
そうか…それを待つしかない。

<ここで…>

さあ そんなRGですが
過去の文集をチェックしたら…。

…のが ありました。
ちょっと これは恥ずかしい。

はい ちょっと ご紹介しましょう。
こちら!

♬~

♬~

♬~

もうもう…これ以上ないです!
これ以上ない!

これ以上ない!
何を言うとんねん!

面白いやん。
何なん?これ!
面白くないでしょ!

面白くないでしょ?これは。
ちょっと…。

(笑い)

頭 大丈夫か?ってね。
これはヤバイな
と思ってたと思うよ。

RGの作文も
面白かったんですけど

ちょっと…。

えっ!?
あっ 卒業といえば…。

マジで?
はい。

あ~ 僕も それは…。
(勝俣)学生時代の寄せ書きを。

もちろん 学校には
行ってましたから ありますよ。

何これ?
これ 松本さんのところは
今 隠して…。

はいはい…これは…
いつん時やろ?

≪3年3組≫
中3か?

(勝俣)そう。大体 みんなね

「友情を大切に」とか「希望」とか

ちょっと やっぱり
未来に向かっての その…

みんなの その…
気持ちを書くわけじゃないですか。

大事なとこですよ。
(勝俣)そう。

ええ。僕 そうそうそう!
(勝俣)「前進せよ」とかね。

そんな中 松本さんが書いた
寄せ書きの言葉が こちらです!

(笑いと拍手)

(勝俣)「犬も歩けば棒にあたる」。

これ もう
ウケようとしてるやん!

RGのやつと
また違うやん これは!

もう これ ウケ狙いやん!
(RG)やってるやつやん これ!

まあ…。

(笑いと拍手)

みんな もう
「ハーッ!」なったから。
(ゴング)

<気になる間取りを…>

♬~

<次回は 芸能人の…>

<大好評 李家幽竹先生の…>

<さらに
噂の超セレブタレントの

10LDKの大豪邸も公開!>

<次回も お楽しみに!>


関連記事