アメトーーク! 釣り大好き芸人 芸能界屈指の釣りマニアたちが集結・こんなにも楽しい&奥が深いアウトドア


出典:『アメトーーク! 釣り大好き芸人』の番組情報(EPGから引用)


アメトーーク! 釣り大好き芸人[字]


▽芸能界屈指の釣りマニアたちが集結▽こんなにも楽しい&奥が深いアウトドア▽リーダー・ナダル&三代目JSB山下&ミキ亜生&ダイアン津田▽今朝釣ってきた魚を調理


詳細情報

◇出演者

【MC】雨上がり決死隊

【ゲスト】コロコロチキチキペッパーズ・ナダル&三代目 J SOUL BROTHERS・山下&FUJIWARA・原西&千原せいじ&ダイアン・津田&ミキ・亜生&さかな芸人ハットリ/スピードワゴン小沢

◇おしらせ

☆詳しくはコチラ!

https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/



『アメトーーク! 釣り大好き芸人』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

アメトーーク! 釣り大好き芸人 芸能界屈指の釣りマニアたちが集結・
  1. ナダル
  2. 亜生
  3. 山下
  4. 小沢
  5. 一同
  6. 津田
  7. 原西
  8. ハットリ
  9. ホンマ
  10. 一緒
  11. 山下君
  12. ルアー
  13. 拍手
  14. 自分
  15. 結構
  16. 一回
  17. 芸人
  18. 美味
  19. センチ
  20. 面倒


『アメトーーク! 釣り大好き芸人』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

〈ナダル初リーダー企画
釣り大好き芸人〉

〈三代目 J SOUL BROTHERSから
ゴイゴイスーまで

笑いをヒットせい!〉

〈桜咲く〉

(拍手と歓声)

どうも こんばんは。
こんばんは。

今回の企画は
釣り大好き芸人でーす!

よいしょ!
(拍手と歓声)

〈三代目の山下君が
初登場という事もあり

リーダーは 仲良しのナダル〉

お願いしまーす!
お願いしまーす!

なぜ この2人に挟まれて
この方が? という…。

今日は ホンマにありがたいです
ホンマに。

ありがとうございます。
元々はね 蛍原さん。

はいはい。
ナダル・アンビリバボーでね…

ナダルを呼び出すための
こう ニセ企画で

バイク芸人で集まってくれとか…。
以前はね。

ねっ。 釣り芸人で集まるっていう
ニセ企画をやったのですが…。

そうそうそう。
バイク芸人は 実際に

そのあと やりまして。
(ナダル)ありがとうございます。

ええ。 だから まあ 釣り芸人も
実際に 今回やろうと。

マジで嬉しいです!
ありがとうございます!

(亜生)やったー!
(ナダル)めっちゃ嬉しい!

だから そのお詫びも兼ねて

今 リーダー席に座ってるわけ。
(ナダル)ありがとうございます!

ホンマ だから 僕
魚が とにかく めっちゃ好きで。

近畿大学部農学部の 僕 水産学科。

クロマグロの完全養殖に成功した
すごい名門。

すごい有名な… ねえ?
(ナダル)釣りも それで 好きなんで

その熱量を伝えられたらなと
思いますんで。

さあ そして このナダルがですね

よく一緒に釣りに行くと
自慢している

三代目 J SOUL BROTHERSの
山下健二郎さんでーす!

(拍手と歓声)

結構 釣りも食事も

プライベートで
仲良くさせてもらってて。

ずっと 『アメトーーク』
好きだったんで

出れて ホント 光栄です。
いやいや もう…

そりゃ もう こちらこそ
ありがたいんですけども…。

大丈夫ですか?
ナダルと遊んでて。

(ナダル)何がですか?

(山下)僕の方が
年齢 一個下なんですけど…。

(ナダル)いや 最近 おごったやん。
(観客)ええ~!

「ええ~!」やなくて。
いや 「ええ~!」でしょ。

おごってます 最近は ホンマにね。

「最近は」じゃなしに 最初から
それは 先輩が やっぱりね…。

どっちが先輩か わかんないです
ホンマに…。

年齢低い 言うてるやん。
まあ まあ…。

言い出したらね
そうなんですけど。

まあ でも
釣りも一緒に行ってて…。

しかもですね 山下君 今年
釣りのファンの拡大や

釣りのイメージ向上する
貢献した人に贈られる…。

クール・アングラーズ・アワード…。

ちょっと ちょっと…
すいません すいません。

(亜生)「ア」っていうのは?
(ナダル)「ア」は やめておきましょう。

ちゃんと説明してもらえます?

クール・アングラーズ・アワード2019も
受賞してます!

(拍手)
(亜生)これは すごい!

(ナダル)これは すごい!

これ 年に1回…。
1人だけなんですよ。

はい。 今 俺 しゃべってるから。

釣りに貢献した人を…
まあ 受賞するんですけども。

僕 三代目で
色んな賞を頂いたんですけども

これが

いっぱい 賞をもらってる中…。
音楽の賞 山ほど もろてんのに?

(山下)いや もう…
これが一番嬉しかった!

(一同 笑い)
そんな事はないと思うけども…。

えーっと…
亜生は 今日 山ガールの格好?

山ガールちゃいますよ!
釣りボーイ 釣りボーイ!

釣りボーイよ!
(小沢)釣りボーイ?

違うよ 違うよ これ…。
山ガールの格好でしょ。

(亜生)山ガール違うよ!
釣りボーイよ!

釣りボーイなの? それ。
ホンマに?

最近の釣りっていうのは
こういう事になってるんです。

あっ ちょっと なんか その…
かわいらしい感じ?

(亜生)ファッショナブルな…。
なるほどな。

原西も釣り好きでね 昔から。
(原西)そうなんですよ。

僕は 海釣りです。
海か!

ちょうど4日前も
後輩芸人と行ってきまして。

あれですよ。
新聞にも載りましたよ。

(一同)えっ!?
新聞?

釣りしてて?
マジで?

これですね。 見てください。
何? 何?

どこに載ってんの?
ここ。 ここなんですけどね。

ちょっと わかりにくいですよ。

(亜生)すげえ!
すげえ すげえ すげえ!

(原西)
寄ってもらっていいですか?

どれ? どれ?
(原西)ここです。

(小沢)あっ ホントだ!
「世田谷区の原西孝幸」。

(亜生)すげえ!
世田谷の原西孝幸って

書いてあるんです。
(小沢)すごい!

芸能人の記事で
一番ちっちゃいんちゃう? 今の。

なんの記事なん? 今のは。

釣果… 毎日 どんだけ釣れたか
っていうのを

報告するページなんですけど。

スポーツ新聞に載ってるんや。
(せいじ)知らんの?

いやいや 何十年も前からあるよ。

えっ? お前
パナマの密輸の人やないかい…。

やめとけ。
(原西)帽子がね 帽子がね。

ほんで 密輸の人は?

色んなとこで釣るからさ
世界中 あっちこっちで。

そうか。 ロケで 世界中行くから。

行くから。
時間あったら もう釣りするから。

まあまあ
あっちこっちで釣ってて。

アフリカの湖とか怖くないの?
なんか その…。

ワニとかね 見た事ない…。

自分ら ワニや思うてるけど
カバやて。

いやいや… ワニもいてるやろ。
ワニもいてる…。

やばいのは カバ。
やばいのは カバなん?

もし 今後 みんなね ワニに…
ワニにいかれた時は

いかれるやろうが。
いかれた。

絶対 下手くそやから 1発目で
ローリングに入る事はないねん。

へえ~。
(亜生)そうなんや。

絶対に 1回開けるから
その時に…。

その時 抜いたらええんや。

ただ カバは…
こすりよるから。

えーっ!
(せいじ)草食やろ。

だから もう 1発いかれたら
もう しまい。

違う 違う 違う 違う。
釣り芸人 釣り芸人。

じゃないから。

津田は?
僕も海釣りです。

海釣り?
ほんなら もう 原西と一緒?

僕は 沖堤防っていう…。

堤防で?
船で渡って堤防があるんですよ。

そこで釣る 釣り。
渡船で渡ってね。

ほう! そうなんや。
えっ もう終わりですか?

終わりや!
(一同 笑い)

怒ってる。

青物っていって
魚でいうと 一番引きの強い

かかったら
もう 腕持っていかれるぐらいの

大物が釣れるような…。

すごいな。
そういうのを言うてよ。 ねえ。

なんで
J SOUL BROTHERSに

フォローされてんねん。
そうよ。

出てこんから。
全然出てこんかった 青物。

さあ そして
『アメトーーク』初登場の

さかな芸人ハットリでございます。

どうも~! お願いします。

さかなクンとは関係ない?
さかなクンさんとは違うんですよ。

さかなクンさん。

昨年ですね
北海道から沖縄まで

日本をぐるっと旅して

7カ月間で300種類釣る
っていうのを達成しまして…。

これ 全部… 300匹じゃなくて
300種類なんですよ これ。

本物の人や。

(ハットリ)7カ月で
これ 釣り上げましたね。

一応 自分で釣った魚しか
食べないっていう

よく芸人さんがやるチャレンジを

勝手にやってたんですよ
そういうの 自主的に。

何? 何? えっ…。

お金は どう… 収入はなんなん?

収入は あの… 行く町行く町で

一応
なんか 飲み屋でネタやって

それで こう 回っていって…。

あと ちょっと あの…
あれなんですけど

クラウドファンディングとか使って
全国の釣り人から資金募って

最終的には 自分だけの図鑑を
作るっていうのを…。

これはすごい。
(せいじ)素晴らしい。

(拍手)
すごい すごい。

さあ こちらに
座ってるっていう事は

オザ あんまり釣りは…。

釣り… ロケで
1回やった事あるんすけど

なんか好きにはなれなかったです。

えっ 違うやん。
大体 お前 海好きやんか。

(一同 笑い)
海は すごい好きなの。

海好きで
釣りしようとかなれへんの?

去年の夏も
徳井君とかと沖縄行って。

で 徳井君は
船の上から釣りもするんですよ。

やってるやんか。
(小沢)でも 俺は釣らない。

釣ってる姿を見るのは好き。

だけど…。 だから もう…。

(一同 笑い)

(津田)なんやねん!

自分でも 言ってて
訳がわからないんだけど

嫌いと好きが
いつも せめぎ合ってんのよ。

〈まずは 釣り大好き芸人 VS
釣りをやらない人の

ネガティブイメージ〉

はい こちら。

面倒くさそう。
せやねんね。

なんか 針がどうとか なんかね
糸が 面倒くさい…。

もし ホンマに面倒くさかったら

全部レンタルでできます
最初はね。

面倒くさいって言いだしたら
全部の事が面倒くさくなるからさ。

例えば ゴルフ行くのもさ

じゃあ ゴルフ予約してやで
道具買うて

オーダーで道具 作ったら
また面倒くさいやんか。

そう。 一緒!

(一同)そう!
一緒です。

そういう事です。

この竿の強さやったら このルアー
投げたら ちょうどやな。

俺のスイングスピードやったら
このシャフトが合うとか。

(一同)そう!
ああ なるほど。 それは考える。

解決!
いや 違う違う違う。

もうちょっと聞き出してから
ハマれ。

他もあるよ 面倒くさい以外にも。

こちら。

(ハットリ)全然 暇じゃない。
(亜生)これはもう…。

(原西)
色んな楽しみ方ありますから。

ずーっと動かないで ずっと
こうやってるじゃないですか。

何? あの時間って
いつも思ってるの。

小沢さん 麻雀されますよね?

麻雀のこの時 何してるんすか?

一打切るごとに
みんなの目の動き見て

いずれ この人が
サブローピンの待ちになるなとか。

そういうふうに一打一打で
全員の動きをずっと見てます。

魚が どの棚におるか。

何時やな 海が満ちてきたぞ。

(亜生)波の感じ。
(原西)あと潮が流れだしたなとか。

よれてるな 潮がとか。
もう 見ただけで 違い…。

(手を打つ音)
負けた。

(一同 笑い)
早い!

一斉に来たから。

あと 釣りのスタイルによっても
全く違くて。

僕と亜生君が よくやってる
バス釣りに関してはですね

もう ずっと投げてるんですよ。
キャストっていうんすけど。

キャストして
あそこにいるなと思って投げて

こう巻いてきて アクション…
アクションっていうのがあるんすよ。

で アクションの仕方も…。
(小沢)っていうか もう

1アクションごとに

こんな…。
ステップのクセが抜けない。

(せいじ)さすが アワードや。
アワード。

その 今並んでるルアーも
全て 泳ぎ方 違うんです。

えっ?
そうなんや。

(山下)例えば 沈むもの 浮くもの

巻いてくるだけで
動き方が変わってたりとか…。

プロペラみたいのついてるもんな。
(山下)そうなんです。

(原西)音をね 音を出すんで…。

で アタックっていって
威嚇して

バーンって こう アタック。

魚は もう
口でしか表現できないですよ。

手ないから。
こんなんやから。

こうなる…
こうなるじゃないですか。

だから こう… こういくんですよ。
絶対 口で表現するから。

まず 口が。 食べるだけじゃなくて
アタックっていうのもあるんですよ。

〈ナダルが
釣りの道具や種類について解説〉

〈ちゃんとできるか?〉

まず道具は ここに書いてある

竿 リール 糸

ほんで エサかルアー。 エサにも
一応 針はついてるんですけど。

基本的には この4つ 使ってやる。

で 釣りの場所も 大体 大まかに
4つに分けられるんですけど。

海水では 船に乗った 沖。

沖に出る釣り。 これ 原西さん…。
(原西)僕がやりますね。

(ナダル)ほんで この陸釣り。

これが 津田さんね。
(津田)僕やってる。

(ナダル)船で行ってますけど
この 地面からやってるという。

(津田)そうですね。

で 淡水の方は 湖 池。

ブラックバスの絵なんですけど。

ほんで川釣り。 渓流とか色々。

これも なんかな 楽しそうやな。
大体 こんな感じで分けられます。

あの… テンポ良すぎない?

(一同 笑い)
もう終わってもうた。

(亜生)もうちょっと…
すぐ終わっちゃったから。

もうちょっと 紐解こうか。
もうちょっと なんか…。

あるやんか。
(せいじ)ワンエピソード欲しいな。

見た事あるやろ? 大体 ほら…。

リーダーの人は なんか ちょっと
1個やるごとに

こういう時 こんな事があって
こう こう… ね。

で どんどん なんか エピソードが
入ってたりするんやけど。

もう でも 今 終了したやん。
今 情報を ただ言うただけやねん。

(一同 笑い)

言おうと思って。
言おうと思ってもらえるかな?

沖釣り聞かせて!

ほな 軽く豆情報だけ いきます。
(亜生)豆情報…。

豆知識な。
(ナダル)豆知識だけ。

ほんなら まあ 言い出したら
小沢さんとか ちょっと

金キツいとか
あるかもしれません。

何がキツい?
金キツい?

金? お金あるって。
ない… ないですけど。

いっぱい仕事してるから
あるって オザは。

ないですけど…。
(山下)要は 集めるのが

面倒くさいっていう
イメージがあるじゃないですか。

なので もう この4つが
全部セットになったものが…。

山下… 山下君…。
(山下)釣具屋に

置いてある場合があります。
置いてある?

セットで 例えば1万5000円とかで。
山下君 山下君…。

初心者用の… わかりやすい。
山下君。

すごい聞き心地がいい。
せやな 入ってくるよな。

それを まず買ってもらって
釣りやってる人と

一緒に行けば
もう楽しめます。

山下君 ちょっと黙れる?

なんでや!
(一同 笑い)

(ナダル)俺 言う…。
お前もやろ!

俺 言うからさ。
俺 今 やってるから。

(せいじ)ナダル 今の
「ありがとう」やで 正解は。

ちなみに この中のメンバーで
一番

道具でかけてるの 誰ですか?

それな やってる釣りによって
変わってくるから。

ピンキリですね。
(せいじ)もうピンキリで 桁が…。

まず 入門したいんだったら
もう 3000円から。

(山下)できるよっていう事やんな。
3000円ぐらいからできると。

全部違います。 はい。

山下君!
なんなんや ナダル。

なんやねん ええやろ!

(小沢)いいフォロワーがいるじゃん。
せやねん 助けてくれてんねん。

(ナダル)とりあえず ほんなら沖釣り。

船で よくやる人 手 挙~げて。
(せいじ)はいはいはい。

(山下)僕も たまにやる。
まあ この辺でやるんですけど。

違う? 段取りが違う?
違うの? 段取りが違う?

なんか飛ばした?

ちょっとナダル!
(ナダル)小さい? 小さい?

(一同 笑い)
(小沢)声は一番大きい。

声 小さい?

(せいじ)なんやねん!
(亜生)声 小さいってなんやねん!

声が小さい?

まず 皆さんのやつ
紹介してもらう前に

僕の写真を見て頂きたいなと。
見たい! 見たい!

(ナダル)これです。
これ ブラックバス?

めっちゃ ちっちゃいな。

(ナダル)ネル先輩なんですけど…
ネルソンズの岸さん。

ちっさい。

ちっちゃ! ちっちゃ!

(ナダル)鬼越トマホークの金野さん。

何か気づいた事ありません?
えっ?

(ナダル)全部 魚 ちっさいってとこ
以外に

気づいた事ありませんか?

(小沢)あっ! みんな笑ってる。
(ナダル)そうなんです!

みんな こんなちっさくても
マジで楽しいんですよ。

見て これ!
(亜生)まあ まあ まあ… 確かに。

これは共感できる。

正直 僕も
これ ちっさいと思います。

岸さんのも ちっさい。

金野さん どうなってんねんって
思うぐらい ちっさい。

ただ やっぱ めちゃめちゃ笑顔…。

金野さん これ 初めて釣った
ブラックバスなんですよ。

へえ! すごい すごい!

小沢さんに それを
まず味わってほしいなっていう

これが まず入りです。
まあ そうか 釣れると嬉しいな。

これが さらに でかくなるごとに
喜び増しますから。

まあまあ そうか。

〈忘れた段取りも終え

お次は 釣りの種類で
異なる楽しさを熱弁!〉

そしたら まず
一番左上の海釣りの方から。

やられる方 挙手して頂いて…。

この4人が海釣りやね?

僕は 岸… 陸釣りで。

YouTubeで
1900万回再生以上した

釣りよかさんっていう…。
(亜生)出た! 有名。

陸釣りで あり得ない現象を
起こしてるんです。

何? 何? 何…?
(津田)釣りやった人には わかる。

いきましょう。
VTR ゴイゴイスー!

出た!
出た!

ちょっと 俺
休憩後 イカ釣ろうかな。

(山下)毎日 見てます。
あり得ない事?

(山下)これ 言うたら… 陸ですよ。

(きむ)きたきた きたきた
きたきた!

(はた)きたきた きたきた!

(亜生)ここで
ドキドキしますからね。

(津田)あり得ない。

(きむ)あらか あらか あらか!

(きむ)きたきた きたきた!

(はた)いける? いける?
1人でいける?

(亜生)気をつけて!

(ナダル)うわうわうわ… うわ~!

でかっ!

やった!

え~! でかい!

鯛が釣れる事自体が
珍しいんですけど

あのサイズの鯛なので。
あり得ないんです。

黒鯛はいるんですよ。
でも 真鯛って…。

真鯛はね。
全然 釣れないです。

それこそ 船 乗って行きますから
真鯛は。

大きさだって 横綱が優勝の時
持つやつよりでかいよね?

技術的にも相当うまい?
(津田)めっちゃうまいです。

(小沢)っていうか
技術あるんですか? これ。

(ナダル)いります いります。
(津田)あんな でかいの釣る

道具じゃないんですよ。
だって 切れてまうよね?

ドラグっていうのでね
ちょっと 糸を…

ちょっと 引っ張られすぎたら
出すようにとか。

リールに付いてるんですけど…
ドラグっていうのがあって。

リールに ドラグっていうのが
付いてるんですよ。

山下君 言うたやん。
なんで取り返すの こうやって…。

さらに うまいなと思ったのが

手前に 岩場とかテトラが
落ちてるんですよね。

あれに よく こすられて
糸が切れるんですよ ブチッて。

これを
うまい事 ファイトしながら

こすれへんように持ってくる
っていうのが…。

だから その
こすれても大丈夫なように

リーダーっていうナイロンの糸を
先っぽに付けて

こすれに強い糸を付けてる…。

それも補足するんですけど…。

補足いらんって 別に!
いるやろ!

リールの下に 糸っていうのが
あるじゃないですか。

糸の種類を
3つ 大きく分けると…。

素材の名前です。

PEは結構…。
PEっていうのは…。

(一同 笑い)
(山下)PEっていうのは

すごくパワーが強いんですけど
ライントラブルが多いんですよ。

ぐちゃってなったりとか
するんです。

で ナイロンっていうのが
軽くて伸びがあるんです。

ビヨーンって伸びるんですけど
ただ ちょっと切れやすい。

その真ん中って言われたら
フロロになったりとかして。

ただ ちょっと 重たくて
沈んだりとかするんですけど。

それを使い分けて
やるんですけど…。

全部 言うてる!
(一同 笑い)

ええやん!
(亜生)わかりやすい。

釣れて まさかのっていうの
僕 釣果 1個あるんですけど…。

サメ 前に釣った事ありまして
これなんです。

(小沢)えっ!?
何これ 怖い怖い怖い…。

これ ドチザメっていう
種類になるんですけど

これ あの ちょっと驚くのが
横浜なんですよ。

普通に 親子連れがいる
横浜の海づり公園で

これが釣れるっていう…。
ドチザメですね。

こういうの 実は
結構 都会の海とか 色々いて。

新木場近くの
若洲海浜公園なんて

この アカエイっていうエイ
うじゃうじゃ いるんですよ。

こんなん釣れんの?
(ハットリ)これ いくらでもいます。

(小沢)これ 釣り竿で釣れるの?
(ハットリ)釣り竿で釣れます。

釣れて… 尻尾に毒針あるんで
注意しなきゃいけないんですけど。

ただ 僕 これ 持って帰って
結構 エイヒレ作ったりとか…。

これ むいて みりんに漬けて
干したら エイヒレできるんで。

基本的な事 聞いていいですか?

釣りの目的って

(ハットリ)それは 結構
また 人によります。

それも 種類による。

キャッチ&イートの方が
僕 ちょっと

正直 魅力的なんですよ。
(小沢)キャッチ&イートって言うんだ。

(津田)釣って食べる。

青物 めっちゃでかい この…
見てください。

(ナダル)わあ でかっ!
(津田)ブリ。

えっ こんなん釣れんの?
(津田)それを家に持って帰って

僕は
こういうふうに ちょっと…。

(拍手)
できんの? こんなん。

それ 自分でやったん?
(津田)自分でやってます。

カブト焼いて カマを焼いて
これ ブリさばいて。

刺し身でもいけますけども
ブリしゃぶとかにして…。

ええやん ブリしゃぶ!
(津田)これ どうですか?

だから 婿養子やから そうやって
一緒にやらされる…?

婿養子の話
今 関係ないですよね?

まあね。
すいません。

こういうふうにできるんですよ。
めっちゃ いいやん。

ハットリはさ
300種ぐらい味わって

一番
ちなみに美味しかったのって…。

(亜生)これは聞きたい。
聞きてえ!

これ 悩むんですけど
2つ ちょっと…。

1つは
長崎県の五島列島 奈留島で

これも 陸から釣ったの
ビックリされるんですけど

普通 船で釣るんですけど

3キロのクエ釣れたっていう…。
(一同)うわー!

(ハットリ)これは めちゃめちゃ
美味しかったですね。

これ 美味しかったですね。

これも それこそ
しゃぶしゃぶにしたりとかして。

クエ うまいよな!

もう1個 また
東京湾で これ 釣れたんですよ。

これ あの
サワラの子供のサゴシです。

これは 結構 ルアーやる方は…。
(津田)これはうまい。

(ハットリ)これは美味しいんですよ。
どうやって食べるの?

(ハットリ)あのー… 定番ですけど
西京焼きにしました。

これが 300種類チャレンジ中
一番美味しかったの これです。

(せいじ)あっ そう。
西京焼きうまいな。

(ハットリ)ちょっと
見た目のインパクトある魚でいうと…。

見た目のインパクト。
(ハットリ)これ 北海道ですね。

オオカミウオです。
(山下)うわあ… オオカミウオね。

これ 最近 割と
怪魚ハンターの人が狙いにいってて

ちょっと 釣り人の間では

だんだん
メジャーになりつつあるんですよ。

(ハットリ)
この魚も 一応 食べまして…。

頭つけて 横に。
怖い 怖い 怖い。

(せいじ)味 どうなん?
(ハットリ)味は

これ あの オオカミウオ これ…
こっちは 別の魚なんですけど

刺し身は そんな…
正直 そうなんです 淡泊で。

別に食べれますけど。
ただ 頭を このあとに

鍋にしたんですよ。
ええっ!?

(ハットリ)そしたら この頬肉とか
皮のゼラチンが

めちゃめちゃ美味しかったです。
(一同)へえ~!

オオカミウオは結構 美味しいです。
(山下)食べたいな。

信じられへんけど
キンメとかでも

調子よかったら こんなに釣れる。
(一同)ええーっ!

高級魚!
(ナダル)高級魚!

キンメ こんな釣れんの?

しゃぶしゃぶから煮付けから
なんでも。

えっ これ 1人で釣ったの?
(せいじ)これ1人。

ええ~!?
そんな釣れんの?

原西さん 新聞 載られた時は
もっと量多いって事ですか?

さっき 一応 拡大しましたけど
ここですね こうなってますよね。

わかります?
拡大してもちっちゃい。

(原西)これですね。
(小沢)これ 何がすごいの?

(原西)この上の方に シーバスって
書いてあるじゃないですか。

わかります?
30センチから60センチを

2本から13本って書いてますよね。

この13本釣ったのが僕なんです。
(津田)すごい!

(亜生)これ だいぶ多い。
釣られへん。

シーバス13本って
すごいんちゃう?

サイズは色々あるんですけど
僕が今まで釣った中で

一番でかかったのは

これ 82センチのシーバス。
(歓声)

(ナダル)80いった。
(原西)はい。

1人で それ釣れるんですか?
(原西)これ1人で釣りました。

すげえ。
(ナダル)この前はね ちなみに

めっちゃ渋かったんですよ
シーバス。

山下君が8釣って 僕が4。

で 原西さんが… 1。

(原西)いや それはちょっと

言わしてもうていいかな。
どうした?

(原西)言わんとこかな
思ってんけど

「僕 ここでやりますから 皆さん
好きな所で釣ってください」

って言ってる この位置が
一番釣れるんですよ。

ええっ!?
そんなとこで釣られたら

釣れるじゃないですか。
(ナダル)代わったんですけど

原西さんが やっぱ 一向に…。
(原西)いや 代わってないやん。

代わってないですか? 僕。
(観客の笑い)

いや 代わってないやん。
なんでウソつくの?

一回も代わってない。
(原西)一回も代わってないよね?

一回代わってないの?
(山下)一回も代わってないです。

一回も代わってないらしいです。
(一同 笑い)

ウソつきやんか。
なんやねん。

(原西)これ あの…
ルアーで釣るんですけど

ルアーフィッシングって

解明されてない事が
割とあるといいますか…。

どういう事?
(原西)例えばですけど

25センチのスズキ… シーバス
いるじゃないですか。

で 15センチぐらいのルアー
投げるんですよ。

で 25センチのシーバスが
これ 食べにきよるんですよ。

(原西)ねっ? これって
わけわかんなくないですか?

人間で言うと
僕 170センチですけども

1メーターぐらいの太巻きを
食べてるんですよ。

(一同 笑い)

(原西)こういう事ですよ。
(一同 笑い)

なるほど。
ハハハハハハ…。

だから ずーっといるけど

何センチであろうが
全部エサなんですよ。

だから いってまうんですよ。
ええっ!?

いったあとに 飲み込まれへん
ああ~ 死のう…。

死んでまうんですよ。
(小沢)すごい その話。

終わってから なんか食いたいもん
あるんかい? お前。

僕は
堤防で太刀魚釣りなんですけど。

太刀魚釣りって 釣り方
めちゃくちゃあるんですよ。

(宮迫・蛍原)へえ~。
(津田)ルアーでも釣れますし…。

あと エサ釣りもするんですけど
エサも…。

ドジョウ!? 海なのに?

そうなんですよ。 太刀魚って
歯が すごいんですよ。

ドジョウって
ヌルヌルしてるじゃないですか。

だから それに食いついて…
もう ずっと使えるんですよ

ドジョウって。 そうなんですよ。
(山下)知らなかった。

そのドジョウ もう 最後

(一同 笑い)
(津田)よう頑張ってくれた! と。

(亜生)ドジョウにもね。
(津田)ドジョウにも感謝です。

よう頑張ってくれた!

太刀魚を…
色んな釣り方あるっていうので

変なもので釣りたいっていって
やったのは…。

金メダルで釣ってる人が
いるんですよ。

(ハットリ)金メダルに
ラインでフック付けて

要は メダルを泳がせて
太刀魚を釣った

っていう友人がいて。
(山下)キラキラ…。

(ハットリ)しかも
やっぱ キラキラするから

これ 釣れるらしいんですよ。
(小沢)でもさ

釣りやるじゃないですか。

あの…。

一回 練習みたいなの
やってみましょうか そしたら。

一回やってみる?
(ナダル)やってみましょう。

〈という事で 苦手克服で

アオイソメを触ってみよう〉

(ナダル)最初は ちょっと
怖かったんですけど

でも だんだん
かまれても痛くないって事に

気づいたんですよ。
あっ そんな痛くないんだ。

(一同 笑い)

(小沢)ナダルの?
(亜生)色々あるから。

(津田)人によって違うやろ!
個人差あるわ。

でも ホンマ もう 一回 ちょっと
のっけてみてもいいですか?

一回 一回… オザ。

あっ…。
のった?

でもね 今 全然
思ってるよりは平気。

でも

(小沢)
だって 気持ち悪いんだもん。

ちょっと待って!

(一同 笑い)
(小沢)ちょっと待って!

あっ ごめん!
落としちゃって ごめん!

(ナダル)全然 落としてない…。

ホンマ でも 慣れましたよね
ちょっと。

慣れたし においはないね。
それを だから

針に こう 引っかけるわけや。

(ナダル)はい。 引っかけて…。
ほんで 言い出したら

まあ エコな使い方…。
あっ…。

もうええ もうええ もうええ…!
もうええ!

僕の熱で
ちょっと弱ってます だいぶ。

もう ええねん ええねん。
もう… ええねん!

無理や 無理や…。
ウエーイ!

おお…! おう お前 なんや?

(一同 笑い)
(原西)どういう事やねん 今の。

(小沢)「すいません」っていう…。
野球少年か おい。

じゃあ ここで
僕が 色々 海外ロケで…。

(亜生)これは見たい!
これは楽しみ!

ええ~ 海外で?

(せいじ)大体 これぐらいですね。

(ナダル)うわ~! 行ってるなあ!

(せいじ)もちろん 日本
ほんで あと グアム

タイ セーシェル ケニアとかね…。

すごいなあ。
(小沢)見たいなあ。

タイのバラマンディ。

すごいやん これ!

(小沢)今 これ
何で つられてるの?

そういう つかむ器具が…。

あっ あれで釣ったわけじゃ
ないんですね?

俺 あれで釣ってんのかと
思った。

あれで釣んのやったら
もう 素手やないか お前。

(小沢)やりかねないから。

(せいじ)これが
クリスマス島で釣ったGTかな。

ちっちゃいですけど GT…。
めっちゃ ちっちゃいですけど…。

これも食べましたけど
美味しかったですよ。

アジの仲間ですね。
あんなでかいアジ。

これが インド洋で
さっきのサワラかな。

(山下)これは いいサイズですね。

(小沢)いい写真。

山根会長じゃないよね?

(小沢)いい写真だよ これ。

(せいじ)
どこが山根会長やねん!

(一同 笑い)
先月のせいじさんやったん…。

ほんで 結局 この日はね
2時間ほどで これぐらい釣れた。

えーっ!

(小沢)これ
せいじさん1人でですか?

(せいじ)2人。
(小沢)2人がかりでも これ?

そうそう!
だから これ 島の人に

みんな あげて。
(小沢)素晴らしい。

見応えありましたね 今のは。

さあ ナダル。

いきますか。 続いて そしたら

池や湖で釣っているのが

亜生 山下君 僕になります。

湖とかでやる
僕らのバス釣りっていうのは

言うたら 普通の釣りじゃなくて
攻めなんですよ。

もう 足で稼いだり

ピンポイントで投げないと
釣れなかったりするんです。

そう… 難しいな。

杭と杭の
30センチしかない幅に

ピンポイントに投げたりとか。
結構 シビアな…。

だから ちょっと
上級者の釣りなんです。

(ナダル)めっちゃ難しい…。
だから ホンマに釣れへん人は…。

えーっ!
まさに 僕 そうです。

1年間 全く釣れなかった。

小学校3年生の間は
1匹も釣れなくて

4年生で
やっと野池で1本釣れて

そこから
もう ずーっとハマってます。

1年 よう我慢できたね。

やっと釣れて
もう震えるんですよ。

震えるぐらい嬉しい。
へえ~。

すごい臆病なんで
陸っぱりって言って…

岸ギリギリに
魚がいたりするんですよ。

なんで 最初は
岸の10メートル手前ぐらいから

ルアー パッて投げたりする。

それぐらいせんと
すごいデリケートな生き物なんで。

臆病なんだ…。
ナダルさんとかは

ワーッて 岸沿い
パッて行ってはって。

僕 走っちゃうんですよ。
嬉しすぎて。

だから 僕 崖多いんですよ。
これ 言いたないんですけけど。

崖 多い?
(ナダル)崖 多い。

釣るとこが ちょっと険しい。

だから 僕
ちょっと 山登り的な…。

ああ なるほどな。

崖多いから あっ いそう
ワーッ! って走っていったら

そのまま ハマっちゃうんです。

(小沢)崖から落ちちゃうって事?

バッチャバチャってなったらね

ウワーッ! って
全部どっか行きます。

そんな事やったら
アカンってわかってるのに

なんでウワーッ! ってなるの?
頭おかしいんです 僕 だから。

(一同 笑い)
自分で言うた。

それ言うてもうたら…。
(小沢)嬉しさが勝っちゃうのね。

あと ルールも結構あるので

ちゃんと釣る時には調べて
ここの川は釣っていいと。

ここの湖 釣っていいと。
だから ナダルさんみたいに…。

亜生!
(観客の笑い)

急になんや。
亜生! 亜生!

(亜生)ナダルさんみたいに…。
亜生!

亜生 アカン! 亜生…。

なんやねんな。
なんやねん!

亜生 何… 終わってから

(一同 笑い)

僕は ナダルさん 僕は…。

お前 俺はええけどさ お前

雨上がりさんに
迷惑かかるやろがい。

かからない かからない…。
かからないです。

全然…。
本人 大丈夫だそうです。

俺 それ 本番前に言ったやん。

それだけは言ったらアカンって。

今 その話じゃないかも
しれないしさ。

釣ってはいけない池に
入ってしまって

そこで写真を上げて

向こうの地元のアングラーから
袋だたきにされてるんですよ。

(山下)ハハハハ!
(ナダル)袋だたき。

(一同 笑い)

それはナダルが悪いんやないか。

さっきも言ったんですけど
僕 頭 おかしいんで。

(一同 笑い)

ずるいよ! ずるいよ それ。

その時は まだ あんまり
釣りの事 知らんかったせいやろ?

知らなかったです。 ついつい
池やったら行ってまうっていう。

ルールがあるので そういうのを
守ってやるのも必要です。

こうなったらダメです ホントに。
こうなったらダメ。

バス釣りって すごく その…
道具も すごい進化してまして。

リールって
すごく ライントラブル…。

まあ
バックラッシュっていうのが

パッて
糸ふけが出たりするんですけど

それを防ぐために

デジタルコントロール
っていうのが最近開発されまして。

リールの中に… DCブレーキって
僕らは言ってるんですけど

糸をピュッて出した時の
この糸のスピードを

勝手に制御してくれるんですよ。
えっ? 何? それ。

(山下)実際 それを持ってきたんで
これなんですけども。

えっ? こんなちっちゃいの?

これ 実際
僕のタックルなんですけれども。

糸が出てくるよりも早く
中の芯が回転するから。

ワーッと。
余っていって。

DCブレーキが
コントロールしてる時の音があって

その音が 僕 もう

(亜生)これはね
みんな 釣り好きは もう…。

〈その音が こちら〉

(DCブレーキのブレーキ音)
(山下)ああ いいわ!

(山下)ああ いい! 気持ちいい!

(DCブレーキのブレーキ音)
(亜生)いや~ 気持ちいい!

(山下)最高!
(津田)最高!

(亜生)これは もう
一生 聞いてられる。

これ 5分ぐらい繋げて
ずっと聞いて…。

だいぶ近寄った気持ちが
ちょっと離れてしまった。

急に わかんなくなっちゃった。

漫才で言うと 和牛の川西さんの
「もうええわ!!」です。

ああ~!
(津田)気持ちええ。

あれ 一生 聞いてられるでしょ?
あの「もうええわ!!」は。

だから
潤の「ハンバーグ!」って事?

違う違う。
潤の「ハンバーグ!」じゃない。

(一同 笑い)

(亜生)あれは
バックラッシュしてるんで。

あと バス釣りって
やっぱり すごく…。

今の聞いてたらね。
(山下)やっぱり うまいのって

バスプロなので
それ ちょっと見て頂きたいんで。

〈エイトトラップの第一人者
サタン島田プロ〉

(津田)いや~ きたな これ!
(山下)これ すごいですよ。

(山下)巻いてきまして…。
えっ?

(山下)ここからです ここから!
エイトトラップきた!

(山下)エイトトラップ! 八の字。
八の字ですね 八の字 八の字。

八の字 書いてますね。
エイトトラップですね。

(亜生)下にね 魚がいるんですよ
(山下)います。 見えます?

(サタン島田)よっしゃ! よっしゃ!
よっしゃ! これはやばいな!

(山下)うわっ すげえ!
何? 今の。

(山下)エイトトラップです。

(サタン島田)エイトトラップのみ!
ホホーッ!

(山下)これがエイトトラップですね。
(亜生)最高!

実際 釣れるもんね あれでね。
だって こうやってったら

下で黒い魚影が
追っかけてたもんな。

だから どんどん生まれてきます
釣り方が。

でも エイトトラップ以外でも
色んな技があるって事だ。

バス釣りって すごく
キャスティング… 投げる事

的確に投げる事が大事なので

そのキャスティングのVTRも
あるので よかったら。

〈村田プロが 15メートル先の
空き缶を狙う〉

(山下)うわっ うまい!
うわっ うまい!

〈スローで もう一度〉

すげえ。

〈さらに…〉

すげえな。
(山下)これはね できないっす。

(小沢)これ できない?
(山下)できないっす。

手で投げてるもん。

ええっ!

この人 何十年も前に もう すでに
やってはるもんね これを。

これ 山下君も あれはできるの?

実際 ちょっとね
今回 挑戦させてもらおうかなと。

〈という事で
山下君が

キャスティングに
挑戦〉

じゃあ やってもらいましょか。
(山下)はい じゃあ いきます。

はい お願いします!
(山下)はい!

いきます!

(歓声)

今のは ダメか?
いやいや…。

当たったらいいんやろ?
(山下)倒れなアカンのかと…。

(拍手)

(亜生)これ これ これ!
全然 全然。

これは
できる人 なかなかいないです。

ナダル ナダル やってみ。
(小沢)リーダー!

〈続いて リーダー
ナダルが挑戦〉

近い 近い 近い…!

(亜生)どう考えても近い。
ずるい!

ずるさ 出ちゃった。

(一同 笑い)

足元で ベチンなったやん 1回。

ああ ああ…。
ちゃうちゃう 違う…。

やった! ちゃうわ。

ナダルリバースや 今の。
ナダルリバース。

これがナダルリバース?

ナダルリバース…。

(一同)イエーイ!
(拍手)

皆さんが釣りをしていてですね
体験したあるあるとか

失敗談などを教えてください。

ホンマ だから
さっきのも そうなんですけど。

遠くに放らなアカン
っていうのがあって

勢いがつきすぎて
ルアー 飛んでくんですよ。

切れてね。
切れて?

(ナダル)だから 僕 初めて買った
ジョイクロっていう…。

これぐらいのでっかいルアー。
でかっ!

(ナダル)そう。 それが…
1発目ですよ。

めっちゃ クネクネ
さっき動いてたやつが

めっちゃええ動きする
かっこいいやつ 嬉しい…。

パーンっていったら…。

山!?
(一同 笑い)

どうやって行くの?
山?

山?

(ナダル)ほんで
めっちゃへこむんすよ それ。

そりゃ そうやろ。
そう。 そしたら 森の中に

違うジョイクロが引っかかってて。

それ持って帰って 元気出ました。

(一同 笑い)

別の人が同じ失敗をしてて…。

さあ 亜生はどうですか?

釣りあるあるですけど。

夕方とか
時間が迫ってきたりとかして…。

自分の中で決めるんです。
もう これでラスト1投!

って言ってから
50投ぐらい投げる。

これは もう
永遠に終わらないです。

めっちゃわかるわ…。
(亜生)そこで 最後釣れたら

めちゃくちゃドラマ。

(亜生)釣って帰りたい。
もちろんあんねや そこは。

山下君はどうですか?
釣りが好きすぎて

もう スケジュールが
仕事で忙しくなってきたら

禁断症状が出まして。

まあ 僕
GoProで撮影してるんで

例えば
こういう写真を見ながら…

こう 見ながら こうやって…。

ずーっと こうやってやってます。

(亜生)わかるー!
(山下)わかるやんな?

みんな…。
みんな やりますよ。

えっ ゴルフである? そんなん。
はい。

あんねや…。
余裕であります。

ゴルフはどうすんねんな。
家で でけへんやんか。

いや だから パターを寝る時に…。
寝る時!?

自分の好きなパターを 寝る時に
横やって…

横にやって こう…。
パターこするの?

こすりながら… こすりながら

1番は これ… これで
最後 3メーター残りました。

このパターで入りました。

2番コースは
これで これで これでっていう…。

3番は このコースでっていうのを
ずーっとやります。

(一同 笑い)
(津田)18!?

そういう事です そういう事です。
(山下)一緒です 一緒です。

お風呂 入ったら
ルアーも一緒に泳がせて…。

(亜生)やります。 泳がせて…。
お風呂の中でルアー動かして。

(山下)ルアー こうやって動かして
動き確認するんですよね。

どんな動きかっていう…。
お風呂は…?

お風呂は 僕

(小沢)ウソじゃん! ウソじゃん!
ルアーはわかるけど…。

ゴルフボール浮かせて何やるの?
(小沢)ゴルフ関係ないから。

その動きせえへんやないか
ゴルフボール。

囲まれてるのが幸せなの。

知らん人 見たら
柚子風呂 入ってるのかな…?

(一同 笑い)

今のはウソだよね。
今の絶対ウソ…。

さあ 津田は?

そうですね 僕 初めて

息子をサビキ釣りに
連れていった時あるんですけど

サビキで ええ時期で

入れ食いで
バッカバッカ釣れだして

子供も嬉しいから
バッカバッカ釣りだして

息子 テンション上がりまくって

みんな… 人いるんですけど
そこ バーッ走りながら

僕のお父さん ダイア~ン!
って言いながら走ったんです。

(亜生)かわいい!

僕のお父さん ダイア~ン!
言うて…。

いいじゃん!
かわいいやんか。

そっから
連れていけ 連れていけと。

めっちゃかわいい。
周りの人も見るし。

すいません! 言うて。
さあ ハットリは?

はい。 すごい珍しい魚
釣っちゃったんですけど。

この魚 わかる方
いらっしゃいます? この中に。

(山下)なんやろ?

ツースポットバンデッドスナッパー
っていうんですけど…。

スナッパーやったら
スズキの一種…?

フエダイの仲間なんですけど
これ 石垣島で釣りまして

これ

(一同)えー!
(津田)すげえ!

標本になる…

論文が作れるぐらいのレベルの
発見で…。

最初 僕 ヨコスジフエダイかなと
思ったんですよ 似てるのがいて。

Twitter載っけたら それ
大発見ですよってリプがきて

知り合いの教授に送ったら
それは日本で初めてですって…。

どうなったんですか?
(ハットリ)それ 僕 その時には

もう こうなってて…。

えー!
食っちゃった!

ツーデッドなんとかなんとかフライに
なってるやん。

キャッチ&イートが
裏目に出まして…。

僕 これが

すごい。 すごい。

それ 初めてって事は
日本にいるはずがないって事?

もっと南の方の…
インド洋とかにいるのが

石垣島で見つかったっていうのが
初めてで。

だいぶ変わってきてんねんな。
(ハットリ)そうですね。

魚 移動するので どんどん
こういう発見がありますね。

すごいな。
せいじは どうですか?

俺はね これ ホンマに 地元の人が
言うてたまま言うんやけど

ケニアにトゥルカナ湖っていう
湖があってね。

大きな
ナイルパーチっていうね…。

とんでもなく大きくなる…。
ナイルパーチ 聞いた事ある。

(せいじ)ナイルパーチ
釣りにいこう言うて…。

その時に行ってたのが
ハローケイスケと一緒に行ってて。

地元の人と俺と
ハローケイスケと

3人で ずっとやってたら
その人いわく

100キロオーバーやっていう
とんでもないのが かかったと。

釣り竿に?
(せいじ)釣り竿… かかって。

動かへんの。
巻こう思っても巻かへんし。

ただ 魚が動いたら
一緒に ずーっと動くっていう…。

怖っ…。
(ナダル)怖っ!

船ごと持ってかれてるって事?

そう そう そう。
船ごと持っていかれてて。

こっちの人は もう 大騒ぎで
「どうすんねん どうすんねん」…。

結局 しゃあないから
切ったんやけど。

結構ね
ナイルパーチに引っ張られて

移動してたの ずーっと…。
(山下)すげえ。

アメリカに ナマズを釣りに行く
というロケで

行くまで
知らなかったんですけど

ヌードリングという
釣り方なんですよ。

なんや? それ 知らん。
ヌードリングっていう釣りは…。

エサが これなんですよ。
これ これ。

拳?
(原西)げんこつを…

水の中に岩があって
そこの穴に 手 入れるんですよ。

だから 中にいるナマズが
これを食うんですよ。

で ズボッて抜くという…。

(津田)すげえ。
いや それ…。

向こうも 歯がすごいから

鎖帷子みたいな
手袋版みたいなのを着けて。

岩穴が… 穴がこれぐらいで
手が通るじゃないですか。

で 中にいるのは

1メーターぐらいの
大きいのがいる場合があります。

それは ここの穴じゃなくて

違う穴から入ってきて
ここで エサを待ってますと。

で 「あなた 手 入れますよね」
で 「ここ くわえますよね」

「もう 一生抜けません」って
言われたんですよ。

サイズが違うからね。
(原西)えっ? 一生抜けない?

「えっ どうなるんですか?」
「死ぬね」って言われて…。

いや 「死ぬね」やあれへんがなと
思って。

でも もう… 鎖帷子やから
もう ガチッとはまるから

抜けないっていって。

結局 釣ったのが
写真あるんですけど…。

でかっ!
(小沢)これ… これで?

(原西)これで引っこ抜きました。
でかっ!

ヌードリングっていうのを
体験してきましたね。

根性あんな。
初めて体験してきました。

ただ やってもいいかなって思える
釣りのレベルではなかった。

これは釣り… っていうのもな。
これは無理や。

(拍手)

〈収録日の朝 ナダルと
さかな芸人ハットリが

スタジオで新鮮な魚を
おもてなししようと 海釣りへ〉

〈このあと 釣れていた場合は

〈果たして…〉

お願いします!

どうかな? どうかな?

(ナダル)ほらー!
(拍手と歓声)

えっ? マジで?

すごいやん!
真鯛やん!

ホンマに?
ホンマです。

(ハットリ)もう1個… これも…。

サメもいます。

〈その他
イナダや小さな鯛など

この日は なんと
10匹の大漁〉

でっかい鯛は すごいね これは。
すごかったです!

これ どっちが釣ったとかあるの?
どっちが釣った…。

ナダルさんが釣ったんすか?
でっかい鯛。

一応 僕が… はい。

(亜生)ナダルさんは?
自分が釣ったみたいな感じで

「これです!」みたいな感じで
やっていたけど…。

(原西)ナダル 釣ったの どれ?
(ナダル)ちょっとちっちゃい鯛と…。

(観客の笑い)

イナダです。

釣ったんや。
まあまあ… まあ 釣ってるね。

順番おかしい。
(原西)最初 ちっちゃいの出して

でも 実は ボーン! じゃないの?

遅いわ。
やれへんわ。

〈という事で 釣れた魚を
津田にさばいてもらおう〉

見てみましょう。
見てみましょう お願いします。

きましたよ!

(ナダル)ええ料理人。
やってくれた?

おっきい… ちょっとね
内臓と うろこも取りましたんで。

なるほど なるほど。

これ マイ包丁です 僕。

使い込んでる。

なんか 魚屋さんのやつみたい。
(津田)いきますね。

こんなおっきいの なかなか…。

いきますね。
こんなおっきいの なかなか…。

(亜生)うわ すげえ!

そうやんな
あんま… こんなでかい鯛

さばかへんもんね。
(亜生)あ~ よう切れる 包丁。

(津田)フンッ。

使い込んでるわ ちゃんと。

(津田)ああ~ すっげえ!
ああっ!

どう? この鯛は すごい?

この鯛の大きさ
ゴイゴイスーです!

(小沢)やってください。
はよ。 押してるから。

スーを差し上げます!

押してるから!
鮮度が落ちる。

押してるから はよせえって。

(ナダル)すごいな。
(山下)わあ すごい 頭…。

どうや~!

すごい すごい。
(拍手)

いつも
釣ったら 自分ですぐさばくの?

すぐさ… すぐさばくー!

(小沢)ちょっと待って…
ごめん

なんか振ったわけじゃないのよ。

釣ったら どうすんの?

すぐさばくー!
はよ やれ!

(小沢)何? それ。
押してんねん。

あっ でも ちゃんとやってるわ。

(津田)よいしょっ やったー!

(拍手)
身がすごい。

〈当日 ナダルとハットリが
釣ってきた魚を

津田がゴイゴイスーにさばいて
スタジオで実食!〉

自分で釣ったやつを
こうやってできるわけですか。

(津田)そうですよ。
(小沢)どの辺 いっていいですか?

(津田)それ… それです
僕が切ったやつですよ それ。

(ナダル)わあ~ きれいな刺し身で。

いただきます。
はい。

お見事。
(津田)アハハハ…。

よかった。
(小沢)マジで美味しい。

すごい美味しいんだけど。
(津田)よかった。

どうよ オザ ちょっと話聞いて。

やりたいって ちょっと思って

俺 ホントにね だから
もう 45になったんですけど

45になって
まあ 色んな事やってきて

まだ やりたいって思えるもの
あるんだって事に

気づかせてくれたから 今日

(拍手)
よかった。

ええ仕事したで 今日は。
いや ホンマに。

ホントに楽しそう。
連れてってほしい。

はい 連れて行きます。
行きましょう。

連れてってもらおうぜ オザ。
マジ 連れてってもらいましょうよ。

行きたい 行きたい。
ほんで 徳井と一緒に行ったら

大丈夫ちゃう?
徳井君は でも

ホントに なんでもできるから

きっと一緒に行ってくれると思う。

(一同 笑い)

今は2人が悪い。
(一同 笑い)

母ちゃんやないけ!
(一同 笑い)

〈釣りよりも
大好きなものとは?〉

「自慢の息子です」
母ちゃんやないけ!

〈次回は お母さん大好き芸人〉

超える女の人なんか
出てけえへんやろ。

それ彼女に言うた?
もう わかってる。

〈異常すぎる愛が炸裂〉

おやじなんかやめて 俺にしろよ。
(礼二)おほほほう…。

お母さんよりきれになってやる!
と思って…。

〈お母さんと同伴も〉

ねえ~!

〈あったかい気持ちで
見てあげてください〉


関連記事