偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」浮かび上がってきたのは酒が及ぼす脳への影響や低血糖の恐ろしさ…


出典:『偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」』の番組情報(EPGから引用)


偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」[字]


関ヶ原の合戦。西軍の敗因は健康問題にあった!?残された一次資料をもとに合戦を健康面から検証。浮かび上がってきたのは酒が及ぼす脳への影響や低血糖の恐ろしさだった。


詳細情報

番組内容

天下分け目の関ヶ原の合戦。勝負を分けたのは西軍の健康問題だった!西軍を裏切った小早川秀秋は、深刻な病で自分が裏切ったことすら理解していなかった可能性が浮上。さらに石田三成は関ヶ原で戦うつもりではなかった!?「裏切り」が心と体に及ぼす驚きの影響を医学的に検証。そして一次資料からは、開戦時刻が通説より2時間も遅かったことが判明。この開戦の遅れが西軍の健康に決定的なダメージを与えていた!?

出演者

【出演】関根勤,カンニング竹山,中越典子,本郷和人,植田美津恵,【司会】渡邊あゆみ




『偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」浮かび上がって
  1. 関ヶ原
  2. 西軍
  3. 家康
  4. 秀秋
  5. 三成
  6. 裏切
  7. 東軍
  8. 可能性
  9. 午前
  10. 時間
  11. kcal
  12. 小早川秀秋
  13. 大垣城
  14. 状態
  15. 石田三成
  16. お酒
  17. 結果
  18. 健康面
  19. 松尾山城
  20. 作戦


『偉人たちの健康診断「関ヶ原の戦い 病と裏切りの西軍編」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

天下分け目の合戦…

徳川家康 率いる東軍と

石田三成を中心とする西軍とが争った
大戦です。

今日は…

それいけ~!

戦いのキーマンの一人…

秀秋の裏切りが

勝負を決定づけたとも
いわれています。

ところが 残された史料を
健康面から探っていくと

秀秋は 裏切ったことすら

わかっていなかった
可能性があるのです。

カギを握るのは
秀秋が抱えていた 「ある病」の存在です。

更に 戦いの現場からは
家康を迎え撃つために

西軍が練り上げた
周到な作戦が浮かび上がってきました。

負けるはずのない戦に…

そこには 石田三成を突如襲った
「体の異変」が関係していた!?

最新の歴史研究と現代医学の知見で

関ヶ原の戦いを読み解きます。

♬~

健康のヒントは歴史にあり。

♬~

皆様こんばんは。
「偉人たちの健康診断」です。

ご一緒して頂くのは こちらの方々。

どうぞよろしくお願いいたします。
(一同)よろしくお願いします。

女優・中越典子さん。
初めて ご参加頂きますけれども

今 健康面で気になってることって
おありですか?

肩凝りに 頭痛に 腰痛に 膝とか。
もう全部だ。

それは結構…。
スポーツ選手みたい。

ねえ。 何か女優さんにしては。 はい。

どうぞよろしくお願いいたします。
(中越)お願いします。

そして 専門的にご解説頂きますのは
本郷和人さん 植田美津恵さん。

どうぞよろしくお願いいたします。
(一同)よろしくお願いします。

さて 皆様 本日のテーマはですね
天下分け目の関ヶ原の戦い。

それを健康面から
見ていこうということなんですけれども

関ヶ原へのイメージというと?

やっぱり あそこで決まったって
いうことですよね。 日本の歴史がね。

ターニングポイント。

中越さんは?
実はですね 「関ヶ原」という

原田眞人監督の映画に出させて頂いて

その時は西軍の石田三成に仕えている
島 左近の嫁役だったんですよ。

でも その関ヶ原の戦いの時には
西軍の医療班のトップで ケガの治療など。

そういう 映画の中ですけど。
ナイチンゲールみたいな役だった?

そうだったんですよ。 はい。
やらせて頂いたので

ちょっと西軍の方に思い入れが。
西軍の方にね。

僕 逆に東軍ですよね。
やっぱり家康の緻密さというか

ベテランとキャリアが
培った戦いというか。

それが すごく恐ろしくもあり

やっぱ年の功っていうか
そういうのを感じますよね。

東軍側ね。
東西分かれたようでございますね。

本郷先生。 関ヶ原の戦いっていうのは

さまざまに研究もされてきてるとは
思うんですけれども

これを健康面から見ていくという
このアプローチ どうなんでしょう?

実際には 関ヶ原の戦いっていうのは
研究 それほど実はないんですよ まだ。

あ そうなんですか?

やっぱり それで分かってないことも
いっぱい あるんですけど

だけど 間違いなく
健康面から見ていくっていうのは

初めてだと思いますので
どんなことになるのか すごい楽しみ。

それでは早速 関ヶ原の戦いを
健康診断してまいりましょう。

関ヶ原の戦い。

徳川家康 率いる東軍が
石田三成を中心とする西軍を破り

天下人の座を豊臣家から奪った
まさに天下分け目の戦いです。

この戦いの勝負を決定づけたのは…?

申し上げます!
(三成)どうした?

こ… 小早川が裏切りました!
なにい!?

西軍側の主力と思われていた
小早川秀秋が…

…とされてきました。

ところが 今回…

なんと 秀秋自身は
裏切ったことすら

わかっていなかった
可能性があるのです。

一体 どういうことなんでしょうか?

関ヶ原の戦いは 1598年

豊臣秀吉が亡くなったことに
端を発します。

次の天下人を狙っていたのは…

大名たちを次々に取り込んだ家康は
大坂城に攻め上り

豊臣家から天下を奪おうとします。

そこに立ち塞がったのが 石田三成でした。

おのれ 家康め! 許さん!

ここに 家康と三成の
天下を二分する戦いが始まりました。

まず 三成は東軍の拠点だった
京都・伏見城を攻めることに。

この時 西軍の主力となって攻撃したのが
小早川秀秋でした。

僅か2週間余りで
伏見城を落城させます。

勝った! 勝ったぞ!

この時点では 秀秋は まぎれもなく
西軍の一員として戦っていました。

しかし このあと
秀秋は不思議な行動を始めます。

西軍は
主力を美濃・大垣城に集め

そこで家康と戦う
作戦を立てました。

作戦に従って大垣城に
移動しようとしていた宇喜多秀家が

一緒に行こうと小早川秀秋を誘います。

ところが…。

わしは行かん。 絶対行かん!

なぜか 断ってしまいます。

更に 石田三成から伊勢方面への出陣を
命令されるも…。

嫌じゃ。 伊勢なんかには行かん!

これも拒否。 なぜか急に
反抗的な態度をとります。

仲間たちの誘いや指示を断った秀秋は

更に不可解な動きを見せます。

近江の石部に現れたかと思うと

伊勢の鈴鹿に行き
そのあと 再び近江に戻ってきて

日野 愛知川など
琵琶湖周辺をフラフラと…

秀秋は一体 何をしていたのでしょうか?

それは…。

タカ狩りじゃ~!

そう。 タカ狩り。

天下分け目の戦いの直前だというのに
なぜか悠長な遊びに興じていたのです。

ハッハッハ。 愉快じゃのう。

実は この秀秋の不思議な行動に

深刻な病気が関わっていた
可能性があるのです。

秀秋は 関ヶ原の翌年 体調を崩し
医師の診察を受けています。

その時の記録が
残されています。

全身が黄色いのは 黄疸の症状。

みぞおちの下の
痛みは

肝臓が炎症を
起こしているためと考えられます。

記録には その原因も書かれていました。

それは 「酒疸」。

考えられるのは…

アルコール性肝硬変になると
血液中のビリルビンという

黄色い色素が代謝されず
体の表面に黄疸として現れるのです。

一般に アルコール性肝硬変は…

秀秋は この時 まだ20歳。

にもかかわらず なぜ肝硬変に
なってしまったのでしょうか?

小早川秀秋は 1582年

豊臣秀吉の妻・北政所の
兄の子として生まれます。

当時 跡継ぎが いなかった秀吉は

甥の秀秋を養子に迎え
後継者候補にします。

そして 僅か7歳で
はやばやと元服させてしまうのです。

すると 秀秋に取り入ろうと
全国の大名たちが 次々に接待を始めます。

(大名)秀秋殿。 ささ どうぞ。
(秀秋)おお。

秀秋殿 うちのことを
よろしくお願いしますぞ!

分かった 分かった。 ああ~。

こうして秀秋は 豊臣家の後継者として
毎晩のように接待を受け…

12歳の時 秀秋の人生は
大きく変わります。

秀頼を後継者に決めた秀吉は…

毎晩のように行われていた接待も
なくなりました。

これで酒を飲む機会がなくなった
と思いきや…。

あ~あ。 やってらんない。

秀秋は既に 酒がやめられない体に
なっていたのです。

アメリカの国立アルコール乱用依存症研究所の
調査によると

酒を飲み始めた年齢が
低ければ低いほど

アルコール依存症になりやすいことが
分かっています。

13歳以下で飲み始めた人は
実に半数以上がアルコール依存症で

20歳で飲み始めた人に比べて
3倍以上です。

幼少期から酒を飲み始めた秀秋は
アルコール依存症にかかり

酒が やめられない状態だった
可能性が高いのです。

こうして 10年以上の間
毎晩 酒を飲み続けた結果

20歳の時には アルコール性肝硬変を
患うまでになっていたと考えられます。

それだけではありません。

秀秋の場合 更に深刻な状態にあった
可能性があると

医師の 若林利光さんは指摘します。

肝硬変の恐ろしいことは…

肝硬変になると
アンモニアなどの有毒物質が

肝臓で解毒できずに
血液中に増加。

脳が侵され 重症化すると 「肝性脳症」を
発症する場合があります。

肝性脳症に陥っていたとしますと
少なくとも…

肝性脳症を発症すると 意識障害が現れ
徐々に深刻化していきます。

病状が進行すると
やがて昏睡状態に陥ります。

小早川秀秋がとった
不可思議な行動の数々は

こうした肝性脳症による
意識障害に当てはまります。

わしは行かん!

伏見城の戦いのあと
宇喜多秀家の誘いや

石田三成の命令を
ことごとく断ったのは

反抗的な態度の
あらわれ。

謎の迷走は 時間や場所が
わからなかったからかもしれません。

また…。

ハハハ。 愉快じゃ~!

大事な戦の前にもかかわらず
タカ狩りに興じていたのは

理由もなく楽しい気分に
なっていたためとも考えられます。

秀秋の意味不明の行動は
肝性脳症が引き起こした

意識障害の結果だと考えれば
つじつまが合うのです。

それだけではありません。

脳に深刻なダメージを与えることも
分かっています。

特に 記憶をつかさどる「海馬」は

未成年時のアルコールの影響を
大きく受けます。

こちらは 20歳前から
飲酒している人の海馬と

20歳になってから飲酒を始めた人の

海馬の大きさを比較した写真です。

未成年時から酒を飲み続けている人は
海馬が萎縮し

小さくなってしまっているのが
分かります。

この結果…

…という症状が出るのです。

関ヶ原の戦いの時の秀秋は
長年の飲酒による海馬の萎縮や

肝性脳症による意識障害で

もはや正常な判断ができる状態では
なかった可能性が高いのです。

こうした秀秋の状況に危機感を持ったのが
小早川家の家老たち。

このまま西軍にいても
謀反を疑われる一方じゃ。

かといって今更
東軍には行けんしのう。

家老たちは 病気の主人を抱え
すっかり困っていたのです。

と そこへ
思いもよらぬ知らせが届きます。

東軍に寝返らないかという誘いでした。

「東軍に寝返れば

家康は 家老二人を
ないがしろにはしない」。

家老は 渡りに船とばかりに
これに飛びつきます。

小早川家の家老と東軍の間では
既に話が決まっていたのです。

やっぱり家老二人がリードしているので。

あの人たちが外交的な活動をしていて
それを受けて…

放て~!

かくして 関ヶ原の戦いが始まります。

そして…。

(家老)殿 今ですぞ!

(秀秋)それいけ~!

いや そちらではありませぬ。

(秀秋)おう こっちか? 行け~!

こ… 小早川が攻めてまいりました!
何!? おのれ 小早川め~!

小早川秀秋本人は
どこまで分かっていたのでしょうか?

ひょっとすると…

は~ 健康面から探ると こういう事実が
浮かんでくるんですね。
はい。

7歳でも接待受けるんですね。
もう 偉くなる人だとね 思われて。

それにしてもね
分かってなかったんじゃないかという。

お酒で分かってないほどっていったら
もう ちょっとボロボロですよね。

話もできないぐらいの。
もともと優秀は優秀だったんですか?

何人か 要するに
養子候補がいる中で

「この子」っていうふうに秀吉よりも先に
秀吉の奥さんの おねさんが

この子がいいって言って決めたんですね。

それぐらい やっぱ子どもの時は
利発だったんです。

あ~。
へえ~。

小早川秀秋 でも関ヶ原のあとは
どうなるんですか?

生き延びるわけですよね。

病気ですか?
(本郷)病気で。

じゃあ やっぱり
重症だったんだね。         そうですね。

まあ お酒でね 肝臓を傷めるというか
それは よく聞きますでしょ?

ですが それ以外に
えっ! ていうような部分にも

お酒の影響は出るようですよ。
こちらに まとめてみました。 はい。

お酒を飲みすぎると

まずは 抜け毛が増える。

(関根)そうなんですか。
自覚症状的にありますか?

いや もう
めちゃくちゃ ありますよね。

そんなもん言われたら
そうですよね。

20歳過ぎてから大体ね
飲み出すわけですから。

だんだん20代後半ぐらいから
確かに抜け毛は増えてますよね。

植田先生 これは?
抜け毛を増やす男性ホルモンの一種で

ジヒドロテストステロンっていう
男性ホルモンがあるんですけど

それが抜け毛を増やす。

アルコールを摂取すると増える
男性ホルモン。

ジヒドロテストステロンは
髪の毛の成長を妨げます。

いわば 髪の毛の寿命を短くするのです。

そのため 髪の毛が育ちきる前に
抜けていってしまいます。

お酒を飲みすぎると…

2つ目は 肌荒れです。

更に アルコールには利尿作用があり…

そのため 体中の水分が不足して
肌が荒れてしまうのです。

竹山さんも やっぱり お肌。
僕 大概 二日酔いで起きると…

飲みすぎです。
さあ そうなると3つ目が気になりますね。

これもまた かなり意外なものです。
(中越)え?

(一同)え~!?
骨粗しょう症。

骨まで いっちゃうんですか?

そういえば お酒飲んで骨折した
なんてことはないですか?

それは みんな足元が こうやって
千鳥足になってんじゃないんですか?

お酒のせいで暴れてとか ぶつけたとか。

翌日 腫れてて何だろうと思ったら
骨折してたとかはありますよ。

まあ それも
ありますけれども…

…っていうのが1つと
もう1つはアセトアルデヒドっていう

代謝物が血中濃度
血液に たくさん たまることによって…

転ぶとかっていうのは
二次的なことなんですけれども

もともと飲みすぎが 骨自体を
弱くしてしまうということがあります。

これは そうすると じゃあ予防するには?
答えは1つです。 適度なお酒。

その人に合った 適度なお酒にとどめる。
つまり飲みすぎないってことですか。

日本酒だったら1合。 ビールだったら
ロング缶1本ぐらいですね。

それから ワインだったら 180cc前後。

でも ちょうど それぐらいで
私 十分だと思います。

1杯で十分。

お酒飲めない関根さんとしては まあ。
ほんとに飲めないです。

奈良漬けで ポーッとなっちゃうんです。
竹山さんは 「何それ?」ですか?

もう それだったら
飲まない方がいいです。

そんなこと できるんですか?
だってそんな1杯飲むんだったら

それで我慢できないから
じゃあ 始めからゼロの方がいいですよね。

ここまで 小早川秀秋が お酒に酔ってと
いうことの説を見てまいりました。

西軍の主力を率いていた
石田三成の方を見てまいりましょう。

どうも三成も
体に異変を感じていたようです。

天下分け目の合戦の舞台となった…

東西4キロにわたって
広大な平地が広がっています。

まさに 大軍が激突するには
うってつけの場所に思えますよね。

ところが 西軍を率いていた石田三成は

当初 全く別の場所を
決戦の地と考えていました。

関ヶ原で戦うことになったのは
全く想定外の緊急事態。

そこには 三成の体に起こった

ある異変が関係している
可能性があるのです。

西軍の武将たちは 家康を どう迎え撃つか
作戦を練っていました。

家康は昔から城攻めを苦手としておる。

さよう。 城に籠もって戦うまでよ。

うむ。 籠城戦で戦を長引かせれば
東軍から我らに寝返る者も出てこよう。

三成たち西軍が決めた大方針は
城を拠点に戦う…

そのために 中山道に沿って

大垣城 南宮山城 松尾山城の
3つの城を構えました。

近年 これらの城の研究が進み

三成たちが どのように家康を
迎え撃とうとしていたのか…

まずは 一番西の松尾山城。

山の頂に 大きく開けた
陣地の跡が残っています。

これまで 松尾山城は
関ヶ原で戦うために築かれた

にわか造りの陣地だと
考えられてきました。

しかし 近年の調査で 頂上の陣地跡は

城のごく一部にすぎないことが
分かってきました。

松尾山の調査を手がけた
城郭考古学者の中井 均さんです。

ちょっと ここを見て頂きますと…

城へ続く道は 両脇を削り 狭くすることで
敵を狙いやすくする

「堀切」といわれる仕掛けが
施されています。

更に 上空から見てみると

山肌が人工的に削られ 敵の侵入を
防ごうとした形跡が見て取れます。

このように およそ単なる陣地には
似つかわしくない

立派な城の遺構が
次々と見つかったのです。

中井さんの研究の結果
ここには なんと 東西400m

南北300mにも及ぶ 巨大な城が
築かれていたことが分かりました。

まるで 難攻不落の要塞です。

三成は この松尾山城を一番西に置き
家康の軍を食い止める

最終防衛ラインとして
にらみを利かせたと考えられます。

その上で 家康軍を壊滅させるための
仕掛けが 南宮山城です。

ここにも 頂上付近に
城跡の一部が残っています。

城は 関ヶ原を背にして
山の東側に築かれています。

城から見える景色を考えれば
三成たちの作戦が見えてきます。

南宮山城の東側に見える景色。
視界に捉えられるのは 大垣城です。

城跡から浮かび上がってきた
西軍の作戦は こうです。

まずは 三成ら主力部隊が籠もる
大垣城で 家康を迎え撃つ。

そして 背後の南宮山城から
家康を挟み撃ちに!

家康が中山道を西に向かった時には

南宮山で食い止め 大垣城の三成たちが

背後から挟み撃ちにする。

そして 万が一に備え

松尾山城の鉄壁のガードで
家康を食い止める。

3つの城を全て落とすことは

城攻めを苦手とする家康にとっては
至難の技です。

練りに練り上げた作戦。

家康め。 目にものを見せてくれるわ!

そして…

ついに 家康率いる東軍が
大垣城の近くに現れます。

いよいよ 決戦の時がやって来た!

と その時…
思いもかけないことが起こります。

(雷鳴)

申し上げます。 松尾山城が
小早川によって占拠されました!

何!? どういうことだ?

この日 それまで各地を迷走していた
小早川勢が 突如 松尾山に現れたのです。

小早川勢を同じ西軍の味方と思って
油断したのか

城を守っていた西軍の武将は
あっさりと追い出され

城を占拠されてしまいます。

三成らが周到に練り上げ 作り上げた
西軍 鉄壁の防衛網の一角が

思いも寄らない形で
崩れ去ってしまったのです。

おのれ 小早川め… 許せん!

計画を台なしにされた三成。

この時 三成が意外な行動をとったことが
記録に残されています。

関ヶ原の戦いの2日後に書かれた
西軍・吉川広家の手紙です。

この時 松尾山の麓には
中山道を封鎖するため

三成の盟友・大谷吉継が
陣を張っていました。

その大谷が 松尾山城の小早川秀秋から
攻められるのを助けるために

三成は大垣城から退却したというのです。

家康は後回しじゃ!
秀秋を討ちに行くぞ!

え~っ!?

案の定 家康はこの機を逃しませんでした。

三成たちが大垣城を出たことに
気付いた家康は

東軍を関ヶ原に進めます。

こうして 東西両軍が

関ヶ原で
ぶつかることになってしまったのです。

仲間を助けるためとはいえ
本来の目的である家康ではなく

秀秋を討ちに行くという およそ冷静な
三成らしからぬ判断に至った訳。

そこには
「裏切り」が引き起こす

深刻な体の異変が影響したと
考えられるのです。

人は裏切られると
脳の中の扁桃体という部分が反応します。

扁桃体は いい気持ちになったり
不愉快になったり といった

本能的な感情を生み出しているところ。

裏切りが扁桃体に伝わると
「恐怖」や「不安」といった感情を生み出し

身の危険を感じて
体に臨戦態勢を取るよう指令を出します。

その結果…

体がカーッとなった状態になるのです。

この状態は すぐに戦ったり
逃げたりできるように

血液が心臓や筋肉などに供給されるため
その分…

この時 特に問題になるのが
脳の前頭前野です。

前頭前野は 理性をつかさどる部位で

普段は 本能的な感情を生み出す
扁桃体の活動を抑制しています。

この前頭前野に血が回らなくなり
活動が低下することで…

更に 前頭前野の血流が低下することは

判断力や計画性にも
大きな影響を及ぼすといいます。

なので こうしたら こうなるだろうとか

こういう時は こうしたら
いい結果が出るだろうといった…

つまり 「裏切り」によって
扁桃体が危機感を感じ

前頭前野の活動が低下すると
感情を抑制できなくなるばかりか…

更に 近年の研究で
「裏切り」が人体に及ぼす

驚くべき影響も明らかになってきました。

アメリカ ミシガン大学の研究です。

恋愛の上での裏切り。 つまり…

この時の脳の状態を調べたところ
驚きの結果が出たというのです。

こちらは
脳のMRI画像です。

恋人にフラれたと
感じた時に反応するのは

実際に殴られるなど
物理的な痛みを感じた時と同じ

脳の二次体性感覚野
という部位です。

注目すべきは
痛みの強さ。

物理的な痛みが 0.11という
痛みの強さなのに対し

フラれた時の痛みは 0.10。

ほとんど変わらないという
結果が出たのです。

つまり 裏切られた時に
人は 肉体的な痛みと

同じ痛みを感じることを意味しています。

「裏切られた!」 という
精神的なショックに加え

肉体的な痛みにまでも襲われることで
ますます感情の抑制が利かなくなり

判断力を失ってしまうのです。

(雷鳴)

家康は後回しじゃ!
秀秋を討ちに行くぞ!

え~っ!?

小早川秀秋の 突然の裏切りによって

家康を迎え撃つという
本来の目的を見失ってしまった三成。

こうして三成たちは 思いもよらない形で
関ヶ原に向かうことになったのです。

どうですか? 島左近の妻は。
こういう事情が

石田さんの側に
あったようなんですけど。

今 びっくりしたのが 肉体的な痛みと
裏切られた時の痛みと

同じようなレベルで
出てたっていうのが

ちょっと やはり精神面でも
肉体と同じダメージが

きちんと与えられるんだなと思って

やっぱり気をつけないと
精神的な面も健康的でいたいなって

やっぱり思いますね。
でも 今までの歴史で言うと

関ヶ原の合戦当日に
小早川秀秋は迷いに迷って

家康に大砲を撃たれたりして

焦って裏切ったっていう
認識があったんですけど。

何かね 小早川は どうも
家康に通じてるらしいぞっていうのは

みんな思ってたみたいなんですよ。

それでね 一番それがよく分かるのが
実は さっき出てきた大谷吉継。

大谷吉継の陣地なんです。
大谷吉継の陣地は

敵に対する柵を作ってるんですけど

徳川家康がやって来る方には
柵がないんです。

そうじゃなくて まさに松尾山に向けて。

つまり 小早川秀秋が やって来るのを

待ち構えるように柵を設けてるんですよ。

(一同)はあ~。

皆さん! 裏切られた時のショック
つらいですよね~。

そんな時にオススメ! 立ち直るための
簡単な方法をご紹介。

まず始めは 「号泣する」。

人は涙を流すと…

できるだけ たくさん涙を流して
号泣するのがポイントです。

2つ目は
「自分より惨めな人を探す」。

これは 「下方比較」という
立派な心理学の理論です。

相手と比較して
自分の方が まだマシだと思うことで

前向きになる
きっかけが作れます。

あくまでも
きっかけですから

くれぐれも相手をバカにしては
いけませんよ。

これらの方法は…

是非 お試しあれ!

僕が よくやるのが
人と比べないで

自分の生まれてきた幸せを喜ぶんです。
(中越)すごい。

例えば まあ 舞台を
毎年やってんですけども

不安になってくるんですね。
去年より面白いのかなとか

大丈夫かなと思うと
「ああ 別に死ぬわけじゃないや」って。

両親は僕の生まれてきたことを
喜んだんだし

関係ないやってなるんですよ。

そういう 要するに
心理的に見方を変えるんですよね。

今 とらわれてることが
とても小さなことだと。

生きてること自体すばらしいと。
そういうことです。

裏切られたけど
俺の心臓は裏切ってないと。

ず~っと血液を
循環さしてくれてるって。

で 呼吸もさしてくれてるって
肺は。

(笑い)
なるほどね。

視点を変えていけばいいんですよ。
ほんとですね。

生きてるから いいじゃね~か
っていうことね。
そう そう。

さあ 籠城作戦を捨てて
西軍は関ヶ原に向かいました。

いよいよ決戦の時が訪れます。

石田三成率いる西軍主力部隊は
拠点だった大垣城を出て

夜のうちに関ヶ原へと向かいます。

夜が明けると 辺りには
深い霧が立ちこめていました。

霧が晴れて戦が始まったのは
通説では午前8時ごろとされています。

開戦当初は 両軍ともに一進一退。

しかし 昼ごろになって
松尾山城の小早川勢が 突然西軍を攻撃。

これが引き金となり 西軍は総崩れに。

午後2時 およそ6時間にわたって
繰り広げられた戦いは

家康率いる東軍の勝利に終わった。

というのが よく聞く 関ヶ原の戦いです。

ところが今回
健康診断を進めていくうちに

全く違う
戦の様子が見えてきました。

九州大学に残された史料に
驚きの記録があります。

関ヶ原の合戦の直後に

東軍の武将 石川康通と
彦坂 元正が書いた書状です。

実際に 戦に参加した当事者が

戦いの2日後に 三河にいた友軍の武将に
宛てて書いていることから

信ぴょう性が
極めて高い書状と考えられています。

注目すべきは 戦いが始まった時間です。

「巳刻に 家康が
関ヶ原に出陣し
一戦に及んだ」。

戦いが始まったのは
巳刻 午前10時。

つまり 通説より
2時間も遅かったというのです。

これが 事実だとすれば
戦いが始まった時点で

西軍の兵士たちは ある深刻な健康状態に
陥っていた可能性が浮上します。

それは…

ヒトの体内には グリコーゲンという

すぐに エネルギーとして使うことのできる糖が
肝臓や筋肉などに蓄えられています。

その量は 一般に 1, 400kcalほど。

戦いが遅れたことで
西軍は これを全て使い果たし

低血糖状態に陥っていた
可能性があるのです。

西軍は なぜ 1, 400kcalの糖を
戦いの前に使い果たしてしまったのか。

検証します。

使うのは メッツという数値。

厚生労働省の基準です。

日常生活の動きも 数値化されています。

この数値を 換算式に当てはめ
エネルギー消費量を求めます。

西軍が 大垣城を出発したのは 午後8時。

出発前に 食事をとっていることから
グリコーゲンの糖は 1, 400kcal。

満タン状態で スタートです。

関ヶ原へは 北に家康が
陣を張っていたため 南宮山の南側を迂回。

およそ 20kmの距離を
重い甲冑を着て歩き

午前1時に 関ヶ原に到着します。

兵士の体重は 60kg 武具は 20kgと仮定。

5時間歩くことで消費する 糖のエネルギーは

630kcalという計算になります。

当時は 夜明けとともに
戦が始まるのが 普通。

季節は秋 夜明けは 午前6時頃です。

関ヶ原到着から 夜明けまでは
戦いの準備です。

陣地を作ったり 物資を運んだり
軽度の運動を5時間。

そこで使った糖は 525kcal。

戦いが始まることを想定していた
午前6時の段階では

もともとあった 1, 400kcalが

計算上は 245kcalに
減っていたことになります。

ところが この午前6時の時点で
霧が立ちこめていたため

実際に 戦が始まるのは
午前10時を待たねばなりませんでした。

その間 4時間。
じっと待機を余儀なくされます。

立ったまま 4時間待機することで
消費する糖は 336kcal。

つまり 戦いが始まった午前10時の時点で
計算上は マイナス。

もともとあった グリコーゲンの糖1, 400kcalを
使い果たしていたことになります。

かなりの低血糖状態だったと
言えます。

低血糖状態になると
体には 何が起こるのでしょうか。

その他としては 脳も お休みモードに
入った方が エネルギー使わない。

糖質を使わなくて済むので そうすると…

一方の東軍は どうだったのでしょうか?

東軍が 動きだしたのは
西軍より7時間も遅い 午前3時。

そこから 関ヶ原までの道のりは
10kmと 西軍の半分です。

関ヶ原に着いたのは
ちょうど夜明けの午前6時。

4時間 待ったとしても
午前10時の開戦時に

グリコーゲンの糖は 計算上
まだ686kcalも残っていました。

西軍との差は 歴然です。

西軍は 戦いが始まる時点で

既に 健康面で
圧倒されていたことになります。

そして 午前10時。 戦いが始まります。

激しい戦闘に身を投じる 兵士たち。

エネルギーを使い果たし

既に 低血糖に近い状態に
陥っていた西軍の兵士たちは

突如 決定的な症状に襲われた可能性が
あります。

それは ハンガーノック。

ヒトは 体内の糖を使い果たすと
自らの意思とは無関係に

突如 スイッチが切れたように
体が パタリと動かなくなります。

この状態が ハンガーノック。

重症化すると 意識を失い
死に至ることもあります。

わりと ガクッて
ああ もう駄目っていう感じで。

運動選手だと 今まで
思いっきり こう運動できてたのが…

例えば マラソンランナーが
35キロ地点までは すごい1位

トップを走ってるような状況で
いい感じで押してたのが

35キロ過ぎて…

バコッて。

空腹時に 急に激しい運動をしたり

糖分を補給せずに
長い時間 運動したりすると

ハンガーノックを起こす
危険性があります。

ツーリングや 登山などで

「まだまだ やれる!」と
ついつい 頑張りすぎる。

ダイエットのために
空腹のまま ランニングを続ける。

このようなことは
ハンガーノックのリスクを高めます。

特に おすすめは ラムネ。

通常 人は食べた糖質を ブドウ糖に変換して
エネルギーにしています。

直接 ブドウ糖をとることは
エネルギーの補給を早める効果があるのです。

こうして始まった 関ヶ原。

ハンガーノックに襲われた状態では

西軍の兵士たちは
手足を動かすことすら できないまま

その場で 次々と倒れこんでしまった
可能性があります。

西軍の兵士たちが ほとんど戦いらしい
戦いができなかったことをうかがわせる

同時代の宗教家の日記が残っています。

「巳刻に 西軍は敗北した」。

6時間の激闘だったという
通説とは異なり

実際には 僅かな時間で勝負がついた
可能性が高い 天下分け目の合戦。

勝敗を決したのは 両軍の圧倒的な
健康状態の差だったのかもしれません。

これは でも 確かにそうですね。

今まで こういうふうな見方を
したこと なかったけど

同じ人間として生きてるんだから
確かに そうですよね。

大体 戦場で食べられるものって
握り飯だったり それから干し飯…

お米 乾かしたやつ。 ああいうのを
自分で持っていくっていうのが

基本的に 行われていたことなんですね。

あと このベルトみたいに
縄に みそを塗り込んで

それで こういうふうに結んでおく。

それで お湯とかを沸かして これを切って
で 入れて みそ汁にして飲むとか。

縄自体も 食べられるものなんですか?

ずいきだったら 食べられますから。
ああ 芋のね はい。

そんな おなかが すきすぎて…。
僕 あります。 同じような症状。

辛いもの 食べ過ぎちゃいましてね。
イカの辛いやつ食べたんですよ。

そうしたら 2日間 痛くて痛くて
ほとんど食事できなかったんですよ。

でも 3日目に
ゴルフ行かなきゃいけなかったんですよ。

ハーフ終わって 9番ホールぐらいで
グリーンの横にいたら

シャッターが下りるように
真っ暗になるんですよ。

シャーッ クラクラクラクラって。

危ないですよ 危ないですよって言われて。

私たちの体や脳の エネルギーの源は
もう糖分なんですね。

ですから
一流のアスリートの方たちなんかは

しっかりと時間 いつに糖分補給して
いつ 水分補給してっていうことを

ちゃんと やってらっしゃるはずですね。

ポイントは 血糖値が下がる前に
補給するということで

下がっちゃったら もうあと
なかなか 回復は難しいですから

予防的にも補給していくっていうのが
大事だと思います。

これは 1, 400kcalを消費するまで

糖を とらなくて大丈夫ということでは
ありません。

グリコーゲンの残量に関わらず…

さあ 本日の健康診断 関ヶ原の戦いを
健康面から見てまいりました。

いかがでございましたでしょうか?

あの小早川さんがね 7歳から
お酒 飲んでたっていうことが

のちのち
きっかけになったっていうことがね

これは びっくりしました。
関ヶ原は 7歳から飲酒。

やだ…。
っていうふうに
僕は 今日からインプットします。

あれが 大きなカギになったなと。
分かりやすいですね いけませんよね。

中越さんは?
今回 見てみると

とっても 何か低血糖だったり
アルコール依存症だったり

皆さん 大変だったなって。

やっぱり 今まで歴史の番組とかも好きで
結構 見てたりもしてたんですけれど

合戦のシーンとか
歴史的な事実だけ見てて

その人の中身
全然 考えてなかったんですね。

人の中身は 我々と一緒で
やっぱり 血糖が足りないとか

寝てないから
疲れてるから働けないだろうとか

そういう見方が 今日 初めてできたので
これから そういうふうに見たら

いろんなことが面白く
もう1回 一から歴史を

そういう見方で
面白く見れるかなと思いましたね。

まあ あと飲まないですね。
未成年 子供の時は 絶対に飲まない。

そういうことですよね。
やめた方がいいですね。      そうですね。

関ヶ原には 当時 およそ
2, 000人の農民が暮らしていました。

田んぼや家 彼らの生活の場が
ことごとく 戦場になりました。

近くの山に逃げていた 村人たちが
戦が終わって目にしたものは

踏みつぶされた田畑と 焼け落ちた家屋。

そして 辺りを埋め尽くさんばかりの
屍でした。

その数は 1万2, 000とも言われています。

今も 関ヶ原に残る 首塚。

村人たちは 遺体を集め
ここに葬りました。

関ヶ原の周辺には ところどころに
当時の墓が残っています。

旧街道から 脇に入った森の中にも
小さな石の墓が残されています。

一つの石を削って造られた 素朴な…

この辺りは 西軍の島津氏が
陣をしいた場所です。

徳川の世になって 西軍の兵士たちを
堂々と弔うことが はばかられた時代

村人は 小さな墓を
ひそかに守り続けました。

時代を変えた大戦 関ヶ原の戦いは

関わった さまざまな人々の人生を
大きく変えました。

その本当の姿は 語られることなく
今も眠ったままなのです。


関連記事