誰だって波瀾爆笑 独身のプロ!武田修宏…ド貧乏から年収1億円超えの乱高下人生・結婚はしなくても…女っ気ゼロの…


出典:『誰だって波瀾爆笑 独身のプロ!武田修宏…ド貧乏から年収1億円超えの乱高下人生』の番組情報(EPGから引用)


誰だって波瀾爆笑[字]独身のプロ!武田修宏…ド貧乏から年収1億円超えの乱高下人生


結婚はしなくてもいい…意外すぎる女っ気ゼロの生活密着!松屋&ドトールが朝のルーティン!?テレビ初告白!1億3千万円横領事件&人間不信…衝撃過去!キングカズとロケ


詳細情報

出演者

【スタジオゲスト】武田修宏

【司会】堀尾正明、溝端淳平、岡田結実

【波瀾履歴ショー進行】小峠英二(バイきんぐ)

【VTRゲスト】三浦知良

番組内容

実は生真面目&苦労人!?お金に悩まされた人生激白!父はギャンブル好き…実家に借金取りが押しかける毎日!?腹が減ったら氷を食べてた!?超意外!成績優秀で偏差値70進学校に一般受験で合格!?6畳一間に2人暮らし…手取り13万の会社員時代!これぞバブル!?最高年俸1億2千万円のド派手生活とは?雑誌の対談相手にモデル指名し放題!?ド緊張!梅宮辰夫&和田アキ子から呼び出し食事会!リフォームしたて自宅潜入!

監督・演出

【総合演出】福田龍【統轄プロデューサー】南波昌人【プロデューサー】大友有一、芦澤英祐

音楽

エンディングテーマ曲「chance」/lol-エルオーエル-

制作

極東電視台、ホリプロ、ザ・ワークス

おしらせ

番組ホームページでは、番組内で紹介した美味しいお店情報を掲載!

http://www.ntv.co.jp/haranbakusho/

番組公式ツイッターも! @haran_bakushou




『誰だって波瀾爆笑 独身のプロ!武田修宏…ド貧乏から年収1億円超えの乱高下人生』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

がっちりマンデー!!「儲かる元素」身の回りに儲かる元素がたくさ
  1. 武田
  2. 溝端
  3. スタッフ
  4. 小峠
  5. 岡田
  6. 当時
  7. 自分
  8. ホント
  9. スタジオ
  10. サッカー
  11. 万円
  12. 年生
  13. 女性
  14. カズ
  15. トレーニング
  16. 結構
  17. 静岡
  18. 全然
  19. 中学校
  20. 店員


『誰だって波瀾爆笑 独身のプロ!武田修宏…ド貧乏から年収1億円超えの乱高下人生』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓日本テレビ関連商品

<本日のゲストは>

<いまだ 独身生活を貫く…>

(小峠)
「実家の玄関では」 こちらですね。

(溝端) 色が もう。

<Jリーグバブル到来>

<当時 撮影された…>

(岡田) どういうこと?

(武田) って聞いたら…。

(一同) えぇ~。

もう捨てればいいんだけど…。

<武田さんが…>

まさに 独身のプロ中のプロの方に
来ていただきました。

この方です どうぞ!

お願いします。
(溝端) お願いします。

(歓声と拍手)

武田修宏さんです。
(岡田) 武田修宏さん。

<…で おなじみですが>

<…ランキングでは

4位のノンスタ・井上さんを
抑え

オリラジ・藤森さんと並び
堂々 第1位>

<六本木では こんな うわさも>

<夜の六本木に10回 行けば
9回は目撃できるといわれる…>

<…ですが 実は>

(実況) ゴール!

<武田さん ただ遊んでる
おじさんではなく…>

<スーパースター>

<数々のクラブで活躍した…>

<その…>

<なぜか いつも
ゴール前の いい所にいる…>

<武田さん…>

<…する活躍っぷり>

<そんな…>

<週刊誌で撮られた女性に
怒られたりしませんでしたか?>

そういうね 写真とか撮られて。

怒られないですね。
怒られない?

はい 僕が遊んでたっていうより
遊ばれてるほうだと思うんで。

そんな たぶん 何もないですよ
レッドカード 何もないですから。

フェアプレーで。
フェアプレーですね。

じゃないと ここのピッチに
立ってないですから。

さぁ ここからは…。

(拍手)

(拍手)
おはようございます。

<ここからは バイきんぐ・小峠が
武田修宏さんの 実は…>

<…を
波瀾履歴書ボードで ご紹介>

(溝端) あのサッカーボールは…。

(溝端) 色が もう。
(小峠) 薄いよね。

さぁ ここからは
武田修宏さんの人生を

小峠さんが履歴書ボードで
紹介してくれます。

(拍手)
お願いします お願いします。

(溝端) 小峠さんも…。

そうですね。
(溝端) シンパシー 感じますか?

(小峠) いやいや…。
今日も期待してますよ。

(小峠) さぁ 武田さんといえば
真面目だったプロスポーツ界に…。

文化を持ち込んだ…。

(小峠) …というイメージだと
思うんですけども

本日は 武田さんの…。

(小峠) たっぷり
紹介して行きたいなと思います。

まずは
基本情報から まいりましょう。

(小峠) こちらは もちろん 本名。
本名です。

あれ 「のぶ」って
なかなか読めないですよね。

当て字ですね
読めないです 「のぶひろ」とは。

「のぶ」とは読めない。
(溝端) 初見では読めないですね。

「おさひろ」。
「おさひろ」ですね。

そして 生年月日が…。

ちなみに 同じ1967年生まれの
有名人は…。

配偶者は なしということで。
配偶者 ないでしょ。

1回もないのね?
もちろんですよ。

(岡田) 踏み切ろうとしたことも
ないですか?

ないですね。
(溝端) 婚約指輪まで買ったとか。

(溝端)
今 お付き合いされてる方は?

いないですね。
どれぐらい いらっしゃらない…?

いや もう ず~っと
結構 いないですね。

狙ってる方も いらっしゃらない?
狙ってる方…。

全然 進まないですね。

武田さんのボディーサイズですね。

これね 視力が すごいんです。

(溝端) すごいな。
老眼は始まってないですか?

ちょっと始まってますけど
でも 何とか頑張ってますよ。

トレーニングとか してたんですか?
サッカーって 一瞬 パッて

全体の視野だったり
右だったりだけど

そういう意味では
目は いいですね。

(一同) へぇ~。

俺ね 自分が ネイルとか
ちゃんと行ってるんで

女性のネイルが
ちゃんと塗られてるかなまで

余分なとこまで見ちゃう。
(溝端) うわ~。

これ もともと キャスター
やらせていただいた時に

ボード持つ時に 爪が汚いと

相手 不愉快な気持ちをする
っていうことで

それから行くようになりましたね。

小峠君…。

(笑い)

武田さんの悩みなんですけども

最近 人生について考える

ある切実な悩みが
あるそうなんですけども

結実ちゃん
何だと思いますか? これ。

…に悩んでる。

すごいですね…。

ねぇ すごい 今日は 緩い感じ
いいですね いいですね。

ホント そういう感じの悩みです
こちらです。

寂しいな。
死ぬだけっていうか 何か

人生 楽しんで 明日じゃなくて
今を生きてるんで 今日 今を。

そういう意味では もう 後悔
してないかなという感じですかね。

(溝端) 結婚は
考えてないってことですか?

新しいパートナーを見つけて
家庭を持つ。

結婚も やっぱり
よくいわれてるのは

幸せな結婚だったら
したほうがいいけども

幸せじゃない結婚だったら
しないほうがいいから。

結婚っていうものに
焦ってはないですけど。

どういう結婚のことを
いうんでしょうか?

(小峠) 武田さんの生い立ちから

知られざる人生を
紹介してまいりましょう。

武田さん…。

赤ちゃんの時から
女好き顔なんでしょうか。

0歳の時のお写真 こちらですね。

(岡田) かわいい。

そうか 白黒写真か。
そうですね 時代がね。

(岡田) かわいがられてました?

でも この頃って
あんまりね 記憶はね。

でも 次男なんで やっぱり
大事にされてたと思います はい。

(溝端) この頃から 何か 目が…。

遠い所 見てる。
(小峠) そんなことない。

<サッカーが盛んな 静岡県浜松市で
生まれた武田さん>

<実は 顔は…>

(小峠) お母さんと 車の前で
撮った お写真ございますね。

「母と車」 3歳の時ですね。

こちらです。

(岡田) お母様も しんの強そうな。

(溝端) お母さんと
顔って似てるんですか?

似てますね やっぱ はい。

ご実家は お仕事とか
されてたんですか?

お母さんが看護師さんで

お父さんが
タクシーの運転手さんで

お兄さんが2つ上にいまして

あと おばあちゃんの5人家族で。

武田さんのお父さんのお写真
ございますね。

かなり貫禄のあるお父さん
だったそうなんですけども

こちらです。

(溝端) おぉ~。

いい男じゃないですか。
(小峠) カッコいいですね。

派手好きで ギャンブルが好きで。

父の派手なとこと
両方 ちょうど…。

バランス良かったですね。

お父さんの派手なとこも
入ってんだね。

そうだと思います
じゃなかったら こんな…。

(笑い)

<…に育てられた
武田さんですが

少年時代に 早くも…>

<…を味わいます>

(小峠) 実家の玄関では
一般家庭では味わえない

ある現象が頻繁に
起こっていたそうなんですね。

こちらなんですけども
「実家の玄関では」。

結実ちゃん 何だと思いますか?

お母様 看護師さんなので

病気とかケガには
気を付けてほしいから 風呂。

(小峠) 玄関に風呂?
風呂。

どういう見解だよ それ。

行きましょうか
「実家の玄関では」 こちらですね。

えぇ?
ギャンブル が すごい好きだったんで。

派手好きだったんで やっぱ もう。

<…が押し掛けていたそうで>

お金が 結構
バンバン使ってたんで

ホントに 怖い人たちが
ちょっと 入って来て

「親父いるか?」とか 来てて。

基本的に…
母 看護師で 共働きで。

そこで 僕とお兄ちゃんとかは

いないっていうような
対応してたんですけど。

取り立ての様子っていうのは
すごく覚えてます?

覚えてますね 怖いですし。

借金取りが来た時は
どうしてたんですか?

じっと 静かに我慢してた感じ。
隠れたりはしない?

隠れたりはしないですけど…
「いないです」って。

当時でいうと いくらぐらい
借金してたんですかね?

どうなんだろう?
子供だったんで。

でも そんな時に
母に言われたのが 3つで。

必ず 自分のやった行動には
自分で責任 取りなさい。

あとは 必ず ひとに
迷惑を掛けない 自分の行動で。

あとは 笑顔でいなさい。
笑顔 いいですね。

悲しくても 笑顔じゃないと

周りの人が みんな
暗くなっちゃうんで。

(溝端) それは 今でもですよね
武田さん いつも笑顔で。

はい。

<…だけは欠かさなかった
武田さん>

<お金がなかったので…>

(小峠) さぁ
父のギャンブルのせいで

超貧乏生活だったという
武田さんなんですけども

誰にでも平等に
誕生日は やってまいりますね。

誕生日といえば ケーキやチキン
などが定番なんですけども

武田さんが 年に1度の誕生日で
食べていたのは こちらですね。

いや もう ホントに 母が
頑張ってくれて 夜勤とかで

そんな 誕生日とかクリスマスとか
祝う感じじゃないんですよ。

もう ホントに 一生懸命 学費とか
払うのが 精いっぱいなんで

だから 誕生日とか
そういうことより

仕事 もちろんね 優先だから
そういう時は もう

家で ご飯 自分で炊いて

一番 かけんのは
醤油じゃないですか 僕らね。

それで 醤油で食べたり

その 記念日とか そんな ない。
習慣が なかったんですね。

自分のことは
小っちゃい頃 自分で

お腹へった時は もう ホントに

小麦粉 混ぜて
キャベツ 自分で切って

紅しょうが入れて

自分で食べたりとか 作ったり。

(溝端) 小学校の低学年から。
はい。

(岡田) 小っちゃい頃から
自立せざるを得なかった。

全く 両方とも また
家にいないから

お腹へった!と思って
冷蔵庫 開けたら

何もないんですよ。

したら 何も知識ないから
氷があったんですよ。

で お腹へったって 氷 取って
口に 氷 入れたら

口に くっつくじゃないですか。

で 取ったら
血だらけになっちゃって。

氷しかなかった 冷凍庫の中に。
はい。

1人だったんで。

さぁ…。

氷だけだと。

小学校の名前が

ちょっとね
変わっているんですよね。

それが こちらですね。

佐藤小学校ですね はい。
何で 佐藤町とか?

佐藤町です そうですね。

町の名前なんですね。
はい 佐藤町です。

(岡田) 佐藤っていう ふ~ん。
でも…。

浜松市は鈴木ばっかりですから。

…ってことですよね?
(笑い)

<浜松市の佐藤小学校で

サッカークラブに入った
武田さん>

<当時 使っていた…>

さぁ 貧乏で
暗い少年時代を過ごしていた

武田さんなんですけど

この頃から実は
浮気性だったことが

よく分かる写真を入手しましたね。

こちらです…。

(小峠) こちらですね。
(岡田) フフフ。

巨人の。
(小峠) 巨人帽をかぶりつつ

サッカーをやってるというね。

(溝端) 家の中で
靴 履いてんですか?

そうですね。
ホントだ。

いやいや 日本。

(溝端)だいぶ でも あのサッカーボールは
蹴り続けた…。

だいぶ 色が もう。
(小峠) 薄いよね。

<ほぼ 色がない…>

<武田さん>

<実は…>

こちら 武田さんが
貧乏ゆえに知らなかった

一般常識が
あるそうなんですけどもね。

何だと思いますか? 結実ちゃん。

え~ 結構 当たり前のことに
なっちゃうんですか?

これは 当たり前だね
全員 もう…。

え~ 一日3食ってことを
知らなかった。

2食だと思ってた。
(小峠) 違いますけども

まぁ でも そんな。

行きましょうか
「貧乏ゆえの無知」ということで

こちらですね。

親が家にいないし
風呂とかもシャワーも

自分で すぐ浴びてたんで

どっちが先かって
教えてくれないじゃないですか。

ほとんど 1人だから

全然 逆してて。
(溝端) 先にリンス。

そう してて で
ホント 分かんなかった。

それで チームの よく
合宿とかあるじゃないですか。

で みんなで風呂入る時に
あっ 逆だと思って。

気付いた時は みんなに言われて
気付いたんですか?

それとも 自分で察して。
もう 察した。

もう 「えっ 違うんだ」
誰も言わないです。

「あぁ そうなんだ」 考えて
やっぱり 自分で感じるタイプ。

それで 初めて知った。

(岡田) せっかく
とぅるとぅるになったやつを

全部 流してたってことですよね。

(小峠) さぁ リンスの後
仕上げにシャンプーで

全てを洗い流していた
武田さんなんですけども

髪形に
ご注目くださいということで

こちら
「さとう」と書いてますけど。

これですね。
(溝端) 女の子みたいですね。

(小峠) ちょっと やっぱ その…。

(溝端) リンス流しちゃってるから
そうだ。

<…だった 武田さん>

<当時 女性に嫌われていた?
と思える

こんな写真も>

(小峠) こちらの写真
ご覧くださいということで。

「嫌われてる?」
と書いておりますけど

どうなんでしょう
15歳の時ですね。

うん これが 武田さんで

やっぱ その 隣に女性の方が
いらっしゃいますけども

ちょっと 他の方に比べては
距離感があると。

(堀尾:溝端) ホントだ。

わざと ちょっと
離れてる感じがします。

いやいや
中学校 卒業したぐらい

日本の 16歳以下の
日本代表で

で シンガポールか何かの
大会に行って

その時に たぶん
写真撮りましょうっつって

撮った方だと思うんですけど

だから この ワッペンが ちょうど
日本代表のワッペンじゃないですか。

女性 でも シンガポールで
出会った日本の人ですか?

何で武田さんと 写真 撮ろうって
なったんですか?

日本代表の人たちが来てるんで
撮ろうっていう感じだった…。

その中でも やっぱ 武田さんの
隣に来るってことは

女子に人気は
あったんじゃないですか?

どうっすかね。
隣に来てるけど距離はあるよな。

<当時は 意外にも
女性が苦手だったという

武田さん>

<高校は 名門 清水東高校に
進学しますが

実は…>

(小峠) さぁ 実は 清水東高校
サッカーだけではなく

県内有数の進学校としても
有名で…。

すごい。

(溝端) えぇ~!

サッカーじゃなく一般受験で一発合格。
そうですね。

(岡田) 受験勉強は
どのぐらいしたんですか?

やっぱ ずっと もう
一生懸命してましたね。

ってことは 中学の頃から
成績が 良かったんですね。

中学校の時に ホントに150人中
10番以内 入ってましたね。

え~。

やっぱり その当時
清水東高校って文武両道…。

僕は 高校サッカー選手権
っていうのを

1年生の時 テレビで見て
日本テレビの。

…で
ここに行きたいっていうことで

文武両道で 落ちるかもしれない
っていうリスクを負って

行きましたから。
でも 正直言って 武田さんが…。

いやいや いやいや。

(小峠) さぁ 高校時代
下宿生活を送っていた

当時のお写真が こちらです。

(溝端) うわぁ 男前。
いい男だね。

(溝端)
めっちゃモテたでしょ でも。

いっぱい来ました 高校1年生で
ファンレターが

学校に 段ボール こんなのが1個
ど~んと。

それを よく言われてるのが…。

女の子が ファンが
こう いっぱい 囲むから

風が通らなくなるぐらい
人気があった。

(一同) うわぁ~。

<…といわれるほど

清水東高時代は…>

<実は 監督の
ある教えがあったため

女性に 全く
なびかなかったそうで>

(溝端) 中学生ぐらいから
普通あるもんね。

いつ頃から?

いや 中学校ですよ
小学校とかの時は

ちょうど6年生とかでも
トップでしたけど

全然 女性 興味なかったし
中学校1年生の時も

女性の…
付き合ってくださいとか

年上の人に言われたんですけど
一切 興味なかった。

(溝端) シュート
打たなかったんですか?

いや あの サッカー部の監督が

「サッカー選手は 女性をつくると
下手になる」っていうのを

信じてて。
(溝端) ははぁ~。

中学校2年生ぐらいまでは
付き合わなかったし

もう サッカーが終わって
ちょうど中学校2年生ぐらいに

席の横の
サッカー部のキャプテンと

ソフトボール副キャプテンの子と
自然と こう 付き合うように。

初めての恋愛は
中学校2年生ぐらいです。

2年生。
はい。

(小峠) さぁ サッカー選手として
いきなり スターになった

武田さんなんですけども

もう1つ かなり意外な一面も
あったみたいですね。

(溝端) 同じ彼女って
どういうことですか?

まぁ 中学校の2年生ぐらい
付き合った彼女と

ずっと 高校3年まで付き合った。

その ソフトボールの子?
はい。

もったいないなとか
思いませんか? 今 考えて

そんだけモテてんだったら。

いや 当時 純粋だったんで

他の女性と お茶することが
浮気だと思ってたわけですよ。

喫茶店に行くとか。
全部 浮気だと思ってたんで。

<当時…>

<…だったという
純粋な武田さんでしたが

アイドル並みの
人気者だったがゆえ

地元 静岡では誹謗中傷も
あったそうなんです>

下宿してる家に嫌がらせの電話で
電話かかって来て

「お前 調子乗んなよ」とか。
へぇ~!

もう トイレ行くにしても
みんなから言われたりとか

彼女と歩いた時に 1回 静岡で…。

…って言われたことが
あったりとか

高校時代から そういうのも
やっぱ あるわけですよ もう。

静岡県の 当時
キャプテンやってて 僕は。

副キャプテンが 中山雅史君
ゴン中山君。

高校の2年生の時に
三浦知良さんがブラジルにいて

静岡の大会でも 2年生と戦ってて
三浦知良さん。

高校サッカー界のスターとして
活躍した 武田さんなんですけど

卒業後は
かなり意外な進路に進みますね。

結実ちゃん 何だと思いますか?

勤めた。
(小峠) そうね うん。

勤めましたね
就職して 勤めたみたいですよ。

広告業者に勤めた。

(小峠) う~ん
広告業者ではないですかね。

行きましょうか
「高校卒業後は…」。

第一テレビに入った?
(岡田) メディアの世界に行かれた…?

はい。
(小峠) そんなサラリーマン時代の

できる男感を醸し出している
お写真ございますね。

「進路先」 19歳とありますけども
こちらです。

(一同) あぁ~。
(溝端) 爽やかな。

(小峠) カッコいいですね。
爽やかなサラリーマン風でもありますね。

<高校卒業後は…>

<…を送っていたそうで>

(岡田) 第一テレビ入って どこの
部署に配属されたんですか?

静岡第一テレビ 東京支社の
総務です。

だから もう 電車 乗りながら
9時半出社で

銀座の4丁目辺り行って 当時は
あそこ マックがあったんで

マックで 朝飯 食べながら。

で 9時半から
おはようございますって出て

代理店に
スポット買いに行ったりとか。

あと 懇談会 行ったりとか。

そんなことも やったんですか?
やってましたね。

今の時代は
今 スポーツ選手って

いろんなスポンサーさんって
いましたけど

当時は
そんなこと なかったんです。

当時は プロがなかったんで
高校サッカーで活躍したら

みんな 慶應だとか早稲田とか
スポーツ推薦で入って

いい会社に入って 辞める
という時代だったんです。

僕は どうせ 日本代表に入るのに
目指してるのに

大学4年間は
もったいないんじゃないかという。

だったら 当時
読売クラブっていうとこが

非常に強かったんで
日本テレビ系列の。

第一テレビの
出向社員ということで

午前中は
東京支社の銀座で働いて

午後は よみうりランドで
練習をするっていう。

会社員ということで
手取り13万円ぐらいで

最初 6畳ひと間の お兄ちゃんと
2人暮らしだったんですけど。

そこの会社員として 一応
サッカーをするっていうことで。

(溝端) なるほど。

<手取り13万円の
サラリーマンとして働きながら

サッカーをしていた
武田さんですが…>

<…すると 日本に
空前のサッカーバブルが>

<プロになった武田さんの…>

当時のスターっぷりが分かる

「試合直後?」 25歳の時のお写真
ということなんですけども

こちらです。
(溝端) うわ!

(岡田) すごいポーズ。

いや…。
(笑い)

(小峠) さぁ そして
日本サッカー界では有名になった

武田さんなんですけども
Jリーグ開幕の前年

1992年に発売された

イメージビデオが
あるそうなんですけども

かなり謎が多いVTRに
仕上がっておりますので

こちらをご覧ください。

<サッカー界 発展のためにと

武田さんが ひと肌 脱いだ
ビデオなんですが

このイメージビデオ…>

学級委員とか…。

<冒頭から 武田さんの…>

そういうような 小学校 中学校の
生活だったなと そう思います。

(スタジオ:武田) わざとらしいな。

(スタジオ:溝端) 演出が。
(スタジオ:小峠) 何だよ これ。

<が 大量に駆り出され…>

<…の サッカーシーンも>

<さらなる 謎演出に
スタジオ 理解不能>

(スタジオ:岡田) 何で?
(スタジオ:溝端) エアガン。

<月給13万円サラリーマンが
プロになると驚きの年俸に!>

武田さんは …万円。


<…なった 武田さん>

<当時 発売された
イメージビデオでは…>

(スタジオ:武田) わざとらしいな。
(スタジオ:溝端) 演出が。

<その…>

<こちら>

<楽しく…>

<突然 場面が変わって>

♬~

<なぜか 腹筋を鍛えるシーンが>

(スタジオ:溝端) ギャップをね
お酒 飲む時もあるけど 鍛えてる。

<ボートで
クルージングをしていると

今度は いきなり…>

(スタジオ:溝端) クルージングで
遊ぶ時もあるけど 鍛えてる。

<和やかな
ホームパーティーシーンからの…>

(スタジオ:岡田) ホームパーティー。

(スタジオ:溝端) ギャップ ギャップ。

<またまた…>

<…という ごちゃ混ぜ編集が
斬新なビデオですが

極め付きが>

(スタジオ:溝端)
ダメだよ ポイ捨てしちゃ。

(スタジオ:堀尾) まだ入ってるじゃん。

(銃声)
(スタジオ:溝端) えっ どういうこと?

(銃声)

(銃声)
(スタジオ:溝端) 射撃?

(スタジオ:岡田) 何で?
(スタジオ:溝端) エアガン。

僕は 当時 全く知られてなくて

サイパンで トレーニング 行く
っていうふうに言われていて

トレーニング 行ったら
サイパン 着いた日に

もう ロケが組まれていて
全部 ああいう映像…。

ドキュメンタリーじゃ
ないんですか? あれ。

いや 全然 そうじゃ ない。
(溝端) 全然 違うんですか。

(岡田) 普段の生活とは
ちょっと違かったですか?

<当時 人気絶頂だった
ヴェルディ川崎の一員として

大活躍だった武田さん>

<…と 大フィーバー>

<人気絶頂時の武田さんの…>

当時の日本サッカー界の
レジェンド選手の

最高年俸を
見て行きたいなと思います。

まずは カズさんは こちらです。

2億4000万円と。
(岡田) えぇ~!

当時 高かったね。
(小峠) すごいですね。

こんな もらえるんだ。
(小峠) 年俸2億4000万円。

さぁ そして ラモスさんの年俸は
こちらになります。

1億5000万円と…。

(岡田) 億超えなんですね。
すごいね。

どうですか 結実ちゃん 武田さん
おいくら 行くと思います?

でも 下がってってますよね。

(小峠) まぁ ちょっとね
武田さんは

1億2000万円。
(岡田) すごい。

(小峠) 素晴らしいですよ。

<サラリーマン時代 月給13万円だった
武田さんですが

27歳の時 年俸は
なんと 1億2000万円!>

金銭感覚
おかしくなりませんでしたか?

いや おかしいですよ
だって 僕 月13万円のが

いきなり 月1000万円に
なっちゃうんですから。

車が BMがポルシェに
なっちゃうんですから。

(小峠) さぁ そして
大金を手に入れまして

やはり 調子に
乗ってしまったようですね。

ファッション雑誌も そうなんです
ここで やっと 調子に乗りますよ。

ファッション雑誌の表紙は
あの女優さんと

ツーショット写真を飾ります。

「女優と表紙」
ということなんですけども

これが こちらになりますね
こちら 分かりますかね?

(溝端) 松下由樹さん。

若いな 『CanCam』の表紙。
そう。

(一同) えぇ~!

当時は 『JJ』 『CanCam』の
連載 やってましたし

こういう表紙とかでしたし
当時はね おかしな世界で

モデルさんの この子と
対談したいって言ったら

次の日 対談企画が
決まっちゃったりとか

こっちから指名できたんですよ。
(岡田) えっ こっちから指名?

指名して 会いたい人に
会えたんです 全て。

じゃあ 松下さんも指名…?
松下さんは たぶん 雑誌側と

サッカーが 今 流行ってるんで
っていうふうにやりましたけども。

(岡田) 誰 指名しました?
過去 歴代。

女優さんとか指名されたり

雑誌の ここの この子
かわいいねっつったら

もう 次の日
セッティングされ 食事 行って。

(一同) へぇ~。

<サッカー選手は
憧れの職業1位と

かなりイケイケだった
武田さん>

<有名…>

当時 これは あれですけど

梅宮さんの娘さん 21歳で。
アンナさん。

僕 何もないんですけど
一緒に食事とかしてて。

その時に
アッコさんから電話あって

お前 梅宮辰夫さんが 何か…
娘さんと食事 行ってるから

ちょっと 3人で食事 行きたいよ
って言われたっつって

当時 この時に

梅宮辰夫さんと 和田アキ子さんと
武田修宏 3人で

食事 行った思い出 残ってますね。
えぇ~!

アンナさんと あんた
どうなんだ?って言われて

ホントに友達ですよ
っていう話をして。

その時は すごい びっくりした
覚えてますね。

だって
梅宮さんとアッコさん 3人で。

日本酒が お水に感じましたね。

(溝端) 全然 酔えない。
酔えない 酔えない!

<華やかな
Jリーガー生活の半面

やはり アマチュアと違い

プロ契約は
相当 厳しかったそうで>

例えば 出場給っていうのは
50試合あるんだったら

出場給2000万円だったら
2000万円 割る 50試合 1試合。

1億円っていうのが 12で割る
12か月で1か月ぐらい。

じゃあ ケガで出られなかった…。
出られないと また その…。

全部 出たら 100%
出場給100%。

ベンチだと 4分の1とか
負けると ゼロとか。

レッドカードで出なくなったら?
それは 罰金とかあるし。

負けると ゼロなんですか?

負けたりすると
ゼロの時もありますし。

だから メンバー16人に
入らなかったら

出場給 もらえなかった
だから 結構ね 厳しいですよ。

それで 1年契約だから
みんな 1年でクビになる人も

いっぱい いますし。
1年契約なんだ。

だから いつも
毎週 ドキドキしたのは

メンバーに入んないと
給料 もらえないじゃん。

だから 練習して 張られた時…
テストの発表と一緒で

16人 パッと見て
練習来て あっ 入ってねえな。

そうすると 土・日
練習しなきゃいけないし。

毎回毎回 メンバー 入んないと。
厳しいですね それね。

でも やっぱり プロの意識
強かったんで 18歳から。

サッカーやる時は サッカーやる
月曜から金曜まで 一切 飲まない。

でも 金曜の夜は
みんなで遊び行くっていう。

今も そうですけど 月曜から金曜
お酒 飲まないですからね。

我慢してる?

その癖が もう 34歳まで
アスリートとして。

だって 飲んだりしたら もう
そんな プロでやれないですよ。

サッカーって 特に 毎日 トレーニングで
5km 走ってるんで

体重3kg… あと
血液検査もあるんで 乳酸値。

血液検査 あるんですか。
乳酸値。

しっかり トレーニングしてるか
してないか。

体脂肪も測る 飲んだら すぐ…。
(溝端) バレる。

だから
全然 ちゃんとしてましたよ。

ん~。

<33歳…>

(小峠) こちら
「横領1億3000万円」。

(溝端)
えっ どういうことですか?

<私服は…>

いつも 自分で オリジナルで
作っちゃうんですね。

(笑い)

<33歳の時 パラグアイへ
移籍が決まった武田さん>

(小峠) さぁ そして 人生
いいことばかりではございません。

武田さん 33歳の時に

パラグアイのサッカークラブに
移籍したんですけども

実は テレビでは
まだ言っていない

移籍した 本当の理由が
あるそうなんですね。

それが こちら
「横領1億3000万円」。

(溝端)
えっ どういうことですか?

このお金のことは
身内の叔父さんにやってたのに

それを銀行に入れても
なかなか お金になんないんで

株に やってたみたいで。
あぁ~。

戦力外になったから 叔父さんに

ちょっと もう 貯金
どうなってんの?って聞いたら

ゼロだったんですよ。
(一同) えぇ~!

<33歳で 身内に
1億3000万円 使い込まれ

貯金ゼロになってしまったという
武田さん>

<さらに…>

実は 戦力外通告の時に

Jリーグで 全部 ためたお金を
横領されちゃって。

ホント 自分の中では
人間不信っちゅうか。

それで 戦力外で
その2つのことがあって。

…で 南米 パラグアイに
行ったんですけど。

皆さんは 戦力外だけで行った…
だけど 全財産がなくて。

今回 この テレビで言うの
初めてなんですよ。

だから みんな チャラチャラしてるとか
みんな どこ行っても

金 あんだろ Jリーグでって
言われるんですけど

なかったんですよ
テレビやる時は。

こういうことなかったら
南米 行ってないですからね。

(小峠) さぁ そんな
パラグアイに行った当時

一文無し感 漂う
お写真ございますね。

悲しいパラグアイということ
なんですけども こちらですね。

もう グラウンドも
デコボコなんですよ。

やっぱり そんな
決して 裕福でも…。

ユニホームの素材も
すごい あれですし

練習も コンクリートだったりの
上で練習したりとか

あと 牧場で 馬があるとこで
トレーニングしたり。

(一同) へぇ~。
(溝端) 夜ですか? これ。

夜 ナイターの試合です。
(溝端) すごく暗くないですか?

真っ暗 照明も暗かったり。

いろんな人に こう助けられて。

…で 縁とタイミングが合って
やれたんですけど。

人生にとって…。

今 もう1回ね 南米 行け
っつっても 行けないですよ。

ただ…。

(笑い)
えぇ~!

<…を味わいましたが

現在は
バラエティーのみならず…>

<…にと大忙しの武田さん>

<実は テレビ出演の時は…>

<ということで
何かと こだわりが強そうな

武田さんの…>

洋服 自前なんで…。

いつも これですよ これ…。

<テレビの時は スーツで
びしっと決めている武田さん>

<このスウェット…>

(スタッフ) えぇ~!
黒に見えるんだけど 一応

ジェームス パース  L.A.のブランドで
結構 高いですよ これ たぶん。

<スウェットは ハリウッドセレブ も
多く愛用する

L.A.ブランド…>

<2万円したという
スウェットの…>

やっぱ 素材とかだったり。

いつも 洗濯 楽ですし
素材感 何かタオルっぽい。

(スタッフ) モコモコしてる。
モコモコしてる。

<…が お気に入りだそうですが

パンツ選びには
サッカー選手ならではの

ある こだわりが>

いつも こんな感じで。

ってイメージがあるんで
そうじゃなくて こうやって

ピッてしたら…。

<…と いつも 私服は 黒のスウェット
上下の武田さんですが

実は アウターも>

いつも
黒いジャンパーを羽織って

こういう感じで いつも。

何か 寒かったりすると
あれなんで もう 何か…。

これは どこだろうな?
これは 結構…。

結構しますね 有名なとこでね
これもイタリアです。

<こちらは…>

<…のダウンコート>

<スウェットに続き
アウターまで真っ黒な武田さん>

<さらに>

もう 何か 黒子みたい。

で こういう…。

寒い時は ちょっと…。

末端冷え性なんですよ。
(スタッフ) 末端冷え性?

ちょっと おかしいんですけど
いつも こんな感じで…。

こうして
いつも こういう感じです。

これで こう ちょっとダテ眼鏡。

こういう感じです。

<服からバッグ 帽子に眼鏡まで
いつも…>

<スタイルだという武田さん>

(笑い)

<それにしても…>

<理由は武田さんならではで>

このバッグ すごい特徴があって。

このスーツを
これ 何でかっていうと

これは 一番
僕 いつも持ってくんですけど…。

ほら。
(スタッフ) ホントだ。

この大きさで 靴 入れて このまま
持ってけるんですよ 1個で。

だから
俺 このバッグが すごい好きで。

ほら 普通 手で持ってかなきゃ
いけないじゃない。

この大きさが 探したんですけど
なかなか ないんですよ。

(笑い)

<そう バッグが大きい理由は…>

<こちらの どでかバッグも…>

<3年前から
愛用しているそうです>

そうですね。

ガラガラ。

<武田さんの巨大バッグの…>

スーツ 必ず…。

自分で必ず。

しわ あれば…
必ず これは持ってます スチーム。

<自前衣装のため
myスチームアイロンも 常に持参>

あと 必ず…。

こぼしちゃった!って時は
染みを取ったり。

だから 何があってもいいように
染み抜きとかも ちゃんとあるし。

<さらに シミとりや洗剤など

衣装が汚れた時のケア用品まで
持参する武田さん>

<…だらけの巨大バッグですが>

あとは 女子力高い…。

あと こういう。

こういう。

<奇麗に小分けされた
ポーチが5個>

<うち2つは
化粧品専用ポーチだそうで…>

こういう 何だろう
これなんかは…。

気分は。

いいでしょ?

<レモングラスとローズの
香りがする…>

<毎回 控室に入ると
室内に振りまき

リラックス効果を
高めるそうですが>

<武田さんニオイグッズには
目がないらしく>

ちょっと
この間 知り合ったんだけど。

甘いニオイが 甘いのよ。

これ 甘い
甘いニオイだよ これ ほら。

(スタッフ) バニラですか?
ねぇ どう? いい香りでしょ。

また ちょっと癖になりそう。

<ハンドクリームは…>

<ボディースプレーに
ハンドクリームに続いては>

これも こうするだけで。

これも
やっぱ リラックスなんだよね。

ちょっと これはミントのニオイ
これ ちょっと スッとする。

(スタッフ) あぁ いいですね。
ニオイ 嗅いでみて。

これ こういうふうにやると
リラックスして いいでしょ。

<ネイルケアのために付ける
というオイルまで香り付きで

こちらはミント系>

これ 結構 好きなんだ
友達が好きな人がいて。

保湿。

ちょちょ…
手 貸して めっちゃいいニオイ。

塗ってみて 塗ってみて どう?
香りも いいでしょ?

これは…。

化粧水 ほら
化粧水 化粧水 化粧水 ほら。

<資生堂の保湿ジェルや

シャネルの化粧水などなど

香りが渋滞を起こしている
武田さんですが

なぜ ここまで
ニオイグッズだらけかというと>

香りは大事ですよね。

<巨大バッグには もちろん
ニオイグッズ以外も入っていて>

(スタッフ) へぇ~。

年賀状 毎回 作ってるし 自分で。

何かあった時は…。

サッカー 好きな人へ
喜ぶじゃないですか。

そういうので こういう
入れとくわけです。

「よろしくお願いします」とか
「お体を大事にして…」。

これも そうだ こういうお礼状の。

こういう対応とか。

<…という律義な武田さん>

<書き方の…>

<常に
持ち歩いているそうですが>

<武田さんのバイブルともいえる
こんな本も持ち歩いていて>

(スタッフ) へぇ~。

<武田さんが…>

<…と呼ばれる1冊>

これ もう 俺のバイブル。

何かあった時とか
いつも 読むんだけど

「富は若者にとって災いであり

貧乏は若者にとって…」。

何だ? 「幸いである」。

そうそうそう。

<さらに こんな…>

あと これ たまに こう
滑舌が悪いんで

アナウンス学校でもらったの
日テレ アナウンス アカデミーで。

大体 2回ぐらい
毎朝 読んでるようにしてますね。

<実は 引退後に解説者になるため
滑舌を直そうと

お忍びでアナウンススクールに
通っていたんです>

「拙者 親方と申すは
お立合いの中に…」。

<今も 仕事の前は
当時のテキストで

『外郎売り』を読んで 滑舌の
練習をする真面目っぷり>

「唐人 外郎という人
わが朝へ来たり」。

そういうのも 全部 毎回。

<巨大バッグから ボロボロ…>

スケジュール。

ボロボロなのに
もう 売ってないのよ ほら。

<51歳 独身生活を支える
牛丼屋さんの朝定とは?>

<徹底調査>

こうやって やる。
(スタッフ) えぇ~!


ボロボロなんだけど
一応 エルメス。

財布が こんな赤にして。

赤が 赤 赤…。

これもエルメス これ 赤。

赤 赤 赤が好き。

<革製品は全て赤でそろえている
武田さん>

<当然 赤にも
強い こだわりがあって>

<3年前に…>

<さらに>

ボロボロなのに
もう 売ってないのよ ほら。

ほら この形がさ
もう 売ってないのよ。

<こちら 年季が入った…>

でも 何か こういうボロボロの
昔のものを使ってたほうが

カッコいいのかなと思って
随分 前に買ったんですけど。

毎年 中身だけ
変えてるんですけど。

形とガワ 今 こういう赤って
ないんですよ このレザーの赤。

赤でも いろんな赤で
これ!って こだわる。

<一度 気に入ると ずっと
使い続けるという武田さん>

<毎日の朝食も…>

<…があるそうで>

松屋に行きます。
(スタッフ) 松屋。

<武田さんの定番朝食は
牛丼屋チェーン 松屋>

(スタッフ) 朝定ですか? いつも。
はい 朝定で。

<朝は週5で牛丼屋さんで
朝定生活だそうですが>

(店員) いらっしゃいませ。
(店員) いらっしゃいませ。

こんな感じです。

<こちらの一番奥の席というのも
毎朝のお決まり>

まぁ
ちょっと気分で変えたりして。

あとライスは
いつも ミニにしてます。

(スタッフ) ミニなんですか。
はい。

こうして 大体 ここで
パッと食べるんです。

店員の人も分かってなかった。

これで こう食べて。

(スタッフ) あれですか?
悩む割には 絶対 納豆ですか?

大体 基本的に必ず朝食は取って

松屋さんで いつも。

ライスの量
普通なのか ミニなのか。

基本的に必ず 味噌汁と ご飯と
食べたいんで。

あと ちょっと 卵が付いて
どうするかって感じですね。

(店員) お待ちどおさまです
失礼いたします。

ありがとうございます。
見て はい これこれこれ。

セット。
(スタッフ) セットが。

ここが こう 納豆に変わるのか
やっこに変わるのか。

<武田さんが10年 同じ席で

同じメニューを食べ続けている
朝定>

<食べ方も いつも同じで>

普通に もう いつも こう。

卵を こう。

こうして 普通に。

朝 時間がない人 多いから。

全部 入れちゃう。
(スタッフ) 混ぜちゃう。

混ぜちゃう 混ぜちゃう
混ぜて ちょっと 醤油を。

もう 混ぜちゃいます。

<まず…>

混ぜて。

いつも こんな感じで のりも。

のりも こうして

これを いつも。

(スタッフ) うわ~ アハハハ。

これが いつも 納豆が やっこに
変わるかぐらいですね。

はい こんな感じです。

これで いつも。

うめぇ。

<これが 朝定歴10年の
武田スタイル>

ここで…。

うん うまい。


一番ね…。

…のが理想ですけど。

<武田さん いつもどおり…>

<いつもどおり…>

大体 松屋で…。

220円。

(スタッフ) あっ これ。

(スタッフ) あっ すごいですね これ。

やっぱり
やって来たものがあるんで。

<玄関を入ると 壁には

ヴェルディ川崎から

日本代表まで>

<武田さんが実際に使用した
思い出のユニホームが ずらり>

ここに ユニホーム
飾っておくことによって

自分 サッカーして来た サッカー
大事にしないといけないな

原点はサッカーだよな
っていう感じで。

あと…。

(スタッフ) これは 色は…。

使ってたのは 大体 同じ色の
同じメーカーのを

ずっと使い続けてましたね
ゼロのを ずっと。

<こちらは
全てゼロハリバートンのもの>

(スタッフ) どういう時に使った
スーツケースですか?

いろんな海外 行った時に
ステッカー 貼るんですね。

ブラジル行った時とか
これ ドイツ行った時だなとか。

これ オリンピアだから これは
パラグアイ行った時かな。

これは 南アフリカとかメキシコ
行ったな チェコ行ったなとか。

歴史が。

<シルバー…>

これ 靴ですね。
(スタッフ) 靴。

廊下に靴を飾ってあるんですね。

靴を 置くとこないんで
飾ってあるっていうか。

<フランスのベルルッティや
コルテといった…>

<革靴だけで40足も
所有しているそうですが

さすが 武田さん

全ての靴にシューキーパーを
入れる きちょうめんっぷり>

作りました。

<10年前 オーダーメードで
作ってもらった…>

<思い出のユニホームや
お気に入りの靴が並んだ…>

(スタッフ) おぉ~。

93年の時 アルマーニさんの
洋服 結構 着て。

アルマーニのポスターで
カッコいいなと思って。

飾られてたポスターなんですけど。

(スタッフ) アハハ
そういう あれなんですね。

そういう思いを込めてね。

これ 消防署 やらせていただいて。

やっぱ
こういうのをやるってことは

ちゃんとしなきゃいけないなって。

<そんな51歳
武田さん 独身…>

これは もう…。

いや 犬とかさ
みんな 犬 飼うじゃん。

動物 飼うじゃん
寂しい独身の人は。

でも 餌もあげられないし
家にいたら かわいそうじゃない?

(スタッフ) そうですね。
だって 動物が。

だって 独身で 家にいないのにさ。

ここ… いるだけで 安らがない?

ほら 見て。
(笑い)

どう? これ。

<51歳 独身プロ
武田修宏 こだわり生活>

<3日前に リフォーム
したばかりのキッチンには

お気に入りの便利グッズが>

これ 知らない? 知ってるでしょ
えっ 知らないの? みんな。

<武田修宏の…>

(スタッフ) はい おぉ~。

全然 奇麗ですよ だから。

<3日前に リフォームが
終わったばかりというキッチンには

お気に入りの便利グッズが
あるそうで>

これなんかも楽だよね
こういうのね…。

(スタッフ) えっ 何ですか?
豆腐 こう置いて

ここで切れる スッ スッ スッ
シャシャシャシャ。

知ってるでしょ みんな
えっ 知らないの? みんな。

四角く切れるじゃん 豆腐
分かるでしょ。

これ 便利よ。
(スタッフ) へぇ~。

<こちらの…>

<番組で知って 即買い>

<味噌汁の豆腐を切るのに
使っているそうです>

これは もう…。

飯 食って スッてやれば スッて。

そういう便利なものが
いっぱい ある。

あと…。

分かる? もう 何十年前から
変わらない 好きなコーヒー 俺の。

(スタッフ) へぇ~。
これに お湯 入れて。

分かる? 昔からあるんだよ これ。

<Jリーガー時代から
飲んでいるという…>

<海外に行く時も
必ず持参します>

作ってもらって…。

<そんな武田さんの仕事部屋が>

起きたら ここ。

朝 飯 食べて

ここで アイスコーヒー飲みながら
飲んで。

で ちょっと 準備
こういうの 全部 して

その後 ランニング 行って
汗かいて 筋トレして

11時に終わらせたいって感じ。

<…と 毎日のルーティンが
決まっている武田さん>

<この…>

いつも こう ここで…。

<20年以上…>

<国内外の試合を毎日 動画で
チェックするのもルーティン>

<さらに>

あと こうやって…。

これ 大事じゃない?
(スタッフ) へぇ~。

<自分が出演した番組も
こちらで欠かさずチェック>

だから いつも 常に
スケジュールを。

4月 5月 6月の
3か月のスケジュール

1か月のスケジュール
ここは 2週間のスケジュールを。

(スタッフ) ここにもスケジュールが。
2週間のスケジュールで。

今日 散髪 行かなきゃ
いけないよなとか。

<3種類のカレンダーを
シールやマグネットを使って

仕事 プライベート
トレーニングと使い分け>

<…の仕事部屋ですが>

<毎朝10時からは
トレーニングもルーティン>

<ぐるっと…>

<さらに>

こういうトレーニングは。

<…の武田さん>

紺が でも
ベースだよなとか やったり

でも 白も いいよなとか…。

こうして こうして
こうしたほうがいいよなとか。

<こちらの…>

<仕事によって
自分でスタイリングするのも

ルーティン>

サッカーの解説とか
朝の番組とか…。

ちゃんと こう 紺の服で。

バラエティーで ちょっと
華やかさがと思ったら 白とか

こういう ちょっと
色系のチェックとか。

あと こういう ちょっと

赤っぽい色だったり
白だったりにしたりとか。

<中でも…>

これ 普通に 紺のやつ
これだと…。

(スタッフ) えぇ~。
紺だけど 全然 これは

だって ほら
リベラーノっていうブランドで。

シンプルでも
やっぱり いいものを。

高いけども 10年 20年
着れるものを選ぶか。

<テレビでは
基本 スーツの武田さん>

<もちろん この部屋にも…>

(スタッフ) あっ ホントだ。
しわ のばすのに。

小っちゃいとこ やって
これは 大きいとこで やって。

ここで 自分で ここにあるんで
これ出して ワイシャツで。

(スタッフ) へぇ~。

自分で こう ワイシャツとか
のばしたい時は

こういう感じで。

こういう感じで ここで
こうやって やる。

(スタッフ) えぇ~。

そうそう バ~っつって
アイロンかけて

つるしてみて
う~ん 違うかなって考えたり。

<独身ルーティン生活
まっしぐらの武田さん>

<行きつけの…>

<…があるそうで>

(スタッフ) 昔ながらの。
はい 僕が…。

こちらでございますけど はい。

いまだに こうね 頑張ってる。

昭和 平成ね 時代を超えて。

あれ? 開いてない?

こんにちは! すいません
毎回毎回 すいません。

ここでいいですか?
(店員) はい どこでも。

このカウンター いや~。

すいません お邪魔します 今日も
お邪魔します。

いや~ 見てください この雰囲気
家族で。

この雰囲気。

<武田さんが
30年 通い続けている

経堂の町中華 光陽楼>

<静岡から上京以来 ずっと…>

え~っとね あの…。

(店員) はい。
はい。

すいません
よろしくお願いします。

いいでしょ ここの雰囲気
いいでしょ。

(スタッフ) いいですね 何か。
雰囲気が。

見てよ ここのカウンターで。

ここより
このカウンターがよくて。

お客さん 来るんですけど…。

分かります?
さっきの松屋と一緒です。

松屋も そうでしょ ここも
カウンター 好きで。

カウンターで こうするの
どこも そう。

カウンターで
作ってる姿 見てると…。

だから いつも
カウンター 多いですね。

この雰囲気が好きです
作ってる雰囲気とか。

昭和? できたの
何年ぐらいですか? できて。

昭和42年。

そうなんですか
同じ年ですから 娘さんと。

(店員) あら。
42年生まれ 娘さん 一緒だ。

42年にできたんですって。

うわ すごくない?

<武田さんが…>

うぅ~!

うまい。

<さらに

年に1回はする
キングカズ訪問も>

<武田さんが30年 通う
経堂の町中華 光陽楼>

<毎回 頼む
お決まりメニューが>

え~っとね あの…。

(店員) はい。
はい。

すいません
よろしくお願いします。

来た!

(スタッフ) もうちょっと。
雰囲気がいいんですよ これ。

いや~。

うわ 来た! ほら!
ほら ほら これ もう ほら。

どうよ これ トンポーロー。

見て ほら これ
見てくださいよ これ かぁ~。

あっ 来た。
(店員) はい お願いいたしま~す。

ありがとうございます。

<武田さんが

18歳で静岡から上京した
当時から食べ続けている…>

いただきます。

いや~。

見てください。

この軟らかさ ほら
軟らかそうでしょ ほら。

わぁ~。

うまい。

うまっ そうだね。

う~!

軟らかいんですよ。

もう かまなくたって
舌で こう かみ切れちゃう。

このタレが ホントにね…。

そして この 体にいい
ホウレンソウが ほ~ら。

うん。
(スタッフ) フフフ。

いや~。

これ。

<2kgの豚バラブロックを

豚と鶏がらのスープで
3時間 じっくりと煮込み

軟らかくなった お肉に

秘伝のタレで
しっかり味を付ければ

オープン以来 50年 変わらない
光陽楼のトンポーローが完成>

はい ホントに。

サラリーマン時代を。

ハングリーで。

この餃子も ホントね

もう ホント その…
でも こう 昔ながら。

うん。

うまい! うまそうでしょ。
(スタッフ) おいしそうですよ。

いや ねぇ やっぱ この味って

最近 いろんなね
お店が変わる中で

ないんですよね。
(スタッフ) う~ん。

まぁ…。

分かる?
そのへん 分かんないかな。

そのへんに いそうだなと
思うんだけど いない。

<武田さんが愛してやまない

ニンニクのパンチが効いた
焼き餃子>

<お母さんが 一つ一つ具を包み

蒸し焼きにしてから
焼き目を付ける>

<自家製の醤油ダレでいただく
懐かしい味>

このね ちょうどいいね 皮のね
あと 厚さといい もう…。

ここの餃子が 一番好きですね。

(スタッフ) へぇ~。

はい もう
持って帰りたいぐらいですね。

(スタッフ) ハハハハハ。
毎日 食べていいぐらい。

(スタッフ) お母さん…。

(スタッフ) ハハハハハ。

同じですよね?

あら!

いや 俺も… 何か 温かいですね。

<さらに 武田さん 一年に1回

この時期に必ず行う
大事なルーティンがあるそうで>

<やって来たのは
保土ケ谷のグラウンド>

<そこには>

<武田さんの1歳年上…>

なでしこ お疲れさまでした。
(三浦) お疲れです。

<そう 武田さん 引退後に…>

<52歳 今なお 現役で頑張る
カズさんと会って

元気を分けてもらうそうですが>

タケは…。

(笑い)
ねぇ。

そうですね はい。

いやいやいや カズさん 僕 先輩…
カズさん 先輩なんですよ。

僕 後輩ですからね。
いやいや 関係ない。

そういうの関係ない 僕は あの…。

いやいや。

タケにね 昔…。

覚えてないでしょ?
いや でも 何となく分かります。

あの時代 あの時代ですね
バブルの後半の あの時代ですね。

<そんな武田さんの
ご飯が止まらなくなる…>

<…をご紹介>

本日は 武田さんの地元
静岡の お米を

ご用意させていただきました。

こちらです やら米かです。

(溝端) やらまいか?
やらまいか?

浜松で 俺 やらまいか大使
やってるんですけど

やらまいかっていうのは 何か
頑張ろうとか 何か しようとか

そういうことを…。
そういう方言ですか?

方言でいってますけど はい。

<やら米かは
冷めても つやつやで

粘りがあるのが特徴で…>

<この白米に合う 武田さん…>

こちらでございます。

しらすですね はい 静岡なんで。

<武田さんが 白飯を
何杯でも食べられる お供は

地元…>

<水揚げされた新鮮なうちに
釜揚げしているため…>

母が いつも こう しらすをね

ちょっと 大根おろしに
醤油 かけて

必ず行くと作ってくれるんで。

(岡田)
超おいしいじゃないですか 絶対。

これを ホントに ご飯に
大根おろしと 静岡の しらすが。

(溝端) これは おいしいですよ。

醤油をかけて
これで 食べると。

(岡田) あっ もう その器の中で
混ぜるんですね。

お米の量は
どれぐらい入れられるんですか?

あ~ ちょっと 最近
お腹が出て来たからな。

(溝端)白ご飯 食べますか? 家で。
白ご飯 炊きますよ よく。

これは おいしそうだ
そして すごい しらすの量。

いつも 最後
こんな感じですよ もう。

う~ん!

いただきます。

ホントは いつも こう
バ~って食っちゃうんですよ。

あぁ~。
いただきます。

(溝端) あっ いい。
お~ うまそう。

(溝端) やんちゃだ やんちゃ。
うま~!

(岡田) いかがですか?
さっぱりしてて 最高ですね。

これ 食べると
やっぱ静岡で 母の味を。

へぇ~。
おいしい。

(溝端) 何か かわいいですね
かき込んでる時の武田さん。

昔は 醤油ご飯だったんだけど
しらすと大根おろしがね 入った。

(溝端) これは うまいよ。

いただきます。

う~ん! 間違いないです。

さっぱりしてるじゃん ねっ?

油っぽくないね。
うま~。

大根おろしって こう
自分で すって

食べますよ 醤油かけて 自分で。

(岡田) う~ん。
(溝端) いや~ これ おいしい。

スーパーで こうやって。

<この後 キングカズとの
懐かし写真に大爆笑>

<武田さん 自宅で こんな…>

ちょうど 家で 昨日
写真 見たら ほら。

ほら カズさん。

カズさん。

高3ですか? これ はい
カズさんが ここに。

(三浦) 俺が ここにいて
あれだよね みんな 高3で

これ…。

そうなんですよ ちょうど
カズさんと初めて…。

(三浦) ねぇ
タケに入れられたんじゃない?

そう そう そう。
1対1で。

そう そう そう。
タケたちで。

藤枝で。
そう そう そう そうなんですよ。

これ カズさん 細いですね。

カズさん 脚 ほら。
いや タケもだよ。

細いですけど。
すね当てしてないもん だって。


関連記事