明石家さんまの熱中少年GP からくりTV爆笑子ども企画が14年ぶりに復活!天才ギター少年・5歳のセクシーガール…


出典:『明石家さんまの熱中少年GP からくりTVの爆笑子ども企画が14年ぶりに復活!』の番組情報(EPGから引用)


明石家さんまの熱中少年GP[字]からくりTVの爆笑子ども企画が14年ぶりに復活!


平成の名物番組【さんまのスーパーからくりTV】の名物コーナー【熱中少年物語】が令和最初のこどもの日に復活!天才ギター少年・5歳のセクシーガール…彼らは今何を!?


詳細情報

出演者

【MC】

明石家さんま


【ゲスト】

芦田愛菜

泉谷しげる

田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)

平野紫耀(King & Prince)

古屋雄作(うんこドリル作者)


【進行】古谷有美(TBSアナウンサー)

番組内容

からくりTVの人気コーナー[熱中少年物語]の名物キャラクターたち!あれから14年…彼らは一体今何をしている?


▽[なにわのギター少年・山岸竜之介くん]

Charに憧れ5歳でギターを始めた天才園児は今!?

▽[平成の寅さん・吉田昌平くん]&[男を虜にする5歳のセクシーガール・近藤美颯ちゃん]

大人顔負けのセクシーさで迫る美颯ちゃんに昌平くんはすっかり虜に…大爆笑の恋の行方は?

番組内容2

2019年、今の子どもたちは一体何に熱中している!?全国各地のこどもたちを一斉調査!

▽[YouTuberに熱中]

▽[新事業でお金儲けに熱中]

▽[ポールダンスに熱中]

▽[ビートボックスに熱中]

▽[ゲームのプログラミングに熱中]

▽[兄妹で百人一首に熱中]

▽[ヤンキーに熱中]

公式ページ

◇番組HP

https://www.tbs.co.jp/program/sanmano-netchushonen/



『明石家さんまの熱中少年GP からくりTVの爆笑子ども企画が14年ぶりに復活!』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

明石家さんまの熱中少年GP からくりTV爆笑子ども企画が
  1. タガメ
  2. スタッフ
  3. 現在
  4. 当時
  5. 年生
  6. アンディ
  7. 長原
  8. ヤンキー
  9. 宏紀
  10. 昌平
  11. 大好
  12. 田村
  13. 楓生
  14. 平野
  15. 祐輔
  16. 健斗
  17. 小学
  18. 泰熙
  19. 大人
  20. 熱中


『明石家さんまの熱中少年GP からくりTVの爆笑子ども企画が14年ぶりに復活!』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<彼は 子どもたちに>

<こんなメッセージを残した>

自分が熱中できるもの
夢中になれるものを

見つけられれば
それに向かって

エネルギーを注げるので

そういうものを 早く
見つけてほしいなと思います

<果たして 今の子どもたちには>

<何か熱中できるものがあるのか>

<番組では 子どもたちを>

<「からくりTV」で視聴者を
爆笑の渦に巻き込んだ>

<熱中少年少女たちの>

な なりがとう

<時には納得>

<時には>

<そこには 意外な姿があった>

<明石家さんまと大人たちが>

<開幕>

ということで
新元号 令和を迎えた

最初のこどもの日にお送りします
「明石家さんまの熱中少年GP」

さんまさん よろしくお願いします
こちらこそ よろしくお願いします

愛菜ちゃんなんかは もうね

俺は6歳ぐらいから
知ってるわけですもんね

はい

番組やっちゅうてんのに

なあ
今 それからいくつになったの?

14歳

平野なんかは ちっちゃい時…

何ですか?
なんやねん そのリアクションは

わかるやろ
次 大体 平野やなって

そうですね
ジャニーズは ちっちゃい時から

やってるもんな みんな
いや…

お前…

僕 結構遅めで
16歳の時に 高校1年生の時に

皆 12~13歳から入ってるよな

下手したら小学校低学年から…
そやろ それ言うてんねんやんか

それを 「え?」て言うからやな…

そして こちらが「うんこドリル」の

はじめまして 古屋と申します
(泉谷)うんこドリル

我々も親やから 子どもが

うんこ ちんちん好きなのは
わかってるんですけども

それを あえて
思い切っていったんだ あれは

そうですね

君 大人になってからも
うんこが好きだったの?

そこから始まってますね
あのドリル

(スタッフ)何すか? それ
あと…

たぶん セントヘレナ・アセンション
トリスタンダクーニャは

かなと思って

ないんすか?

ふ~ん

<ちなみに>

<大人に聞いてみた>

あ~ なるほど

過去にはね
どういうことですか?

ダンボールで車作ってんの?

何かあんの?

何だ 何だ おっ!?

バイク お~

<この春
小学生となったばかりの>

<スタッフは
そのかわいらしい>

<ことにしました>

何で うさぎが月に
すんでいると思ったの?

<ということで>

<こちらが実際に見せた写真>

<子どもに うさぎの形を
わかりやすく説明するため>

<先生自ら黄色のペンで>

<縁取ったそう>

<どうやら 園長先生は>

<八純ちゃんのリクエストに応えるため>

<スタッフがお月様を
よ~く知ってそうな人を>

<リサーチしたところ>

<それは>

<山崎さんは2010年>

<国際宇宙ステーションに
2週間滞在>

<宇宙から
月を見たことがある人物>

<2児の母でもあり>

<宇宙から
子どもたちの疑問にも>

<答えていた山崎さんなら>

<何と 山崎さんだけでなく>

<JAXAの方にまで
ご協力いただけることに>

<その>

<月周回衛星 かぐやの
プロジェクトにも関わった>

<そして>

<この事態を巻き起こした
張本人>

<それぞれの立場で>

<果たして 八純ちゃんへの>

う~ん

そっか ねえ

あっ
あ~

すごいよな~

これはやっぱ 何歳の子に
どう答えてあげてええのかね

だから 俺

最終的には

あら
いいこと言うじゃない 名言だね

って 言うたりもしててんけど

何で サンタクロース
高島屋知ってんだよ とか言われて

プレゼントが
高島屋の包みやったから

<このあと ヤンキーになりたい
熱中少年の前に>

<憧れのツッパリ俳優が降臨>

<さらに>

<「からくりTV」の
名物キャラクターたちの>

<気になるその後を大追跡>

うわっ

う~ん どうやろうな

それに乗って

イヤや

何でイヤなんですか?
何かなあ…

ヤンキーは漢気やねん

<と ヤンキーへの憧れを
語ってくれたのは>

<大阪府在住の小学3年生>

<耀くんと友星くん>

<スタッフは その熱き思いと
向き合ってみることにしました>

<そのイメージを絵に描いてもらうと>

<しかし それに納得できないのが>

イヤや

何でイヤなんですか?
何かなあ…

<親友2人の将来が
とにかく心配のようで>

<親友の暴走を>

<と 相談を持ちかけてきた>

<そこでスタッフは
ヤンキー熱が止まらない2人に>

<納得いくまでヤンキーを
味わってもらえば>

<それで満足してくれるはず
と考え>

<後日 憧れてた
ヤンキースタイルをプレゼント>

これってさ ホンマにくれるやつ?

あの あげます
(耀・友星)えっ!

危ない 危ない

<で徘徊>

<しかし>

疲れたな

<に なってはみたものの>

どうする?

<たった>

<スタッフの>

<数日後 2人のヤンキー熱が
鎮火し始めていることを>

<亜門くんに報告>

何か… 本人たちが

はい…

<実は スタッフがプレゼントした
衣装がきっかけで>

<2人のヤンキー熱が
ヒートアップしてるらしい>

えっ…

<そこで スタッフは>

<の力を借りることにした>

<大人気番組
「探偵! ナイトスクープ」で>

<およそ20年間
探偵を務め>

<10代の頃は暴走族に入り>

<伝説のヤンキーだった過去を持つ>

<元ヤン芸人>

<そんな長原さんに>

<これまでの経緯を
説明したところ>

<とにかく一度話してみたいと
時間をつくってくれた>

<3人は長原さんのもとへ>

(長原)おっそいやないか お前ら

<耀くん 憧れの長原さんを前に
この表情>

(長原)ちょっと話ししようか なっ

<ヤンキーをやめさせたい>

<亜門くんの願いは2人に届くのか>

そうやろ?

ただな

(長原)中学校の同窓会
呼んでくれへんねん

悲しい

みたいに言われて

(長原)特に

(長原)さっきから
ずっと上から目線やんな

(長原)そやろ そやろ

またな またな

<こうして 伝説のヤンキーとの
夢の対面は終了>

(長原)行くぞ

燃えてるか

<耀くんと友星くんは
今 何を思うのか>

ありがとうございます!

見ててどうでした? 今のは

かわいかったよな
ヤンキーになったところで 何しよう…

<かつて 「からくりTV」で
視聴者を爆笑の渦に巻き込んだ>

<熱中少年たちの名シーンとともに>

<まずは>

<小学1年生
中森梨緒ちゃん>

<という梨緒ちゃん>

あっ そう そうね

<そんな梨緒ちゃんのために>

<まずは
目的地に向かってもらう が…>

<これもすべて まとめて
発散してもらうための活性剤>

<まだまだ余裕の梨緒ちゃん>

<しかし>

<エレベーターより おばちゃん登場>

<梨緒ちゃん逃げる>

<すると>

<またしても おばちゃんの大群が>

<行く先々で
苦手なおばちゃん軍団と遭遇し>

<の梨緒ちゃん>

<ついに目的地に到着>

<そこには…>

<この400人近い
おばちゃんの大群に向かって>

<梨緒ちゃん>

(静まり返る)

<勇気ある少女に>

よかったね すっきりした?

<ついに
念願かなった梨緒ちゃんは>

<今 何を思う?>

どうだったかな?

<続いては>

<壮大な夢を語った拓也くんは>

<風船を握りしめ 大空を目指した>

≪せーの ジャンプ

<今度は両手に持って挑戦>

<4つなら飛べるはず>

できると思うけど

≪頑張れ!
こっから飛べば

≪オッケー

あれ?

<そう信じて疑わない
たっくんのため>

<ありったけのヘリウムガスを使い>

<をスタンバイ>

≪世界一おっきい? やった~
うん

<いよいよ たっくん 夢に向かって
大きく羽ばたく時がきた>

<発射>

お~ 行ってらっしゃ~い

<再度挑戦>

行ってらっしゃ~い

<たっくんの夢
ちょっぴり実現… か?>

<たっくん
初めて空を飛んだ感想は?>

飛べた?

飛べた? うん? 飛べた?

<あの泣きべそたっくんが>

<驚きの姿に大変身!>

<あの泣きべそたっくんが今>

<人生の大きな転機を>

<迎えている
と聞き>

<スタッフは
愛知県豊田市へ>

<こちらが
ちょっぴりフェミニンになった>

<25歳のたっくん>

<実は
お母さんのそんな教育方針が>

<今の仕事にも
つながっているようで>

<そんなたっくんに訪れた>

<人生の転機とは?>

<実は たっくん>

<しかも婚約者の梨紗さんとは>

<現在 同棲中>

<せっかくなので昔のVTRを
一緒に見てもらいました>

<今でも
ちょっぴり頼りない たっくん>

<梨紗さんと末永くお幸せに!>

続いては他の子どもたちとは 少々
違う目線のあれこれに熱中する

子どもたち まとめてみました
こちら ご覧ください

<昨年 京都大学の本庶佑教授が>

<ノーベル医学・生理学賞を受賞>

そうなんですね
はい

へえ~

パーティー

<未来の昆虫博士のご自宅に
お邪魔してみると>

お邪魔しまーす うわ

へえ~

エッヘヘヘ… すごい

あとは

<と 熱く語ってくれたのは>

<兵庫県在住の宏紀くんは>

<生き物が大好きな小学1年生>

<そんな彼が
愛してやまないタガメとは…>

<体長 およそ7cm>

<日本最大の
水生昆虫で>

<自分より大きい獲物を
捕食する まさに>

<宏紀くんは そんなタガメを>

へえ~

<宏紀くんの言うとおり>

<タガメは近年
農薬の普及や環境破壊により>

<数が激減>

<野生においては
めったにお目にかかれない>

<非常に珍しい昆虫なのだ>

アイタッ

ちょっと興奮しすぎた?
うん

アイタッ

<絶滅が危惧されているタガメを>

<捕まえることなどできるのか?>

<環境省が発表した
タガメのレッドリストでも>

<黄色で表示された関東地方と
中国地方を除いては>

<絶滅の可能性が
極めて高い>

<ということが
わかった>

<その後も タガメの情報を求め
スタッフはリサーチ>

<すると ちょっと>

<それは茨城大学大学院に通う>

<櫛井優志さん>

<後日 タガメ捜索の協力を>

<快く引き受けてくれた先生は>

(宏紀)えっ?

<先生が教えてくれたのは>

<兵庫県姫路市にある
伊勢自然の里>

<こちらは生き物や昆虫のために
残された自然の地>

<中でも
絶滅が危ぶまれているタガメは>

<その生態を把握するため>

<夏にナンバリングしてから
自然界にリリース>

<持ち帰ることは
禁止されているものの>

<この地で冬を越す
生きたタガメと出会える>

<数少ない場所なのだ>

まずは奥

<タガメがいるのは主に>

<この3つの池の周辺>

<夏場は比較的>

<目につくところにいる
タガメだが>

<今は冬眠の時期>

<寒さをしのぐため
このような>

<池の淵>

<枯れ草の下>

<泥の中などに
身を潜めているらしい>

うん

<2人で手分けして>

<すると>

抜け… おっと

なぜだ うわ~

<足元が ぬかるんで>

<思うように動けない>

よいしょ よし

よし あっ

昆虫が入ってる よし

(櫛井)そう

うりゃ~ あっ

(櫛井)オタマジャクシ入ったね

いなそうか

<捜索開始から1時間
色んな昆虫が見つかるも>

<タガメだけが
見つからない>

<次第にイラついてくる宏紀くん>

<この日の気温は7度>

<宏紀くんの体力も>

<限界に近づいていく>

そうだね

オタマジャクシは いくらでも見つかる

ちょっと気をつけて歩こうか
うん

この草の中をさ
ちょっと探していってみよう

<すると先生が何かを見つける>

<櫛井先生が何かを見つける>

あっ 触っちゃ…

<ついに>

<突然の出来事に
固まる宏紀くんだが>

<徐々に実感が湧いてきたようで>

ウソ

見つけた

タガメ
やった~

タガメだ タガメ

<思わず
拾い上げてしまったものの>

<まだ タガメは冬眠中>

<そのまま元の寝床に>

<返してあげることに>

(櫛井)こういうふうにしといたら

<ついに念願の>

<タガメを発見した宏紀くん>

<ところが なぜか浮かない表情>

<その理由は?>

<それでも>

すごいよな

タガメだけに魅入られた男

でも何か カッコよかったですね
ホントに好きなんだなっていうのが

いちずの人って やっぱり
女から見たらカッコええのか

うん
いちずな人って

ただ 先生が見つけたから

そう あれが感動しますよね

僕は まだ見つけていない
っていう

俺の別の番組で東大のやつが
今 現役やねんけど

虫を食にするという研究を

今度 大学院行ってやりよるわ
ちょっと まあ

やねんけどね

<そして>

<同じく絶滅が危ぶまれる
あの動物と>

<1人の熱中少年との
こんな物語があった>

<カバに熱中する
幼稚園児>

<石井佑樹くん>

チュウ?

<しかし カバは本来>

<非常に獰猛な動物>

<子どもが近づき 歯みがきを
するなど あまりに危険であると>

<国内の動物園での実現は
不可能に>

<しかも 当時からカバは>

<絶滅を危ぶまれており>

<その取り扱いには
専門家の指導が不可欠>

<そこで>

<というのも>

<この地に>

<している人がいる>

<との情報が入ったのだ>

<佑樹くんを待っていたのは>

<図鑑でしか見たことのない
様々な野生動物たち>

ダチョウじゃない?

サーイ

<間近で見る>

ギャー!

アー アー アーッ!

<そして>

<ついに大好きなカバさんと
ご対面>

<名前はジェシカ>

<望みどおり
メスのカバと出会えたが>

<ジェシカの>

<そこで>

<トニーさんの提案で>

おっ 食べた 食べた
食べた 食べた

<歯みがきを強要するが>

<すると 佑樹くん>

<1日に20リットルは平らげるほど>

<コーヒーが大好きなジェシカに>

<たっぷりコーヒーを振る舞う>

<そして>

<さらに前歯を念入りにみがき>

≪お~っ すごい

<熱中少年・佑樹くんの願いは>

<はるか 海を越えて
実現したのであった!>

<続いては…>

<クラゲ博士に
なりたい幼稚園児>

<田所祐輔くん>

うん

<フウセンクラゲに アカクラゲ>

<クラゲに すっかり魅了された
クラゲ少年こと>

<田所祐輔くん 当時6歳>

<そんな祐輔くんは
山形大学の生物学科に>

<名誉研究員として一日入学>

<このあと>

≪あっ きくらげ?

<さらに 番組特製>

<潜水艦型 お勉強マシーンで>

<貴重なクラゲの映像を>

<たっぷりと鑑賞!>

あっ

≪そうですね

ユウレイクラゲですね

<最後に お母さんが見守る中>

<100人の先輩を前に
今回の研究成果を発表!>

<祐輔くんは>

<何と…>

<名門・北里大学!>

あっ 田所くんです
はい

こんにちは

<こちらが
当時の面影も そのままに>

<この春 北里大学の
4年生となった祐輔くん>

<北里大学の
創設者といえば>

<細菌学の父
北里柴三郎だが>

<祐輔くんが今 熱中しているのは>

<細菌か? それともクラゲか?>

あっ そうなんですか
はい

<する 祐輔くん>

<そんな祐輔くんが
尊敬してやまないのは>

<クラゲ研究の第一人者
三宅裕志先生>

<北里大学を選んだのも>

<先生の研究に
感銘を受けたからだとか>

<幼い頃から 時間があれば
網を片手にクラゲを採取>

<そんな日々が
今でも続いているんだそう>

<しているという 祐輔くん>

<気の合う海洋仲間を集め 何と>

<学校内に
水族館まで作ってしまった!>

<もちろん
祐輔くんが手塩にかけたクラゲも>

<しっかりと
展示されている>

<そういえば>

<近年 若くして
世界レベルの活躍をみせる>

<アスリートが続出! そこで…>

3歳? まだ2年だよね?

おお~っ

何ですか?

空手?

へえ~っ

お~っ

うん

水があるから
そうか

夢いうか 好きなもの見つかってる
だけでも やっぱり幸せか

平野くん いかがでした?
いや 僕

(平野)何だ 何

(田村)斜に構えてね

(平野)メチャクチャ面白かった

このカメラで いくねんからな

目つき悪かったし

<かつて 「からくりTV」で密着した>

<スポーツ熱中少年たちの
気になる その後を徹底追跡!>

<まずは…>

<宮の森ジャンプ台は
オリンピックの舞台にもなったところで>

<通常
大人が使っているジャンプ台>

<何と>

<普段 将充くんが跳んでいる台の>

<倍以上もあるという>

<余裕の発言とともに 人生初>

<高低差105mの
ジャンプ台へとスタンバイ>

<ところが…>

<文字どおり>

<将充くんは>

すいませ~ん
はい

<こちらが
現在の将充くん>

<実は スキージャンプのほうでも>

<とんでもない成長を遂げていた>

<高校時代には>

<現在は ソチの
銀メダリスト>

<今年のワールドカップ年間王者
小林陵侑も所属する>

<3年後の北京冬季オリンピックへ>

<日本のスキージャンプ界を
背負って立つ>

<期待の星となっていたのだ>

<そんな将充くんに>

懐かしいな

何なんですかね なぜ?
でも やっぱり

だと思います

んじゃないかなって
いうふうには思います

<将充くん!>

<続いては…>

<当時
10歳ながら ボクシングの実力は>

<ご覧のとおり>

<しかし 彼には>

<それは 気弱な性格>

<そんな気弱なアンディくんは
ガーナ系アメリカ人の父と>

<日本人の母を持つ
ハーフの男の子>

<幼い頃から
プロトレーナーの資格を持つ>

<お父さんの厳しい指導のもと>

<ボクシング漬けの毎日>

<そのため 試合に勝っただけでは>

<納得してもらえないようで…>

<気弱なボクシング少年だった
アンディくんは…>

<とんでもない変身を
遂げていた!>

うわっ

<気弱なボクシング少年だった
アンディくんが>

<大変身しているという
噂を聞いたスタッフは>

<現在 彼が所属している>

<名門・大橋ボクシングジムへ>

<こちらが すっかり
たくましくなった>

<22歳のアンディくん>

<17歳で プロデビューを
果たしたアンディくんは>

<何と2年前に…>

<日本スーパーライト級の>

<ユースチャンピオンに!>

<しかも 現在まで13戦13勝9KOと>

<まさに無敵>

(実況)
平岡アンディの右が入った!

<メチャクチャ強くなっていた!>

<アンディくんが成長したのは
ボクシングの腕前だけではないようで>

えっ?
そう

<アンディくんの彼女・堀内美沙紀さん>

<実は 同じ大橋ジムに通う
女子ボクシングの選手>

<今年の4月 アンディくんは
後楽園ホールで>

<セミファイナルの
試合に出場>

<実は この試合に>

<に昇格>

<テレビ局のカメラも入り
アンディくんの試合が中継されます>

<試合前
アンディくんの控室に行くと…>

ちょっと はい お願いします

う~んと
ちょっと

<試合中止の理由は
相手選手が タイからの出国時>

<薬物所持で逮捕されたから>

<突如
対戦相手が いなくなったので>

<集まってくれた
お客さんのために>

<公開スパーリングだけを行い
この日は終了>

<1カ月で>

はい

って言われてしまいました

<アンディくん>

何にも変わってないな
何にも変わってない

あのまんまですね
ボクシングが すごくなっただけで

あとは
何にも変わってない

お前の普段の
お供えが悪いから

行いやな お父さんが ホントに
そう言わはったかしらんけど

お父さん 外人やからな
ものすごう面白い

息子の彼女 ずっと
肩 抱いてる お父さん

<続いては…>

寺尾に会いたい

寺尾?
寺尾っていうのは あの 相撲の?

うん
どんなところ好きなの?

顔? どういうふうに?

カッコいいな
あっ カッコいい?

うん
寺尾 強いかな?

<大好きな
寺尾関に会うという夢を>

<当時8歳だった戸部くんは>

<スタジオで実現!>

テレビと同じ
いい顔してるね~

君 ものすごう 味があるな~

俺 好きになってしまいそうや

おいくつですか?

いくつ? 年は 10歳?

ウソ?

舞い上がってる? 今
いくつ?

10歳ぐらいでしょ? ねえ

8歳…

君の夢を ここで
かなえてあげましょう どうぞ

<と スタジオで
夢をかなえた憲吾くん>

<さらに…>

<男らしくなりたい!>

<ちょっぴり泣き虫な
泰熙くん登場!>

<22歳となった
今>

夢を ここで
かなえてあげましょう どうぞ

<と スタジオで>

<スタッフが やってきたのは>

おはようございます

おはようございます
おはようございます

<こちらが31歳となった>

<現在は…>

<朝 稚内から
利尻島に着く生活物資を>

<島の皆さんにトラックで
配達する仕事をしている>

<その ご自宅を
のぞかせてもらうと…>

<今もなお 寺尾関のサインが>

<大切に飾られていた>

<そんな戸部さんが今
熱中しているのは>

<お嫁さん探しだそうで…>

あっ 紹介?

<続いては…>

<「からくりTV」で
大人気となった>

<その後 番組に何度も
登場することとなった 泰熙くん>

あの~っ
重い

うん
助けてあげるか そうだろうな

うん

行ってきます

なっ

うん

<棟梁のすすめで>

押忍

はじめ!

<その後も>

<など 男になるため
様々なことに挑戦>

<そして 苦手なお留守番
という試練を与えられた際には…>

<すると 大好きな…>

<ウルトラマンコスモスが!>

(チャイム)

はい 何ですか?

<そんな 泰熙くんのもとに>

<再びウルトラマンが訪問>

(チャイム)

<男になりたい と頑張っていた>

<ちょっと泣き虫な 泰熙くん>

<少しは>

こんな感じですかね

<あの>

はい

<泰熙くんは現在
パーソナルトレーナーとして>

<フィットネスジムに勤務>

<さらに 男らしくなりたいと>

<毎日 地道な
トレーニングを欠かさないという>

今の夢は

<大きな>

僕 泰熙くんとウルトラマンの
あの会話が 何か

大好きな人が来たのに
入れてはいけないって言われてる

好きなんだけど
開けられないんだよって

さよならって言ってましたね
さよならって必死に

あれは感動ドラマやろね

泰熙くんね あの あれ
俺がやったドラマの

「さとうきび畑」っていうドラマの
一番末っ子の役で

戦時中で3カ月の
撮影期間があったんですよ

どんどん太り出して

コマ名人?

いいですよ

どうぞ

はい どうぞ

ムリだった

調子悪かったですか

はい
はい どうぞ

(ビートボックスをする)

コツ 何か…

<と 語ってくれたのは>

<東京都の佐々木ひさとくん
すずねちゃん兄妹>

<お兄ちゃんの話が
ほとんど聞けなかったので>

<いまだ>

<お兄ちゃんを練習パートナーに>

<毎日2時間の練習を
欠かさないという すずねちゃん>

はい

ちょっと
見せてもらっていいですか?

これは何の…

<すずねちゃんと ひさとくんは>

<3年前>

<特に>

<去年の全国大会では>

<になること>

さっき

ありましたね
その

<今は半年前に敗れた>

<すると これまで ほぼ>

<そんな約束どおり>

<かるた兄妹は いざ
ライバルの待つ福井へ>

<こちらが すずねちゃんのライバル>

<1歳年上の>

<果たして すずねちゃんは>

<果たして すずねちゃんは>

≪競技を始めます
(2人)よろしくお願いします

よろしくお願いします

難波津に 咲くや この花

冬ごもり

これやこの 行くも帰るも
別れては

<まずは>

知るも知らぬも

逢坂の関

八重むぐら

八重むぐら しげれる宿の…

<ひかりちゃんが
豪快な払いで すぐさま取り返す>

わびぬれば 今はた同じ

難波なる

契りおきし させもが露を

命にて

ほととぎす…

あらざらむ この世のほかの
思い出に

<すずねちゃん>

<すずねちゃんの頑張りを>

<誰よりも知っている
お兄ちゃんは…>

<すずねちゃんのことが
気になったスタッフが>

<ご自宅を訪ねてみると…>

<かるた練習の真っ最中>

<どうやら>

なるの?
はい

いいですね~

仲のいい兄妹で 俺もう

妹さんより お兄ちゃんの
ほうばっかり見てたもん

なぜ人は これだけ
優しくなれるんだと

言葉数少ないのに

あんだけ優しさが…

(田村)亮さん!
って思ったんですよ

いつも隣で やつが
笑ってくれてる…

<そして このあと…>

<天才ギター少年・山岸竜之介は…>

<美少女ギタリスト・並木瑠璃は…>

<そして 平成の寅さん
昌平くんは?>

<どんな大人になったのか?>

<かつて からくりテレビ
スタッフにも>

<まずは…>

(ドアの開け閉め音のマネ)

(ドアの開け閉め音のマネ)

<近鉄電車大好き少年>

<そんな健斗くんには>

<さらに 憧れの>

<すると そこには…>

<健斗くんが大好きな
電車マニア・中川家礼二が!>

<大興奮の健斗くんは…>

いいね

<このあと>

(健斗)標準軌を使う…

五位堂 五位堂です

この電車は この駅までです
先へお越しの方は…

<こうして夢にまでみた
車掌デビューを体験した健斗くん>

(礼二)楽しかった うん

<健斗くんは>

こんにちは

<こちらが>

<何と 鉄道研究部に
入りたい一心で>

<大好きな
鉄道写真を撮りまくる>

<そんな>

<健斗くん>

<続いては…>

<今から およそ14年前>

<させた なにわのギター少年
山岸竜之介くん>

<そんな竜之介くんが>

<憧れのギタリスト
Charとの共演を果たした>

イェー

<ついに>

<その後 バンド結成を
目指した竜之介くんは>

<メンバー探しを開始>

<そこでは 練習中の衝突や>

<ライバルの出現など
様々な出来事が>

♬~はな さく もりのみち

♬~くまさんに であった

<2年半のメンバー探しをへて>

♬~夢を(この手に)つかむまで

<スタッフは久々に
竜之介くんのもとへ>

<あの>

はい めっちゃ久しぶりすぎる

この感じ どうも こんにちは

お久しぶりです

(竜之介)タイムスリップ
してしまった気がする

15年前に

<…と>

<当時 チラシで作った紙ギターで>

<埋もれていた子ども部屋を>

<改めて のぞかせてもらうと…>

めっちゃ

<そう あの>

<今や シンガーソングライター
として活躍中>

<しかも>

<自分の理想とする音楽を
とことん追求している>

そう

<竜之介くんといえば
やっぱりライブ>

<今や 全国で
熱いステージを展開>

♬~変わらないよ

♬~空を眺める 君の目 見つめ

♬~繋いだ手

♬~これからは別々の道へ

<さらに 3年前には
再び Charと共演>

<あの>

<Charは
竜之介くんの成長をこう語る>

ありがとうございます

<最後に
これからの熱中少年たちに>

<伝えたいことを聞いてみた>

その気持ちを
大事に

で それを続けるっていう?

<続いては…>

<私だってCharのファンだと>

<怒りのビデオをテレビ局に送ってきた>

<当時8歳の並木瑠璃ちゃん>

<人一倍>

(歌を口ずさむ)

<…が>

<その魔性ぶりは
憧れのCharにまで>

<その後 メンバーを集めた
瑠璃ちゃんは バンドを結成>

<組んで わずか3カ月ながら>

<見事な演奏を披露した>

ちっちゃいもんな
お前 うるさい!

どっちでもええねん
違う!

何が違うねん?
2人 2人で別れたほうが普通

ええけども 今は急きょな
場合やから仕方ないやないか

こんにちは
こんにちは

<すっかり
大人っぽくなった瑠璃ちゃん>

<といった たたずまい>

<果たして>

思ってます

♬~きこえますか

<今は>

<俳優・小栗旬や>

<シンガーソングライターのmiwaが所属する>

<大手事務所 トライストーンに所属し>

ただ そこを

だと思います

さんまさん

あと

すごいな 2人とも

しっかりしてるし
コメントもすごいし

これ 成功してるよな
2人とも

行きたい道に
行けてますからね

20そこそこで 必ず 壁って
くるもんですから

そこを ちょっと乗り越えりゃ
大丈夫だと思います

一安心 立派な大人になってるから
何か 一安心

<が叫ばれる中>

<まずは…>

うんとね

<当時 小学4年生の陽介くん>

<年上好きな彼が選んだのが…>

好きな人 この子でーす

うんと やっぱりね

<果たして 癒やせるのか?>

<すると…>

えっと

<戸惑いながらも
何とか お肉を注文>

うん

<さらに…>

すごい

<10歳にして>

<中学生と
なった彼は>

あっ 寒川さん

こんちはっす

でっかくなったね
結構 成長しました

<当時 小学4年生だった
陽介くんも>

<現在 中学2年生>

<ますます
イケメンとなった陽介くん>

<最近の
モテ具合を聞いてみると…>

えっ?

<そう 今 陽介くんが>

<続いては…>

あっ 昌平や

<女の子には
とことん弱い>

<平成の寅さん>

はい こんにちは
こんにちは

<ある日 そんな>

こんにちは

<始まりました>

<杏樹ちゃんに>

(泣きだす)

どうした?
どうした どうした

<そんな>

<5歳とは思えない>

<おしゃまな美颯ちゃん>

<翻弄される昌平くんの
日々が始まりました>

(美颯)ランドセル落っこってるよ
汚くなっちゃうよ

<しかし チューのおあずけを
くらった昌平くんは>

<その後 度々 他の女の子に
ウツツを抜かしてしまう>

<調子に乗った昌平くんは>

はい

<遊びに来てくれました>

紹介しましょう
昌平 登場でーす!

<こちらが 高校2年生となった
平成の寅さん こと 昌平くん>

久しぶりです
お久しぶりです

覚えてるもんなの? 断片的には
はい 断片的には覚えてる

VTR見たら
結構 思い出しましたね

変わってない
顔見たら変わってない

そんなことよりも
勉強がすごいね

そうですね

はい そうですね 東大っていうか

それがカッコいいな

<実は>

<そして 現在は…>

<見事>

<ちなみに>

死ぬほど 昌平のVは
見ましたけど

今見ても 十分 面白い

この2人のやりとりは
何時間でも見てられますね

これはね
映ってないけど こいつ

好きな子にフラれて その
お母さん くどいたことあるから

<このあと 令和を象徴する>

コスプレ そう まあ
嫌いじゃないですけど

キャラクターの

キャラクターの?
うん

写真を撮る?
うん

そうですか?

すいません

実はですね そのポールダンスと
言っていた 男の子なんですが

お母様がポールダンスのダンサーを
やはり されていると

(古谷)れんくん3歳
生後8カ月でポールに触れて

2歳には早くも ポールダンスを
やっていたそうです

こちら お母さんも通う
レッスン場なんですが

こんなふうにキレイに
クルクル回ることもできますし

上まで上ることも
すごい2歳や… 3歳やろ

へえ そっか

<番組のために
オリジナルゲームを作ってくれました>

(古谷)タイトル
「おわらいかいじゅうをたおせ」

(古谷)誰のことでしょうか
≪おわらいかいじゅうを

たおせって…

<果たして>

<ゲストを代表して>

じゃ いきますね
(古谷)はい お願いします

はい!
うわっ

あ!
さんまロケットを飛ばすんだ

あっ 何か飛ばし…

何か…

何か飛んできてる

すごい
(田村)ほいで? って言ってますよ

(田村)さんまさん ほいで?
って言ってます

全然 きいてない

全然 倒れない 全然 倒れない

(田村)倒して 倒して
えっ?

変身した
≪あとは?

(古谷)強い 強いかいじゅう

「ほいで」と「あとは」っていうのを
もう知ってるんですよ

だからもう ドンドン ほいでほいで
撃たれても ほいで言うといて

弱って変身して
あとは?っていう

もう 若手芸人が震えるやつ

これは すごいよ

ということになります

ちなみにその

すごい

いや すごすぎて…
化粧品を作るのかな思うたら

いや 営業です

あれは すごい
客観視できてんですね

説得力ありましたけどね でも
でも 説得力あるよな

ものすごい
買っちゃいそうでしたもんね

あの子が急に現れて…
顔もしっかりして もう

途中から俺
どっかの係長クラスに見えてきた

<美容関係の事業でお金儲けしたい
と9歳の若さで語るのは>

<彼が営業したいという
例の美容液とは?>

<24金が持つ美肌効果を
効率よく肌の中で使える美容液>

<これは
24金の美肌成分をナノ粒子化で>

<10億分の1まで
小さくすることによって>

<皮膚の防護壁を抜けて
肌の奥まで浸透させ>

<その美容効果を
最大限に生かせるというもの>

<美容液を売って儲けたいと語る
楓生くんは>

<一体 どんな少年なのか?>

<後日 詳しく話を聞くため>

あっ こんにちは
こんにちは

<小学生からの名刺交換に>

<お父さんが経営する
起業コンサルタントの会社で>

<を始めたという楓生くん>

<以来 接待や会食の席に
度々同行するうちに>

<ビジネスに興味を持ち 現在は
お父さんが開発を進めている>

<美容液を売って
お金を稼ぎたいという>

<しっかりとしたビジネスポリシーを持つ
楓生くんですが>

<実は お金を>

ウソ… スイスに?

<世界中の王侯貴族や
セレブリティの子どもたちが数多く通う>

<スイスの超名門校 ル・ロゼ>

<中学から この学校に
留学し>

<楓生くんは>

<そのために 今から少しでも
学費を稼いでおきたいのだという>

<さらに>

<楓生くん>

理科?
はい

<幼稚園の頃から
科学に興味を持ち始め>

<実験や電子工作 天体観測や
鉱物の収集など>

<とにかく気になったものを
とことん追究>

<その
豊富な知識を生かして>

<小学2年生から およそ1年間
小学生を対象とした>

<理科の家庭教師を行い>

<忙しい月には20万円以上を稼ぎ>

<小学2年生にして 年収が>

<120万円ほどあったという>

<ここまで 楓生くんのことが
色々わかったところで>

<気になるのは
24金ナノ化美容液だが>

<一体 どういうことか
お父さんに確認したところ>

<現在はロシアの研究機関で
製造を進めており>

<年内には商品化のめどが
ついているとのこと>

<そんな 来るべき発売に向けて>

テレビショッピング?

<今後の販売戦略に向けて
まずは>

<自身で通販の現場を
見学したいという>

<そこで数日後 スタッフは>

<到着したのは業界最大手の
テレビ通販として知られる>

<ショップチャンネル>

<ここでは>

<1日で1億8千万円の
売り上げ記録を持つ>

<人気実演販売士のレジェンド松下さん>

<この日 販売していたのは
こびりつきにくいフライパン>

ベトーッと くっつきますよ チーズは
(松下)これがチーズが

溶けてるんですけど…

(松下)ここにトーストのっけちゃい
ます トーストをのっけて

そのまま軽くなでます どうなるの
かっていうと 見てください

そのまんま これが取れて
こんな感じね

≪チーズトースト すごい!

<さらに この番組は>

<そのモニターを見つけた楓生くんは>

<販売を終えた松下さんと少しだけ
お話しさせてもらえることに>

説明書以外の使った感想だとか
その説明書には書けないような

書いてないようなことを
いかにしゃべれるか

そのためには やっぱり商品を
勉強したあとに

とにかく使い込む

<このあとも時間の許すかぎり
販売のノウハウを教えてもらった>

<楓生くんが>

<と書かれていた>

そうですか じゃあ あの

いやあ

まあ すごいなあ
すごいなあ

だんだん 係長から
部長に見えてきたもんな

ホントに志が高いというか
お父さんやろうな 彼が

すごい頭良さそうだなと思って

だろうなと思いました

持ってなさそう
彼は「うんこドリル」

鼻で笑うてるよね
平野 見ててどうでした?

いや やっぱり あのぐらいの年で
将来の夢とかはあるんですけど

何十年後とかの計画も立てて
らっしゃったじゃないですか

僕なんて まだ

知っとけ知っとけ
明日のは知っとけ

だからホント
すごいなと思いました

<今どき少年がいる一方で かつて
食料自給率40%を下回る>

<日本を救うため立ち上がった>

<1人の熱中少年がいた>

<栃木の農家少年・中村俊介くん>

<農業を営む
おじいちゃんの影響で>

<農作業に熱中していた俊介くん>

<初めて取材に伺ったのは
5月の田植えの時期でした>

<そして かぼちゃ栽培の季節には>

<底が黄色くなってしまった
かぼちゃを>

<鮮やかな緑色に戻す
お皿式農法を見せてくれました>

そうですね

スイカ?

<およそ 3年にわたる取材で>

<でしたが 当時6歳にして
こんな悩みを抱えていました>

<栃木の農家少年・俊介くんは今>

<何してる?>

<栃木の農家少年
俊介くんは>

<当時 撮影で 度々 訪れていた
おじいちゃんの畑で待ち合わせ>

ムチャクチャ大きくなりましたね
そうですか

<こちらが この春
高校3年生になった>

<すっかり>

<そこには>

<果たして
気になる農業のほうは?>

一応

<現在 栃木県の農業高校に通い>

<勉強中だという俊介くん>

<そして もう一つ気になるのは
当時>

確かに何か あの

泉谷さん いかがでした?
もうすでに じいさんみたいなね

もう ポンポンっと叩けば「たべごろ」

(田村)
あんなこと言えないですよね

6歳か7歳やってんな あの時

日本茶を飲む 6~7歳って

それが似合うのが すごいのよなあ

あの 巻き手がすごい
そうそう

平野 小学校の時 何得意やった?
何ですかね

でもダンスですかね
そうかそうか よくやったか

毎日5時間以上は練習してたんで
ウソやん

お前 誰の影響や ダンス覚えたのは?

(田村)自分自身?
僕です

(田村)気づいたんだ
(平野)はい

<このあと>

さんまさんは3歳ぐらいの頃から
もうお話しすることは

お好きだったんですか?

そう… そうみたいですね

兄貴が かわいがられて
それが悔しくて次男坊やから

何とか兄貴に勝とうとして
親戚の注目を集めるために

あの 面白いことをしてた
似てないモノマネをしたり

面白い話をしゃべったり
今の僕があると思いますよ

今が成功ならね
してるじゃん

成功でしょ

失敗だなんて言ってないですよ
失礼だな

失敗なんて…
お前 あれ? いう顔したからやな

俺としては十分やねん このポジション
そして さんまさん ここでですね

素敵なお知らせが ございます
芦田愛菜だよ

あの 私が吹き替え声優を
務めさせていただいた

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」が
5月31日から公開になります

モスラやキングギドラ ラドンなどの
伝説の怪獣たちも登場します

ぜひ 劇場のスクリーンで
楽しんでいただきたいです

よろしくお願いします


関連記事