クレイジージャーニー 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ・獲れまくり食べまくりの道中…レシピ公開


出典:『クレイジージャーニー 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ』の番組情報(EPGから引用)


クレイジージャーニー[字] 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ


松本人志×設楽統×小池栄子VSクレイジージャーニー。昆虫食の愛が歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ!獲れまくり食べまくりの道中で、愛オリジナルの昆虫食レシピ公開


詳細情報

番組内容

昆虫食の愛が歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ!自然豊かなインドネシアに渡り、獲れまくり食べまくりの珍道中!全長30cmの○○もペロリ!もしかしたら真似したくなる「愛オリジナルの昆虫食レシピ」大公開!

出演者

松本人志(ダウンタウン)

設楽統(バナナマン)

小池栄子

公式ページ

◇番組HP

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

◇twitter

https://twitter.com/Crazy_Journey

制作

プロデューサー 坂本義幸


演出 横井雄一郎



『クレイジージャーニー 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クレイジージャーニー 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ
  1. バイオリンムシ
  2. リオック
  3. ホント
  4. 今回
  5. 昆虫
  6. お目当て
  7. ゲット
  8. セミ
  9. ピル
  10. 設楽
  11. コノハムシ
  12. ヨナグニサン
  13. 早速
  14. コーカサスオオカブト
  15. ヒル
  16. 完成
  17. 巨大
  18. 小池
  19. 料理
  20. エビ


『クレイジージャーニー 昆虫食の愛が、歴代屈指の強烈&巨大昆虫グルメ旅へ』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<今夜 昆虫食の愛が
巨大尽くしの超絶グルメ旅へ>

<果たして>

<松本 設楽 小池 VS クレイジージャーニー>

「クレイジージャーニー」始まりました
よろしくお願いいたします

今日も 視聴者の方からの
質問ということで

皆さん カラオケの十八番は何ですか
最悪やな

十八番ですよ

ホントに行かないわ
行かなくなった

あるんですか

っていう
アレがあって

で 「チキンライス」を
ボーンと放り込まれてんけど

俺 考えたら

そう あれ 結構難しいのよ
歌おうと思うと そうなんですよね

小池さん 歌う歌 何か…
私はね

え~っ 意外

「喝采」
えっ そんなん

そうですね

なんか

ちあきなおみさんの 「喝采」
「喝采」

お~ それ楽しい
なんか 恥ずかし…

何を?
昔の ブルーハーツとか

自分が聴いてた時代の歌とか

ああ~ 今度?
そういや 行かないね みんなでね

今度 行きます? おおっ

楽しみ

<愛の 昆虫食の旅に同行>

<ということで
飛行機を>

<乗り継ぐこと
8時間>

<インドネシア西部に浮かぶ島
スマトラ島へ>

(スタッフ)お疲れさまです
着きましたね

そうですね 暑いですね
日本と違って

はい

<日本のおよそ5倍の国土に>

<2億5000万人が暮らすこの国は>

<アジア最大規模の熱帯雨林を有し>

<昆虫だけでも
およそ25万種が生息する場所>

<そんなインドネシアで
今回>

はい

コオロギと キリギリスを

足したような虫なんです 見た目が

そうですね

あ~ なるほど

すごい なんかでっかい…

<いつにも増して
食いしん坊の愛だが>

<今回も かなりパンチ強め>

<というか もはや不気味な
感じすら漂うラインナップ>

<早速 翌日朝から まずは>

<バイオリンムシ探しへ>

はい

<ということで その方のもとへ
車を走らせること1時間>

<早くも
バイオリンムシ捕獲経験者だという>

<オーキーさんと合流>

<出会っていきなりだが
オーキーさんに連れられ 森の中へ>

<すると…>

<ということで バイオリンの形を
しているという>

<すると 早速>

ああ~っ!

見て見て ホントに

これ これも? これも?

それも? それも?

ああ~!

<なんと開始わずか5分で>

<お目当てのバイオリンムシを 2匹もゲット>

<そして その形状は
愛が言っていたとおり>

<まさに バイオリンのよう>

あっ そうなんです?

<そう このバイオリンムシ
身に危険が迫ると>

<お尻から 強烈な
アンモニアのガスを噴射し>

<もし それが目に入ろうものなら>

<失明のおそれもあるという>

<が しかし 愛は…>

(小池)ホント

<そう 身の危険より
食べることで頭がいっぱい>

<なので その後も…>

バイオリンムシ また捕れました

<なんと ものの20分で>

<お目当てのバイオリンムシを5匹もゲット>

<すると>

ネットで

じゃ ちょっと

<愛のいう>

<この旅のお目当てでもある
巨大な蛾>

<ヨナグニサンの仲間のことで>

<何やら その幼虫を
捕まえたいのだという>

<オーキーさんとともに
辺りの>

<すると>

ああああああーーーーーーーー!

これ これこれ これ これ これ

これ これ これ!
これですよ! これ

すごい

あっ すごい あっ
ごめんね ごめんね

捕れます?
あっ!

落っこった ごめん ごめん

こんな おっきいんすね
そうですね

でっかいですね

うわ~!
うわ~お!

マジっすか

<正直 マズそうな上に>

<化け物感すら漂う こちらが>

<探していた>

<そして
不気味さを際立たせている>

<背中のトゲトゲは…>

<生息しているシルサックの木の果実に>

<擬態したものとのこと>

<そして その後も…>

ああああーーーー!

すごい なんか3匹も

めっちゃ でかいのが捕れましたね

なりそうっすね これは

<この>

<バイオリンムシと合わせ
わずか1時間で>

<上々のとれ高に
となると 愛は…>

<すぐさま>

<お借りした
キッチンスペースで>

<まずは この旅のお目当て>

<バイオリンムシから>

はい

<フロランタンとは クッキー生地に>

<キャラメルでコーティングした
ナッツ類をのせて焼き上げる>

<フランスのお菓子>

<なぜ これとこれが
結びついたのか 完全に謎だが>

<まずは
砕いた>

<そして しばらくすると>

<今度は
それを>

<十分 火が通ったところで…>

<続いて バターとマシュマロ>

<クルミとレモンピールで
生地部分を作っていく>

<そして…>

これを ちょっと
バイオリンムシのそれぞれに

のせていきます
のせてくんですか

<できあがった生地を
バイオリンムシにのせ…>

<それを>

これで薄く 延ばします

<木の棒で しっかりと
延ばしていく>

<そして 最後に
食べやすいサイズに切り分けると…>

完成ですか
はい

(設楽)まんま残って…
またまた

<こちら的には 失敗とかの
次元じゃない料理が 早くも完成>

<続いて
この化け物の番なのだが…>

次は

<言ってることが
全然わからなかったが>

<愛が言う>

<それは ポン・デ・リング的なものに>

<幼虫を通した
愛特製の超斬新なひと品>

<ということで まずは
バイオリンムシのフロランタンから 実食>

これ 食べます

美味しいですか?
うん

<そりゃ>

<と 設楽が言いそうな
感想を残し…>

<続いて
超斬新な>

とりあえず

<が まさかの浮き輪を外し
バラバラに>

<果たして
その>

<最後は>

<で締めて>

<捕まえた全昆虫を
ペロリと完食した>

<ど頭から かなり
パンチ強めだが>

<まだまだ旅は
始まったばかり>

なかなか
ちょっと

はい

<狙う2つ目は
ヨナグニサンという巨大な蛾>

<この日も
ノンストップで>

なるほど

<生憎の雨となってしまったが>

<まずは 案内をお願いしている
ヘンドリックさんと合流>

ライトトラップなんですね

<ライトトラップといえば…>

<愛の旅では
おなじみ>

<若干 雨が気になるところだが>

<果たして>

<このまま>

はーい

<いよいよ>

<…が ぱっと見
ヨナグニサンは いない模様>

<すると>

ああーーーーーーー!

あああーーーーー!

ヤバい これ これ…

ヤバい うおおおーーーー!

ええっ これ
めっちゃついてますよ しぶとい

これ コーカサスオオカブトです

<なんと 突如姿を現したのは>

<アジア最大のカブトムシ コーカサスオオカブト>

でっけえ!

ああっ
痛いですか?

痛い 痛い 痛い 痛い…
噛まれてる?

<と 予期せぬカブトムシの登場に>

<テンションを上げていると…>

ヘビトンボ 前回 私
食べたと思うんですけど 番組で

それの成虫です

鋭い? うわっ ホントだ
あごがヤバいので

すごい ヘビトンボもいるんだ

<続いて現れたのは 以前捕まえた>

<ヘビトンボの成虫>

<その後も…>

うわっ 来た! なんか来た!

セミ セミ セミ セミ
セミか

<ヒグラシをはじめ…>

ああーーー!
何すかそれ 何ですか?

<色鮮やかな モーニッケノコギリクワガタなど>

<次々 昆虫が姿を現す>

<そして ついに…>

あああああああああーーーーー!

はい… 入ったけど

<そして…>

ええ~っ!?

<この旅 2つ目のお目当て>

<ヨナグニサン
ゲットに>

これ 顔?
うん 顔

ホントだ
意外とかわいいんですよ

<ちなみに この
葉っぱのようなものは触角で>

<敵の接近や
周囲のにおいを感知したりと>

<センサー的な役割を果たしている>

<こうして
小雨の中にも かかわらず>

<お目当てを含む
8種類の昆虫をゲット>

<ということで…>

<そう>

<そして 日々 エスカレートしていく
その調理方法だが…>

<もはやアレンジがすごすぎて
全く想像がつかないが…>

のせます

<湯引きした
ヨナグニサンに>

<卵を絡めたそうめんを
のせていき>

<しばらく そのまま火を通すと…>

おっ いった

<こうして 焦げよりも
気になることがたくさんの>

<が完成>

<そして>

<素材の味を楽しむため>

<味付けは
塩を軽く振るだけ>

<そして 水を入れて
蒸すこと 5分>

<こうして 手の込んだ
2つの料理が完成>

<まずは>

<果たして
その>

<続いて>

<果たして
その>

<ならば 海苔と焼きなすを
食べればいい気がするが…>

<続いて 愛が
大興奮だった>

<を実食>

<そして>

<では>

うおっ
うえぇ~

でも あの…

<だったようだが>

<その後も 次々と平らげていき>

<今回もペロリと完食した>

<そして翌日…>

<ということで
この旅のお目当て ラストは>

<コオロギとキリギリスを
足した見た目の>

<巨大な昆虫 リオック>

<早速 車に乗り込み
その生息地を目指す>

はい

<ここまでの2つと比べ
何やらレア度が高そうだが>

<車は早くも その>

<この方は 今回 幻の昆虫>

<リオック探しを手伝ってくれる>

<ピルさん>

<どうやらリオックは
その希少性から>

<海外では高値で
取り引きされるため>

<ピルさんは自ら
それを捕獲し>

<輸出販売することで
生計を立てているのだ>

<ということで
ピルさんに続き>

あ~!

これ ヒルですね

青い?
すごい 青い青い

<そのノリで道端のヒルを
次々 虫籠に収めていき…>

<と入っていく>

<これまでと
だいぶ様子が違うが…>

<いよいよ 幻の昆虫
リオック探しをスタート!>

<まずは ピルさんに倣い>

<辺りの様子を
注意深くチェックしていく>

<が 開始から1時間経過するも…>

<リオックは姿を現さないどころか
その痕跡すら見つけられない>

<やはり>

<こうして 森の中を>

<何やら ピルさんが>

<果たして>

あっ!
あ~

え~っ! でっかい でっかい

やだ いや~
うわ~

えっ? わかんない

でかい
うわ 気持ち悪い

すごい
暴れてますね

う~わっ

危なそう 何かすごいでかい!

<見事 お目当ての
リオックをゲットし>

<早速>

全部 ちょっと もう

<は 何やらピルさんの紹介で>

<木の葉に潜むコノハムシの
ゲットも狙うという>

<ということで ホテルで>

<再び森へと戻り>

<コノハムシ探しをスタート>

グアバの木なんですね
あっ 実がなってますね

なってます
美味しそうです

<そのままグアバの木を
注意深く観察していると…>

これ これ
これだ

あ~!

これ あ~!
これ これ これ

これ?
これ これ これ あ~!

葉っぱがそのまま
虫になったような

よく見つけましたね

<そして その後も…>

いた いた いた いた
ここ ここ ここ

いました
めちゃくちゃ見つけますね

すごい山ほど
だいぶ大量ですよ 既に

<なんと わずか>

<ということで
ホテルへ戻り 早速 調理開始>

<今回 この2つで
愛が作るのは…>

<な感じだが>

<一体どんな料理が
出来上がるのか?>

<まずは リオックとコノハムシを
熱々のお湯で下茹でし>

<続いて バターで
ニンニクを炒めたところに>

<これを投入し
こんがりとするまで焼き上げる>

<そこに 切り干し大根>

<トマトケチャップ
味噌を加えて>

<焦げ目がつくまで
しっかりと焼き>

<最後に
水を注いで>

<リオックとコノハムシを
じっくりと煮込んでいく>

<こうして
出来上がった料理が こちら>

<中央に鎮座するリオックを>

<コノハムシが囲み>

<盛り付けにも
こだわりの見られる>

<愛こん身のひと品となった>

横にしかなれない

<ちなみに 道中で見つけた
大量のヒルは>

<食べどころが
どこなのか わかりづらい>

<アヒージョへと姿を変えた>

<それはさておき 旅のお目当て
リオックのお味とは?>

そうですか?

エビだと
思えば

エビ?
見た目はエビですね

うわっ

<そして コノハムシも
ヒルのアヒージョも>

<次々 食していき>

<今回も全て完食となった>

<愛の昆虫を
食べまくる旅は>

<これからも続く!>

いや~ お見事

松本さん いかがでした?

(小池)かっこよかった

リオックの
むしゃぶりつきようったら

今までの中でも
一番すごかったですね これ

我慢できない感じでしたよね

味は クリームチーズみたいって
おっしゃってましたけど

日本からチータラを

わりと美味しいやつを
持ってきたので

チータラあげてみたら
結構

お気に召していただいたみたいで
この子が?

そうですね
で 1本食べちゃったんで

もう1本で おかわりして
2本目あげたんですけど

チータラ詰めじゃないですか
ただの

巨大なカブトムシはどうですか?
あれ大丈夫ですか?

あれ さすがに割ってね
食べるって感じでしたけどね

コーカサスオオカブトですね

これだけ見るとね

何か
葉っぱが腐った

さすがに コーカサスオオカブトは
すごい何か…

と思いながら

<このあと>

<を大公開!>

<ここから>

<を大公開!>

っていう 何か
真っ赤で もふもふした

ダニ?

やだ!
でかいんすか? これ

でっかいです
2~3センチぐらい

ホントにイチゴサイズ
なんですけど

やだ!
最悪

どこにいるの? この子 怖い

ちょっと写真だと もふもふ感が
若干足りないんですけど

すごい何か 真っ赤で
ホントもふもふしてるので

現地でレッドベルベットって
呼ばれていて

ダニを食したい?

はい 食べたいなと

ほかには
ピンク色で もふもふした

もふもふ系…

ロージー・メイプルモス
っていう かわいい名前の

何か もふもふの
ピンクとイエローが

コラボした感じ

志茂田景樹さん
みたいですね

あれ手ですか? これは

そうですね
手というか

前足ですね 足ですね
どっちかっていうと

そうですね

かっこいいけど
笑っちゃう

これは美術大学の
卒業制作みたいな

何これ? どう
見たらいいの?

ちょっとまだ
見方がわからへん

今のと対で
対で

(設楽)
どうなってるんすか? あれ

これ ポーズとってる
瞬間だと思うんですけど

(設楽)威嚇?
そうですね

<このあと 愛考案 超オリジナル
昆虫食レシピを大公開!>

愛さんはね

というものを
作っているということで 今回

を紹介してくれるそうです

虫が気になる

とりあえず そういうとき以外は

これ オムライスですね
ちょっと待ってください

どこを見て?
間違い探しみたいな

(設楽)どこに虫がいるんですか?

白い方が
幼虫とか さなぎで

黒い方が成虫
大人になったやつですね

それを こう
おにぎりとかの形にして

ちょっとクマさんの形にして

そこに 黄色い卵焼きの
お布団をかけて

緑と赤の

そうです 虫じゃないんですよ

点 点 点って
つけてあって

何? どういうこと?
何つうんすか お母さんが…

普通のじゃないじゃないですか
これ だって子ども喜ぶ

すごいな

すっげえクマ好きやな

何でクマにする…

これもだいぶ こびた感じの
ハンバーグなんですけど

バッタとか
セミの抜け殻とか

わかりやすいですね
だしが出るんですね

買います 買います

確かに
見てみたいってのはありますよ

<「クレイジージャーニー」のDVDが>

<シリーズ累計21万3000枚を突破!>

<全収録内容に未公開が付いて>

<各2枚組 2750円>

<さあ 皆さんも
クレイジーな旅へ!>

<次週 100年前に作られた
ジーンズの完全再現に挑む男が…>

≪できるだけ手作業で
効率悪く作りたい

<移住したニューヨークで
こだわりの限りを尽くす>

<そして 当時のミシン大捜索で>

<新事実が! お楽しみに>


関連記事