ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」歯を守るカギは「歯みがき粉」の使い方にあった!?…



出典:『ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」』の番組情報(EPGから引用)


ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」[解][字]


虫歯予防、歯を守るカギは「歯みがき粉」の使い方にあった!?ゲスト仰天!虫歯率を激減させたスウェーデンの新★歯みがき法とは?こわーい歯周病を予防する秘策も大公開!


詳細情報

番組内容

みなさんは一日何回、歯みがきしますか?朝昼晩、歯みがきは欠かせないという人も珍しくない中、なぜか大人の虫歯が増加中!そこで今回ご紹介するのは、虫歯を激減させたスウェーデンの新★歯みがき法。ポイントは「歯みがき粉」。日本人の常識が覆る、その驚きの方法とは?さらに年数回でOK、虫歯に加え歯周病もばっちり防げる楽ちん予防法も大公開。いつまでも自分の歯で食事ができるように、歯を守る最新情報をご紹介します!

出演者

【ゲスト】森口博子,金子貴俊,大島麻衣,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一




『ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」歯を守る
  1. 大島
  2. 森口
  3. 金子
  4. フッ素
  5. 虫歯
  6. スウェーデン
  7. 拍手
  8. 歯医者
  9. 日本
  10. ゲスト一同
  11. 先生
  12. 歯科衛生士
  13. コーティング
  14. 日本人
  15. 秘密
  16. 普通
  17. 眞木
  18. ガッテン
  19. 頑張
  20. 登場


『ガッテン!「虫歯リスクが激減!?発見!新★歯みがき法」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

今夜は これ!

♬「はを みがきましょう
シュッシュッシュ」

そう…

こちらは…

当時 まだ根づいていなかった
「歯みがきの習慣」を広めようと

こ~んな大会が開かれていたんです。

それが今では…。

1日2回は当たり前。

3回磨く人だって
珍しくはないですよね。

これ 怖~い虫歯です。

なんと今 大人の虫歯が増加中。

最新の調査によると 40代で…

そこで今回 「ガッテン!」は
解決法を求めて 世界へ!

すると 国民の虫歯を激減させることに

成功した国が あったんです!

その秘密の一つが
これまでの常識とは全く異なる…

その方法を いち早く知った専門家は…。

これはね…

ほんとに思いましたね。

え~っ!? 一体…

(拍手)
(志の輔)どうも こんばんは!

(拍手)
よろしくお願いをいたします。

さて 本日のテーマは…

これでございます。

「テーマはこれでございます」
というか…

すごいもんですね 今こうやって見ますと。
(森口)う~ん!

昔なかったものが… ねえ。
(大島)あ~ 確かに。 舌ブラシ。

(金子)舌もないし 細さも
なんか昔 竹みたいなような

バリバリしたやつでした。

(大島)かたいやつ~。
(森口)ボッサボッサの。

いつの時代だよ!
(笑い)

ちなみに…

(大島)あ~ すごい。
(森口)珍しい!

(笑い)

(金子)1人!
スタジオの中で たったお1人だけ

今まで虫歯になったことがないって方が
いらっしゃいます。

ということは残りの方は何度かであろうと
みんな それに苦しんでおります。

まずね このデータ的に

とりあえず調べられるだけ調べました。
これ ちょっと見て下さい。

まず 私たちの抱えている現実から
いきますよ。

これは 日本の厚生労働省が
調べたデータです。

年代のグループ別に どのぐらい虫歯が
あるかをパーセンテージで表しました。

いきます。

(金子)うわっ… えっ!
(森口)うわ!

100%じゃんね。

ですから 虫歯がある人が もうほとんど。

(大島 金子)えぇ~!

そうなんだ~。
はあ~。

なぜゆえ こんなにたくさん
虫歯になる人がいるのか ということを

突き止めるために
実は 海外へ行きましたですね。

はい。

(大島)えぇ~? 歯がきれいな…。

お医者さんとかでいうと…

そういうイメージですよね。
ドイツと近いですか。

あっ スイス。 いいですね。

どこだろう…?

(ゲスト一同)上…?

スウェーデン? スウェーデン。

すばらしいですね~。
フゥ… フゥ… フフフ。    (拍手)

スウェーデン 本当に歯の先進国です。
(ゲスト一同)へえ~。

まずは ご覧頂きましょう。
すてきな歯でございます。

(大島)スケートで移動?
(金子)川で?

(大島)すごいおしゃれな街。

こちら スウェーデンの歯科医院。
(金子)うわ きれいな歯医者さん。

(森口)わあ きれい。
(金子)歯間ブラシみたいなの…。

(大島)虫歯なさそう。
(森口)きれいな歯じゃない?

(金子)つやっつやですね。
(森口)治療した痕 ほとんどない。

えっ この方…。
(森口)77歳…!?

(大島)あっ きれ~い。
(森口)えぇ~!

(大島)奥歯まで しっかり。
77歳!?

(森口)いや~ とても信じらんない。

(大島)きれいな歯。
この方も 若い人たちだけど…。

うわ~。

きれいだ きれいだ。
(森口)みんな きれい。

77歳は驚きましたね。
あれ あのままカーッと開いてて

このままカパッと取ったら驚きましたね。
(笑い)

入れ歯だった みたいな。
衝撃映像ですよ。

入れ歯じゃないか! って。

すごいね きれいさ。

(金子)よかったですね。
(大島)きれい。

スウェーデンにも
2013年のデータがありました。

まいりましょう。
スウェーデン!

(大島)えぇ~!
(金子)少なっ!
(森口)少ない もう!

(金子)はぁ~っ…。
(大島)20%ないぐらい。

(金子)なんで こんなに違うんだ?

(ゲスト一同)えぇ~っ?

(大島)何食べてるんだろう?
(森口)謎 謎。

ほら それです それです。 これが

大きな勘違いというか 我々 日本に
あ~ そうやってたんだってことを今日

驚いて頂くことなんです。

スウェーデン
どうしてるんだろう?

毎日 ちゃ~んと歯みがきしているのに

どうして日本人は…

実は 虫歯をグーンと減らした
スウェーデンも

かつては 多くの人が
虫歯に悩まされていたんです。

その理由が これ。

スウェーデン人は
実は甘いものが大好き!

でも 僕は…

甘いものをたくさん食べても
虫歯にならない秘密の一つが

そう やっぱり…

こちらは
スウェーデンのドラッグストア。

実は 日本でも売られている
「あるもの」の使い方が…

その「あるもの」とは何なのか?

さて いよいよ
本題に移らせて頂きましょう。

本日の主役とも言うべき
これでございます。 どうぞ。

並んでるものを見て頂きますと…。

(金子)あ~ なるほど 種類がね いろいろ。

こんなにいっぱい あるのか。
出てまいりましたですね。

もう 今 200種類以上ありまして
今日 ほんの一部ですけど集めてきました。

実は 昭和の23年 1948年。

それを皆さんに
これから当てて頂きたいと思います。

1948年…。
70年ぐらい前ですよね。

(森口)あっ…。
(大島)分かった。

私も分かった。
ね? ありそう。

はぁ~。 それでは登場して頂きましょう。
(大島)えっ 登場?

はい。
本日の主役中の主役でございましょうか。

これでございます。
(金子)えっ?

えっ?
粉…?
白い… 何か…。

(森口)あっ! ますます正解出たかも 私。
分かった? はぁ~。

(金子)何だろ? かたくり粉みたいな…。

言っていいんですか?
博子ちゃん もう分かってますよね。

あっ 俺 分かったかもしんない!
あれですよね?

(森口)「せ~の…」で言う?
(金子)「せ~の…」でいきます?

合ってるかな~ 私? はい…。
(金子 森口)せ~の…。

はい ありがとうございました。

(大島)あぁ~っ!
はい そのとおりです。

正解でございました。

(拍手)
(大島)よかった よかった。

さあ それでは
皆さんに教えて頂きましょう。

フッ素 ほとんどのものに
入ってる ということは

とてもよいものなんでしょう と
思われてるから 入ってるんでしょう。

フッ素加工… コーティング?
いわゆる その…

でも 今 麻衣ちゃんが言った 何だっけ…

(笑い)
ああ… あっ そっか。

フライパン… フッ素樹脂加工。
そうだよな?

フライパンか アハハ。

確かに 「フッ素」ってよく聞きますが

一体どんなものなのか
あんまり知らないですよね?

そもそも日本で初めて
歯みがき粉が登場したのは…

当時の歯みがき粉の主成分は
なんと「砂」。

房州砂という粒の細か~い砂で

歯の汚れを
こすり落としていたんですって。

明治になると
ペースト状の歯みがき粉が登場。

炭酸カルシウムなどが主成分となり

化学の力で汚れを落とす
時代になります。

そして 昭和23年。 日本で初めて
フッ素入りの歯みがき粉が登場します。

これによって 歯みがき粉は
「汚れを落とすだけのもの」から

「薬効成分で虫歯を防ぐ高機能のもの」へと
進化を遂げたんです。

では いざ最新の歯みがき粉を
見てみましょう!

案内してくれるのは

歯みがき粉メーカー研究員の
井手上 拓さん。

分かりますかね。 井手上さん
「イー」って やってもらえます?

新商品を開発する この施設は
秘密がいっぱい!

というわけで ちょっと失礼。

準備OK!
井手上さん お願いします!

取って頂いても…。
大丈夫ですか?

最新の歯みがき粉に含まれている
主な成分が こちら。

これは…

1, 000分の20mmという
超細か~い粒が

歯の表面を傷つけずに
汚れを落としてくれるんです。

更に こちらは…

水に入れると…。

ほら 泡立ってきた!
これには どんな役割が?

そして もちろんありました フッ素。

これが 虫歯予防に欠かせない「切り札」。

それでは 歯みがき粉作り開始!
使うのは こちらのマシーン。

まず 水と特殊な溶液を入れて…

そこに フッ素のほか
およそ20種類の材料を順番に投入。

これを混ぜ合わせます。

作業開始から およそ30分。

(井手上)そうですね これが…

宮森くん いってみる?

これは 多いけど… いきますよ。

できたては いかが?

こうして 今や国内で流通する9割の
歯みがき粉に配合されている「フッ素」。

いよいよ そのパワーをスタジオで
詳しく解き明かしちゃいます!

このフッ素は
一体 何をしてるものなのかを

それでは ご説明をいたしましょう。
模型で説明をさせて頂きます。

これ 私たちの口の中を
簡単に 模式的に表したものです。

歯。 そして
ここに黄色く たまっているもの。

これは 実は歯垢です。

(ゲスト一同)あぁ~。

ネバネバした この歯垢を
ちょっと 中のぞいてみますと…。

(大島)わぁ~。
(森口)あら。
いるのが…。

あ~ 来ましたね。
虫歯菌です。

これから起こることは もうこれ
半年間かけて作ったもんですからね。

(大島)すごい。
(金子)大作ですね。

(森口)力作!
大作ですよ 大作。
それではまいりましょう。

虫歯菌が出すのは… 酸。

(大島 金子)あぁ~っ!

(大島 金子)溶けてる!
(森口)溶けちゃった!

(大島 金子)あぁ~っ!
(森口)はやい!

これ もう…
構想から1年かかったんですよね。
(笑い)

(大島)名作ができた。
(森口)クライマックスを迎えてますよ。

(大島)うわ~ 溶けちゃってる。
(金子)穴あいちゃった!

(ゲスト一同)わぁ~!

虫歯菌は酸を出します。 その酸が
歯を溶かすことを「虫歯」といいます。

(金子)へえ~!
なるほど~。

では 今度は…

(森口)粒々 入りです。
ご覧下さい。

これがフッ素でございますね。
そうです。

これを作るのにも2か月かかってる。

(笑い)
だいぶ大作ですね。               大変!

(金子)もうアートですね。

さあ これで歯を磨くことにした
ということで

これを 磨いてまいりますと…。

結構よくできてます。

(ゲスト一同)あぁ~!
(森口)フッ素 くっついた!

これは すごいです。

こっちに3つ残ってるのが悔しい。
(笑い)

(森口)反省!
悔しいですけど。

このようにしてコーティングですね。

まさしく こうしてフッ素で歯を
コーティングすることになるんです。

そうしますと 同じように
あの子がやって来ましても

さあ かかってらっしゃい。
ほら!

(大島 森口)あぁ~ 溶けない!

(金子)守られるんだ。
(大島 森口)あぁ~。

心なしか悔しそうな虫歯菌。
(大島)ほんとだ。

退場です。 さようなら。

(大島)あ~ 守られてる。

いやいや すごいです。

こんな面白い実験もあります。

実験に使うのは…

どんな実験かといいますと
卵をお酢に浸します。

(大島 森口)へえ~。

卵を歯だと思って下さい。
ちょっと見てて下さいね。

(金子)あれ? なんかシュワシュワしてる。
(森口)気泡が出てきた。

はい 泡が出てきました。
(金子)えぇ~。

そうです。

(森口)溶かしてる!?
(大島 金子)えぇ~っ!

(大島)溶けちゃうんだ。
(森口)そんな強いんだ お酢って。

取り出すと… こんなボロボロに。

(大島 森口)えぇ~!

歯みがき粉を卵に…。
(金子)フッ素が入ってるわけですね。

そうです。 そして すすいでから

同じようにお酢につけますと…。

(大島 金子)あっ…。
(森口)気泡が出ない?

(金子)溶けてないんじゃないですか?
(森口)うん 出ない。

出てない。 泡一つ出ない。

(金子)おぉ~!
(大島 森口)えぇ~!

(大島)塗っただけで…。
(金子)これが フッ素の力。

ということなんでございます。
(金子 森口)えぇ~!

コーティングっていうのは
分かってはいるものの

具体的に こうやって見ると
ほんとに歯を丈夫にしてくれる

よいものなんだそうでございますが。
(大島)大切。

ちょっと話を戻って思い出して下さい。

フッ素は こういう役割です。

(森口)もちろんです!
(大島)確かに。

コーティングに
コーティングだから。

それが… それがフッ素というものを
最大限に生かしていると。

とにかく まあ ご覧頂きましょうかね。
はい。

なぜフッ素入りの歯みがき粉を
使っているのに…

実は25年ほど前 その真実を知ったのが
虫歯予防の専門家…

当時 眞木さんは
世界最先端の虫歯予防法を学ぶため

スウェーデンに留学。

虫歯率を下げることに成功した
秘密を探りました。

成功の理由の一つとして
研究仲間が教えてくれたのは

イエテボリ大学で開発されたという
新しい歯みがき法。 その名も…

通常の歯みがきに比べて
40%以上 虫歯のリスクを減らせる

画期的な方法だったんです。

(森口)大きい。

ええっ!? じゃあ なんで
日本に広めなかったんですか?

でも わたしは…

(森口)どんなこと?
(金子)何?

日本人には無理って どういうこと?

(ゲスト一同)えぇ~っ!

日本人じゃ無理って
ますます気になる。 何?

海外はできるの?
え~?

えっ 何だろう?

眞木先生は イエテボリ…
まあ何ですか… テクニックという

いわゆる 歯みがきのテクニックを
お知りになりました。

眞木先生自身が 最初に体験した時に

「いや… これは 日本人には
広まらないんじゃないかな」という

歯みがき法だったっちゅう話です。

(金子)えぇ~?
(森口)何だろう? 日本人が無理…。

じゃあ ちょっとだけ
お見せしましょうか…。

お邪魔したのは こちらのお宅。

イエテボリに住む…

夕食どきに すみませ~ん。

(森口)おしゃれ~。

ブルンクマンさんのお宅では
ごはんを食べ終わったら

家族みんなで歯みがきするのが
習慣なんですって。

いざ…

使うのは ごく普通の歯ブラシと…

至って普通の歯みがき粉。

(森口)こんなにいっぱい つけるんだ。

磨き方は…。

(大島)普通に見えるけど~。

さ~て この秘密の歯みがき法

このあと ゲストの方に
体験してもらいますよ!

えぇ~!
これ ヒントなの?           えっ!

これで分かったのは
少なくとも あれですよね

会社で磨いてるんじゃなくて
「家」で磨いてる。           (笑い)

なるほど~。

そこが大事なのかな。
家でやることなのかな。

それでは これから…

小野くんが…

これから 小野くんが指示したとおりに
そちらのほうで あなただけが知って

「あっ こういうふうにするんですね」
というので

それをそのまま やって下さい。
で カメラさん 追えるだけ追って頂いて

彼の歯みがきを遠くから見て頂いて
それを私たち ここで見ますから。

(大島)え~ いいな~!

(笑い)
まあ そういうことですね。

そんなの もし…

(笑い)    分かりました。

チャレンジ
頑張って下さい。           チャレンジ!
(金子)頑張ります。

いいですか?
見せて下さい。

(大島)見せて実行できるんだ。
イエテボリテクニックを今 小野くんが

書いた状態を金子くんに見せております。

さあ それでは どうぞ行って下さいませ。
(森口)このリアクション。

(大島 森口)えぇ~!
(大島)できるの?

(森口)びっくりした感じ。
(大島)頑張って~。       (拍手)

はい いってらっしゃい いってらっしゃい
いってらっしゃい。            (拍手)

ドキュメントだ これ まさに。

(大島)え~ 衝撃を受けた顔してましたね。

だけど… だけど

要は眞木先生が ああやって驚いて
それで日本にお戻りになって

「こんな すばらしいことなんだから」と
思いつつも…

だって知らないわけでしょ。
知らないです。

…ってことですよね 広げたくても。

洗面台にたどりつかれました。

(森口)私の楽屋の前でね!
(笑い)

いいね いいね。 博子ちゃんの楽屋の前で。

(森口)いよいよ日本初の
一般の方のイエテボリ公開。

(大島)ねえ ほんとに。 あっ でも…
普通に歯みがきしてるけどな~。

ここまでは スウェーデンの家族だって
こうやってね やってましたですけど。

彼の 今 歯みがきを見ております。

はいはい あっ…

ここの洗面台 吸い込む時
ものすごい音がするんですよ。

(森口)そうなんですよね。
ゴォーっていうのね。

(大島)あ 終わった。

(大島)え~? 何か…
えっ 変わったことしてない気がする。

え~ 何したの?
(大島)えぇ~?

はい お待ちしておりました。
ご苦労さまでした。

お待たせしました。       (拍手)

ご苦労さんでした。
はい 席にお戻り下さい。    (拍手)

(大島)あれ? なんか普通な感じに…。

いや おおかた そんなに違和感はなく
やったんですけど ただ まぁ…

(大島)えぇ~!
今まで やったことないんですか?

背中で見てると それが
全然伝わってこない。
分かんなかった。

眞木先生が これは…

あっ…!

ええ…。 ねぇ~。

…を ちょっと思い出しました。

えぇ~!?
そんなに!?

では…

私は 今ですね…

ゆすいでない!

え~! 歯みがき粉 残る!

なので ものすごく歯みがき粉
残ってるんですよ。   (森口)なるほど!

だから もう 初めて
バリウム検査したあとの感じが…。

口の中が…。
それで口の中に…。

スウェーデンの方々も
それをやっています。

さあ 見て下さいよ。 磨き終わりました。

これは しかたないですよね。
さあ そして

蛇口から水を… えぇ…?

(大島)歯ブラシも…。
(金子)ブラシも洗ってない!

(森口)ブラシ 洗うでしょ?
(金子)ブラシ 洗ってますね。

蛇口から水を出し
歯ブラシは洗いましたが…。

(大島)えぇ~っ!?
(森口)むしろフレッシュ?

ほんとだ これはちょっと…。

それでは スウェーデンに
行ってらっしゃいまして

この方法をお知りになりまして
日本にお帰りになりました

眞木先生 お迎えいたしましょう。

東京歯科大学 教授 眞木吉信さんに
お越し頂きました。 ようこそ。

(拍手)

どうも ようこそ おいで下さいました。
(拍手)

(眞木)よろしくお願いします。
(ゲスト一同)お願いします。

先生が初めておやりになった時の感想を
まあ… あのとおりですか?

(大島)へえ~!
(金子)むしろ逆に…

(眞木)年代の差ですかねえ…。

私も ちょっと さっきからコメント
信じられないんですよ。

ほんとは つらいんだけど
そう言わなきゃいけないのかと思って

頑張って言ってんじゃないかと
思うぐらい。

先生も広めたいんですけど なかなか
ここが難しいところですか?

ローリング法とか バス法とか
スクラブ法とか 方法で…

そう! 爽快感のためにっていうのは
分かります 分かります。

洗浄剤だ みたいな
あれだったじゃないですか。

残しといたほうがいい。
でも1つ気になるのが

こうやって洗ってるってことは
菌も出てるわけじゃないですか。

その菌を ちょこっとしか はき出さずに…

あるいは それを飲み込んでるんじゃ
ないかっていう心配ね。

分かる 分かる。
(森口)それは先生 どうなんですか?

(眞木)菌は そのとおり いますよ。
(森口)えっ…!

「いますよ」 というか…。
(眞木)いても なぜフッ素が有効かって

さっきの模型でもあったとおり…

なるほど。 菌よりもフッ素が勝っちゃう。

コーティングがしてもらえれば
かなり強い歯になるんですよね。

ガードを堅くしてるってことですよね。

(金子)ということは あれだけちゃんと
歯みがきして ゆすがなければ…

(金子)それは必要なんですね。

例えば 歯と歯の間になんか
なかなか いかないじゃないですか。

データをもう一つだけ ちょっと見て

うがいの回数で どれぐらいね
フッ素がなくなっていくか。

普通…

えっ? 結構します 私。

そうだね 俺も4回はやるね。

「1.9」だそうでございます。

(眞木)
これは 1.9ppmのフッ素が残っている。

(金子)それが多いのか少ないのか…。
今 金子くんの口の中には…。

(大島)あぁ~!
(森口)えっ すごい!

(大島)こんなに違うんだ~!
(金子)すご~い!

(森口)ほぼ残ってるじゃん。
(大島)ほんと~。

当然 あとこれは 流れ出て…。

(大島)1回だけで!?
(金子)そんな違うんだ。

(森口)
1回で こんな なくなっちゃうんだ。

(金子)うわぁ~。

でも これとこれじゃ

絶対これ… 全然違いますよね。

8.3ですから
もう4倍ちゃんとあるわけですから。

えぇ~。
ゆすがなかったら 20倍ぐらいですか。

総じて言いますと 歯みがき
ゆすがないってことも そうですけど

フッ素に対する考え方も 先生は

度が過ぎなければ安全なものなので…。
そのとおりです。

飲んだらダメなイメージでした
小さい時。

実際どうなんですかね?

実際 飲んだりしたら…
影響はないんですか?

濃度としては 相当低いです。

フッ素の入った洗口液 あれだって
通常一番低いもので 225ppmですから

これの10倍ですから。
(金子)そんなにあるんだ。

そのあと水で うがいしないですよね。
(大島)しないです。

今のご希望としては…

貴重な情報 ありがとうございました。
いえいえ どうも。

ありがとうございました。
(拍手)

(大島)大発見。
金子くん自身には体験をして頂きました。

まあまあ やってやれないことはないな
という気持ちにはなった…?

このぐらいだったら。 だってもう…

スウェーデンの
ああいう歯みがき法があるんなら。

ガッテンして頂けましたでしょうか?

ガッテン!

スウェーデンで勧められている
イエテボリテクニック。

対象としているのは…

小さな子どもたちには
オススメしていません。

そのやり方を ご紹介しましょう。

まず最初のポイントは
「歯みがき粉の量」。

ちなみに 日本人の皆さんの
歯みがき粉の量はというと…。

そうそう このくらいじゃありませんか?

それに対してスウェーデン。

イエテボリテクニックの
歯みがき粉の量は…。

わ~お たっぷり!

およそ2cmつけて 1日2回磨きます。

でも こんなにたっぷり使って
フッ素の悪い影響はないんでしょうか?

ということで 専門家を直撃!

先生 そこんとこ どうなんですか?

フッ素は毎日大量に摂取すると

骨などに悪影響が出る
可能性があるため

1日の摂取量が10mgまでと
決められています。

でも 歯みがき粉の場合なら 万が一
2cm全部を飲み込んだとしても

その量は 1mg程度。

健康被害を心配する
必要はないんですって。

続いてのポイントは
フッ素をできるだけ口の中に残すこと。

VTRの家族は
全く ゆすいでいませんでしたが

もちろん 少量の水で
1~2回ゆすぐ人もいるそうですよ。

3つ目のポイントは
「歯みがきの後は飲食しない」。

できれば2時間 最低でも30分は
飲食しないことが勧められています。

さあ このあとは
スウェーデンが虫歯を激減させた

もう1つの秘密をご紹介!

歯医者さんのイメージが
国によって こんなに違うとは!?

まずは この歯医者さんの
現場をご覧頂きましょうか。

(大島)うぅ~っ。
うっ…。

(森口)あ~ やだ~。 マジで やだ。

(機械音)

(大島)泣いてる?
(金子)子どもだ。 あら~。

いわゆる医療機器に関しては相当の進歩を
遂げてるんでしょうけれども

今 言われたように 音は相も変わらず
「ウィィーン」っていう…。

あれが何曲かあって
「じゃあ これで」って

好きな曲の ♬「ピロピロピロピロピー」とかになれば
ちょっとは痛みも軽減できるような。

では 先進国スウェーデン。
この歯医者さんの中は

どのような雰囲気なのかを
ご覧頂きましょう。 どうぞ。

こちら スウェーデンの歯医者さん。

患者さんの歯を見せてもらうと…。

わぉ すっごく きれい!

こちらの男性も。

いや~ 羨ましい!

皆さん 虫歯もないのに
どうして歯医者さんに来るの?

皆さんのお目当ては こちらの女性。

実は この方 歯科医じゃありません。

「歯科衛生士」という
虫歯予防のプロフェッショナル。

スウェーデン人の8割が

「プロケア」と呼ばれる
歯科衛生士のケアを受けていることが

虫歯の減少につながっているんですって。

もちろん日本にだって
「歯科衛生士」は ちゃ~んといます。

歯医者さんの隣で
唾液を吸い取ってくれるだけの人って

思っていませんか? それ…

その実力をご覧あれ。

こちら 歯科衛生士歴13年の…

ガッテンボーイ 宮森くんの
口の中を見てもらうと…。

(森口)え~! それは長い!

歯や歯茎の状態から
歯みがきの癖を見抜き

その人に合った歯みがき法を
教えてくれます。

(森口)すごい。 エキスパートだ。

歯科衛生士は れっきとした国家資格。

彼女たちの真の実力
お見せしちゃいましょう!

これ 怖~い歯周病。

歯茎の骨が破壊されて
ぐっらぐら!

(森口)今にも抜けそう!

歯と歯茎の間
歯周ポケットの奥にたまった

歯こうなどが歯周病の主な原因です。

でもご安心を。 歯科衛生士の手にかかれば
ふだんの歯みがきでは取れない

歯周ポケットの中の汚れも
きれいさっぱり!

更に歯の表面を
特殊な器具で つるっつるに。

すると こちら!
赤く染まったのは 歯こうです。

ケアを受けた左側は
同じ食事をしていても

こ~んなに
歯こうが つきにくくなりました!

すごいでしょ?

虫歯や歯周病を防いでくれる
「プロケア」。

宮森くん どうだった?

あぁ~… ぬめりを…
ぬめりを持ってたんだ 宮森くん。

分かりやすすぎて… 例えが。
(笑い)

排水溝が口の中にあったと思うと
ぞっとしますね。
いや~。

先生に きちんと
歯医者さんの中のことと

それから予防という形で
診てもらうことは

どういうふうにしていけば よいのかを
教えて頂きたいと思います。

明海大学 学長で
日本口腔衛生学会 理事の

安井利一さんにお越し頂きました。
ようこそ。
(拍手)

(一同)よろしくお願いします。

やっぱり 駆け込むという
感覚だったのが これからは…

…っていう時代に
入ったんだぞってことなんですかね。

(安井)実は 歯科の場合はですね…

一番 お互いにハッピーなのは
こちらですね。

(ゲスト一同)あぁ~。
(安井)予防するっていうことは…

歯こうを取るというのは
歯周病予防にとっては

ほんと大事なことなんですよね。
(安井)そうですね。

虫歯も それから歯周病も
口の中のばい菌

いわゆる歯こうって言われているもので
起こってくるものですから

その原因を除去するっていうことはですね
極めて重要なこと。

80歳になって…

(安井)そういう数値もあって。 ですから

そこはケアをちゃんと 専門家に
やってもらってるか どうかで

明確にエビデンスは出てくる
ということなんですよね。

例えば 大学病院なんかですと
一度 初診で来られると

「じゃあ3か月後に来て下さい」とか言って
3か月後に来て

状態が大丈夫だなと思うと
じゃあ半年後とか

その患者さんに合わせて
間隔を決めていく。

これから
歯を失わないようにするためには

やっぱり40過ぎたらですね きちっと
かかりつけの先生に診てもらって

どのぐらいの間隔で
来ればいいかっていうのを

多分 先生が診断して
教えてくれると思いますので

そういう形でいくのが
予防だと私は思っています。

(金子)地方とか仕事してて
ほんと 差し歯とか取れた時

ほんと どうしようかと思いました。

(大島 森口)えぇ~!
(森口)大変だ。

ここがダメだと…

(森口)ストレスが もうね。

そうですね。

ほんとに ぜひ 予防という
先生がお勧めになっている感覚を

皆さん 改めて考えて頂ければな
ということでございますが。

ほんとに教えて頂きまして
どうもありがとうございました。

(拍手)

今回 番組で大注目した
歯科衛生士さん。

虫歯予防のプロは
自分自身の歯を残すために

一体どんなことに
気をつけているんでしょう?

そこで
全国の歯科衛生士さん 1, 000人に…

気になる結果 お伝えしちゃいましょう!

フロスや歯間ブラシは
必須アイテムなんだそうです。

歯みがき粉はあっても

やっぱりブラッシングで歯こうを
かき出すことは 大切なんですって。

やっぱり これ!

毎日の歯みがきと
定期的なプロのケアがあれば

虫歯なんて怖くない!

ちなみに費用は
歯医者さんによって異なりますが…

保険が適用される場合も
ありますので

歯医者さんに
問い合わせてみて下さいね。

プロケアが浸透している
スウェーデンでは

高齢になっても 自分の歯で
食事を楽しむ人たちが た~くさん!

「ぜひ こんな姿を日本でも」と

今日も多くの若者たちが 歯科衛生士を
目指して 勉強を続けています。

日本人の歯と健康を守る皆さん
頑張って下さいね~!

ということで…!

次回も…。
(一同)ガッテン!

(一同)ガッテン!

さあ始まりました。
「お風呂いただきます」でございます。


関連記事