情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」個性派俳優のホンネ】遅咲き個性派の表現者としての道…


出典:『情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」個性派俳優のホンネ】』の番組情報(EPGから引用)


情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」個性派俳優のホンネ】[字]


俳優/佐藤二朗▽“佐藤二朗は佐藤二朗役しかできない”とも言われる自由奔放な演技。だが「まだ自分の5分の1しか見せてない」と語る遅咲き個性派の表現者としての道とは


詳細情報

番組内容

抜群の反射神経と絶妙な間合い「これは台本なのか?アドリブ演技なのか?」だが佐藤二朗はアドリブであるとは認めていない。脇役ながら圧倒的存在感で、出演したドラマや映画は300本以上。台本上のセリフやト書きが佐藤流解釈により瞬く間に生まれ変わっていく…。オフの日に居酒屋で向井理を相手に役者論を熱く語り、更に映画監督としてメガホンを取る姿にも密着。遅咲き個性派が自分に問いかけながら進む「表現者としての道」

プロフィール

【俳優/佐藤二朗】 1969年愛知県生まれ。1996年演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、全公演で作・出演。近年『勇者ヨシヒコ』『神の舌を持つ男』、『幼獣マメシバ』や『銀魂』など多数の人気ドラマ・映画に出演し、CMやバラエティ番組など各方面からも引っ張りだこ。また、独特な感性とユニークな視点で家族との日常を切り取ったツイートが大人気でフォロワーは約130万人。妻と一人息子をこよなく愛する50歳。

公式ページ

【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu

公式ページ2

【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku

公式ページ3

【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

公式ページ4

◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/

制作

【製作著作】MBS(毎日放送)



『情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」個性派俳優のホンネ】』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」
  1. 映画スタッフ
  2. 撮影スタッフ
  3. 本番
  4. ソーラン
  5. チュー
  6. 現場
  7. 佐藤
  8. カメラ
  9. スタッフ
  10. ホント
  11. 映画
  12. 自分
  13. 台本
  14. お願い
  15. カットバック
  16. 全然
  17. 男性
  18. 舞台
  19. 平野
  20. 役者


『情熱大陸【佐藤二朗/アドリブ?計算?「芸人よりも面白い」個性派俳優のホンネ】』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓MBS 毎日放送関連商品

♬~

<夕暮れ
なじみの店に急いでいた>

(佐藤二朗)どうも すいませんね
いつも 申し訳ない

あの 僕 いつもの
(店員)いつもの

「しらしし」とか
そういうの頼むと思います

<今や 引く手あまたの個性派…>

≪(窓をたたく音)

≪(笑い声)

カメラを向けたら…

スッと行かれてしまった

<武骨さとチャーミングさが
同居する男には

役者仲間のファンも多い>

<向井 理も その一人>

(向井)酔っ払った人の芝居は
どうするべきかみたいなのを

あぁ そんな話したっけ?
しました

じゃあ してるじゃん
すごい酔っ払ってて

酔っ払いは 同じ事を2度言う
いやいや うん

つまり 俺は ふだんから ずっと
酔っ払ってる状態ってことか

まぁ でも 俺は 同じこと
3回か4回 言うんで

まぁ そういう意味では
しらふかもしれない

だから 「神の舌」は
ああいうふうになった

う~ん

<これまでに出演した
映画やテレビドラマは

300本を超える>

<職業図鑑が出来そうなほど
多彩なキャラクターを演じ

脇役ながら どこか印象に残る
存在感を焼き付けてきた>

(山田)「顔が大きい」

<ブレークのきっかけは
2011年に放送されたテレビドラマ>

「体に割にさ
顔がでかいっていうのはね

よく言われ… ほっとけよ!」

「仏だけに ほっとけよ!」

「お~い ヤバダバドゥ」

「私は専ら 頭脳派なものでね」

<計算ずくか アドリブか>

<予測不能の芝居が持ち味だ>

(菅田)「余裕で勝てるな」

(斬る音)
「あはっ その痛みには興味がある」

<ユニークな資質に
磨きをかけたのは…>

<ハリウッド映画の吹き替えにも
佐藤を起用した>

「ハッハッハッハッ… ハ…」

「う~ん サンタさんはね

夏は ひたすら
ダラダラしてるんだぞ」

「ファ~ ホ」

「う~ん サンタさんはね
夏は ひたすら

ダラダラしてるんだぞ」
「ファ~ ホ」

(福田)芝居じゃないんです

何か 大人の落ち着きがないんすよ

あの~ いつでも 何か
きょどってたりとか

あたふたしてるんすよ

その姿を見た時に
この人は面白い人だなって

思ったんすよね

<売れっ子は
しかし こんなことを言う>

…感じがするんで

役者も含めてだけど
まだね ちょっとね

出しきれてないっていう思いは
あるね うん

<ツイッターのフォロワーは
実に130万人以上>

<酔った勢いでアップする
意味不明のつぶやきも

人気らしい>

僕のガラケーだとですね
あれなんですよ

あの 正直申し上げてですね…

<いつも ひょうひょうと 自然体>

君 ちっちゃいなぁ

(橋本)ハハハハハ!
今更だけど 身長いくつ?

(橋本)いやいや 152です
152 ちっちゃいね

自転車 乗ります?

乗るか… あんまり 乗ることって
意外とないんだけどね

正直に言って

(笑い声)
声 響くね うるさい 笑い声

おっ! 何ですか

<5月7日で
ちょうど50歳になった>

ありがとう ありがとう

まぁまぁ うれしい うれしい
ありがと ありがと

全然 ホントに
精神年齢 8歳ぐらいだし

まぁ でも
こんな50歳がいても いいのかと

ちょっと 開き直って

まぁ 頑張りたいと思いますけども
はい

すごいね それで
名古屋に来たんだ すごいね

<異色のバイプレーヤー>

<その正体を見に行こう>

<撮影が進む 映画の現場>

<佐藤は
自らハンドルを握って現れた>

おはようございます
おはようございます

おはようございます
(映画スタッフ)おはようございま~す

<マネージャーは連れず

まるで 大道具さんのようだった>

<けれど
一たび カメラの前に立つと

何とも不思議なキャラクターに
変貌する>

(映画スタッフ)本番
(映画スタッフたち)本番

<学園物のコメディーで演じるのは
エキセントリックな外科医>

「白銀御行君だね」

(平野)「あなたは あの有名な…」

「あぁ この映画のナレーションも
担当している

ちょっと やめ…

何… やめて そういうこと…

な… 大変なこと… やめて
そういうこと言うの ホントに」

身長 おいくつあるんですか?

181cm

すごい だから 驚かれる

「こんな大きい人だったんっすね」
つって               そうですね

今日は 是非とも チュー見たいね

チュー 好きだね
(平野)ハハハ!

お前 何言わせんの お前

ラブシーンは 私は
今まで過去2回あります

あ~ 中島ひろ子ちゃん

ただ そのシーンは
カットされました

えぇ~!?
なぁ

「過保護のカホコ」っていうドラマ
やってたの                 はい

ブチュー チューしたんだけどね
あっ チューしたんですか

俺 したで              ハハハ!
俺は した

そんな急に
ブチューって

チューじゃないね ブチューだね

まぁ でも よかった
ひろ子ちゃんと チューできたんで

もう 本番… テレビで流れるとか
流れないとか 関係ないっす

(平野)チューできて…
中島ひろ子ちゃんと

チューできたことで
もう おじさん 大満足

そんなことないです
そんなことない そんなことない

「いつまで話してんの?
このおじさん」

今日は お疲れさまでした
(平野)お疲れさまでした

<出番が終われば 長居は無用>

これも撮んの? 俺 これ脱ぐから

これは
撮んなくたっていいじゃないの

よいしょ よいしょ よいしょ

<メークを落とし
キャラを脱ぎ捨てて

別の仕事に急がなければ>

<最近は
こんな毎日が ずっと続いている>

次の現場は 何も髪の毛しない…
役なんで

大丈夫かな?
ここ このままで大丈夫かな

…大丈夫ですか? ごめんなさい

う~ん…

<使い込んだ
ショルダーバッグには

同時進行しているドラマなど
数本の台本が詰まっていた>

とりあえず とりあえず
ちょっと 入れてるだけで

今日は お疲れさまでした
お疲れさまでした

<引き受けているのは
俳優の仕事に限らない>

<2年前から
クイズ番組のMCを務めている>

お前ら 100万円欲しいか~!
(出演者たち)お~!

最愛の知識を100万円に変えろ

「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」

(拍手)

その 自分の位置とか

そういうことも
もちろん 大事なんだけど

それ あんま関係なく
周りの熱に押されて

やっちゃうってことが
あんまりなかったから

っていうか
初めてぐらいだったから

そういうことが 一生に一回ぐらい
あってもいいかと思って

今 やってますけどねぇ

ちょっと うん そんな感じ

<別の日>

(映画スタッフ)では 間もなく本番
行きます お静かにお願いしま~す

<外科医を演じる あの映画で
再び出番>

<セリフは
頭に入っているのだろう>

<台本は 手にしていなかった>

そうですね 僕は あの…
いい悪いじゃなくて

ホントに 役者さんには
パターン 2つあって

台本 常に持ってる人と
舞台でも そうなんですけど…

うん…

共演者が どんなふうなトーンで
来るとか分かんないから

それはもう ゼロにして

もう それに対応っていうか
したほうが 楽しいからね

あと 演出家が何言うかとか
だから ホント 現場ですよね 現場

74…

(映画スタッフ)…段取りやります
はい

今 台本を…

あっ… あっ これか

これって 俺 よく分かんない
オフを ずっとしゃべんのかな?

どうなんだろう まぁ いいや
それは… ごめんね

<佐藤が その個性を 存分に
発揮できる場面だと聞いていた>

(2人)はい… ♬「ヤーレン」

♬「ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン ハイハイ」

って ここでやるわけですか
(映画スタッフ)そうですね

<病院内で 突然踊り出す 医師>

こうやってりゃいいかな
(映画スタッフ)そうですね 交互に

こうやってりゃ…
はい

(映画スタッフ)用意 はい!

<リハーサルが始まる>

<「ソーラン節」のリハビリ効果を

医師が カメラに向かって説明する
というシーン>

♬「ヤーレンソーラン
ソーラン ソーラン ハイハイ」

「これはですね この踊りは あ~
リハビリにも 実は非常に効果的

…という実例が
分かっております」

「え~…

え~ 実際 女の子がですね

リハビリにですね え~…
これをしてですね

非常に効いたという実例も
ございます」

すごい カメラ意識してる感じが
そっちのほうが面白い

(河合)それ よかったですね

あと
もう一人 医者の人が来たんで

このタイミングで こうなれば
ガ~ッと…

いや まぁ
その状況によりますけど

<何やら アイデアがひらめいた>

そうそう そうそう

はい
もう来てください

(男性)じゃあ ちょっと
思い切って… はい

♬「ヤーレンソーラン ソーラン
ハイハイ」

「これ 実はですね
この踊りというのはですね

リハビリにも よく効く
っていうふうにいわれおります」

「わた… 私の舞を邪魔するな!」
「アイテテテ アイテテテ…」

♬「ヤー」

「私の前を こんな… 通るな!
バカ野郎」

♬「ヤー」

はい カット

はいはい

フゥ… ハァ…

上がってるね
上がってます

<なるほど
これが佐藤二朗の本領だろうか>

(スタッフ)出ましたね
何が?

(スタッフ)二朗さんワールド

今回… 今のは もう完全に

まぁ 「こっから ここまでは
ちょっとアドリブでいいです」

…というオーダーだったから
ああやったけど

あの… 多分
僕が やりたいっていうか まぁ…

自分で言うのは ちょっと
非常に言いづらいんですけど

真骨頂というか… というのは

決められたセリフの中で
やることだと思うから

ただ 今のは… まぁ でも
今のは今のでいいですけどね

全然 佐藤二朗ワールドではない

<小学4年生の学芸会で
お芝居を褒められ

役者になりたいと思った>

<信州大学で経済を学んだ後 上京>

<広告代理店で働きながら
いきなり 劇団を旗揚げしたのが

27歳の時だった>

<芽が出るまでの十数年を

本人は 暗黒の時代だったと笑う>

まぁ まず 車を持つ…

あと あの…

だから…

やっぱり まぁ…

<貧しくて

でも
夢中だった頃の記憶が宿る街

東京・高田馬場>

あ~ 何か 思い出したな

今 急に思い出したのは
そん時は…

渡っちゃう?
そ… そん時は

あの~ 演出もやってて
作 演出 出演で

で 自分が だって演出って
どうやっていいか分かんないから

当時 何か こう
8ミリビデオか何かで

据え置きのカメラで
本番も撮って

それを飲みにも行かず
家に持ち帰って

夜中まで それ 何度も見て
ダメ出しを書いて

次の日に
役者に ダメ出ししてたわ

考えられない! 真面目か!

出ました ヘイヘイヘイ

あっ 名前 変わっちゃったんすね

ここです ここです

変わってないっす
あの 名前以外は変わってないっす

<夢のとりでだった小劇場は
今も健在だ>

ここが受付ですよ
いわゆる もぎりやるところ

…だと思うんだけどな

「カメラは どこにあるんだ?」

「そして あなたは
どこに電話してんだ!」

<佐藤いわく

初演の舞台は さんざんだった>

アンケートに…

名前 書いてなかったけど…

悪いことしたね 今 思うと

<現場から現場へと
飛び回るようになった今

遠い日の自分が
いとおしく思える>

やりたくなるね 何かね

こう ホントに 劇場を見てると
やりたくなるね ちょっとね

<実は この時
自身の脚本・監督で

一本の映画が
撮影に入ろうとしていた>

<演じることだけでは埋め切れない
心の隙間>

<自分の思いを
100%詰め込んだ世界を作りたい>

<わずかな時間を見つけては
脚本の手直し>

<売春をなりわいとする
架空の島を舞台に

たくましい娼婦と
自堕落な男たちが織り成す

人間もよう>

<かつて 舞台にもかけた戯曲の
映画化だった>

乳房の このあたり

乳房だったら
このあたり 何て言うの?

(男性)えっ?

ここのあたり 何て言うの?

(男性)下乳…
(男性)下乳ですか?

付け根ってことか

(キーボードを打つ音)

<佐藤の作品が
クランクインを迎えた>

(映画スタッフ)おはようございます
おはようございます

え~ 本日より 佐藤組

「はるヲうるひと」
クランクインいたします

よろしくお願いします
(撮影スタッフたち)お願いします

(撮影スタッフ)よろしくお願いします
よろしくお願いします

(拍手)

じゃあ 段取り 用意 スタート!

「お待たせしました」

「え~っと…」

「お客さんは
どんな子 好みですか?」

「ええ…」
「ん?」

<リハーサルを見守り

シーンを どうカット割りするか

スタッフに伝えなければならない>

まぁ 今 この台本では
「どのお客さん」

「今 どちらの客に」までを
カットバック

え~ だから 「私
ミャンマーで生まれました」が

いうて 6番…

<カメラマンから意見が出た>

う~んと えっと…

うんうんうん

<佐藤のプランとは
別の撮り方をしたほうが

効果的ではないかという>

(撮影スタッフ)カットバック…
(カメラマン)うん

カットバックしといたほうが
いいかなと思ってね

(撮影スタッフ)そうしたほうが
いいんじゃないのかな

…っていうところですよね
(カメラマン)そうそうそう

<映画監督とは
あらゆることを決断し

現場を取りしきる仕事でもある>

全然 差が出ないので いろんな

多分 その辺のあれは…
それは 全然いいです

だから それは だから…

例えば どっかのカットバックは
単独でっていうのは

もう スタッフの判断でいいですよ
はい

<スタッフを信頼し
アドバイスを受け入れた上で

撮影が始まった>

分かりました

(撮影スタッフ)本番…
(撮影スタッフ)はい 本番

(撮影スタッフ)回りました
(撮影スタッフ)トラック2 本番

(撮影スタッフ)本番
用意 スタート!

<目下 鋭意製作中>

でも 俺は その…

だから あの どうしても 俺

あの すぐ テンパるし

ケツの穴が小さいし
懐は浅いし

あの 器 小さいんですけど 僕は

だから すぐ
わちゃわちゃしちゃうんですけど

あの 頑張って 今 あの

わちゃわちゃ
ならないようにしております

<ひと月ぶりに取れた 休みの日>

<家族と公園に遊んだ>

<結婚15年>

<一人息子は7歳になる>

<ある日のツイートに
佐藤は書いた>

<「嫁よ
君のコロコロとした笑い声は

一瞬にして
僕と息子を幸せにする>

乙女チック まぁ…

<50になっても

ピュアでいちずでいられる男は
そういない>

<もちろん
妻には ないしょの話もある>

<それは 行きつけの店で>

<気の置けない友人たちと
飲み交わす夜>

ハハハハハ… そうなんだ

うん いいじゃないっすか
オーラ消して…

オーラ?
まぁまぁまぁ…

いや あるじゃないっすか
いやいや ない…

<カメレオン役者・佐藤二朗>

<名誉のために
下ネタはカットして

ここは いい話で締めくくろう>

やっぱり 二朗さん そう思って…

いや もちろん 嫁のおかげ

完全に もう

僕の人生の5分の4ぐらい
嫁のおかげでなんで

これ 結構いい…

<美BODYの秘けつ 教えます>

<あのモデルや女優たちが
絶賛する

美しくなる
究極のエクササイズ>


関連記事