ダウンタウンDX 復活Matt進化した顔・祝女児誕生ナダルのサイコな日常…不倫疑惑・別居婚の登坂淳一の寂しすぎ…



出典:『ダウンタウンDX★復活Matt進化した顔&祝女児誕生ナダルのサイコな日常』の番組情報(EPGから引用)


ダウンタウンDX★復活Matt進化した顔&祝女児誕生ナダルのサイコな日常[字][デ]


★半年休業から復活!Mattが追い求める究極の美とは?超進化した顔を大公開★イクメンのコロチキナダルに襲い掛かる不倫疑惑★別居婚の登坂淳一の寂しすぎる日々!


詳細情報

出演者

【司会】

浜田雅功(ダウンタウン)

松本人志(ダウンタウン)


【ゲスト】

勝俣州和

木村清(すしざんまい社長)

来栖りん(26時のマスカレイド)

コロコロチキチキペッパーズ

佐野勇斗

辻希美

登坂淳一

どんぐり

藤本敏史(FUJIWARA)

Matt

番組内容

★半年休業から復活!Mattが追い求める究極の美とは?超進化した顔を大公開!さらに父親の桑田真澄からの苦情とは?★イクメンのコロチキナダルに襲い掛かる不倫疑惑★激撮!別居婚の登坂淳一の寂しすぎる日々!なぜかモノマネ披露?★フジモンもビックリ!すしざんまい木村社長の壮絶過ぎる過去!借金150億円?ソマリアで海賊と戦闘?★「カメラを止めるな!」女優どんぐりの謎に迫る!ダウンタウンと意外な接点も…!

制作

ytv

番組ホームページ

★ダウンタウンDX公式HP★

http://www.ytv.co.jp/dtdx/

★LINE、Facebook、Instagramも是非チェックしてね!

おしらせ

☆「視聴者は見た!」スター目撃情報募集中!紹介された方には番組特製オリジナルグッズをプレゼントしてます★番組終了後、Youtubeにて収録合間にポロリと漏らしたゲストの映像公開!詳しくは番組HPまで★

キーワード

ジャングルポケット

トイ・ストーリー

ゴッドファーザー

モーニング娘。




『ダウンタウンDX★復活Matt進化した顔&祝女児誕生ナダルのサイコな日常』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ダウンタウンDX 復活Matt進化した顔・祝女児誕生ナダルの
  1. 藤本
  2. 勝俣
  3. ナダル
  4. 会場
  5. Matt
  6. 拍手
  7. ゴング
  8. 木村
  9. エーッ
  10. 西野
  11. 社長
  12. 中国マッサージ
  13. ジャー
  14. 登坂
  15. お前
  16. マジ
  17. 一同
  18. ウソ
  19. ダメ
  20. 一緒


『ダウンタウンDX★復活Matt進化した顔&祝女児誕生ナダルのサイコな日常』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品

(Matt)ホントに?
(松本)何か…。

(笑い)
(勝俣)ほんと!

(藤本)みんな ねえ…。

(笑い)
(藤本)みんな寝たら動かないと。

そうそう 子供が見てるうちはな
アカンから。
(藤本)そう 動いたらダメ。

こんなもん まだ…。

<今夜の『DX』は…>

<進化し続けるMatt>

(笑いとゴング)

<さらに 知られざる…>

<そして…>

(浜田)
初登場は すしざんまいの社長
木村 清さんでございま~す!

(木村)よろしくお願いします。
(拍手)

社長 ここでやらないと。
ここで…。

ここでやらないと。
はい!

(笑い)
合わしにくいな!

(藤本)タイミングがムチャクチャ。

社長 あんまり…。

(笑い)
そうなんですよ
何言ってるか分からないんですよ。

今年のマグロの初競りで

史上最高額3億3360万円!
(一同)おお~!

これは商売人として
素晴らしいですよ。

これ 赤字ですよね?

でも もう
赤字でいいんですか?

お客さんに
喜んでもらうため。

ねえ 大赤字って書いてあるもん。

でもね 従業員がね
ブーイング言うと思ったんです。

ボーナス少なくなるとか
給料減らされる…。

社長 すいません…。

(木村)はい。
(藤本)社長「はい」やなくて。

いやいや フジモン 一緒に
メシ食うた事あるんでしょ?
僕 はい

一緒にご飯 食べさしてもらった事
あるんですけど。
しゃべってんねやろ?大丈夫?

ずっと1人で…ずっと1人で
しゃべってはったんですよ。

そういう方おられますけど。
ただね もう…。

(笑い)

その後もね…。

(会場)ええ~!?

そのカラオケの歌が…。

(笑い)

バイタリティーの方なんでしょ。
そこは何言ってるか分かるの?

そこは何とか
何言ってるのか分かります。

その後…。

(笑い)
そういうの!その下ネタ。

<さらに今夜は 初出しづくし!>

<そして…>

(西野)劇場の合間に
中国マッサージとか行く…。

(ナダル)ちってないって お前!

お前…。

(会場)ええ~!?
するかいな!

まずは この人!

すごいわ~。
いいですか?皆さん。

はい これ2017年。
カッコイイー!

この頃…良かったやんか。
22歳。

(笑い)

これが こうなってん。

≪1年?≫
1年で。

美白にこだわりたい…。
ほんで これや!

(会場)エーッ!
≪これホントにキレイ≫

すごいな。
(勝俣)おもちゃじゃん おもちゃ。
最後 おもちゃ!

これは加工してるんですよね?

バリバリ加工してます。
これ 写真用ね。

写真用って事よね?
はい。

これ すいませんけど…。

全く。これ…。

そういう事よね。
(勝俣)すごい。

(一同)エーッ!

…観れるよ。
(笑いと拍手)

(勝俣)あの長いやつ!

どういう美容を
してたの?休んで。

ちょっと…。

ちょっと…。

(会場)へぇ~。

(笑い)
気持ちの電池?

ああ そうやね。
(藤本)乗っかったのね。

アハーハーハ!

(笑いと拍手)

(笑い)

で その間に 何か
色々やってはったみたいですよ。

皮膚科行ったりとか あと

まつエクを
もっと極めてやったりとか。

まつエクを450本!

≪うわぁ!≫
まつ毛エクステね。

(笑い)
そこは お父さん出てくるんや。

ここは親父が出てくる。

ここ お父さん出てくるの?

佐野君 どう思う?
(佐野)いや 何か

すごい 肌がキレイなんで…
僕も何かよく

肌荒れたりするので
美顔器とか使ったりするんですよ。
なるほど!

肌は さっきも
出たんですけど

これがヒーライトっていう
ライトで…。

なるほど。
これ すごい手軽なんですよね。

これを定期的にやる訳だ。
痛くないんですか?

(Matt)全く痛くないです。
ライト浴びるだけ。

これ 全部自分で描いて。
(会場)へぇ~!

これをいつも目に描いてて。
なるほど。

どこにでも描けんねや。

そうです。
(辻)じゃあ…。

なるんだわ。
って事ですよね。

えっ!?

(笑い)

それは失礼やわ!
何や 見込みって!?

無理やわ!
(笑い)

こういう事をやってるという事で。

Mattざんまい なりたい?
いいですか?

どんぐりさん どうですか?
このキレイなMattを見て。

(どんぐり)いや 私も…。

アハハ!ウソです ウソです…

すいません すいません
ごめんなさい…。

アハハハ!
(笑い)

ちょっと すいません…。

(笑い)
買ってきます。

≪「買ってきます」やない…
どんぐりさん≫

来栖さんは
どうしてるの?あなたは。

(来栖)何かメイク用品とか
コスメ用品とか見るの

すごい好きで
集めたりするんですけど

スタッフさんとかに…。

…って言われちゃう事が多くて。

化粧は あんまり そんなに?
撮影とかでも あ…。

これスッピンなの?
(会場)エーッ!

(藤本)可愛らしい。
(勝俣)しなくていいわ。

素晴らしいな。
≪可愛いわ≫

(笑い)

お前 悪い質問やで。
自分自身って…。

この写真を見て
自分自身 どう思いますか?
(笑い)

正直に。
でも…。

それは願望ね。

(笑い)
(勝俣)逃がさない!

逃げれないよ~!逃げれない。

どう思うかだけ
聞かしてもらっていいですか。
頑張れ~。

辻ちゃん どう思いますか?
(辻)私…。

(藤本)
いやいや そうでもなかった
人気あったよ。

いやいや 私 後ろなんですよ。
歌ってないんです 全然。

モーニング娘。時代…。
へぇ~。

(辻)そうなんです。わりと…。
可愛いから 別に…。

(笑い)

そんな事は…。
≪そんな事ないよ!≫

唯一 ひとりだけ!
(笑い)

これさ Mattさ
こういう風になってる君を見て…。

そう お父さんね。
全然 否定的ではなく。

へぇ~。

ちょっと…。

(笑い)
(勝俣)そのまんまだからさ。

自分だけ ズルいな。

やっぱり ゴルフとかやってると
日焼けするじゃないですか。

あ~多かったですもんね
ほくろね。

今度…。

(笑いとゴング)

ハハハ…。
何やったん?今の。

Mattは何
何になりたいの?

ま 元々…。

小さい頃から。

僕は…。

(笑い)

(藤本)
ちゃんと聞いてあげてくださいよ。

そう思います…。
つけてたんやから。

そう思ってましたよ。
小さい頃?

小さい頃 ずっとつけてて。

(藤本)輪っかも?
(Matt)輪っかも。

(笑いとゴング)

そんなMattの
意外なプライベートが こちら。

ということで…。

<朝8時。桑田家のキッチン>

<実家暮らしの
Mattさんの様子を

撮影させて頂きました>

(スタッフ)ここで。
えっと 今…。

<これから朝ご飯を作る
Mattさん>

<今日は一体
何を作るのでしょうか?>

<なんと 朝から食べるほどの…>

<普段から よく食べているので
手際もいいんです>

<Mattさんの
朝ご飯が完成!>

<まさかの 1人で…>

<しかも…>

<なんてお上品!>

<恥ずかしがりながらも バクバク
唐揚げを食べるMattさん>

<…を ペロリ>

<さらに…>

いや めっちゃ食うやん。

<そして 朝食が
終わりかと思いきや

何やらトースターで
温めているものが>

できました。

<デザートは チョコレートを

たっぷり塗ったパン>

<見た目に似合わず
朝からガッツリ食べる

Mattさんでした!>

(拍手)
…あんだけ食べても。

何か元々 太らなくて。

あんだけ食べ…
まだ足りなかったぐらいで。

あんな…。

うち…。

何 笑てんねん!
(藤本)何が おもろいねん。

<唐揚げが大好きな
Mattさんでしたが

俳優 佐野勇斗さんの

食べ始めると やめられない
大好物とは?>

あの~…。

棒アイスが
あるじゃないですか。

箱に 6本入りのアイスとか
あると思うんですけど。

(一同)エェーッ!
(佐野)するぐらい。
≪18本?≫

(一同)うわ~!
≪冷凍庫≫
買い占めてんだ。

≪すごいな≫
すごいな~。

一人暮らしをしてまして。

何か昔から アイスを
冷蔵庫いっぱいに詰めるのが

夢だったので。ちょっと今
母親がいないので

ちょっと これを機にと思って。
大人買いみたいな?

大人買いみたいな
ちょっとしてみたりとか。

あ~そうなんや。
はい。

<このあと…>

<衝撃の仰天人生が明らかに!>

…みたいなこと
言うてはったんです。

続いてはこの人!

…ということで。

<過去最高額の…>

<大きく話題を呼んだ…>

<今や…>

<マグロ大王と呼ばれる
敏腕社長ですが

ここに たどり着くまでは…>

<木村社長の幼少期は…>

<なんと
家計を支えるために…>

<ウサギやハトを育てて 売ったり
する幼少期だったんです>

<そして 中学卒業後は…>

<…するも
またもや苦難が>

<パイロットの夢を絶たれた
木村社長は

その後 百科事典のセールスや
水産加工会社で働くことに>

<そこで学んだ交渉力や
営業力を活かし

27歳で独立>

<独立後は
これまでの人生経験から

斬新なアイデアを生み出し 計…>

<しかし そんな順風満帆な…>

<しかし!
木村社長は諦めません!>

<冷凍食品会社で
魚を扱っていた経験をもとに

わずかに残ったお金で…>

<当時考えられなかった…>

<そんな木村社長の
数々残してきた伝説を

今夜 語って頂きましょう!>

5歳からアルバイト
されてたんですか?

お小遣いが あんまり
貰えなかったもんですから。

ニワトリを飼ったり
ウサギを飼ったり

で 大きくして
ウサギも

2か月にいっぺん
千葉大学からウサギを…。

はい。

千葉大学。
千葉…。

で 1匹20円で…。

え?

≪今確かに…≫
20円。

20円。
分かるでしょ。

分かるでしょ。
ねえ。

(勝俣)「2」ってやってる…。
20円 言うてますやんね。
社長 ねえ。

もうだって あの写真見たら…。

(笑いと拍手)

なぜ また
自衛隊に入ったんですか?

いや お金がなくて。
そうですよね。あの頃

お金なくて自衛隊行く人
いましたもん。

高校へ行くのにも
東葛高校というのは遠いんです。

どうしても自転車で行くとね
遠いもんですから

電車に乗ると…そうすると
やはり お金がかかる。

何か お金かからないで行ける

パイロットになれる事ないかなと
学校の先生が教えてくれて。

自衛隊では…。

あれでしょ…。

違う!
言うてない!言うてないわ。

一切言うてない。
(藤本)言うてないわ。

生活のためや。

これ まだ一部ですけども。

そうなんですよね。
カラオケボックスのはしりは

俺だ みたいなこと
言うてはったんです。

(一同)え~…。

ホンマですか?
これは あんまり言うと

自慢話になるんで あんまり
人には言いたくない!

(笑い)
でも…。

現実問題 ほんとならね。

(藤本)カラオケの機械…。
何でカラオケボックスになったか!
≪おお!≫

最初はカラオケボックスやろうと
して 作ったんじゃない。

最初は…。

なるほど。
コンテナ。はいはい。
(木村)コンテナ。

コンテナは 3万で買える。

10何室作りまして。
作りました。

(木村)いざ オープン!と。

(木村)ファンファンファン…。
ええ!?
≪何で?≫

あれ!?パトカーのお巡りさんが
入ってくれんのかなと思ったら

「ちょっと待てよ。
お前ら ちょっと…」。

「風営法って何ですか?」。
風疹かなんかの…

「お前 かかった?
俺 かかった覚えないんだけど。

じゃあ プロにちょっと
聞いてみます」。そしたら

「何 バカなこと言ってる
ちょっと署まで来い」つって

署に連れて行かれて 風俗街…。
(笑い)

(笑い)
≪松本さん どつくんちゃう…≫

だからあの 簡単に言うと…。

(笑い)
(藤本)いや…違う違う…。

(笑い)

カラオケて 風営法みたいなん
許可がいるんですか?
(木村)あれは 違うんです。

あの だから…。

ああ そうですよね?
で やっちゃダメだって。

その当時 BAR
バーと スナックがあった。

だって カラオケでしょ?
ここ 間…。

また その間がある。
で スナック村にしたわけです。

ほぉ~。
ベッドをソファにすり替え…。

何!?
(笑い)
シャワーを…。

ああ~ ベッドをね。
(勝俣)ベッドを
置いたらダメだった。

ダメだった。
ベッドを置いてるから

モーテルだと思われたと。

○△◎※…!

(笑い)

ねえ?社長。

終わらへんから。早く。

で シャワールームを…。

社長 この番組…。

(笑い)
違う違う…。

(笑い)

(笑い)
ベラムンチョ?
ベラムンチョ!?

<スタジオ 騒然!>

めちゃおいしい。
あま~い!ね?
(藤本)めっちゃ うまい。

さあ 社長は他にも
すごい事 やってきてます。こちら。

(会場)え~!?
≪ウソでしょ?≫

海賊と戦ったんですか?

いや 戦ったわけじゃ
ないんですけどね。
撲滅。

行って お話を聞いて。

(笑い)

≪怖い 怖い…≫
(勝俣)何?そのストッパー。

仕事をする…。
(勝俣)仕事を 仕事ね。

≪スッと言うて下さい スッと≫
(木村)何の為に 仕事を…。

(笑い)

みんな…海に。
(辻)落ちちゃう。

これ 海賊やん。これが海賊。
まあまあ 海賊ってね

まあ 皆さんが思ってる
ああいうんじゃないんで

こういうのが
いっぱいいるんですよね?
(木村)いっぱいいる。

≪へぇ~≫
(木村)
何の為にやるんだと

話を聞いたわけです。
だから 目の前に

他の国の船が来て魚を
獲ってっちゃう。

他の船が来て
ゴミを捨ててく。

ヨッシャっていうんで
1回捕まえたと。腹立つから。

そりゃそうだろうと。

そしたら お金くれたと。
これはいいビジネスだと思って

やってった。でも そのために
人を泣かしちゃいかんと。
そうですね。

でも 彼らも泣かされてた。
だから もっと魚を獲って

ハエだらけの魚じゃなくて
魚 いっぱいいるんだから 獲れと。

ああ なるほど。
(会場)ああ~。

だから ODAで みんなの国から
行くんですけども

冷蔵庫も日本から 行ってん…
ですけどもも…。

(笑い)
その冷蔵庫を 魚を入れとくと
お金にかわると思ったら

腐っちゃうと。
ああ 腐っちゃう。

あんまり いい冷蔵庫じゃないと。
日本の冷蔵庫はと。

社長。

(笑いとゴング)

(笑い)
(藤本)飽きないで~。

辻ちゃんはもう マグロが大好き。

いや 私あの…。

(会場)へぇ~!
≪すごい≫

辻ちゃんが握んの?
私が握ったり 子供と一緒に

握ったりするんですけど。
(勝俣)わぁ きれい!

(藤本)魚なってるやん。
(辻)こいのぼり。

(辻)
こいのぼり。そう こどもの日だと。
まあ この写真も…。

(笑い)
(辻)何でそんな…作ってます!

(勝俣)業者に頼んで。
(笑い)

(藤本)あるある。
(辻)何でそうなるの!ひどい!

こんなん 出来るわけないからね!
(辻)ほんと!ほんとに!
(勝俣)わぁ!スゴイ!

ケーキみたい!
(辻)そうなんです。
これも ウソじゃない。

でも何か 自分で作ると
シャリが ちょっとこう

おっきくなりすぎちゃったりとか
一口食べると ボロッてなって

くずれちゃったりするんです。

なので 何か お家でも簡単に
出来る 握り方?

はい。
おいしい握り方 知りたいです。

≪え~!?≫
そうなんですか?
(勝俣)ね?

(笑い)

(藤本)そこは言うて。

(笑い)
(勝俣)そうですよね?

あんまり言うと
自慢話になるかなと…。

いや 自慢話 めちゃしますやん。
主張したくないですよね。

今 山ほどやってきましたやん。
(笑い)

さあ そんな木村社長から皆さんに
お願いがあるみたいです。

はい こちら。

≪やった~!≫
(拍手)

(登坂)食べれるんですか。
本邦初公開!

<超希少な
マグロの新メニューとは?>

マグロです。
マグロの頭のここね

これに 頭肉がある。

ほぉ。
頭肉。
(藤本)頭肉。頭の。

この部分って ほんと貴重で…。

…しかとれないんです。
(一同)え~!

(勝俣)ほんとだからこれ…。

そう!
大トロより美味い。
この脳天の…。

(木村)で 普通で食べると
ちょっと筋があるから

ブツにしかならない。
なるほど なるほど。

この ここをピッとやると
こういうの

2本出てきました。
…サシというか

筋があるんですね。
(木村)そうなんです!これが…。

(笑い)
(藤本)いや ほんま正直に。

(従業員)
毎日聞いてます。一緒にいると…。

(藤本)
あ ずっといると分かるのね。
(従業員)はい。

で これを…。

≪手で?≫
(勝俣)はぐんですか?

≪うわうわ…≫

(勝俣)削ぐ?
(会場)え~!?

これが 削ぎ身とゆって

で ちょっとこれを握りに。
(勝俣)それを握るんだ。

食べたらもう…。

ベラムンチョ?
ベラムンチョ!?
(笑い)

<その…>

(木村)これ 上から醤油を
かけちゃいましょうかね。

おお~。
う~ん。

うま~い。

めちゃおいしい。
うま~い!ね?
(藤本)めっちゃ うまい。

(辻)ちゃんと赤身だけど とける。

(勝俣)脂がきれいなんですよ
こっちの方が。
登坂さん。

とけます これ。

これは すごいわ。
うん?

みんな言うとる。
(笑い)

どつくぞ。
(藤本)優しくしてあげて下さい。

フジモン 言うたってくれ。
いやぁ~ もう

おいし過ぎてねぇ
ほんとにね~ もう…。

いっちゃってる!
(笑い)

(笑い)
(勝俣)いっちゃってる!

お寿司と言えば…。

(藤本)急に どうした?

<この 頭肉はがしにぎり
スタジオ好評につき 緊急発売>

<明日から「すしざんまい」で
食べられます>

<皆さんも ご賞味あれ!>

劇場の合間に
中国マッサージとか行くんは。

ちってないって!お前。
(藤本)ちってない?

(会場)え~!?
するかいな!

続いては この人!

ありがとうございます。

(拍手)

結局 奥さん
おいくつだったんでしょうか?

40だったの。

(会場)え~!?
これもう まあ言わば
ちょっと詐欺やんか。

いや だってもう 親に挨拶行く
ぐらいのタイミングで

話さなあかんことあるって
言われて…。

ま そうっすね。その 一応

自分の親に結婚したい人が
おるっていうことを

ちょっと言いに行くわって
実家帰ってる時やったんで

言うわって言ったら
LINE入ってて

「言わなあかんことある…」。

「ごめんなさい」って言ってて。
「隠してること…ある」って。

(笑い)

いやいや…。
(ゴング)

なかなかやで。
いや 違う…。

せめて30やで。27が。
マジで 飲み込めんくて。

そのあと
打ち合わせやったんですけど…。

(笑い)

なあ!気づかんっていうのが…。

へ~!
(藤本)そうなんすよ。美人やから

まあ27って言われても う~ん
まあ そうかなと思うぐらい。

でも お前も お前やで。
分かるやろ?
いや 違うやん。

むずい…マジで むずい。
おかしいとか思えへんの?

(笑い)

(ナダル)今 思えばっていうのは。

あれ?って思わないと。

色々あったやろ!おかしいって。
今 考えたらですよ。

なんやねん ジャブって。
(笑い)

ジャブとかあったって。

めっちゃ おいしいんですけど…。

(笑い)

(藤本)いくやろ。
今 思えばな。
(ナダル)今 思えば。

≪思い当たるふしが…≫

一番 不思議に思ったのが
僕 ブラックバス好きで 釣るのが。

めっちゃ楽しかった。
喜んでたわって

しかも…。

結構デカイ バス釣って
それ めっちゃスゴイことやって

俺も そんな釣ったことないし。
写真ないの?つって

見せてもらったら…。

バスの口持って
うい~ってやってて。

(勝俣)甥っ子でかい…。

(笑い)

分かるやんか!
バスが どうこうじゃなかった。

<そんな 新婚ナダルさん…>

<現在 よきパパとして
育児に奮闘中!>

<そんな イクメン
ナダルさん…>

ええパパみたいな感じで
ちゃんとやってるやん。

やってます ほんまに。
そうっすね だから

ちょっと やめてほしいなって
いうのは ありますけどね。

あの 劇場の合間に
中国マッサージとか行くのは。

ちってないって お前。
(藤本)ちってない?

中国マッサージ行ってんの?
中国マッサージ行ってません。
行ってません。

行ってたやん。
それは どういうこと?

劇場の合間ね
2時間ぐらい空くんすけど

そん時 毎回 ふら~っと
マスクして どっか行くんすけど。

行ってません 行ってません。昔な。
ええやんか 中国マッサージ。

何で嫌がんの?そんなに。
(西野)何が そんな嫌なん?
中国マッサージっすか?

いや 別にええやん。
中国マッサージ。何があかんの?

(笑い)

(勝俣)怒ることないじゃん。
ほんまや~。

あれ?
中国マッサージじゃないの?

普通の
中国マッサージじゃないの?
(藤本)何か あんの?

分かりません。
何か あんの?そういうサービス。

いや サービスというか
違うんすよ。

勝手に やってきよるんですよ。
(笑い)

勝手に やってきよる?
(ゴング)

もう ほんまに結婚する前っすよ。
(勝俣)行きまくったの?

今は行ってないんや。
結婚してからは。
(ナダル)はい もう とにかく…。

くっ…やめて やめて お前…。

(笑いとゴング)
お前…。

お前 巻き込むなや。
(勝俣)何で じろうが
かわいそうなの?

じろうさん関係ない。
(藤本)じゃあ あれは?

最近 沖縄の…。

(藤本)クラブ行ってさ…。
(辻)テレレ?

テレレって何やねん。
(笑い)

沖縄のクラブ行ってさ…。

(ナダル)おたけさんが
言ってたんですか?

(会場)エーッ!
するかいな マジで。違う 違う…。

(藤本)おたけ 言うてたよ?
(ナダル)キスは してません。

ほっぺに…。
え?嘘やろ?

チュッてしたり…。

(勝俣)されたの?
されて…。

(会場)エーッ!
(勝俣)やり返したの?

ケンカ ケンカ。
(勝俣)キスのケンカ
キスのケンカ。

やめって…。

チュッとしてくる…
チュッとしてくんの?

向こうがチューしてきたから
やめって

チュー やり返したったんや。
手 出したらダメって…。

(笑い)
(西野)いや 聞いたことない。
聞いたことない。

さあ 辻ちゃんは最近 4人目
出産 おめでとうございます。

ありがとうございます。
(拍手)

(藤本)わあ かわいらしい。
男の子。

はい 男の子です。

でも 上の子らは もう
手伝いとかしてくれる?
(辻)一番上のお姉ちゃんは

抱っこ紐つけたりとかも
できるので…。

うわ デカッ。
(藤本)中学生?

もう今 12歳で 私がモーニング娘。
入った年になるんですよ。

なので ほんとにもう
やってくれます。

助かるよね だからね。
手伝ってもらって。
(辻)ミルクあげたりとかも。

(辻)あれは違う。違う…違うよ~。

犬です。犬 犬。
犬でしょ~?

毛もはえて。
太陽君
あんなんなってんのかな~。

家事とかは
手伝ってくれるんですね。

すごいんです。もう 手ごねで

手でこねて発酵させて
これフランスパンなんです。

うわ!ほんまに~!?
ほんまに…これカステラ。

(勝俣)カステラも作れんの?
(辻)もう 何でも。

買ってきたやつじゃないよね?
これ。
買ってきたやつじゃない。

(辻)いや そう ほんとに。

ほんとに もうね
パン屋さんのパンです。
(勝俣)お店出せるぐらいの…。

これ マジでできるやんか。
(辻)でき…そう そうなんです。

すごいね~。さあ 登坂さんも
最近 結婚しましたね。

あ~ そうです。はい。
3月に結婚しました。

(拍手)

これ まだ ちょっと我々
1回 話 聞きましたけど…。

そうです。北海道で。
遠距離…。

そうなんです。
離れ離れなんですよ。

登坂さんは 今…。

(笑い)
(勝俣)ナダルと。

行ってません。行ってません。
(ナダル)
勝手に やってくるんすよね。

寂しいですね。
寂しいですね ほんと。

それで これから…。

ご飯 まず炊こうと思います。

<話し相手がいないのか…>

<そして…>

<黙々と反省点をノートに
書き出し 勉強する登坂さん>

<そうしてるうちに
ご飯が炊きあがったようで…>

(登坂)あと もう これだけで…。

これは まだ住まないんですか?
そうなんですよね。
早く一緒に住みたいんですけどね。

もうちょい…。

おっしゃってましたね。
そうなんですよ。

稼いでくれてるんで。
そうなんですよ。

ああやってチェック
すごくするんですね。

チェックは 一応あの
バラエティー…

ちょっとずつ ちょっとずつ
1回1回 よくなろうと思って

ちょっと見たりして。
でも全然 進歩しないんですけど。

今んとこ…。

(登坂)あ ないですか~!?
(笑い)

ありがとうございます。
しゃべってません。

見といてください。ポテンシャル
なめたらあきませんよ…。

遠いね。
テレビ ちょっと そうですね。

ちょっと離し目で。

(笑い)
(藤本)近いと見づらい。

(藤本)すいません?

何で謝ったんですか?
いや 何となく謝るクセがあって。

すいません…。
(ゴング)

(笑いと拍手)

(濱津)間が悪いと言うか…。

<さらに…>

こちらも初登場は
どんぐりさんでございま~す。
どんぐりさん。

こんにちは どんぐりさん。
よろしくお願いします。
(拍手)

どんぐりさん
ホントに ちゃんと…。

(笑い)

…と思ったんですけども
自走式やったんですね。

(笑い)
素晴らしい。
可愛らしい方でございます。

<1980年>

<それは…>

<憧れの芸人になりたかった
どんぐりさん。

街で見かけた 吉本の養成所の
募集看板を見て

入ろうとするも
周りからの反対で…>

<もし その時
吉本に入っていたら…>

<そして月日が流れ 証券会社を
辞めた どんぐりさん>

<50歳の時に もう一度
芸人の道に挑戦!

30年越しに…>

<芸人として
第2の人生を歩みます>

僕 色彩の勉強してるんだよ。

<まさかの…>

<さらに
どんぐりさんは この後

アマチュア落語家としても活動>

<さらに
間 寛平さんが座長を務める…>

<そんな どんぐりさん
57歳の時に…>

「カメラは止めない!」

<爆発的にヒットした映画
『カメラを止めるな!』に

どんぐりという名前ではなく…>

<ブレイクしたのです!>

<そんな…>

<色々 語って頂きましょう!>

コロチキが同期ということで。
はい 同期です。
同期で はい。

(西野)
もうネタとかも見合ってたし

連絡も僕は取り合ってましたんで。
(一同)へぇ~。

俺らの頃
そんなん なかったけどな。
僕らの時 あって…。

前のコンビで。
(会場)エーッ!

(ナダル)
結構 選抜とかも入ってて。

大活躍やった そん時から。
あ そう。

(笑い)
(勝俣)C?

お前…。

ギリで何とか。持ち返した…。

(藤本)ギリギリCやもんな。

はい はい。
だから…。

そん時 入れば。
はい。
同期?

我々と同期やったかも分からん。

いや 俺やって!
(笑い)

怖~!
(笑い)

ヤバ~イ。
…高校出たてですから。

こうなりますやんか。
高校じゃないですやん。

(笑い)

高校や。

(藤本)ムショから出たて?
お前 ええ加減にせえよ。

どんぐりさん 我々ちょっと
年上ではあるんですけれども。
そうですね。

NSCを目指したんですか 1回。

会社入ってから 看板の前で
ずっと悩んでて。

入ったとこやし…
会社 入ったとこやし。
出来たとこですしね。

今 会社辞めんのもなと思って
諦めたんですけど。

それで その後…。

劇場に?
(どんぐり)はい。で そん時に

在学中に
出てらっしゃいましたよね 劇場。

僕ら そうですね。まだ
コンビ名も決まってない時から

ネタは ちょこちょこ
出てましたね。

それ 拝見してたんですけど…。

(どんぐり)寿司屋さんの…それが
すごい忘れられなくて。

へぇ~!
すごい面白!と思って。

(笑い)
(どんぐり)えっ 観ました!

したら なんか…

(ゴング)
(藤本)全然 面白くない。

おもんない漫才!
(ナダル)在学中ですからね。

(西野)ウソでしょ?
ダウンタウンさんが?

誰に…。

(笑い)

『カメラを止めるな!』は
あれは

オーディションか何かですか?
オーディションです はい。

勉強のつもりで…そうですね。

出たら受かったんですか?
そうなんです。で…。

幕間に出てくる。
蛾の役?

(どんぐり)はい。
バーッて出て行って

「今日 暑いな」とか言って
「寒いな」言うて

「更年期」とか言って 幕間に
飛ぶ役やったんですね。

それを オーディションで

「どんな役 やったんですか」
って言って 蛾やったら

監督が 蛾を見て
取らな かわいそうやなと

思ってくれはったみたいです。
ハハハ!

(藤本)あ~受からさないと…。
頑張ってはるわと思ってね。

めっちゃ笑てますから。
めっちゃ笑てる…。

蛾の役…蛾 どんなんなんです?
すんません。

じゃあ やらしてもらいます。
≪蛾の役?≫
(拍手)

やぁ~今日は暑いな!
なに言うてんの 寒いやないの!

ウソ 暑いやないの!
そらアンタ 更年期やからやろ。

(拍手)

(勝俣)で 受かったんですもんね?

イッヒヒヒ…。

もうええよ!
(ナダル)何で見たいんですか?

もうええよ!
何で見たいんですか?

<そんな どんぐりさんに…>

どれがですか?とかって…。

(しゅはま)って言い出して…。

(秋山)で その顔で見てきて…。

あ カッパやってくれてんの 今…
みたいな。

<以上 どんぐりさんへの
タレコミでした>

さあ まずは場の空気が読めないと
言われておりますが。

はい。あんまり こう…。

舞台挨拶とかで 思い出したら
「あっ!」と思って。

「すいません 上田監督
本 出ました」とかね。

(どんぐり)言ってしまいます。
人が喋ってる途中でも

関係ない感じに
なっちゃうんですね?
あ…はい。

(藤本)思いついたら。

さっきほら…。

(笑い)

(藤本)
空気が読めないっていうのでね。
(勝俣)挽回しないとね。

じゃあ 挽回します。
(拍手)

(拍手)

いきま~す!
うっぱっぱ~るっぱっぱ~!

カッパ…ヤラッパッパ!

(勝俣)ハッハッハッ…。

(笑い)

そんなんやったら…。

(会場)エーッ!
ハッハッハッ…。

登坂さん できないですよ。それは。
モノマネ得意ですよ。

(藤本)モノマネですか?
点数が上がるかもしれへん。
モノマネ得意な登坂さん。

やりますか?

(西野)
猪木?あ~ アントニオ猪木。
あ~ 猪木。

(拍手)

≪ヒッヒッヒッ…≫
≪いきましょう≫

(笑いとゴング)
ジャー?いやいや ジャー!?

ダー。ダー。ダー。
ダー。ダー。ジャー?ジャー!?

ジャー?
(勝俣)ジャー?

(藤本)1 2 3 ジャー?

帰るとき…。

(笑い)
(西野)ジャー。
ジャー。

(笑い)
(藤本)急に…。

(笑い)
(藤本)1しゃくれてなかったのに
2から。

≪確かに≫
(トスポ)お父さんから~。

(藤本)お父さん?
あっ もしかしたら。
これはもう どう考えても…。

(藤本)Mattでしょ。
さあ 父親の桑田真澄さんから

Mattさんに
クレームを頂きました!

♬~

(会場)エーッ!

≪綿棒≫
(辻)メイクにか。

(藤本)親父から息子へ。
どういうこと?業務用で。

いや なんか…。

例えば アマゾンとか…。
ほら ほら ほら。

あ そうそう。
だから アマゾンとかだと…。

へぇ~。

これ 人気が出るんじゃないかと
思って

いっぱい買いたくなっちゃう。
あ~!これも すごいな。
ティッシュも。

(藤本)鼻セレブ。
結構 毎日使うので。

ティッシュも
お化粧する前に1回 油分を

顔の取ったりするんです。だから
それで ティッシュ使ったりとか。

(藤本)Mattが?
えっ メイク やってるときも

結構 使いますね。

(笑い)
(西野)ずっと「Mattが
ティッシュを」言う…。

何を言うてんねん。
これがいいのね?これが。たぶん。

こだわりがあるんでしょ?
何でも言いわけじゃない。

ガシガシのは使わない
安いやつね。
(西野)落ち着くんですね。

そうなんです。
(藤本)柔らかいですもんね これ。

柔らかいのがいいんです。
(トスポ)メンバーから~。

メンバー。

26時のマスカレイドの
メンバーから

来栖りんさんに
クレーム頂きました。

♬~

(勝俣)どういうこと?

どういうことですか?
(来栖)これは

結構…。

YouTubeとかでも 探すと…。

あがってるんや?そんなん。

そうです そうです。普段。

ガタンゴトン
ガタンゴトンみたいな。
ちょっと鳴らして?

はい。

(構内アナウンス)駆け込み乗車は
危ないですから…。

駅だ。これは。
え?
今 開いてて…。

(電車のドアの開閉音)
(藤本)発車。

(電車の発車音)
≪地下鉄?≫

(電車の走行音)
≪地下鉄?≫

(来栖)とか…。

(バスの発車音)

そう そう そう…。

これ…。

聴きますね。

(笑い)
おかしい。そこなんだよね。

(勝俣)リアルな音は嫌なんだ?

(来栖)エーッ!
ほんとに 長女がYouTubeで

長女は…。

(藤本)あ 咀嚼音ね。
(辻)咀嚼音。

流行ってるよね。
そう なんか
揚げ物を食べてる音とかを

聴きながら なんか書いたり…。

あっ 宿題すんの?それで。
(辻)宿題したり…。

集中できるんですよね。
(辻)集中できるみたいです。
≪あ~ そういうことか≫

へぇ~。
ふ~ん。

(笑いと拍手)

(笑いと拍手)
(藤本)ダメですよ。

(トスポ)先輩から~。

先輩から~。

先輩芸人のジャングルポケット
斉藤から

ナダルにクレームを頂きました。

♬~

いや そんなことない…。

いいじゃないですか。

いやいや…。
(会場)エーッ!?

(会場)エェーッ!?
(ナダル)いやいや…。

(西野)これはひどい!
ちゃう…え~!?

(会場)エーッ!?

いや 違いますって これ。

あ~ でもなんか
ナダルっぽいな~って思う。
ナダルっぽくないです。

(西野)「ジョイマンさんかい…」。
これは あの…。

(ナダル)
斉藤さんナメてません。
だから この

イチゴ大福に関しても 残り…。

5でも十分やな。5でも多いな。
(会場)え~っ。

先輩 食べてないんですよ。
1個 食べたらええやん。

「ジョイマンさんかい!」って
どういうこと?
ちゃう ちゃう…。

ツッコミになってないやんか。

…って。
(藤本)それが失礼やんか。

ツッコミやとしても それは…。
(ナダル)だってもう…。

ツッコミやとしても
それは失礼やんか。
(ナダル)どえらい空気やんか。

尊敬…。

いやいや マジでそれは…。

(勝俣)「なんでわかるん?」。
ハハハ…。

「なんでわかるん?」って…。
なんで そんな…。
(ゴング)

「なんでわかるん?」って
なんでタメ口?
(ナダル)なんでそんなふうに思う…。

います います。もちろん。
松本さんも 尊敬してますし

浜田さんも 尊敬してます。
「なんでわかるん?」言うたやん。
さっき 松本さんに。

(笑い)
(ナダル)なんでわかるんですか…。
俺は?俺は?

もちろんです。ほんとに もう。
(勝俣)ハハハ…。

言ってましたよ こないだ。
言ってない!
マジで!?

あの FUJIWARAさん ほんまに…。

(笑い)
(会場)エーッ!

いやいや。
違う 違う…
FUJIWARA…藤本さん 聞いて…。

そんなこと言うてんの?
(ナダル)ちゃうやん。ずっと
一緒のネタ…ちゃうやん。

(藤本)そんなこと
言うてんのね?ナダル。
違う 違う 違う…勘弁して下さい。

それをもう ほんまに学んで…。
わからん わからん わからん…。

わからん わからん わからん。
(ゴング)
あかん。

これも フジモン
ほんまに あとでまた怒るからな。

これは…。
いや でもね ほんと1回ね
メシ行ったときに…。

ありがとうございます ほんとに。
ハハハ…まだ途中やから。

でね ちょっともう 高い
ほんとに高い中華で

もう メニュー見て
バンバン頼むんですよ。

あの~ 値段 見んと。
(ナダル)ちゃう マジで 僕…。

当然 奢ってもらう
つもりやからね。
(ナダル)違う 違う…。

高いもんからいくみたいな。
バンバン。
違いますって…。

頼んで ほんまにそれで そこの…。

こいつ…。

(笑いとゴング)
バーミヤンぐらい。

バーミヤンぐらい
めっちゃ頼むんですよ。

当然 全部 出さされてるわけや?
(藤本)全部 出しました だから。

なんやろね?こいつ ほんとに。
良くないな。

(藤本)そやんね?でも。
もう ほんとに…。

(笑いと拍手)
(西野)認めてもうたやん。

(藤本)認めてるやん。
しんどいんか?

しんどい…しんどい!
(藤本)やめや!その…。
(笑い)

♬~

<来週は…>

<全面対決!>

<衝撃発言のオンパレード>

<絶対に見逃せない1時間!>

<裏側写真も 続々公開!>


関連記事