有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」“ピンクのホットパンツ”を着用して漫才・“豊臣秀吉”をコントの中…



出典:『有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」』の番組情報(EPGから引用)


有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」[字]


ゲストは玉森裕太。くりぃむしちゅーの有田哲平がプロデューサーとなり玉森のためのお笑いライブを開催、我が家とフルーツポンチのネタをプロデュースする。


詳細情報

番組内容

ゲストは玉森裕太。くりぃむしちゅーの有田哲平がプロデューサーとなり玉森のためのお笑いライブを開催、我が家とフルーツポンチのネタをプロデュースする。我が家には玉森がこれまでで最も印象に残っているという“ピンクのホットパンツ”を着用して漫才をするというプロデュース。フルーツポンチには玉森が好きだという歴史上の人物“豊臣秀吉”をコントの中に登場させるという仰天のムチャブリ。果たしてネタはどうなるのか?

出演者

【司会】有田哲平,【出演】玉森裕太,我が家,フルーツポンチ,横澤夏子,【語り】杉田智和




『有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」“ピンクのホット
  1. お前
  2. ネタ
  3. 村上
  4. 中居
  5. マジ
  6. ホント
  7. 玉森
  8. 大丈夫
  9. 監督
  10. 今日
  11. 横澤
  12. 今回
  13. ホットパンツ
  14. 映画
  15. 場合
  16. 先生
  17. 拍手
  18. お願い
  19. コント
  20. ダンス


『有田Pおもてなす「Produce43 玉森裕太」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

くりぃむしちゅー 有田哲平が…

「有田P おもてなす」。

お呼び致しましょう。
こちらの方です どうぞ!

(歓声)

さあ Kis-My-Ft2
玉森裕太様でございます。

お願いしま~す。

もちろん コントとか漫才も
好きなんですけど

ガンバレルーヤさんとか

ジャングルポケットの
斉藤さんみたいな…

まあ お好きだということでございます。
さあ 今日は玉森様のためだけに

プロデュースしたお笑いライブを
やらせて頂きたいと思いますんで…。

早速 開演でございます。

今夜の…

アイドルグループ Kis-My-Ft2の
メンバーとして

絶大な人気を誇る 玉森様。

アイドル活動だけでなく…

現在 公開中の映画でも
主演を務めています。

そんな玉森様のために
お笑い芸人のネタをプロデュース!

我が家が漫才中に突然のダンス!

そして フルーツポンチのコントには…

さあ 今回ですね
公開されたばかりの…

はい。
どんなお話でしょうか?

あの~ 僕 演じる主人公
研究者の崇史が

2つの世界に迷い込むというお話でして

一つの世界では
自分の恋人だった女性が

もう一個の世界では なぜか
親友の恋人になってるっていう

ちょっと謎解きミステリーに
なってますね。

ちょっと ぜひ見て頂けたらと思います。

さあ 今回 アンケートを
お答え頂きましたね。

今回 なんと48問?
はい。

ちゃんとね 丁寧に答えてくれてます。

その中の何点か 気になるとこ
あったようですね。

そうですね。
え!

これは 多分
もう ジャニーズあるあるに

近いと思うんですけど
敬語使ってる人は誰一人いないですね。

は? いや ジャニーズ事務所の方と

ず~っと おつきあいしてきました
今までも。

初めて聞きましたよ そんな…。

何か 最初 お会いしたら…

「おはようございます」じゃなくて?
(玉森)「おはようございます」じゃなく

「おはよう」って始まって。
え~!

いや 多分 ジャニーさんが きっと…
何だろう。

意図的に敬語じゃなくて

タメ口に近いような雰囲気を
多分 作って下さってるのも

あるんですけど。
ほ~。

たまにね ヒヤヒヤするんですよ。

あの~ ジャニーズの方たちが…

全然 大丈夫なの?
どうなんすかね。 でも まあ…

ハハハハハ!

なるほど。 さあ そんなことでですね

まずは漫才で
おもてなしをさせて頂きたいと思います。

ネタを披露するのは こちらの芸人!

(拍手)

もちろん ご存じですよね?
はい。 あの 見たことあります。

玉森さん向けのネタを
わざわざ作ってまいりました。

光栄です。
はい そこからご覧下さい。 どうぞ。

ボケとツッコミが入れ代わる斬新な
スタイルの漫才でおなじみの我が家。

今日から 俺のマイクは…。
言わせねえよ!

そんな我が家を呼び出した有田P。

早速…

本日 こちらでございます。

ということで
玉森様が絶対に喜ぶネタにしましょう。

え~っとですね あの…

ご本人に いろんなアンケートを
とらせて頂いたんですけど その中で

「今まで着たライブ衣装で
一番印象に残ってる衣装は何ですか?」

というものがありまして すごく
印象に残っている衣装があるみたいです。

あ スーツ! なるほど なるほど…。

じゃあ… ちょっとぐらい
それ 入れられるかな? これ。

下しか書いてないんですよ。
下しか… どういう…。

こう書いてある 「ピンクのホットパンツ」。
(笑い)

そうです そうです。

まあ これは衣装だけなんでね
簡単だと思うんですけども。

う~ん…
これは お願いしたくないけどな~。

まあ できないこともないか。

「好きなギャグやネタは?」
っていうのがありまして。

ただ 好きなギャグやネタの中に
変顔っていうのがあるんですよね。

これで たたみかけはバンバンくると
思います。 そこでですね…。

(笑い)

…みたいな。

どっか ポン…。

あとですね… そうだな これは…。

ジャニーさんからの言葉で
印象に残っている言葉があるんですよ。

これが ものすごい
残ってるらしいんですね。

(笑い)

「踊っちゃいなよ」じゃないですよ。

ハハハハハハ…!

ネタの途中で?

ハハハハハ…!

果たして…

ピンクのホットパンツをはいて

ネタの後半 たたみかけのところで
ツッコまれたら変顔をし

突然 踊る
漫才。

どうも~。
どうも~。

どうも~!

どうも 我が家です。
(3人)よろしくお願いしま~す。

初デート 居酒屋の場合。

私 お酒強い人 好きなんだ。
へ~ そうなんだ。

俺 結構 酒強いけど
今日は酔っ払っちゃったな。

だって 君が隣にいるからね。

お前 そんなんじゃ
女の子は ときめかねえよ。 代われ。

俺 ふだん 酒は強いけど
今日は酔っ払っちゃったな。

だって 朝10時から飲んでるからね。
おっさんじゃねえか お前。

それじゃあ ただの酒好きだね~。
代われ。

酒強いけど 今日は もう飲まないよ。

だって俺のボトルが
元気なくなっちゃうからね。

下ネタじゃねえか お前。

ここ NHKだぞ お前。

遊園地の場合。

お化け屋敷 怖かったね。
お化け屋敷?

俺は全然 怖くなかったよ。

俺が今 一番怖いのは
君に ほれちゃうことだよ。

俺が今 一番怖いのは お前の
そのパッツパツのホットパンツ。

(笑い)

気持ち悪い。
代われ。

お化け屋敷? 全然 怖くなかったよ。

だって 僕のお父さんのが怖いもん!
子供じゃねえかよ。

お前の そういう少年っぽいところが

母性本能をくすぐるのかな~?

お前もホットパンツ
はいてんじゃねえか。

早く取れ 早く取れ お前は。

お化け屋敷?
ああ 君が飛びついてきた時は

鳥肌も… たったよ。
「も」って何だよ! お前。

それも下ネタじゃねえかよ。
お前は他に何か…。

お前も はいてんじゃねえかよ!

じゃあ 何で 俺 初め
俺だけホットパンツで出てきたんだよ!

ショッピングの場合。

ねえ ねえ この洋服 似合う?
何 言ってんだよ。

君は かわいいから何着ても似合うよ。

ちょっと あの女 誰よ?
は?

ちょっと… あなたこそ 誰よ?

私? 私は彼の妻ですけど。
妻?

ちょっと 奥さんがいるなんて
聞いてないわよ。 最低。

(笑い)

映画館の場合。
何だ? これは。

ハハハハハ…!

何で 俺だけ殴られなきゃいけねえんだ
お前…。

ていうか お前が急に
奥さんキャラで入ってきたせいだろ。

何 勝手にネタのシステム変えてんだ!
お前はよ!

♬~

(拍手)

(笑い)

映画館の場合。

映画 楽しかったね。
そうだね。

でも 君と僕のラブストーリーは
まだ始まったばっかりだよ。

お前のラブストーリー?
「紅の豚」じゃねえか。

(笑い)

(谷田部)代われ。

映画? そんなに面白くなかったな。
だって

ジャイアンが いいやつすぎんだもん。
「ドラえもん」見てたのか お前。

(笑い)

粘るんじゃねえよ。

映画? それどころじゃなかったよ。
君が隣にいたせいで 俺 ずっと

スタンディングオベーションだったよ。
また下ネタじゃねえか!

(笑い)

代われ。

カラオケの場合。

ねえ ねえ 何か歌ってよ。
そうだな じゃあ 俺の一番得意な

Kis-My-Ft2でも 歌っちゃおっかな。

その顔で歌うんじゃねえよ。

炎上するぞ お前。
(谷田部)デブか。

変顔 パターン変えろよ。
デブか。

変えても面白くねえな お前。
お前が やらしてんだろ!

デブか。
それしか言えねえのか? お前は!

ず~っと 「デブか」ばっかりじゃねえか
お前よ。

あと 俺 叩かれすぎじゃねえか? おい。
何だ? これ おい!

♬~

(拍手)

ネタ どこいった!

いいかげんにしろ!

(拍手)

さあ いかがでしたか?

よかった。 すっごい笑ってたよ。
ホントですか。

ちなみに ああやって入れ代わっていく
ネタは見たことあるでしょ?

あります あります。

いいよ マジでいい。
生まれ変わらされたんですよ。

僕 そったんですよ 毛。

(杉山)言えよ!

恥ずかしいというよりは リハーサルで

ちょっと あの…
モノの方が出てしまって。

アハハハハ…!
(坪倉)ちょっと こぼれちゃいましてね。

急きょ 中身を
ちょっと変えたんですけど

実際 玉森さんって こういうのはく時って
中 どうなってるのか気になるよね?

(杉山)お前 何を聞いてんだよ。

俺 こっからは分からない…
前の方はどうだったの? 結構…。

玉森… 玉森君が出て…。
やめなさい!

(杉山)「玉森君」は言わせねえよ!

まあ でも ダンスね…。

やっぱり お尻を強調したダンスが
いいなと思って。 ホットパンツなんで。

何かね 確かに ダンスも

普通のダンスじゃなかったもんね 両方ね。

ポール持ってきたりとか。

ジュニアって呼んでんの?

ジュニアって呼んでんのね。

変顔お好きなんです とにかく。
めちゃくちゃ面白かったです。

ハハハハハ…!

連続でね。

じゃあ パーンとツッコんだら
できるんですか?

はい… できると思います。

(笑い)

かっこよすぎるじゃねえかよ。

(笑い)

いや かっこいい。
かっこいい。

これで いいもんな~。

番組専属記者の…

ちょっと 今回はですね
友達とは別角度で

また違った方
この方に お会いしに行ってきました。

こちらです。

今回の この映画の監督さん?
(横澤)そうなんですよ。

玉森さんの主演映画
「パラレルワールド・ラブストーリー」の

監督さんでありまして

「宇宙兄弟」 「聖の青春」など

話題作を手がけていらっしゃいます。

今回の作品
「パラレルワールド・ラブストーリー」の主演は…

それが こちら。

(横澤)玉森さん いかがです?
いやいや

これ 言われたことないんで 直接。

監督いわくですね
影のあるたたずまいには

何を考えているのか
のぞき込みたくなるような

魅力があるとおっしゃって…。

そう? そう?

へ~ なるほど。

(横澤)そうなんですよ。
そんな玉森さんに ほれ込んで

主演に指名した森監督なんですけれども

今回の映画の演出は常に
こんなこだわりで撮っていたそうです。

それが こちら。

(横澤)具体的に どうやって

追い込む演出をしたのかというと こちら。

(横澤)で 後日 玉森さんから
台本読んで ちょっと ここの部分…

アハハハハ… これ覚えてる?

はい ありました ありました。

まあね 字で書いてあるだけだから
分からないもんね。

それが こちらです。

何? 何? 何? 何?

ああ そうです はい。

普通だったら 「はい カット」って言ったら
「ありがとうございました」って

なるんだけど 止まらない?

(横澤)オーケー出した瞬間に
涙が止まらなかったっていう。

それはさ 役に入り込んでる以外の感情も
あるんじゃないの?

あ その涙だったんですか?

この相手にも かわいそうとか
いろんなのが混じってくるんじゃない?

いや 多分 そこはなかったと思います。
役に入り込んで?

はい。 だと思いますよ。
へ~。

(横澤)監督のね お話がちょっと
すごい面白いので 突然なんですが

ちょっと 私も思い切って ちょっと
こんなことを聞いてみたんですね。

すいません。 そしたら監督
真面目に こう答えて下さいました。

なるほど! いい! いい!

え~! と思って。
いいわ!

(横澤)すごいんですよ。
この観察というか…。

監督いわくですね…

その力を悪いことに使って

専業主婦の私を甘えさせてだます
という内容なんですけど…。

役だったら でも やってみたいでしょ?
何かね。

そうですね。
こんな細かく すぐ出てくるのが

やっぱ監督 すごいですね。

そして 最後に自信満々で
監督 こうおっしゃってました。

お~ 何か 見てみたい。
玉森さんの…

いいと思うよ。

いいじゃない。

監督がオーケーと言ってくれたら…。

アハハハハ!
ここで完成ですか?

続いて 玉森様をコントで
おもてなしするのは

フルーツポンチ。

フルーツポンチといえば…。

もう10代なんて おとぎ話。

村上演じる
強烈にウザい男が登場するコント。

今年で結成14年の実力派コンビです。

それではフルーツポンチのネタも
玉森様好みにしましょう!

「ジャニーズの同期・先輩・後輩の中で
尊敬している人は誰ですか?」という

質問をさせて頂いたんですね。

そしたら やっぱ… 中居さん。

やっぱり
ホントに尊敬してるみたいなんで。

だから やっぱり そういう方がね
例えば…

え? 中居さんを出すって
どういう… 中居さん…。

中居君ですよね いわゆる。
いやいや 中居さんは知っていますけど…。

中居さんに
急に呼んでネタやってくれって…。

フルーツポンチの中だったらっていう
約束で頂いてるんで。

中居さんを ちょろっと使える
っていう役じゃないですよ。

「ガッツリは嫌」って
本人 言ってらっしゃるんですよ。

ちょっと もしかしたら…

中居さんありきで進めてて来なかったら
もう絶対に無理ですよ 当日。

(村上)え? 代わりの人?

あんま大きい声で言えないですけど…

でも モリタク!さんが来た
とかいう扱いは やめて下さいね。

一応 本人みたいな。

じゃあ それを1個 お願いするのと…。
いや~ いきなり…。

こういう質問があります。

なので
そういう気分を味わわせたいなと思って。

出そう?
いや ちょっと待って下さい。

ちょっと…
さっきから何言ってる…。

本物の豊臣秀吉が出るってこと
言いますから。

豊臣さんも あれなんですよね。
あんまり…。

ついてます ついてます。

もちろん…

限りなく? 限りなく?

だから 一応 本人だってことで
扱って下さい すいません これは…。

大丈夫ですか?
皆さんは それで大丈夫…?

やりますけど それは…。
はい はい。

もちろん だって…

これで…。
これで…。

あとですね… あ~。

「芸人さんが自分だけのために
ネタを作ってくれるとしたら

どんな要望を出しますか?」って
聞いちゃったんですね。

かなり直接的な…。

そしたらね「アイドルをテーマにしたネタ」
っていうことなんですよね。

いや 誰かしらって言われたって…。

まあ そうっすけど…。

我々は もう ホントに その日…

え~! もう その人の…。
ただ これだけは言えます。

(村上)そんな人いないですよ。
(亘)います?

こればっかりは もう
偽者禁止ですから 本物です。

ハハハハハ…!

コント 「一度テレビに出ただけで
芸能人気取りの男」。

お~ 村上!
ご存じ 村上です。

え?
何だよ おめえかよ。

だったら握手ぐらい いいよ。
いや 大丈夫だよ。

てかさ この間 テレビ出てたらしいな?

もう 犯人捜しするつもりないけど
言ったの誰~?

どうも 夢の住人です。
何で テレビ出てたの?

メディア全体が少しは
盛り上がればいいかなと思って。

へ~ 何の話 したの?

何もかも全部 出し切った。
村上というジャンルを。

やっぱりさ カメラ向くとさ
すげえ緊張…。

欲しがるね~!
これ以上はギャラ 発生しちゃうよ?

それ お前に払えるの?

てか お前
街頭インタビュー答えただけだろ。

いや なんだけど… 実は そのVを見た
今の事務所の社長が声かけてくれて

プロダクション入ってんのよ。
え? すげえじゃん!

じゃあ ホントに芸能人ってこと?
なのかな? 分かんないけど。

え~!
で 今から もう それで

レッスンがあるから
事務所に行こうと思ってんだけど

よかったら来る?
え? 行っていいの?

いや 社長がね 「もういろいろ興味ある人
いたら連れてきて」って言ってるから。

え~? じゃあ 行こうかな。
うん 行こ 行こ 行こ。

え~ 金持ちになっちゃうんだ?
いや 俺さ

何か手に入れるために
表現してるんじゃなくて

表現自体が目的だから。
悪い…。

ここ ここ ここ。
へ~。

ここね マジで講師が
めちゃくちゃ豪華なのよ。

そうなの?
今日はね 最初のレッスンの先生はね

中居正広さん。
え? 中居さんって あの中居君のこと?

おい 君付け やめろ!
視聴者じゃないんだぞ もう。

ああ ごめん…。

中居さん来んだよ マジで。
ホントかよ?

マジ これマジ… 来る 来る…。

おはようございます!
うん うん うん…。

本物?
すげえじゃん。

中居さん? ホントに?
中居さんだよ。

(村上)お願いします。
中居さんって何 教えんの?

あ 中居先生は歌の講師だから
今日はボイトレ。

歌の先生なの? 大丈夫?
大丈夫だよ…。

あ… うん ラララ…。

♬「ラララ…」

ララ… ラ! う… うん…。

全然 声出てないけど 大丈夫なの?
大丈夫 大丈夫だから。

オーケー!
じゃあ 次のテーマは こちら!

次のテーマは こちら!
え?

マジでいいべ。
(村上)マジでいいべ。

やべえべ。
やべえべ。

これ 何の練習?
ボイトレだよ。

てか 中居さんじゃねえだろ? あれ。
ありがとうございました。

ありがとね。
今日はね じゃあ ここまでで。

ありがとね。
ありがとうございました!

すっげえな! やっぱ本人 すげえな!

絶対 中居さんじゃねえだろ! あれ。
いいかげんにしろよ!

むちゃくちゃ似てただろ。
似てるって言っちゃってんじゃんか。

次もすごいぞ 先生。
すごいって誰だよ?

豊臣秀吉さん。
豊臣秀吉?

そんなわけねえだろ!
いや タイムスリップしてんの。

は?
マジで マジで マジで! 来た…。

雰囲気はあるけど…。
じゃあ いいよ。 分かったよ。

刀…。
狩り。

な?
何がだよ! は?

先生 ホトトギスが鳴かないんですよ。
鳴かせてみせよう。

な?
何がだよ! だから。

じゃあ レッスンに入る。
(村上)お願いします。

バミる。 これは出演者の立ち位置や
道具を置く位置に

こう…
テープなどで目印をつけることです。

これ 何の授業?
豊臣先生は業界用語の先生。

何でだよ! 殺陣教えろ!
侍なんだから!

じゃあ。
(村上)ありがとうございました。

いやいや… おかしいって。
え?

絶対 インチキだよ ここ。
(村上)お前 いいかげんにしろよ!

次はすごいぞ。 アイドル!
アイドル来るから マジで マジで!

いや また変な人が来んだろ?
来た 来た 来た…。

どうも~! どうも 松本明子です。
どうも 松本明子です~! どうも!

それでは聴いて下さい。
デビュー曲の「♂×♀×Kiss」。

「♂×♀×Kiss」?

♬~

♬~

(拍手)

え? 何? この歌。

(村上)わ~! すげえ すげえ。
どうもありがとうございました。

「♂×♀×Kiss」?
あ ホントにあんの? この歌!

すいません。
はい じゃあ これ よろしくね。

はい ありがとうございます!
ありがとうございました!

ありがとう。 はい ありがとう。
ありがとうございました!

おい おい おい…
何 買わされてんだよ? お前。

しかも カセットテープって!
(村上)いや 教材だよ!

マジの現役アイドルの歌が聴けて
1万円だったら

めちゃくちゃ安いだろ これ。
高いだろ! お前。

どこが現役なんだよ しかも。
いや 絶対 ここ おかしいって!

おかしくないだろ!
こんな豪華な先生がいてだぞ お前。

ここ 月謝 たったの30万円だぞ!

30万? めちゃくちゃ高えよ! おい。

何がなんだよ?
大丈夫か? お前。

いや 俺さ 調べてやるから
ここの事務所の名前 何だよ?

いや ここは だから
芸能プロダクション 「夢につけ込んで」。

言っちゃってんじゃん!

お前も入るか?
入んねえよ。

(拍手)

さあ 玉森さん いかがだったでしょうか?

ちょっとびっくりしました。
じゃあ よかった。

(笑い)

やっぱね 顔のでかさが
全然 違うんですよ。

だいぶ やつれてました。

キャラがさ
前半のあれ 面白いじゃない。

(笑い)

いや ちょっとね やっぱ…

あれ 見たいのにね。

(笑い)

(村上)これ もうでも… ホントに
どうしていいか分かんないんですよ。

有田Pが松本さんに関する
意外なエピソードを語ります。

「すいません すいません」みたいな…。

もちろん はい。

生まれる前ですよね?
ですかね。

こんな格好で歌ったの
久しぶりじゃないですか?

(松本)そうですね。

衣装も そういう感じ…?
まんま。 はい はい。

アハハハハ!
(松本)すいません。

こんな… 「は?」って
思うかもしれないけど 僕は実は…

(一同)え~!

(村上)じゃあ よかった。
(亘)思い出の曲じゃないっすか!

(村上)ホントの曲ですよ?

ホントの! ね?
ホントの…。

出てきてね 今 松本さんが
あんな格好してワハハって笑うところ…

それは何か よかったですね。

「有田P おもてなす」では

ネット限定オリジナル動画を公開中。

ぜひ ご覧下さい。

今日は 谷中銀座に来ましたよ。


関連記事