徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻~夫が“難病”に…82歳 夫婦で前向き闘病中~“パーキンソン病”と診断され…



出典:『徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻~夫が“難病”に…』の番組情報(EPGから引用)


徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻[解][字]


~夫が“難病”に…82歳 夫婦で前向き闘病中~江原真二郎さん&中原ひとみさん夫妻が今日のゲストです。


詳細情報

◇ゲスト

結婚60年目を迎える江原真二郎さん&中原ひとみさん夫妻がゲスト。スタジオでは、江原さんが一昨年“パーキンソン病”と診断され闘病している事を、初めて夫婦で語る。

◇番組内容

現在は薬とリハビリで良好だというが、映画にドラマ・舞台と活躍した江原さんが、診断を受けた時の事や病に向き合っている今の気持ちを明かす。また、中原さんも1年半前に狭窄症の手術を、さらに今年2月には左肩を骨折したという。そんな中でも、片手で調理し料理を振る舞い、本当に感謝していると江原さんは繰り返す。ほか、江原さんが前向きな夢を打ち明ける一方、中原さんが可愛らしい容姿からは想像できない意外な夢を語り…

◇おしらせ

☆『徹子の部屋』番組HP

 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/




『徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻~夫が“難病”に…』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻~夫が“難病”に…
  1. 本当
  2. 江原
  3. 先生
  4. 随分
  5. マージャン
  6. 椅子
  7. 可愛
  8. 元気
  9. 全然
  10. 病気
  11. 大丈夫
  12. 彼女
  13. オリンピック
  14. 頑張
  15. 気持
  16. パーキンソン
  17. 奥様
  18. 今日
  19. 全部
  20. 中原


『徹子の部屋 江原真二郎&中原ひとみ夫妻~夫が“難病”に…』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓テレビ朝日関連商品

(黒柳)さあ 今日のお客様は
このお二方です。

この時から
60年という日が経ちました。

お元気で
2人でおいで頂きました。

江原真二郎さんと
そして 中原ひとみさんです。

よろしくお願いします。
どうも よろしくお願い致します。

江原さんは ちょっと
パーキンソン病を

患っていらっしゃるんですけど

お元気で来てくださって
本当に よかったです。

どうも ありがとうございます。

まあ それにしても あれですよね
歯磨きやってた4人の家族が

みんなの目には
あのまま残ってると思います

あんなふうにね 4人で。

もう下のお嬢さんなんか
随分 大きくなったものね。

ハハ はい。
そう。

だんだん大きくなった時の
これはね 写真でしたけど。

今日は お嬢さんの里織さん
いらっしゃって

ちょっと あそこに
座ってらっしゃる… どうも。

今日は ありがとうございます。
そうですか。

どうも いつぞやはね
ありがとうございます

出て頂いてね。

江原さんは
今の調子は どうなんですか?

今ですか? 今 仕事はできない。
ああー そう。

で 彼女が食事を作ってくれます。

もりもり食べてます。
フフフ。 そうですか。

お食事 お上手なんですってね。
上手ですね。

お料理 上手なんですってね
あなたね。

ねえ。
上手と思わなかったんですけど

どうしようと思ってたら
やってみたら 結構 楽しくて

で おいしいって
言ってくれるから。

こんなふうにね おいしいって。
でも それまでは ほら

お手伝いさんとか なんか
いらしたんだけど

一戸建ちのお家をお売りになって

今 マンションに2人でね
お住まいだから

色んな事 楽だと思いますよね。

でも パーキンソンっていうのは

難病指定になっている
ご病気なんで…。

脳の異常で体の動きに障害が出る。

そうらしいですね。
神経が こう伝わらないの。

あんまり知らないんだけど
詳しく。

でも… うん。
元気は元気です。

そうですよね。
ご飯もおいしいって

召し上がってるんで。
脳の命令が行かないから

足が自由に動かないんですね。

なんか 初め 足がもつれたので
わかったんですって?

あのね 年中 転んでたのね。

でね 老いとはね こんなに急激に
来るもんかと思って

すごい心配して…。

野球場の階段で
転んだんですって?

そうです そうそう そうそう。
一番最初 野球を見にいって…

横浜のベイスターズの球場へ。

巨人戦があると見にいくんですよ。

その時
ちょっと階段が高いもんで

ちょっと振り返って…
集中してて 見てたら

踏み外しちゃって 足を。
あららら。

ここら辺かなと思ったら
グッと… もっと高かった。

あららら… 滑ったの?
で 顔…。

血だらけ。
本当? 顔ぶつけたんですか?

で 医務室 行ってね。
医務室へ… 医務室へ行って。

それから 試合が始まって
ずっと見てました。

アハハ… やっぱり
いらした以上は見なきゃね。

はい。

でも その時は
まだ原因不明なんで

接骨院通ったりとかなんか
してらしたんですって?

そうです。 最初 足がね 悪いとか
ぎっくり腰だとかいって

そっちの方からきてるのかと
思ったら

お医者さんが
「パーキンソン病じゃないのか?」

なんて こう 言う先生がいて
ハッと思ったの。

で よく 違う病院行って
調べてみたら

パーキンソン病という事が
わかった。

そうなんですか。

でも パーキンソンは
今 薬とか そういうのが

随分 よくできてるんですってね。

だから あれですよね
今 おしゃべりになるのも…。

ちょっと ゆっくりになります。
全て任せてます。

いえいえ そんな…。 今日は
私は あんまりしゃべらないで

パパにしゃべってもらおうと
思ってね 来たんで。

でも 江原さん 普段でも

あんまり
しゃべらない方だったんだけども

でも 今の方が
おしゃべりになりますね

前の時より。
前よりもね 努力してます。

あっ そう。 偉い。
それは 偉いですよね。

努力して。 そうですか。

でも 脳外科で精密検査なさって

パーキンソンっていう事が
わかったんですって? はっきり。

そうです。
その時 どんなお気持ちでした?

僕はね それまで この病気の事は
全然 知らなかった。

で 病院の待合室の前に
本が2~3冊ある。

それを見て ああー ああー
ああー こういう病気なんだ。

で 彼女は 全然知らない。
そりゃそうね。

うちの里織に聞いたら

里織も あんまり
詳しく知らない。

みんな 知らないならいいや。

ハハハハ。
そんな感じです。

いいですね。 でも 落ち込んだりは
なさらなかったの?

全然。
全然? そうですか。

それで リハビリは 週に2回
やってらっしゃるんですって?

はい。 あのね 2回 若い先生が
家へ来てくれて やってて

だいぶ良くなったので
じゃあ 1回にして

1日はジム。 ジムへ行きましょう
っていうので…。 これ 先生ね。

もう 一生懸命
やってくださるんですよ。

あっ そう。
はい。

で もう すごい良くなってね
歩けるようになって

歩行器も使わないようになって。
あっ そうなの。

だけど 今年 ちょっと ほら

天候が不順だったでしょ。
そうそう そうそう。

だから 4月 5月
ちょっと落ち気味だったの。

あっ そうなの。
今 また 少し元気になりました。

お顔は もう 全然
前と変わらないわね。

そうですか?
元気そうなお顔で ハンサムで。

だいぶ そうなりましたね。
悪い時はね もう本当にね

病気の顔してたし…。
あっ そうなの。

里織なんてね 「死んじゃうんじゃ
ないかしらと思った」とか

言うんですよ。
でも すごい元気そう。

おかげで。
彼女は よくやってくれます。

あっ そう。
よかったですね 奥さんでね。

いや 今までね
仕事と子育てとかね

パパの方は全然ほったらかしで
申し訳なかったので

今度は
もう2人で暮らしてますから

もうパパ中心で。

なるほど。
はい。 一生懸命 頑張ってます。

でも 江原さんは
随分 大女優と共演…

奥様もそうですけど
奥様じゃない大女優の方とも

随分 共演なさって。
ええ。

杉村春子さん 山田五十鈴さん
もう2人ともね いないです。

いないけども。
あっ これが山田五十鈴さん。

あっ その後ろがそうですよね
いらっしゃるのね。

ええー。
私も 今 思い出したら

随分 舞台 拝見したりしてたな
って思いました。

随分 出てらしたもんね 舞台ね。
出てました。

テレビよりも舞台の方が多かった。
多かったですよね。

いつか なんかの時
ずっと調べた時に…

山田五十鈴さんでも誰でも

相手が
みんな 江原さんなの。

うわー こんなに
出てらっしゃるんだわ

と思った事
ありましたもんね。

でも あれですよね
映画でも

ドラマでも 舞台でも
ご活躍になった江原さんが

今 ちょっと病気になって

すぐ仕事に戻るっていうわけに
ちょっといかないなんて思った時

どんなお気持ちでした?

いや でもね 本心は

やる 絶対にやるんだ
っていう気持ちは あるんですよ。

周りには そういう気持ちはね
あんまり…。

見せてない?
うん。

でも 彼女は
見抜いてると思うんです。

本当。 見抜いてる?
うーん どうかな。

でも 本当に なんて言うんだろう

私… 気持ちね
どういう気持ちなのかって

口に出しては
聞けないじゃないですか。

でもね 一生懸命 前向きな感じは
受け取れますね。

でも それだけリハビリ
やってらっしゃるって事は

仕事に戻りたい
っていうお気持ちが

あるからじゃないかって
私は思う。

あのね 台本なんかのセリフも
一生懸命 覚えました。

覚えて? 偉い。

やっぱり それに出るぞっていう
お気持ちが大事だもんね。

そうですね。

でも あれですよね

結婚なすった頃は
あちら 大女優で

江原さんは ねっ…。

ペーペーでした。
ペーペーだったんだってね。

京都の大部屋にいまして
彼女はニューフェイスで…。

僕らの仲間は みんな

「東京から
奇麗な女優さんが来てる」…。

女優さんが来たって。
奇麗だよって。

オープンの方へ見にいったと。

可愛い?
つま先立ってね…。

こうやって見たら奇麗でした。
可愛かったでしょ。

私も 本当にね 初めて…
映画もそうだけど

道でお見かけした事が
あるんですよ。

まあ 可愛らしいと思ってね

思わず立ち止まって
見てしまったぐらい

可愛かったですもんね 本当ね。

ちょっと 『徹子の部屋』で
江原さんが

お話ししてらっしゃるの
見ていいですか?

「それで 今井正監督の
『米』っていうのを

東京で撮るので それでいらして

中原さんにお会いになったって
私たちは思ってたけど

その前
どこでお会いになったんですか?」

「彼女が 今は萬屋錦之介さんのね
『源義経』かなんかで

相手役で京都へ来て

遠くの方で ああー
あの人が中原ひとみかって

見てましたけどね」
「へえー」

「可愛かったでしょ?」
「もちろん可愛かったですね」

「で あなたが それを
じっと見てらしたという事を

奥様は 全然 ご存じ…」
「全然 知らないです」

「後に おっしゃいました?」
「ええ。 聞いたんですけどね

そんなもん
全然わからなかったって…」

「それは そうでしょうね」
「だから 演技か なんかで

ちょっとすれ違ったりしますとね
パッと 僕なんかは振り向いて

ああー 奇麗な人だなとかね
言ってましたけどね」

「向こうは 全く…

真正面 向いて
サササッと歩いてる感じですから」

フフフフ…。
なんか よその人みたいね。

あんなに昔の…。
昔… そうね。

でも そんなふうに
若い時は 真っすぐ向いて

スッスッ歩いてる感じだったの?

いや 覚えてないんですけどね。
ほとんど覚えてないですね。

ニューフェイスのバリバリでした。

そうね。 バリバリ。
まあ 私も知ってるけど

すごく可愛かったんですものね。
可愛い。

本当にね
バンビって呼ばれてたんだっけ?

はい。 そうですね。
なんか 可愛いね バンビみたいで。

1960年っていいますから
だいぶ前になりますけども

23歳の時に

お二人 同い年で結婚なさって。

でも 本当に江原さんは

奥様と結婚なすってよかったって

思ってらっしゃるんですって?
今はね 本当に。

もう こんなに幸せはないと
思ってます。

よかったですよね でも。
そんなのって

あとで そういうふうに
思えるのっていいじゃないですか。

いいですね。
ねえ。

年取ってからね
幸せなのは いいですよね。

いいですよ 絶対。
だから その幸せなうちに

死にたいと思ってるんですよね。
あなたが? そうなの。

100歳までは 生きたくない。
あっ そうなの? フフ。

でもね パパより先に死んじゃうと
困っちゃうから

先に死んで
私が あとからすぐ死ぬ

っていうのが
今 理想なんですけど。

私はね 希望は オリンピック。

ああー 来年ですよ
でも オリンピック。

それ見たらバイバイ?
バイバイ。

でも まだ大丈夫よ
オリンピックのあとも かなり。

その次のオリンピックも
大丈夫です。

この人は そのあと。
そのあと? フフフフ…。

でも そういうふうなさ

次のオリンピック
次のオリンピックとかって思う

そういう目標があるのは
いいですよね。

で この病気は難病でね

先生にね 「これは治るんですか?」
って聞くっていうの。

先生 困っちゃうからやめろ
っていうのに 先生に聞いたの。

そしたら?
「うーん」とか言って

困ってらしたけど

でもね 「絶対 4月に治って
先生を喜ばせるんだ

びっくりさせるんだ」
って頑張ったんですよ。

ところが4月
ちょっと調子が ねっ

低気圧の都合で…
調子で駄目だったでしょ。

で この間 病院行って

「先生 4月が駄目だったから
じゃあ 5月」。

「5月が駄目なら6月って
頑張ります」なんて言ったら

「そうやって元気よく輝いて
目を輝かせてしゃべってるから

大丈夫だ 大丈夫だ」って
先生 言ってくださいましたね。

ましてや 今日 テレビに
出てらっしゃるんですから。

それは もう
先生 ご覧になったらね。

そうですね。
うん。

本当に テレビにお出になるぐらい
お元気なんですから 大丈夫。

まあ 徹子さんのおかげです。
いやいや いやいや。

でも 本当 よかったね
お二人で出て頂けてね。

そんなわけで
ご主人はパーキンソンでも

こうやって お元気にね
出てくだされるんですけど

中原さんが一昨年?
なんか… どうしたの?

1年半前に脊柱管…。
あっ 知ってます それ。

なんだっけ?
腰部脊柱管狭窄症。

それの手術しました。

手術したの?
はい。

20年前は大腸がんで手術しました。
そう あなたね。

で 1年半前は脊柱管狭窄症で…。

それ 全部 なんか
全身麻酔でやるんですって?

やりますよ。
うわー 大変。

でも 先生がお上手で
治りまして 両方とも。

よかった。 そしたら
もう歩く時 なんでもないの?

はい。
よかったです。

そしたら なんだ
今年 肩 骨折したって

どうしたの? それは。
あのね おひな様のね

台をね 出そうと思って。
戸棚の一番上にあったから

椅子を持ってきて
取ろうとしたの。

その椅子が
滑車が付いてる椅子…。

回る椅子。 あれ 一番危ないの。

それに乗っちゃったので
ガーンっていって

肩で落っこちたんですよ。

で もう 自分で救急車呼んで。
あら。

もう 2月末だったんだけど
まだね 手が上がらない 痛くて。

筋肉が固まっちゃうのね。

だから
私もリハビリやってるんですよ。

忙しいのよね 毎日 予定がね。

でも 片手で
骨折したら 片っ方の手でして…

お料理したりとかって
大変だったんですってね。

大変なの。 こう軟らかいもの…
パンとか切るのに

ヒョッと添えて こう切ると
ものすごく響くんです。

あっ そうなの?
でも こんなにすごいお料理

作っちゃったの? あなた。
作るの。 これは朝食ですね。

朝食。
おいしいですか? 江原さん。

おいしいです。
でも ちょっと量が多いです。

ハハ。 量が多い?
残すと怒るんです。

いや 怒らない…。

残してって言うんだけど
食べちゃう。

これ 晩ご飯?
これはね 日本食で…

和食ですね。 晩ご飯ですね。
サケとか 煮物とか。

これ お肉?
お肉。

随分 色んな… なんていうの
豊富な…。

そうですね。
本見て作るんですけどね。

本見て? 偉い。
この間も

久しぶりにイタリアン作ったら
おいしいって言って

これだったらね
5000円払うって言ってましたよ。

5000円払ってもいい?
相当いいわね。

いやー 日本料理もね
フランス料理もイタリア料理も

中国料理も全部できる。
すごいですね。

すごいです。
女優さんだとは思えない。

ねえ ねえ。 シェフ。
シェフ。

いやいやいや…。
でも あなた 大変なのは

数日間分のお料理の献立を考えて

なるたけ
お買い物に行くのも少なくして

すぐワッて作れるように
してらっしゃるんですって?

途中で…。
ノート? これ。

めちゃくちゃにメモ用紙に…。
このメモ用紙 すごいでしょ?

色んなファクスの裏を
全部 使ってるのよ。

そうよね 偉い。

これ 頼りで…。
そうよね。

4日間ぐらい買い物して。
これで買い物してね。

1週間は ちょっと葉っぱものとか
果物とか もたないでしょ。

なるほど。
週に2回ぐらいには

なっちゃいますね。
でも 2回で済めばね。

毎日 行かなくてもね。

そうですね。
でも あれですよね

江原さんは
要介護2っていうので

中原さんは

要支援っていうんだって?
支援が1。

支援1っていうんですってね。

この人は… だから ベッドとか
僕は借りてるんです。

最近ね ベッドから ちょっと
落っこちそうになったので

柵を付けようかとか
言ってたんですけど

じゃあ 介護用の…。
ベッド?

ベッド。
何? 背中がガーッて上がる。

あれを変えたんです つい最近。
楽でしょ?

楽。 でも この人はね
借りられない。

ん? 借りられない?
あっ 要支援だからね 私は。

要支援だから?
要介護じゃないと…。

要介護じゃないと借りられない?
借りられない。

私 あれ見てて いいなと思うの。
私もね… どこも悪くないのよ。

でも あれ グッと押してね
ちょっと起き上がりながら

テレビ見たりとかね
本読んだりとかね。

で またグーッと下りたり。
あれはいいなと…。

いいと思うでしょ。
うん。

じゃない。 良くない。
良くない?

何が良くないの?
あんまりね ゴゴゴゴッ… 音がね。

音が? ゴゴゴゴッて?
シーッ シーッ。

むしろね 音を出して

私が目覚めちゃいけない
と思って

すごく気を使うんですよ。
優しい。 うん うん。

でも あれね 寝室は
別にしてらっしゃるんですってね。

だから 夜になると
ちょっと 大丈夫かなと思って

心配の時があるんですって?
ちょっと開ける…

隙間から見ると 本を読んでる時
よくあるんですよ。

病気の人に見えないの
本読んでる時は。

すごい元気で すてきな老人が
本を読んでるように見えるのよ。

びっくりしちゃうのよ
あれだけ…。

いいじゃない。
あの時だけ。 はい。

お掃除なんかは どうして…。
お掃除はね

1週間に1回
来てもらってんの 今ね。

でも 1日じゃ 汚れちゃうでしょ。
だから 前はね…

パーキンソン病になる前は
掃除機 好きで

年中 掃除してもらったけど
今は 私が

汚れたらやってますけど。
あっ そうなの。 へえー。

でも あなたは 車も
今 運転してらっしゃらないから

歩いたりか バスか
電車とか乗って

冒険なんですって?
あのね 電車はね 結構慣れました。

そう。
この間も ちょっと

歯が欠けちゃった所を
修正して頂くのに

前 通ってた
青山の歯医者さんまで

雨 ザーザーの日に行きました。
ええー そうですよね。

だからね 冒険はしてるんですけど
さっき 先生に

滑車が付いた椅子に乗って
物取って落ちたって言ったらね

「随分 冒険しましたね」
って言われました。

それは もう 冒険。
あの椅子は 本当…。

あの丸い椅子でしょ?
で クルクル回る。

うちのはね マージャンの椅子。
マージャンの椅子なの?

じゃあ まあ でも
そんなようなもので回る…。

マージャンっていえば あなた
プロの…

死ぬ前に一度
プロのマージャンの人と

やりたいって それは なんなの?
あのね 昔はね

阿佐田哲也さんとかね
色んなプロの方

家へ遊びに来てくれて。
すごいじゃない。 あっ そう。

で よくやってたけど
最近は あんまりないのね。

私 テレビの番組…
マージャンの番組

よく見てるんですけど
その中に かっこいい人がいて

名前は滝沢さんっていうんだけど。
あっ そうなの?

その人と1回ね
マージャンやりたいなって

思うんだけど
実現しそうにはないですね。

実現しますよ。
しますよ そりゃ。

あなたが
そういうふうにおっしゃったら。

これ 見てらっしゃるかも
しれないじゃない。

本当にね…。
マージャン 相当上手なの?

それじゃあ。
うーん どうかな?

でも おやりになりたいのね
そういう すごいプロの人とね。

本当にね
強い人に向かっていくのが好き…。

あなたね 冒険家よね
そういうとこね。 そうそう。

勝ち負けは どうでもいいのよ。
向かっていく。

向かっていくのね。
うん わかった。

あれですかね ご病気になって
夫婦の関係で

何か変わった事ってあります?
うーん どうだろう?

普通ですね。 ただ
あんまり口には出さないけど

これからは
パパのために頑張ろうと

私は思ってるの。
私も そうです。

フフフ。
もう口には出さない。

けど 彼女のために
頑張ろうと思ってます。

そうですか。 すごい
気持ちとしては違いますよね。

全部さ やっちゃってください
お願いします

っていうのに比べたら
やるぞっていうふうにね。

でも 2人とも
似た者夫婦なんですって?

ちょっと。
10月生まれ。

7月生まれ。
あっ 3カ月 お姉さん?

そう お姉さんになる。
あっ そうなの。

それ以外は 12日 22日。

うちの娘が22日で
お婿さんが12日。

随分わかりやすいっていうかね。
オールB型。 フフフフ…。

オールB型? すごいね。 へえー。

だから 全部
そっくりって言ってます。

お誕生日が違うだけで
そっくりだって言ってます。

生まれた月が違うだけでね。

里織も そっくり。

可憐ちゃんも そっくり。

でも 嫌だって言ってるの
そういうふうに言うと。

「嫌だ!」って言って。

でも 夫婦円満の秘訣って

あるとしたら どういう事で…。
そうですね

あんまり隠し事はないですね。
隠し事はしない?

この頃は。
この頃… この頃は?

昔 あったんで。 昔。
昔 あったのね。

でも 追及しない。
追及しない。 なるほど。

それは 大事な事ですよね。
はい。

まあ 思いやるっていう言葉は
普通の言葉だけど

思いやりですね。 相手の事を…

自分より相手の事を思うという。

あれですかね 江原さんは

同じくパーキンソンを
患っていらっしゃる方が

見てらしたとしたら

お言葉 おかけになるとしたら
どんな事ですか? じゃあ。

やっぱり 自分から
やろうと思う気持ちをね

失わないよう…。
それを ずっと持ち続けている事?

…と思います。
前向きに。

でも ノーベル賞もらった方が
なんとか細胞で

治る可能性があるような事を…
ニュースは聞いた事ありますよ。

そうよ。 だから そういうのでもね
これからだって

治る可能性
いくらでもあるんだし ねえ。

これだけ しっかり
してらっしゃるんだからね

大丈夫だと思いますけど。
マージャンも時々…。

あっ やるの?
私が食事の支度してる間

1回 代わって やってもらう…。
あっ そうなの?

それはいいですよね。
そういうのってね たまにはね。

たまには… たまにはですよ。
たまにはね。

しょっちゅうは駄目。
大みそかにはね 家族みんなで

マージャンやってますよ。
あっ そうなの?

随分 いい家族だわね。

何人ぐらいになるの?
家族全部 集まると。

5人。
5人? あっ そうか。

奥様も お元気そうで。
どうぞ 頑張ってください。

応援してます。
ありがとうございました。

(拍手)

♬~


関連記事