クレイジージャーニー 奇界遺産×廃墟の女王 人気週刊誌とタッグ・ポーカーフェイス佐藤…まさかの赤面の事態に…!


出典:『クレイジージャーニー 奇界遺産×廃墟の女王★人気週刊誌とタッグ』の番組情報(EPGから引用)


クレイジージャーニー[字] 奇界遺産×廃墟の女王★人気週刊誌とタッグ


松本人志×設楽統×小池栄子VSクレイジージャーニー

▽奇界遺産“佐藤”が立ち入り禁止【廃墟の女王】の撮影に挑む

▽ポーカーフェイス佐藤…まさかの赤面の事態に…!


詳細情報

番組内容

▽奇界遺産×廃墟の女王

▽立入禁止の先にある景色とは…?

▽人気週刊誌とタッグでポーカーフェイス佐藤にまさかの事態!佐藤…赤面!

▽反響の大きかった廃墟も登場!

出演者

松本人志(ダウンタウン)

設楽統(バナナマン)

小池栄子

公式ページ

◇番組HP

http://www.tbs.co.jp/crazyjourney/

◇twitter

https://twitter.com/Crazy_Journey

制作

プロデューサー 坂本義幸


演出 浜田諒介


『クレイジージャーニー 奇界遺産×廃墟の女王★人気週刊誌とタッグ』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

クレイジージャーニー 奇界遺産×廃墟の女王 人気週刊誌とタッグ・ポー
  1. 佐藤
  2. 廃墟
  3. 撮影
  4. 軍艦島
  5. クレイジージャーニー
  6. 女王
  7. ビッグコミックスピリッツ
  8. 今回
  9. 場所
  10. 摩耶観光ホテル
  11. 建物
  12. カメラ
  13. 立入禁止
  14. コラボ
  15. 階建
  16. 現在
  17. 号棟
  18. 島民
  19. 当時
  20. 奇界遺産


『クレイジージャーニー 奇界遺産×廃墟の女王★人気週刊誌とタッグ』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓TBS関連商品

<今夜 奇界遺産 佐藤が送る
廃墟スペシャル>

<さらに…>

<大人気週刊誌とのスペシャルコラボ>

<その>

<松本 設楽 小池 VS クレイジージャーニー>

さあ 始まりました
「クレイジージャーニー」

久々にちょっと

いいお知らせですか?
わざわざ悪いお知らせはないか

そうですね

「ビッグコミックスピリッツ」と
この番組「クレイジージャーニー」がですね

コラボするということで

今現在 発売中の
「ビッグコミックスピリッツ」と

「クレイジージャーニー」が
コラボしてるんですけど

今 表紙に出てる
小倉優香さんと

奇界遺産の佐藤さんが

ああ~ なるほど なるほど
そういうことか

わあ~ 可愛らしい子

もう こうなってくると

だって 言われなきゃわかんない

スタジオでも こんなんあるで

そうですね

あとは ほかにも記事でいろいろな

幹也さんだったり
昆虫食の愛さんとか

あとスキージャンパーの 崖からジャンプする
佐々木大輔さんとか

あと 高野さんとかの記事も
いろいろあったりして

ありがたいっすね 人気雑誌でね

こんなん

<ということで 今夜は
廃墟の女王で行われた>

<「ビッグコミックスピリッツ」との
スペシャルコラボ>

<その撮影風景を一挙公開>

<その前に
これまで佐藤が訪れた>

<奇界遺産全50カ所の中から>

<特に反響の大きかった廃墟を
ご紹介>

<奇界遺産廃墟スペシャル
まずは…>

<タイにある立入禁止の廃墟>

これからですね ちょっと

だと思うんですけど

<廃墟に暮らす住人といえば
以前 キューバで…>

<巨大な劇場廃墟に暮らす>

<こちらのおじさんのもとを
訪れたことがあった>

<果たして今回は どんな廃墟に
どんな人が暮らしているのか>

<ということなので
廃墟住人を刺激しないよう>

<至ってごく普通の街だが
本当に>

<とりあえず地元の方々に
その所在を聞いてみる>

こんにちは

<ということで
川沿いの空き地に向かってみる>

<何かを見つけたのか>

(ディレクター)ああ~

<すると 空き地の奥に>

<何かはわからないが
ドーム状の物体が>

<そこを目指し>

<そこには廃棄され輪切りになった
飛行機の残骸が>

<確かに異様な光景だが>

<さらにここに住み着いている人が
いるという>

<すると…>

入場料ですね

<ひとまずお金を支払い
撮影させてもらえることに>

<そして 恐る恐る
住人らしき人に近づき>

<撮影を試みる>

<そして 飛行機の中を
のぞいてみると…>

<飛行機自体の撮影はOKだが>

<中の様子は撮影禁止とのこと>

<しかたがないので廃棄されている
別の機体を撮影することに>

<早速 その>

<首都バンコク市内に
突如現れる>

<誰がどういう理由で
ここに放置したのか>

と思いますけど

<続いては 日本が世界に誇る廃墟
軍艦島>

<2015年 日本で19番目の
世界遺産となった軍艦島>

<時計の針を止めたかのような
その光景に>

<世界中から
熱い視線が注がれる一方…>

<建物の老朽化が進み>

<それらの補修や保全が
大きな課題となっている>

<佐藤は今回 そんな軍艦島の
ありのままの姿を>

<今のうちにカメラに収めておきたい
という思いでやって来たのだ>

鹿児島のですね
南の方に

っていうところが
あるんですけど

そこで毎年 ボゼっていう

変わった神様が出るお祭りが
あったりとか

九州も 南の方に行くと地名が
本州っぽくないような地名

変わった地名とかも
出てきますから

<と 国内の奇界遺産話を聞きつつ
走ること1時間>

<軍艦島行きの船が出る
野々串港に到着 すると…>

ありがとうございます

<佐藤を待ち受けていたのは
なんと軍艦島で生まれ>

<18歳まで過ごしたという
石川東さん>

<実は今回 軍艦島を何度か
撮影している佐藤のコネで>

<通常は立入禁止の場所にも>

<特別に入れてもらえることに
なっているのだ>

<そう 軍艦島は 港から
わずか6kmの沖合にあるため>

<出航して1分もすると…>

<そう
軍艦島と呼ばれるこちらの島>

<正式名は端島と言い>

<その形状が戦艦に
似ていたことから>

<「軍艦島」と呼ばれるように
なったのだ>

<炭鉱の島として1810年から
1974年の閉山まで>

<日本の高度経済成長を支え…>

<最盛期の1950年代には>

<東京ドーム1.3倍ほどの島内に
5300人が暮らすなど>

<その人口密度は
世界一を誇っていた>

<そんな当時の面影を残したまま
島ごと廃墟と化した>

<世界にも類を見ない
場所なのだが>

<それを こちらの精巧なCGで
お伝えできるのも>

<そう 佐藤が降り立ったのは
島の北にある停泊所>

<実は 観光ツアーなどで
島を訪れる場合>

<船は南の桟橋に停泊し>

<そこから見学できるのは
ご覧のほんの一部だけ>

<しかし 今回は
佐藤のコネのおかげで>

<長崎市の職員同行のもと>

<ほぼオールエリア巡ることを
許可されているのだ>

<マジで佐藤様様であり>

<さらに 今後倒壊など
失われる可能性のある>

<貴重な建物を
カメラに収めることができるのだ>

<そんなありがたみを感じつつ>

<立入禁止になっている場所から
軍艦島に上陸>

<上陸する我々の前に
いきなり現れたこちらの建物は>

<島民の数がピークに達した
1958年に建てられた>

<7階建ての小中学校>

<早速 普段は立ち入ることの
できない学校の内部へ>

<校内には当時使われていた
机や椅子 教科書など>

<数々の備品が
そのままの姿で残され>

<二度と見ることのできない
昭和の姿を今にとどめている>

一番近いといえば近いですけど

ここのがだいぶ規模は大きい

<を 一通り見て回り…>

<続いて佐藤が向かったのは
軍艦島を語る上で欠かせない>

<炭鉱の跡地があるエリア>

<ここにはかつて
海水をためたプールがあり>

<夏は子どもたちで
ごった返していたという>

<軍艦島の地下には
石炭を採掘するための坑道があり>

<そこから運び出された石炭は
こちらのベルトコンベアで運ばれ>

<着岸している船へと
積み込まれていったのだ>

<そう 作業を終えた炭鉱員たちは>

<ご覧のとおり
真っ黒になってしまうため…>

<まず 左側の湯船で汚れを落とし>

<続いて
瓦礫に埋もれた右側の湯船で>

<疲れた体を癒やしていた>

<普段は決して立ち入れない場所を
次々にカメラに収めていき>

<続いて佐藤は島民の生活空間が
あった居住エリアへ>

梁が途中で折れたりしてますよ

<今から100年以上前の1916年>

<増え続ける島民の住居として
建てられた30号棟>

<日本最古の
鉄筋コンクリートアパートとして>

<人々の生活を支えてきたが>

<現在は倒壊の危機に瀕し>

<まさに今しか見ることのできない
貴重な光景となっている>

わあ~ すごいっすね 何か

ここからがまた

<そう
この30号棟の周辺には>

<端島銀座と呼ばれる
メインストリートがあり>

<多くの店が並び
にぎわいを見せていた>

<そんな当時の面影なき
端島銀座を抜けると…>

木組みだったことは

<原形残る木組みの牢屋や>

<昭和の歴史博物館ともいえる
不思議な住宅を散策していく佐藤>

<こちらは島民の健康を支えていた
病院>

<病院内には当時の
医療器具のほかに こんなものも>

<そして
この病院のすぐ近くには…>

<こちらの建物は65号棟と呼ばれる
10階建ての巨大マンション>

<317もの
部屋があったり>

<子ども達の遊具があったりと
多くの家族が暮らしていた>

<その内部には
不思議な空間が広がっており>

<そこに所狭しと
居住スペースが並んでいる>

<そして 部屋の中には>

<当時の様子が
そのままの形で残されている>

「呪術師 魔王 また無効試合」

プロレスの…

「猪木4勝 怪覆面を脳天KO」

「坂口痛い 反則勝ち」

坂口ってあれですよね

<65号棟の基本的な間取りは
ご覧の6畳2間で>

<ここに
家族4~5人で暮らしていたという>

<ちなみに>

<10階建てながら
エレベーターはなかった>

<なんと10階建てのマンションの
屋上には 幼稚園があり>

<多いときには200人以上の園児が
通うマンモス幼稚園だったという>

<そして このあと…>

<廃墟の女王で行われた
「ビッグコミックスピリッツ」とのコラボ企画>

<その全貌が明らかに>

ちょっと あの 今回

そんなふうに
呼ばれている

もちろん

<やって来たのは
六甲山地中央に位置する>

<標高702m 摩耶山のふもと>

<これから向かう
廃墟の女王は>

<摩耶山の中腹にあり>

<そこまでは
ケーブルカーで向かうとのこと>

<そして 何の変哲もない
ケーブルカーで登ること5分>

<早くも>

<立入禁止のゲートを抜け>

<中へと進入していく>

<そうマネする人がいないよう
お伝えすると>

<今回 佐藤は特別な許可を得て
中へと足を踏み入れているのだ>

<そして
早くも姿を現した廃墟の女王>

<果たして その姿とは?>

<見た目こそ
ただのさびれた建物だが>

<こちらが廃墟の女王
と呼ばれる>

<その由来は というと…>

それで

してるみたいですけどね

<1929年に創業し>

<温泉や大食堂 宴会場など>

<様々な設備を有する
一大観光施設として栄えたのだが>

<第2次世界大戦や天災の影響で>

<幾多の休業と再開を繰り返し>

<ついに 1993年
建物は完全に閉鎖され>

<取り壊されることなく
廃墟へと姿を変えていったのだ>

<そう この摩耶観光ホテル>

<現在は
立入禁止となっているのだが>

<建造物としての
歴史的価値も高く>

<より多くの人達に
見てもらえるよう>

<国の有形文化財の登録に向け>

<保存活動が行われているのだ>

はい

<ということで
いよいよ廃墟の中へ>

<この摩耶観光ホテルは
山の斜面に建てられているため>

<正面の渡り廊下を通り
最上階の4階部分から中へと入る>

<すると…>

ただいま警備中ですので
直ちに退出してください

<そう ここはかつて>

<映画上映などに使われていた
大ホールがあった場所>

何か

だったんじゃないかな

B-29って
あるじゃないですか

あれに付いてたタイヤと同型だ
という説があったんですけど

<続いて階段を下り>

非常口っていうの 昔…
デカいっすよ 明朝体で

カッコイイですね

<ここは 摩耶観光ホテルを
語る上では欠かせない>

<「額縁の間」と呼ばれる部屋で>

<アールを描いた大きな窓ガラスから>

<外の緑が差し込み>

<が広がっている>

<そして佐藤は
さらに奥へ奥へと進んでいく>

<そう ここはかつて多くの人々で
にぎわった食堂のあった場所>

ダクトが
落ちてくるっていうのは…

落としたんじゃないですか?
切って

<一通り
内部を見て回ったところで>

<最後にホテルの全景をドローンで
撮影するため屋上へ>

めちゃくちゃいいですね

<そう 実はこの場所>

<夜ともなれば
日本三大夜景といわれる>

<神戸や大阪の街を一望できる
最高のビューポイント>

<そんな摩耶観光ホテルを
上空から捉えた姿とは?>

<そこには山肌に不気味に
そして悠然とたたずむ>

<廃墟の女王 摩耶観光ホテルが>

<眼下に広がる近代的建物との
コントラストも鮮やかで>

<日本屈指の廃墟と呼ばれる
独特の存在感を誇っている>

<こうして
本来は立ち入ることのできない>

<廃墟の女王 摩耶観光ホテルを
カメラに収めた佐藤>

<そしてコラボ企画の撮影が
いよいよスタート>

<廃墟の女王こと摩耶観光ホテルの
撮影を終えた佐藤>

<すると…>

<そう現れたのは
現在 数多くの雑誌で表紙を飾る>

<グラビアアイドルにして
女優の小倉優香さん>

<というのも あの大人気週刊誌>

<「ビッグコミックスピリッツ」さんから>

<「クレイジージャーニー」との
コラボの打診があり>

<そういうことには
目がない我々は>

<もちろん前のめりな感じで
お返事させていただき>

<奇界遺産 佐藤の廃墟と>

<「ビッグコミックスピリッツ」さんの
グラビア撮影という2つが>

<タッグを
組むことになったのだ>

<そう言って
黙々と撮影の準備を進める佐藤>

<そして
勝手がわからない我々は…>

<してしまう>

<そして 特に
打ち合わせをすることもなく>

<さらっと撮影がスタート>

<実はこの日
最高気温わずか10℃と>

<暖房のない廃墟での撮影は
かなり厳しい状況>

<そして そんなことを
みじんも感じさせない>

<を見せる小倉と>

<それを次々
カメラに収めていく佐藤>

<あまりにも>

<ので>

<ワンシーン撮り終えたタイミングで>

いつもは 何か こう

(笑いが起きる)

<と ただお互い 人見知りなのと>

<佐藤にとっては 正直
我々の存在が嫌だったらしい>

<しかし ともにプロ>

<撮影は 順調に進んでいく>

<その後も…>

<確かに 我々的には>

<美しいプロポーションの
小倉さんだけでなく>

<それを撮影する佐藤に
興味がいってしまいがち>

<それでも>

はい ありがとうございます

2枚撮りました

「クレイジージャーニー」 佐藤健寿とコラボ

はい

今日の

それを

<こうして完成した「ビッグコミックスピリッツ」
と「クレイジージャーニー」のコラボ号>

<現在 絶賛発売中なので>

<皆様 ぜひ>

<「クレイジージャーニー」のDVD第7弾が
好評発売中>

うわー でけえ

<爬虫類ハンター 加藤
VS 激レア生物>

<ヨシダナギの
アマゾン エナウェネ・ナウェ族 撮影旅>

<ケロッピー前田の
ボディサスペンション取材旅>

<地球上最も過酷な
アドベンチャーレースに挑む男>

<今回もクレイジープライス 皆さんも
一緒に刺激的な旅へ>

<今後もクレイジーな旅人が続々>

<ヨシダナギが 今しか撮れない
中国の激レア民族のもとへ>

<さらに 地球上最も過酷な
バイクレースに挑む男>

<そして…>

<世界にその名をとどろかす
身体改造の最高峰が登場>

<お楽しみに>


関連記事