ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」無料で検査とワクチンが受けられるお得なクーポンの実態…


出典:『ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」』の番組情報(EPGから引用)


ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」[解][字]


☆妊婦が感染すると高い確率で胎児に障害が残る風疹。無料で検査とワクチンが受けられるお得なクーポンの実態大調査!☆激痛の帯状ほう疹!今、若い世代に広がる意外な理由


詳細情報

番組内容

☆妊婦が感染すると高い確率で胎児に障害が残る風疹。無料で検査とワクチンが受けられるお得なクーポンの実態大調査!☆激痛の帯状ほう疹!今、若い世代に広がる意外な理由【ガッテン!クイズ】風疹の無料クーポン券、実は「ある世代」の「男性」にだけ配布されています。その世代とは何歳から何歳?【なぜ、限られた世代の男性だけにクーポン券が配られているのか?その背景にはある超意外な真実が…】答えは放送をチェック!

出演者

【ゲスト】笑福亭笑瓶,坂下千里子,大島麻衣,【司会】立川志の輔,小野文惠,【語り】山寺宏一


『ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」無料で検査
  1. 笑瓶
  2. 大島
  3. 風疹
  4. クーポン券
  5. 感染
  6. ワクチン
  7. 坂下
  8. 妊婦
  9. 抗体
  10. 抗体検査
  11. 女性
  12. 病気
  13. クーポン
  14. 男性
  15. 日本
  16. 今日
  17. 大事
  18. アメリカ
  19. ウイルス
  20. 検査


『ガッテン!「急増中!風疹&帯状ほう疹 徹底対策SP」』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓NHK関連商品

でも とっても大切な情報なので

どうか皆さん
最後まで おつきあい下さい!

(拍手)
(志の輔)どうも こんばんは!

(拍手)
ようこそお越し下さいました。

番組中のなかで…

(ゲスト一同)えっ!

そんなバカな!
それをしにね 我々…。

そうですよ!

ちなみに やってみて下さい それ。

(笑瓶)えぇ~っ!
(笑い)

(大島)えぇ~!? ほんとだ~!

えぇ~?
どうして~?

(笑い)

マジですか? 何が起こったんですか?
申し訳ございません。

今日は その「ガッテン!」を
一方向でして頂くというよりは

皆様方が それぞれ
この内容をかみしめて頂いて

番組終了後に
それぞれでお考えを頂いて

ご覧の皆様も
本当に放送が終わりましたあと

ご家族で あるいは
お仲間で話し合って頂いて

ガッテンをして頂けますものでしたら…。

今 番組のほうから
一家に一台お配りしております…

(笑い)

来てないです。
届いてなかった。

本当に大事な情報を皆様方に
きちんと お出ししますので

最後まで一生懸命おつきあいを頂いて。

新しいですね~!
そうなんでございます。

では 今日の内容に入らせて…。

(笑瓶)ちょっと待って下さい。 賞の発表
みたいなことになってるじゃないですか。

そうだ…!
(大島)ありました ありました。

今日は 実は うちのスタッフに届きました
一通の手紙。

入っております そのクーポン券は

このような形の中身に
なっているんでございますが。

(笑瓶)ないと思います。
届いていないと思います。

このクーポン券…

(ゲスト一同)えっ…。
何しろ このクーポン券

価値にしますと これぐらいの
価値のあるクーポン券でございます。

(大島)えぇ~っ!
(笑瓶)1万2, 000円。

(大島)届いてない!
(笑瓶)ないねえ。

ほんとに届いていないというのは
残念なことかもしれませんですけども

この内容を見ると
クーポン券といいながら…。

(笑瓶)あれ?
ここをご覧下さいませ。

(笑瓶)えぇ?
「感染拡大防止のため」と なっております。

すごいですよね。 「感染拡大防止」
この6文字って すごい文言ですよね。

そうですね。
ちょっと怖い。

1万2, 000円のクーポン券が
届いているのに

中身は 感染拡大防止のための
ご協力を願うクーポン券です。

(大島)えぇ~!
(笑瓶)はっはぁ~。

では ここに
あるものが入るんでございますが

皆さんに考えて頂きましょう。

感染拡大。 何が感染拡大するのか。

そうね…。
何だっけな…。

じゃあ 当てはめてみますか。

怖い~!
やだ 私自身?

さあ…

そして ほんとに
ちゃんと もう話題になっている…。

(笑瓶)えぇ~?

(坂下)あぁ~。
はっ…!

なりましたよね?
(笑瓶)あった?

えっ!

(小野)確かに感染症ですね。

(大島)感染症なんだ 結核。
(笑瓶)感染症なんや 結核も。

それでは…

あるいは…

いらっしゃいませんか?
手が挙がりました。

(大島)えぇ~!
すごい!
今 マイクお持ちします。

封筒が届きました。

ご主人の封筒を開けられましたか?
(観覧者)はい。

そしたら
ここに何て書いてありましたか?

(大島)えぇ~?
(笑瓶)風疹!?

あぁ~っ!
あ そうか…。         そうか…。

(坂下)それもニュースになってた。

(大島)風疹か~! えぇ~? なんか…。

あの 大阪でね… ニュースで今
思い出してたんですけど…

大阪 仕事で行った時に…

うん 思い出しました? 今…

はい…。
風疹と はしかって一緒ですか?

風疹 はしかはね。

(笑瓶)えっ…。

(大島 坂下)えぇ~!
(笑瓶)全く?

言いますね。

(笑瓶)違うの?

ここにきてっていうか…

(笑い)
(坂下)
昔から違うの!

昔から?
(坂下)昔から! え~ そうなんだ。

これは 風疹ウイルス
というものによって かかる

「風疹」という病でして

それは 発疹が出たり 熱が出たり。

他にも いろいろあるじゃないですか
似たような こういうので…。

それも全部違うの?
いろいろありますが…

皆さん まずそこからでした。

一体 ほんとに
こういう病気は どうなのかを

専門家の先生に
まずお聞きしております。

内科の先生に伺いました。

治りもいいし そんなに…

ああ なるほど。
う~ん なのに…?

こ~んな がっかりするインタビュー
ないですよね。         (笑い)

心配しなくていいって。
ちょっとね これ…。

(笑瓶)裏切られた感じですよね。
ほんとですよね。

あらまあ…。
(大島)すぐ治る。

でもインフルエンザの2倍から3倍の
感染力がありますし

そして 飛まつ感染。

かかっている人の唾が飛んだりすると
うつります。

でも 院長先生…

(笑い)

もうちょっとで いいんですよね。
気をつけるという状況の中でね。

そんなに心配する病気ではない。
その病気ではない風疹が

感染拡大する おそれがあるので
ご協力をお願いいたします という

封書ですよ。
(笑瓶)そうでしょ。 だから ほんとに…

先生の話では…

…みたいなね。 どうなってます? これ。

一体 これは どういうことなのか
ということなんですが…。

そうなんですよ。

(大島)アメリカ?
そうそう アメリカ。

実は アメリカが
こんなこと言ってるってこと

多分 初めて知ると思いますよ。
びっくりすると思います。

何でしょう?
私も ほんとに驚きました。

アメリカ合衆国が 日本に対して

このようなコメントを出している
ということ知って頂きましょう。 どうぞ。

訪れたのは…

アメリカが出しているコメントについて
詳しい方にお話を聞きました。

(スタッフ)こんにちは~。
「ガッテン!」です。

どうも こんにちは。
お待ちしておりました。

よろしくお願いします。
担当の丹藤でございます。

(スタッフ)あ… 担当の丹藤さん?
はい 担当の丹藤です。

(笑瓶)また お名前が…。
冗談みたいな…。

そういうお名前なんです。
すてきな人ですけども。

2018年10月 アメリカの政府機関である
CDCは 国民に対して

日本は 妊婦にとって非常に危険なので

渡航を自粛するようにと
呼びかけました。        (笑瓶)ありゃ!

理由は 日本で風疹患者が急増して

感染の確率が高まっているから と
書かれています。

そうなんだ。
伝わってないでしょ?

知らなかったです。           全然…。
初めて…。

おっどろきました。

だって 医学だってトップクラスですよ。

その国に うちの国の…
合衆国の妊婦さんたちは

出かけないようにって
おっしゃってるわけです。

じゃあ ほんとに妊婦さんに危険だ
ということは どういう意味なのかを

本当に このテーマについて
ご協力を頂きまして

証言を頂きました。 どうぞ。

(チャイム)

はい こんにちは。

大阪府にお住まいの…

24歳で結婚。
2人の子どもに恵まれ

温かい家庭を築いていた大畑さん。

30歳の時 3人目の子どもを
妊娠しましたが…

慌てて病院に駆け込むと
医師の診断は 風疹。

高熱が出てはいましたが

数日の間に回復する
見込みとのことでした。

しかし 大畑さんは医師から
思いもよらぬことを告げられたのです。

なんと 産まれてくる赤ちゃんには
障害が残る可能性があるというのです。

医師から説明されたのは…

お母さんのおなかの中では
胎児が細胞分裂を繰り返し

体が徐々に出来上がっていきます。

ところが 母親が風疹にかかると
風疹ウイルスが胎盤を通じて胎児に感染。

ウイルスは
胎児の細胞から栄養分を奪い取り

正常な細胞分裂を妨げてしまいます。

その結果 難聴や白内障など

耳や目に障害が
残ってしまうことがあるのです。

ぼう然とした気持ちで
病院から帰った大畑さん。

悩み抜き 家族にも相談した上で…

半年後 大畑さんは無事
女の子を出産しました。

名前は 花菜子ちゃん。

親戚がみんなで
名前の候補を出し合った中から

見た目のとおり
かわいらしいものが選ばれました。

産まれてから2日後 先天性風疹症候群で
あるかどうかの検査が行われました。

結果は…

上の2人のお姉さんと同じように
大切に育てられた花菜子さん。

しかし 難聴であることは
生活に少なからぬ影響を及ぼします。

大畑さんは 音が聞き取りにくくても
会話がスムーズにできるようにと

唇をよく見て相手と話をするように
花菜子さんに教えました。

現在は 21歳の大学4年生。

バンドサークルで
ギターを担当するなど

元気に大学生活を送っています。

自らの経験をもとにして

先天性風疹症候群の子どもを持つ人たちの
支援活動を続けている大畑さん。

しかし 今もどこかで 22年前のことが
心残りになっていると言います。

そっかぁ…。
ご協力を頂きまして

つらいお話もして頂きました。
(笑瓶)そうですね~。

やっぱり アメリカが

日本には 今の状態では行かないように
というふうに

妊婦さんたちに勧告をしているという…。

そうですね。 やっぱり
今 協力して頂いたお母さんは

その時 決断を…
まあ 産むという決断をされて

今 すくすくと育って 人生を楽しんで
生活されてますけれども 娘さんも。

もしかしたら…

…を妊婦さんが背負うわけですもんね。

実は 妊娠の初期に風疹にかかると
より危険と言われていまして。

妊娠したら 妊婦さんが ずっと家に
閉じ籠もってるわけにもいかないので。

特に 上の子どもとかが いたら
お外に行って遊ばせたりとかすると…

そうですよね
飛まつ感染するわけですからね。

せき くしゃみ
いろんなもので感染するところに…。

(大島)自分が気をつけてても
しょうがないですもんね 外は。

ああ あちらの方には
旦那さん宛てに来たらしい…。

(笑瓶)男性の方でしょ…?
ええ。

あれ? ちょっとなんか
違う感じしませんか…?

(大島)妊婦は女性ですもんね。
(笑瓶)女性でね…。

いやいやいや… だから
ひょっとすると あちらのおうちは

とりあえず旦那さんに来たり
あちらのおうちでは

いわゆる奥さんに来たりって
するのかもしれませんし

別に たまたま…。
主人だけ。

(笑い)

(坂下)まさか まさか!
(笑瓶)ありえないでしょ?

ねえ?
そこです。

妊婦さんに届くのか それとも

今 旦那さんって… なぜ男性に
届くのか よく分かりませんが

とりあえず 届いた方々の
街頭インタビューを試みまして。

クーポン券 持ってる方々は
いないかと 街頭で探して

「持ってます」と おっしゃった方々
こんな方たちでした。

分かる気がする。

いろんなリアクションが
ありましたけども…

ああ! ほんとだ…。
そうですね。

そうなんです。
(大島 坂下)えぇっ!

だから それは そういう意図を持って
男性に送って

検査を受けてもらうという状況の
文になってるわけですか?

そうです。 抗体検査という これの

上半分を拡大したのが これです。

抗体検査を受けて下さいと
言っているんです。

抗体というのは その病気の
ウイルスがやって来ても

自分の体が抵抗して

やっつけてくれるという
免疫のシステムです。

でも… 届きましたか?

いや… 僕はチェックしてないんで
届いてるかもしれません。

だから家帰って 今 調べないと
いけないなとは思いますけれども。

でも… まあ…

郵便物は こんなん届いてるよって。

だから届いていないんじゃないかと
思いますが。

(笑い)
(大島)教えてくれてないかも。

(笑い)

郵便物にとっては
大切な郵便物であれば

これは あんたに届いてるよ
みたいなことは教えてくれますから。

(坂下)確かに 私もうっすら 旦那さんに
届いてたような気が… 何となく…。

何となく… 思い出しました?

…と思って さっきから。

でも…

私のところには届いてないことは
確認しました。

さあ一体 届く人と届かない人の差は…
といいますか

条件の違いは何でしょうか?

届いた方は こういう人たちです。

(笑瓶)やっぱり男性のみ。
(大島)男性だけなんだ。 なんで~?

しかも…。

先ほど 手をお挙げ頂いた…。

(笑瓶)入ってる!
この間に入ってらっしゃいます。

つまりは 私も師匠も
入っていま… せん…。

(笑い)

抗体検査。 女性の方々には行っていない。

男性の この方々に

クーポン券が行っている。

なぜ この人たちに抗体検査を
頼まなければならないのか。

いよいよ それの解明が行われる

重要なグラフを
これからご覧頂くんですけど。

では 男性のデータ 世代別です。

ここが 90%。

面白いこの曲線 ご覧下さい。
(笑瓶)何ですか これ。

ちょっと その 今 90のところで
横線を引きました。

その下をご覧下さい。
一体 何歳ぐらいから始まって

何歳ぐらいまでで上がっているでしょう?
(笑瓶)あっ!

通知が届いた…。
通知が来る人たちは

ここの方々なんだろう
ってことが 今 言えます。

でも女性にだって 来ればいいじゃないか。
不安な人もいるんだからって。

女性で見てみましょう。
女性の抗体保有率です。

(笑瓶)うわっ!
(大島)あ~ 高~い!

(笑瓶)すごい!
(大島)優秀!

女性は 全世代で90%を超えています。

へえ~!                      えぇ~!
えっ?

何ですか? これは。

(笑瓶)要らない?
要らないってことなんですよ。

基本的には 女性の皆さんは
もう抗体を持っていらっしゃるという

きちんとしたデータが出てるので

そこへ わざわざ また抗体検査をして
どうのこうの… よりも

抗体のないであろう方々に これを…
というので すごいですよ。

(大島)えぇ~!
(笑瓶)かかりますよね。 130億円。

そんなに大事なことなんだ。

大事なことなんですけど 本当は だから
全部にしてあげたいことなんですけど

ここだけでも 130億。

(大島)そんな かかっちゃうんだ~。
かかるんですよ。

(笑瓶)これは あれですか?

それとも…

この質問をね して頂けるんでしたら

あの記事は
やっぱり見たほうがいいですね。

こちらはですね 1977年の新聞記事です。

(大島)へえ~ 中学生… 女子。

未来のお母さんにワクチンを
ということで…。

こういう時があったんですね。
こっから始まったという。

基本的に 女性にはず~っと
予防接種が続いています。

(笑瓶)なるほど。
とにかく

ワクチンの接種は
ず~っと続いているので

90%以上を
ず~っと守り続けているので

今回の このクーポンの送付とは
関係はない。

いよいよ ここからです。

ここから どうして この方々にクーポンが
行くことになったのかの理由と

そして そこには
いろんな考え方があります。

その考え方も含めて…。
はい ご覧頂きましょう。

日本の風疹ワクチンの歴史に
詳しい人物がいます。

元厚生労働省研究班のメンバーで
風疹ワクチンの開発に携わっていた

医師の…

こんにちは。 宮崎といいます。
よろしくお願いします。

なぜ中学生の女子だけに
ワクチンが打たれたのか。

その経緯を知るための資料を
宮崎さんは 大切に保管しています。

日本で初めて風疹ワクチンの接種が
検討されたのは 1960年代のこと。

当時 沖縄で風疹が大流行し

胎児に影響が出るケースが
相次いだことが きっかけでした。

すぐさま国は
風疹ワクチンの開発に着手し 成功。

最大の議論となったのは…

流行そのものを抑え込もうという考え方。

こういう2つの方法があって…

A案の場合

子どもたちが大人になった時の

リスクを減らすことができます。

しかし
今まさに妊娠の可能性がある女性を

直接 守ることはできません。

また ワクチンの数にも限りがありました。

そこで選ばれた結論は B案。

思春期の女の子
つまり中学生の女子を対象として

接種が開始されることになったのです。

中学生の女子だけが接種するという
この基本方針は

1995年まで続けられました。

ちなみに 当時 女子中学生だった
皆さんに伺うと…。

覚えている方も結構いらっしゃいました。

この「女子中学生にのみワクチンを打つ」
という国の方針は 18年間続きました。

だから その間に
中学時代を過ごした元男子

つまり現在40歳から57歳の男性は

ワクチンを打っておらず
抗体を持っていない人が多いんです。

(大島)あ~ なるほど~。
へえ~。

そういう歴史があったんですって。

小さい時に男女みんな打っちゃえば
いいじゃんと思ってたんですけど

数に限りがあるんですね。
そうなんです。

(坂下)がっつり
あの年代に入ってたんですけど…

ないですよね~。
集団接種してたんだなと思って。

いろんなもの
打ってたからね。

何 打ってんだか 全く分かんないよね。
(笑瓶)子どもだから分かってない。

(坂下)注射は注射っていうね…。
(笑瓶)嫌なことね…。

俺たちにとっては一緒なんだよ。
「注射」なんだよね。  そう 注射なんです。

でも へこんでいるのは分かりましたけど
なんで今更 あの へこんでるところを

上げようとするんだと思いますか?

オリンピックですか?
はいはいはい…。

いっぱい来て頂くのに…

男性が風疹をかかってて
唾を飛ばしてしまってたら

その方々が やっぱり感染して
大変なことになりますから。

でも ほんとに
誤解を恐れずに言いますけど

こう見ると 一応 80%はあるじゃん…。

だって これだって 100%じゃないじゃん
っていうことで考えていけば

これを ちょっと上げることが
どういうふうになっていくか。

これからですね
厚生労働省の資料にも使われている

ある図式を使ってご説明いたします。

抗体保有率80%の社会というのは
こんな社会です。

80%ということは…

では そこに 風疹に感染している人が
現れたとします。

そして 抗体のない人と接触すると
飛まつで感染します。

そうすると この人は また近くにいる人と
接触しますので 感染します。

近くにいる人と感染します。
感染します… と。

こうして起きるのが 感染拡大です。

ここに妊婦さん。

確かに女性は 90%を超える人たちが
ワクチンを打っています。

でも そのワクチンによって
できる抗体は

時間の経過によって弱まったり

そして あるいは
たまたま予防注射の日に

風邪をひいて学校を休んでいたりして
受けていなかったり。

そして 先ほどから
よく出てきているように

はしかに かかったのを
風疹にかかったんだと思い込んでいて

「私 風疹やってますんで」と
断ってしまっていたり。

そんな妊婦さんに接触してしまうと

妊婦さんだけではなく
胎児まで風疹にかかってしまうんです。

さあ これ 80%です。
80%の時の この理論が

「90%」という 今日のキーワードの一つ

というよりは 一番大事なキーワードです。

90%抗体保有率というふうに
もし日本がなったら どうなるか。

抗体保有率90%の社会というのは…

…という社会です。 そして そこに

風疹にかかった人が
同じようにやって来た状態をつくります。

すると この人と接触した人は
確かに抗体を持っていなかったので

感染してしまいます。

でも この人の周りには
抗体を持っている人がいます。

そうすると
この人たちには広がらないので

感染は 1人ないし2人で抑えられる。

(大島)はぁ~。
(笑瓶)はっはぁ~。

だから感染拡大は起きないという
理論的な考え方ですけども

統計などからも裏付けられています。

これの最もすごいことは
90%を超えると

周りに免疫のある人たちが
いるっていう意味で言うと

何か特別な言葉があるそうですね。

社会の集団免疫。
社会の集団免疫というのがあって

だから 感染していかない…。
みんなで 持ってる人たちのおかげで…。

そうです。 抗体を持っている人が…

人間の盾となれるんです。
(笑瓶)なるほど。

90%にするために あの行政からの
通知があるということですか。

だって80%と全然 広がり方
違いますもんね。

ここまで お伝えしてまいりましたが
最後に専門家の先生にまとめて頂いて

皆さんが どうお考えになるかの
結論に向けて お聞き下さい。

川崎市健康安全研究所 所長で
風疹のワクチン行政に詳しい

岡部信彦さんです。
(拍手)

(拍手)

どうも よろしくお願いいたします。

今日 後ろに 今日のポイントを
ずっと掲げてるんですけども

この最後に出ました 「90%」。

やっぱり これは ぜひ目指したほうがよい
パーセンテージでは あるという…?

そうですね。

問題は この…

(岡部)会社に行って忙しいとかですね

いろんな理由で
この人たちが なかなか行かないので

クーポン券を使って
少しでも これを底上げして。

底上げしていけば
全体が守られるだろうと。

そうすると 自分たちの国の中でも
風疹はなくなって

そうすれば アメリカにも
アメリカ以外の国にも

日本は大丈夫な国ですよと
堂々と言えると思うんです。

抗体検査に。
(大島)行ってほしい。

送られてくるクーポンの
上半分をご紹介しましたけど

まず抗体検査をやります。
そうですね。

抗体検査は 血液検査をやって
有る無しが分かります。

検査を受けて 有る無しで
下のものに関わってきますけど

ちょっとご説明頂けますか。

本当はですね 全員に何にも言わないで
ワクチンだけポンと打ってしまえば

これは 面倒はないんですね。

でも やっぱり8割方の人は
持ってるんだとすると…

(大島)ああ そうか。
これ 使っちゃうと

ほんとの子どもたちに行く分が
なくなっちゃうと いけないので

ここはちょっと 抗体検査を受けて
必要な方だけにワクチンを接種する。

ただ いちいち行くのは大変なので

今 企業の方や何かには
お願いをしてるんですけれども

検診の時にですね
一緒に そのクーポンを持ってって

風疹の検査をやって頂く。
(大島)あ~ そうか 行きますもんね。

それから かばんの中に入れて

クーポン券を持ってるって方が
おられましたけれども

あのクーポン券は 例えば
東京で検査をして 北海道で

転勤になったから
向こうに持ってって… っていうのも

可能になってきています。
(大島 坂下)へえ~!

ワクチン 実物…。

やっぱり先生 打ったからといっても
抗体が多く残る方

それから
早く抗体の力がなくなってしまう方

個人差はやっぱり いっぱいある…?

大体1回ワクチンを接種すると…

でも そのあとの刺激によって だんだん
だんだん落ちちゃう方がいるから

一応 念のために2回っていうのが
あるんですけれども

基本的には先ほどのグラフにあったような
男性の方 スッと持ち上げるのは

1回で持ち上がってくるはずなので。

かなりの方が これに…
利用して頂ければ

日本の中から 先天風疹症候群って
子どもさんは もう出ない。

これが最後の目標ですね。

(笑瓶)すいませんけど…

そういう抗体検査とか
予防接種のクーポンが使える…。

はい 全ての医療機関が
その検査をしたりですね

そういうことは
できるわけではないので…。

(笑瓶)町の医院とかは
やっぱり使えなかったりするんですか?

町の医院の方でも 得意な内科の先生
小児科の先生とかですね。

そういうリストは
例えば保健所であるとか

自治体であるとか
あるいは 医師会とかですね

ホームページでも出てるので
そういったようなところを見て頂く。

クーポンなんかの対象でない私たちが
自分は知りたいと思った時には…

小児科に行かれれば…。

(岡部)どうぞ どうぞ。
(大島)えぇ~!

小児科へ…。 でも小児科へ行くと多分…。

(笑い)
行く顔じゃないんですけど…。

師匠なんか行くとね…

(笑い)

そういうことになって
そういう扱いになりますから

気をつけないと!
小児科はね やっぱり。

電話してから行ったほうが
いいでしょうね。

(大島)びっくりしちゃうかも。
そこは 確実にしたほうが いいですね。

ほんとに よく分かりましたのは
こういうシステム

こういうところにお金が… とか
クーポンが… とか ご協力下さいとか

なんか 個人のことなのにと
思っていたら

これが早い話が個人のことだけじゃなくて
やっぱり国のこと。

日本はきちんと それをやってるから
こういうことが できたんだということ。

でも分かってるだけじゃなくって

それの対策をとらないと
いけないと思うんですね。

その対策は やりましょうって
言ってるだけじゃなくて やっぱり

やって下さらないといけないので。

その やるのは 個人個人の病気を
防ぐんじゃなくて

我々の次の世代ですよね。 子どもたちを
何とかしようっていうのが

一番の思いですね。

どうお考えになるかは
ほんとに ご覧になった皆様方で

さっきのグラフが
どのように動いていくか

できれば いい形に動いてってくれれば
いいなという思いで

今日 お届けをいたしました。

いろいろ教えて頂きまして
どうも ありがとうございました。

(拍手)

どうもありがとうございました。

はい 何でしょう?

(笑い)

(笑瓶)気になって気になって。
それ めくって頂かないと。

(大島)最後に「これ 大事です」みたいな…。

(笑瓶)どう…? どう…?
何を… 何… 師匠…。

そういうことなんですけれども
でも では 最後にこれを…。   (笑い)

(笑瓶)やっぱり!
(大島)きっかけ! 忘れてたとは!

忘れてた…。 忘れてました。
(笑瓶)忘れてた?

ありがとうございます。
じゃあ めくらせて頂きます。

「妊娠初期の妊婦が風疹にかかると

出生児が心疾患 難聴 白内障等を
発症することがあるため注意が必要です」。

(笑瓶)なるほど。

大事なとこです。 うん 大事!

(坂下)一番 そこ 大事。

今日は…

そうでしたね! (笑い)

もう一度 ほんとに…。

(笑い)

とっても大事な風疹検査のクーポン券。
実際 どうやって使ったらいいのか。

今回 番組を担当したディレクターが
自分に届いたクーポンを使って…

こんにちは。
こんにちは。

はい かしこまりました。

ありがとうございます。

必要なものは クーポン券と
住所が分かる本人確認書類のみ。

まずは 簡単な問診票に記入。

ちなみに…

仕事が忙しい方は
職場の近くの病院を探してみて下さい。

今回かかった時間は 僅か10分。

検査の結果は1週間ほどで出るので
もう一度 病院に行って下さい。

必要な方には
その場でワクチンの接種が行われます。

試してみたら 意外と簡単。
届いたクーポン券は ぜひご活用を。

実は このクーポン
段階を踏んで送付されています。

自治体に頼むと送ってくれる場合も
あるとのことなのでお問い合わせを。

また今回のクーポンの対象ではなくても

気になる人は
病院で抗体検査が受けられます。

妊娠を予定している方などに対し

費用の一部を助成している
自治体もあるので

こちらも問い合わせてみて下さい!

そもそも風疹は 子どもの病気
というイメージが強い病気。

でも感染の拡大を防ぐには大人の私たちが
大切な役割を担っているんですね。

そして もう一つ。 子どもの病気という
イメージが強いけど

今 大人の方にこそ知ってもらいたい
感染症があるんです。

それは…

1歳から3歳までの子どもを対象に
ワクチンを2回打つことで

水ぼうそうになる子どもは
今 とっても少なくなりました。

しかし その結果 大人の私たちに…

こちら…

息子の盛之将くんと盛志朗くんは

2人ともワクチンを打っているため
水ぼうそうには かかっていません。

でも お母さんの彩華さんは 昨年…

その時の写真を見せて頂きました。

背中に激痛が走ったといいます。

この病気は…

ある日突然 背中や おなか 頭などに
発疹ができ

激しい痛みや かゆみを伴う病気です。

子どもの頃にかかった
水ぼうそうのウイルスは

死滅せずに神経の中に潜み続けています。

そのウイルスが ある日突然
神経から飛び出して

皮膚の表面に現れ 悪さをするんです。

この帯状疱疹と
水ぼうそうのワクチン接種の間には

深い関係があるといいます。

宮崎県日南市の皮膚科医…

これまで…

しかし 外山先生が独自に調べた
データによると 最近になって

20代から40代までの若い患者さんが
増えてきているというんです。

子どものワクチン接種が始まる前は
今よりも 子育て世代の大人が

水ぼうそうのウイルスに接触する確率が
高かったと考えられます。

大人の体内にウイルスが入ると
免疫が活性化。

帯状疱疹の発症を防ぐことができます。
これを…

しかし 子どもが
水ぼうそうに ならなくなると

ウイルスと接する機会が減少。

その結果 ブースター効果が
得られにくくなったため

若い世代で帯状疱疹になる人が
増えてきていると考えられるんです。

帯状疱疹は 早めの治療が肝心。

ほっておくと 痛みが長引く
「慢性痛」になる おそれもあります。

お年寄りの病気と思い込まず
痛みや かゆみを感じたら

早めに皮膚科を受診することを
おすすめします!

それでは 次回も…!

(一同)ガッテン!

さあ 始まりました。
「お風呂いただきます」。


関連記事