秘密のケンミンSHOW 茨城ヤンキー伝説!北海道と沖縄そっくり・香川熱愛!讃岐うどん…ぬるい?おでんが定番?…



出典:『秘密のケンミンSHOW2時間SP!香川讃岐うどんを徹底調査!茨城ヤンキー』の番組情報(EPGから引用)


秘密のケンミンSHOW2時間SP!香川讃岐うどんを徹底調査!茨城ヤンキー[字][デ]


香川熱愛!讃岐うどんを徹底調査!ぬるい!?おでんが定番!?衝撃新事実が明らかに!▽新潟の「日本一うまいトコロテン」▽茨城ヤンキー伝説!▽北海道と沖縄そっくり


詳細情報

出演者1

【司会】

みのもんた

久本雅美

【出演】

西川きよし[大阪]

出演者2

【ゲスト】

伊吹吾郎[北海道]

内藤大助[北海道]

磯山さやか[茨城]

デーブ大久保[茨城]

土田晃之[埼玉]

中澤佑二[埼玉]

小林幸子[新潟]

柴田理恵[富山]

勝俣州和[静岡]

北原里英[愛知]

藤本敏史(FUJIWARA)[大阪]

岡本玲[和歌山]

次長課長[岡山]

中野美奈子[香川]

松本明子[香川]

ガレッジセール[沖縄]

具志堅用高[沖縄]

番組内容

ケンミンのケンミンによるケンミンのための赤裸々「カミングアウトバラエティー!!」▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!

制作

ytv

番組ホームページ

●番組HP

https://stg.ytv.co.jp/kenmin show/



『秘密のケンミンSHOW2時間SP!香川讃岐うどんを徹底調査!茨城ヤンキー』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

秘密のケンミンSHOW 茨城ヤンキー伝説!北海道と沖縄そっくり
  1. スタッフ
  2. 勝俣
  3. ホント
  4. 一同
  5. ダシ
  6. 拍手
  7. 北海道
  8. 日本一
  9. 松本
  10. ゴリ
  11. 沖縄
  12. 県民
  13. 讃岐
  14. 小林
  15. お願い
  16. お店
  17. ハハハ
  18. マジ
  19. ヤンキー
  20. 一方


『秘密のケンミンSHOW2時間SP!香川讃岐うどんを徹底調査!茨城ヤンキー』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓読売テレビ関連商品


<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための

赤裸々
カミングアウトバラエティ!!>

(拍手)

(みの)
さあ お待たせ致しました。

2時間スペシャルで
カミングアウトのお時間で~す!

(久本)
今夜も日本を代表する

主要県民の
皆さんでございま~す!
(拍手)

(拍手)

ようこそでございま~す!
(拍手)

さあ 始めてまいりましょう!

まずは 初登場でございます。

元サッカー日本代表の
中澤佑二さんは 埼玉県民!

(中澤)よろしくお願いしま~す!
お願いしま~す。
(拍手)

え~っと…。

お~ 出た~!
(拍手)

はい。で 以前 番組でも
紹介されていましたが…。

(土田)ありません。
よろしくお願いします。

(勝俣)それしか!?
はい。それしか ありません。

無茶苦茶かっこいいですよ!

無茶苦茶かっこいい。

ホントに もう。

ありがとうございます。
ありがとうございま~す。
(笑い)

さあ 同じく初登場でございます。

フリーアナウンサーの
中野美奈子ちゃんは 香川県民!

≪あら!≫
(中野)よろしくお願いしま~す。
(拍手)

はい…。

以前 番組でも
紹介したんですけれども…。

あった!あった!

もう 美奈子ちゃん
シンガポールに ずっと

お住まいだったんですけども
今 もう 戻ってきたね~!

ありがとうございます。
よろしくお願いします。

ええ そうですよ。

ええ どう…何?何 狙いですか?
(笑い)

何?MC2人 おかしくない?
さあ まずは 県民の真実から。

今夜も出るぞ~!

<…と
意外な うどん王国を紹介し

他県民の目を
くぎ付けにしてきたが…>

<実は…>

<それは
自他共に認める うどん県…>

<データを見てみても 香川県は

うどんの生産量が

ダントツで日本一!>

<うどんの支出金額も

もちろん 日本一!>

<そして 1万人あたりの
うどん店舗数も

やっぱり 日本一!>

<さらに 香川県民の愛読紙
四国新聞では

平成10大ニュースの
堂々 第1位に

なんと 「うどんブーム」が
選ばれるなど

令和を迎えても
超うどん推しの

まごうことなき うどん県!>

<かねてからの
讃岐うどんブームで

その名は
全国的にも知れ渡ってはいるが

本家本元の…>

<早速 現地 香川に飛び
調査開始!>

うん。
(スタッフ)1回に?

はい。
(スタッフ)えっ!?

どうなんすか?

多分ね。
(スタッフ)そうなんですか。

(スタッフ)週7!?
はい。

(スタッフ)うどん屋さんが?
はい。

そら もう…。

なんか その…。

うどんは飲むもんやな。

(スタッフ)初!

何も触れられて…。

「一鶴」とかじゃない?

聞いた事あります。

<香川県民 アツいアツいとは
思っていたが

ここまで激アツとは!>

<そこで…>

<まずは 高松駅に行き

岡山から瀬戸大橋を渡って

マリンライナーが
到着したホームの ちょっと先に

おっと いきなり 駅そばならぬ
駅讃岐うどんが お出迎え>

<続いて 高松の中心街

南新町商店街に
行ってみると

おぉ!既に行列中の

気になる名前の
うどん屋さんを発見!>

<さらに そこから
ちょっと歩いた先にも

これまた うどん屋さん!>

<そして
信号を渡って すぐ先に

またもや うどん屋さん!>

<その目と鼻の先の こちらも

うどん屋さん!>

<なんと
半径100m以内の範囲に

うどん屋さんが
超密集していた!>

<さらに うどん県の本丸
香川県庁を訪れ

食堂にお邪魔してみると

やっぱり さすがは うどん県!>

<なんと うどんだけで 実に

13種類ものメニューが
ラインナップ!>

<実は 日本一面積が小さい県
香川県には なんと

およそ600軒もの うどん店が
ひしめき合っているのだ!>

<続いて 中野美奈子さんの
故郷 丸亀市へ>

<高松に次ぐ
県第二の都市のはずだが…>

<真っ昼間から 人っ子ひとり
見当たらないぞ>

<この先 大丈夫か?
と不安になりつつ

情報をもとに
地元の人気うどん店

「なかむら」さんに
行ってみると…

おぉ!長蛇の列!>

<こんなに人がいたのか>

<店内は 腹ペコ香川県民と
観光客で大混雑!>

<まずは 注文の様子を観察>

<…と出てきたのは

ん?なんだ!?>

<具は おろか つゆすら無い

ただの茹でたうどん>

<すると 県民が
うどん片手に向かった先は

えっ!>

<そして お店に
一切 許可を取ることもなく

湯がき始めたではないか!>

<慣れた手つきで
チャッチャと湯を切ったら

再び 丼へリターン>

えっ?

<讃岐ダンディー
そのまま 代金を支払うと

なぜか 店の奥に向かった>

<すると 広々とした
飲食スペースが出現!>

<そして 何だ?>

<うどんに かけるダシも
タンクからセルフで投入!>

そうですね。

<続けて お父さん

ネギ 天かす
すりおろし生姜を

好き勝手にトッピングしたら

ようやく着席>

<そして
待ってましたとばかりに

一気に かけうどんの小を
すすり込んだ!>

≪まず…≫

(スタッフ)コシがないわけではない?

<こちらの 讃岐お兄さんは

セルフで天ぷらをトッピング>

<と そこへ注いだのは…>

<すると 讃岐お兄さん

勢いよく 冷やかけの麺を
飲むように すすり上げると

衣にダシがしみた
ちくわの天ぷらを

パクリと ご堪能>

<ここで 改めて なかむらさんの
メニューを見てみると…

我々が知る 讃岐うどんの代名詞
ぶっかけうどんや

釜玉うどんなども
オンメニューされてはいるが

なぜか 多くの県民が
ダシの熱い冷たいを問わず

さっきから
かけうどんばかり食べているぞ>

一番…。

ええわけ。

<何!?>

<さらっと…>

<さらに よくよく見てみると

やはり 県民達は
一気に うどんをすすり上げ

ほとんど噛まずに
食べているようだ>

食べるよ。

もう 何回も噛んどるやん。
ハハハ…。

<そんな なかむらさんの
うどんはというと

しっかり手打ちし
コシを出した生地を

讃岐うどんにしては かなり細めに
裁断することによって

やわらかさと 伸びやかなコシが
両立した 独自の食感に>

<ダシはサバ節と うるめイワシの
ダブルの旨みに

淡口醤油で味付け>

<あとは自分のさじ加減で
うどんに たっぷり注げば

県民熱愛 何と1杯220円という

かけうどんの完成>

<続いて もう1軒
丸亀市内で絶大な人気を誇る

うどん店
よしやさんに行ってみると

おぉ!何と開店前の午前7時に
すごい行列が>

<開店と同時に店内は

腹ペコ香川県民で
満席状態に>

<こちらでも県民達は
朝から結構な量の

かけうどんを 夢中で
ぐいぐいとすすっている>

<続いて こちらの
讃岐ダンディーは…>

<暑い時期に あえての
熱いかけうどんを ご堪能>

<さらに もう1人の
讃岐ダンディーは…>

(スタッフ)ぬるい?
ぬるい。

<ぬるいうどんとは

冷たく締めたうどんを
温め直さずに

温かいダシをかけるため
冷や熱とも呼ばれる

県民にはスタンダードな食べ方>

<讃岐ダンディー
ベストパートナーの

ちくわの天ぷらを頬張り
ぬるいおダシとマリアージュ>

<こちら よしやさんは
香川でも珍しいという

手打ち手切りのお店>

<手切りゆえの不均一な太麺が

香川産の
いりこたっぷりのダシと

しっかり絡むのだという>

<さらに こちらの県民が

うどんと共に運んできたのは…>

<さらに こちらの県民が
うどんと共に

運んできたのは 何だ?>

<実は香川県の
うどん屋さんには

うどんダシで作る
おでんを置いているお店が多く

うどんのお供として
甘辛い味噌ダレでいただくのが

県民スタンダードなのだ>

<と ここで県民から
聞き捨てならない…>

(スタッフ)えっ?

(スタッフ)山ん中に?

(スタッフ)そうなんですか?へぇ~。

<そこで 山の中の おいしい
うどん屋さんを求めて

高松駅を出発>

<車を走らせること20分程。

辺りは一気に
のどかな田園風景に>

<さらに どんどん
山道を進んで行くと

地元の人しか通らなそうな
農道へ>

<少々 不安を覚え始めた
その時!

草むらの中に 寂れた…いや

年季の入った…>

<曲がりくねった道を進むと
そこに現れたのは

趣たっぷりの一軒家に
またもや行列>

<のれんをくぐると
店内は

県内外のうどんフリークで
大盛況!>

<実はこちら 薪で焚いた
たっぷりのお湯で茹でる

モッチモチの激ウマうどんが
いただける人気店>

<そんな うどんを目当てに
はるばる来た お客さん達は

一心不乱に うどんを
ズルズルと すすっている>

<さらに我々は…>

<すると こちらの
民家風の建物にも

おっと!またもや行列>

<店内に潜入してみると

客席と言うには心もとない
机の横で おぉ!

思いっきり麺を打っているぞ>

<実は こちら三嶋製麺所さんは

あくまでも
うどんの卸売りがメイン>

<そのため…>

<選べるのは うどんの温度だけ>

<ちなみに うどんだけなので
超リーズナブルプライス>

<トッピングは
かろうじてあるが

ダシはなく
醤油を ぶっかけるのみ>

<お好みで お値打ちたまごを
トッピング>

<メニューは実に素朴だが

打ちたて茹でたての麺を
味わえることと

その のどかな風情で
人気を博しているのだ>

<さらに こちらの
県立高松工芸高校に

行ってみると
お昼時の学食に

こちらも出ました 大行列>

<と 人だかりの その先に
げげっ!

なんと 生徒自ら
うどんを湯がいていた>

<すごいぞ!うどん県>

<さらに さらに
高松市内にある

由緒ある
こちらの神社へ伺い

厳かな気持ちで
境内を進んで行くと

社務所のような建物に
なに!ここでも うどん!?>

<しかも 150円?>

<中へと入ってみると
何と参拝客が

うどんを求めて超満員!

まさかの神前でも うどんだった>

<さぬきうどんの
歴史に詳しい

吉原さんに話を聞いた>

<さらに…>

<さらに 午前1時過ぎ

高松市にある歓楽街を
パトロールしていると

深夜にもかかわらず おぉ!

店先に またも行列発見!>

<ちょいと失礼すると 店内は

ほろ酔い讃岐ビジネスマン達で
大盛況>

<すると…>

<まさかの深夜1時に
シメのカレーうどん。

ちょっとヘビーじゃないの?
という我々の思いをよそに

ほろ酔い讃岐ビジネスマン達は
揃いも揃って

カレーうどんを すすっている>

<そして…>

<早朝5時開店だという

こちらの
お店に行ってみると

おぉ!何と早起き香川県民が

朝から勢いよく
うどんをすすっていた>

<おいおい 一体どこまで
うどん好きなんだ>

(スタッフ)もちろん そうです。え~!

(スタッフ)あっ マラソンに行く。

(スタッフ)ハハハ…そうですか。
はい。

(拍手)
朝の5時から うどんだよ。
はい。

一日中ですから。
やっぱ かけが最強なんですかね?

やっぱり…。

(松本)そうね。
なるほどね。ぬるいうどん

冷や熱っていうのが あるんだ?

いや やっぱり…。

へぇ~。

なるほど。やっぱりセルフの店も
美奈子さん 多いんですか?

もうセルフの店が
ほとんどっていうか…。

なんですけど やっぱり…。

うん そうだな。

そうだね。緊張するな~。
(笑い)

いや でもやっぱり あれか。

食べないですね。

なるほど。あと驚いたのは
やっぱり みんな…。

なんか あの…。

(笑い)
あ~もう ないんだ。
ゴクンと。

よしやにいた あの…。
いとこ いたの?

ぬるいうどん これ。
この方?

(一同)エーッ!
マジで?

ホンマ?

≪そっくりです≫
≪そっくり≫
え~そうなの?

≪髪形が似てる≫

要するに みんな食べてんだね。

驚きですけど。
どうです?小林さん。

(小林)いや 私もホントに…。

マジすか?
いや ホントに。

噛みますか。
(小林)私も…。

多いですね。
すごい多いですよね。
ホントに おいしい。

中澤さんは さぬきうどんを
お食べになったことは?

え~っと…。

どうですか?
はい。なので まあ すごく…。

いやいやいや!

(笑い)

(藤本)
僕ね あの~Vの中 出てきた…。

あっ 行った?

え~すごい!

お二人ね…。

すいません。
(笑い)

(西川)やっぱ 香川行ったら…。

(一同)エーッ!
贅沢!

贅沢な。

憧れますよ それホンマにね。

なるほど ちょっと すいません…。

(笑い)

さあ さやかちゃん
いかがですか?

場所な。

あるある!
(磯山)ね?ね?

(笑い)

具志堅さん いかがですか~?
(具志堅)あっ!

うどん。

すごいな~。
今 みんな 若い人 そうですよ。

エネルギーになるんだ。
(河本)消化いいんですかね。

消化いいしね。
そうなんですよ。

そうね そう。

(笑い)
(松本)ちょっと…ちょっと~。

(笑い)
すごいな~。

<香川県民熱愛
讃岐うどん 大試食会!>

<香川県民熱愛の讃岐うどん>

<今回は…>

おつゆが あったかいの?
はい。

(麺をすする音)
おつゆも うまいんだよな~。

(勝俣)噛んでください ちゃんと。

大丈夫っすか?どうですか?

どう?あ いいね 気持ちがいい。

食べっぷりが…
食べっぷりが気持ちがいいや。

(勝俣)止まんないっすね。
どうですか?

あの 逆に…。

(勝俣)え~?
あ~。

うまい!きました。
なんか のどが

うどんが口に入る瞬間に
のどが開きます。

ツルツル ガーッと
いっちゃうんだ。

ハマってる?
ハマって…はい。やっぱり…。

あ~ ちくわ天いいですね~
大好き ちくわ天。

(勝俣)止まんないや。
もう 止まんない。

う~まっ!

うん わかる わかる。
でも ダシに ちょっと

油が浮いちゃうんで
私は入れないんですけど。

ちくわがね~。
甘い。

さあ じゃあ 私達も
いただきましょ~う!
(一同)いただきま~す。

いや もう 大好きだ これ。
≪これが かけうどんだね≫

≪かけうどん≫
≪かけうどん 定番の≫

(松本)シンプル。
≪おいしい≫

うまい!
(松本)もう ファーストフードですね
香川の人にね。

≪全部 飲みたくなる気持ちが
わかります≫
(松本)そうですね ダシね

全部ね 飲みたくなりますね。
シンプル。

≪おいしい≫
う~ん。

≪味が付いてる…≫

(中野)よしやさんは ホントに
この いりこの

かけのダシが
最高に おいしいと思います。

(小林)ツルっと入る。
≪風味と香りが≫

(北原)あ!

(岡本)めっちゃ おいしいです。

(中野)浸しても おいしい。
(松本)ちょっと浸しても。

ね うまいね。

あ~ そうか~。

(一同)エーッ!

中澤さ~ん。
(中澤)ちょっと…。

さすが日本代表!
20年ぶりの ちくわ天!

(松本)20年ぶり。
どうっすか?

ヤッター!
(勝俣)おいしいでしょ?

よかった~。

(笑い)
(勝俣)よく我慢できてたね。

(伊吹)まあ これ 薄く…このね…。

はい しっかりした味が。

(伊吹)これまた乙なもんだね。

いや もう…。

(笑い)

ちょっ ちょっと…。

うどんって。

先ほど 具志堅さんも
言いましたけど…。

は~ やっぱり…。

でもね おいしくいただいて
よかったですね。20年ぶりに。
はい ありがとうございます。

(デーブ大久保)僕は…。

(笑い)
そういうとこなのよ。

見てください もう…。

(笑い)

そうなのよ。

岡本 玲ちゃん どうですか?

よかった~。
おいしかった。

(北原)ちくわの…。

あ~ そうだよね~。

(笑い)

≪危ない≫

でも あれだね…。

(笑い)

ホントだよね。返すから。

<もうすぐ…>

<国内旅行を楽しむなら
やっぱり

南国のスーパーリゾート…>

<いやいや 今年は涼しく
北のグレートネイチャー

北海道も はずしがたい>

<そんな日本が誇る
2大人気観光地に

この12年 両県を
取材しまくってきた我々は

実は うっすら ある…>

<そう!>

<日本の最北端と最南端
距離にして 実に…>

<本来…>

<そういえば…>

<北海道では夏になると…>

<テンションマックス!>

<ビールをガンガンあおる
道産子達の

熱狂ぶりを紹介したが…>

<一方 沖縄でも
今度はビーチサイドで

道産子同様 ウチナンチュが
ビール片手に絶好調!>

<ビアガーデンよろしく
ビーチパーティーをエンジョイするなど

おや?確かに…>

<さらに 北海道の…>

<しかも ご祝儀袋は
一切 登場せず

なぜか キャッシュで支払う
会費制がスタンダード>

<一方の沖縄も
北海道に負けじと

会場は 超パンパン!>

<新郎新婦そっちのけで…>

<お互い…>

<ちなみに…>

<意外や意外 両県が肩を並べ

46位 47位にランクイン>

<これは…>

<まだまだ あるに違いない>

<そこで…>

<そっくり疑惑
まず最初のテーマは…>

<日本広し といえども

四方を海で囲まれた県は
実は

北海道と沖縄だけ>

<まずは 沖縄県で街頭調査>

毎年 行く。

<何!?>

自分が。
(スタッフ)あ そうなんだ。

(スタッフ)両方なんですか?

<さらに さらに こちらの…>

<カナヅチ ウチナンチュ
結構いた>

<一方 北海道でも>

(スタッフ)
あ そうなんですか。

<おっと 沖縄同様…>

<ということは…>

(スタッフ)
そもそも まず泳がない?

(スタッフ)泳げない?

泳げない うん。

<え?道産子も…>

(スタッフ)泳げない人
いっぱい いるんですか?
うん。

ねぇ?

(スタッフ)泳げないんですか?

(スタッフ)そんなに?

<…も泳げなかった>

<まずは
沖縄県の海事情を調査>

<県南部 豊見城市の

美らSUNビーチに
行ってみると…>

<あれ?>

<ビーチでガンガン
泳いでいるじゃないか>

<話が違うぞ>

<泳ぐ観光客を尻目に

当の沖縄県民は…出ました!

ウチナンチュ熱愛の
ビーチパーリィー 真っ最中>

<美しい海には目もくれず

泡盛をガンガン煽る
絶好調の沖縄県民>

<続いて…>

<…に聞き込み すると?>

(スタッフ)あ 泳ぐんですか?

<おおっと 海で…>

(スタッフ)どこ?
ここ。

<そこで…>

<ところが…>

(スタッフ)行かないの?

<そのため…>

<クロールを見せて頂くと…>

<無理をお願いして
すみませんでした>

<一方の北海道>

(スタッフ)そんな冷たいんですか?

そうだよね。
(スタッフ)水風呂?

(スタッフ)馴らして入る?
水風呂 そうそうそう。

ちょっと…。

<そのため…>

<海そっちのけで ジンギスカンを
楽しむのが定番なのだ>

(スタッフ)え?

(スタッフ)学校で?

(スタッフ)マジですか?
マジです。マジです。

<なに?>

<実は…>

<なんと!北海道は小・中ともに

全国最下位。沖縄県もご覧の通り

下位グループだった>

<あいにく撮影時期は5月と…>

<その名も
「ガトーキングダム」さんへ>

<中に入ってみると

おおっ!ウォータースライダーまである
立派な温水プールに

道産子がびっしりじゃないか!>

<どれだけの人が泳げないのか
確認してみると…>

<北海道民 全然泳げなかった>

どうなんですか?伊吹さん。
北海道民は海で泳がない?

はぁ~。

なるほどね。
(内藤)海に行きますよ。

(笑い)
…なっちゃうね~。

それと やっぱりね…。

ないんだ?聞きますけど…。

泳げます?内藤さんは?

苦手。

これまた沖縄県民
ゴリちゃん やっぱり

海では泳がない?

ああ やっぱり
バーベキューだ。

(川田)ポスターではない。
(ゴリ)ポスター感覚で見てます。
ポスター?

ああ そうか。焼けるのもイヤだ。

≪もう火傷です 火傷≫
やっぱアレだね
水着も着ないっていう。

(川田)着ないですね。
長袖だったもんね みんな。

(具志堅)そうなんです。長袖です。
普通に。

(一同)ええ~っ!?

沖縄には。
え?ゴリは泳げるの?

泳ぐの好きだったから。

へぇ~。
だから…。

そりゃそうだよね。

なるほど~。

多いか。
あと あれだよね。

そうです。危ないです。

だからさ デーブなんか
分かると思うけど…。

そうです そうです。
(一同)ええ~っ!?

(一同)ええ~っ!?
沖縄でキャンプやると。

え~ すご~い!
(勝俣)顔 隠してもね。

似てるので言わしてもらうと…。

ミスが?

ヒットエンドランのサインは。

(一同)ええ~っ!?

(大久保)言ったのは…。

…っていうのは本気の話でした。
へぇ~。

思わなかったですけども。
(笑い)

やっぱね…。

確かに そうなんですよ。

(川田)そうなんですよ。

そういうもんなんだね。

つっちーどうですか?
お父さん 北海道だよな?

そうですね。

泳げない。

ああ~。
あと あの…。

小学校も中学校も
埼玉県1位と2位なんですよ。

あ ホントだ。
(土田)
これ なぜだか分かりますか?

何?なんで?
我々は…。

あ~ なるほど。

なるほど~。

(笑い)

<そっくり疑惑
次なるテーマは…>

<北海道も沖縄も
共にグルメ王国ではあるが…>

<まずは北海道で調査>

(スタッフ)
あ ジンギスカン?即答ですか。

<出ました!>

(スタッフ)あ ホントですか?
昨日も食べました。

(スタッフ)ビールですか?
ビール。

(スタッフ)エンドレスですか?

<なんとも…>

今…。

そう。

<予想はしていたが
北海道民のお肉といえば

やっぱり羊肉のようだ>

<一方 沖縄県は…>

<ビーチサイドで…>

羊?マトン?
いや…。

(スタッフ)ヒージャー?

<羊ときたら山羊!?
確かに似てる>

(スタッフ)あ 高いんですか?

(スタッフ)ヤギ?
ヤギ食べるんですか?

<まずは…>

<一体 ジンギスカンの
どこが魅力なのだろうか?>

<歩いていると おや?>

ラム!
<なんと…>

<道民に遭遇!>

多分…。

次の日も…そう。

いいねぇ いいねぇ。

<道産子達は 羊肉の…>

<一方 沖縄県は…>

<羊と似た者同士…>

<沖縄のレジェンド…>

そうですね
10倍は くさいですね。

…と言ったら
わかるんでしょうか?

そう…。

(スタッフ)ヒージャー汁?
はい。

(スタッフ)あ 今日?
はい。

そう…。

<そこで 謎のヤギ料理を
調査すべく

こちらのヤギ料理専門店
その名も…>

<既に 独特の香りが漂う店内は

沖縄県民で満員御礼>

はい すいません…。

<と言って現れたのは…
おぉ!これがヤギ汁ですか>

<何やら大量の葉っぱに覆われ
全貌がつかめないが…>

(スタッフ)分からないです。

(スタッフ)よもぎ?
うん。

<その フーチバーを
どけていただくと

汁の中から 噂のヤギ肉が
ゴロゴロと めんそ~れ>

<立ち込める
においを ものともせず

ヤギ肉に かぶりつき
そのままスープもご堪能>

<ヤギ肉のかたまりを
においも一緒に

泡盛で流し込んだ>

(スタッフ)ほんとに?
うん。

<と言って 登場したのは…
ゲゲゲ!

クセのかたまり ヤギ肉が
なんと まさかの生で登場>

<やはり におい消しの
フーチバーと共に

生姜醤油をつけて
おいしそうにパクリ>

<沖縄でヤギ肉料理といえば

ヤギ汁とヤギ刺しの
2種類が基本>

<強すぎる臭みを
やわらげるため

大量のヨモギを一緒に>

<実は 刺身の方が臭みが少なく

ヒージャー初心者向き
なのだという>

(拍手)

両方とも かなりクセがあるよね。

羊とヤギ 似てんのかな~?

北海道民 どう思います?
うん…。

成人の肉ね…。

臭かった?

なるほど…。
(一同)へぇ~。

なんで そんな…。

僕には分からない。
(笑い)

もう 僕なんか…。

あ~。さあ そして…。

やっぱり そんなに好き?

分かれる?

いや~うまい。

ほんとに おいしい…。

どうした?

かなり…。

言っちゃってる。

(一同)エェーッ!

え じゃあ ゴリは?

苦手なんだ。

(河本)あれじゃん ヤギ汁。
いやもう これ…。

(笑い)
(河本)やめてくれよ~。

いや でも…。

(具志堅)汗。
出ます 出ます。

(ゴリ)すぐ分かります。

美奈子ちゃん どうですか?

いや 私も…。

あるある。

(勝俣)え?

臭いみたいな…。

僕…。

やめろ!
バカ野郎!

あ おはようございます…。
やめろ。
バカ。バカー。

ヒージャー ヒージャーです。
分かんないじゃん…。

ひょっとしたら…。

(笑い)
(勝俣)だから あごヒゲ
生やしてんだ。

僕は…。

あ よかった。

多分…。

ただ…。

(中澤)今 言われてる…。

そうだね。

<全国各地の 人里離れた山奥に

はるばる出かけてまで食べたい
激うまグルメの数々を

カミングアウトしてきた>

<そこで…>

<どれだけ遠くても
おいしいから ぜひ食べたい…>

<今回は 新潟県民の
「遠くで食べたい」>

<向かうは 県庁所在地
新潟市から およそ130km>

<上越地方の中核
新潟 第3の街…>

<この地に…>

<早速 調査開始。
と思ったが

メインストリートには なんと
人影が全く見当たらず

人口およそ20万人の街とは
思えない静けさ…>

<夕方になって…>

<…に聞いてみた>

(スタッフ)そんななんですか?
ええ。

(スタッフ)結構遠いですね。

<なに?>

(スタッフ)わざわざ?

(スタッフ)皆?

(スタッフ)ところてんですよ?

<待てよ ところてんといえば…>

<わざわざ…>

<ところてんなんて
聞いたことがない>

<え?店名が…>

<一応 出発前に グーグルアースで

「日本一うまいトコロテン」の
場所を確認すると…

おお 噂通り かなりの山奥>

<不安を胸に
まずは市街地を出発>

<15分後
さすがは米処 新潟県。

辺りは 田園地帯が
延々と広がっている>

<しばらく進むと…
おっと 噂の大島区の看板発見>

<ここからは 次第に
緑豊かな 山道に突入>

<人里離れた こんな山奥に
本当にお店があるのか?>

<すると おっと 久しぶりに見る
民家と歩く人の姿 と…>

<ありました

「日本一うまいところてん」の
看板>

<そのまま 狭い脇道を進むと…

おお 多数の車が突如出現>

<どうやら ここが噂の

「日本一うまいトコロテン」の
お店のようだが>

<車を降りて確認すると
のどかな雰囲気の中

ポツンと構える
甘味処といった風情>

<まず のれんをくぐると…

おお!涼しげな
オープンテラスには…>

<テラスの横には 滝の音が響き

錦鯉が悠々と泳ぐ
清涼感満点なムード>

(武江さん)お待たせしました。

<1時間かけて
やっと対面したのは

おお!これが噂の
日本一のところてん>

<透明感のある
鮮やかなルックスで

食欲をそそるが
お箸が1本だけって

どうやって食べるんだ?>

ついてこうなってるとこの
真ん中を こう 引っ掛ける感じ。

安定してるでしょ?
これを…。

<心癒す滝の音を聞きながら

新潟県民たちは 箸1本を巧みに
操り ところてんを涼しげに

スルスルとすすっている>

<上越キッズも 1本箸で勢いよく
ところてんを流し込んだ>

(スタッフ)これだけのため。

(スタッフ)あるんですか?

<え?>

<一般的に ところてんの味付けと
いえば 酢醤油をかけ

お酢のさっぱり感を
楽しむもの>

<また 関西圏では
爽やかな甘みの黒蜜をかけて

頂くことが多いが…>

<なに?>

<すると ところてんを求めて

続々とテイクアウトする
新潟県民たち>

<続いて登場したのは…>

<なんだ?段ボール?>

(スタッフ)ああ そうなんですか。

<ここで ご主人に 話を聞くと>

そのくらいまで…。

<日本一うまい…>

<そこで 翌日のまだ薄暗い…>

<お疲れさまです>

<そのまま…>

<まず 登場したのは
ところてんの命…>

<…で ずっと作ってますね>

<すると
お店の真横から出るという

水温10度の湧き水を投下し

およそ2時間煮込む>

<そして よりキレイな
ところてんに仕上げるため

網でこし 専用の型に流し込み
1時間常温で冷ます。

ここまでで作業はなんと
4時間越え>

<すると ようやく
美しい黄金色の姿に変身>

<続いて 専用のカッターで
形を整え

さらに 湧き水で1時間冷やすと

弾力のある 見事な
ところてんが お出まし>

<そして ご主人自ら作ったという
渾身のところてん突きで

グニュっと押し込み
生醤油を ひと回しすれば

新潟県民が
わざわざ遠出までして食べたい

1本箸で頂く その名も…>

<…が 完成>

<5代目ご主人に お話を聞いた>

(スタッフ)じゃあ 目指すは。

(笑い)

<「日本一うまいトコロテン」の
皆さん…>

(拍手)

幸子さん 知ってました?
この「日本一うまいトコロテン」は。

有名で。

へぇ~。
(小林)それでね…。

なんで?あれが すごい気になる。

多分 湧き水…。

≪え~!?≫
(小林)いや ホント。

それで ホントに子供の頃に…。

…って言われて お箸1本で。

じゃないですね。

…思いませんでした。
ありがとうございました。

柴田さんは隣県ですけど
知ってました?

ホントに!?

(小林)
1本だよね。1本なのよ。

(柴田)
…思っとったような気がする。

酢醤油。そこは違うんだな。
(柴田)うん。

そこに こだわった。

なるほどね。
(勝俣)食べたことないですけど。

行けたらな。そうか~。

岡本 玲ちゃん いかがですか?

ウソでしょ~!?
(松本)和歌山 ないの!?

何かあの…。

ああ 確かにな。
≪葛きりだ≫

(西川)葛きり 奈良やもんね。

みんな 何か…。

ああ なるほどな。

ねえ キレイ。場所がいいね~。

(笑い)
(藤本)これやったら
いけるんちゃうか。

いや これ…。

(川田)イカとは違う。
イカとは全然違うから。
(具志堅)違うの!?

(勝俣)もっと 軟らかいの。

(一同)エーッ!?

あるでしょ?

いや 出てけぇへん 出てけぇへん。
バカか!

そういう事。

<このあと 一同驚愕!>

<お待たせしました!
新潟県民熱愛…>

(一同)いただきま~す!

≪取れない 全然…≫
≪全然 取れないよ≫

うん!
すごい!

これは うまい。

≪おいしい これ≫

おいしい。ホントおいしい。

≪すごい のどごし≫
ところてんの味がよく分かる。

すごい すごい すごい ホントだ。

これは うまい。
(藤本)冷たくて おいしい。

(河本)あ~ 清涼感あるなぁ。

お箸1本で十分いけるね。

しかし…。

ねえ!

何の違和感もない。

皆さん「ほんとに おいしい…」。

(笑い)

上手いな。うれしいな。

ホントね~。

ほんとに…。

テングサ!

そうね~。

気持ちいいよね。

玲ちゃん どうですか?初めて
ところてん食べたんだよね。

(一同)ああ~。

かもね~。
違うものだもんね。

また1本で食べるのが
すごい難しくて

ワーッてやってたら
師匠が全部すくってくれて。

あら~。
(勝俣)優しい。

でも…。

(笑い)

言うてません。

<構想期間 番組開始以来12年>

<今宵…>

<誰もが ずっと気になっていた
“あの県"の謎に挑む!>

<それは…>

<何故か昔から
まことしやかに ささやかれる

ヤンキーと茨城のイメージ>

<現に インターネット上の
調査で…>

<結果は茨城県が
ダントツ…>

<しかし 当の…>

(スタッフ)ダントツで茨城が
1位だったんですけども

これ どうでしょうか?
いやぁ…。

(スタッフ)ごもっともですか。
ごもっとも。

こうやって こうやって
お兄ちゃんら こうやって…。

<あれ?>

(スタッフ)マジっすか!?

いえいえ。

<確かに70年代
特に80年代と

全国的に…>

<それにしたって茨城県民

これは もしや…>

<そこで!>

<そこんとこ
徹底調査するんで…>

<まずは 県の中心
水戸駅で会った…>

私は…。

(スタッフ)変な話なんですけども…。

なるほど。

<幸先よく…>

…みんな。

<なぜか 奇跡的に
持っておられたので

見せてもらうと…>

<なぜか奇跡的に
持っておられたので

見せてもらうと…>

(スタッフ)カッコイイっすね。

<さらに もちろん
時代もあるだろうが

にしても かなり…>

ブカブカの。

(スタッフ)ハイウエスト。

(スタッフ)短ランで。
はい。

<ただいまの
セットアップが こちら>

<この他にも…>

<元ヤンチャ愛用の 独特な

スクールファッションが
存在したようだ>

<続いて
水戸市民 憩いの場

千波湖で見つけた
イベントに行ってみると

以前の取材で会った
今回の企画目線で見ると…>

(スタッフ)すごい方なんですね。
いや 大した事ねぇけど。

<お願いして 昔の…>

これは…。

≪踊り 踊り。そういう世代です≫

(スタッフ)『チャンプロード』載った事
あるんすか。
≪あるよ≫

目をギュッと こう開けてる…
そういうのもあるよね。

ホントは大したことねえけど
目を こう…。

これは やり過ぎだけど。

(スタッフ)作戦。

<睨み方にも 工夫と

バリエーションがあったようだ>

<何となく ヤンチャしてた人が
いそうな気がしたので

打ちっ放しに行ってみると>

<デーブさん似の
茨城県民を確保>

(スタッフ)そうですか。

野球も真面目にやってたけど
めっちゃヤンキーだった

みたいな…。

<という事で
本当にお邪魔>

<こちらも もれなく
立派なリーゼントの

いわゆる
「ビー・バップ」スタイルだが…>

(スタッフ)修学旅行。

(スタッフ)あ これオシャレ。
<ガンを飛ばしていた

先程とは
明らかに違う少年の顔>

そうそう。

<今もガイドさんを
密かに想う

純情派 元ヤンチャ
営業所所長をゲット>

<さらに 県南エリアを
捜索していると

ん?前方に…

今回の企画的には見逃せない
看板発見!>

<「ヤンキー麺」とは一体?>

<おそるおそる
入店を試みると

おっと これはこれは!>

<かなり それらしき
パイセン発見>

(名古屋さん)一応…。

<そんな51歳 大将に
例によって…>

(スタッフ)便所…。

<さらに…>

(スタッフ)ちょっといいですか。

(スタッフ)整髪料を。

ハハハ…。

<他にも 色んな話を
聞かせてもらいましたが

ちょっと オンエアできません>

<さらに 情報をもとに

水戸市内の電気工事会社の
社長を訪ねてみると…>

(スタッフ)あ ほんとですか?
(横山さん)はい。

<正直 ヤンチャ感は
まったく感じられないが…>

はい。

はい。

<え?>

(スタッフ)ハハハ そうですか?
はい。

<なんと 大物 元ヤンチャ県民
ゲット!>

<さらに 茨城ゆえに…>

うちの方…。

…人がいます。

そしたら…。

…と 出てきました。

<せっかくなので じっくり
写真を見せてもらうと…

おっと!これは 特有の
読めないヤンチャ漢字を発見>

これは…。

…って言ってました。ハハハハ。

たぶん…。

<さらに こちらの
建設会社から

ただならぬ
元ヤンチャオーラを感じ

社長室を訪ねると…

な なんだ?この重厚感
ありまくりの部屋は>

<恐る恐る 振り向くと…>

<な なんだ?この重厚感
ありまくりの部屋は>

<恐る恐る 振り向くと…>

(スタッフ)こんにちは。
(坂本さん)どうも。

<元…ですよね?>

<55歳になられるというが
すさまじい貫禄!>

<そんな社長のお写真は
というと…>

<さらに…>

(スタッフ)はい?
(坂本さん)これも…。

(スタッフ)これ 社長で?

<そこで…>

もし…。

そうですね…。

ちょうどね。ハハハ…。

そうですね。

なぜか…。

<それでは…>

いやいや…。

ハハハ…。

<この声が もし
あの頃のオレらに届くなら…>

<北茨城市のお寺で
迎えてくれたのは

こう見えて昔は
ゴリッゴリのリーゼント!

朝食の時さえ ガンくれていた

32代目 元ヤンチャご住職!>

<水戸で おそば屋さんを営む
45歳。

10代の頃は 暗闇の中で
ヤンチャもしたけれど

今の俺は この更科そばと同じく
真っ白!

元ヤンチャな そば屋の大将!>

<48歳。
のどかな鉾田ファーマーは

泣く子も黙る 元暴走族 総長!

バイクから
トラクターに乗り換え

水菜を作る!>

<こちら 牛久の一等地で

茨城名産 あま~い大学芋を
販売する

40歳 茨城ヤンチャ界の
ニューウェーブ

ヒップホップ系 元ヤンチャ店主>

<ひたちなかのネイルサロンで
出会ったのは…>

<ひたちなかのネイルサロンで
出会ったのは…

紅一点!
地元のロカビリーグループでは

いつだって
マブいマドンナだった!

48歳 元ヤンチャネイリスト!>

<勝田の居酒屋で会った
2人組は

今じゃ 立派な飲食店オーナーに>

<こちらは 建設会社社長>

<いつも 2人でケンカに行った

リアル『今日から俺は!!』な
最強コンビ!>

(拍手)

いや~ 皆さん…。

(笑い)
やっぱ あれですかね

ヤンキー 多いんですか?
デーブさん。

聞いてたけど。
(大久保)いやいや…。

そうだもんね~。

ちなみに デーブさん
何…どんな?

ドカン。

はい~。

ボンタン。
(勝俣)これはオシャレだね。

(笑い)
ギリギリの はくんです。

野球部ね。

あ~。
剃るにしよ。
みんな剃ってやるから。

さやかちゃんの周り
やっぱりヤンキーの方 多かった?

VTRでもあったんですけど…。

あっ なるほどね。

あ~!頑張って?

あ~ 気合 入れちゃうんだ。
短ランとか。

やっぱり。

…とか 言ってくれたりとか。

(笑い)

中澤さんは でも
サッカー少年だったから。

僕は…。
時代も違うし。

逆に。

あ~。
先ほどのデーブさんも
言いましたけど

あの…。
刺繍ね。

え~っ!?

(井上)裏ボタン。
すごいね~。

なるほど。
ただ あの…。

へぇ~!

つっちーは もう 時代でしょ?
世代としては。

世代的には そうです。だから…。

へぇ~。

あれですよ…。

うん。
だから これ…。

僕らの時って…。

エーッ!?

あ~ いた。
(勝俣)チーマーになっちゃう。
チーマーだ。

ロン毛 なったりとか。
そう だから…。

(笑い)

俺は…。

(笑い)
さあ 内藤さん どうですか?

ヤンキーさんが。ヤンキーが。

逆でね…。

≪いじめられっ子…≫
(内藤)
そう そう そう。いじめられ…。

(笑い)
もう やだ。

柴田さん どうですか?

『愛と誠』。『愛と誠』。
そう。あの頃だったと思う。

でも あたしらは…。

あの…。

へぇ~。
(柴田)ほんで…。

えっ?
あの ちょっとね…。

くたびれるの?
うん。

かっこいい!

そうなんだ。
もう ガンガン…。

その やっぱり…。

あのね…。

(笑い)
知りません?

ほう。

え~っ!?裾広がってんだ。
(ゴリ)ラッパです。ラッパ。

そう。
ゴリと川ちゃんは
そういう格好してたの?

あ~。
(ゴリ)だから…。

知り合いとかで…。

(笑い)
正式だな。
(川田)ちょっとダサい。

ダサいね。

あ そうです。そうです。
あ そうなんですか?

なるほど。

ほぼほぼ…。

(笑い)
ほんとだ。
(土田)できないから。格好悪くて。

なるほどね。

(笑い)

偉いわ。

(笑い)

友達同士で 土曜日に
夜 巡回っていって…。

押して 坂道…。

(笑い)

(勝俣)優しい。
(土田)そうだよね?俺らもそう。

(松本)優しい!

(河本)
怒られる。めちゃめちゃ怒られる。

もう なんで?

(笑い)

<次回は…>

<さらに 1年ぶりに
帰ってきた…>

<お楽しみに!>


関連記事