朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!べっこう寿司…・ペルー絶景巡り~虹の山&崖の上のホテル…



出典:『朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!ペルー虹の山&断崖ホテル』の番組情報(EPGから引用)


朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!ペルー虹の山&断崖ホテル[字]


元プリマドンナ・草刈民代さん伊豆大島へ!名産の椿油搾りに奮闘!三原山の黒い砂漠で大自然を体感!?椿油フォンデュ&べっこう寿司に感激▽ペルー絶景巡り~崖の上のホテル


詳細情報

◇内容Ⅰ

【ゲストの旅】

元プリマドンナ・草刈民代さんが「行ったことのない東京」伊豆大島へ!名産の椿油搾り体験や椿の花びらでの染め物体験に大興奮!三原山の麓に広がる黒い“裏砂漠”で大自然を体感!椿油のオイルフォンデュでいただく地の食材&伝統のべっこう寿司に大満足!

◇内容Ⅱ

【海外の旅】

南米ペルー2週目は、インカ帝国の首都だったクスコとその郊外へ!目を見張る絶景を巡ります。南米3大祭りの一つ「インティ・ライミ」では悠久の時を感じます。高さ300メートル、崖の上に吊るされたロッジからの眺めや、虹のようなレインボーマウンテンの美しさに圧倒されます。

◇内容Ⅲ

【週末行ってみっか!】

群馬で夏でも涼しいゲレンデをご紹介!丸沼高原では、夏でも楽しめるスノーボードやサマーリュージュとアクティビティを体験!さらに天空カフェで絶景を堪能。玉原高原ではラベンダーづくし。お花はもちろん、ソフトクリーム、ラーメンと、たっぷり楽しみます。

◇内容Ⅳ

【陸斗が行く!日本縦断コレうまの旅】

今週は鹿児島県へ!港町・阿久根市で美味しいもの探し。聞き込みをしようと歩いていると、海をじっと見つめる男性に遭遇!実は漁師さんで、海の状態を見ていたのだという。漁に同行させていただいた小西…そこで見た光景とは!?

◇内容Ⅴ

【生中継のコーナー】

広島県呉市から、ラッシャー板前が旬の「しらす」をリポート!鮮度を保つため時間との勝負だというしらす漁の様子や、絶品料理の数々をご紹介!生しらす、釜揚げはもちろん、ご当地メニューとのコラボ料理もお楽しみに!

◇出演者

神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、ラッシャー板前、江田友莉亜(旅サラダガールズ)、小西陸斗(ABCテレビアナウンサー)

◇ゲスト

草刈民代

◇おしらせ

☆番組公式Facebook、Instagramやってますっ!

【番組HP】http://www.asahi.co.jp/tsalad/

【Facebook】https://www.facebook.com/tabisalad/

【Instagram】https://www.instagram.com/tabisalad/



『朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!ペルー虹の山&断崖ホテル』のテキストマイニング結果(ワードクラウド&キーワード出現数ベスト20)

朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!べっこう
  1. シラス
  2. 本当
  3. イケメン
  4. 時間
  5. ウニ
  6. メートル
  7. ラベンダー
  8. 東京
  9. ゲレンデ
  10. 釜揚
  11. 今回
  12. 最高
  13. 松木
  14. 場所
  15. 絶景
  16. 椿油
  17. ホテル
  18. ワサビ
  19. 結構
  20. 頑張


『朝だ!生です旅サラダ 草刈民代が「椿の島」伊豆大島へ!ペルー虹の山&断崖ホテル』の解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)


解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

☆無料で民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから!

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、各社のラインナップを調べてみるといいかもしれませんね。

↓ABC朝日放送 関連商品

いい感じですね、この色が。

わ~、すごい!
体験したことがないような空気感。

いいですよね、神秘的で。

滑るだけじゃないの。

すっごいきれい。

こういう風習があるっていうのが
すごいですね。

笑えてくる。
この崖、登るってこと?

当番組は同時入力のため、誤字脱字が
発生する場合があります。          

また、内容により字幕放送を中断させて
いただく場合があります。            

おはようございます。

2019年7月13日、

土曜日の朝です。
あさっては、海の日。

3連休ですね。
そうなんですよ。

そういうときは?
サンキュー…。

連休ベリーマッチ?

ああ…。
そうですね。

長いんですから、お二人、ちゃんと答え
てください!

最近、あんまりかみ合わない。

さあ、

けさのお客様をご紹介しましょう。

草刈民代さんです。
おはようございます。

お願いします。

よろしくお願いいたします。

やっぱりバレエやってらっしゃるから、

姿勢がいい。
ぴしっとして。

ご主人の周防監督と

よく旅に行かれるんですか。

ええ、行きます。
島めぐりをする?

島が好きなんですか?
この間、5月の末に屋久島に行ってきて、

やはりいろいろ島を

回ってみたいなというふうに思いまして。
そうですよね。

なかなか行くチャンスがないから、

島(暇)を見つけて行ってください。

きょうは

クラシックバレエで行きましょう。

お上品に。
さあ、

スタジオには、旅サラダガールズの

江田友莉亜ちゃんと、小西陸斗アナウン
サーです。

おはようございます。
きょうはクラシック。

体がかたいんですけど…。
若いのに。

まずは、美佳ちゃん、「週末行ってみっ
か!」、どこの日帰り。

今回は夏でも楽しめる、スキー場へ行っ
てまいりました。

冬だけじゃなくて、本当に夏だからこそ、
ゲレンデで楽しめる

たくさんのアイデアと遊びがありました。

ぜひ、ごらんください。
どうぞ。

週末行ってみっか!
今回は、夏でも涼しい!

群馬のゲレンデを楽しみます!

東京から車でおよそ2時間。

群馬県北部は、ゲレンデが数多くある、

人気のスキーエリアです。

やってきたのは、

スキーやスノーボードが楽しめる
ゲレンデ!

夏のゲレンデは、

楽しみがいっぱいあるんです。

滑るだけじゃないの!
ドスン。

ロープウェイで、

標高2000メートルにある
山頂駅まで、

およそ15分の空中散歩を
楽しみます。

見えないもん、

上のほう。
雲の中に入っていく感じ。

景色見えるのかな。

結構、不安…。

どんどん霧が濃くなってきました…

夢を見てるみたい。

あれっ?

後ろから来てるはずの

ゴンドラが…消えました。

到着でございます!

標高高いからね。

ありがとうございました~。

どうでしょう。

景色は?

ちょうどいいんじゃない、見えてきて。

見えてきました?
真っ白だったの。

さっきまで?
あそこ、

ほら。
ああっ!

あれが頂上ですか。
頂上、

行ってみれば?
すご~い!

頂上、見えてる!
今、

ちょうど見せてくれたのかもしれない!

雲の隙間から山頂をのぞかせた
日光白根山は、

関東最高峰の山です。

気持ちがいい。

すがすがしい。

うわあ、見て。

すごい、このデッキ。

奥は真っ白だ~。

去年新設された、こちらのテラス。

お天気がよければ、
ソファでくつろぎながら

この絶景を望めます!

大パノラマ!

日本百名山のうち、
谷川岳や武尊山など、

10の山々を一望できるんです。

ここまで来たら
ぜひ立ち寄りたいのが、

こちらのカフェ。

こんにちは。

夏に向けて、

こちらのトマトジュースを

お勧めしています。

ゲレンデのある片品村では、
農家さんがつくる、オリジナルの

100%トマトジュースが人気です。

トマトって甘いのね。

この景色の中で

飲めるから、おいしいんだよね。

一番人気のアクティビティが、

ニュージーランド発祥の
サマーリュージュ。

これでゲレンデを疾走します!

まず、

お尻をついていただいて、

この中に入れてください。
動かないんだ。

はい、大丈夫です。
今、

ブレーキがかかってるので、

今度は普通のブレーキに変えますけど、
思いきり引っ張ります。

ちょっとやってみますね。
おー。

戻れば戻るほど進んでいきますので、一
番スピードが出るのは、この辺ですね。

ああっ!
怖い!

だって、坂だよ!
全長800メートル、

高低差100メートルを
一気に下ります!

今回一緒に走るのは、
気合いを入れて集まってくれた

スタッフの皆さん。

よーいドン!

早速、飛ばしていきます!

イエーイ!

楽しい~!

ああっ!

みんな速い速い!

私も負けじと
ラストスパートをかけます!

楽しい!

アドレナリン!

爽快感ですね。

ちょっと皆さ~ん、

本気、出してください。

ということで、もう一回!
暑い季節にオススメです!

続いて向かったのは、
武尊山の中腹、

標高1300メートルに広がる
玉原高原。

すごいたくさんありますよ!

ここ、全部一面、

ラベンダーなんですね。
ほらほら、少しずつ、

パープルだよ~。

すごいきれい。

いい香り~。

園内には、早咲きから遅咲きまで、

およそ5万株のラベンダーが
植えられています。

見ごろを迎える7月下旬ごろには、

一面のラベンダーが
ゲレンデを覆うんですよ!

さすが、

ラベンダーソフトクリームだって!

色もパープルなんだ。
せっかくだから、

これ、食べた~い!

ラベンダーの香料を練り込んだ
ソフトクリームは、

営業期間の2カ月で
なんと6万個も売れるそうです。

うん!

ラベンダーの爽やかさが

しっかり!

鼻から抜ける香り、最高です。

さらに、こちらのレストハウスでは…。

お待ち遠さまでした。

こちらがラベンダーラーメンになります。

ラーメンまでラベンダーにしちゃったん
ですか。

ラベンダーのエキスを練り込んだ麺が
インパクトある

オリジナルの塩ラーメン。
麺の香りときれいな色を出すために、

何度も試作を重ね、
半年かけて開発されました。

ラベンダー。

不思議…。

ラベンダーのエキスが

強過ぎないから、ラーメンにすごくあう。

塩味にしたのは

また何でですか。

醤油と味噌でも試食はしましたが、

麺の色をはえさせるために、

透明感のある

スープがいいと。
見てきれいだし、食べておいしいし、

本当最高です。

ぜひ皆さんも一度お試しください!

きょうは群馬で

夏のゲレンデを

大満喫しました。

皆さんも、週末行ってみっか!

夏にラーメンて、

まず、ラーメンのスープに、レモンが入
ってるの、

初めて見た。
そうなんです。

塩ラーメンなので、本当にあっさりして
るんです。

スープはあったかい?
あったかいんです。

コクがあって、ご当地で、おもしろく、
楽しいというよりも、本当にラベンダー

のふんわりした香りと色を楽しみながら
も、本格的においしいんですよ。

ソフトはわかる。
ラーメンは…。

でしょう?
びっくりだけど、本当においしいし、

ふだんから、

いつも食べたいぐらいおいしかったし、
ラベンダーソフトも、

ご当地で、

ワーイ、楽しい以上に以上に、また本格
的に…。

ラベンダーの香りがしますしね、あそこ
で食べたら。

それはどう違うのか…。
何と比べるんだ?

それを言いたかったんですよ。

たまたま出ちゃったんですよ。
すごいですね。

たまたま出ちゃう。

でも、美佳ちゃん、すごい。

レースね。

ありがとうございます。

ここのゲレンデで、

丸山高原で出会ってから、

私、2年間はまりまくって。
全然違う?

最高です。
サマーリュージュ、これ初めて体感した

んですけど、小さいお子さんから

大人まで、本気で楽しめて、夏のゲレン
デに

東京から2時間でいけて、こんな楽しみ
ができるの、

知らなかったから。
サマーリュージュって、ハンドルは切れ

ないんでしょう?
切れます。

自転車みたいに切れるけど、

感覚はソリみたいな

感じですね。
ぜひ本当にお勧めでした。

温泉もいっぱいあるから、泊まりで行っ
てもいいですね。

夏休みとか。
いいかもしれない!

ありがとうございました。
ぜひ行ってください。

さあ、続いては海外の旅です。
旅に行ってくれたのは、旅サラダガール

ズの江田友莉亜ちゃん。
おはようございます。江田友莉亜です。

私は、今回、南米のペルーを旅してきま
した。

今回は、クスコからスタートして、絶景
めぐりの旅をしてきたので、

体を張って頑張ってきました!
ぜひ、ごらんください。

どうぞ。

人生一度は訪れたい、
神秘の国、ペルー共和国。

そこには、
アンデスの険しい地形に栄えた

謎多き文明インカの遺跡が
数多く残されています。

悠久の時を超える、まさに聖域。

今週は、クスコの郊外へ。

訪れる誰もが心を踊らせる、

驚異の絶景と出会う旅です。

まず向かったのは、
クスコの高台にある遺跡。

きょうは物すごい人でにぎわってますね。

インティライミの

お祭りがあるんです。
すごい!

人があんな崖の上に、

めちゃめちゃ集まってる!

すごいなあ。

インティライミは、

インカ帝国時代に始まった
豊作を祝うお祭り。

南米三大祭りの一つに
数えられています。

毎年12万人もの観衆が集まります。

笛がなってる。

これが始まりの合図ですね?

軽快な音楽に合わせて、
楽団や兵士、

貢ぎ物をささげる女性など、

800人を超す人々が
太陽神を称え、歌い、踊るのです。

すごい、

パンツ一丁の人が

踊ってる。
こういう部族の踊りとか、

部族の音楽というのは、格好いいですね。

何だ?

この人は。
何この人。

劇団四季が始まったのかと思った。

見たいところが多過ぎて…。

困っちゃうなあ…。

その昔、インカ帝国の皇帝は
神の子として崇められ、

普段はその姿を見ることすら
許されませんでした。

ただ、年に一度、
インティライミの日だけは

皇帝がみこしに乗ってあらわれ、

国民とともに太陽と大地の神に

祈りをささげたと言われています。

おー。

全員がお祈りを始めました、

太陽に向かって。

これだけの人数が

こうやってお祈りを始めると

迫力がすごいですね。

祭りで使う言葉を初め、
踊り、儀式などが

インカ帝国時代から
受け継がれています。

物語調になってて、

ショーを見てるようですね。

言葉はケチュアだからわからないけど、

見てるだけで、結構、ストリートが入っ
てきますよね。

こういう風習があるというのがすごいで
すね。

今もペルーの人々は、
太陽と大地への感謝の祈りを

忘れていません。
500年前に

タイムスリップしたかのような
錯覚に陥ります。

この日の宿泊先へ。

ホテルも絶景の中にあります。

山しかない!

どこだ!?
あっ、

これ。

あっ、これ!

ホテルのマークかな?
登ってるマーク?

うわあ~っ!

上、すごい!

笑えてくる。

カプセルみたいなのがくっついてる!

この崖、

登るってこと?
こんなホテル、

あります!?

道路の上、
高さ300メートルの崖に吊るされた

ガラス張りのホテル。
泊まるには、ロッククライミングを

しないといけません。

オラー。

まずはハーネスを装着。

めちゃめちゃ楽しそう!

うわあ~、

これかあ!

直角というより、えぐれてますね。

これは大変だ。

頑張ろう!
うわあ、

このはしご…、

結構、ガタガタするなあ。
めっちゃ大変。

よいしょ…。

1個1個が、

結構高いから、

届かない…。

ああ!つらい!

ホテルに行くまでに、こんな大変なんて
…。

すごい、直角。

よいしょ…。

これ、

どこまで続くの?

永遠に、はしごが続いてる…。

ここにひっかけて…。

よいしょ…。

楽しくなってきた。

どこの岩に足をかければいいかとか、

徐々にわかってきた。

崖を登り始めて40分。
中間地点にある橋に到着です。

うわ~!

怖~い!

橋って言ってたけど、

全然、橋じゃないじゃん!
ただのワイヤーの上ですよ。

橋というより、綱渡り。難関です。

ちょっと待って。

怖~い!

これ。

山側を向いてないから、登ってくるより
怖い。

よいしょ…。
うわ~!

おもしろ~い!

下を思い切りみるしかないですからね。

楽し~い!

最高。

このスリルは最高ですよ。

そこからさらに岩を登り、
およそ1時間30分かけて

到着です。

わあ~、

これか!
着いた~!

やっと!

下から見たら

すごいちっちゃかったけど、結構、近く
で見ると

大きいですね。

宿泊ロッジは3つあります。
早速お部屋へ。

ここがあくんだ。

ホテルの部屋で

こんな上から入ることって、

あります?
広い!

こんなに大きいベッドがあるなんて!

うわ~!気持ちいい!

この絶景!

めちゃめちゃきれい。

本当に大自然のど真ん中にいますね。

いや~、よかった、これて。

人生でこんな経験、

なかなかできないですからね。

何か、扉がありますよ。

えっ?

トイレ!

このカーテンで遮られるけど、開放的過
ぎません?

丸見え。

ディナーをいただくレストランは
別棟。

再び崖沿いを移動します。

眺望が美しいテーブル席、

ちゃんと厨房もあって、

シェフが腕を振るってくれます。

来た。

かわいい!

ポテトのクリームスープ。

何か、お花とかも乗ってて、

かわいいですね。
おいしい!

これは、

疲れて登ってきたからとかではなく、

普通においしいです。
ペッパーのオイルが

すごくきいてて、

飲むところによって、味が違います。

メインだ。

アルパカ?

メイン料理アルパカが出てきましたよ。

見た目、物すごくおいしそう!

表面を焼き、
うまみを閉じ込めたお肉を

ニョッキの上に乗せます。

白ワインで香りづけした
マッシュルームを添えれば完成。

初アルパカなんですけど。

いただきます。

おいしい。

全然、臭みがない!

ラムとかジンギスカンとか、そこら辺よ
りも

全く臭みがないです。
えっ、こんなおいしいの?

アルパカ~。

大パノラマの中で
アンデスの味を堪能。

特別なひとときを過ごしました。

ここで、ちょこっとガイド。

気になるホテルからの帰り方は、

なんと、ジップライン!

6本のラインを連続で下ります。

すごい速さ!

速~い!

行きはあんなに時間をかけて行ったのに、

帰りは、あっという間。
行きま~す!

気持ちいい。

来れてよかった!

めっちゃ楽しい!
翌朝は夜明け前に出発。

クスコ郊外の絶景を目指します。

まるで虹のように見えることから、
その名がついた

レインボーマウンテン。

口コミで評判となり、

ツアーが組まれるようになったのは
2~3年前から。

今では、マチュピチュと並び、

ペルーで最も人気のある場所に
なりました。

車でおよそ4時間。
登山口に到着です。

グラシアス。

着いた~!

すごいところですね。

もう、すぐそこに

雪山が見える。

登山口の標高は4380メートル。

富士山の山頂より
600メートルも上です。

やっぱり標高が高いから、

ちょっと動いただけで

息が上がりますよ。

あそこに

お馬乗り場がある。

もうこれは

迷わず馬で行きましょう。

お邪魔します。
オーケー?

これで大分楽!

この大自然の中を

お馬に乗ってるというのが

すごいですね。

延々と道が続いていってますね。

左は崖。
物すごいところだなあ。

レインボーマウンテンに行くまでの道中
…。

最高の景色ですね。

馬で行けるのは
4900メートル地点まで。

5037メートルの山頂までは
歩いて登ります。

やっぱり、

酸素が薄い…。

でも、

絶景のために頑張りますよ。

これ、

見られたときの

感動が違うと思います。

頑張ったら…。

登山口を出発して1時間30分。
ようやく…

ゴールが見えてきた。

あとちょっと…。

到着!

よしっ!

うわ~!すごい!

本当にレインボーだ!

やっぱり、

酸素が薄い中でも

頑張って登ってきてよかった~。

まさに地球の神秘
「レインボーマウンテン」。

地層に含まれる鉱物が
酸化して変色し、

色鮮やかな山になったと
言われています。

見れてよかったです。

生きてれば、

これだけきれいなものを

見れるチャンスがあるんだなという感じ
がします。

感動する…。

想像を超える絶景との出会い。

私の人生を変える旅になりました。

すばらしい。

ありがとうございます。
よかった、これね、

やっぱり日本代表の

選手じゃなきゃ、

あれはちょっとできないよね。

苦しかったろ?

苦しいときもあったんですけど、

それにまさる楽しさと、あと、

絶景が

最後にご褒美で。

1つ、聞きたいんだけど、ホテルのトイ
レって、

使ってみた?
使ってないです。

丸見えでしたね。

ちょっと抵抗はありますね。
でも、ちゃんとカーテンもあるので、

見えないんですけど。
あれ、だけど、何泊もする人は

余りいないでしょう?

いないですね。
一泊で、

ちゃんと帰りの料金も含まれてる。

帰りって?
ジップラインです。

永久保存版の回だね。

すごい。
草刈さん、これ、どうですか。

私、こんな高いところまで、

あんなことできません。

これはすごいな。
しかし、

これは、あれだね、

考えたら、

俺ぐらいの年齢になったら

行っちゃいけないね。

きっと。
でも、

レインボーマウンテンとかは、

もっとおじいさん、おばあさんとかも、

ちゃんと…。
おじいさん、おばあさん?おじいさん…。

もっと年配の方…。
俺、

はい、

続いては生中継です。

きょうは、どこに行ってるんでしょうか。
呼んでみましょう。

ラッシャーさん!

ハーイ、きょうはですね、広島市の中心
から

車でおよそ30分、

呉市にお邪魔しております。
全国の皆様、

スタジオの皆様、おはようございます。

呉市のお天気は、

小雨ですけど、あっ、今、

ちょっと雨が上がった感じですよ。
いい感じです。

まずは、パートナーですね。
どうぞ。

おはようございま~す。

広島ホームテレビアナウンサーの斉藤亜
緒衣です。

ラッシャーさん、よろしくお願いいたし
ます。

笑顔がすてきですね。
ありがとうございます。

さて、きょうは?
きょうはですね、広島でカキの中継はた

くさんされていると思うんですけど。
ちょっと前にやりました、冬場に。

きょうは、カキではなくて、シラスなん
です。

広島は呉のシラス、初めてです。
呉のシラスは。

呉のシラス、質がいいということで、と
っても有名なんですよ。

では、詳しいことを呉市でシラス漁を営

もみじ水産の三宅敏郎さんにうかがいま
す。

おはようございます。
よろしくお願いいたします。

呉のシラスの特徴はどういったところに
あるんですか。

呉のシラスはサイズがそろってて、ほか
の小魚とかのまざり物が少なくて、すご

くきれいですよ。
ちょっと見せてください。

こちらです。
格好いいんですか。

ラッシャーさんも男前なんですけれども、
こちらのシラスもイケメンがそろってま

すんで。
イケメンなんですって。

どこがイケメンだか、よくわかりません
が、ちょっとすくっていただいて。

あっ、1匹1匹が…。
どうでしょう。

イケメンに見えますか。

イケメン。

言われたら見えるような…。

この子とこの子が特にイケメンですね。
そうですね。

特にイケメンでございますよ。
じゃあ、生でいただきます。

呉のシラス。

あっ、共食いだ。

共食いですか?
ありがとうございます。

イケメンがイケメンを食べましたよ。
ですね。

おいしそう。
ラッシャーさん、うらやましい。

生、いいですね!
新鮮だから、

かむと、

シラスのいい甘さと、

あと、ちょっとしたいい苦みが

口の中に広がる。
やっぱり生、

いいですね。
さすがイケメン。

ありがとうございます。

透明感あふれるシラスですよね。
さあ、

先月10日に解禁された

シラス漁。
6月から8月に旬を迎えているんですが、

どんなふうに漁をしているのか、こちら
をごらんください。

こちらのもみじ水産さんでは、

4隻で1つのチームを形成して

行っているんです。
チームワークですね。

その漁の様子を撮影したものが

ございますので、ごらんください。

4隻のチームワークが重要な

シラス漁。
シラスの群れを見つけると、

網をセッティングします。
すごい長い網ですよね。

2隻で、およそ1時間半、

網を引きます。
そして、

とれたシラスは、鮮度を守るためにも、

船上ですぐに

氷締め。
大事ですね、これは。

だから、さっき、

生で食べたらおいしかったんだ。

そうなんですよ。
ここで職人のわざが試されるというわけ

なんですよ。
さあ、港に水揚げされたシラスは、この

ように、生シラスのものや

釜揚げシラスになるものなどに分けられ
ます。

分けられます。
釜揚げもいいですよね。

釜揚げは、

すぐそこでやってますので、行きましょ
う。

これまたずっしりと重いですね。
約20キロぐらいあります。

すごい、水揚げされたシラスが、もうこ
こで釜揚げできるんですか。

あちらに釜揚げの機械がございます。
おはようございます。

ここに入れればいいですか。
こちらに入れてください。

行きますよ。

1匹1匹大事でございますよ。

そして、この後…?

この上に上げられて、

洗浄している工程です。

まずは洗浄。
こちらのほうですね。

そして、洗浄し終わったら、

このモクモクしているところ、こちら1
00度の熱湯で

ゆでられているんですよ。
三宅さん、これは真水ですか。

こちら、真水で、塩を入れております。
塩を入れるのが、

海水に近い塩分でございますね?

それが大事なんですよね。
これは何分ぐらい?

2分ぐらいです。

流れていってますね。

2分間終わりましたら、

その後、あちらの機械で

風を当てて冷やします。

カメラさん、大変ですね。
大丈夫ですか?

いい感じでございますか。

扇風機のような機械で

さますんです。
そして、冷やされたシラスが、

釜揚げが…。
ここまで何分ですか。

約4分から5分ですね。

それも大事なんですか?

時間が…。
釜揚げも

鮮度、時間が大事なんだそうです。

あっという間にでき上がるんですね。

じゃあ、早速、

いいですか?

いいですか。

ありがとうございます。

まだ、ほんのり温かいです。

釜揚げにしても、イケメンですね~。

イケメンですよ。
いただきま~す。

おいしい!

ふわっふわ!

ふわっふわ!

う~ま~いっ!

おいしいですね。
甘み、プラス、

さあ、きょうはですね、

広島県呉市から

シラスを紹介していま~す。

ここからは、とれたばかりのシラスを使
った絶品料理を堪能していただきます。

ありがとうございます。
三宅さんは、シラス料理の専門店も

経営されているんです。

間違いないですね。
いろんなことをやっていらっしゃるから。

任せてください。
そして、

お店の、今回お料理をつくっていただき
ました

松原明大さんにも加わっていただきます。
おはようございます、よろしくお願いし

ます。
松原さん、まずは?

新鮮な状態を味わっていただくために、

生シラス丼をご用意しました。
これはいい感じでございますよね~。

生シラスの上に卵の黄身が乗って、

これはショウガですか?
そうです。

ショウガと…。
味つけは?

お醤油を垂らしていただいて。

これぐらいですかね。
何匹ぐらいのってるんですか。

およそ300匹ぐらいだと思うんですけ
ど。

すごい質問するねえ。

これにシラス何匹ですかですかって。

びっくりするわ!
そんなこと言われてもねえ?

ちょっと数えたことはないんで。
300匹のイケメンをいただきますよ。

シラスの栄養をひとり占めですね。

この卵を

ショウガとからめて…。

ショウガですって、ワサビでもいいんで
すけど。

卵の黄身がいい仕事してますね。
そうです、

まろやかになりますね。
まろやかです。

でも、呉のシラスは

1匹1匹に存在感があります。

しっかりした味。
いいですね。

ご飯との相性も最高でございます。
ありがとうございます。

さあ、次は、シラス料理には

いろいろなバリエーションがあるという
ことで、

こちら、2品、どういったメニューでし
ょうか。

こちら、シラスのライスコロッケと、こ
ちらが生シラスのユッケです。

ユッケ!
斉藤アナ、

行きましょう。
いいですか。

これは何匹ぐらい使ってるんですか。
こちらは…。

150匹ぐらいですね。

やや少な目でございます。
では、

黄身をかき混ぜて、

いただきます。

150匹のユッケ、いただきます。

味つけがポイントよ。

亜緒衣ちゃん。

おいしいお顔。
あのピリ辛のタレに

このシラスの甘さがちょっと引き立って
いて、

すごいおいしいです。
ピリ辛は何なんですか。

コチュジャンをベースにしています。

韓国風という感じでしょうか。
そうですね。

そんな形で。
合うんですよね。

このフライパン、

ちょっと気になるんですけど…。
行きます。

ラッシャーさん、こちら、あけてみてく
ださい。

いい香りがしてますね!
これ何か、シラスの上に

ウニでございますか。
そして、お野菜がありますが、

何ですか。
こちらは、広島のご当地メニュー、ウニ

ホーレンをアレンジした釜揚げシラスウ
ニホーレンです。

“ウニホーレン”って何ですか?

広島のソウルフードで、ホウレンソウと

ウニをあえたものになってます。
じゃあ、ホウレンソウとウニはあるんで

すね。
そこに、今回、

シラスを絡めて?
ちょっとこう…。

ウニホーレンにシラスですって。
香りがいいですよ。

磯のいい香りがしてます。
ぜいたくですね。

もちろん、ウニはインパクトがあります
けど、

シラスがそのウニに負けてないお味をし
ております。

それで、ホウレンソウがいい感じで、こ
れはちょっとお酒が欲しくなりますね。

日本酒に合うメニューです。
シラスとウニ、いいですね。

さあ、続いて、最後は、

こちらです。
イタリアン?

ピザと…。

ピザがあって。
パスタ。

こちらのパスタは、

シラス盛り放題になっています。
お店でもやってるんですか。

お店でもやってます。
人気ナンバーワンです。

じゃあ、お願いします。
私がストップを言うそうです。

もうちょい行きましょうか。

どうでしょう?あんまり盛り過ぎも…。

もう一声、行きましょうか。

じゃあ、こちらで。
こういう感じで。

あんまり盛り過ぎてもね…。

ちょっとしっかりこう、

絡めて…。

ペペロンチーノです。

すごい。

パスタにも本当によく合います。

ペペロンチーノだから、

シラスの味がよくわかりますね。
ラッシャーさん、実は、

こちらのパスタ、

ビートたけしさんにも食べていただいた
ことがあります。

ええっ!
何ておっしゃってました?

大変おいしいと言っていました。
師匠と弟子でいただくなんて、

最高でございます!
ありがとうございます。

今回、ご紹介した呉市のシラスに関する
情報は、

番組のホームページをごらんください。

皆さんも、

今が旬真っただ中な

新鮮なシラスを

ぜひ味わってみてください。

いきますよ。
ぜひ、皆さん、呉のシラスを食べてね!

さあ、プレゼントしましょう。
おいしそうでした。

中継先より、

ごらんの生シラスと釜揚げシラスを10
名様にお届けします。

ハイ、お待たせいたしました、

草刈民代さんの旅です。
今回は東京の離島、

伊豆大島を旅していただきました。
私は東京出身なんですけれども、

東京の島には行ったことがなかったので、

一度、行ってみたいと思って、

今回行かせていただきました。
初?

初大島。
そうです。

竹芝桟橋から

すぐ近くですし、

方言とかがなくて、皆さん、

標順語で。

東京なんですね。
車も品川ナンバーだし、すごいおもしろ

い所でした。
そうなんですよ。

そうですか。
じゃあ、初大島、見てみましょう。

東京の竹芝桟橋から
高速船で1時間45分。

中央に三原山がそびえる伊豆大島は、

周囲50キロの火山島です。

早速、港の周辺を散策します。

お土産屋さんがあるので、

ちょっと入ってみましょうかね?

風が本当に強いですね。

こんにちは。

こんにちは。

いらっしゃいませ。
すごい風ですね。

ねえ。

椿油が、

昔からありますけど、ここでつくってる
ということですよね。

椿油は、大島で

主要産業の1つなんですよ。

使い方は、髪の毛にもいいし、食用だっ
たりね。

人気のお土産は、特産品の椿油。

食用や化粧品として使われています。

一滴。

ああ~、

コクがありますね。

私ぐらいの年になると、

肌がかさかさになりますので。

こういうのは必要ですね。
すごい!

いいですね。
しっとりする感じで、

なじむ感じなんですよ。

これ、買って帰ろう。

椿は水はけのよい場所を好みます。

三原山の火山岩に覆われたこの島は
椿の生育に最適で、

およそ300万本が自生しています。

そんな島の暮らしに欠かせない
椿をテーマに

色々と体験したいと思います。

こんにちは。

どうも、初めまして。

草刈と申します。
ここでは、

椿油について、

いろいろ教えていただけるということで。

これが、その

椿油を搾るもと、

種ですね。
ちょっと昔ながらの方法で搾るので、

体力が必要なんですけど。

楽しみです。

椿油は、実の中にある種を搾って
取り出します。

こちらでは、昔ながらの油搾りが
体験できます。

では、

お願いします。
これはもう…。

あっ、こうやってすればいいんですか?

そうですね。
割れると、中が黄色なんですよ。

黄色いところに油がありますね。

細かく砕いた種は、
せいろで5分ほど蒸します。

蒸し立ての

体中にこの

オイルのにおいがしみつく感じがあるん
ですかね。

これで圧力をかけて搾る、
圧搾…。

あっ、油が出てきた。

ここから出てくるんですね?

すごいとろとろしてます。

結構、出てきますね、

油が。
そうですね。

かなりの勢いで出ます。

本当に、

まさに搾りたてですね。

すごい。
ちょっと指につけて…。

ああ~、

ちょっと苦みがあるような。

そうなんです。

椿の実を食べてみると、

物すごくしぶ苦いんですよ。
その苦さがこの段階では

少しあるんです。
自分で搾った椿油を

お土産としていただきます。
ありがとうございます。

肌に塗ってみます。

人の暮らしに役立つのは、
種だけではありません。

こんにちは。

いらっしゃいませ。
どうも、

こちらで花びらで

染めるのを教えていただけるというふう
に聞いて

伺いました。
よろしくお願いします。

今は椿の季節じゃないですよね?

冬の花ですよね。

そうです。

冷凍しておきます。
冷凍ですか!?

ええ!
これがそうです。

分量とすると、

どれぐらいあるんですか、この塊。

何百個。

きれいなのは。

きれいな花びらだけを。
そうなの、

一番大変。
腰も曲がっちゃう。

こちらは椿の花びらを使って、
染物体験ができる工房。

今の時期は、冷凍保存した花びらを
煮出した汁を使って染めます。

すごいですね。

本当に花びらから、

色が抜けてる感じですよね。

今回、染めるのは
シルクのストールです。

早い。

輪ゴムで縛った部分が
染めたときに模様になります。

どうぞ、

入れてください。

じゃあ、これ、中に入れます。
そうです。

でも、

やっぱり色が移るの、

優しい色になりますね。
そうなんです。

でも、いいにおいですね。
じゃあ、ちょっと出してみます。

頑張って。

きれいなピンク!

すごいいい。
すごい。

鮮やかなピンクになりましたね。

本当。

次に、金属の媒染液にひたして
色のアクセントをつけます。

色はすてき。

とてもすてきです。

それであと絞ったのをあけてみましょう。

こんなふうにね。
これが感動なんです。

何か着物っぽいような。

おもしろいですね。
すてきじゃない。

簡単でしょう?
はい。

なれてくると、いろんなことを考えてや
りたくなりますね。

最後にアイロンをかければ完成。
あっという間にできました。

いい感じですよ。

この色が。

格好いいよ!

すてきにできました。

体験を通して、

椿が島の暮らしに根づいていることを
感じました。

今度は、伊豆大島の雄大な自然を
感じる場所へと向かいます。

到着した場所は、

これから私が見たいところです。

ぜひ行ってみたい場所があるので、行っ
てきます。

砂利道を歩くこと、10分。

前が見えない!

着いた~!という感じですね。

ここが裏砂漠。

晴れてたら

どんなにいいだろうと思うけど、何も見
えない!

あっ、すごい!

体験したことがないような空気感。

うわあ~、すごい!

私が行きたかった場所は、
三原山の東側、

黒い火山岩に覆われ、
植物がほとんど育たない裏砂漠。

ああ、

すごい!

もしも晴れていると、
このような感じ!

この日の宿は、裏砂漠からほど近い、

三原山の外輪山にあります。

どうも、

いらっしゃいませ。
お世話になります。

こちらは、伊豆大島を代表する
老舗ホテルです。

客室はすべて和室で、
落ち着いたつくり。

この日はあいにくの天気で、
三原山は見えませんでしたが、

晴れていると、このような感じ!

楽しみにしていた夕食です。

お待たせしました。

自慢の

椿フォンデュでございます。
具材を衣につけて

中であげてください。

名物・椿油のオイルフォンデュを
食べて見たいと思っていました。

新鮮な魚介と野菜に衣をつけて、
椿油で揚げます。

まずは地元の伊勢エビから。

これぐらいでいいですか。

衣がちょっと

キツネ色ぐらいになると、

結構おいしくいただけます。

カラッと揚がった伊勢エビを
天つゆでいただきます。

おいしい。

エビも新鮮だから、

すごくおいしい。
香ばしい感じがして、

衣がいい感じです。

椿油だって思い込んでるから、

そういう味になるのかもしれませんが、

1枚って、これですか?
はい。

こうやって…。

あっ、おいしそうですね。

島の野菜、明日葉です。

何か、

明日葉の苦み、

でも、

このカリッと揚がって、すぐなので、

全部がパリッとした中に入ってて、すご
くおいしいです。

何て説明していいかわかんないんだけど、

いいですね、こういう食べ方も。
そうですね。

すごくおいしい。

スカーフ、

使われてます?

まだいただけてなくて、

きょういただけるということで。
きれいだから…。

花びらであんなにきれいに色づくんんで
すね。

そうですね。
染める人によって、色の出方が違うとお

っしゃっていて、私は、ああいう濃い目
に出ましたけど、

やはり薄かったりとか、人によって違う
って、先生がおっしゃってました。

あと、

椿油搾り?

汗かいてましたね?
あれは

棒が重くて、本当に、

大変でしたけれども、あれを体とか

顔に塗ってみたら、すごいすうっと入っ
てきて、

2日目のほうがお肌の調子がよかった。

しみ込むんですね?

でも、あの作業をしてるから、

椿フォンデュがありがたく感じますから
ね。

そうですね。
椿フォンデュもとってもおいしかったで

す。
ちょっと苦みがいい感じで、衣に

味つけされて、

本当においしかったです。
何か、

東京なのに、

本土じゃ味わえないことをやってるよね。

そうですね。
景色もそうですしね。

何か、空気感も違うし、すごくおもしろ
いなと思います。

東京って、すごい広いね。

1時間40分で行けちゃう。

あっという間ですよね。
さあ、続いては?

次は、神社に行きました。

あとは、ほかにも食べたかった郷土料理
があります。

見てみましょう。

旅行に行ったときに、

古い神社とか

行ってみたいなというふうに

思っていて、

ここは、写真で見たときに、

すごくいい場所なんじゃないかなと思っ
て、ちょっと行ってみたいなと思ったん

ですけど。
澄んだ空気感というか、

そういうところにいるというのか、空気
感を体験するというのが

とっても気持ちがいいなと思って。

こちらは、伊豆大島を代表する
歴史ある神社のひとつ。

どうも。

氏子をやってます

宮本と申します。
よろしくお願いいたします。

草刈です。

この神社は、

どれぐらい前からあるんですか。
一応記録で一番古いのは、

平安時代に式内社という全国の神社を調
べた台帳があるんですけど、そちらのほ

うに載ってるので、1000年以上は確
実にあるんですけども。

祭られているのは、
伊豆諸島をつくった

三島大明神の王子。
島の人たちに大切にされてきました。

でも、

全体の雰囲気が

とってもいいですよね、

神秘的で。

こちらの森というか、そちらのほうは、
ずっと昔から

引き継がれてきているものなので、

ここ何百年とかたってる木は結構あると
思いますので。

昔から引き継いで守ってきた神社ではあ
るんですけども、

ヤフーとかグーグルマップとか、

ポイントを指されて、

ここで写真を撮って、アップしてる方が
結構いるので。

私も伊豆大島のことを調べてるときに、
写真を見て、ここはちょっと行ってみた

いなと。
とても静かな気持ちになれる場所で、

心が癒やされました。

次に訪れたのは、
島の南端に位置する港町、波浮。

風情のある町並みですね。

かつては風待ちの港として
栄えました。

ここで、島に伝わる伝統のお寿司を
食べたいと思います。

こんにちは。

いらっしゃいませ。

予約をしておりました草刈です。

どうぞ。

楽しみにして来ました。

ありがとうございます。

こちらは島で人気のお寿司屋さん。

東京の名店で10年修業した
ご主人が握る

伝統のべっこう寿司が
おいしいと評判です。

もともとは保存食として

どんな家庭でも

やっていたものなんですけど。
そうですか。

べっこう寿司のタレは、
醤油に酒やみりん、

味の決め手となる
青唐辛子を混ぜたもの。

辛みが昔なかったんで、

ワサビの代わりに

青唐辛子を使ったと聞いてますけど。

ワサビの代わりに?
はい。

漬け込む時間は5分ほど。
今では手に入りやすくなった

ワサビも入れて握ります。

はい、

おまちどうさまです。

ありがとうございます。
おいしそう。

本当に、

べっこう色という感じのきれいですね。

お魚がとってもやわらかくて、

でも、ワサビとピリッとした辛子と、

なかなかないですね。

食べたことのない味です。

私、実は

ワサビがすごく苦手なんですけど、

でも、

ワサビが辛さを緩和して、すごいおいし
い。

よかったです。
ありがとうございます。

旅先では、決まって立ち寄る
お店があります。

海市場、ありましたね。

ここはすごく楽しみにしてた場所なんで
す。

どうぞ。
こんにちは。

地元のものが売っている直売所です!

買って帰りたいなと思ってるんですけど。

こちらがね、

サザエの大きいやつになるんですけど。

800円から900円ぐらいになります
ね。

えっ、1つですか!?
1つです。

安くないですか。
安いですね。

わからないけど、

1個、8000円ぐらいするのかと思っ
た。

いやいや。
8000円はしないですね。

夫だけではなく、

おいとかめいとか、

みんなに。
じゃあ、これと、

アワビの大きいのと…。

ちょっと、そうすると、焼けば、すぐ食
べられますね。

できますね。
すばらしい、それは。

これ、うちに…。
ありがとうございます。

みんなで、きょうの晩ご飯にいただきま
す。

買って帰れば、

晩ご飯で食べられるんですもんね。
そうです。

飛行機とかではないので、そのまま持っ
て帰れるので。

あれ、東京だよ。
東京なんですよね。

すごいおいしかったです。
安いです、

800円でも900円でも。

アワビの大きいのが2800円とか。

すごい安かったです。

仕入れに行くだけでもいいですね。

アワビの甲羅なんて、

石けん置きにしたらいいよね。

おしゃれ。
あした、バーベキューをやるって言った

ら、誰かが…。
1個ずつ食べてくればいい。

あのお寿司屋さんもいいですね。
仕事が丁寧でしたね。

あちらのほうがお醤油に青唐辛子を入れ
たものをよく使うみたいで、それがなか

なか食べたことない味だったんですけど、
すごくおいしかったです。

白身が淡泊だから、ちょっとパンチを入
れるんでしょうね。

どこのお食事するところでも、

お醤油に青唐辛子が入ってありました。

結局、火山だから、ワサビがつくれない
から。だから、

そのかわり、青唐辛子なんだよね。
いやあ、すてきな旅だった。

雨でも苔むした

神社が本当美しくて。

きれいでした、とっても。
雨だから

余計にきれいでしたよね。
あらわれたみたいで。

さあ、ここで草刈さんから、すてきなお
知らせがあります。

10月4日から

14日、

東京芸術劇場シアターウエストで、「P
URGATORIO-あなたと私のいる

部屋-」に出演いたします。
この芝居は、

2人芝居なんですけれども、PURGA
TORIOというのは、

れん獄という意味なんですね。

れん獄の中で

天国と地獄の間みたいなところですけど、
そこで

男女が本当に、非常にユーモアがあるよ
うな

シーンもあるんですけれども、バトルの
ような。

実は、最後、2人の関係性はどうだった
かというのが

解き明かされるような、

非常にスリリングなお芝居なんですけど、

日本初演で行います。
楽しみ、皆さん、行っていただきたい。

ぜひ、いらしてください。
さあ、続いては?

陸斗君!
おなか減りましたね。

よろしくお願いします。
小西陸斗です。

今週は、鹿児島県をご紹介します。
今回、物すごい

方に出会いました。
「コレうまの旅」、よろしくお願いしま

す!

鹿児島県北西部、
東シナ海に面した港町阿久根市で

早速、コレうま探しです!

うずしおがあるのかな。

確かに潮の流れは急ですけどね。

おはようございます。
何をされてたんですか。

ちょっと海の状態を見に来たんです。

潮の流れが速い、このあたりの海、

毎日海の様子を見にきている
こちらの漁師さんは、

このあたりでは
有名な方だったんです。

それでは、漁に
同行させていただきます!

毎日20メートル以上の海底へと
潜っているという、

この道50年の松木さん。

水中銃で
魚をとっているんだそうです。

これで魚をバンと行くわけですね。

なるほど~!

それでは早速、潜水漁スタートです!

松木さんに続き、
私も機材の使い方を教わり…

いざ、海へ!

船から見ている以上に
中は潮の流れが速く、

潜るどころか、

ロープにしがみついているだけで
精一杯なんです。

何もできませんでした…

僕がドタバタしている間に、
松木さんはというと…

すでに水深30メートルまで潜り、
漁開始!

なんと、海底を泳ぐのではなく、
歩いて魚を探し…

獲物を見つけると、息を殺して…

水中銃でゲット!

珍しい魚を確実にとるために

松木さんが極めたこの漁法!

すでに大量の魚をゲットしていました!

魚をとった松木さんは
水深10メートルまで上がり、

少しでも鮮度を保つために、

なんと水中で魚の内臓を取るんです!

開始から1時間、
松木さんが戻ってきました!

何これ、

すご~い!

大漁ですよ!

松木さんはレストランも
営んでいるとのことで、お店へ!

とりたてのお魚できましたよ。

うわあ~、松木さん、ありがとうござい
ます!

今、捕まえたやつですね。
すごい!

海の幸フルコースです。
うわ~!

まさにとれたての魚が並ぶ、
海鮮のフルコース!

まずは30分前まで海にいた
コロダイのお刺身から!

こちらは、コロダイのアラでつくった
お味噌汁です。

いいお出汁が出てる。

最高!

幸せ~!

さらに松木さんから
阿久根市のコレうま情報が!

何から何までありがとうございます!

教えていただいた場所へと向かうと…

ありました。

これです。

尾塚水産。

それでは早速…

取材交渉の結果、

オッケーいただけました!

阿久根市は、九州でも有数の
ムラサキウニの産地。

小ぶりで粒が小さいながら、

深い味わいと甘みがあるウニを

新鮮な状態のまま加工品にして
販売しているんです!

これ何ですか。

これは、ウニとお味噌を

あえてあります。
これ、ご飯です。

白ご飯!

えっ、これに乗せて…。

はい。
乗っけて…。

うわあ~、

危ねえ。

もう雄たけび上げそうになった。

ご飯と一緒に!
まずは、気になる「ウニ味噌」から

いただきます!

こうなるんだ。

ウニを魚醤に漬けこんだ「雲丹醤」。

そして、「粒ウニ」も乗せて
いただいちゃいます!

これはすごい。

最強のご飯のお供たちですよ、

本当に。
犬、猿、キジですよ。

今回見つけたコレうま商品2つの中から
プレゼントに選んだのは…

ウニ丼です!

どうぞ!

いただきます。

ウニ丼で~す。
どうぞ。

ウニが濃い!

濃厚ですよね。
いただきまーす。

どうですか。
おいしい~!

うまい!
よかった。

ご飯に合わないわけがない!

そうなんですよ。
いかがですか、草刈さん。

おいしい。

そうですよね。

よかった~。

阿久根市は九州でも、

有数のムラサキウニの産地で、本当に濃
厚で。

いい香り~。
いろいろ使えそう。

もう、ご飯がどんどん進みます。

最高のご飯のお供ですよね。
おうちにあったら、

全部がぜいたくになりますね。

いろんなものにつけて食べてね。

松木さんに教えていただけてよかったで
す、本当に。

すごい!

基本、50メートルぐらいまで

潜られるんですよ。
72歳でいらしてね。

すごい、スーパーマンでした。
それでは、プレゼントの

応募電話番号の発表です。
粒ウニ、

ウニ醤油、

雲丹醤(うにひしお)、そして、

1汐生うにをセットにして5名様にプレ
ゼントいたします。

ウニ味噌、

最高~!

神田さん、どうですか。

さあ、

気になる全国のお天気。

梅雨って、

いつ上がるの?

そうですね、まだその報告はないですね。

報告…。

最近、

陸斗、

逃げ方がうまくなったよね?

変なわざを覚えてるよね。

しっかり聞いておきます。
草刈さん、もしよかったら、

また、今度、今回初大島ですけど、

風と雨でしたけど、もしチャンスがあり
ましたら、

また来てください。
はい、ぜひぜひ。

ありがとうございました。
本当に楽しい旅でした。

すてきでした。
さあ、

雨でも頑張りましょう。


関連記事